ク-海未「!……///」花陽「!」

シェアする

花陽-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 00:56:11.09 ID:KKxQXB6v
海未「………///」ウツムキ

花陽(い、今の音って……海未ちゃんのお腹の音、だよね…?)

花陽(って私たち二人しかいないんだしそれしかないよね……でも……)

海未「……」

花陽(ど、どうしよう……!!何か反応したほうがいいのかな!?けどあの海未ちゃんだからあまりそういうの言わない方が……)

海未「……」

海未「花陽」

花陽「ぴゃっ、は↑い!(向こうからきた!)」

海未「……最近どうですか?」

花陽「さ、最近ですか……?」

花陽(ろ、露骨に話題を……分かりやすすぎるよ海未ちゃん!……けどそうするってことはやっぱ今の音はなかったことに……)

クク-

花陽「」

元スレ: ク-海未「!……///」花陽「!」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 01:07:28.69 ID:KKxQXB6v
海未「……!……!」ワナワナ

花陽「あわわ……(さっきより大きな音……これはもう誤魔化しがきかないよ海未ちゃん……!)」

海未「///」

花陽(海未ちゃん真っ赤になって伏せちゃった……)


カチカチカチカチカチカチカチ


––––––––––––––––––––

––––––––

30分後

海未「……」

花陽「……」ダラダラ


海未「……」

花陽「……」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 01:15:05.01 ID:KKxQXB6v
1時間後

ガタ

花陽「海未ちゃん!」

海未「は、花陽?」

花陽「花陽について来て!」

海未「えっ……?しかし」

花陽「いいから!」

ガシッ


海未「!?」

花陽「行こう!海未ちゃん!」
11: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 01:28:00.92 ID:KKxQXB6v
海未「は、花陽…….///」

花陽「恥ずかしがらなくていいよ……海未ちゃん」

海未「しかし、でも……こんな……///」

花陽「大丈夫……他のみんなには内緒だから……。けど、海未ちゃんのこんな姿他のみんなが知ったらどうなっちゃうんだろうね……」

海未「そ、それは……」

花陽「特に穂乃果ちゃんとか」

海未「や、やめてください……!それだけは、穂乃果にだけは……!」

花陽「ふふ、冗談だよ。絶対にこのことは二人だけの秘密。だから思う存分……」

ガバッ

花陽「どうぞ♥︎」

海未「うぅ……花陽っ!!」バツ
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 01:37:08.23 ID:KKxQXB6v
ガツガツガツガツ

花陽「海未ちゃんすごい食べっぷり……///惚れ惚れしちゃうよ……」

ガツガツガツ

ゴクゴク

カタ…

海未「ご、ごちそうさまでした」

花陽「凄いよ海未ちゃん!スペシャルメニュー完食だよ!」

海未「いえ、出されたものを完食するのは当然のことなので……。とは言ったものの、少々はしたなかったでしょうか…」

花陽「全然そんなことないよ!だってあんなに美味しそうに食べてたんだもん!それが悪いことなはずないよ!」

海未「花陽……(私の倍以上の量をいつのまにか完食しているのは一体…)」

花陽「それにしても、海未ちゃんがこんなに食べるだなんて…よっぽどお腹空いちゃってたんだね」

海未「……はい、お恥ずかしい話ですが…」

花陽「もしよかったら理由聞いてもいいかな……?」

海未「ええ、しかし本当に大したことではないのです」
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 01:59:26.05 ID:KKxQXB6v
海未「私は基本、食事は毎日決まった量を決まった時間食べているのですが今日はそれが崩れてしまってバランスがおかしくなってしまったのです」

花陽「今日はご飯どうしたの?」

海未「それが朝も昼も抜いてしまい……」

花陽「あ、朝も?」

海未「はい。今日はいつも通り早朝の5時には起き、日課を済ませシャワーを浴びました。そこまでは何も変わらなかったのです、いつもはその後に朝食をいただき学校の準備をするのですが…」

海未「シャワーを終えた後、ことりからメールが届いたのです」

花陽「ことりちゃんから?」

海未「はい。ことりからメールによるとどうやら今日は朝から生徒会の仕事があったらしく、もう私以外は学校に着いていたというのです」

花陽「海未ちゃんがそういうこと忘れるって珍しいね」

海未「はい。私も最初は自分の情けなさに呆れました。しかし私は本当にそんなことは知らなかったのです」

海未「穂乃果です」

花陽「あっ……」

海未「穂乃果は私に生徒会の集まりのことを伝え忘れていたのです……」

海未「それなのに遅れてやって来た私に穂乃果は『もーぅ!海未ちゃん遅いよ!』と怒ってきたのです。ことりも『海未ちゃんがお仕事忘れるなんて珍しいね♥︎』と笑顔で棘をさしてきました」

花陽(今の穂乃果ちゃんとことりちゃんの真似なのかな……?)
30: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/04(日) 09:14:37.09 ID:4Gqoy8o0
海未「結局朝食は取れず、慌てて家を出たので昼食も用意できず今まで何も口に出来なかったのです」

花陽「だ、誰かにわけてもらうとか……」

海未「それも考えたのですが、朝穂乃果を叱った手前どうにも言いづらく……ことりにもその…」

花陽「あー……まあことりちゃんは…」

海未「察していただいてありがたいです……」

花陽「……でも」

花陽(困ってるなら、花陽に言って欲しかったな……)

花陽(花陽じゃ頼りなかったかな……)

海未「……花陽?」
36: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/04(日) 11:08:31.53 ID:Z6QvOMEj
花陽「……海未ちゃんが困ってるなら、花陽はいつでも助けるのに」ボソ    

海未「––––––––え?」

花陽「あっ!?は、花陽声に出しちゃってた!?」

海未「は、はい……」

花陽「いや、あの、いまのはその!同じμ'sの仲間として!じゃなくて!普通の友達として!あれ?いや、うん合ってるよね!?」

海未「お、落ち着いてください花陽」

花陽「ご、ごめんなさい!!」

海未「そんな、謝罪なんて……」

花陽「……」

海未「……」
37: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/04(日) 11:20:38.42 ID:Z6QvOMEj
海未「……ありがとうございます。花陽」

花陽「……え?」

海未「先ほどの言葉、嬉しかったです」

花陽「そんなっ!感謝されるようなことじゃないよ!」

海未「花陽の言う通りです。私には頼れる人がたくさんいるのに、つまらない意地のようなものがそれを拒んでしまった」

花陽「……」

海未「普段からみんなに厳しくしていたから、自分の情け無い姿を見せたくなかったのだと思います」

海未「……お腹の音を聞かれた時も、見苦しいことをしてしまいました。しかもよりにもよって花陽に」

花陽「よりにもよって?」

海未「花陽には、特に見せたくなかったのです」
42: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/04(日) 11:38:48.47 ID:Z6QvOMEj
海未「……花陽が私のことを慕ってくれているのは知っています」

花陽「っ///」

海未「そんな花陽に幻滅されたくなかったのが本心なのかもしれません」

花陽「海未ちゃん……」

海未「だから、こうして私を連れ出してくれて本当に嬉しかった」

花陽「花陽は……」

海未「そろそろ出ましょうか」

花陽「うん……」
43: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/04(日) 11:49:28.17 ID:Z6QvOMEj
トコトコ

花陽「……海未ちゃん、さっきの話だけど」

海未「?」

花陽「花陽が慕ってるって知ってたとこ……」

海未「はい。花陽は一年生の中でも特にメンバー想いだと」

花陽「えっ」

海未「どうかしましたか?」
45: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/04(日) 12:53:20.10 ID:Z6QvOMEj
花陽「……なんでもないです」プイ

海未「はあ……」

花陽「……///」


海未「……言えませんよ」ボソ

花陽「……?何か言った?」 

海未「いえ、なにも……。部室、戻りましょうか」

花陽「あ!そっか荷物とか置いてきちゃったもんね!」

海未「というか、そもそも今日は練習の日でしょう」

花陽「そ、そうだった!無断で外出して怒られないかな……?」

海未「私から上手く言うので花陽は心配しないでください。……そもそも最初私と花陽しかいなかったですし、むしろ他が遅れていたんです」

花陽「はは……」
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 15:29:51.44 ID:KKxQXB6v
部室

がララ!

花陽「お、遅れました!」

海未「すみません、少々事情があって……。いえ、大したことではないので練習を始めましょう」

花陽(……)


そのあとは、普通に練習をしました。穂乃果ちゃんや凛ちゃんがどこ行ってたのーとか問い詰めてきたけど海未ちゃんは答えなかったから花陽も言いませんでした。


花陽(二人だけの秘密……)
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/04(日) 15:33:44.65 ID:KKxQXB6v
練習後

海未「花陽」

花陽「うん?どうしたの海未ちゃん」

海未「今日は……一緒に帰りませんか?」

花陽「えっ––––––––––––」

海未「嫌……でしょうか…?迷惑でしたら」

花陽「ぜ、全然!大丈夫だよ!帰ろ!」

海未「ありがとうございます…….」
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/05(月) 17:14:56.27 ID:eL75Ir86
トコトコ

海未「……」

花陽「……」

トコトコ

海未「……」

花陽(……き、気まずい!なんで海未ちゃんなにも喋らないのぉ!?)

花陽(いや、海未ちゃんは自分から積極的にお喋りするタイプじゃないよね……やっぱ花陽が話題を出すべきかな……?)


トコトコ
 
海未(ああ––––––––何をしているんですか、私は……。自分から誘っておきながらこんな……。何か話さないと……)

海未(……いえ、そもそもなぜ私は花陽と帰ろうとしたのでしょうか……?特に用はないはずなのに……)

チラ

海未(練習が終わって、気がついたら花陽を誘っていた……。一体なぜ?私は何かを伝えたいのでしょうか……) 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
59: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/05(月) 17:30:33.45 ID:eL75Ir86
花陽(海未ちゃんいまちょっとこっち見た……?やっぱり花陽に何か話したいことが……いやもしかしたら何もないから花陽に何か話せということなのかな……)

花陽(けど、話すことなんて……)

花陽(海未ちゃんに話すことなんて花陽は––––––––)

海未「……」

海未(私の、伝えたいこと……。それは––––––––)


花陽、海未「「あの……」」

花陽、海未「「!!」」
60: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/05(月) 17:41:22.52 ID:eL75Ir86
海未「な、なんでしょうか……?」

花陽「い、いえ!お先にどうぞ!」

海未「そんな、私は大したことじゃ……」

チク

海未(––––––––?)

花陽「私も……特に大事なことじゃないから、遠慮しないで…」

花陽(––––––––っ)


トコトコ


海未「……」

花陽「……」

ピタ

海未「––––––––いえ、やはり違いますね」

花陽「え?海未ちゃん––––––––?」

海未「すみません花陽、やはり伝えたいことがあります」

花陽「……うん、何かな……?」
68: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/06(火) 20:54:13.41 ID:liYwkP3I
海未「花陽」

花陽「うん」

海未「私は、自分でも呆れるほど己の感情というものに疎かったようです」

花陽「……?それってどういう…」


ギュ

花陽「ぴゃあ!?う、海未ちゃん!?」

海未「……花陽の手は暖かいですね」

海未「ずっと握っていたいくらいです」
70: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/06(火) 22:05:29.05 ID:liYwkP3I
花陽「そ、そんな……///」

花陽(そんなこと言われたら私……勘違いしちゃうよ…)

海未「さきほど花陽から手を握ってきた時、私は不思議とドキドキしていたんです」


海未「いま、こうして自分の気持ちに正直なって分かったのです。あの胸の高鳴りを」

花陽(え……)ドキン


海未「すみません、口下手で……。少し回りくどいですよね」


海未「はー……」

海未「ふぅー……」


海未「花陽」

花陽「は、はい!」

海未「……私は––––––––––––」
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/06(火) 22:25:03.46 ID:liYwkP3I
グ-

海未「––––––––––––え?」

花陽「あっ……///」カアアアア

花陽(嘘ーーッ!?このタイミングで!?なんで……!?今日はご飯ちゃんと食べたのに!!)

花陽(色々と考えて頭使ったから!?多分それだ!けど、何もこんな時に鳴らなくても––––––––––––!!)

花陽(だ、誰か助けて……!!恥ずかしくて、情けなくてしょうがないよ……)


海未「……」

海未「……ふふ」

花陽「え…?海未ちゃん……?」

ギュ

海未「……ご飯でも、食べに行きましょうか」ニコ

花陽「!」


花陽「うん!!」ニコ
72: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/06(火) 22:25:22.10 ID:liYwkP3I
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ク-海未「!……///」花陽「!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)