絵里「にこってブラジャーしてるの?」にこ「はあ?」

シェアする

にこ-アイキャッチ12
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:15:48.30 ID:TQ3NO5EX
絵里「いえね、特に意味は無いのよ」マジマジ

にこ「意味が無いならそんなに見ないでくれる? 減るもんでもないけど」

絵里「にこの場合、それ以上減りようがないものね」

にこ「殴るわよ」

絵里「にこほどの些細な胸なら、絆創膏で充分なんじゃないかって」

にこ「あのねえ……」

絵里「凛もそうなんでしょ?」

凛「は?」

元スレ: 絵里「にこってブラジャーしてるの?」にこ「はあ?」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:19:01.93 ID:TQ3NO5EX
凛「たしかに凛の胸は些細かもしれないけど、にこちゃんとは違うよ!」

にこ「1センチしか違わないじゃない!」

凛「この前の身体測定の結果見たにゃ! にこちゃんは3セン……」

にこ「わーわーわー!」

絵里「喧嘩しないの、まったく、騒ぐと損よ?」

凛「誰のせいだと……」

にこ「で、絵里はブラジャーしてるの?」

絵里「してないわよ?」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:22:01.50 ID:TQ3NO5EX
にこ「は?」

凛「またまたご冗談を」

絵里「にこたちみたいな貧乳は知らないと思うけど、胸筋という筋肉があって」

にこ「それくらい知ってるわよ!」

絵里「私みたいに鍛えている子なら、胸筋で胸を支えることができるの」

凛「え、じゃあ、乳首は?」

絵里「はぁ、なんにも知らないのね? 巨乳は乳首を出し入れできるの」

にこ「な、な!」

凛「なんだってー!」

絵里「んなわけないでしょ、ブラジャーしてるわよ」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:24:24.42 ID:TQ3NO5EX
にこ「(#^ω^)ビキビキ」

凛「(#^ω^)ビキビキ」

絵里「あなた達とは違うのよ、まあ、この苦労もわかってもらえないでしょうね……」

にこ「こいつ埋める?」

凛「もちろん逆さニャ」

絵里「で、にこはブラジャーしてるの?」

にこ「してるに決まってるでしょ、高校生にもなってしてない子なんていないわよ」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:26:47.90 ID:TQ3NO5EX
凛「絵里ちゃんみたいなアホにはわからないかもしれないけど、凛もしてるよ」

絵里「する必要があるの?」

にこ「普通はあるのよ、絵里みたいなアホにはわからないかもしれないけど」

絵里「またまたご冗談を」

海未「何の話をしているんです?」

絵里「海未、あなたは四捨五入すれば80だものね?」

海未「はい?」

絵里「だからブラジャーだってしているわよね?」

凛「その理論だと凛もしてるはずにゃ……」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:30:03.10 ID:TQ3NO5EX
海未「ふむ、胸の大きさなどどうでも良いではないですか」

凛「そうにゃ! そうにゃ!」

にこ「そうよそうよ!」

絵里「そういうのは胸が大きくなってから言うものよ」

海未「な! わ、私は普通サイズです! 二人とは違います!」

凛「は?」

にこ「海未ちゃん? 海未ちゃんは明らかにこっち寄りよぉ?」

絵里「巨乳喧嘩せず、はあ、こんな風にはなりたくないわね」

海未「では、逆に聞きますが、絵里。あなたのブラジャーは可愛いですか?」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:34:27.22 ID:TQ3NO5EX
絵里「もちろん」

にこ「うっそー! 大きなブラジャーは高くなっちゃうからシンプルなデザインが多いのよ?」

凛「哀れニャ」

海未「哀れですね」

絵里「にこは哀れね」

にこ「ぬわぁんでよぉ」

海未「穂乃果もことりもあえてこっち寄りにしておきますが、あのですね、せいぜい胸は80までですよ」

絵里「では81以上の胸はなんだというの?」

海未「脂肪の塊」

にこ「デブの象徴」

凛「いらないもの」

絵里「哀れね……」
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:38:25.59 ID:TQ3NO5EX
海未「実際そうではありませんか、トップのA-RISEだって3人中2人はこちら側です」

にこ「ミッドナイトキャッツもイーストハートもこっち側ね」

凛「ていうか、巨乳さんの女優さんとかモデルさんとかいないにゃ」

絵里「あのねえ、私たちはスクールアイドル、アイドルと言えば?」

海未「歌唱力」

にこ「コミュ力」

凛「ダンス力」

絵里「違うわよ、水着になった時見栄えがするスタイルよ!」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:41:32.28 ID:TQ3NO5EX
海未「別に水着になる必要はないのでは?」

にこ「そうよ!」

凛「そうにゃ! そうにゃ!」

絵里「ではなぜ漫画雑誌では水着の女の子が表紙なのかしら?」

海未「たまたまです」

にこ「お偉いさんの気分かしら」

凛「筋肉が見たいんじゃない?」

絵里「違うわよ、需要があるから! あなた達みたいなド貧乳には価値がないの!」

海未「だから、私は普通サイズですと、二人とは違います」

にこりん「は?」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:44:06.52 ID:TQ3NO5EX
海未「言っておきますが、にこと凛と私とは大きな差がありますよ」

凛「哀れにゃ」

にこ「哀れにこ」

海未「では実際確かめます?」

にこ「屋上で何をするつもりなのよ……」

海未「いいではないですか、下からは見えません」

凛「海未ちゃん脱いじゃうのぉ!?」

海未「上半身だけです!」

絵里「ああ、パンツはだっておしっこのシミあるもんね」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:47:28.47 ID:TQ3NO5EX
海未「しっかり見てください、絵里!」

にこ「ちょっと恥ずかしいわね」

凛「なんでこんなことになってるにゃ?」

絵里「うーん、それほど違いがわからないわね」

海未「あなたの目は節穴ですか!」

絵里「だって、1センチずつしか差がないのよ? よく考えてみて、身長だって1センチしか違わないなら大して」

にこ「もっと確認する!」

凛「そうにゃ!」

絵里「何を好きこのんでこんな貧乳の拝謁会してるんだか、早く希こないかしら?」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:50:31.04 ID:TQ3NO5EX
海未「よく見てください! こちらの二人とは明らかに違うはずです」

凛「にこちゃんよりは大きいよ!」

にこ「最近バストサイズ大きくなっちゃって困るにこー」

絵里「それにしても、あなた達のブラジャー地味ね」

海未「なっ!」

絵里「貧乳は可愛いんじゃなかったの? 海未と凛はスポブラだし、にこは付けてないし」

にこ「お前の目は節穴かぁー!」

絵里「これなら、私のブラジャーのほうがよっぽど可愛いわ」
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:52:50.65 ID:TQ3NO5EX
海未「では見せてもらおうではありませんか」

凛「そうにゃ! そうにゃ!」

にこ「一発でにこたちを納得させるようなブラジャーなんでしょうね?」

絵里「その目に刻みなさい! これが高校3年生のセクシーで可愛いブラジャーよ!」

にこ「は?」←高校3年生
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 09:55:40.88 ID:TQ3NO5EX
絵里「ふふっ! 可愛すぎて言葉も出ないみたいね!」

海未「なっ! 破廉恥です!」

凛「レースの……」

にこ「黒って……」

「ババアにこ」「ババアにゃ」

絵里「貧乳の僻みが耳に気持ちいい!」

凛「いや、高校生で黒のレースっておかしいって絵里ちゃん!」

にこ「そうよ! この際弁明するけど、確かににこたちのブラは地味よ? でも、これって」

「ピンサロ嬢じゃん……」

絵里「え、そんなに私のブラジャー変?」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:01:45.83 ID:TQ3NO5EX
にこ「セクシーというか路線を間違っているにこ」

凛「よく先生たちにバレなかったね?」

絵里「そ、そんな、でも女性誌で見たわ、今流行っている最新のブラジャーはこれだって!」

海未「哀れですね、そんな雑誌に影響をされるとは」

にこ「哀れにこ、大衆の豚になってしまったにこ」

凛「哀れニャ、流行なんて目に見えないものを追うだけのカスにゃ」

絵里「でも、先日姉妹でこんな会話をしたわ!」
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:04:53.78 ID:TQ3NO5EX
絵里「あら、何を読んでいるの亜里沙」

亜里沙「ハラショー! これは今中学生の間ではやっている雑誌だよ!」

絵里「ふうん? これ下着?」

亜里沙「そうなの! 女の子は見えないところからおしゃれするべきだって!」

絵里「見えないところ、確かにそうね、女の子として気が抜けないわね」

亜里沙「亜里沙には似合わないと思うけど、お姉ちゃんにはこれが似合うよ!」

絵里「は、ハラショー! 黒のレース? 似合っちゃうかなー?」

亜里沙「お姉ちゃんセクシー! セクシーダイナマイト!」

絵里「ハラショーハラショーハラショー!」
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:07:21.75 ID:TQ3NO5EX
にこ「あんたの家常識人とかいないの?」

凛「明らかに心配にゃ」

海未「亜里沙は可愛いですが、絵里は哀れですね」

絵里「な、なによ! 亜里沙と私と何が違うの!」

にこ「愛らしさ」

凛「素直さ」

海未「頭の良さ」

絵里「うわぁぁぁ! エリチカお家帰る!」

にこ「その格好のまま帰らないでよ!」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:11:09.59 ID:TQ3NO5EX
海未「ふう、ひとまず落ち着きましょう絵里」

にこ「そうにこ、あんたがそういう態度だと、巨乳はバカってイメージついちゃうわよ?」

絵里「うう、ありがとう、貧乳でバカの3人組に慰められても嬉しい」

海未「私をこの二人と一緒の扱いをするのはやめてください!」

凛「頭の良さについては同意にゃ」

にこ「まあ、頭の良さでは負けてもかまわないわ」

海未「スタイルでもそうです!」

「「は?」」

絵里「うう、低レベルな争いよぉ……」
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:15:53.29 ID:TQ3NO5EX
海未「ま、まあいいでしょう、金持ち喧嘩せず、持つものは持たざる者に優しくしなければ」

にこ「5センチ胸が大きくなってから」

凛「出直してくるにゃ」

海未「こ、この(#^ω^)ビキビキ」

絵里「落ち着いて海未、ほら、海未の大好きな巨乳よ」

海未「うわぁぁん! エリーチカ! 好きー!」

凛「思い切り甘えてるにゃ……」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:39:56.21 ID:TQ3NO5EX
にこ「そろそろ寒くなってきたわね、上着上着」

凛「うー、そういえばなんで脱いだのかわからないにゃ」

海未「そういう流れというものもあるものです」

にこ「主にあんたのせいだけどね……」

絵里「ねえ、じゃあ、アンケート取ってみましょうよ」

凛「アンケート?」

絵里「ええ、スクールアイドルのみんなに、女性の価値は胸なのかそうでないのか」

海未「はぁー、絵里は明らかに負けると分かっていてそんなことをするなんて」

にこ「ほんとうに優しいにこー」

絵里「え? 胸の大きさでランクが決まると皆思ってるわよ? ねえ、最下級ども」

凛「最下級なのはにこちゃんだ……いったーい!」

にこ「殴るわよ」

凛「もう殴ってるにゃ!」
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:43:13.33 ID:TQ3NO5EX
絵里「ではまず、屋上に来たメンバーから聞きましょうか」

にこ「誰が来るかしらねえ」

凛「かよちんがいいなあ、かよちんなら、きっと胸なんて関係ないよって優しい言葉をかけてくれるにゃ」

海未「それは確かに、希あたりだとバストに決まっとるやん? とか言うに決まってます! ぐぬぬ」

絵里「真姫や穂乃果もこちら側の人だから、胸が大きい方がいいって言うに決まっているわね」

海未「ハハッ! ワロス! 穂乃果と真姫なんて私と大して変わらないではありませんか」

絵里「現実見なさいよ海未」

海未「いつだってこの二つの眼は現実を見ています! リアリストです私は!」
30: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:46:50.78 ID:TQ3NO5EX
ことり「遅れてごめ……あれ? 何そのいきなりのがっかりとした視線」

海未「ことりですか」

絵里「評価に分かれるわね」

にこ「ね、ねえ、ことり。女性の価値は胸の大きさで決まると思う?」

ことり「なんで絵里ちゃんは上半身下着だけなの?」

絵里「見栄えがいいでしょ?」

ことり「恥ずかしいだけだよ……」

絵里「ことりはもちろん、女性の価値は胸の大きい方が上って言うわよね?」

海未「何を言っているのですか、ねえことり、もちろん胸の大きい方が下ですよね?」

ことり「え、えー……」
31: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:49:18.79 ID:TQ3NO5EX
ことり「うーん、胸が大きいことがいいとは思わないけど」

海未「やった! さすがことりです!」

ことり「平均値がいいんじゃないかな、平均が」

凛「やった! 平均にゃ!」

にこ「そうねえ!」

海未「ほんとうですね!」

絵里「哀れチカ……」

ことり「でもなん」

絵里「ことり、平均値ってことはある程度胸のサイズがある方が良いってこと?」
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:52:36.39 ID:TQ3NO5EX
ことり「え? うーん……そうだね、普通くらいで」

絵里「この三人は普通?」

海未「まったく絵里は現実が見えていませんね」

にこ「にこたちは平均値9999にこ!」

凛「そうにゃそうにゃ!」

絵里「もちろん、普通より小さいわよね、平均未満よね」

ことり「え、えーっと……」

海未「もちろん普通ですよね?」

ことり「その……」

凛「ことりちゃん、もしかして裏切るの? 胸の大きさでも裏切ってるのに?」

ことり「あ、っと……ほ、穂乃果ちゃーん!」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:55:14.69 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「呼んだ?」

ことり「うわぁぁん! 穂乃果ちゃん! この人達怖いー!」

穂乃果「あー、よしよしことりちゃん、もうひとりじゃないよ!」

海未「穂乃果、穂乃果はもちろん……」

凛「大きい胸の人と、ささやかな胸の人、どちらに価値があるか……」

にこ「知ってるにこ?」

穂乃果「あー、3人とも小さいもんねえ」

海未「言われてますよ絵里」

にこ「言われているわよ絵里」

凛「言われてるにゃ絵里ちゃん」

絵里「哀れチカ」
34: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 10:58:36.89 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「私も後3センチくらい大きければなーって思うよ、花陽ちゃんが目標だね」

ことり「穂乃果ちゃんがそう言うなら私もこっち!」

海未「う、裏切り者ぉぉぉ!!」

凛「かよちん! 早くかよちんくるにゃ!」

にこ「真姫でもいいわ!」

絵里「ふふっ、もう二票入っちゃったわね、やっぱり女性の価値は巨乳で決まるわ!」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:05:14.35 ID:TQ3NO5EX
希「はいよー、またエリちやってしまったねぇー」

絵里「何をよ!」

希「なんで一人だけ上半身はだけてるん? 痴女なん?」

絵里「痴女じゃないわよ! ところで痴女って何?」

凛「絵里ちゃんみたいな人間にゃ」

絵里「賢くて可愛くてエリートってこと?」

海未「そんなわけないでしょう、生きているのが恥ずかしい巨乳ということです」

絵里「なっ! あなた達……!」

「「「やーい! ちーじょ! ちーじょ! ちーじょ!」」」

絵里「うわあぁぁん! エリチカお家帰る!」
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:20:17.15 ID:TQ3NO5EX
希「まあまあ、落ち着いてエリち、で、何の話なん?」

海未「ええ、希に言ったほうがいいのか戸惑いますが」

にこ「女の子の価値が胸で決まるのかどうかって」

凛「希ちゃんちょっと太ってる風に見えるからねえ」

希「凛ちゃん?」

凛「体重で言うならそれほどでもないけど……油断は禁物にゃ」

希「なんでウチが慰められる流れなん?」
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:24:47.98 ID:TQ3NO5EX
希「まあ、あえて言うまでもないけど、胸は大きい方がええやん?」

絵里「希! 信じてたわ!」

希「みんな、ウチくらいのサイズになられるとそれは困るけど」

凛「けっ!」

にこ「ふん!」

海未「ふう……」

希「ま、ええんよ、にこっちみたいなド貧乳でも、凛ちゃんみたいなボーイッシュ貧乳でも、海未ちゃんみたいな貧乳でも」

海未「希、殴り倒されたいですか?」

希「そのグーパンチ、一体何人の猛者を倒してきたん?」

海未「ふふ、私の拳は希専用です」

希「うわぁ、歓迎したくないわ―」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:27:59.47 ID:TQ3NO5EX
花陽「何の話をしてるのー?」

凛「かよちん!」

海未「かよちん!」

にこ「かよちん!」

花陽「え、えー……みんなしてなに……?」

絵里「この貧乳たちの話は気にしないで、ズバリ花陽、胸で女性の価値……いいえ、貧乳に価値はないわよね?」

花陽「え、ええ!?」

絵里「価値はないわよね?」

海未「異議あり! 誘導尋問です!」
41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:30:42.34 ID:TQ3NO5EX
花陽「その、女性の価値は、胸の大きさでは決まらないと思うよ?」

凛「かよちん……! 信じてたよ!」

海未「うう、さすがは花陽です……私は幼なじみに裏切られました!」

にこ「3年生はほんとう低能が多いから……きっと胸に脳みそを取られたのね」

「「「お前らおっぱいに脳みそ詰まってるってどんな気持ちー!?」」」

絵里「こ、この……」

希「さ、流石にうざいやん?」

花陽「で、でもね、小さい方に魅力があるかって言うと、別問題で」

「「「あ?」」」

花陽「な、なんでもないです……」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:34:33.99 ID:TQ3NO5EX
絵里「異議あり! ただの脅迫よ!」

海未「おっぱい脳みそは黙っていてください」

にこ「そうよ、今は花陽に話を聞いているの!」

凛「低能巨乳は黙ってるにゃ!」

絵里「くっ……」

希「花陽ちゃん、ここははっきり自分の意見を言わんとあかんよ?」

花陽「う、うん、希ちゃん……あ、あのね! 女性の価値は……くびれで決まるの!」

凛「かよちん、それはかよちんの体を張ったギャグかにゃ?」

海未「そうですよ花陽、あなたは寸胴ではないですか」

にこ「まったく、本当に花陽は面白いことを言うわね!」

「「「あーっはっはっは!」」」

花陽「(#^ω^)ビキビキ」
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:37:14.59 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「は、ハラショー……」

ことり「明日からPrintempsの活動ができるか心配だよ……」

絵里「待って、くびれなら私の出番じゃない!」

にこ「絵里」

絵里「なによ」

にこ「あんたは胸があるから腹が出てないようにみえるだけよ」

絵里「あなただって胸もないのにくびれもないじゃない!」

にこ「ああっ!?」

希「せやせや、クビレと言えばのぞみんの出番やんな」

凛「デブは黙ってるにゃ」

希「ああんっ!?」
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:41:34.13 ID:TQ3NO5EX
真姫「もう、騒がしいわね、なに騒いでいるのよ貴女たち」

凛「真姫ちゃん! 真姫ちゃんは頭がいいからわかるよね!」

海未「そうですね、真姫。あなたはまさか、こんな低能と一緒の意見は言いませんよね?」

にこ「真姫ちゃん……信じているにこ……!」

真姫「ちょっと静かにして哀れトリオ」

「「「誰が! 哀れ! (にこ!)(ニャ!)(ですか!)」」」

希「巨乳の真姫ちゃんならわかると思うけど、女性の価値は胸の大きさに比例して大きくなるやんな?」

真姫「はあ?」

花陽「真姫ちゃん! 女性の価値はくびれの細さだよね!」

真姫「えー?」
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:44:35.69 ID:TQ3NO5EX
真姫「あのねえ、バカじゃないの貴女たち」

穂乃果「みんな否定はできないよねぇ……」

ことり「だねぇ……」

真姫「胸? くびれ? お尻? はぁー、頭の悪い……」

海未「なっ! では何だというのです!」

にこ「そうにこ!」

凛「そこまで言うなら、真姫ちゃんは女性の価値がどこで決まるか言ってみるニャ!」

絵里「そうよ!」

希「真姫ちゃん、賢いとこ見せてな?」

真姫「性格」
48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:47:22.67 ID:TQ3NO5EX
「「「「「「はい?」」」」」」

真姫「女性の価値は性格の良さで決まるのよ!」

凛「ハハ!」

海未「ワロス!」

にこ「にこ!」

絵里「さすがにそれは……」

希「笑いを堪えるのが大変やん?」

真姫「なによ! どういう意味よ!」

凛「真姫ちゃんだったら、お金とか言ってくれたほうが良かったニャ」

海未「まったくです、よりにもよって性格とか」

にこ「真姫ちゃんの一番の難点にこ」

真姫「あああん!?」
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:51:23.55 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「お、落ち着いて! 真姫ちゃん! 真姫ちゃんは優しいよ!」

ことり「そ、そうだよ! 真姫ちゃんほど優しい子はこの世にいないよ!」

にこ「真姫ちゃんが優しいなら、内浦のヤクザだって優しいにこ!」

海未「哀れですね……」

凛「そうにゃそうにゃ!」

真姫「(#^ω^)ビキビキ」

花陽「ま、真姫ちゃん……ぷっ!」

真姫「花陽? あとでちょっと面貸しなさいよ」

花陽「だ、だって、性格とか……ぷぷっ!」
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 11:58:45.78 ID:TQ3NO5EX
真姫「あ、貴女たち! 本当に性格悪いわねぇ!」

にこ「真姫ちゃんには負けるにこ」

海未「さんざんっぱら笑わせて頂きました、ありがとうございました真姫」

凛「ほんとうニャ、希ちゃんにくびれはないけど」

希「凛ちゃんになんて胸がないじゃない!」

絵里「貧乳は低能、これは世の摂理ね」

希「貧乳蛮族は黙ってればええやん?」

凛「脳みそおっぱいは黙ってるにゃ」

海未「進化を間違えた猿は黙っていてください」

穂乃果「ど、どうしよぉ、このままじゃμ's解散だよ!」

ことり「学校の廃校待ったなしだよー」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:13:25.48 ID:TQ3NO5EX
ツバサ「話は聞かせてもらったわ!」

穂乃果「つ、ツバサさん!」

ツバサ「もう、なにをしているの穂乃果さん、この程度の危機もまとめられないで」

凛「チビは黙ってるにゃ」

にこ「そうにこそうにこ!」

海未「関係者でないのならお早目の退散をお願いしたいですね」

ツバサ「まったく、貧乳はこれだから余裕がない……!」

希「ツバサさんはなんでここに?」

絵里「私がLINEで呼んだのよ」

穂乃果「いつの間にそんな仲に!?」

にこ「絵里が呼んだぁ? はぁー!? だったら脳内脂肪100%じゃない!」

凛「胸もないから脂肪が余計なことについているにゃ!」

海未「A-RISEの人気は優木あんじゅと統堂英玲奈の二人で支えられてますからね」

ツバサ「おめえら面貸せや! UTXで同じこと言ってみろテメエ!」
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:23:16.95 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「ツバサさん! 乗せられてる乗せられてる!」

ツバサ「ふ、ふう……ごめんなさい穂乃果さん」

ことり「お、落ち着いてください、これ、ことりのちゅんちゅんアップルパイです!」

ツバサ「ありがとうことりさん、とても美味しいわ」

ことり「うう、みんなで仲良く食べるために持ってきたのに……」

絵里「で、ツバサ。あなたは女性の価値はどこで決まると思うの?」

希「わざわざUTXから来るんや、いい考えがあるってことやんな?」

ツバサ「女性の価値はね……胸でも、お尻でも、くびれでも、性格でも、ましてやお金でもない……!」

真姫「……」カミノケクルクル

ツバサ「……それは、団結力よぉ!!!」

海未「お帰りはこっちです」

絵里「ささ、帰りなさい帰りなさい」

希「はぁ、やっぱり貧乳チビはバカなんやな」

ツバサ「あ、引っ張らない! ちょ、ちょっと! こ、この! A-RISEの私をこんな扱いして! 一生後悔するんだから!」
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:27:01.51 ID:TQ3NO5EX
バタン!

穂乃果「練習しようか」

ことり「練習が終わったらアップルパイもあるよ!」

にこ「しょうがないわねぇ」

凛「ちょっと体を動かすにゃ!」

海未「ええ、まずは柔軟からです!」

絵里「今日は厳しく行くわよ!」

希「ほら、花陽ちゃんも、いつまで笑っとるんや」

花陽「ぴゃー!」

真姫「(#^ω^)ビキビキ」
59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:32:04.43 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「こ、ことりちゃん身体やわらか~い」

ことり「穂乃果ちゃんもだいぶ柔軟できるようになってきたね!」

穂乃果「ストレッチは欠かしてないもん!」

ことり「はぁー、平和だなー」

海未「ほら希! その余計な体脂肪を落として少しは柔軟してください!」

希「お、覚えてなさいよ! 足で背中を押さえてるけど……ほんとう! 覚えてなさいよ!」

にこ「真姫ちゃんは体硬いにこ! 少しはにこを見習うといいにこ!」

真姫「ぐぬぬ……!」

凛「かよちんお腹つっかえてる?」

花陽「(#^ω^)ビキビキ」

絵里「……」(一人で柔軟中)
60: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:36:16.85 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「それじゃあ次は準備体操!」

ことり「それでは海未ちゃん、前に出てください」

海未「ええ、任せてください、では、巨乳だと思うものは右へ、スタイルが良いと思うものは左へお願いします」

にこ「いやあ、右側は辛いわー」

凛「そうにゃそうにゃ!」

真姫「まったくもってそうね」

絵里「私はスタイルがいいから左ね、希は右でしょ?」

希「エリちには勝てないし、うーむ」

花陽「私も右に行きます!」

穂乃果「じゃ、じゃあ、穂乃果たちは左に行こうか」

ことり「う、うん!」
61: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:39:41.81 ID:TQ3NO5EX
海未「あ、にこ、凛! あなた達は中央ですよ!」

にこ「この巨乳が目に入らないにこ?」

凛「にゃ!」

海未「あなた達はスタイルがいいわけでも、巨乳でもないんですから、中央で奴隷のごとく哀れにしていてください」

にこ「おめぇあとで覚えてろよ!」

凛「弓道くらいしか取り柄がない貧相な女は一人で準備体操してるがいいにゃ!」

海未「では全員位置につきましたね、では、私の動きについて来てください、まずは伸びの運動……!」
62: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:42:20.93 ID:TQ3NO5EX
海未「ふう、では準備体操も終わったことですし、まずはダンスです!」

絵里「私にしっかりついていきなさいよ!」

凛「絵里ちゃん処女膜から声出てないにゃ!」

にこ「これだからビッチは」

絵里「関係ないでしょ! ほら、ワンツースリーフォー! ワンツースリーフォー!」

海未「コラ希! ちょっと胸を小さくしなさい!」

希「で、できるかー!」

海未「花陽、動きが遅れています! デブだからですか!」

花陽「(#^ω^)ビキビキ」
65: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:44:53.89 ID:TQ3NO5EX
海未「にこ! いい動きです!」

にこ「当然よ!」

海未「凛! バテてます?」

凛「まだまだー!」

海未「希! 少しは痩せてください!」

希「で、デブとちゃうわ!」

海未「花陽! 遅れていますよ! にこの胸のサイズを見習ってください!」

にこ「あとで殴るから!」
66: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:49:08.24 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「ふう、終わったぁ!」

ことり「つ、疲れた……肉体的にも、精神的にも……」

海未「うん、みんなだいぶいい動きですね」

絵里「トレーニングの甲斐があったようね」

海未「? バストアップですか?」

絵里「違うわよ!」

海未「冗談ですよ絵里、巨乳だから余裕が無いんですか?」

絵里「貧乳だから何が何でもバストアップしたいの?」

海未「なんで金髪巨乳なのに 息ができるの~」

絵里「多分さっき飲んだ熱い お茶のせいかな? ってやかましいわ!」
67: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 12:55:13.09 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「うう、このままじゃμ'sが本当に解散になっちゃう……!」

ことり「みんな仲良くして! 穂乃果ちゃんが泣いちゃうよぉ!」

にこ「仲いいじゃない」

ことり「空気が最悪だよ!」

凛「ほんとうに仲が悪かったら罵り合いも出来ないにゃ」

花陽「凛ちゃん、花陽のこと今日一日で何回デブとか太ってるって言った?」

凛「そんな、アリになんで働いているんですか、みたいな質問には答えられないにゃ」

真姫「本能で言っているのね……」

希「はあ、今日一日で何回デブって言われたことか……」

絵里「じゃあ、希は痩せないと。事実だものね!」

希「きしゃー!」
68: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 13:03:02.97 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「うう、明日も9人集まれるかなあ」

海未「全くもってその通りです、たるんでいます! 希のお腹のごとく!」

穂乃果「あー、もう、こうして悩むのは穂乃果らしくない! ええい、人生なるようになる! なるったらなる!」

海未「はは、まったく穂乃果は相変わらず面白いですね」

穂乃果「私は笑えないけどね……」

海未「安心してください、私はいつでも穂乃果の味方ですよ」

穂乃果「ほんとうにそう思ってる?」

海未「だから、女性の価値は胸の大きさと反比例していると言ってください」

穂乃果「脅迫だよ海未ちゃん……」

海未「では穂乃果、私はこのあたりで」

穂乃果「うん、じゃあね、海未ちゃん!」

海未「あー、明日になったら胸が大きくなってるといいですねー! あはは!」
69: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 13:06:23.41 ID:TQ3NO5EX
穂乃果「ん……穂乃果、寝ちゃったのか……」

穂乃果「今日はつかれたなぁ……ていうかもう昨日かぁ」

穂乃果「なんか肩が重いような? それに胸のあたりに重量感があるよ」

穂乃果「疲れてるのかなあ」

穂乃果「鏡を見ようっと」

穂乃果「って、これ! 穂乃果の胸が……大きくなってる!」

穂乃果「……明日学校行けるかなあ」



海未「あれ、穂乃果は?」

ことり「うん、急に胸が大きくなってつけるブラジャーがないから休むって」

海未「はあ?」
70: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/01(木) 13:06:59.38 ID:TQ3NO5EX
もっとストーリー性があって面白い話が書けたらと思います。

終わり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「にこってブラジャーしてるの?」にこ「はあ?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)