穂乃果「お土産?本当?ありがとう」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ15
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 00:39:48.69 ID:7W9yCJbZO
海未「御機嫌よう」

穂乃果「あっ!海未ちゃん!今日帰って来たの?」

海未「はい。練習に参加出来ず申し訳ありませんでした」

絵里「大丈夫よ。海未は弓道部のエースなんだから」

凛「どうだった?楽しかった?」

にこ「あんたねぇ…海未は別に遊びに行った訳じゃないのよ?弓道の試合に…」

海未「はい。楽しかったですよ」

凛「楽しかったって」

にこ「……あっそ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1518881988

元スレ: 穂乃果「お土産?本当?ありがとう」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 00:45:04.33 ID:Qk/kaGi80
海未「あっ!皆さんにお土産を…」

穂乃果「え?本当?何かな?五平餅?赤福?それとも萩の月かな?」

凛「それとも信玄餅?もみじ饅頭?白い恋人も好きだにゃ」

絵里「全部バラバラだけど…」

海未「Tシャツを買って来ました」

穂乃果「Tシャツ?」

海未「はい。練習でも使える様に」

絵里「流石海未!みんなの事を考えてるのね」

海未「いや…そんな…」

穂乃果「なんだぁ…食べ物じゃないのか~」

海未「何です?不満ですか?」

穂乃果「ま、まさか~」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 00:47:48.86 ID:Qk/kaGi80
海未「ふふっ。これが穂乃果ので…」ガサゴソ

穂乃果「え?どれどれ?」

海未「これが絵里の分」

絵里「ありがとう」

海未「にこの凛の分です」

にこ「ありがと」

凛「海未ちゃんありがとにゃ」

海未「ふふっ」

穂乃果「開けていい?」

海未「はい。開けて下さい」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 00:53:33.75 ID:Qk/kaGi80
ガサガサ

穂乃果「おおっ…おお?」

にこ「こ、これは…」

凛「えっと…」

海未「どうですか?気に入ってくれました?」

絵里「あっ、うん。とても気に入ったわ。ね?素敵よね?」

穂乃果「え?……うん。そうだね。凄く可愛い…」

にこ「そうね…。あの…良いわね」

海未「気に入って貰えて私も凄く嬉しいです」

穂乃果「い、いや~。うん。本当にいい!ね?」

海未「そんなに?」

穂乃果「うん。そりゃあ、もう」

海未「どこら辺が?」

穂乃果「え?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 00:58:11.64 ID:Qk/kaGi80
海未「その服のどの辺が気に入りました?」

穂乃果「え?えっと…あの…その…あっ…海未ちゃんが買って来てくれたんだもん。それだけでもう凄く嬉しい」

海未「そ、そうですか?」

穂乃果「うん。勿論だよ。モチのロンだよ」

海未「そうですか。それで…具体的には?」

穂乃果「え?具体的?」

海未「はい」

穂乃果「あの…えっと…何だろ?あ、あれ~?なんて言ったらいいのかな?ちょっと上手く説明出来ない…。穂乃果…そう言うの苦手だから…ね?絵里ちゃん?」

絵里「え?私?」

穂乃果「うん。絵里ちゃん得意でしょ?言葉にするの。勉強出来るんだから」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 01:04:45.65 ID:Qk/kaGi80
絵里「えっと…あの…ねえ?この…漢字?漢字のデザインが…ね?」

穂乃果「そうそう。それだよ!ね?にこちゃん?」

にこ「はあ?私?…そ、そうね。何処に行ったのか一発で分かるものね!」

凛「うんうん。こんなに主張の強いTシャツなかなかないにゃ」

海未「そうですか?」

穂乃果「うん。もう、最高!ほの字シャツに通ずる物を感じるし!毎日着たいくらいだよ。ね?」

絵里「そ、そうね」

海未「そんなに気に入ったのなら…」

穂乃果「え?」

海未「自分用に何着か買ったのですが」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/18(日) 14:58:13.99 ID:Qk/kaGi80
穂乃果「海未ちゃん用に?」

海未「はい。ですが…私はいいので。差し上げます」

穂乃果「……」

にこ「良かったじゃない」

穂乃果「そ、そだね。わーい」

海未「あっ、勿論にこ達にも」

にこ「へ?」

凛「達?」

海未「はい」

絵里「そんな…悪いわ。だって…海未の分がなくなっちゃうわよ」

海未「そんな事はいいのです。私は皆んなが喜んでくれる事が嬉しいのですから」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:14:34.71 ID:bPX+IU0g0
穂乃果「……」

にこ「……」

凛「……」

絵里「……」

真姫「四人揃って…何その服?」

穂乃果「ああ…これね?いいでしょ?」

凛「とってもお洒落にゃ~」

絵里「そうね。うん。センス良いわよね」

真姫「とてもそうは思えないんですけど」

にこ「安心しなさいよ。あんたのもあるわよ」

真姫「へ?」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:15:15.23 ID:bPX+IU0g0
「カラオケ」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:20:00.67 ID:bPX+IU0g0
絵里「………」

凛「うわぁ~…どうする?」

穂乃果「絵里ちゃん完全に怒っちゃったよね?」

凛「穂乃果ちゃんがいけないんだよ?」

穂乃果「なんで?穂乃果だけ?」

凛「そうだよ。穂乃果ちゃんがロシアンたこ焼きなんて頼むから」

穂乃果「だって絵里ちゃんロシア人だから喜ぶと思って」

凛「絵里ちゃんはロシア人だからワサビは苦手なんだよ」

穂乃果「そんな事知ってたら穂乃果だって頼まなかったよ。それに凛ちゃんだってノリノリだったじゃん」

凛「そんな事ないにゃ。イヤイヤだったにゃ」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:23:05.09 ID:bPX+IU0g0
穂乃果「嘘だよ。絵里ちゃんにワサビ食べさせようってお持ちかけてきたじゃん」

凛「それは穂乃果ちゃんが絵里ちゃんに内緒で頼んだから」

絵里「ねえ?」

穂乃果「は、はい?」

凛「な、何ですか?」

絵里「歌えば?」

穂乃果「え?歌を?」

絵里「だって歌いに来たんでしょ?」

穂乃果「ま、まあ…そう…ですね」

絵里「じゃあ、歌いなさいよ」

穂乃果「いやぁ…だって…ねえ?」

凛「うん。だって…」

絵里「だって何よ?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:26:28.19 ID:bPX+IU0g0
穂乃果「い、いや…順番的に凛ちゃんじゃない?」

凛「えー、違うよ。穂乃果ちゃんズルいにゃ」

穂乃果「何がズルいのさ」

絵里「二人で歌えばいいじゃない」

穂乃果「あ~…でも、緊張しちゃうかな?」

絵里「さっきまで歌ってたのに?」

穂乃果「うん」

絵里「そう」

穂乃果「……」

凛「……」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:33:29.62 ID:bPX+IU0g0
穂乃果「ねえ?絵里ちゃん激おこじゃない?μ’s加入してからあんなに怒ったの見た事ないんだけど」

凛「だよね?だって声がいつもよりひくいもんね?」

穂乃果「ね?この空気で何を歌えって言うの?」

凛「明るい歌歌って雰囲気変える?」

穂乃果「絵里ちゃん笑ってくれるかな?歌えば笑ってくれるかな?」

絵里「……」ピッピッピッ

穂乃果「え?絵里ちゃん?」

凛「歌うの?」

絵里「あなた達の曲を入れたのよ」

穂乃果「あっ…そうなんだ」

凛「な、何入れてくれたのかな?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:38:39.03 ID:bPX+IU0g0
『Mermaid festa vol.2 ~Passionate~』

穂乃果「わ~…文字通り私達の曲だ…」

凛「でも…この雰囲気でこの曲は…」

絵里「雰囲気が何よ?」

穂乃果「くるっとくるっとって空気じゃないもん」

凛「この空気でくるっとしてたら凛達ただのバカにゃ」

絵里「だってバカじゃない」

穂乃果「ええ?」

凛「絵里ちゃん…怖いにゃ…」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:43:00.44 ID:bPX+IU0g0
絵里「ほら?始まるわよ。歌いなさいよ」

穂乃果「あ~、もうごめんなさい。普通に怒ってよ~」

凛「静かに怒らないで欲しいにゃ~」

穂乃果「絵里ちゃん怒って。お願い致します」

凛「もうイタズラしないから~」

絵里「ちょっ…ちょっと…」

ガチャ

ことり「遅くなってごめんね。さっき廊下でツバサさんに会っちゃって」

穂乃果「絵里ちゃ~ん。普通に怒って~。大きな声で怒って~」ガバッ

凛「お願いだにゃ~」ガバッ

絵里「ちょっと…やめなさい。分かったから。離しなさい」

ことり「え?どう言う状況?」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:48:02.15 ID:bPX+IU0g0
「見た?」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:54:27.46 ID:bPX+IU0g0
真姫「まっきまっきま~」

海未「イェーイ。みんなのハート撃ち抜くぞ~」

希「え?」

海未「え?」

真姫(え?海未いつからいたの?私がにこちゃんのモノマネしてるの見られた?)

海未(ま、真姫…あなたはいつから部室に居たのですか?居たのなら声を掛けて欲しいです。もしかして、私がノリノリでラブアローシュートを撃っている所を見られたのでは?)


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/19(月) 23:58:49.23 ID:bPX+IU0g0
花陽(ど、どうしよう。部室に入ろうとしたら海未ちゃんと真姫ちゃんが変な事してた…)

海未「だ、誰です?」

真姫「え?誰かいるの?」

ガチャ

花陽「あ、あの…」

海未「花陽…」

真姫「なんだ…花陽か…」

花陽「……」

真姫(え?何?花陽のこの態度は?明らかに気まずそうにしてるんですけど…)

海未(もしかして、花陽に見られた?と言うか真姫はどうなのですか?)

花陽(どうしよう。真姫ちゃんも海未ちゃんも何もなかった様に振舞ってるけど。だって、お互い気がついてるはずだよね?同じ空間にいたんだもんね?)

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 00:05:55.78 ID:CDtIff850
海未「あの…見ました?」

真姫「え?」

花陽「え?」

真姫(な、何?今のって疑問形よね?私に対して何かを見たかって質問した感じのイントネーションだったわよね?え?それとも…私の行動を見たって事?見ましたよって事?)

花陽(ど、どうしよう。なんて言えば…。だって…あれ?何か既視感が…)

海未(花陽には過去にも見られているので最悪良いとして…真姫に見られたらと思うと…消えてなくなりたい)
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 00:30:40.82 ID:CDtIff850
真姫(ちょっと…カマかけて見ようかしら…)

真姫「…見たわよ?」

海未「え?」

花陽「え?」

海未「そ、そうですか。やはり目撃されてたのですね」

真姫「う、うん」

真姫(何?なんなの?まあ、よく分からないけど別に私の行動を見たって訳じゃなかったのね。はあ…良かったわ)

海未「はあ…消えてしまいたい…」

花陽「う、海未ちゃん。大丈夫だよ。気にする事ないよ」

海未「その反応…やはり花陽も見てたのですね」

花陽「え?そ、それは…」

真姫(海未は何をしてたのかしら…)
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 00:38:20.62 ID:CDtIff850
海未「……」

花陽「う、海未ちゃん…」

真姫「まあ…海未…気にする事ないわよ」

花陽(え?真姫ちゃん?)

海未「二人の優しが逆に辛いです」

花陽(真姫ちゃんは一体どんな心境なんだろ…)

真姫(さて、さっきの事は忘れて…)

ガチャ

にこ「にっこにっこに~」

海未「にこ…」

花陽「にこちゃん!?」

にこ「な、何よ?」

海未「にこは良いですね。羨ましいです。その性格」

にこ「はあ?何?いきなり何なのよ?馬鹿にしてるの?」

海未「いえ…褒めてるんです」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 00:46:35.58 ID:CDtIff850
花陽「あはは…」

真姫「……」カァァァァ

花陽(う、うわぁぁぁ。真姫ちゃん顔真っ赤。にこちゃん見て思い出しちゃったんだ)

真姫(ああああ。最悪。せっかく忘れようと思ったのにぃ。にこちゃん見たら思い出しちゃったじゃない)

にこ「ん?真姫はなんで顔を真っ赤にしてるのよ?具合悪いの?」

真姫「な、何でもないわよ」

花陽「あの…」

真姫(もうだめ。にこちゃん見てると恥ずかしくなってくる)

真姫「にこちゃん…出てってよ」

にこ「は、はあ?」

真姫「いや、本当。お願いだから」

にこ「な、何なのよ?あんた達おかしいわよ?ねえ?花陽?」

花陽「にこちゃん。真姫ちゃんの為にも出て行ってあげて?」

にこ「ええ?花陽まで?あんたに言われると流石にショックなんですけど」

海未「にこ…行きましょう。私もどこかに消えたい気分なので」

にこ「いや、にこは消えたくないんだけど」

海未「さあ」

にこ「ちょっと…」

ガチャ

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 00:48:21.27 ID:CDtIff850
花陽「……」

真姫「……」

花陽「……」

真姫「大事な事を忘れてたんだけど」

花陽「うん」

真姫「花陽は見てたのね?」

花陽「え?」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 00:50:13.61 ID:CDtIff850
「カード」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 00:54:18.49 ID:CDtIff850
希「カードが告げるんや!今日はえりちの家に泊まりに行くべきやって」

絵里「希…」

ことり「あれ?私のトランプがない」

絵里「希が持ってるの…いつものタロットカードじゃなくてトランプよ?」

希「え?嘘?」

ことり「あっ!私のトランプ希ちゃんが持ってたんだ。良かったぁ。今日海未ちゃんと穂乃果ちゃんとババ抜きする約束してたんだ」

希「そうなんや」

ことり「うん」

絵里「それで?何?トランプが教えてくれたの?私の家に泊まるべきだって?」

希「そ、それは…」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 01:00:30.50 ID:CDtIff850
絵里「へ~そうなんだ。トランプでも占えるのね?でも、じゃあ、どうしていつもはタロットカードでやってるのかしら?」

希「だ、だから…」

絵里「本当はただ単に寂しいから私の家に来たかっただけなんでしょ?それをカードのお告げのせいにして。希も可愛いわね」

希「行かない」

絵里「へ?」

希「別に…ウチはカードが行けって言うからその通りにしようとしただけやし。ウチの本心やないし」

絵里「いや…え?別に来ても良いのよ?」

希「いかん。ウチはえりちの家に泊まりになんか行きたくないし」

絵里「ちょ、ちょっと…何拗ねてるのよ?らしくないわよ?」

希「らしくないって何や?」

絵里「ほら?あんまりワガママ言うのは希のキャラじゃないって言うか」

希「キャラってなに?ウチはアニメや漫画のキャラクターやないから。それに…拗ねて…ないし!」

絵里「ええ?思いっきり拗ねてるじゃない」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 07:42:06.09 ID:wXvOyI3HO
絵里「ええ…ことり。あなたからも何か言って?」

ことり「う~ん。困ったなぁ」

絵里「そうなの。困ってるの」

ことり「もうちょっと見てたいなぁ」

絵里「ええ?ことり?」

ことり「え?あっ…何かな?」

絵里「何でもない」

希「とにかくウチはえりちの家には行かないから」

絵里「も~そんな事言わないで。ね?良い子だから」

希「何やそれ?ウチを子供か何かと勘違いしてるん?馬鹿にしてるん?」

絵里「いや…そうじゃないけど。ワガママ言うからつい…」

希「あ~もう絶対にいかん」

絵里「え~ちょっと軽くいじっただけなのに…」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 07:50:14.46 ID:wXvOyI3HO
希「えりちはウチの気持ちを踏みにじった」

絵里「いや…違うのよ?希が余りにも可愛かったから。ね?」

希「いーや。ダメや。許せない」

絵里「ええ…じゃあ、どうすればいいのよ?」

希「もうテコでも動かんから。ウチの気持ちは」

絵里「そんな。今日は最初から希が来るだろうと思ってお肉用意して置いたのに…」

希「え?」

絵里「え?」

希「……カードが告げてる。えりちと仲直りしろって」

絵里「それ…まだトランプだけど?」

希「うん。トランプが言ってる。えりち、ごめんね」

絵里「いや…うん。お肉だと一発で仲直りってのも複雑だけど」

希「ほな、帰ろか?」

絵里「そうね…」

ガチャ

海未「ふう。ことり、お待たせしました。さあ、ババ抜きの特訓をお願いします」

ことり「トランプ…持ってかれちゃった」

海未「へ?…ってことり?鼻血が出てますよ?」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 18:55:05.55 ID:wXvOyI3HO
「扱いの違い」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 18:58:40.19 ID:wXvOyI3HO
海未「御機嫌よう」

穂乃果「あっ!海未ちゃん!」

海未「穂乃果だけですか?」

穂乃果「うん。来たら誰もいなかった」

海未「そうですか」

穂乃果「ことりちゃんはどこ行っちゃったのかな?」

海未「………」

穂乃果「ん?どうしたの?」

海未「穂乃果…。あなたまた練習前にお菓子を食べて」

穂乃果「へ?」

海未「部室はあなたの部屋ではないんですから」

穂乃果「いや…海未ちゃん?このお菓子は…」

海未「言い訳は結構です」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 19:02:32.75 ID:wXvOyI3HO
ガチャ

ことり「ちゅんちゅん」

穂乃果「あっ!ことりちゃん」

海未「ことり」

ことり「二人共どうしたの?」

海未「いえ。穂乃果がまた練習前にお菓子を食べて」

穂乃果「いや…だから…」

ことり「あっ…もしかして…このお菓子?」

海未「はい」

ことり「そのお菓子…私が食べてたの」

海未「え?」

穂乃果「ほら~」

海未「そ、そうだったんですね。なら、始めから言ってくれれば」

穂乃果「言ったよ」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 19:06:56.70 ID:wXvOyI3HO
ことり「穂乃果ちゃんごめんね?」

穂乃果「いや…うん。ことりちゃんに言ってる訳ではないから」

海未「……」

ガチャ

絵里「穂乃果?いる?」

穂乃果「え?」

絵里「あなた、昨日練習で使った道具出しっ放しでしょ?」

穂乃果「道具?」

海未「そうなのですか?」

絵里「全く、だらしないわよ」

穂乃果「いや…知らないよ」

絵里「だって、使ってたのは穂乃果でしょ?」

ことり「あの~…それ…私なの」

絵里「え?」

ことり「片付けるの忘れちゃって」

絵里「そうだったの?」

ことり「うん」

絵里「まあ…誰にでもウッカリ忘れてしまう事はあるわ」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 22:09:17.75 ID:CDtIff850
穂乃果「え?おかしくない?」

海未「はい?」

穂乃果「いや、怒らないの?」

海未「私が?穂乃果をですか?」

穂乃果「違うよ!なんで穂乃果の事は怒るのにことりちゃんの事は怒らないのさ」

ことり「ご、ごめんね。そうだよね?私のせいで穂乃果ちゃん怒られちゃったんだもんね」

穂乃果「違うの。ことりちゃんは悪くないの」

海未「何が言いたいのですか?」

穂乃果「わからない?わからないの?絵里ちゃんも海未ちゃんも自覚ないの?ことりちゃんはなんで怒られないの?」

絵里「何?穂乃果はことりが怒られて欲しいの?」

穂乃果「違う。それも違う」

海未「じゃあ、何なのですか?」


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 22:17:10.09 ID:CDtIff850
穂乃果「違う。そうじゃない。ことりちゃんは怒られて欲しくない」

海未「言ってる事が滅茶苦茶ですけど」

穂乃果「ことりちゃんと穂乃果の扱いを同じにしてよ」

海未「それは無理です」

絵里「そうよ」

穂乃果「何で?」

海未「穂乃果とことりは別人でしょ?」

絵里「そうよ。穂乃果は穂乃果。ことりはことりよ」

穂乃果「違う。いい事言ってるようだけどさ。全然分かってない。海未ちゃんも絵里ちゃんも論点が違う」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 22:30:49.60 ID:CDtIff850
穂乃果「じゃあ、質問!穂乃果が最初に怒られた理由は?」

海未「私の勘違いです。申し訳ありませんでした」

穂乃果「そうじゃない。そうじゃないの。穂乃果がやったとして」

海未「やはりあなたがやったのですか?と言う事はことりは穂乃果を庇ったのですね?」

穂乃果「違う。違うよ。え?海未ちゃん日本語通じないの?ワザとやってるの?」

海未「違います」

絵里「穂乃果…。海未をあまり困らせちゃダメよ?」

穂乃果「え?穂乃果が怒られるの?」

ことり「穂乃果ちゃん…。ごめんね」

穂乃果「だから…ことりちゃんは悪くないの」

海未「もう…どうすれば良いのですか?」

穂乃果「もっと穂乃果を甘やかして」

海未「は?」

絵里「何それ…」


46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/20(火) 22:37:38.67 ID:CDtIff850

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「お土産?本当?ありがとう」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「お土産?本当?ありがとう」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)