善子「しゃっくり」

シェアする

善子-アイキャッチ13


ルビィ「どうしたの、善子ちゃん。元気ないね」

善子「別に元気よ。ただ……」

ルビィ「ただ?」

善子「ぅっく!」

ルビィ「!?」

花丸「善子ちゃん、しゃっくりが止まらなくなっちゃったって」

ルビィ「あ、花丸ちゃん。そうなんだ」

善子「これも、ひゃっく! 私の美貌に嫉妬した天界からの呪いに、っく! 違いないわ」

花丸「呪いはむしろ堕天使の領分なんじゃ?」

ルビィ「あはは。でも大変そうだね」

善子「そうなのよ。朝起きてからずっとで、ひゃっ! 流石に疲れてきたわ……」

ルビィ「うぅん、なんとかしてあげたいけど」

pixiv: 善子「しゃっくり」 by あめのあいまに。

スポンサーリンク

花丸「そういえば、しゃっくりは驚くと止まるって聞いたことあるずら」

ルビィ「あっ、それはルビィも聞いたことある」

善子「ってもねえ、っ。 そんな驚くようなことなんて、ひっ! そうそうないわよ」

ルビィ「確かに、そうだよねえ……」

花丸「善子ちゃん善子ちゃん」チョイチョイ

善子「なによ」クルッ

花丸「わあっ!」

善子「……」

花丸「……」

善子「ひっく!」

花丸「オラじゃ力不足だったよ」

善子「あんたねえ、っ。このヨハネがそんな、ひっ。子供だましに引っかかるわけないで、っ! しょ」

ルビィ「まあまあ。花丸ちゃんも善子ちゃんのことを思ってやったことだし」

善子「そう、っね。悪かった、ひっく! わ」

花丸「おお、善子ちゃんが珍しく素直だ」

善子「珍しくは余計よ! でも、もう疲れちゃって……」

ルビィ「しゃっくりも、それだけすると体力使いそうだもんね」

花丸「そういえば、しゃっくりを100回すると死んじゃう、なんて迷信もあるよね」

ルビィ「ええっ? 善子ちゃん死んじゃうの!?」

善子「死なない、っく、わよ!」

ルビィ「良かったぁ。でも、このままじゃ辛そうだよね」

花丸「マル、図書室で休み時間に調べて見るよ」

花丸「……このままでも面白そうだけど」ボソッ

善子「ちょっと! 聞こえてるわよ」

ルビィ「というより、図書室にそんな本あるんだね」

花丸「あそこは知識の泉ずら。何でもはないけど、大抵のものはあるよ」

ルビィ「へえ」

善子「ふふふ、ひっく。ならば今度禁断の魔導書を探しに、っく、このヨハネも」

花丸「そんなものは置いてないずら」



花丸「ということで、調べてきたよ」

ルビィ「わー」パチパチ

善子「なんか楽しんでない? こっちは大変なんだけど」

ルビィ「いやいや、そんなことないよ? 真剣だよ?」

善子「なら良いんだけど……」

ルビィ「さぁ、花丸ちゃん! さっそく最初の方法を」

善子(絶対楽しんでるでしょ。後で覚えてなさいよ)

花丸「まずは、深呼吸だって」

善子「深呼吸?」ヒック

花丸「うん。ゆっくり深呼吸すると神経が落ち着いて横隔膜の痙攣が収まるんだって」

ルビィ「思ったより科学的だね」

花丸「まあ、本当かどうか知らないけどね」

善子「とりあえず試してみましょ」ヒャック

花丸「それじゃ善子ちゃん、大きく息を吸って」

善子「スー」

花丸「吐いてー」

善子「ハー」

花丸「吸ってー」

善子「スー」

花丸「吐いてー」

善子「ハー」

善子「おおっ、なんだか落ち着いてきた気がするわ」

花丸「一時的だけどしゃっくりも止まったみたい? もうちょっとだね」

ルビィ「ねえ花丸ちゃん。ルビィも掛け声かけるのやって良い?」

花丸「ん? 良いよ。じゃあ次はルビィちゃんの番だね」

ルビィ「わぁい。それじゃ善子ちゃん、吸ってー」

善子「スー」

ルビィ「吐いてー」

善子「ハー」

ルビィ「吸ってー」

善子「スー」

ルビィ「吸ってー」

善子「スー」

ルビィ「もっと吸ってー」

善子「スー」プルプル

善子「ひっく! ぐぇ」

花丸「善子ちゃん!?」

善子「いた、痛た……息吸いすぎて力入ってる時にしゃっくりしたから、筋が……」

ルビィ「善子ちゃん、大丈夫?」

善子「大丈夫、じゃないわよ。ルビィが、ひっく、変な指示出すからでしょ」

ルビィ「えへへ。なんか言うとおりにする善子ちゃんが可愛くって、つい」

善子「あのねえ……」ヒック





花丸「次は、これ!」コトッ

ルビィ「これは……」

善子「コップ、ね」

花丸「中には見ての通りお水が入ってます」

善子「ええ、それは見て分かるけど、それよりこの十字に置いてある箸は何なのよ」

ルビィ「でも善子ちゃんこういうの好きそう」

善子「確かに好きだけども」

花丸「堕天使なのにね」

ルビィ「ねー」

善子「なによ、堕天使が十字架好きじゃいけない? 格好良いんだから良いでしょ」ヒック

ルビィ「落ち着いて、善子ちゃん」

善子「誰のせいよ、誰の」

花丸「で、話を戻すけど。この十字の隙間からお水を飲むと、しゃっくりが止まると言われているずら」

ルビィ「うーん。さっきとは打って変わって非科学的だね」

善子「でも私は嫌いじゃないわ、こういうの。なんか神秘的なパワーが働いてそうだし」

花丸「論より証拠、とりあえず試してみるずら」

ルビィ「浄化されてしゃっくり止めるどころか生命活動止まっちゃったりして」

花丸「でもこのままでも100回しゃっくりして死んじゃうし……」

ルビィ「そっか、善子ちゃん……」

善子「そこ! 勝手に私を亡き者にしようとしないでよ!」

善子「さて……それじゃあ」ソロリ

善子「……」ゴクッ

ルビィ「おおっ」

花丸「善子ちゃんがコップに口をつけたずら」

善子(ただ水を飲むだけだけど、なんか注目されてると恥ずかしいわね)

善子(というかこれ、結構飲みにくい。全然減らないわ。もうちょっとコップを傾けて)グイッ

善子「……」ゴクゴクッヒック

善子「ぶはぁ……げほっ」

花丸「わっ、どうしたの?」

善子「飲んでる途中にしゃっくりして思いっきり咽たわ」

ルビィ「はい、ハンカチ……これも駄目だったね」

善子「ありがと」フキフキ

花丸「うーん、道のりは意外と長いかもしれない」

善子「やっぱり私って運が悪いわね」ヒック





花丸「善子ちゃんのしゃっくりは思った以上に手強かったよ」

ルビィ「善子ちゃんって結構頑固だもんね。ペットは飼い主に似るって言うし」

善子「私はしゃっくりを飼った覚えはないんだけど」ヒャッ

花丸「気を取り直して、次はジャンプだよ」

ルビィ「ジャンプ?」

善子「雑誌の?」

花丸「そうじゃなくて、ぴょんぴょんって跳ねるやつ」

善子「本当にそれで治るの?」

花丸「分からない。けど、本にそう書いてあったから」

善子「だんだん雑になってるわよ」

ルビィ「まあまあ。とりあえず実践してみようよ」

善子「はいはい」ピョン

善子「……」ピョンピョン

善子「ひっく……」ピョンピョン

善子「……」ピョンピョン

善子「ひゃっ……」ピョンピョン

善子「……」ピョンピョン

善子「……ぃっく」

善子「駄目じゃない!」

ルビィ「駄目だったね」

花丸「駄目だったずら」

善子「まあ、なんとなくそんな気はしてたけど」ヒック

善子「ああ、もう! じれったいわねえ」

ルビィ「花丸ちゃん、次はどうするの?」

花丸「ごめん、調べた分はこれで終わりなんだ」

ルビィ「そっかぁ」

善子「結局治らなかったわね……」

花丸「マル、もうちょっと探して見るずら」

ルビィ「あ、花丸ちゃん……行っちゃった」

善子「すぐ戻ってくるでしょ」ヒック

ルビィ「それじゃあ、それまでここで待ってよっか」

善子「そうね……はあ、それにしてもどうしてこう次から次へと不運が襲ってくるのかしら」

ルビィ「善子ちゃん、しゃっくり止めたい?」

善子「え? そりゃ、まあ」

ルビィ「そっか」

ルビィ「善子ちゃん……」ジッ

善子「?」

善子(にらめっこ? じゃないわよね。じっと見つめ合うってのも、しゃっくりを止める迷信にあったりするのかしら)

ルビィ「……」ジー

善子(それにしても、綺麗な瞳。こうして見つめていると、吸い込まれそう)

ルビィ「好きだよ、善子ちゃん」

善子「!?」ガタッ

善子「ちょ、ちょっと。急に何を」

ルビィ「……なんて、ビックリした? ほら、しゃっくり止まったでしょ」

善子(そう言ってルビィは微笑んだ)

善子(いつものあどけなさとは少し違った雰囲気の笑顔に、私はドキリとする)

善子(ルビィに驚かされたからか、気づけばしゃっくりは止まっていた)

善子(だけど……今度は動悸が止まらないわよ~!)

おしまい
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「しゃっくり」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)