ダイヤ「学校をやめなければならないかもしれません」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 19:51:00.86 ID:I2ymHQ7X
鞠莉「ほわっつ!?」

果南「え!?」

ダイヤ「まだ確定というわけではないんですけれど……」

鞠莉「家の都合?」

ダイヤ「いえ、わたくしが全て悪いんですわ」

果南「ダイヤが悪いって、ダイヤは頭もいいし、素行だっていいし」

ダイヤ「わたくし、果南さんが思っているほどいい子ではありませんわ」

鞠莉「何があったのか詳しく聞かせて?」

ダイヤ「……」

果南「ダイヤ?」

ダイヤ「妊娠、してしまったかもしれません」

果南「に、ににに、妊娠!?」

元スレ: ダイヤ「学校をやめなければならないかもしれません」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 19:55:48.63 ID:I2ymHQ7X
鞠莉「相手は誰!?」

ダイヤ「……。善子さんですわ」

鞠莉「は? ヨハネ?」

果南「あー、善子ちゃんかー。なんか最近仲がいいとは思ってたんだよね」

鞠莉「えっと、色々ツッコミどころはあるけど――」

鞠莉「つまりダイヤはヨハネとしちゃったっていうこと?」

ダイヤ「……はい」

鞠莉「そっかー……。まあ不純同性交遊といえばそうかもだけど……」
7: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:01:39.79 ID:I2ymHQ7X
ダイヤ「あの時のわたくしは雰囲気に流されてしまって」

ダイヤ「善子さんのことが愛しくてたまらず、つい」

果南「しちゃったんだ……」

ダイヤ「はい」

鞠莉「……」

果南「その、キス……」カアアアアアアアアア

鞠莉「へ?」

ダイヤ「えぇ、軽率な行いであったと反省していますわ」

果南「ほ、ほんとだよ! 高校生でキスなんて!」カアアアアアアアアアアア

鞠莉「……は?」
9: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:06:40.25 ID:I2ymHQ7X
鞠莉「え? kiss?」

ダイヤ「……」コクリ

果南「善子ちゃんは嫌がってなかったの?」

ダイヤ「……恥ずかしがってはいましたわ」

ダイヤ「でも、露骨に拒否していたという感じでは、ありませんでした」

果南「そっか、ならよかった」

果南「でも責任、取らなきゃね」

ダイヤ「……はい」

鞠莉「ちょ、ちょっとストップ! ストオオオオオオオオップ!」
10: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:10:32.55 ID:I2ymHQ7X
果南「何? 今大事な話してるんだけど」

鞠莉「いやいやいや、おかしいところばっかりデース」

ダイヤ「どこがおかしいと?」

鞠莉「まず、相手がヨハネっていうところ!」

ダイヤ「……わたくしと善子さんがお付き合いしているのがおかしいと?」

ダイヤ「確かにわたくしと善子さんは一見して正反対のように見えますわ」

ダイヤ「しかし、善子さんにもいいところはたくさんあって、わたくしは善子さんを心の底から愛している」

ダイヤ「他人からおかしいと言われる筋合いはありませんわ」プイッ

果南「鞠莉、それは言い過ぎだよ。謝りな」

鞠莉「そういうおかしいじゃなくて!」
12: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:15:46.76 ID:I2ymHQ7X
鞠莉「ダイヤがヨハネを愛してるって気持ちは痛いほど分かりました」

鞠莉「でも、まずそこがおかしいの」

ダイヤ「女性同士である以上そういった偏見の目があるのは覚悟の上ですわ」

果南「ダイヤ……。本気なんだね」

鞠莉「ダイヤの覚悟も分かった」

鞠莉「けど論点はそこじゃなくて!」

ダイヤ「ではどこですの!?」

鞠莉「そもそも女の子同士じゃ妊娠しないの!」

ダイかな「へ?」
14: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:21:50.48 ID:I2ymHQ7X
ダイヤ「しかし、愛し合っているもの同士がキスをすれば」

鞠莉「うん、そこも違う」

ダイヤ「は?」

鞠莉「キスじゃ妊娠しません」

果南「え、嘘」

ダイヤ「じゃあどうすれば妊娠しますの!?」

果南「まさかコウノトリが運んでくるとか言わないよね!?」

鞠莉「いや、まあえっと……」

鞠莉「そこは保健の授業でやってるはずなんだけど」
15: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:27:09.92 ID:I2ymHQ7X
ダイヤ「と、とにかくキスでは妊娠しませんのね!?」

鞠莉「いえす」

ダイヤ「善子さんに報告しなくては!」

鞠莉「え、ヨハネは分かってると――」

ダイヤ「善子さんも妊娠の心配をしていたので!」

鞠莉「内浦の性教育事情が心配になってきたんだけど……」

果南「そっか、キスしてもいいんだ」

果南「……」

鞠莉「果南?」

果南「ちょっと2年生の教室行ってくるね」

果南「待っててね、千歌と曜ちゃん!」

鞠莉「Oh…」アタマカカエ
17: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:31:34.61 ID:I2ymHQ7X
――

ルビィ「善子ちゃんどうしたんだろう……」

花丸「ずっと俯いてるずら」

善子「……」ブツブツ

ルビィ「何か言ってる」

花丸「よく聞いてみよっか」

善子「妊娠……退学……」

ルビィ「ぴぎっ!?」

花丸「に、にに、妊娠!?」
19: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:38:12.38 ID:I2ymHQ7X
善子「あっ、ずら丸、ルビィ……。聞こえてた……?」ズーン

ルビィ「に、にに、妊娠とか退学ってどういうこと!?」アセアセ

花丸「ま、まま、まさか善子ちゃん……」サーッ

善子「しちゃったかもしれない……」ズーン

ルビィ「そ、そんな……!」

花丸「あ、相手は……?」

善子「相手は――」
20: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:43:03.14 ID:I2ymHQ7X
ダイヤ「善子さん!」

ルビィ「お、お姉ちゃん!? どうしたの!?」

花丸「このタイミングでダイヤさんなんて、まずいことになったずら」アワアワ

ダイヤ「善子さん、妊娠の件ですが」

花丸「っ! もう知ってるの!?」ズラッ

ダイヤ「女性同士では妊娠しないそうです!」

善子「え!?」

花丸「……ん?」
21: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:48:31.83 ID:I2ymHQ7X
ルビィ「あれ? もしかして善子ちゃんの相手って」チラッ

ダイヤ「っ!」プイッ

ルビィ「善子ちゃん?」ニヤニヤ

善子「……」コクリ

ルビィ「そうだったんだぁ♡ 善子ちゃんがルビィのお姉ちゃんになっちゃった♡」

善子「……ルビィはやじゃないの?」

ルビィ「うん、善子ちゃんだったら嬉しいくらい」ニコッ
22: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:53:37.60 ID:I2ymHQ7X
ルビィ「でも妊娠の心配してたってことは善子ちゃんとお姉ちゃん」ジッ

ダイヤ「うっ……」ドキッ

ルビィ「しちゃったの?」ジッ

善子「……」

花丸「あっ、そっか。そういうことに――」

ルビィ「キス」

花丸「え? ルビィちゃん子供が出来るとしたらキスじゃなくて――」

ダイヤ「し、してしまいましたわ」カアアアアアアアアアア

花丸「!!??」
24: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 20:57:24.58 ID:I2ymHQ7X
ルビィ「へぇ」ニヤニヤ

ダイヤ「軽率な行いであったと反省しています……」

善子「……ヨハネがしたいっていったんじゃない」

ダイヤ「それでも、したのはわたくしですわ」

花丸「ま、待って。したのはキスだけ?」

善子「そ、そうだけど?」カアアアアアアアア

ダイヤ「鞠莉さんもそこのところ突っかかってきましたわね」

花丸「え? これマルがおかしいの?」
26: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 21:03:16.85 ID:I2ymHQ7X
ダイヤ「とにかく、女性同士では妊娠しないそうですわ」

善子「よかったぁ……」ホッ

善子「あっ、ってことは♡」

ダイヤ「? なんですの?」

善子「いくらキスしてもOKってことよね♡」チュッ

ダイヤ「んぅ♡ も、もう善子さんっ!」カアアアアアアアアアアア

ルビィ「わぁ……♡」

花丸「いや、いくら妊娠しないからって学校で、みんなの前でやるのは違うと思うけど……」
28: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 21:09:38.85 ID:I2ymHQ7X
善子「ダイヤ、ちゅーっ♡」

ダイヤ「んっ♡ お返しに、ちゅっちゅーですわ♡」

花丸「見てるのも恥ずかしいから逃げよ……」トテトテ

曜「今度は私だもん!」

千歌「曜ちゃんさっき長かったからチカ!」

果南「あぁ、もう! ケンカしない!」

梨子「はわわ……」

花丸「2年生の教室で千歌ちゃんと曜ちゃんと果南ちゃんが騒いでるずら……」イヤナヨカン
29: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 21:12:51.54 ID:I2ymHQ7X
果南「2人ともしてあげるから♡」チュッ

千歌「んぅ♡」

曜「えへへ♡」

花丸「やっぱりこっちもキスしてたずら……」

果南「ほら、ケンカしてたんだから2人も仲直りのキス」

千歌「うん。ごめんね、曜ちゃん」

曜「私こそごめんね、千歌ちゃん」

ようちか「んっ♡」チュッ

梨子「はわわ」ハナヂタラー

花丸「……」
30: 名無しで叶える物語(ぎょうざ) 2018/03/20(火) 21:16:32.80 ID:I2ymHQ7X
千歌「えへへ♡ チカね、曜ちゃんも果南ちゃんも大好き♡」

曜「私も♡ 千歌ちゃんも果南ちゃんも大好き♡」

果南「ふふ♡ 私も2人とも大好きだよ♡」

花丸「好きだからってそんな簡単にキスってしていいものなのかなあ……」

花丸「ま、幸せそうだしいっか……」

この後ダイヤ、善子、果南、曜、千歌は理事長室に呼び出された

おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ダイヤ「学校をやめなければならないかもしれません」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)