海未「わしわし」

シェアする

海未-アイキャッチ18
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:26:55 ID:XU0gpAv.

希「にこっち…また宿題忘れたん?」

にこ「ち、違うのよ。今回はどーしてもみたいアイドル番組があって…」

希「問答無用やん!お仕置きやね!」わしわし

にこ「いやーーーっ!!」


凛「まーたにこちゃん希ちゃんにお仕置きされてるよ。こりないねぇ。」

穂乃果「そんなに希ちゃんにわしわしされたいかねぇ。」

元スレ: 海未「わしわし」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:27:55 ID:XU0gpAv.
海未「…そういえば2人も受けたことがあるんですよね。希の…その…あれを。」

穂乃果「何回かだけどね。何度も受けたいものではないね。」

凛「最近はにこちゃんが標的になることが多いから凛たちは助かってるにゃ。」

穂乃果「でもμ'sのメンバーは1回は皆わしわしされてそうだよね。」

凛「真姫ちゃんやかよちんもされたことあるって言ってたし、希ちゃんは乙女の胸をなんだと思ってるんだか。」

穂乃果「まったく困ったもんだよ希ちゃんは」

海未「はは…………」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:29:03 ID:XU0gpAv.
海未(…希のわ、わしわしの被害者は意外と多いんですね。)

海未(穂乃果はμ'sのメンバーはみんな受けたことあるかもとか言ってましたが…私は受けたことないんですよね。)

海未(…もしかして受けたことないのは私だけなのでは?)

海未(いやいやまさか、穂乃果やにこ達はお仕置きされるようなことをするからわしわしされるのであって、真面目にしていればわしわしの標的にはならないはずです。)

海未(あ、しかし花陽や真姫も受けたことがあるのでしたね…)

海未(何故でしょう…まさか嫌われてるなんてことはないと思いますが…、少し疎外感があります…)

海未(どうして私にはしてこないんでしょうか…?)
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:29:51 ID:XU0gpAv.

海未「練習が休みなのに部室に呼び出してすみません。希」

希「別にええよ。特に用事があった訳でもないし。それでどうしたん?」

海未「実は今、歌詞作りで少し詰まっていて…良かったら少し手伝ってもらえたらと思いまして。」

海未(これは嘘です。本当の目的は希が私に対してわしわししてこない理由を確かめるためです。)

海未(他のメンバーにはわしわしをしていて、私にはしない理由を探るのです!)

希「ウチにできることがあるかわからないけど…任せといて!」

海未「心強いです。それではやっていきましょうか。」

海未(いざ、わしわしアタックです!)
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:30:48 ID:XU0gpAv.

海未(さて、どうすれば希がわしわしをするかですが…)

海未(やはりわしわしをされたことあるメンバーと私の違いは性格でしょうか。固い感じの私の性格がわしわしを躊躇させているのかもしれません。)

海未(そうなのだとしたら、そこを大胆に変えればあるいは…)

海未(とりあえず、まずはプランMを試してみましょう)
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:31:45 ID:XU0gpAv.

希「おっ!海未ちゃん、どうやろかこの台詞!結構いいと思わへん?」

海未「べ、別にそうでもないですね」つーん

希「そ、そう?割とうまく書けたと思うんやけど」

海未「そ、そんなことありませんよ。まだまだ甘いです。」髪の毛くるくる

希「そっかぁ…中々難しいなぁ」しょぼん

海未「あっ!いや!この部分なんかはとてもいいと思います!ここも少し変えればかなり良くなりますよ!」

希「本当?ありがとうな、海未ちゃん。」

海未「いえいえそんな、お礼なんて言われる筋合いはなくて、本当に。」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:33:41 ID:XU0gpAv.

海未(くぅ…プランMは私にはうまくできませんね…ツンとデレをどのように配分したらいいのかが良くわかりません。)

海未(そもそもツンは照れ隠しにしか過ぎないのにただの悪口になってますしね。使い慣れていないと難しいです。)

海未(プランMはやめときましょう。私にはツンデレは向いていないようです。)

海未(そうなると、次はどのプランでいきましょうか…)
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:34:27 ID:XU0gpAv.

希「しかし、ずっと歌詞作りをしているとちょっとお腹が減ってきたね。いつもやと練習が終わるくらいの時間やし。」

海未(!いいタイミングです!ここでプランKを実行しましょう!)

海未「丁度良かったです。実は今日は少し食べ物をもってきたのです。」

希「本当に?嬉しいなぁ。海未ちゃんが作ったものかぁ、楽しみやね。」

海未「ちょっと待っててください。今用意しますので。」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:35:37 ID:XU0gpAv.
ーーーーーー

希「…これ海未ちゃんが作ってきたの?」

海未「はい!今回のものは自信作です!」

希「まぁ、確かに美味しそうやね…この餃子」

海未「自作のラー油もあります!どんどん食べてください!」

希「あ、ありがとね。それじゃあいただきます。」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:36:49 ID:XU0gpAv.

海未(プランKは料理を作ってくることで女子力アップ作戦です!これで女の子らしさをアピールできるはずです!)

希「もぐもぐもぐ…あ!おいしい!お店のよりおいしいよ!海未ちゃん!」

海未「そうですか。それは作ってきた甲斐がありました。」

海未(やりました!女子力アップ成功です!マカロンなどの作り方は分からなかったので、得意な餃子にしましたが…喜んでもらえて良かったです。)
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:39:28 ID:XU0gpAv.

海未(よし、後はプランHです!これをやればかなり印象が変えられるはずです!)

海未「いやー…それにしても餃子を食べたら眠くなってきちゃいましたね。」

希「そう?ウチはまだ平気やけど…」

海未「私はもう限界ですー。ちょっと休憩しちゃいましょうよー。」

希「えぇっ!?海未ちゃんまだ全然歌詞できてないで?せめて半分くらいできてからにせいへん?」

海未「いやですーもう疲れちゃいましたー。」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:40:14 ID:XU0gpAv.
海未(プランHはダイレクトアタックです!ダメな人間のように振る舞うことで希のわしわし欲を直接刺激してやります!)

海未「少しだけ~少しだけ休憩しましょうよー。」

海未(さぁっ!どうです!?希!!)

希「…しょうがないなぁ。ちょっとだけやで?」

海未「…えっ!?いいんですか!?」

海未(これは想定外です!まさか受け入れられるとは!)

希「海未ちゃんもずっと歌詞作りしてて疲れたやろうしな。少しだけ休憩しよか。」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:41:47 ID:XU0gpAv.

海未「……いや、やっぱりやりましょう。時間もありませんし。」

希「え?ええの?海未ちゃん疲れてるんじゃないないの?」

海未「希にも手伝ってもらっているのに私のワガママだけを通すわけにはいきません。作業を続けましょう。」

海未(せっかく来てもらったのに、振り回してしまって迷惑をかけてしまいましたかね…イメチェン作戦はこのくらいにしておきましょう。これで印象が変わっているといいですが)

海未「それで希、この部分の歌詞なんですがどうでしょうか?」

希「…ふふっ」

海未「希?どうしたのですか?」

希「いや、なんかいつもの海未ちゃんに戻ったなぁって思って。」

海未「えぇっ!?い、いつもの私ですか?」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:42:46 ID:XU0gpAv.

希「なんかさっきまでずっと変な感じやったしね。つんけんしてたり、珍しく料理作ってきてくれたり、急にだらけようとしてみたり。」

希「まぁ、そんな海未ちゃんも可愛かったけど、やっぱり真面目な海未が1番やなって」

海未「そ、そうですか。ありがとうございます。」

海未(なんだか少し照れますね…。まさか希にこんなこと言われるなんて…。)
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:43:21 ID:XU0gpAv.

希「でも急にころころ態度を変えてどうしたん?イメチェンでもしようとしたの?」

海未(ギクッ)「そ、そういう訳ではありません!」

希「え~?本当に~?何か気になるなぁ」

海未「別に何でもありません!ただの気まぐれです!」

希「なんか嘘臭いなぁ…これはハートの方に聞いてみないとあかんなぁ」

海未「え?ハートって…?」

希「そりゃあもちろん…胸(ハート)に決まってるやん!」わしっ

海未「きゃああああああああああ!!??」

希「こっちの方はなんて言ってるんかなぁ~?ほれほれっ」わしわし
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:43:55 ID:XU0gpAv.

海未「………は…」


希「は?」


海末「破廉恥ですっ!破廉恥ですっ!破廉恥ですーーーーーーーーーーー!!!」

たったったったったったっ!


希「ありゃあ…海未ちゃんには刺激が強すぎたかなぁ?」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:44:53 ID:XU0gpAv.

海未(ま、まさか本当にわしわしされてしまうとは…驚いて逃げてしまいました。)

海未(イメチェン作戦は効果があったんですかね?いまいちよくわかりませんが…)

海未(まだ触られたときの感触を覚えてます…まさかあんなにもがっつりとわしわしされるとは…)

海未(…意外とそんなに悪くなかったかも)

海未(はっ!私は何を考えているのですか!あんな破廉恥な行為を認めてはいけません!)

海未(いやでもしかし……うぅぅ……)

それから数日、海未ちゃんは希ちゃんと会うたびにびくびくしていた。
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:45:54 ID:XU0gpAv.
終わりです。

ここまでいていただきありがとうございます。
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/09(金) 22:46:55 ID:XU0gpAv.
見ていただきありがとうございます!

間違えました!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「わしわし」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)