梨子「よ、曜ちゃん、私の靴下なんて何に使うの……?」

シェアする

梨子-アイキャッチ22
1: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:36:40.24 ID:Jw+u3yMH
梨子の部屋

 

曜『りこちゃんせんぱーい!! どーんっ!』

 

梨子(あんなに明るくて、かっこよくて、人気者の1つ下の女の子)


梨子(付き合う前もあとも、ずーっと明るくて眩しくて、そんな彼女が……)


曜「ん、は……りこちゃ、りこちゃん……」クンクン…ハァハァ♡♡

 

梨子(私の靴下に鼻を押し付けて、切なそうな貌で下半身をゆらゆらさせているのを見たときは……)

元スレ: 梨子「よ、曜ちゃん、私の靴下なんて何に使うの……?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:38:28.04 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇

曜「――梨子ちゃーん! おはよー!!」ガララッッ


梨子「っ」ビクッ


梨子「お、おはよう、もう……朝のホームルーム始まるよ? 早く一年生の教室戻らないと」


曜「えーいいでしょー? ちょっとだけ! ちょっとはなそーよ!」

梨子「だーめ、いつも話してるんだから朝くらい、ね?」

曜「はぁい……」シュン…


曜「じゃあまた来るね!!!」タッタッタ


善子「……相変わらず賑やかな子ね」


善子「休み時間の度に来てるじゃない、付き合って日が浅いってわけじゃないんだから……」


善子「……朝からお熱いのね」

梨子「うぅ//ごめんなさい……ちゃんと言っておくから……」

善子「あなたの惚気話をバスの中で延々聞かされる時もあるんだから、慣れてるわよ」

梨子「え、なにそれ!?」


善子「それはちょっと辛いから言っておいてよね」スッ


梨子「ぁ、ま、待ってよその話を詳しく――」
5: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:41:55.92 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇


曜「梨子ちゃーん、帰ろ!」ダキッ

梨子「も、もう……他の人もいるんだから」

曜「? いいじゃん、みんな私達が付き合ってること知ってるんだし!」

梨子「そ、そういうことじゃなくてえ……はぁ……」

梨子(曜ちゃんは、いつもこうです)

梨子(周りに人がいるとかいないとか関係なく、好きなものは好きっ! って弾ける笑顔で私にくっついてくるの)

梨子(なんというか……誰よりも直情的な曜ちゃんらしいというか……嬉しいんだけど困るというか……)

曜「♡」ダキッ

梨子「ぅぅ」

梨子(そんな曜ちゃんの行動に強く言えないのが……私の悪いところだなとも思うんだけど……)

曜「ね、梨子ちゃん、今週はどこ行く?」

梨子「あ、そうだね……えっと」

曜「……」ジッ

梨子「?」

曜「練習終わりに――梨子ちゃんの家に行っていい!?」

梨子「っ」

曜「……」

梨子「うん、いい、よ……」

曜「えへへ、よかった」
7: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:44:48.22 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇

梨子の部屋


梨子(曜ちゃんは、とっても活発な1つ下の後輩です)

梨子(いつもいつも身体を動かしていないと気が済まない子です。同級生の花丸ちゃんとルビィちゃんを運動に連れ出そうとして断られているのを何度も見ているし)


梨子(まあ、あの二人はインドアだし……)


曜「……」ポチポチ

梨子(曜ちゃんが大人しく携帯弄ってるの、やっぱり少し新鮮)


梨子(これはいわゆるお、お家デートってもの、だよね?//)


梨子(普段のデートでは真っ先に私のお家に来るってことはなくて……)


梨子(ということはこういう日、曜ちゃんが考えていることは……)


ブロロロロロ…

梨子(ぁ、親が出掛けた……)


曜「……」チラ…
8: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:47:15.98 ID:Jw+u3yMH
曜「……」

スッ…

曜「えへへ、ねえねえ梨子ちゃん」スリスリ…ギュ…

梨子「ん……//」

梨子(曜ちゃんが真っ先にウチに来たいって日は――え、えっちをしたいって、合図なんです)


曜「……ちゅぴ」


梨子「くび、だめ……」

曜「だめなの?」

梨子「う、ん……」

曜「梨子ちゃんの首すっごく綺麗だから……」


曜「だからやめなーい♡」チュ…♡


梨子「ぅ、ぁ……や、だぁ……」////ビクッ…♡

曜「ちゅ……♡んっ……♡」


梨子「うぅ」


曜「ねえ……今日良いってこと、だよね? 梨子ちゃんのママ、どれくらいで帰ってくるかな?」
9: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:48:27.72 ID:Jw+u3yMH
梨子「……たぶん、結構出掛けてると思う」

曜「そっか……♡」

バサッッ

梨子「きゃ……♡」

曜「えへへ、梨子ちゃんすき♡」


梨子「そう言えば、なにしてもいいと……思ってる」

曜「思ってないよ、梨子ちゃんが嫌がることなんて私、したくないし……してたら、言えないって」

梨子「してたら?」

曜「……ん?」


梨子「――わ、わたしが嫌がるようなこと……何か、してたりするの?」


曜「そ、そんなことしてないよ!」

梨子「そ、そうだよね……何言ってるんだろ、わたし」アハハ…

曜「あはは……」


梨子(曜ちゃんには、秘密があります)

梨子(きっと誰にも言えないような)
10: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:53:14.95 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇


曜『私ね、りこちゃん先輩のことが好きなんです!!』

梨子(ほんの、少し……一瞬の躊躇いの後に見せた笑顔。それに続いた彼女の言葉は、なんだかふわふわ浮世離れしているみたいだった)


梨子『ほ、ほんとうに……わたし、なの?』


曜『気がついてたかな? 気がついてなかったかな? まあどっちでもいいんだけど……千歌ちゃんから東京の転校生が来るんだって話を聞いて見に行って……もー!! この人だ!! ってなんかビビーッと来たんだよね』


梨子『……』


曜『一目惚れってやつなのかな? わかんないけど……。あっ、でも見た目だけとかじゃなくて、話してて落ち着くし、二人で出掛けた時も私と正反対みたいな梨子さんと一緒にいるとなんかわっかんないけど、むずむずするって言うか!!』


曜『なんかもっと、話してみたいし、一緒にいたいし……そう思うようになって、もっとむずむずして……あ、良いむずむずって感じで』

曜『多分これって、いや、多分じゃなくて! 絶対っっ! 梨子さんのことが好きなんだなって、思ったの!』


曜『ごめんなさい、私考えるの苦手だから……言葉にするのも上手くないし伝わってるかも、わからない』

曜『でもね、やっぱりこれだけ自信を持って言えるんだ!』

梨子『…………』
11: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:56:35.36 ID:Jw+u3yMH
曜『――先輩のこと、大好きです。私と付き合ってくださいっ!』ビシッ


梨子(ぁぁ……すごいなあ)

梨子(眩しすぎる、な……)

梨子(きっと彼女の言葉に嘘なんて1つもなくて、思ったことをそのまま、いつもと同じように私に伝えてくれたんだ)

梨子(怖いとか、思わなかったのかな)


梨子(断られらたらどうしようとか、思わなかったのかな。私だったら、怖くてつらくて逃げることばかり考えて、あの人の為だなんて自分に言い訳して逃げてしまうかもしれない)


梨子(でも曜ちゃんは、こんなに笑顔で……手を差し出してくれている)


梨子(私が、もしこの手をとったら……)


梨子『――お願い、します……』ギュ……


梨子(その先へと、思考が回るよりも先に手をとっていたのは……きっと彼女に影響されちゃったから、かな?)
13: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 13:58:35.80 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇

曜『ん……♡」チュ…

梨子『……♡』

梨子(曜ちゃんと付き合い初めて二週間後には、キスをした。したくなっちゃったからって、デートの終わり側に信じられないくらいスマートに)

梨子(うぅ、ドキドキが収まらないうちに、次のデートや、帰り道、ふたりきりの放課後でキスをするのは当たり前になっていった)

梨子(私の方が年上なのに……全部されてばかり、してもらってばっかりだ……はぁ……)

曜『も、もっとキス……しても、いい?』

梨子『え、ぁ///ど、どうぞ……//』

曜『えへへ……ん……♡』

梨子『んっ……ちゅ……♡』ビクッ…

曜『した、だして?』

梨子『ぇ……?』

梨子『こ、こお?』ベ-…


曜『――れろ……♡』


梨子『っ!?!?///』


曜『ちゅぴ……じゅ……れろ……♡ん、ふ……♡」バサッ…


梨子『よ、ようちゃ……♡いきな、は、ふ♡』
14: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:01:19.34 ID:Jw+u3yMH
曜『……』ハッハッ…♡

梨子『よ、ようちゃん……なんか、変だよ……』


梨子『――ぁ』//


梨子(曜ちゃんの下腹部のあたり、盛り上がって……///)


曜『っ、こ、これは、そのっ、ごめんね!!』ビンビン…♡


梨子(そ、そうだよね……曜ちゃんだって、人間だし、そう言う気分になることだって、あるんだよね……)

曜『さいきん、なんか、おかしくて……ごめんなさい、梨子ちゃんと一緒にいるとなんか、おかしくて……梨子ちゃんのせいじゃ、ないんだけど』


曜『ぅぅぅ……おさまってよぉ、なんで、こうなっちゃうの……』

梨子(曜ちゃん……そういう感覚に……慣れてない、のかな?)


梨子『ふだん、そうなっちゃったら……どうしてるの?』


曜『自然に治るまで、待つよ……』


梨子『ひ、ひとりで処理とか、は?///』

曜『……っ///』ブンブンッッ///
15: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:02:37.20 ID:Jw+u3yMH
梨子(そ、そっか……あんまりよくわかってないってこと、なのかな?)


梨子『あ、あの……苦しかったら、わたしが……わたしでいいなら、な、なんとかしてみせるから……』

曜『で、も……』


梨子『触られるの……いや、かな……?』


曜『いやじゃないよ! でも……わたし、こういうことよくわからなくて……』

梨子『うん、それでいいんだよ? 多分私の方が詳しいと思うし……任せて?』


梨子(多分曜ちゃんは、そういうことを考えたことなんてほとんど無かったのかも……いつも身体を動かしてそういう欲とかがそっちで発散出来ていたのかな)

梨子(今こうなっちゃってるのは、私で興奮してくれたってこと、だよね?)

梨子(なんだろう……わからないけれど、すっごく……嬉しい……不思議な感覚)


梨子『わ、わたしも上手くできないしよくわからないこともあるかもしれないけれど……いやだったら、言ってね?』

サワワ…
16: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:04:37.58 ID:Jw+u3yMH
曜『ん、ぁ……♡』ビクッ…♡

梨子(ん……かた、い……)

曜『ぁ、ぁ……だめ、だよ」ビクッ…

梨子『くるしい、でしょ? 早く楽になった方が、いいと思うから……』サワサワ…

曜『ふぁ……ぁ♡』

梨子(やっぱ、り……全然慣れてない、んだ……すっごく敏感……触ろうとするたび逃げていっちゃう)

梨子『服、脱ご?』


曜『えっ゛』


曜『こ、こんなの見せられないってば……だめ、だよ……』


梨子『……曜ちゃんのだもん、変なふうになんて思わないよ……?』


曜『ほんとに?』

梨子『うん』

スルスル…

ボロン…♡

梨子「ゎ……」//

曜『ぁ、ぅ……あんまりみないでよぉ……』

梨子『ご、ごめんっ……』


梨子(これが、曜ちゃんの……///ガチガチに膨らんで……本当に苦しそう……)


梨子(さきっぽのほうからとろとろ透明な液体……これ、なんだっけ……)
17: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:05:29.75 ID:Jw+u3yMH
梨子『触るから……力抜いてね?』

曜『ぅ……』グッ…フルフル…ウル…


梨子(緊張しちゃってるのかな? いつもあんな活発な曜ちゃんが、こんな……)

サワワ……

曜『ふ、ぁぁ♡』

梨子(あつ……)


曜『んぐ……りこ、ちゃ……♡』


梨子『いたくない?』

曜『なんか、あの、ぅぅ、わかん、な……』

梨子『こうやってひとりで触ってみたことも、ないの?』


曜『ない、よ」コクッコク…フ-ッフ-ッ…♡


梨子『そうなんだ……』

梨子(曜ちゃんらしい、かも?)


梨子(えっと……これ剥いても、いいのかな……うぅ、よくわかんないよぉ……)アセアセ…

サワサワ…


梨子『こ、この皮……下におろす、ね?』

曜『えっ、ぁ、まっ――』


ニュル……♡


曜『ぅっっ♡♡♡』ガクガク…♡
18: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:06:17.19 ID:Jw+u3yMH
梨子(っ……すご……さきっぽ、ピンク色でつるつるに張ってて……手の中でひくひく動いてて……)


梨子(曜ちゃんのって思うだけで、なんか、すっごく好きになれるっていうのかな)


梨子『動かすから、力ぬいてね?』

曜『ぅ、ぅ』

梨子(話す余裕もない、かな?)

シュコ…シュコ……♡

曜『ぁっ♡あっ、ら、め♡』ビクッ…

梨子(あ、あってるのかなあ……痛くないかな……)シュコシュコ…ニチ…ニチュ…♡

曜『ぁ゛あっ♡も、なんか、らめっ、なんかで、ちゃ……ぁぅ♡♡』

梨子『ごく……』ズチュ…ニチャ♡///

曜『ぁ゛ぁっ♡♡♡♡♡」ビュクッビュッッビュッッッルルルルルルルルルッッッッ

梨子『きゃっ』

曜『ぅ゛ぁ゛っ、ひ、ぃぁ♡』ビュッビユッッ…ビュ………ガクガク……♡

曜『はー♡はーっっ♡♡♡』ビクッビク…ヒクヒク…♡♡

梨子『ごく……』


梨子(こ、これが曜ちゃんの、し、しゃせいでいいんだよね……?////)
19: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:07:32.73 ID:Jw+u3yMH
梨子(そこら中に飛び散るくらい量と距離が凄くて、曜ちゃんのソレもびくびくって跳ね回って……こ、こんな風になるんだ……)


曜『ぅ、ぁ』グッタリ……

梨子『疲れちゃった?』

梨子(体力、使うのかな? こんな曜ちゃんみたことないもん……普段あんなに運動しているのに、こんな風になるくらい……きもちいいってことかな……?///)

曜『ぅ、ごめ……わたし、ばっかり』

梨子『ううん、いいの』

曜『あの、つぎは……りこちゃんのこと、よくして、あげたい』

梨子『え///』

曜『……ぁ、だめ……ねむい、や』

梨子『少し眠った方がいいかも。ね?』

曜『ん……』

曜『ありがと、すきだよ……』

梨子『わたしも』

スゥスゥ…

梨子『眠るのはや……ふふ、赤ちゃんみたい』

梨子『ほんと、すごかった、な……あ、よごれたところ拭かなくちゃ』フキフキ…

梨子『……次は私のこと、よくしてあげたいって……そ、そういうことなのかな……//」カアァァッツ///
20: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:08:13.79 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇


梨子「あっっ♡んっぅくっ♡ひ、っう♡♡」ギュッッ……♡

曜「ふ♡きもちーい?♡♡」ズチュッズチュッッ♡♡

梨子「ぅ、っぁ、きも、ち……♡」

曜「っ、ぁ……すご♡」

曜「ほんと、りこちゃんのなか、きもちいい……♡」ササヤキ…♡

梨子「~~♡♡」////ゾクゾク…♡

ズンッッッ♡♡

梨子「ぁぁっっ♡///」

曜「は、ぅぁ♡かわい……♡」パチュッパチュッッ♡ズチッ♡ズチッ

梨子「ぁ、ぁぁ♡だめ、ほんと♡♡」キュゥゥッ♡

曜「♡」

梨子「――んっぅ♡っ♡か、ぁ♡♡♡」ガクガクガクッッッグッツゥ♡♡

曜「っぁ♡しまっ、て♡んっぅぅっ♡♡」ビュッッビュッッゥゥゥ♡♡♡///」

梨子「ぁ、いっぱい♡で、て……♡♡ぉ゛……♡♡」

曜「はぁ、はぁ…………ぅ、ぁきもちいい……」ギュッ……♡ビクビクッ…♡

曜「ふ、ぅ……ん♡すき……」ギュッ…♡

梨子「わた、しも……♡」

曜「え、へへ……はぁ……ほんときもちよかったぁ……♡」

曜「……♡」ナデナデ
22: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:09:30.02 ID:Jw+u3yMH
梨子「///」


梨子(最初の頃はそういうこと全く知らなくて私がシテあげたのに……今はもうこんなにされちゃうんだもん……)


梨子(初めて繋がった時だって、勉強してきたんだ! って言って、時々顔を赤くしながら、リードしてくれて……)


梨子(わたしがおどおどしてるあいだに曜ちゃんばかりどんどん上手くなって……はぁ、年上なのに情けない……すっごく、嬉しいんだけど……)


梨子(とっても優しいし……)


梨子「あの、シャワー浴びてきていいかな……?」

曜「あ、うんどーぞ!」

曜「ごめんね、私だけ浴びてから襲っちゃって……」

梨子「ううん……でも、恥ずかしいから……次からはほんとに、やだよ」


曜「う、うん……ごめん」

ガチャ

梨子「……そんなこと言って、もうわたしだけシャワー浴びないでしちゃったの、4回目だよ……」

梨子「……よく、わからない」


梨子「練習おわりで汚いし、変な匂いだってすると思うのに……なんで、私がシャワー浴びる前にシようとするんだろう……」

梨子「そして……多分今日は……」スタスタ…


梨子「……」ゴクッ…キ-…


梨子(私の部屋に、靴下……置いてきたから……練習の時使ってた、靴下……)
23: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:11:10.69 ID:Jw+u3yMH
梨子(普段は洗濯カゴに入れるんだけど、今日はあえてお部屋に脱ぎ捨ててきた……わたしの予想が、ただしかったら……)

曜「……」キョロキョロ……

曜「……ごく……梨子ちゃんの靴下…………」


梨子(ぁ、やっぱり手に取った……)

曜「……ごく」


曜「すーーー………」

梨子「/////」

曜「はぁぁぁ………………」トロ-ン………♡♡

梨子「ぅ、ぅ」


曜「……ん、りこちゃんの、におい」クンクン…クンクン……♡

梨子「ぅ、ぅ、やだやだやだ……」


梨子「変な匂いでしょ、練習中ずっと履いてたんだよ、汗だってたくさんかいたんだよ……なんで、そんな靴下を嬉しそうに嗅ぐの……わかんないよぉ……」アワアワ……

 

曜「りこちゃん……りこちゃん……♡♡」


梨子「ぅぅぅ、どうしたらいいのかな……」オロオロ…///
24: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:11:50.96 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇

梨子「はぁ……」

果南「お疲れ様、大丈夫?」

梨子「ぁ、かなんさん」

果南「体調悪い?」

梨子「そういうわけじゃ……ないんだけど」

梨子「あのっ、ひとつきいても……いいですか?」

果南「?」

梨子「果南さんは、鞠莉さんと……付き合ってるでしょ?」

梨子「それで……相手の秘密、知ってしまったりしたら……どうする?」

果南「秘密? 曜と何かあった?」

梨子「そ、そそそ、そうじゃなくてっ///」

果南「あ、無理しなくてもいいから……」

梨子「ぅぅ……」

果南「ひみつかあ……誰にでも1つや2つあると思うしそっとしておくかな? そっとしておいて何も問題ないなら、だけど」

梨子「……」


果南「どういう状況なのかわからないからなんとも言えないけど……曜のことじゃないの?」
25: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:12:43.78 ID:Jw+u3yMH
梨子「そう、なんですけど……」

梨子「絶対言っちゃ、だめな感じで……」

果南「まあ、そういうこともあるよね……」

梨子「……ぁぁでも、えっと」

果南「詳細は聞かないからさ、オブラートに包む感じで、話せない?」


梨子「…………」


梨子「ようちゃんの、せいへき? の話なんです」

果南「性癖!?」

梨子「わぁぁぁっ、おっきな声はやめてください///」

果南「ご、ごめんっ//」

梨子「ぅぅ」

果南「そ、それで?」


梨子「その……曜ちゃんの性癖が、すこし、かわってて……それで、わたしどうしたらいいのか、わからなくて……」
26: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:13:31.05 ID:Jw+u3yMH
果南「……きもちわるいとか、そう思っちゃう感じ、かな?」

梨子「気持ち悪いとかは思わないの。でも、なんでそんなのが好きなのかなって、理解、できなくて、本当にわからなくて……」


果南「……」

梨子「できれば、受け止めてあげたいし……それで嬉しいなら、わたしだって嬉しいから」

果南「今は表立ってそういうこと、ぶつけて来てるわけじゃないんだ?」

梨子「うん」


果南「もっと受け止めてあげたい?」

梨子「…………はい」

果南「梨子は優しいね」


梨子「そんなこと、ないです」

果南「優しいよ、すっごく優しいと思う」

梨子「そう、なのかな」


果南「こんな話、聞いたことあるかな。ヒトの性癖ってね変わらないんだって、変えられないんだってさ」

果南「もちろん、新しく発生するものもあるけど、一度根底に根付いたソレは簡単には無くならないし、エスカレートしていくことが多いって」


果南「誰しも人に言えない性癖なんて持ってると思うし。私だってあるし、梨子だってあるんじゃないかな」

梨子「わ、わたしは///」


果南「恥ずかしがらなくてもいいって、鞠莉だってそういうの持ってるし」
27: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:14:10.30 ID:Jw+u3yMH
梨子「え//」


果南「おっと、今のは秘密ね、怒られちゃうから」クス…


果南「でも、良い恋人関係をもっと深くしたいなら話し合うもいいし、さりげなく自分にぶつけてくれるように誘導して発散させてあげるのもいいんじゃないかな」

梨子「……」


果南「でも、本当に嫌だったら嫌って言うこと、自分の身体は大切に。私と約束して?」

梨子「はい……」


果南「うん、おっけ」


曜「りこちゃーん!!! ちょっと来てよー!!!!」


梨子「あ、今日はありがとね」

果南「いいよいいよ」

タッタッタッ


果南「曜の性癖ねえ……一体どんななのかな?」
28: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:16:29.29 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇


曜「らんらんらーん」

梨子「……」

曜「ねえ梨子ちゃん、明日梨子ちゃんち行ってもいーい?」

梨子「え、あ……うん、大丈夫だよ」

曜「やった!」

梨子(ま、またシちゃうのかぁ……///)


梨子(あのこと、話しておいた方が……いいのかな……)


梨子「あ、あのね曜ちゃん……」

曜「?」


梨子「や、やっぱり……なんでもない」
29: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:17:24.41 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇


梨子の部屋


梨子「はぁ……」ゴロン…

梨子「わかんないよ……何がいいの、かな」

梨子「匂いがすき、なの? いつもあんなに明るくてかっこいい曜ちゃんが、人には言えない性癖……燻らせてるなんて」

梨子「今でも信じられないけど、でも……何回も現場見ちゃってる、し」

曜『りこちゃ……りこちゃ、ん……♡」クンクンッ…♡クネクネ…♡

梨子「わ、わたしの匂いで興奮するってこと!?///も、もう……わかんない、よ」

梨子「性癖、か……」

梨子「私の性癖って、なんなんだろ……」

梨子「……」


曜『ほら、梨子ちゃんそんな声だしたらきこえちゃうよ」

梨子「ごく……」


曜『ほら梨子ちゃん……どこがいいの?』

梨子「……っぅ」サワサワ……


曜『自分の口で言って』

梨子「っは、ぅ……よ、うちゃ」


曜『――言え』ボソッ…♡


梨子「っ……は♡」


曜『いわないと、めちゃくちゃにしちゃうけど、いいの?』


曜『いいんだ、梨子ちゃんのへんたい……♡』

梨子「……っぅ」
30: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:18:09.89 ID:Jw+u3yMH
梨子「っはあ……わたし」


梨子「曜ちゃんはこんなこと言わないよ……すっごく優しいもん……」


梨子「もっと無理やり強引にされたいだなんて……私だって、ようちゃんのこと言えないよ…………」


梨子「現実の曜ちゃんはとっても優しいけど……」


梨子「だれだって性癖のひとつやふたつ、あるよね……あんなに明るくてかっこいい曜ちゃんだって、人間だもん……それくらい持ってるの、普通だよね」


 
梨子「……曜ちゃんがなんでそれが好きなのか、わからないけど……やっぱり受け止めてあげたいよ……」
31: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:19:45.20 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇

後日 梨子の家


梨子「ねえ曜ちゃん」

曜「どしたの?」


梨子「……」クツシタヌギヌギ…


梨子「は、はい……これ////」カァァァアアアアアッッ

曜「ふぇ///」

梨子「っ、よ、ようちゃんこういうの好きなんでしょ!? わ、わたしはよくわからないけど、でも……全然、その、あの……理解してあげたいって、思うから」

曜「え、え?」


梨子「……わたしの靴下、匂い嗅いでるの、見ちゃった。4回、くらい」


曜「そ、それは」

梨子「わたしだけシャワー浴びさせないでえっちしようとしてるの、分かってるもん……」

曜「っぅ」

梨子「おねがい……良かったら、話してほしいの。絶対、絶対引いたりしないから……曜ちゃんが発散出来るなら、わたし、それが嬉しいから」


曜「……ごめん、見ちゃってたんだ、気がついてたんだ」

梨子「うん……」


曜「ごめんなさい……」
33: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:20:38.42 ID:Jw+u3yMH
曜「わたし……りこちゃんの匂いが、その……好きで……///」

梨子「靴下の匂いなんか、な、なんでなの!?///」

曜「わ、わかんない……でも、汗の匂いとか、練習おわりの靴下とか……枕の匂いとか……生活感が感じられるのがすきって、いうのかな……その」


梨子「うぅ、変な匂いするでしょ……なにがいいのかわからないよ……」


梨子「……曜ちゃん、私の靴下なんて何に使うの?」オロオロ…


曜「ご、ごめんっ……ごめんね……」ウル…


梨子「ぁ……で、でも……曜ちゃんが好きなら、わたしは、いいから……」


梨子「この靴下とか、こういうのが、好きなんだよね……?」

曜「……」コク…


梨子「つかって、いいよ?///」

曜「め、目の前で!?」


梨子「か、隠れて使われるのは嫌……」

曜「ぅ、ぅ……わかっ、た……」


曜「すーー……」


梨子「///」


曜「はぁぁ………」///


曜「ぅぁぁ、りこちゃんのにおい……」
34: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:21:26.23 ID:Jw+u3yMH
梨子(は、はずかしいはずかしいはずかしいよお///なんでそんな匂いがいいの!? なんで練習おわりだよ、くさいでしょ、やだやだ……)///


曜「すーー……はぁぁ」ドキドキ…ムクムク……


曜「……ぁ、りこ、ちゃ」

梨子「ほんとに、私の靴下の匂いで興奮しちゃった、の?」

曜「う、ん……」

曜「もっと梨子ちゃんの匂い……ほしい」ジッ…///

ギュッ

梨子「っ////」

曜「だめ、かな」

梨子「いい、よ……」ウルウル…

曜「♡」スッ…

クンクン…

梨子「ゃ、あ、あしなんてっ……」

曜「ふっ、はあ……すっご……ゆびの、あいだ……」クンクン…チュピッ…レロ…♡

梨子(な、なんでなんでぇ……足なんて汚いよ、練習おわりだよ、うぅ)

曜「れろ……りこちゃんのあし、ほんとにきれい……」


曜(きれーなのに、こんな、匂い……クセに、なっちゃう……りこちゃんも人間なんだって、わかる……)チロ…レロォ…♡


梨子「ぅっくすぐった、ぃ……」


曜「ねえ、わたしのへんな性癖、聞いたんだから……りこちゃんのもおしえて?」

梨子「ふぇ!?///」


梨子「そ、そんなのないよっ」

曜「本当に?」


梨子「ない、よ」
35: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:23:27.15 ID:Jw+u3yMH
曜「……ほんとにほんと?」

梨子「ぅ、ぅ……シて、ほしぃ」

曜「?」

梨子「も、もっと……むりやり、してほしぃ……」ボソボソ


曜「きこえないよ、なに?」


梨子「も、もうっ、むりやりっ、もっと強引にえっち、してほしいっっ!/////」


ガバッッッッ


曜「――へえ、そうだったんだ……」ニッ…♡


梨子「ぁ……♡」ゾクゾクゾクッ…


曜「早く言ってよ、りこちゃん折れちゃいそうなくらいなんか儚いって感じだから……優しくしてたんだよ」

梨子「ふ、は」


曜「優しくしなくても、いいんだ?」

梨子「……」コク…

曜「……ごういんに、されたいんだ?」

梨子「……」コク…ウルウル…♡

曜「なんで言ってくれなかったの?」


梨子「だって、引かれたらやだし……わたしの方が年上なのに、されたいだなんて」


曜「梨子ちゃんの方が年上だとか関係ないよ? じゃあ、梨子ちゃんがされたいように、がんばるね♡」ズイッスルスル…
36: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:24:34.14 ID:Jw+u3yMH
梨子「ま、まっていきなり脱がさないで♡///」

曜「ふふ……かわい……♡」


曜「わ……ねえ、なんでもうちょっと濡れちゃってるの? 全然そんなことしてないのに……♡」

梨子「ぅぁ……だ、って」


曜「ほら、もっとみせて?」グイッ

梨子「や、やだやだっ///」


曜「どんどん溢れてくるね……りこちゃん、こういうのがほんとにすきだったんだね……♡」ギュッ…♡

曜「りこちゃんのへんたい……♡」


梨子「ぅぁ……」///


曜「りこちゃんがえっちだから、わたしもこーふん、してきちゃった……♡」ビンビンッ……♡

曜「んっぅ、りこちゃんのかみのけ、いーにおい……♡」ポワポワ…♡

梨子「や、だぁ……///」

曜「もう濡れちゃってるから、いれる、ね?///」

梨子「ま、まっ――ぅぅっ♡」

ズンッッッ


曜「はぁぁ……♡」ゾクゾク…

梨子「ぁっ、うっっ……♡」

曜「ほら、りこちゃん立って」

梨子「ふぇ」


曜「窓際まで、ね?」


梨子「な、なんで!?」
37: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:27:13.19 ID:Jw+u3yMH
グイッヨタヨタ…

ガラララッ…

梨子「ちょっ、窓開けちゃったらっ……」


曜「――梨子ちゃんの声、聞こえちゃうかも……」


曜「外にかな、千歌ちゃんにかな、志満姉さんかな、美渡姉さんかな……りこちゃんが気持ちよくなってる声、聞かれちゃうかも」

梨子「やっ♡っぅぅ♡♡」

ズンッッッ♡♡


曜「ほら♡こえ、きかせてよ♡りこちゃんのかわいいこえききたいよ♡」パチュパチュッ♡


梨子「んっ♡んっっ♡だめ、ほんと、これじゃ♡」

曜「こんなに綺麗で可愛くてお上品なりこちゃんがあんな声だしてきもちよくなっちゃうんだって、みんなに教えてあげよ?」グッチュグチュッッ


梨子「あ゛っぅ♡♡」ガクッ…

曜「ほら、ちゃんと立って」


梨子「らっ、て♡まっ、てこし、こしぬけて♡」ガクガクッ♡///

曜「わたしが支えてあげるから♡ちゃんとたってよ♡」ズチュズチュッッ♡♡


曜「すーー……はぁぁ梨子ちゃんのうなじのとこ……いいにおい……♡♡すきだよ♡」


梨子「ぅっ、やっ、そんな、そんなとこぉ♡」ガクガク


曜「こーやって覆いかぶさってぱちゅぱちゅしてると、えへへ、わたしたち犬みたい、だね……んは♡あっぅきもちいぃ……」パンパンッッ……♡


曜「ねえ――わんって、鳴いてりこちゃん♡わん♡わんって♡」
38: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:28:04.68 ID:Jw+u3yMH
梨子「ば、ばかなこといわな――ひんっ♡♡」

ズンッッッ♡

梨子「ぉ゛♡」


曜「はぁぁ、えっちな声でちゃったね♡もっときかせて?」

梨子「ぁ゛ら、め゛お……ぐぅ……」


梨子「や、やだ、やだぁ……」////ブンブンッ///-


曜「わんて鳴け♡」ボソッ……♡♡


 

梨子「っ~~~――わ、わん……♡」ゾクゾクゾクッ……♡



曜「あは……なんで、わんて鳴いたら、膣内、しまるの……もっと、もっと鳴いて、みせてよっ♡」

梨子「わんっ♡わ、んっ……♡」


曜「くんくん……はぁぅ♡ぁぁ、もういっちゃ、いそ……」ズチュズチュ…♡

曜「……ぁっ、きも、ひ……すきだよ、りこちゃん、す、き……♡♡」


梨子「わたしも♡わた、しも……だい、すき……♡ぁっ♡ぁぅ♡」


曜「ぅ゛ぅ゛ふぁぁっ♡♡♡」ギュゥゥッビュッッビュッッビュルルルルルルルルルツッッッッツ
39: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:28:32.47 ID:Jw+u3yMH
梨子「ぁ゛っ……」ガクガクガクッッ////

曜「ぁ、ぃ……ふ、ふぁ、や、ば……」アヘ…♡

梨子「ぅ……」ヘナヘナ…

梨子「はぁ、はぁ……ん、はぁ……」

曜「りこちゃ……ちゅ……」

梨子「ん、っ……♡」

曜「えへへ……りこちゃんはすけべですねえ」


梨子「な、なっ……///ようちゃんだって! お互いさまでしょ……?」


曜「そういうことにしておこっか」

梨子「もうっ、なにそれ///」

曜「ね、りこちゃん」ズイッ

梨子「え///」


曜「もう一回しよ? いいよね?」グイッグイ…♡


梨子「え、ま、まっ――」


曜「ふふっ♡」ズンッッ♡
40: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:29:31.47 ID:Jw+u3yMH
――――


千歌「あ、ぁぅ……また始めちゃったよぉ……ど、どうしたらいいかな?」

善子『……あなたも大変ね』


千歌「声聞こえてるよぉっ! あんな、まどあけたまましちゃってたら聴こえるに決まってるじゃん……!」


千歌「言ってあげた方がいいかな!? それも二人のためになるかな!?」


善子『…………また明日』

千歌「ちょっ」


ブツッ


千歌「もーーっ!!!」
41: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:31:30.30 ID:Jw+u3yMH
◇――――◇

後日 練習中 休憩時間 トイレ


梨子「も、もー……休憩時間だよ?」

曜「ちょっとだけっ、ね?」

梨子「うぅ」

曜「すぅぅ……はぁぁ////」


梨子「ぅ、ぅ……汗かいて、るから……ほん、と……」ウルウル…♡


曜「くつした、かして?」

梨子「ちょっと、だけ……だよ?///」


梨子(曜ちゃんは、基本的にそこまで性欲は強くありません。ひとりでもしないって言うし、私とするときだけ発散するんだって)

梨子(こんなにかっこよくて人気者の曜ちゃんの欲の対象は私だけなんだって思うと、下腹部のあたりが、きゅんとしちゃう……)

曜「うん」

曜「くんくん……ぅぅ……はぁぁ///」

梨子「~~~///」


ムクムク…

梨子「も、もうようちゃん……っ」

曜「だ、だって……最近全然してなかった、し……」

梨子「あぁもう……は、はやくおさめないと……」
42: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:32:06.06 ID:Jw+u3yMH
曜「おさめて、くれるの?」

梨子「そうしないと練習できないでしょ?」

曜「あ、ありがと……えへへ」

梨子(うぅ、早くおさめてあげないとなぁ……もっと興奮してもらわないと……)

梨子「その靴下の匂い、嗅いでて、いいから……//」

曜「う、うん……」

梨子(もう片方の靴下で……)カブセ…

曜「な、なにしてるの!?」

梨子「よ、ようちゃん……わたしの靴下とか、す、すきなんでしょ……? これで、シてあげる、ね?」////

曜「っ///」ドキ…♡

梨子(ああ、もうっ……わたしったら何言っちゃってるんだろ//)

スッ…

曜(ぁ、りこちゃんのくつした……わたしのに、かぶさって……)

梨子「っ……///」

梨子(ようちゃんの、ドンドンおっきくなって……こ、興奮してるんだ……うぅ、なんでこんなので興奮するんだろ)

シュコ……シュコ……♡♡

曜「ぅ、ふっ……ぁ♡」ビクッ♡

梨子「き、きもちいい?」


曜(りこちゃんの靴下がこしゅこしゅこすれて……ただでさえきもちいいのに、息吸い込んだら、りこちゃんのにおいがすごくて……♡)ハァ……スゥ…ハァ…
43: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:33:41.67 ID:Jw+u3yMH
梨子「……きもちいいか、言ってくれないと……や、やめちゃうよ?」//カァァァ//

曜「や、やだっ……きもちいい……もっと、して?」

梨子「ん……//」


シュコシュコ…ズチ♡ニチッ…♡


曜「ぁぁっ♡♡♡すーぅ、はぁぁ……♡」


曜(りこちゃんのにおいでいっぱいになって、くらくら、しちゃう)ポ-…♡


梨子(わたしのくつした、曜ちゃんのでどんどん濡れちゃって……練習どうしよう)シュコシナコ…♡

曜「ん、ぁ……イ、く……でちゃ」


梨子「いいよ? 気にしないで、いいから……」


曜「ぁっ゛゛ぁっぅ♡いっ――っぅぅぅ/////」ビュクッッビュクッビュルルルルルルルルッッッ♡


梨子「ぁ……」


梨子(わたしの靴下、ぐちゃぐちゃに……なっ、ちゃった……///)


曜「ん、ぁ……はぁっ、はぁっ……」ビクビク…♡


梨子「いっぱい、でちゃったね……?」ドキドキ…♡
44: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:35:12.01 ID:Jw+u3yMH
曜「よご、しちゃった……ごめ、ん」

梨子「ううん、いいの」

曜「換えの靴下とか、持ってるの?」

梨子「あ、それは無いんだけど……」

曜「じゃあ……」

梨子「これ、履いて練習……しちゃ、だめかな」カアァァァアアアアアアッッッ♡


曜「っ!?///」

曜「へ、へえ……いいよ、履いてよりこちゃん」

曜「はいて、ぐちゃぐちゃになりながら、練習してよ」

曜「そうしたいんだもんね?」

梨子「ち、ちが////」


曜「りこちゃんの――へんたい……♡」


梨子「~~~///」


梨子(ああ、なんかよくわからないけど、わたし……色々戻れなくなっちゃってるのかな)

梨子(これを履いて練習したら、ステップ踏むたび、ぐちゃぐちゃ、って……曜ちゃんのえっちな液体が私の足との間で蒸れて、もっとぐちゃぐちゃになって……///)

梨子(でも、それでもいいかもって……ドロドロぐちゃぐちゃに白くなった靴下に足を通しました)


グチュ………♡♡


梨子「……♡///」

 

 

おわり。
45: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/03/15(木) 14:35:30.39 ID:Jw+u3yMH
見てくれた人ありがとう。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『梨子「よ、曜ちゃん、私の靴下なんて何に使うの……?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)