μ's屈指の腋フェチ、東條希は語るー「いや、えりち以外の腋には興奮しませんよ」

シェアする

希-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 21:51:50.12 ID:Zi2GHJmo.net
「だから、ウチが腋フェチっていうのは・・・うーん、どうなんかなぁ?」

あくまで東條氏のチームメイト、絢瀬絵里氏の腋にしか興味が無いと語る。

ーしかし、結局は腋に興味があるんですよね?

「まぁ、そうやね・・言うなれば、えりち専門の腋フェチかな?」

えりち専門の腋フェチー東條氏は自らの事をそう呼んだ。

ーなぜ他の人の腋には興奮しないのですか?

「・・なんでやろね?やっぱり、えりちの事が好きやからかな?」

照れ臭そうに答えた。東條氏と絢瀬氏は高校一年生からの仲間、転校続きの東條氏には初めてできた親友と言えよう。

元スレ: μ's屈指の腋フェチ、東條希は語るー「いや、えりち以外の腋には興奮しませんよ」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 21:56:59.86 ID:Zi2GHJmo.net
ー具体的にはどのような部分に興奮するのですか?

「やっぱり、綺麗なところかな!毛が全然生えてなくて、すっごくスベスベなんよ!」

絢瀬氏の腋の事になった途端、東條氏の顔が変わった。

「あとはやっぱり、腋自体じゃなくてえりちの表情かなー♡」

ー表情ですか?

「うん!ウチがえりちの腋のにおいを嗅ぐと、すっごい恥ずかしがって顔を真っ赤にして怒るんよ♡『な、何するのよ希!!』ってな感じで♡」

意外だった。腋それ自体を楽しむだけでなく、絢瀬氏の反応を楽しんでいたのだ。
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 22:02:46.83 ID:Zi2GHJmo.net
「ほんっとにえりちは可愛くてなー♡えっちの時も腋を舐めたりするんやけどー」

ーちょ、ちょっと待ってください!え、えっちですか!?

「へ?うん」

既に東條氏と絢瀬氏は肉体関係を持っていたーその事実には驚かされた。

ーい、いつから付き合っていたのですか?

「えーっと、一年生の冬にウチが告白したら、オッケーしてくれたんよ」

このまま馴れ初めを聞こうとも思ったが、趣旨とは外れるため話を戻すことにした。

ーそ、そうですか。では、話の続きを

「あ、うん。それで、えりちの胸を揉みながら腋を嗅いだり舐めたりすると、すっごい恥ずかしがるんよ♡『や、やめて希///恥ずかしいわそんなとこ///』ってね♡」

絢瀬氏はファンからクールなキャラで人気を博していたが、東條氏にそんな事をされていたとは。
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 22:07:40.89 ID:Zi2GHJmo.net
「それで、腋汗がでてくるんよ。人間って緊張すると汗をかくから。その腋汗が・・」

そこで東條氏は語りを止めた。フルフルと震えだし、声を出した。

「・・・もう、さいっこうなんよ♡♡」

恍惚な表情を浮かべそう言い放った。まるでいつかの思い出を噛みしめるかのような表情だった。

「もう一気に舐めるスピードが上がるよね!えりちは腋が性感帯やから凄い感じでくれるんよ。まあ、性感帯にしたのはウチなんやけどね♡」

なんと、東條氏は恋人の腋を開発し、性感帯にしていたのだ。恐るべき執念である。

ーどうしてそこまで腋を?

「どうして、か・・」

少し考える。
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 22:12:57.29 ID:Zi2GHJmo.net
「人間は恥ずかしいところをさらけ出すのが仲良くなる近道なんよ」

確かに、信頼している人にしか恥ずかしい部分は見せる事ができない。逆に自分の恥ずかしい部分を見せれば、仲良くなるという事か。

「そこでウチはえりちの腋を選んだんよ。他にいい体の部分は無かったからね」

人間の体で自分の恥ずべき部分と言ったら、恥部、乳房、その辺りか。その次に腋がくるという事である。

「いやー最初は苦労したよ。腋を嗅がせてって言ったら当然拒絶するよね」

確かに、自分の腋を誰かに嗅がせるのは簡単にできる事ではない。ましてや恋人、汚い部分を隠したいのは当然である。
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 22:21:06.48 ID:Zi2GHJmo.net
「そこで無理やり嗅いだんよ。えりちは悲鳴をあげて、ウチを押しとばした。まあ当然やね」

「その後のフォローが大事やったんよ。『臭い』とか言ったら絶対ダメ。また嗅がせてくれるようにできるだけ気をつかわなければならない。」

自分から腋の匂いを嗅いでおいて「臭い」と言われたら当然振られるだろう。

「でも、ウチはそんな事考えられなかった。思った事を口に出してしまったんよ」

ー思った事とは?

「『えりちの腋の匂い・・もっと嗅ぎたい』ってね。臭くなかった。ずっと嗅いでいたい、そんな匂いやった」

「もっと嗅ぎたい」このセリフはどっちにも転ぶのではないか?褒めているともとれるが、もう嗅がないでと断られる可能性もある。

ーそれで、どんな反応が?

「えりちは顔を真っ赤にして、『・・・でも恥ずかしいわ』って言った。そこをウチは畳み掛けた」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/08/21(金) 22:27:50.34 ID:Zi2GHJmo.net
「なんで恥ずかしがるん!?えりちの腋はとっても綺麗や!ってね」

このセリフは男らしい。

「そしたらもっと顔を赤くして、『じゃあ、嗅いでいいよわ・・』って言ってくれた。そこからどんどんハマっていった。ウチもえりちも」

腋の匂いを嗅ぐー特殊な事だが、この二人はそれによって絆が深まったようだ。

「でも積極的に腋の匂いを嗅がせるような子にならなくて良かったわ。もしそんな痴女になったら責任とれんからね・・」

そういえば、序盤で絢瀬氏が恥ずかしがっていると聞いた。恥ずかしさが無くなったら、東條氏は腋を嗅ぐのを止めるのだろうか。

「ま、こんなもんかな?ウチとえりちと腋の話・・」

ーありがとうございました。

「ええよ。海未ちゃんも恋人の腋嗅いでみれば?それとも・・嗅がせる派?」

ーえ、遠慮しておきます・・

終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『μ's屈指の腋フェチ、東條希は語るー「いや、えりち以外の腋には興奮しませんよ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。