鞠莉「おっぱい、触らせてあげようか?」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ13
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:01:26.71 ID:u8clS3S00
曜「えっ……」

善子「ま、マジ……?」

鞠莉「ええ、ただし条件があるわ」

曜「何……?」





鞠莉「『おっぱい触らせてください』って大きな声で言えた方に触らせてあげる…どう?」

曜「おっぱい触らせ……むぐっ!」

善子「ストップストップ!!!待て待て!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1519282886

元スレ: 鞠莉「おっぱい、触らせてあげようか?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:02:17.97 ID:u8clS3S00
曜「んーー!!!!んーー!!!!」

鞠莉「もう……なによ善子はイヤ…?」

善子「ち、ちちちが…ち、ちょっと…ちょっタンマよ!タンマ!曜!こっち来なさい!」

曜「んーー!!!もがーー!!!」ズルズル








曜「ぷはっ……なんだよ善子ちゃん!おっぱい触りたくないのかよ!おっぱい!」

善子「ちょっ……声でかい!扉の向こうに抜けたらどうするのよ!」

曜「早く!早くしようよ!」

善子「童貞特有の焦りやめろ!」

曜「なんだよ!善子ちゃんも一緒でしょ!?」

善子「ち、ちちちち……ちゃうわ!」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:03:03.22 ID:u8clS3S00

善子「頭に血が上ってるわよ、冷静になりなさい」

曜「無理だよ、もう止められないパッションがもうここまで来てるよ」

善子「どこまでだよ」

曜「大体なんで善子ちゃんはそんなに冷静なの!?おっぱいがあるんだよ!おっぱい!」

善子「おっぱいおっぱいうるさい!!」バチーン

曜「うべぁ!?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:03:34.92 ID:u8clS3S00
曜「いてて…ありがとう善子ちゃん…おっぱいに意識が飲まれるところだった…」

善子「いい?鞠莉は言えたほう、って言ったのよ?どっちかって言ったのよ?」

曜「何…?結局善子ちゃんは私を出し抜きたいの?」

善子「違う…違うの私ははただ……」

曜「ただ……何…?」






善子「私は……もし曜さんが触ることになったら…曜さんを殺めるしかないの……」

曜「え……何……急にどうしたの……」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:04:31.28 ID:u8clS3S00
善子「簡単よ、私の方が先に大人になったらどうするか考えてみて」

曜「善子ちゃんが…先に大人に…?」








曜「…………」



曜「…………」



曜「…………」



曜「……………殺めるしかない…」







善子「でしょう…?」


曜「後輩を手にかけてしまった……悲しい…私は悲しい……」


善子「そこで、私に考えがあるのよ」


曜「なに…?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:05:01.80 ID:u8clS3S00
善子「まず、最初に鞠莉の言う通りに普通に言うのよ」

曜「何を…?」

善子「鞠莉が言ってたやつよ」

曜「だから…それはなんて言ってるの…?」

善子「え…そ、それは……」

曜「ねえ?なんて言ってた?ねえ!?」

善子「それは…お、おっぱ……なんで私にセクハラするのよ!」

曜「ごめん」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:05:33.73 ID:u8clS3S00
善子「要するに私の話は……片方が触ってる間にもう片方が羽交い締めする、それで暫くしたら羽交い締め役を交代するのよ」

曜「なるほど……?」

善子「分かった…?」

曜「うん、なんとなく……」

善子「取り敢えず…力が強い曜さんに先に羽交い締めして欲しいから…先に私が行くわね」

曜「………ていうか善子ちゃんさ」

善子「…何?」

曜「結局善子ちゃんもおっぱい触りたいんじゃん」

善子「……うっさい」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:06:33.74 ID:u8clS3S00
鞠莉「終わったー…?待ちくたびれたんだけどー?」

善子「い、今終わったわよ!」

曜「ちょっと…ちょっとね…?」

鞠莉「ふーん…まあいいけど…で?どうするの?」

善子「い、言うわ……言うわよ…!」










善子「お、おっぱいを…」

曜「おっぱいを触らせて下さい!!!!」

善子「おい!!!!!!!!!!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:07:38.28 ID:u8clS3S00
善子「話聞いてた!?!?聞いてました!?!?!?」

曜「知らない!!!!言った方が勝ちなんだよ!!!」

善子「はあ~!?なっ…なんなのよ!!」

曜「甘いね善子ちゃん!世の中弱肉強食なんだよ!!!」








鞠莉「あっ…気が変わったから…言えたなら…どっちも良いわよ…?」

善子「えっ」

曜「えっ」

鞠莉「というかさっきの会話丸聞こえだし…」

善子「」

曜「」








鞠莉「……そんなにしたいなら…羽交い締めなり縛るなり…していいわよ…?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:08:57.36 ID:u8clS3S00
遠くグラウンドから聞こえる運動部の掛け声と、衣擦れの音だけが部室に響いていた。
自分の息が荒くなっているのを体で感じる。落ち着こうとしても頭の中が混濁しきっていてどうして良いのか分からない。理性が焼ききれそうだった。
後ろ手に鞠莉を捕まえた曜は?がほんのり上気して、赤くなっている。息荒く、鞠莉の鮮やかな金の髪に顔を埋めて鼻を鳴らしてした。

「もう曜ったら……善子、いいわよ……?」

背中で手を掴まれて捕まっている鞠莉は弓なりになり、その格好は服の上からでも目に付くそれの形をより一層強調させた。意を決して善子がシャツのボタンを1つ外すと首元の白い肌が露わになる。

1つ、また1つと鞠莉のシャツのボタンを外す。その間、鞠莉はじっと微笑んでこちらを見つめていた。その表情は柔らかに微笑んでいるのに、善子はどこか見下されてるかのように感じられた。羞恥と興奮でどうにかなってしまいそうだった。ボタンを外すたびに甘い香りがふわりと広がり、思考が狂った頭をくすぐり、刺激した。
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:10:24.45 ID:u8clS3S00
ボタンを完全に外すと鞠莉の薄いピンク色の下着と胸元が露わになった。刺激的な光景。脳の痺れるような、甘い香りが一層強く辺りに漂ったように感じられた。下着で隠しきれていない、溢れんばかりの双丘の丸みが目に焼きつく。

ブラジャーを外すため、善子は手を後ろに回し、ベルトに手をかける。手に感触があっても外れる気配がない。焦りで自分のを外す時と違い上手く手が動かなかった。胸元に鼻を近づける形になり、蠱惑の香りが鼻腔を通り抜け、思考と手元を狂わせる。
「あんっ……ふふふ、善子ったら…」
「うむっ……!?」
鞠莉が不意に、善子の頭を引き寄せた。バランスを崩し、完全に鞠莉の胸元に顔を埋める善子。熱い、確かな熱を持った柔らかな肌が?に、唇に触れる。
ミルクのような匂いが鼻いっぱいに広がる。汗混じりのそれは媚薬紛いの、魔性の香りがした。
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:11:20.98 ID:u8clS3S00
善子の手の奥で、確かな感触があった。金具が外れ、ブラジャーがその張りを失って胸に引っかかり垂れ下がった形になる。最早、鞠莉の胸はその先端を残して露わになっていた。あと少し、そのフリルの付いた布切れを弾いてしまえば鞠莉はその白い素肌を晒して上裸になってしまう。
曜は強く、半ばしがみ付くような形で鞠莉に抱き、うなじに鼻を埋めていた。前面で何が起きているか気にすることなく、赤ん坊のように必死で鼻を髪に押し付けていた。

善子はこの異様と官能が混じりきったこの光景に唾を飲んだ。呼吸が荒くなり、整わない。血が頭に登って、気絶しそうなほどくらくらする。焼けるように?が熱い。善子は体の内から湧き上がる衝動を抑えきれぬままブラジャーのカップに手をかけて床に軽く、投げ捨てた。
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:11:51.48 ID:u8clS3S00
ダイヤ「すみません、遅くなりました……生徒会の仕事に思ったより手こずってしまって………」



鞠莉「あっ…」

曜「あっ…」

善子「あっ…」










ダイヤ「……………何をしているのか、説明して貰えますか?」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/22(木) 16:12:30.48 ID:u8clS3S00
ダイヤに発見された三人はこれまでにない剣幕の説教を受けた。ルビィですら今まで見たことのない、超弩級の怒号が学校中に響き渡った。




説教が終わり、涙目になった二人が哀れになった鞠莉は練習の合間に保健室に呼び込み、服の上から少し触らせてあげたとか。


おしまい

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
鞠莉「おっぱい、触らせてあげようか?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『鞠莉「おっぱい、触らせてあげようか?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)