梨子「曜ちゃんに告白されちゃった♡」ちかよし「は?」

シェアする

梨子-アイキャッチ2
梨子「この間ね、曜ちゃんがわたしのことだーい好きって言ってくれて…///」

千歌「は、ははは…」ガクガクブルブル

梨子「もう曜ちゃんってば大胆なんだから…///」

善子「ふ、ふーん…で?り、リリーはなんて答えたの?」

梨子「それはもちろん…わたしも大好き♡って///」

善子「あがががが」ガクガクブルブル

pixiv: 梨子「曜ちゃんに告白されちゃった♡」ちかよし「は?」 by しずく饅頭

スポンサーリンク

千歌「で、でもー?曜ちゃんってば結構そういうとこあるしー?」

梨子「どういうところ?」

千歌「ほ、ほら?恋愛的な意味で言ったわけじゃないとか?」

善子「そうよねー!その可能性だって大いにあるわけよねー!」

千歌「曜ちゃんに大好きって言われた回数ならわたしのほうが圧倒的に上なわけだし?梨子ちゃんが誤解しちゃうのも仕方ないっていうか…」

梨子「曜ちゃん、こんなに緊張したの初めてって言ってたよ」

千歌「」

善子「それはあれよ!リリーはほら、まだ知り合ってから1年も経ってないわけだし?そういうニュアンスの緊張の可能性が無きにしも非ずなわけで!」

梨子「そのあと抱きしめてもらっちゃった♡」

善子「」

梨子「ごめんね千歌ちゃん。わたし…曜ちゃんにだーーーーーい好き♡って言われちゃったから」

千歌「ふーん。へーぇ。ほーお。で?なんでわざわざそれを報告しに来たのかな?かな?」

梨子「え?それはだって…千歌ちゃんにはわたしと曜ちゃんのカンケイのこといち早く知ってもらいたかったから…」

千歌「あーそう!おめでとー!で?満足?」

梨子「うん!応援してくれてありがとう!これで心置きなく曜ちゃんといちゃいちゃできるよ♡」

千歌「嫌味じゃぼけええええええええええええ!」

梨子「わ、すごい顔してるよ?」

千歌「この泥棒猫おおおおおおおおおおおお!」

善子「お、落ち着いて!」ガシッ

梨子「千歌ちゃん顔怖ーい」

梨子「そんなだから曜ちゃんを振り向かせられなかったんだよ」ボソッ

千歌「てめえの血は何色だああああああああああああああ!」ジタバタ

善子「暴れないで!リリーも煽らないの!」

梨子「えへ、ごめんね善子ちゃん。あ、これから曜ちゃんと放課後デートなの。行ってくるわね♡」

善子「あ、うん…」シュン

バタン

千歌「はぁ…はぁ…」

善子「あの、千歌…」

千歌「あのクソレズ…よくもわたしの曜ちゃんを…!」

善子「あの、わたしの好きな人をクソレズ呼ばわりするのやめて?」

千歌「そーだよ!元はと言えば善子ちゃんが悪いんじゃん!」

善子「なんで!?」

千歌「善子ちゃんがさっさと梨子ちゃんを攻略しないから!そういうゲームやったことあるんでしょ!?」

善子「や、ゲームと現実は訳が違うっていうか…」

千歌「ちくしょおおおお!まさか10年以上幼馴染みやってたて続けたフラグがこんな簡単に無に帰すだなんて…!」

善子「それよ!」

千歌「え?どれ?」

善子「わたしばっかり責めてたけど、千歌が曜をモノにしてないことのほうが責任重大じゃないの!?」

千歌「うぐ…」

善子「よくもまあ10年もフラグ立てといて告白しなかったわね!」

千歌「しなかったんじゃありませんー!いつでもできたけど曜ちゃんから言ってくるの待ってたんですー!」

善子「なによそれ!ただヘタレてただけじゃない!」

千歌「違うもん!告白されるのは女の子の憧れじゃん!」

善子「とか言ってた結果がこれじゃない!」

千歌「そーだよ!悪い!?」

善子「悪いわよ!」

ちかよし『ぐぬぬぬぬ…!』

千歌「って、こんなことしてる場合じゃない!梨子ちゃんの後を追わなきゃ!」

善子「は?なんでそんなこと…」

千歌「行くよ!」ガシッ

善子「ちょ!なんなのよー!」

───
──


曜「お待たせ梨子ちゃん!」

梨子「ううん、全然待ってないよ」

曜「…嘘でしょ。こんなに手冷たくしちゃって」キュッ

梨子「!」

曜「えへへ!これでちょっとは暖かくなったかな?」

梨子「うん…///むしろ暑いくらいかも♡」

曜「ふふっ…梨子ちゃんは可愛いなぁ」

梨子「は、恥ずかしいことばかり言わないで」

曜「正直なわたしの気持ちだよ」ニコッ

梨子「あぅ…///」

千歌「追い付いた!」

善子「なんでこんなこと…ただの生き地獄じゃない」

千歌「どうせ今後ずっと生き地獄なら、わたしたちの手でこの地獄を終わらせるんだよ」

善子「?」

千歌「善子ちゃんは鈍いなぁ…」

善子「ヨハネよ。で、もったいぶらずに教えなさいよ」

千歌「あの二人を別れさせるんだよ」

善子「…は?」

千歌「よし、まずはどうしよっか」

善子「いやいやいや!待ちなさい!」

千歌「ん?」

善子「何考えてるのよ!」

千歌「何って、あの二人を別れさせ…」

善子「正気かって聞いてるの!」

千歌「わたしたちが想い人と結ばれるには、もうそれしか…」

善子「あんたね…本当に曜のこと好きなの?」

千歌「当たり前じゃん!10年以上片想いだったんだよ?心から好きじゃなきゃ、とっくに冷めてるよ」

善子「なら、どうして曜の幸せを考えてあげないのよ」

千歌「曜ちゃんの…幸せ?」

善子「そうよ。曜とリリーは…好き合ってるのよ?そんな二人の仲を引き裂いて、本当に曜は幸せになれると思う?」

千歌「それは…」

善子「…ね?だからわたしたちは大人しく身を引いて…」

千歌「できる!」

善子「は?」

千歌「今ちょっと考えたけど、わたしなら梨子ちゃんよりも曜ちゃんを幸せにできる!」

善子「どっから来るのその自信!?」

千歌「本当に心から惚れたのなら、誰よりもその子を幸せにしてやるくらいの気持ちでいかなきゃダメなんだよ!」

善子「千歌…!」

千歌「さあ、いくよ善子ちゃん!」

善子「ええ…わかったわよ!やってやろうじゃない!わたしが一番、リリーを幸せにできるんだから!」

千歌「その意気だよ!」

───
──


曜「…」

梨子「…ついてきてるね」

曜「ね?千歌ちゃんなら絶対そうするって言ったでしょ?」

梨子「うん。さすが曜ちゃん。千歌ちゃんのことならお手の物だね」

曜「10年以上の付き合いだからね」

梨子「なぜか善子ちゃんもいるけど」

曜「たぶん引っ張ってこられただけじゃない?」

梨子「でも…どうしてこんなことしてるの?」

曜「それがさ…最近の千歌ちゃんアピールが鬱陶しくて…」

梨子「鬱陶しいって…」

曜「いや、嫌いなわけじゃないよ?でも、事あるごとに告白しろオーラ出してくるから…」

曜「なんていうか…知ってるよ?わたしのこと好きでしょ?好きだよね?好きって言ってよ。言えよ。みたいなプレッシャーがヤバい」

梨子「それで、やり返そうって?」

曜「うん」

梨子「はぁ…しょうもないことを…」

曜「でも、こうして付き合ってくれてるでしょ?」

梨子「それは…曜ちゃんが真剣な顔してお願いがあるって言ってきたから」

曜「梨子ちゃんがお願いきいてくれたってだけで、わたしは嬉しいよ」

梨子「…///」

曜「お?マジ照れでありますか?」ツンツン

梨子「もうっ!やーめーてーよー!」

曜「へへっ梨子ちゃんが怒っても可愛いだけだよー」

梨子「むー」プクー

曜「あはは!」



千歌「許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない許さない」

善子「ひいぃ…この人怖いよぉ…」

───
──


千歌「お店に入ったね。いくよ善子ちゃん!」

善子「松月じゃない…」

千歌「バレないようにわたしたちも行くよ!」

善子「いや、松月の店内でバレないようにとか無理ゲー…」

千歌「成せばなる!」

善子「わかったわよ…」

「いらっしゃいませー」

千歌「んー…とりあえずみかんどら焼き三個とみかんジュースで」

善子「わたしは…このショートケーキとコーヒーで」

「店内でお召し上がりですか?」

千歌「はい」

「どうぞ、○○円です」

千歌「…あ、お金足りない。善子ちゃん貸して?」

善子「…学校に財布忘れた」

千歌「えぇ!?」

「あの…」

千歌「ど、どうすれば…はっ!」ピコーン

千歌「よーちゃん!」

曜「あれ?千歌ちゃん?」

千歌「お金貸して!」

曜「えぇ…しょうがないなぁ…」

梨子「何してるの…」

千歌「やった!よーちゃん大好き!」

曜「はいはい」

善子「あの、リリー…わたしも…」

梨子「うん、いいよ。今日は奢ってあげる」

善子「それは悪いわよ!」

梨子「いいからいいから。ほら、ケーキ持ってきてこっち座って?」

善子「え?でも…」

梨子「ね、曜ちゃん。もういいでしょ?」

曜「そうだね。なんか期待してたのとは違う結末になっちゃったけどね」アハハ

善子「?」

千歌「お待たせ!」

曜「あ、千歌ちゃん、あのね」

───
──


千歌「」

善子「」

曜「何するかなと思ったらお金借りにくるとはね~」

梨子「まあ、ある意味千歌ちゃんらしいけど…」

曜「ふふっそうかも」

千歌「もー!二人ともひどいよ!わたしの想いを踏みにじるようなことして!」

曜「でも、いつまでも受け身じゃダメだってわかってくれたんじゃない?」

千歌「うぅ…それは…」

曜「いつもわたしからばっかりデート誘わせてさ。エスコートさせようっていう雰囲気を隠そうともしないし」

曜「わたしだって女の子なんだから…///」プイッ

千歌「よーちゃーん!ごめんねー!」ダキッ

曜「わたしこそごめんね。ずっとずっと千歌ちゃんのこと大好きだよ」

善子「え?あの二人付き合ってないのよね?」

梨子「うん、そのはずだけど」

善子「デートとか行ってたのに?」

梨子「うん…」

千歌「よーちゃん…♡」

曜「千歌ちゃん…♡」

善子「な、なによあれ…」

梨子「…」

善子「羨ましい…仲間だと思ってたのに…!」

梨子「ねえ、善子ちゃん」

善子「え?」

梨子「仲間はずれになっちゃったし…わたしたちも付き合っちゃう?」

善子「……は!?」

梨子「もしかしてわたしじゃ嫌…かな?」

善子「や、その、は、あ…!」アタフタ

梨子「…くすっ。善子ちゃん慌てすぎだよ」

善子「だ、だってリリーが!」

梨子「ねえ、返事…聞かせて?」

善子「そ、んなの…!」

ダキッ

梨子「っ!」

善子「よ、よろしくお願いします…」ボソッ

梨子「善子ちゃん可愛い…」ギュッ

善子「うぅ…///」

梨子「ありがとう、ちゃんと好きだよ」

善子「ん…///」


店員(あら^~)



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「曜ちゃんに告白されちゃった♡」ちかよし「は?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)