花丸「食いしん坊は誰?」

シェアする

花丸-アイキャッチ17
花丸「あ~む…ん~♪」モグモグ

善子「にしても、よく食べるわね…」

花丸「んくっ…美味しいものしっかり最後まで美味しく食べるのが誠意を示すってことずら」

善子「いったいどこにその養分がいってるんだか…」

pixiv: 花丸「食いしん坊は誰?」 by 鷹南。

スポンサーリンク

花丸「じいちゃんにはたくさん食べれば身長もどーんっと大きくなるって言われてたんだけどなー」

ルビィ「なんでなのかな~?」

善子「明らかにここでしょ」ツンッ

花丸「ひゃっ//よ、善子ちゃん!訴えるずらよ!//」

善子「ヨハネッ!」

ルビィ「ルビィももう少し大きくなりたいなー」

よしまる「ルビィ(ちゃん)はそのままでいて」

ルビィ「えー!?なんで!!?」

よしまる「可愛いから」

ルビィ「は、恥ずかしいからやめてよー//」

ワイのワイの…

ダイヤ「今日も仲良さそうで何よりですわー」

鞠莉「完全に腑抜けた顔しちゃってるわよ、ダイヤ?」

ダイヤ「可愛いは正義ですわー」

鞠莉「ダメだ、聞いてないわ。果南もなんか言ってやってよ~!」

果南「…」ボーッ

鞠莉「おーい!果南まで聞こえてないの~?」

果南「あっ…!ごめん、何?」

鞠莉「どうしたの?疲れてる?」

果南「いや、別にそうではないんだけど…」

鞠莉「そう?」

果南「うん」チラッ

花丸「残りはまたあとのお楽しみずら♪」

善子「お昼まで待てないの?」

花丸「お勉強には糖分は必要ずら」

ルビィ「持って行けばいいんじゃないの?」

花丸「本でいっぱいずら」

ルビィ「そっか!」

花丸「また後でね~」ゴソゴソ

善子「さぞ、この子たちも震えているでしょうね…」

花丸「美味しく食べてあげるのが…」

善子「わかったから!」

ルビィ「そういえば千歌ちゃんたちは?」

ダイヤ「日直だからと終わり次第すぐに出ていきましたよ」キリッ

ルビィ「なるほど!ありがと、お姉ちゃん♪」

ダイヤ「いえいえ♪」

鞠莉「この切り替え…果南、私たちも行きましょっか」

果南「うん」

花丸「メープル、チョコ~、ピーナッツ~♪」

果南「…」ゴクリ


休み時間

花丸「さーて、お楽しみののっぽパンタイムずら~」

花丸「どれにしよっかな~?……あれ?」

花丸「部室に誰か…いる?」

花丸「遠くてよく見えないけど、あの辺りは……はっ!」

花丸「(マルののっぽパンを置いた場所ずら!まさか、泥棒!?)」

花丸「壁際を使って………部室の外まで来たずら」

???「あむっ…うぅ、ごめんねぇ……」モグモグ

花丸「(なんか謝ってるけど……食べ物の恨みは恐ろしいずら!)」

バァンッ!

花丸「誰ずら!!マルののっぽパン食べてるのは!!?」

???「んっ!?」ビクッ

花丸「…って、あれ?」

果南「けほっ、けほっ!」

花丸「あ、あー!大丈夫?」ナデナデ

果南「うぅ……ごめん、大丈夫」

花丸「まさか、果南ちゃんが犯人だったなんて…」

果南「あはは…」

花丸「理由を聞きたいけど、もう休み時間終わっちゃうし…」

果南「昼休みさ、一緒しない?そこで訳も話すからさ」

花丸「わかったずら」

果南「じゃあ、また部室ということで」

花丸「うん。じゃあ、一緒に戻ろ」

果南「うん」


お昼休み

花丸「来たずら!」

果南「待ってたよ~…と、その前にこれ!」スッ

花丸「おっと……ん?500円?」

果南「のっぽパン代…3本食べちゃったから//」

花丸「べ、別に大丈夫…」

果南「ごめん、それだけは本当受け取って!」

花丸「わ、わかったずら…」

果南「じゃあ、ご飯食べながら話そっか!」

花丸「うん!」

果南「……は、いいんだけど。実際人に見せるの初めてだな…//」ゴソゴソ

果南「え、えーっと…引かないでね?」

花丸「ん?」

果南「え、えいっ//」

花丸「わあ!可愛いお弁当箱……あれ?」

果南「そっちは人前で食べる用…//」

花丸「じゃあ、あとの男の子が使ってそうながっつりなお弁当箱は?」

果南「お昼ご飯…//」カァァ

花丸「へ?これ全部?」

果南「うん…//」

花丸「ずら~…」

果南「や、やっぱり引いちゃったかな?」

花丸「理由!理由が知りたいずら!」

果南「う、うん…えっとね」

果南「他の女の子たちには怒られちゃうかもしれないけどさ、わたし生まれつき燃費が悪くてね?」

果南「昔からいっぱい身体を動かすのが好きだからさ、すぐにお腹減っちゃって」

花丸「じゃあ、果南ちゃんの差し入れが多いのって…」

果南「空いた時間に何か食べないとお腹鳴っちゃうから…//」

花丸「そうだったんだ~」

果南「本当は今日も携帯食料とか持って来るつもりだったんだけど、忘れちゃってて。それであんな感じに…」

花丸「ふーん……って、いつの間に!?」

果南「ああ、なんか隠れて食べてるうちに身に付いたスキルというか…」

花丸「み、未来ずら~!」

果南「…で、この事はみんなには内緒にしといてくれないかな?」

花丸「うん!勿論ずら!」ニコッ

果南「それで、図々しいんだけどさ…//」

花丸「なんずら?」

果南「今日は黙って食べちゃったけどさ、良かったらマルと一緒に食べてもいいかな?のっぽパン…//」

花丸「秘密ののっぽパンパーティー…?」

果南「そ、それで部活終わったあと一緒にデザート…とか//」

花丸「おお…!」

果南「勿論!スクールアイドル活動に支障が出ないように、ね?」ニコッ

花丸「果南ちゃんが一緒なら大丈夫ずら♪」

果南「決まり!はぁ~、やっぱり一人でこそこそ食べるのは寂しかったからさ!マルが一緒ならきっと楽しいよね♪」

花丸「マルも一人より誰かと食べる方が好きずら~♪」

果南「よ~し!今日も練習、頑張ろ~!」

花丸「お~!」

花丸「という訳で、友情ののっぽパンずら~」

果南「ありがと~」

かなまる「いただきまーす、あーむ…」モグモグ

かなまる「おいひ~♪」

花丸「(果南ちゃんとの秘密の関係、出来ちゃいました♪これからまた楽しくなりそうずら!)」


おしまい

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花丸「食いしん坊は誰?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)