真姫「穂乃果が来るまで」

シェアする

真姫-アイキャッチ15
2: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:04:57.18 ID:h3PpjMUE
【1day】


真姫「~♪」


ポロロ~ン♫


真姫「ふぅ…」


真姫「……」



真姫(こんな事してたって、何が変わる訳でもないのに…)

元スレ: 真姫「穂乃果が来るまで」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:06:44.99 ID:h3PpjMUE
真姫(どうせ私の未来はもう決まってるじゃない、こうして弾き続ける事になんの意味もない)

真姫(…そうよ。意味なんか無いんだからやめればいいじゃない)


真姫(そう…やめれば…)
  
  
  
  


パチパチパチパチパチパチ!

真姫「うぇええっ!!?」
4: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:09:24.24 ID:h3PpjMUE
「Congratulations」パチパチ

「Congratulations」パチパチ

「Congratulations」パチパチ


真姫「え?え!?」

真姫(なに!?なんなの!?)


真姫(この黒服の人たちは…っ!?)


「素晴らしい」ヌッ

真姫「!?」
5: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:12:20.52 ID:h3PpjMUE
「実にいい演奏だった、凡夫にはとても真似できぬものだ」

真姫(だ、だれよこのおじさん…)

「故に残念だよ」

「君は今、道半ばでその可能性を手離そうとしている」

「チャンスを掴み取りながら、それを自ら捨て去ろうとするなど正にクズの所業…」

真姫(く…クズって…っ)
6: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:16:27.87 ID:h3PpjMUE
「これからも道開く勇者である事を切に願っているよ」

「…行くぞ。会長がお待ちだ」

『はっ!』ゾロゾロッ

ガラッ

バタン

真姫「な…なんだったのよ…?」


真姫「何が目出度いのよ…」
8: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:22:05.91 ID:h3PpjMUE
【2day】


真姫「昨日の人達はなんだったのよ、先生に聞いても知らないの一点張りだったし…」

真姫「…いないわよね?」キョロキョロ

真姫「よし」パカッ

ポロロン♫

___
_

真姫「~♪」ジャ-ンッ

真姫「…はぁ」
10: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:26:57.13 ID:h3PpjMUE
真姫(これで終わりにしましょう…)

真姫(いつまでも未練たらしくやるものじゃないわ)

真姫(パパだってあんまり良く思ってないかも知れないし…これで)

パチ…パチ…パチ

真姫「っ!?」


「クスクスッ」

「いい仕事するじゃねぇか」
11: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:32:46.28 ID:h3PpjMUE
真姫「だ、だれ!?」

「下らぬ民衆が集うこんな場所にも、原石って奴は居るもんなんだな」

「…なぁ?」ヌッ

真姫「~っ!!」

真姫(な、なに?なんなのよこの人…っっ)

真姫(それに…なんて顔してるのよ…これじゃあまるで…)

真姫(…鬼?)
12: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:38:56.45 ID:h3PpjMUE
「良き時間を過ごせた」

真姫「~っ」

「この俺のお墨付きだ」

「引き続き自己を高めよ」

「…」クルッ

フッ…

真姫「……き…」


真姫「筋肉オバケ…」
13: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:53:48.62 ID:h3PpjMUE
【3day】


真姫「……」キョロキョロ

真姫「誰もいない…わね?」

真姫「廊下も…よし」ガタッ

ポロロン♫
___
_

真姫「~♪」ジャ-ンッ

真姫「…ふぅ」


真姫(結局弾いちゃってるじゃないのよ…)
14: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 00:57:33.28 ID:h3PpjMUE
パチパチパチパチ

真姫「うぉああああっ!!?」


「ホッホッホ、見事なものですねぇ」


真姫「どどど何処から!!?」

真姫「てゆーかだれっ!?」

「おやおや、コレは失礼しました」
15: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:01:21.92 ID:h3PpjMUE
真姫(こ、コスプレ?でも、あの乗り物…若干浮いてる…!?)

「貴方の演奏は宇宙の彼方…そして私の心にまで響いて来ましたよ?」

「素敵な演奏をありがとうございます」

真姫「へ…?」

「戦闘力こそ皆無ですが、とても良い人材を見付けられましたね」

真姫「せ、戦闘力…?」

「おや、もうこんな時間ですか」
16: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:05:50.21 ID:h3PpjMUE
「それでは名残惜しいですが、この辺で失礼します」

「私が不老不死になった暁には是非、我が軍に入団して頂きたいものですね」

ブゥン…

「では、ご機嫌よう」

真姫「あ…は、はい」

フイィィィン

パッ

真姫「………」

真姫「…もうやだ」
18: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:11:24.18 ID:h3PpjMUE
【4day】


真姫「センサーオッケー、カメラオッケー、トラップオッケー」

真姫「外もオッケー」

真姫「部屋の中も…オッケー」

真姫「…よしっ」ガタッ

パカッ

真姫「…♪」

ポロロ~ン♫
___
_
19: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:14:59.85 ID:h3PpjMUE
真姫「~♪」ジャ-ンッ


真姫「…ふぅ」


パチパチパチパチ

真姫「なんでよっ!!?」ジャ-ンッ!!


「あらあら、素敵なピアノね~」

真姫「おかしいでしょ!?」

真姫「センサーは!?カメラは!?」

「うふふふっ」
20: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:20:11.35 ID:h3PpjMUE
真姫「それにトラップだって色々あった筈でしょ!?」

「そんな物はこうよ」パチンッ

ゾロゾロゾロゾロ…

真姫「な、なに!?なんなの!?」

真姫(誰よ!この作業服着たおじさん達は!)

「へっへっへ…」

「私らは諜報活動を主とした集まり」
21: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:24:15.50 ID:h3PpjMUE
「それに、あのおチビちゃんの罠に比べたらこれくらいは朝飯前でさぁ」

「ご苦労だったわね」

真姫「イミワカンナイッ!!!」

「あら、意味ならわかるでしょ?」

「私は貴方の演奏を聴きに来たの」

「ただそれだけよ?」

真姫「~っ」
22: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:29:46.61 ID:h3PpjMUE
「音楽鑑賞なんて趣味じゃなかったけども、貴方の演奏ならずっと聴いていられそうだもの」

「次はジロウさんと二人で聴きに来ようかしらね」ガチャ

ゾロゾロ…

バタン

真姫「……」

真姫「…逆に仕掛けられてるのかしら」
23: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:34:21.95 ID:h3PpjMUE
【5day】


真姫「くっ…トラップは無意味か…」

真姫「てゆーか、あれ全部でいくらしたと思ってんのよ」

真姫「そう、そうなのよ…来なければいい話なのよ」

真姫「だって音楽室でしか会わないんだもの…自明の理ってヤツじゃない」

真姫「なのになんで来てんのよ…」

真姫「なんでピアノの蓋を開けてるのよ…」

ポロロン♪

真姫「あぁ…弾いちゃったわ…」

ポロロロ~ン♫
24: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:38:46.43 ID:h3PpjMUE
___
_

真姫「~♪」ジャ-ンッ

真姫「……」

パチパチパチパチ

真姫「…来たわね」クルッ

「いいじゃないの!」

真姫「ん?」

「その腕なら音大も目指せちゃうわよ?なんなら私が特訓してあげましょうか?」

真姫(な、なんか…普通の人…よね?)

「どーしたの?私の顔に何か付いてるかしら?」

真姫「あ…い、いえ」

真姫(あれ…?もしかして…ここの先生?)
25: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:42:24.18 ID:h3PpjMUE
「さっきの曲はオリジナル?」

真姫「はい…」

「伴奏もメロディラインも凄く素敵だったわ!」

真姫「あ、ありがとうございます」

「ただ…ね?」

真姫「はい?」

「弾いてる時の貴方、余り楽しそうに見えなかったわ」

真姫「っ」ドキッ

「良かったらそこら辺の話…ん?」prrrr!

真姫「え?」

「…ちょ~っと失礼」pi!
26: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:47:28.40 ID:h3PpjMUE
<お疲れさまで~す

「はいは~いお疲れ様~♪」

<今どこにいるんですか?

「ん~…ちょっと野暮用ってとこかな?」

「そ・れ・よ・り~♪」

「今日のお菓子はなにかしら~ん?」

<今日はチーズレモンカスタードシフォンパイですよ~

「あら本当に?楽しみだわ~♪」


真姫(メイドさんでも居るのかしら?)
27: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:53:46.80 ID:h3PpjMUE
ガチャガチャッ

<早く来ないと無くなっちゃうよ~?

<もう待てなーい!食っちゃおうぜー!

真姫(…友達?)

「……」

<ふ、二人とも!今先生とお話し中だから

「…そこの二人に伝えてくれるかしら?」

<は、はい?

「私のケーキに手ェ出したら天井のシミにしてやるって」

<ま、待ってさわちゃ

<まだ端っこしか食べてな

pi!
28: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 01:58:50.54 ID:h3PpjMUE
真姫「…」

「はぁ…教師も大変だわ」

真姫「あ、あの…」

「ごめんなさいね?本当は色々と話を聞きたかったんだけど…」

「私の生徒がちょっとオイタしちゃったみたいで、帰らなくちゃならないのよ」

真姫「はぁ…」

「それじゃあね?素敵な演奏ありがと!」ガラッ

バタン

真姫「……」
29: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:03:14.88 ID:h3PpjMUE
真姫「…普通ってなんだっけ」

ガチャ

真姫「!?」

「桜高けいおん部もよろしくね!」

バタンッ

真姫「…」


真姫「どこよそれ…」
30: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:08:08.91 ID:h3PpjMUE
【6day】


真姫「よく考えてみれば、別にこれと言って何かされた訳でもないのよね」

真姫「むしろ、色んな人に褒められてばっかりだったし」

真姫「…私のピアノってそんなにいいのかしら?」

真姫「……」ガタッ


ポロロ~ン♫
31: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:13:24.08 ID:h3PpjMUE
___
_

真姫「~♪」ジャ-ンッ


パチパチパチパチ

真姫「…っ」クルッ

「素晴らしい…いや、実にね」

真姫「あ、ありがとうございます…」

真姫(また普通っぽい人…?)

「ここまで心を揺さぶられたのは初めてだ」
32: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:18:58.25 ID:h3PpjMUE
「そして、曲調や演奏技術もさる事ながら、何よりも素晴らしいのは」

「音を奏でている君のその…」

「"手"だよ」

真姫「っ」ゾワッ

「雨の日の室内と言うシチュエーションと、容姿の美しさも相まって更に輝いて見える…」ド…

真姫「ぇ…」ドドド…
  
  
  
  
  
  
「抑え難い衝動だ…」ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

真姫「ひぃっ!?」
33: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:23:37.11 ID:h3PpjMUE
pipi!

「…おや、もうこんな時間かね」

真姫「~っ!!」

「そろそろ奴がボロを出す頃…か」

「そして…我が絶対無敵の能力が発動する時……フフッ」

「ハーッハッハッハッ!!!」ガチャ

バタン

真姫「……警備ロボでも…」


真姫「いえ…きっと無駄ね…」
34: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:29:21.27 ID:h3PpjMUE
【7day】


真姫「これだけ間を開ければもう来ないんじゃ…」

真姫「……」

真姫(ホント…音楽は麻薬だなんてよく言ったものだわ)

真姫(たった一週間弾かなかっただけで、もう心がムズムズしてしょうがないもの…)

真姫(それでも嗜好品の域は超えていないのでしょうけど)


ポロロン♫
35: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:34:35.81 ID:h3PpjMUE
___
_

真姫「~♪」ジャ-ンッ

真姫「…ふぅ」

真姫(ダメ元で警備ロボを置いてみたけど…)

真姫(ど、どうかしら…?)クルッ

キンッ!!

真姫「!?」

ゴトッ…

真姫(ロ、ロボ太郎が真っ二つに…っ!?)


「…嬢ちゃんよ」
36: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:39:46.91 ID:h3PpjMUE
真姫「は、はい!?」

「そいつはなんて楽器なんだい?」

「ヤケに染みる音を出すじゃねぇか」

真姫「ここ、これは…っ、その…」

「柄にもなく聴き入っちまったよ」スゥ

真姫(み、ミイラ男!?それに刀って…)

「なんてツラしてんだ?」

真姫「あ…あの…っ」

「この俺が褒めてんだからもう少し喜んだらどうだ?」

真姫「あ、ありがとうございます…」
37: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:45:04.04 ID:h3PpjMUE
「ただ…一つだけ気に喰わねぇ事がある」

真姫「~っ」

「それは、テメェ自身に迷いがある事だ」

真姫「……えっ?」

「愉悦道楽なんざ人間の数だけ有るが、要は愉しんだ奴の勝ちなんだよ」

「だからテメェも、今有る現実を受け入れ、そして愉しんでりゃいいんだ」

「分かったか?」

真姫「…」

「…ん?」ジャラ

「なんだ、半刻近くも居たのかよ」

「地獄巡りの余興にゃ丁度良かったぜ」カチンッ

ボワァッ
38: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:50:17.16 ID:h3PpjMUE
真姫「…今ある現実ですって?」

真姫「そんなもの、とっくの昔に受け入れてるわよ…」

真姫「……」

真姫「愉しむ…か」

真姫「今までは、ほんの息抜きのつもりで弾いていただけだったけど」

真姫「本当に愉しんで弾く為には…」


真姫「…」
39: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 02:56:01.45 ID:h3PpjMUE
【8day】


~♪

真姫「…こうじゃない」

真姫「私のメロディ…私の歌詞…」

真姫「そして私の演奏……でも、」

真姫「愉しくない…」


パチパチパチパチッ

真姫「っ」


「理解し難いな」

「だが、何かを感じ取っているのも確かだ」
40: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 03:01:16.46 ID:h3PpjMUE
真姫「…」

「この感覚は、あの探偵から赤子を取り返した時に感じたものと似ている」

「これは一体なんだ?」

真姫「…貴方は何故、聴きに来たの?」

「分からない」

「ただ一つだけ確かなのは、得体の知れない何かが…私の胸を強く叩いたという事だけ」

真姫「…」

「それが思考よりも早くこの体を動かし、ここまで足を運ばせた」

「君には、何か特別な能力でも有るのか?」
41: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 03:06:51.75 ID:h3PpjMUE
真姫「そんなもの…有るわけないじゃない」

「凡そ、種の保存には何ら関わりのない非生産的な行為。だが…」

「それら合理性を否定し、遂にはこの体を支配した命令にも似たあの衝動…」

「この先に一体何があるのか」

真姫「…少なくとも」

「ん?」

真姫「少なくとも、私の行く先はもう決まっているわ」

「ほう」
44: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 08:57:56.59 ID:h3PpjMUE
真姫「そしてそれは、今ここにいる事となんの関係もないもの」

真姫「つまり、蛇足の様な時間なのよ」

「では、君は一体何のためにここに居る?」

真姫「……」

「何の為にそれを弾いているんだ?」

真姫「…分からない」

真姫「でも…弾いていたい、弾かなくちゃいけないって言うその気持ちだけが…」

真姫「何故か消えないの」

「ふふ…」

「広川とは違った面白味を感じさせるな」
45: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:03:32.89 ID:h3PpjMUE
「お互い、きっとこの先に何かがあると、そう予感したから此処に居るのだろう?」

真姫「予感…」

「そしてそれは、やがて君たち人間の未来に繋がって行く」

真姫(そんな壮大な話じゃ…)

「安心するといい」

真姫「えっ」ドキッ

「この予感はきっと正しい」
47: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:11:27.85 ID:h3PpjMUE
真姫「あ、あの…」

「…泉新一なら、何と言っただろうな」

ガチャ

バタン

真姫「…」

真姫「予感…か」


真姫「私は今…何かを予感してる?」
49: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:25:06.55 ID:h3PpjMUE
【9day】


真姫「ほんと不思議だわ」


真姫「まさか、見ず知らずの他人に人生相談する日が来るなんてね」

真姫「でも、みんな褒めてくれてたな」

真姫「それに…」スッ

パカッ
50: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:30:53.79 ID:h3PpjMUE
真姫「…っ」


ジャラララ~ン♫

真姫「~♪」

ジャ~ン♪

真姫「~」

ポロロン…


真姫「…」


「あら、どうして止めてしまうのかしら?」
51: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:37:09.02 ID:h3PpjMUE
真姫「…分からないわ」


「それは不思議ね」

「貴方のそのどっち付かずな精神に、とうとう身体が叛逆したのかしら?」


真姫「っ」イラッ

真姫「…今日はえらく口の悪い人が来たみたいね」クルッ

「貴方ほどではないわ」

真姫(え…高校生…?それとも中学生?私とそんなに変わらないわよね…?)

真姫(でも、あの制服…何処のかしら?)
52: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:43:43.89 ID:h3PpjMUE
「何か珍しいものでも見つけた?」

真姫「…いえ」

真姫「今まで散々珍しい物ばかり見てきたから、今更どうということもないわ」

「そう、見た目の割に順応性は高いのね」

真姫「っ」

真姫(なんか腹立つわこの子…) キッ

「ふふ、そんなに恐い顔しないで?」

「今日は貴方にいい情報を提供しに来たのだから」

真姫「いい…情報?」
53: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:49:31.37 ID:h3PpjMUE
「まず一つ」

「貴方への訪問客は、私で最後よ」

真姫「!」

「次に」

「貴方はコレから、人生の分岐点とも言うべき出来事に遭遇するわ」

真姫「え…?」

「一つは、あなた自身が望んだかも知れない未来」

「もう一つは、他の誰かが望んだかも知れない未来」

「貴方はどちらを選ぶのかしら?」

真姫「……」

真姫「…意味わかんないわ」
54: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 09:56:08.20 ID:h3PpjMUE
「そう」

「貴方、結構バカなのね」

真姫「っ!」

「これだけ分かりやすく説明してるのに言葉の意味が分からないだなんて」

真姫「そ、そう言う事じゃないっ!!」

「あらそう」

真姫「どうしてなの!?」

真姫「どうして貴方たちは…っ」

「こんなお節介をするの?かしら」

真姫「~っ」

「暇だからよ」

真姫「なっ!?」
55: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:05:30.26 ID:h3PpjMUE
「例外も何人かいたけど、私達はそれぞれが、既に存在を完結させた人達の集まりなのよ」

「つまり、お役御免の暇人ってワケね」

真姫「??」

「まぁ、そんな事はどうでも良いわ」

真姫「分かるように説明しなさいよ」

「…本当は」

真姫「え?」

「いえ、何でもないわ」

真姫「なんなのよ…」

「さぁ、どうするの?」

「実のところ、貴方の向かえる道は中々に多いわよ?」
56: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:13:13.45 ID:h3PpjMUE
真姫「…」

「例えば」

「これからクラスに突撃して一人漫才を始めたり」

真姫「や、やる訳ないでしょ!?」

「そこの窓から飛び降りてみたり」

真姫「…馬鹿にしてるのね?」

「このままピアノをやめたり」

真姫「っ!」

「ホント、人生は忙しないわね?」

真姫「他人事だと思って…っ!」
57: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:18:21.70 ID:h3PpjMUE
真姫「大体道が多いって、そんなの誰にでも言える事じゃないのよっ!」

「そう、誰にでも言える事なのよ」

「だから、人よりちょっと選択肢が多いクセに、勝手に決め付けてる貴方にも理解できる様、こうしてわざわざ説いてあげてるのよ」

真姫「~っ」

「これだけ言ってもまだ分からないと言うの?西木野真姫」


「貴方はどこまで愚かなのかしら?」


真姫(ホンットに腹立つわこの子っ!)
58: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:25:09.31 ID:h3PpjMUE
「…ふふっ」

「冷静そうに見えて、その実…心の中は炎が渦巻いている」

「最初に見た時、そんな印象を受けたわ」

真姫「…」

「でも…猛る炎も何れは消えゆく」

「貴方は、それを最後まで眺める人?」

真姫「…」

「それとも」

真姫「…私は」


真姫「私はまだ…弾いていたい」
59: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:30:54.40 ID:h3PpjMUE
真姫「私の人生の本懐は…此処じゃない気がするの」

真姫「曲を作って、弾いて…そして歌う」

真姫「そうしている内に、段々湧き上がって来る気持ちがあったの」

「…」

真姫「誰かにこの曲を知ってほしい」

真姫「誰かの助けになって欲しい」

真姫「そして…」


真姫「誰かと一緒に歌いたい」


「…そう」

「なら、思う存分弾くといいわ」
60: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:39:23.16 ID:h3PpjMUE
「それが貴方のやりたい事なら、迷わずそうすべきよ」

真姫「…」


「何かしら?」

真姫「貴方…」


真姫「その赤いリボン、よく似合うわね」


「……フフ、」

  
  
  
  
「夜が明けるわ」
61: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:44:40.90 ID:h3PpjMUE
パチンッ

真姫「!」


真姫「……」


真姫「……あれ?」

真姫「私…何してたんだっけ?」



真姫「思い出せない…」
63: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 10:57:51.30 ID:h3PpjMUE
【0day】


真姫「~♪」

真姫「あいしてる~ばんざ~い♪」

真姫「ここで~よか~った~♪」

ジャンジャン♪

真姫(ここ数日の記憶がなんだか曖昧だわ…)

真姫(それに、ピアノはもう辞めるつもりだった筈なのに)

ポロロ~ン♪

真姫(何故だか今は…全然辞める気がしない…)


ジャーン


真姫「……どうして…」
64: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:03:14.72 ID:h3PpjMUE
パチパチパチパチッ

真姫「えっ!?」

ガラガラッ

「上手だねーっ!」

真姫「!?」

「いやー、歌声もとっても素敵だったよ!」

真姫「ま、また来たの!?」

「え?なんの話?」
65: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:08:58.67 ID:h3PpjMUE
真姫(あれ…?また?)

「今日が初めてだよ?」


真姫「…あ、あなた誰よ!?」

「おっとっと、ごめんね?」


「私の名前は…」



「高坂穂乃果って言います!」
66: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:14:42.39 ID:h3PpjMUE
【幕外】


「お疲れさま」

「…アレで良かったのかしら?」

「えぇ、ありがとう」

「あのままだと、本当にピアノを辞めかねなかったから」

「それも一つの人生よ」

「…そうね」

「ところで」

「ん?」
67: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:21:45.22 ID:h3PpjMUE
「あの人選は一体何だったのかしら?」

「あぁ…そのこと」

「事情を知った穂乃果が、勝手にあっちこっち声を掛けちゃったのよ」

「”私の親友がピアノを辞めそうなんで励ましてあげて下さい!”」

「なんて言いふらすのよ」

「要は、リーダーさんが来るまでの時間稼ぎがしたかっただけなのでしょ?」

「あの強面連中相手に良くやるわ」

「本当よ。まるで授業参観日の気分だったわ」

「…それにしても」
68: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:26:58.38 ID:h3PpjMUE
「あのリーダーさんがこっちの世界に居なくて本当に良かったと思うわ」

「なぜ?」

「だって、あれだけの影響力を持った人間だもの」

「絶対に契約させられてたわ」

「…なるほど」

「ところで」

「なに?」

「今し方、紅茶を淹れたのよ」

「あら、それじゃあ頂くわ」
69: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:32:28.44 ID:h3PpjMUE
「良ければスコーンもどうぞ?」

「えぇ。漸くティータイムが出来るわね」

「それならあの子達も良く開いているじゃないの」

「…彼処は騒がしいから嫌なのよ」

「穂乃果たちは毎日の様に混ざってるけど」

「私の先輩だった人も入り浸ってるわね」

「一度、合同ライブしてからずっとお祭り状態なのよ。まったく…」

「その割には楽しそうに話してるけど?」

「…フン」
70: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:37:55.08 ID:h3PpjMUE
「それにしても…ふふっ」

「なんなの?」

「さっきから気になっていたのだけれど」

「?」

「そのサイドテールは、一体どう言った心境の現れなのかしら?」クスクスッ

「…」


「…ほっといて」



71: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:44:31.90 ID:h3PpjMUE
Special thanks

【1day】利根川幸夫と黒服ブラザーズ

【2day】範馬勇次郎

【3day】フリーザ様

【4day】鷹野三四と小此木造園(山狗部隊)

【5day】山中さわ子

【6day】吉良吉影(川尻浩作)

【7day】志々雄真

【8day】田宮良子(田村玲子)

【9day】暁美ほむら
73: 名無しで叶える物語(常闇の街ルカネプティ) 2018/04/03(火) 11:49:48.99 ID:h3PpjMUE
お粗末さまでした。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「穂乃果が来るまで」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)