真姫「できたわ!なにかが縮むかわりに、かよちんの食欲が収まるスイッチよ!」

シェアする

真姫-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:33:02.09 ID:Jq/TtCNC.net
花陽「うわぁ!真姫ちゃんありがとう!」

真姫「ふふん!これでかよちんもダイエット成功、間違いなしね!」

花陽「うんうん、真姫ちゃんすごぉい!」

真姫「そうでしょう、そうでしょう?もっと褒めてもいいのよ?」

花陽「真姫ちゃん、ホントにすごいよぉ!」

真姫「まあ?このわたしにかかれば?これくらい、簡単すぎて――」

凛「まって、真姫ちゃん!凛、大変なことに気付いた」

真姫「なによ、凛。今いいところなんだけど」

凛「さらっと言ってたけど……かよちんの食欲、なくなっちゃうんでしょ?」

真姫「ええ」

花陽「え、ええっ?食欲なくなっちゃうのぉ!?」

真姫「あなた、なに今更驚いてるのよ」

元スレ: 真姫「できたわ!なにかが縮むかわりに、かよちんの食欲が収まるスイッチよ!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:37:04.22 ID:Jq/TtCNC.net
凛「それって、かよちんが……一生ご飯をおいしく食べれないってこと?」

真姫「違う違う、食べたいって気持ちを一時的に抑えるだけ」

真姫「しばらくたったら、またおなかが空きはじめちゃうんだから」

花陽「そ、それじゃあ意味が無いような気がするよぉ……」

真姫「大丈夫!だから、スイッチにしてあるんじゃない」

花陽「あっ、お腹がすくたびに押せばいいんだ……」

真姫「そう!さすがかよちんね、鋭いわ!」

凛「ところでなにかって、なにが縮むの?」

真姫「さあ?」

花陽「ええっ……!?」

真姫「花陽の食欲を抑えるのに必要なエネルギーを、なにかを縮めて補うのよ」

真姫「まあ、食欲を抑える分だけだから、縮むにしてもたいしたことないはず」

凛「そっか、それなら安心だね!」

花陽「うん!」
3: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:39:03.39 ID:Jq/TtCNC.net
花陽「あっ…………」グゥゥゥゥ

真姫「……まだ一限おわったところなんだけど」

花陽「ごめん…………」グゥゥゥゥ

真姫「早ベンとかしちゃダメよ?食事のリズムが狂っちゃうんだから」

花陽「う、うん……」グゥゥゥゥ

真姫「……ほら、今こそスイッチの出番!」

花陽「え、もう押すのぉ?」

真姫「もう押すから。早く押さないと、かよちん食べだしちゃうから」

凛「凛が押すね」ポチッ
4: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:41:16.47 ID:Jq/TtCNC.net
花陽「ぴゃぁっ!」ビクン

凛「え…………かよちん!?」

凛「真姫ちゃん、これ大丈夫なの!?」

真姫「も、問題ないわ。今に食欲が治まってくるはず……」

花陽「………………」

花陽「う……あ、あれ?おなか、すいてない……すいてないよ!?」

凛「おぉ、スゴイよ!凛、あんまり信じてなかったけど、これ、スゴイよ!」

真姫「でっしょー!ほらみなさい、凛。これが真姫ちゃんの力よ!」
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:43:15.89 ID:Jq/TtCNC.net
希「それでなー、海未ちゃんが顔まーっかにしてた!」

にこ「それ、ニコも見たよぉ。やっぱり海未ちゃんは、ミニスカだよねー?」

希「やっぱり?ニコっちもそう思う!?」

にこ「うん♪そういえば、ことりちゃんもね、このまえ――――」



――ポチッ

にこ「にごぉっ!?」シュルル

希「え、どうしたん?いきなり」

にこ「な、なんか今、変な感じが……」

希「ええ?」
7: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:46:02.46 ID:Jq/TtCNC.net
「この年、フランス革命が――」

花陽(さっきスイッチ押したから、おなか、全然鳴らない!)

花陽(まだまだ空きそうにないし……これなら授業も、バッチリかも……)

花陽(えへへ、すごいよぉ!)



「このとき残したとされる言葉が、パンがないならケーキを――」

花陽「ケーキ…………」グォォォォォ

花陽(あ……ダメダメ!)ポチッ

花陽「ぴやぁ…………ふぅ……」

花陽(油断しちゃだめだね……)
8: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:49:01.24 ID:Jq/TtCNC.net
「0から4まで積分すると、このように――」

にこ「…………」

にこ(ふー……積分とか、アイドルには必要ないし……)

にこ(あー退屈……)

にこ(……右隣の希ちゃんは、なにやってるかなー?)

希「エロイムエッサイム……エロイムエッサイム……」ブツブツ

にこ(………………)

にこ「…………はぁ」

にこ「…………!?」

にこ「にごぉぁぁ!?」シュルルル
9: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:51:05.51 ID:Jq/TtCNC.net
花陽「ふぅ……なんとかお昼まで耐えられた……」

凛「かよちん、今日は早ベンしなかったねー」

花陽「そうなの。スイッチを押したら、パッと空腹がね、消えるの」

凛「スイッチさまさまだねっ!」

花陽「う、うん!」

真姫「違うでしょ?」

凛「うん?」

真姫「スイッチじゃなくて、その製作者たる、このわたしさまさまでなくて?」

花陽「そうだね、真姫ちゃんさまさまだよぉ」
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:52:49.93 ID:Jq/TtCNC.net
凛「かよちーん、真姫ちゃーん!お昼食べよっ!」

花陽「うん!」

凛「凛はこの、ネコちゃん弁当箱」パカッ

花陽「わー、かわいいね♪」

花陽「わたしも…………っと」ドンッ

凛「かよちんの弁当箱、いつみても特大だよねー」

花陽「えへへ…………ああ、やっとごはん食べれる…………」パカッ

真姫「…………」

花陽「お母さん、今日もおにぎり作ってくれてる♪」

凛「それじゃあ、いっただっきまーす!」

花陽「いただきますっ!」

真姫「待って!」

花陽「ぇ……な、なあに?真姫ちゃん」
11: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:55:23.38 ID:Jq/TtCNC.net
真姫「なあに?じゃないわよ、なあに、じゃあ!」

花陽「えっ……えっ……?」

真姫「かよちん、その手に持ってるものはなに?」

凛「え、真姫ちゃん知らないの?あれはね、おにぎりって言って――」

真姫「おにぎりくらい知ってるわよ!そうじゃなくて」

花陽「……あ、中身はね、えっと……はむ……はむ……んぐ」モグモグ

花陽「こんぶだよ!」

真姫「わーたしは、中身なんて聞いてないの!なにその大きさ」

真姫「顔くらいあるじゃない。かよちん、あなた本気でダイエットする気あるの?」

花陽「え……あ……うぅ……」
12: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 21:58:02.70 ID:Jq/TtCNC.net
真姫「四分の一。四分の一までなら食べてもいいわ」

花陽「四分の一!?ムリだよぉ……絶対午後、おなかすいちゃうもん……」

真姫「何のためのスイッチよ」

花陽「あ、そっか……そっか!」

凛「とりあえず、凛、スイッチ押しとくね」ポッチ

花陽「ええええ゛ぇ゛!」ビクン

真姫「ちょっと……かよちんが食べてから押しなさいよ……」

花陽「凛ちゃん……わたし、まだ何も食べてない……」
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:02:18.80 ID:Jq/TtCNC.net
希「そんで、凛ちゃんが、こう……ダダー!バァーッってかんじで……」

にこ「全然わからないんだけど、希ちゃん」

希「えー?うーん……ほら、こう……バババーって」

にこ(…………わかんない)



――ポチッ

にこ「…………まだぁ゛!?」シュルルルル

希「ん?ニコっち?」

にこ「また、おかしな感じが……」

希「…………あ、お化けかなんかじゃない!?ニコっち憑りつかれてる!?」

にこ「そんなんじゃないと思うんだけど……」
14: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:05:11.58 ID:Jq/TtCNC.net
花陽「ふぁあ……やっと授業が終わったぁ……」

凛「かよちん、おつかれー」

花陽「んー……おつれ凛ちゃん」

真姫「さ、部室にいくわよ」

花陽「うん」



凛「今日は凛がいっちばんのり!」

花陽「二年生も三年生も、まだみたいだね」
15: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:07:47.67 ID:Jq/TtCNC.net
ことり「あっ!みんな、もう来てたんだぁ♪」

凛「ことりちゃん!」

真姫「ことり一人?穂乃果や海未ちゃんは一緒じゃないの?」

ことり「今ね、調理実習だったから。まだ二人とも調理してるよ」

花陽「………………」クンクン

花陽「バターのいいニオイがする……」クンクン

ことり「あ、気がついちゃった?ことりの班はね、マドレーヌ作ったの♪」

花陽「まどれーぬ…………じゅるっ……」

ことり「結構いっぱい作ったから、まだあるんだぁ。かよちゃん、食べる?」

花陽「いいの?えっと……食べる……わたし、食べます!」

真姫「ダメダメダメ!洋菓子なんて、カロリーすごいんだから!」
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:12:37.47 ID:Jq/TtCNC.net
ことり「そうなんだ……」

真姫「だからね、ことり。かよちんに食べ物を与えないで」

ことり「う、うん……なんか公園の注意書きみたいな言い方だね……」

花陽「ね、ねえ真姫ちゃん…………い、一個なら大丈夫だよ?」

真姫「却下」

花陽「でもでもでも……お昼、結局あのあと、おにぎり半分しか食べてないし……」

真姫「ダメ」

花陽「ええぇ……」

凛「そうだ、スイッチ押せば解決だよ」ポチッ

花陽「ああ゛っ!……りんちゃん゛!」
17: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:15:56.19 ID:Jq/TtCNC.net
にこ「にごぉ………………」シュルルルルル

希「またなん?」

にこ「またニコ…………」

希「……あれ、なんかニコっち……あれ?」

にこ「ど、どうしたの?希ちゃん」

希「うーん……なんだかニコっち……ちっちゃくなってない?」

にこ「え?ちっちゃく?」

希「ウチの口の当たりに、ニコっちの頭が来てるけど……」

希「ニコっち、こんなにちっちゃかったっけ?」

にこ「えー…………あ!きっと希ちゃんが大きくなったんだよぉ♪」

希「ええ?ウチが?」

にこ「人として一回り大きくなって……それでだよ!」

希「そっか、ウチが大きくなってたのかぁ。気が付かなかった!」

にこ「うん」

にこ(ニコは、ママ似のグラマーな体型になるって決まってるし。決まってるし……)
18: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:19:48.30 ID:Jq/TtCNC.net
花陽「練習終わったぁ……」

凛「かよちん、帰るよ!」

花陽「う、うん……あ、まって、置いてかないでよぉ……」

真姫「あ、かよちん!明日明後日学校も練習もないけど、ちゃんと節制するのよ?」

花陽「うん。きっと、大丈夫……」

花陽「いざとなったら、このスイッチがあるし……」



にこ(希ちゃん以外には、ちっちゃくなってるよ、なんて言われなかった……)

にこ(ちょーっと違和感あるけど、やっぱり気のせいだったニコ♪)
19: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:22:22.82 ID:Jq/TtCNC.net
―ばんごはん

花陽「ああぁ……カレーライスだ……」

花陽「一合くらい、いけちゃうよぉ…………」タラー

花陽「ダメダメ……でも……一口くらいなら……」



花陽「炊飯器にあったごはん、全部食べちゃったよぉ……」



―あさごはん

花陽「あつあつごはんで、卵かけごはん……」

花陽「一合くらい、余裕でいけちゃうよぉ…………」タラー

花陽「一口……ああっ!食べちたら止まらなくなっちゃうもん……」ポチリ



にこ「……にご!」シュルルルルルル



―ひるごはん

花陽「ぱらぱら黄金チャーハン……」

花陽「一合くらい、あっという間にいけちゃうよぉ…………」タラー

花陽「で、でもダイエット中だから……」ポチリ



にこ「……にごぉ」シュルルルルルルル
20: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:25:36.56 ID:Jq/TtCNC.net
―ばんごはん

花陽「スイッチ押さないと……」ポチリ



にこ「……!」シュルルルルルルルル



―あさごはん

花陽「おなかすいた……」ポチリ



にこ「……にごッ!!?」シュルルルルルルルルル



―ひるごはん

花陽「白いごはんってなんであんなに白いんだろう……」ポチリ


にこ「…………」シュルルルルルルルルルル
21: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:27:15.45 ID:Jq/TtCNC.net
――――――――
――――――

にこ「希ちゃん、おはよー」

希「おっ、ニコっちおは…………!?」

にこ「どうしたの?」

希「えっ!?……ニコっち……なん?」

にこ「えー?希ちゃん、ニコのこと、忘れちゃったのぉ?」

にこ「ひどーい♪」

希「……ニコっち、背がウチのおなか辺りまでしかないやん!」

にこ「それは希ちゃんが人として……」

希「いやいやいや!」
22: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:29:19.66 ID:Jq/TtCNC.net
希「制服ブカブカやん!スカートがなんかもう、スケバンみたいやん!」

にこ「やーん#9825;スケバンだなんて、ヒドイよぉ?」

希「ヒドイとかじゃなくて…………ニコっち、ホントにちっちゃくなってるし!」

にこ「なってないから。ニコ、ちっちゃくなってないから」



絵里「おはよう。朝からどうしたの?」

希「あっ!エリちゃん、いいところに!」

希「ほら、これ見て!」

絵里「え?」

にこ「ニコっ☆」
23: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:32:34.52 ID:Jq/TtCNC.net
絵里「………………」

にこ「…………らぶニコっ☆」

絵里「ニコの妹さん……?」

にこ「エリちゃん、ちがうから!ニコだから!」

絵里「…………ええと」

にこ「ほら、よく見てて?ニッコニコニー♪」

絵里「………………」

にこ「…………ドキっ☆」

絵里「ニコの妹さん……?」

にこ「まるっとニコだから!ニコそのものだから!」
24: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:35:19.27 ID:Jq/TtCNC.net
希「でも一体全体、なんでニコっち、ちぢんで…………あっ!」

にこ「どうしたの?」

希「わかった……ニコっちがちっちゃくなったん、ウチのせい……」

にこ「いや、ちっちゃくなってないし」

希「きっとアクマのシワザなのだ…………」

希「ウチが先週、授業中に召喚しちゃったから……」

絵里「アクマを呼び出しちゃダメじゃない」

希「そんでもって、ウチとニコっち、髪型両方おさげだから……」

希「きっと間違えられた……ごめん、ホントにごめんニコっち……」

にこ「え、ええぇ…………」

希「ちゃんと魔法陣、コンパスで書いとくべきだった……」
25: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:38:21.05 ID:Jq/TtCNC.net
――放課後

希「…………授業おわって、これから部活だけど」

絵里「ニコ、どうする?このままいくと、面倒なことに……」

にこ「制服を応急処置で、ちょうどいいサイズにしてごまかすわ!」

絵里「ごまかすとかそういうレベルじゃあ、ないと思うんだけど」

にこ「ちょっと今日は調子が悪くて、ちっちゃく見えるだけニコ♪」

希「あ、そうなん?なにそれ、面白い!」

絵里「そんなわけないでしょう……」

にこ「とりあえず、先に部室行ってて。ニコもすぐに行くから」
26: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:39:26.19 ID:Jq/TtCNC.net
―部室

絵里「ごめん、少し遅くなったかしら」

希「みんな揃ってる?」

海未「ああ、絵里に希……」

真姫「…………」

花陽「………………ぐすっ」

絵里「え、どうしたのよ、このフンイキ」

穂乃果「えっとね…………」

凛「かよちんがダイエットしてたんだけど、ちょっとやりすぎちゃって」

ことり「かよちゃん、ここ数日、ほとんど何も食べてないみたいなの……」

海未「それで、みんなでやめるよう言ってるんですが……」

花陽「……だって……せっかく真姫ちゃんが、作ってくれて……ぅう……」

花陽「わたし、ぷにぷにだから…………それで……」

穂乃果「大丈夫!かよちゃんは、ぽちょぽちょじゃないよ!」

花陽「ぽちょぽちょなんて言ってないよぉ…………」
27: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:43:25.20 ID:Jq/TtCNC.net
凛「かよちんが太ってる?そんなことない!」

花陽「凛ちゃん……でもね、おなかだって、お肉がちょっと……」

凛「かよちんは太ってなんかいないよ!」

海未「そうです、花陽。あなたは太ってなんかいません」

花陽「…………でも」

絵里「太ってるんじゃなくて、成長してるのよ?」

希「そうそう」

花陽「…………」

ことり「ことりね……かよちゃんが、ことりのおやつをね」

ことり「いっつもおいしそうに食べてくれるの、すっごく嬉し――」

穂乃果「それだよ!おいしそうに食べるのもアイドルだよ!」

花陽「え…………」
28: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:46:25.12 ID:Jq/TtCNC.net
穂乃果「おいしいものを食べて、おいしい顔ができるのって、もうそれアイドルだもん!」

穂乃果「かよちゃんは体型とか、そんなの以上にアイドルなの!」

花陽「え、ええと穂乃果ちゃん…………?」

ことり「穂乃果ちゃんはきっと、おいしそうに食べるかよちゃんが大好きなんだよ」

ことり「だからね、これからもおいしそうに食べてほしいな」

花陽「…………」

花陽「…………うん」

真姫「ごめんねかよちん……」

花陽「ううん、ありがとう、真姫ちゃん」

真姫「これはもう、必要ないわね」

凛「壊しちゃう?」

花陽「う…………うん!もうなくても……大丈夫だから……」

凛「じゃあ凛が壊しとくねー」
30: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:49:47.14 ID:Jq/TtCNC.net
絵里「これにて一件落着ね」

花陽「そういえば、なにか縮むって何が縮んだんだろう……?」

真姫「さあ?わたしたちの、き、距離……とか?」

花陽「あ、真姫ちゃん上手…………確かに、今日でまた少し、みんなと心が近づけた気がする……」

凛「あっ、真姫ちゃん、自分で言って恥ずかしくなってるー!」

真姫「そ、そんなことないんだから!」

花陽「………………」グギュウウウウウウゥゥウゥゥウウウ

花陽「……あっ」

絵里「二日もほとんど何も食べてないんだから、そりゃあ、おなかすくわよね……」

真姫「それにしてもすごい音……このおなかのすき具合を解消するのって、大変そうね……」
31: 名無しで叶える物語(もんじゃ)@\(^o^)/ 2015/08/22(土) 22:55:30.64 ID:Jq/TtCNC.net
ことり「クッキー持ってきたの。かよちゃんどうぞ♪」

花陽「あ、ありがとぉ!いただき――」

凛「えいっ!」ガツンッ

花陽「ぴゃっ!?…………り、凛ちゃん?な、何で押しちゃったのぉ゛!?」

凛「え……今、かなづちでスイッチを壊して……あ、その時に押した扱いになっちゃったのかニャ?

凛「……ご、ごめん、かよちん」

真姫「今のが最後の一回ね。まあ、しばらくすれば、おなかがすくから……」



にこ「縮んでなんかいないのよ……そう、ちょっと服が伸びただけ……」

にこ「よ、よし……これで大丈夫……」

にこ「さあ、そろそろ行かないと…………」


―ガツン

にこ「…………っ!?」

にこ「にっごおごごごごごおごごおぉぉぉ!?」シュルルルルルルルルルルルルルルルルルルル



おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「できたわ!なにかが縮むかわりに、かよちんの食欲が収まるスイッチよ!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。