真姫「別れのあとには」

シェアする

真姫-アイキャッチ36
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:36:53.56 ID:8pDqrO06
 3月、別れの季節。

 昔は別れなんて気にしたこともなかった。
 でも一昨年に唯一の友達と離れることで、別れの悲しさを知った。

 去年はまた、大切な人、にこちゃんとの別れを経験した。

 そして今年も――

元スレ: 真姫「別れのあとには」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:37:28.54 ID:8pDqrO06
穂乃果「真姫ちゃん~」

真姫「穂乃果。遅かったわね」

穂乃果「えへへ、色んな人に捕まっちゃって」

真姫「元生徒会長でμ’sのリーダーだもの、まあ仕方ないわよ」

穂乃果「でも海未ちゃんの方が人気だったよ。後輩の女の子に囲まれちゃってさー」

 目の前で笑っている、私をμ’sに誘ってくれた人。
 1人きりの世界から、外へと導いてくれた大切な人。
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:38:10.00 ID:8pDqrO06
真姫「それは穂乃果には無縁そうな世界ね」

穂乃果「えー、そんなことないよ。この前も――」

真姫「海未とことり関係は禁止ね」

穂乃果「ぐっ」

真姫「あら、図星かしら」

穂乃果「うぅ、酷いよ真姫ちゃん~」

 泣きながら私に抱きついてくる、まるで子どものよう。
 でもそれが可愛らしくて、彼女らしくて、私はそんな姿が大好きで。
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:40:16.50 ID:8pDqrO06
真姫「でも大丈夫よ。私はちゃんと貴女のことを愛しているから」

穂乃果「そ、そんなこと言っても誤魔化されないよ」

真姫「あら、失敗したみたいね」

 本音だったのに。

穂乃果「でも真姫ちゃんも冗談なんて言うようになったんだね。何だか感慨深いよ」

真姫「冗談ぐらい以前から言っていた――かしらね?」

穂乃果「どうだろう。でも初めて会った時より、雰囲気がやさしくなったよ」

真姫「穂乃果のおかげよ、感謝してるわ」

穂乃果「またお世辞?」

真姫「ううん。ちゃんと正直な気持ちよ」

穂乃果「素直な真姫ちゃん、珍しいね」

真姫「卒業式だもの。たまにはいいでしょ」

穂乃果「……そうだね」
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:41:19.73 ID:8pDqrO06
 今日で穂乃果は卒業して、この学校を去っていく。

 運命的な出会いから、色々な事があった。

穂乃果「送辞、素敵だったよ」

真姫「穂乃果こそ。人には怒られそうではあったけどね」

穂乃果「あはは、海未ちゃんにはさっきお小言言われちゃった」

真姫「私は好きだったわよ。穂乃果らしくて」

穂乃果「そう言ってもらえるとありがたいよ」
6: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:42:21.72 ID:8pDqrO06
 私は穂乃果の後、生徒会長の座を引き継いだ。

 正直に言ってしまえば、その役割をやりたかったわけではない。
 でもどうしても、在校生代表として送辞を贈る立場になりたかったから。

 直接、素直に感謝の言葉を伝えられない私が、代表者という皮を被って伝えられる役目だったから。

 今までのように、後悔するような別れ方は嫌だったから。
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:44:27.94 ID:8pDqrO06
真姫「改めて卒業おめでとう、穂乃果」

穂乃果「うん、ありがとう真姫ちゃん」

真姫「出会えてよかった。貴女が居なかったら、きっと私はずっと一人だったから」

穂乃果「穂乃果の方こそ、真姫ちゃんに出会えて良かったよ」

真姫「私も、何か穂乃果の力になれたかしら」

穂乃果「うん、いっぱいあるよ、真姫ちゃんのおかげで出来たこと」
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:45:04.91 ID:8pDqrO06
穂乃果「真姫ちゃんがいなかったら、μ’sは曲もないまま、スタートラインにすら立つことができなかった」

穂乃果「花陽ちゃんを引っ張ってきてくれて、結果的に凛ちゃんも入ってくれた」

穂乃果「合宿をしようなんて我儘も聞いてくれたよね。勝手に倒れた時も心配してCDを作ってきてくれて、自分勝手な理由でμ’sを辞めようとしたときも、穂乃果の側に立ってくれた」

穂乃果「考えていけば、いくらでも思いつく。それぐらい、穂乃果にとって真姫ちゃんは大切な人だよ」
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:45:33.27 ID:8pDqrO06
真姫「……少し、照れるわね」

穂乃果「真姫ちゃん、顔真っ赤だよ」

真姫「誰のせいよ、誰の」

穂乃果「トマトみたいで可愛いよ」

真姫「あんまり褒められてる気がしないんだけど」

穂乃果「えー、真姫ちゃんトマト好きでしょ?」

真姫「それとこれとは話が別よ」

穂乃果「うーん、そうかな」

真姫「まったく。そんな感じだから海未と違っていまいちモテないのよ」

穂乃果「そう言われると痛いなぁ」

 口ではそう言いながらも、まるで反省した様子はない。
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:47:08.89 ID:8pDqrO06
 実際、穂乃果を好きな人はいくらでもいる。彼女がその存在に気づかないのは、幼馴染2人によるガードが固すぎるから。

 まあ本当にたくさんいるかなんて、分からないけどね。
 仕方ないでしょ。好きな相手についてのことは、盲目的に見えちゃうんだから。

穂乃果「さて、お話はこれぐらいにして、そろそろ行こうか」

 時計を見た穂乃果が、笑顔で私に手を指し出す。

 今日はこの後、μ'sのメンバーが集まっての卒業祝いパーティーがあるから。
 
 絵里や希、にこちゃん。卒業していったメンバーも含めて全員が集まる素敵な場所。
 私も楽しみだ、すぐにでも向かいたい。
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:48:10.80 ID:8pDqrO06
真姫「待って。もう1つだけいいかしら」

穂乃果「なぁに?」

 でももう一つ、伝えなければいけないことがある。
 
 μ'sに入った時から、ずっと秘めていた気持ち。

真姫「あのね、私ね」

 さっきみたいに冗談に聞こえないように、はっきりと言わなきゃいけない。

真姫「その、あの……」

 心の準備は散々してきた。
 何度も1人で練習した。

 でもいざ彼女を前にすると、言葉が出てこない。
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:48:56.63 ID:8pDqrO06
真姫「だから、その……」

 やっぱり私は、素直になれない。

 今回の別れも、結局後悔したまま終わっちゃうのかな。

 今まで以上に、辛い気持ちにならなきゃいけないのかな。

真姫「っ」

 ついに言葉も出なくなる。
 涙が滲み出てくる。嫌だ、こんな風に泣きたくないのに。
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:49:48.04 ID:8pDqrO06
穂乃果「落ち着いて、大丈夫だよ」

 そんな私の目に、そっと伸びてくる手。

 穂乃果の、大好きな人の、温かい手。

真姫「い、嫌なの。毎年のように、素直な気持ちを伝えられないまま、大切な人が私の前から居なくなるのが」

 その手に導かれるように出てきたのは、考えていた言葉とはまるで違うもので。

真姫「ずっとそうだった。去年も、にこちゃんに感謝の気持ちを伝えようとしたのに、素直になれずに喧嘩して」

真姫「今年も穂乃果に、伝えたいことがあったのに。どうしても、言葉にできなくて」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:50:50.88 ID:8pDqrO06
 次々とあふれ出す言葉。

 こんなことを言われても困らせるだけなのに。

穂乃果「そっか。辛かったんだね」

 でも穂乃果はそんな私を受け入れてくれて。

穂乃果「大丈夫だよ。穂乃果はずっと、真姫ちゃんが話してくれるまで待っているから」

真姫「でも、もうお別れなのに――」

穂乃果「そうだね、確かに卒業は一つのお別れ」

穂乃果「でもその後、一緒に居たらいけないなんて決まりはないよね」

真姫「!」

 目から鱗。
 そんなこと、考えたこともなかった。
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:51:33.01 ID:8pDqrO06
穂乃果「卒業しても、穂乃果はまた音の木坂に遊びに来るよ! 休日には一緒に遊びに行こう!」

穂乃果「何回も会ってれば、きっと真姫ちゃんも素直になれるタイミングがあるよね!」

真姫「なによそれ、いみわかんないわよ」

 環境が変わって今後どうなるか分からないのに。私だって受験生なのに。

穂乃果「うん、やっぱりちょっと素直じゃない方が真姫ちゃんらしくて好きかも」

 穂乃果は笑いながら私の顔を拭う。

 気づけば涙は止まっていた。
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:52:32.43 ID:8pDqrO06
穂乃果「さあ、今度こそ行こうか」

 再び差し出される手。
 私はその手をしっかりと取り、握りしめる。

穂乃果「あんまり待たせると、海未ちゃんたちに怒られちゃうよ!」

 走り出す穂乃果。

 その背中に、素直じゃない私はそっと呟く。


真姫「大好きよ、貴女のこと」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/02/24(土) 10:52:58.44 ID:8pDqrO06
おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「別れのあとには」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)