千歌「あれ?ここはどこ?」

シェアする

千歌-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 21:47:11.09 ID:WLjt2rYG
千歌「って、私の目の前に私がいる!?」

オーイ! シッカリシロー! キュウキュウシャガキタゾー!

ピーポーピーポー…

千歌「目の前の私が救急車で運ばれちゃった…」

>>4「どうやら状況を理解できてないみたいね」

千歌「>>4ちゃん!」

口調は気にしないでください

元スレ: 千歌「あれ?ここはどこ?」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/25(日) 21:52:02.43 ID:W942u03v
ダイヤ
6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 21:57:02.59 ID:WLjt2rYG
千歌「ダイヤさん!どうなってるの!?」

ダイヤ「隠す必要もないし単刀直入に言いますわ、あなたは死にました」

千歌「・・・ジョーダンだよね?」

ダイヤ「私が冗談を言うとでも?」

千歌「」

千歌「うわぁぁぁぁぁ!!!嘘だよぉぉぉぉ!!!なんでぇぇぇぇ!?」

ダイヤ「お、落ち着いてください!」
7: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 21:59:20.66 ID:WLjt2rYG
千歌「はぁ…はぁ…」

ダイヤ「落ち着きましたか?」

千歌「はい・・・」

ダイヤ「いいですか?あなたは確かに死にました。ですが生き返ることができます」

千歌「え!?生き返れるの!?」

ダイヤ「ええ、だから落ち着いて話を聴いてください」
8: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:03:25.82 ID:WLjt2rYG
ダイヤ「あなたは車に轢かれそうになった子供を庇って死んでしまいました」

千歌「あー…そういえばそうだっけ…」

ダイヤ「ですが実はその子は持っていたボールがクッションになって奇跡的に命が助かります」

千歌「・・・つまりどういうこと?」

ダイヤ「・・・こんなことを言うのはお気の毒ですがはっきり言ってあなたは無駄死にだったと言うことです」

千歌「そんなぁ~!」
9: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:08:30.81 ID:WLjt2rYG
ダイヤ「しかしあなたの死はとても意外だったことであなたの居場所は死後の世界には無いのです」

千歌「え!?私の居場所ないの!?」

ダイヤ「ええ、そこであなたには生き返るチャンスを与えようと言うことです」

千歌「やるやる!やります!このまま死にたくなんてありません!」

ダイヤ「そう言うと思っていましたわ、それでは早速あなたを生き返らせる準備をしましょう」
12: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:16:02.80 ID:WLjt2rYG
千歌「ちょっと待ってよ!さっきからずっと気になっていたんだけど」

ダイヤ「なんですか?」

千歌「あなた一体何者?」

ダイヤ「私は黒澤ダイヤですが?」

千歌「そうじゃなくってどうして私のことこんなに知ってるの?」

ダイヤ「そういえばまだ話していませんでしたね。実は黒澤ダイヤというのは仮の姿、私の正体は亡くなった人の案内人が本当の私の姿なのですわ!」

千歌「」

ダイヤ「なっ…!本当ですわ!私が冗談を言うとでも!?」
13: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:23:33.29 ID:WLjt2rYG
ダイヤ「…では本題に入ります」

千歌「はい」

ダイヤ「千歌さん、人が死んだらその人の遺体はどうしますか?」

千歌「・・・あっ!」

ダイヤ「気づきましたね?」

千歌「私焼かれちゃうの!?」

ダイヤ「ええ、ですからあなたの知り合いの誰かに遺体を焼かないように頼まなくてはいけませんわ」

千歌「ダイヤさんじゃ駄目なの?」

ダイヤ「私、この姿になるとしばらくは人間界には戻れないので」

千歌「よし、じゃあ>>15ちゃんに伝えよ!」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/03/25(日) 22:24:39.78 ID:actGo0kx
曜ちゃん
17: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:29:42.01 ID:WLjt2rYG
千歌「曜ちゃんにしよう」

ダイヤ「わかりましたわ」

千歌「ところでどうやって伝えるの?」

ダイヤ「あなたには誰かの体に乗り移っていただきますわ」

千歌「えっ!体に乗り移る!?」

ダイヤ「もちろん一時的にですが」

千歌「乗り移る…誰に?」

ダイヤ「>>18さんですわ」
18: 名無しで叶える物語(あら) 2018/03/25(日) 22:30:26.44 ID:ScbWfj69
ルビィちゃん
21: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:39:30.43 ID:WLjt2rYG
ダイヤ「ルビィに乗り移ってもらいますわ」

千歌「ルビィちゃんに?」

ダイヤ「あなたの身近な人の中で一番霊感が強いのはおそらくルビィですわ。霊感が強い人ほど長く乗り移ることができるのです」

千歌「それじゃ早速ルビィちゃんのところに!」
22: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:48:36.76 ID:WLjt2rYG
千歌「いたいた、花丸ちゃんと善子ちゃんも一緒にいるよ」

ダイヤ「千歌さん、乗り移る前に言っておきたいことが」

千歌「?」

ダイヤ「乗り移っていられる時間は1時間程度だと思ってください、それ以上はルビィの体が持たないので」

千歌「つまり1時間以内に曜ちゃんに教えないといけないってことだね」

ダイヤ「それと私はあくまで亡くなった人にしか見えないのでルビィに乗り移ればあなたは生きているというのはことになるのでしばらくは私と話せません、くれぐれも気をつけてくださいね」

ダイヤ「最後に、一度人に乗り移るとしばらくは乗り移ることはできませんわ。もしかすると次に乗り移ることができるのはあなたの遺体が焼却された後かもしれないのでくれぐれも注意してください」

千歌「わかりました!それでは行ってきます!」
23: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 22:52:31.37 ID:WLjt2rYG
ルビィ「ピギィ!?」

花丸「ルビィちゃん!?」

善子「ど、どうしたのよいきなり!?」

ルビィ「や、やった!乗り移れた!」

花丸「何言ってるずら?」

ルビィ「な、なんでもないよ!それよりも曜ちゃんって今どこにいるかわかる!?」

善子「曜さん?それなら確か今は>>25にいるはずだけど」
25: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/25(日) 22:56:45.58 ID:Jgpf4neq
部屋に引きこもり
26: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 23:02:30.19 ID:WLjt2rYG
善子「部屋に引きこもっているはずだけど」

ルビィ「部屋に?なんで?」

善子「なんでって…わかるでしょ…」

花丸「あんなことがあったんだから無理もないずら…」

ルビィ「あんなこと?」

花丸「・・・千歌ちゃんのことずら」

ルビィ(あっ、そっか…私死んじゃったんだ)

ルビィ「ありがとう2人とも!」ダッ!

花丸「行っちゃった…」

善子「なんだったのアレ…?」

花丸「さぁ?」
27: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 23:06:02.53 ID:WLjt2rYG
曜「…」

曜「千歌ちゃん…なんで…?」

曜「私を置いてどこに行っちゃったの…」

ルビィ「曜ちゃん!」

曜「ルビィちゃん…?どうしたの…?」

ルビィ「私千歌だよ!曜ちゃんわかる!?」

曜「>>30
30: 名無しで叶える物語(有限の箱庭) 2018/03/25(日) 23:11:01.68 ID:yjMvunUK
怖くておもらし
31: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 23:16:34.83 ID:WLjt2rYG
曜「…」

ルビィ「曜ちゃん…?」

曜「…う」

曜「うわぁぁぁぁぁぁ!?」

ルビィ「えっ!?どうしたの!?」

曜「だってぇぇぇぇ!!千歌ちゃんがぁぁぁぁぁ!!」

ルビィ「いやいや、落ち着いt…ん?」

ルビィ「まさか曜ちゃん・・・」

曜「」ガクガクブルブル…

ルビィ「漏らした?」
32: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 23:26:11.41 ID:WLjt2rYG
曜「ヒッグ…ヒッグ…」

ルビィ「よしよし…落ち着いた?」

曜「うん…」

ルビィ「じゃあお話できるね?」

曜「うん…」

ルビィ「私は千歌、今は訳あってルビィちゃんの体に乗り移っているけど、もしかしたら生き返れるかもしれないの」

曜「うん・・・え!?ホント!?千歌ちゃん生き返れるの!?」

ルビィ「まだわからないよ、けど可能性はあるってこと。だから私の家族に伝えて欲しいのどうか私を焼かないでって」

曜「うんうん!言うよ!言うから必ず生き返ってね千歌ちゃん!」

ルビィ「…というか曜ちゃんもしかして私のことわかるの?」

曜「当たり前だよ!何年付き合ってると思ってるの!」

ルビィ「・・・だよね、曜ちゃん!待っててね!私必ず生き返るから!」

曜「千歌ちゃん…!」
33: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 23:30:12.37 ID:WLjt2rYG
ルビィ「…あれ?なんでルビィなにやってたんだろう?」

曜「千歌ちゃん?」

ルビィ「千歌さん?曜さん、千歌さんは…」

曜「ああ、そうか、乗り移っているとか言ってたもんね…元に戻ったのか…」

ルビィ「…この匂い・・・」

曜「あっ…」

ルビィ「曜さん、なんでここ濡れてるの…?」

曜「」
34: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 23:34:40.06 ID:WLjt2rYG
ダイヤ「とりあえず曜さんに伝えることはできましたね」

千歌「結構時間ギリギリだったんだね」

ダイヤ「というか今言うのもなんですが千歌さん」

千歌「何?」

ダイヤ「わざわざ曜さんのところへ行かなくてもルビィの近くにいた花丸さんや善子さんに話せばよかったのでは?」

千歌「」

ダイヤ「でもまあ過ぎたことですし気にすることはありませんわ」
35: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/25(日) 23:39:53.76 ID:WLjt2rYG
千歌「そういえばこの後はどうするんですか?」

ダイヤ「この後はあなたに試練を受けてもらいますわ」

千歌「し、試練!?私が!?」

ダイヤ「まぁ、そんなに難しい事ではないと思いますから気を抜いてください」

千歌「それで、試練って一体…?」

ダイヤ「それは・・・」

千歌「それは・・・?」

ダイヤ「まだ決まってませんわ」

千歌「ありゃ…」

ダイヤ「ですが近いうちに決まるはずですから、それまではAqoursの皆さんの様子でもゆっくり見るといいでしょう」

千歌「・・・まぁ、何事もポジティブにいこう!それに、この姿じゃなきゃ見れないようなものも見れるかもしれないしね~」
41: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/26(月) 08:58:47.86 ID:qb2CxcOQ
千歌「とりあえず曜ちゃんは私を焼かないように説得してくれたみたい」

千歌「ダイヤさんはそろそろ人間界に戻って黒澤ダイヤとして復帰しなければならないのでしばらくの間は千歌一人で過ごさなければならないのだ」

千歌「でもみんなの意外な一面を見ることができて退屈はしていないよ。幽霊も案外悪くないかも、もちろん生き返りたいけどね」

千歌「Aqoursのみんなは数日たってすっかり元気になったよ。千歌が死んじゃったのに元気っていうのはちょっと複雑な気持ちだけどやっぱりみんなには笑っていて欲しいからこれでいいと思うな!」

千歌「ちなみに曜ちゃんは私が生き返るってことを信じているらしいけど必ずしも生き返るって保証はないからみんなに期待させないために千歌のことは黙っているよ」
42: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/26(月) 09:20:15.20 ID:qb2CxcOQ
ID変わりましたが>>1です

千歌「今日は3年生の教室に来ているのだ。ダイヤさんついこの前までは幽霊になった私と話していたのに今はこんなに近くにいても気づかないみたい」

千歌「あっ、ちょうど授業が終わったみたい」

果南「さてと、授業も終わったし部室に行こうかなん」

先生「あっ、松浦さん」

果南「?」

先生「ちょっと話があるんですが」

千歌「果南ちゃんが先生に呼び止められているのだ」
43: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/26(月) 09:38:15.89 ID:qb2CxcOQ
先生「松浦さん、前回も前々回のテストもよくない結果だったでしょう?」

果南「・・・はい」

先生「だからこのままだと松浦さんには補習を受けてもらうことになるんだけど」

果南「えっ!?補習!?」

千歌「ちょっと大変なことになってるみたい」

果南「先生!どうしても受けないといけないんですか!?」

先生「どうしてもってことじゃないけれど次のテストの結果しだいね」

先生「次のテストで70点以上取れれば補習を受けなくても良いのだけれど」

果南「・・・わかりました」
47: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/26(月) 15:20:04.24 ID:qb2CxcOQ
ダイヤ「部活に来ない?」

果南「うん、しばらくはテスト勉強しないといけないからね。顔は出せないよ。何かあったら携帯で伝えて」

ダイヤ「わかりました。では部活はしばらくの間は7人でやるということで」

果南「ありがと、それじゃ私はそろそろ行くね」

ダイヤ「果南さん、くれぐれも補習など受けないようにしてくださいね」

千歌「他のみんなも気になるけどとりあえず今は果南ちゃんの様子を見よう」
48: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/26(月) 15:21:37.17 ID:qb2CxcOQ
果南「えーと参考書参考書…」

千歌「果南ちゃん熱心に本屋で参考書探してるよ。前の果南ちゃんからは考えられないね」

果南「あっ、これがいいかな?」

果南「補習なんてたまったもんじゃないからね絶対に70点以上取らないと」

果南「それに補習で部活が出来なくなったりしたら千歌に申し訳ないしね」

千歌「果南ちゃん…」
51: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 01:02:58.89 ID:QdQQCois
果南「・・・ここはこれであっているかな?」

千歌「果南ちゃん遅くまで頑張っているなぁ」

果南「・・・眠いけどこの問題だけは終わらせておこう」

千歌「私も生き返ったら果南ちゃん見習わなきゃいけないかも」

果南「うん、バッチリだね!・・・さてと寝ようか」

千歌「お疲れ様、おやすみ果南ちゃん」

果南「おやすみ千歌」

千歌「!?」
52: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 13:19:39.22 ID:QdQQCois
果南「なーんてね、いるわけないか」

千歌「なんだ、私が見えているのかと思っちゃったよ。見えるわけないのに」

果南「なんだか千歌がすぐ近くでずっも私のことを見つめているそんな気がしちゃったよ」

千歌「・・・やっぱり見えているんじゃ?」

果南「…zzz」

千歌「寝ちゃったか…よし!ここはひとつ果南ちゃんのために!」
53: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 13:53:35.68 ID:QdQQCois
果南「・・・あれ?私寝てたはずじゃ?」

千歌「果南ちゃん!」

果南「え!?千歌!?なんでここに!?」

千歌「そんなことよりテスト勉強だよ!」

果南「えっ?あっそうか」
54: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 13:56:18.37 ID:QdQQCois
千歌「ここの問題は?」

果南「ここは何度もやったからね簡単だよ」

千歌「すごい!すごいよ!果南ちゃん!こんなに問題スラスラ解ける果南ちゃん見るの初めて!」

果南「褒められてる気がしないなぁ…」

果南「私も、千歌に勉強を見てもらえるとは思いもしなかったよ」

千歌「えへへ・・・」
55: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 14:07:39.23 ID:QdQQCois
果南「・・・ん?」

(^8^)チュンチュンチュンチュン…

果南「夢…か・・・」

果南「もう一度千歌に会えたと思っちゃったよ…」

果南「さて、用意しないと」

千歌「果南ちゃん…待ってて、必ず生き返るからね!」
56: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 14:11:23.08 ID:QdQQCois
テスト当日

先生「それでは、テストを始めてください」

ペラッ

果南「…」カキカキ…

果南「…」カキカキ…

千歌「うんうん、順調だね、果南ちゃん!」

果南「…?」

千歌「果南ちゃんの手が止まった?」

果南「ここ、どんな問題だっけ…?」

千歌「途中からわからなくなっちゃったみたい」
57: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 14:18:30.18 ID:QdQQCois
果南「・・・・・?」

千歌「まずいよ…どんどん時間がなくなっちゃうよ…」

千歌「そうだ!私が他の人のテストを見て答えを覚えて果南ちゃんに乗り移れば!」

千歌「でも…もしダイヤさんにバレたら大目玉だね・・・」

千歌「それに何よりも…」

千歌「果南ちゃんはそんなことして喜ぶかな・・・」

果南「…」

千歌「・・・やっぱり」

千歌「果南ちゃんは喜ばないよね…」

果南「…」カキカキ…

千歌「果南ちゃん!頑張って!」
58: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 23:29:42.62 ID:QdQQCois
数日後

7人「…」

曜「…来た!」

果南「みんな・・・」

ルビィ「果南さん…」

花丸「点数は…」

善子「どうだった…?」

果南「それが…」

7人「…」
59: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 23:32:58.35 ID:QdQQCois
果南「75点だったよ!」

ダイヤ「果南さん!」

鞠莉「やったじゃない!」

果南「うん…なんか変かもしれないげど千歌に応援されてる気がしたよ・・・」

果南「ありがとう千歌」

千歌「果南ちゃん!やったね!」
60: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/27(火) 23:40:32.07 ID:QdQQCois
ダイヤ「千歌さん、お知らせがありますわ」

千歌「何?」

ダイヤ「あなたが生き返るための試練が決まりましたわ」

千歌「・・・ついにこの時が来たんだね」

ダイヤ「はい、その試練の内容は>>62ですわ」
62: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/03/27(火) 23:50:01.33 ID:GRmpGORl
Aqoursメンバーの悩みを解決する
65: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 20:12:22.95 ID:i461wMLV
ダイヤ「Aqoursメンバーの悩みを解決するのですわ!」

千歌「Aqoursメンバーの悩み?」

ダイヤ「ええ、今Aqoursのメンバーは皆悩みを抱えています。千歌さんにはメンバー全員の悩みを全て解決していただきたいのです」

千歌「よくわからないけど…やるだけやってみるよ!」

ダイヤ「私、あらかじめメンバー全員の悩みを調べておきましたわ。まず誰の悩みからにしますか?」

千歌「うーん・・・最初は>>67ちゃんかな」
67: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/28(水) 20:20:00.99 ID:rDO3Im8N
梨子
68: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 20:47:10.28 ID:i461wMLV
千歌「まずは梨子ちゃんからにするのだ」

ダイヤ「梨子さんですか彼女の悩みは確か>>70のはずですが」
70: 名無しで叶える物語(庭) 2018/03/28(水) 20:50:47.79 ID:mUgPehH+
千歌ちゃんがいない今どう曜ちゃんを支えるか
71: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 21:07:23.95 ID:i461wMLV
ダイヤ「千歌さんがいない今どうやって曜さんを支えるか悩んでいるようです」

千歌「お、思ったより深刻な悩みだね・・・」

千歌「私が生き返れば解決する話だけど全員の悩みを解決しないと生き返れないからなぁ・・・というか私ってそんなに曜ちゃんを支えてたかなぁ?」

ダイヤ「まぁ自覚していなくても他人の役に立っているなんてことは珍しくありませんから」

千歌「うーん・・・ダイヤさん何か良い案はないかなぁ?」

ダイヤ「そうですね・・・一度3人で話し合ってみてはいかがですか?」

千歌「また乗り移るの?」

ダイヤ「はい、今度は>>73さんがいいかと」
73: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/28(水) 21:09:32.44 ID:aeGbIAbR
かなん
74: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 21:29:02.86 ID:i461wMLV
ダイヤ「果南さんに乗り移ってもらいますわ」

千歌「なんでこんどはルビィちゃんじゃないの?」

ダイヤ「霊感は日々成長するものなのです。前ルビィのほうが霊感が上だったわけですが今は果南さんの方が霊感が上なので、それに果南さんも十分霊感がたかいのですよ」

千歌「あぁ…そういえば果南ちゃん私が近くにいるって感じていたとか言ってた気が・・・」

千歌「まぁとにかくやれることはやってみよう」
75: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 21:40:07.98 ID:i461wMLV
ダイヤ「今は私たち2人と鞠莉さん以外は部室にいるようですね。多分鞠莉さんは理事長の仕事をしているのでしょう。果南さんは一年生と話をしていますね」

千歌「よーし、果南ちゃんちょっと体借りるよ」

果南「それで鞠莉ったr…」

ルビィ「うゅ?」

花丸「果南さん?」

善子「どしたの?」

果南「よし、曜ちゃん!梨子ちゃん!」

曜「え?曜ちゃん?」

梨子「今梨子ちゃんって…」

果南「詳しい話は後!いいから2人と話がしたいからちょっときて!」

梨子・曜「?」

一年生「…」

花丸「前にもこんな事…」

善子「あった気がする…[

ルビィ「ルビィは知らないよ?」
76: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 21:48:33.84 ID:i461wMLV
果南「2人とも聞いて、実は私果南ちゃんの体に一時的に乗り移った千歌なの!」

梨子「!?」

曜「やっぱり!前と同じ雰囲気がしたと思ったよ!」

梨子「え?え?なんの話?」

果南「あぁ、梨子ちゃんはしらないのか・・・でも今はそれより」

果南「梨子ちゃん、千歌がいなくなって曜ちゃんのことで悩んでいるそうだね」

梨子「なんでそんなことを・・・?」

果南「まぁ色々調べさせてもらってね」

曜「私のことで悩んでる?」
77: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 21:59:29.34 ID:i461wMLV
曜「なるほどー千歌ちゃんの代わりに私を支えようとねぇ」

梨子「やっぱり千歌ちゃんなんだ・・・」

果南「さっきからそう言ってるじゃん、まぁ信じられない気持ちもわかるけど」

果南「それでね梨子ちゃん私今生き返るための試練をやってるの」

梨子「生き返るための試練?」

果南「そう、その試練はAqoursメンバー全員の悩みを解決することで、今梨子ちゃんの悩みを解決しようとしてるの」

梨子「それで私の悩みを解決するために」

果南「そう、曜ちゃん私すぐには無理かもしれないけどきっと生き返るから、だからそれまで辛抱してくれる?」

曜「もちろんであります!」

果南「よかった、梨子ちゃんこれで梨子ちゃんの悩みは解決したかな?」

梨子「ええ、でもせっかくだから千歌ちゃん今果南ちゃんの体なんだしその・・・」

果南「?」

梨子「ハグ・・・してくれる?」

果南「いいよ、ハグしよ!」

梨子「千歌ちゃん・・・待ってるからね・・・」

果南「梨子ちゃん・・・」

ダイヤ「これで一つ目の悩み解決ですわね」
78: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 22:03:58.49 ID:i461wMLV
果南「あ、そうだ!どうせまだ乗り移る時間に余裕があるから曜ちゃんの悩みも聞かせてくれる?」

曜「私の悩み?」

果南「もしよかったらこのまま曜ちゃんの悩みも解決しようかと思うんだ」

梨子「いいわねそれ、私も何かできることがあるなら協力するわ」

曜「そう?じゃあ話すけど…実は私の悩みは>>80なんだ…」
80: 名無しで叶える物語(家) 2018/03/28(水) 22:06:56.28 ID:RVma5ez0
衣装のアイデア
81: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 22:27:13.05 ID:i461wMLV
曜「私は衣装のアイディアに悩んでいるだけど」

千歌「衣装のアイディア?」

曜「次の衣装は一体どんなのにするか決まってないんだよねぇ」

梨子「ルビィちゃんとは話したの?」

曜「うん、話したんだけどルビィちゃんもいいアイディアが浮かばなかったらしくて、私ルビィちゃんに『任せて!』って言っちゃったの」

曜「でも、なかなか浮かばなくってね」

千歌「うーん、衣装のアイディアかー…」
82: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/28(水) 22:44:13.54 ID:i461wMLV
果南「あっ!」

曜「千歌ちゃん?」

梨子「何か良いアイディアが浮かんだの?」

果南「いや、そうじゃなくって…もうそろそろ果南ちゃんの体から出たほうがいいと思って…」

曜「あっ、時間制限があるんだっけ?」

果南「でも、一応寝ている人の夢に出ることはできるよ何か良いアイディアが浮かんだら曜ちゃんに夢で教えてあげるからね、それじゃ!」

果南「・・・あれ?ここは?私さっきまで部室にいたはずじゃ?」

曜「千歌ちゃん…」

梨子「曜ちゃん、千歌ちゃんも気になるけどここは衣装のことを考えましょう」

果南「へ?千歌?衣装?なんの話?」
86: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/29(木) 23:38:14.44 ID:QoSBI0rq
千歌「うーん、良いアイディアが浮かばないなぁ・・・」

千歌「私たちがまだやってない感じの衣装って何があるかなぁ?」

曜「・・・」

善子「…」ニヤニヤ…

千歌「善子ちゃんさっきからスマホ見て笑ってるよ、何見てるのかな」

千歌「…何これ?」

千歌「男の人がひたすら走ってるよ…これのどこが面白いのかわからないけどなんか気になるなぁ…」
87: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/29(木) 23:44:41.66 ID:QoSBI0rq
千歌「結局気になって善子ちゃんの家まで来ちゃったよ」

善子「…」ポチポチ

千歌「また動画見るのかな?今度は家だからイヤホンつけてないけど」

カチトリタイモノモナイ ムヨクナバカニハナレナイ ソレデキミハイインダーヨ

千歌「こ、これは・・・ロック…?」

ヒリヒリトイキザマヲソノタメニシネルナニカヲ コノジダイニ タタキツケテヤレ!

千歌「これだ・・・これだよ!」
88: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/29(木) 23:50:08.40 ID:QoSBI0rq
曜「結局良いアイディアが浮かばずに一日が終わりそうだよ・・・」

曜「でも、くじけちゃダメだよね!また明日考えればいいんだし!それに千歌ちゃんは何か良いアイディアが浮かんでいるかもしれないし!」

曜「よーし!明日は良い案を出して見せるぞー!」

曜「・・・」

曜「zzz…」

千歌「曜ちゃん寝たみたいだね、よーし…」
89: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/29(木) 23:57:37.78 ID:QoSBI0rq
千歌「曜ちゃん!」

曜「ん?ち、千歌ちゃん!?なんで!?どうして!?」

千歌「お、落ち着いて曜ちゃん!言ったでしょ!夢に出ることができるって!」

曜「へ?あ、あぁそうだっけ?」

千歌「それで衣装のアイディアが浮かんだから話に来たの!」

曜「ホント?」

千歌「うん!それはねー…」
90: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 00:02:57.36 ID:4kG5FkbE
千歌「ロックだよ!」

曜「ロックって?あの音楽の?」

千歌「そう!ロックでクールなイメージの!」

曜「ロックかー…確かに今まで私たちがやったことない感じだよね!」

千歌「でもどんなデザインにするかまではさすがに思いつかなくて…」

曜「ううん!こんな案を出してくれただけでもありがたいよ!あとは曜ちゃんに任せて!」

曜「千歌ちゃんは早く他の人の悩みを解決して1日でも早く帰ってきてね!」

千歌「うん!曜ちゃん!応援してるよ!」
91: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 00:08:22.13 ID:4kG5FkbE
曜「ルビィちゃん!次の衣装はロック風でいかない?」

ルビィ「ロ、ロック?」

曜「うん!ロックな感じでクールに決めるの!」

ルビィ「うゅ…ルビィにそんなの似合うかな・・・?」

曜「大丈夫!私が保証するよ!」

ルビィ「曜さんがそう言うなら・・・頑張るビィ!」

曜「さぁ!一緒にデザイン考えよう!」

ダイヤ「どうやら梨子さんと曜さんの悩みを解決したようですわね」

千歌「順調順調!この調子で次は>>93ちゃんの悩みを解決しちゃうよ!」
93: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/30(金) 00:12:06.65 ID:1rfLGPrn
マリー
94: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 00:16:25.87 ID:4kG5FkbE
千歌「次は鞠莉ちゃんだよ!」

ダイヤ「鞠莉さんですか、確かあの人の悩みは>>96だったはずですが」
96: 名無しで叶える物語(茸) 2018/03/30(金) 00:27:16.71 ID:b3X9IfnS
ちかっちに伝えられなかったことがある
98: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 22:46:33.13 ID:4kG5FkbE
ダイヤ「千歌さんに伝えられなかったことがあるとのことです」

千歌「私に伝えられなかったこと?」

ダイヤ「ええ、ここはまた誰かに乗り移ってみるのが良さそうですね」

千歌「今度は誰がいいの?」

ダイヤ「>>100さんです」
100: みんなで叶える名無し(西日本) 2018/03/30(金) 22:51:23.59 ID:cT/THREb
ダイヤ
101: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 23:19:05.34 ID:4kG5FkbE
ダイヤ「今回は私に乗り移ってもらいますわ」

千歌「えっ!?ダイヤさんに!?なんで!?」

ダイヤ「それは後にわかりますわ、善は急げですわ」

千歌「う、うんダイヤさんがいうなら…」
102: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 23:24:22.15 ID:4kG5FkbE
ダイヤ「し、失礼します」

鞠莉「あら、ダイヤじゃない、わざわざ理事長室まで来るなんて何の用かしら?」

ダイヤ「実は私鞠莉さんに話が…」

鞠莉「話?一体何?」

ダイヤ「あの・・・信じてもらえるかわからないけど」

鞠莉「?」

ダイヤ「実は私千歌なの!」

鞠莉「!」
103: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 23:30:26.70 ID:4kG5FkbE
ダイヤ「鞠莉さんが私に伝えられなかったことがあるって聞いて、それで一時的にダイヤさんに乗りうt…」

バシーン!

ダイヤ「」ヒリヒリ

鞠莉「何それ…?ふざけているの?」

ダイヤ「ち、違うよぉ…」

鞠莉「ちかっちが亡くなったっていうのにこんなジョークを言うなんて・・・」

鞠莉「ダイヤのことみそこなっ「本物のダイヤさんならこんな時にふざけないよ!」

鞠莉「!」
104: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 23:35:30.05 ID:4kG5FkbE
ダイヤ「鞠莉さんの知ってるダイヤさんはこんな時に絶対にふざけないよ!」

鞠莉「・・・」

ダイヤ「それに仮にふざけていても口調を変えるなんてダイヤさんにはできないでしょ?」

鞠莉「・・・そうね」

鞠莉「私の知ってるダイヤは決して人が傷つくと分かりきったことは言わない筈ね」

鞠莉「あなた本当にちかっちなのね」

ダイヤ「鞠莉さん・・・」

鞠莉「さっきはいきなりぶってごめんなさい千歌」

ダイヤ「いや、わかってもらえればいいんだよ(ホントはかなり痛かったよ、まだヒリヒリするよ)」
105: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 23:38:14.21 ID:4kG5FkbE
ダイヤ「それはさておき鞠莉さんは私に伝えたいことがあるって聞いたけど?」

鞠莉「・・・そんなことを知っているなんて、やっぱりちかっちなのね」

鞠莉「私がちかっちに伝えたかったこと、それは>>106よ」
106: 名無しで叶える物語(関西地方) 2018/03/30(金) 23:38:37.72 ID:yOAilF5i
ちかっちの大好きな梨子と付き合うことになった
110: 名無しで叶える物語(笑) 2018/03/30(金) 23:55:30.11 ID:4kG5FkbE
鞠莉「実は梨子と付き合うことになって…」

ダイヤ「えっ!?」

鞠莉「ちかっちは前から梨子とは仲が良さそうだったから一応言っておこうと思ったんだけどなかなか言い出せなくて・・・」

ダイヤ「・・・そうだったんだね」

鞠莉「・・・」

ダイヤ「梨子ちゃんはとってもいい子だから羨ましいよ・・・」

ダイヤ「鞠莉さん!梨子ちゃんによろしくね!それじゃ!」 ダッ!

鞠莉「あっ!ちかっち!」

ダイヤ「…」

ダイヤ「どうやら時間のようですわね」

ダイヤ「…なぜ頬に痛みを感じるのでしょうか?」
116: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 10:24:32.77 ID:OIpUiLn1
鞠莉「・・・」

鞠莉「ごめんね千歌・・・」

鞠莉「実は驚かされた仕返しの冗談だったんだけどあそこまで気にするとは思わなかったわ」

鞠莉「最も理由はそれだけじゃなく本当にちかっちなのか確かめる為でもあったんだけど」

鞠莉「本当のことを言う間もなく出て行っちゃって…本当にショックだったのね」

鞠莉「もしまた会うことができたら嘘だって伝えるわ」

鞠莉「そして本当に伝えたかったことも・・・」
117: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 10:29:00.22 ID:OIpUiLn1
ダイヤ「なるほど、そんなことがあったんですね」

千歌「うん、でももう気にしないで、わたしには落ち込んでいる暇なんて無いよ」

ダイヤ(鞠莉さんからそんな話聞いたことありませんし多分嘘だと思いますが・・・)

千歌「残るは一年生だけだね、ここは>>119ちゃんにしよう」
119: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/01(日) 11:05:28.88 ID:BvqwI2LC
⌒°( ・ω・)°⌒
120: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 11:41:04.28 ID:OIpUiLn1
千歌「次はルビィちゃんにするよ」

ダイヤ「ルビィですか、ルビィの悩みは>>122ですわ」
122: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/01(日) 11:56:10.81 ID:k4Eh56Jn
善子ともっと仲良くなりたい
125: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 12:19:55.34 ID:OIpUiLn1
ダイヤ「善子さんと仲良くなりたいそうです」

千歌「善子ちゃんと仲良く?」

ダイヤ「どうやらルビィは花丸さんと仲が良く、花丸さんも善子さんと仲が良いのに自分と善子さんは前述した2組に比べるとそこまで仲が良いのではないと思っているようです」

千歌「うーん…とりあえず夢でアドバイスでもしてみようかな」
126: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 12:29:08.99 ID:OIpUiLn1
黒澤家

ルビィ「…zzz」

千歌「よく寝てるねルビィちゃん、よーし」

ルビィ「千歌さん・・・」

千歌「!?」

ルビィ「…zzz」

千歌「ね、寝言かぁ・・・今度こそ!」

_____

ルビィ「…うゅ?」

千歌「ルビィちゃん!」

ルビィ「ピギッ!?千歌さん!?」

千歌「ルビィちゃん、驚かないで!これは夢だよ!」

ルビィ「あっ、ゆ、夢?」

千歌「そうそう、だから話をきいてくれる?」
127: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 12:41:28.48 ID:OIpUiLn1
千歌「ルビィちゃん善子ちゃんと仲良くなりたいみたいだね」

ルビィ「うん、でもどうすればいいのか思いつかなくて」

千歌「うーん、わたしも善子ちゃんのことにそこまで詳しいわけじゃないけど、とりあえず遊びに行ってみたり遊びに来てもらったりいっしょにお出掛けしてみるのはどうかな?」

ルビィ「うん、やってみるよ」

千歌「それと適度にヨハネちゃんって呼ぶのもいいかもね」ニヤニヤ

ルビィ「ヨハネちゃん…ふふっ」ニヤニヤ
128: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 12:49:36.42 ID:OIpUiLn1
翌日

ルビィ「あ、あの善子ちゃん!」

善子「ヨハネよ!で、何?」

ルビィ「今日暇?」

善子「ま、まぁ特に予定はないけど?」

ルビィ「それならこの後遊びに行ってもいいかな?」

善子「別にいいけど?あ、それならずら丸も…」

花丸「おらは今日は図書委員の仕事があるずら、だから2人で遊ぶといいずら」

善子「そう?じゃ、行くわよルビィ」

ルビィ「うん!」

花丸「…」

花丸「ルビィちゃん、頑張ってね」
129: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 12:58:55.32 ID:OIpUiLn1
善子「ようこそ、堕天使の城へ…」

ルビィ「お邪魔しまーす」

善子「ところで、ルビィは何がしたい?」

ルビィ「善子ちゃんがしたいことでいいよ」

善子「そう?じゃあこれでいいかしら?」

ルビィ「ぎるてぃ…ぎあ?」
130: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 13:01:27.37 ID:OIpUiLn1
ヴォルカニックヴァイパー!

ルビィ「ピギィィィィ!!!」

善子「ご、ごめんなさいルビィにこのゲームは不向きだったようね…」

善子「スマブラかポケモンでもやりましょう…」
131: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 13:09:41.76 ID:OIpUiLn1
オレハマダイキテイルゾ

オーウィナイーズ ブラックピッ!

ルビィ「善子ちゃん強いよー」

善子「仕方ないわね、別のキャラで手加減するわ」

フハハハハハハ

オーウィナイーズ ガノンドーフ

ルビィ「うゅ…善子ちゃんには敵わないよ」

善子「・・・そうだ!チーム戦やりましょ、チーム戦!」

善子「わたしが前線に出るから援護頼むわよ!」

ルビィ「うん!」
132: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 13:19:17.24 ID:OIpUiLn1
オーウィナイーズ レッチーム

ルビィ「やっぱり善子ちゃんは強いなぁ」

善子「ルビィの援護があったからよ」

ルビィ「ルビィ今度はポケモンバトルしたいけどいいかな?」

善子「いいわよ!ヨハネの悪タイプ軍団にかてるかしら?」

千歌「2人とも楽しそうで何よりだよ」
133: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 13:26:13.51 ID:OIpUiLn1
ルビィ「今日は楽しかったよ」

善子「それにしてもなんでいきなり遊びたいなんて言ったのいつもなら花丸に声かけそうだけど?」

ルビィ「あのね、ルビィ前から善子ちゃんと仲良くなりたいなって、思ってたの」

ルビィ「でもなかなか言い出せなくて…でも昨日夢に千歌さんが出て来たんだ」

善子「千歌が?」

ルビィ「うん、それで色々アドバイスをもらって…それで今日遊びに行ってもいいかなって…」

ルビィ「でもね、もしも千歌さんがいたらきっと夢でアドバイスをくれたみたいに現実でもそうしてくれたと思うんだ」

善子「ふぅん…色々あったのね」

ルビィ「ところで今度の休みに一緒にお出掛けできるかな?」

善子「もちろんいいわよ!リトルデーモン4号!」

ルビィ「ありがとう!それじゃまた明日!ヨハネちゃん!」

ヨハネ「ヨハネ…」

ヨハネ「くぅ~っ!やっぱりいい響きだわ!ヨハネって!」
134: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 13:28:03.06 ID:OIpUiLn1
千歌「これでルビィちゃんの悩みも解決だね!」

ダイヤ「残るは善子さんと花丸さんですね」

千歌「ここは>>136ちゃんにするよ!」
136: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/04/01(日) 13:39:14.29 ID:MynkxU/L
まる
138: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 21:26:36.72 ID:OIpUiLn1
千歌「次は花丸ちゃんにするのだ」

ダイヤ「花丸さんの悩みは>>140だそうです」
140: 名無しで叶える物語(茸) 2018/04/01(日) 21:40:48.28 ID:f5q6NEXG
千歌さんが梨子さんに想いを告げないまま死んでしまったこと・・・
142: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 22:12:23.73 ID:OIpUiLn1
ダイヤ「千歌さんが梨子さんに想いを告げないまま亡くなってしまったことだそうです」

千歌「へ?何それ?花丸ちゃんの悩みじゃないんじゃ・・・?」

ダイヤ「いえ、確かに花丸さんの悩みのはずですが…」

千歌「なんか変な感じがするけど・・・ここはまた誰かに乗り移っ…」

ダイヤ「いえ、今回も花丸さんを夢で説得しましょう」

千歌「へ?なんで?乗り移るんじゃ駄目なの?」

ダイヤ「・・・後にわかりますわ」
143: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 22:37:00.72 ID:OIpUiLn1


花丸「…zzz」

千歌「花丸ちゃん!」

花丸「…あれぇ!?千歌さん!?なんで!?」

千歌「落ち着いて!これは夢だよ!」

花丸「あっ、夢かずら」

千歌「状況の理解が早いなぁ…まぁそっちの方がいいんだけど」
145: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 23:44:53.38 ID:OIpUiLn1
千歌「花丸ちゃん、私が梨子ちゃんに想いを伝えられなかったことで悩んでいるらしいね」

花丸「えっ!なんでそんなことを!?」

千歌「だってこれ、夢だから」

花丸「あぁ、確かにそうずらね」

千歌「花丸ちゃんは優しいね。私のことで悩んでくれるなんて」

花丸「そんな…マルはただ…」

千歌「でもね花丸ちゃん、それって本当に花丸ちゃんが悩むべきことかな?」

花丸「ずら?」

千歌「それって花丸ちゃんじゃなくて私のことだよね?それなら花丸ちゃんが気にする必要はないよ」

花丸「千歌さん・・・」

千歌「これでも先輩なんだから!後輩に心配かけられないよ!だから花丸ちゃん!気にしないで!」

花丸「千歌さん…!」
146: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/01(日) 23:51:43.37 ID:OIpUiLn1
花丸「…ハッ!?」

(・8・)チュンチュン…

花丸「夢かずら…」

花丸「でも…」

花丸「確かに千歌さんなら後輩に心配してほしくないと思っていそうずら」

花丸「おらひょっとして余計なことで悩んでいたのかもしれないずら」

花丸「今日からは難しいことで悩むのはやめるずら!」

千歌「よかったー…夢だけだから不安だったけどなんとかなったみたい」

ダイヤ「これで残るは善子さんのみとなりましたね」

千歌「それで、善子ちゃんの悩みは?」

ダイヤ「>>148です」
148: 名無しで叶える物語(庭) 2018/04/01(日) 23:56:27.44 ID:lyB0Cd1L
親が勝手にニコ生やってた
154: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:23:39.40 ID:JQg+akA7
ダイヤ「母親が勝手にニコ生というものをやっていたそうです」

千歌「えっ!?ニコ生!?」

ダイヤ「私インターネットはあまり使わないのでわからないのですが…」

千歌(そりゃ悩むよね…)

千歌「一応夢で話し合いをしてみようかなぁ…」

_____

千歌「善子ちゃん!」

善子「千歌!?幽霊!?」

千歌「夢だよ!」

善子「夢?夢なの?」

千歌「そうだよ!善子ちゃんの悩みを解決するために来たんだよ!」
155: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:30:23.59 ID:JQg+akA7
千歌「善子ちゃん、お母さんがニコ生やってるのが悩みらしいね」

善子「なっ、なんで知ってるのよ!」

千歌「落ち着いて!私は善子ちゃんの悩みを解決しようとしているんだよ!」

善子「そ、そうね…気を取り乱してすいません」

千歌「それでニコ生なんだけど…いっそのことお母さんと一緒に配信すれば?」

善子「え?」

千歌「いっそのこと親子2人でやってみればって話だよ!善子ちゃんのお母さん若いし結構人気でるかもしれないよ?」

善子「それ!いいアイディアね!」

千歌「でしょー?」
156: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:34:29.49 ID:JQg+akA7
善子「なんていうとでも思った?」

千歌「?」

善子「冗談じゃないわよ!あなたにはわからないの!?私がどれだけ恥ずかしいか!」

千歌「そんなぁ~」
157: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:39:15.55 ID:JQg+akA7
ダイヤ「どうやら失敗に終わったようですね…」

千歌「…だよ」

ダイヤ「?」

千歌「まだだよ!まだ終わらないよ!」

千歌「こうなったら毎晩夢に出てやるよ!」

ダイヤ「えぇ…」
158: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:43:36.60 ID:JQg+akA7
千歌「善子ちゃん!」

善子「千歌!?幽霊!?」

千歌「いや、同じリアクションとらなくていいから」

善子「あっ、そうね」

千歌「ねぇ善子ちゃん、お母さんと一緒にニコ生やってみる気は無い?」

善子「またその話!?嫌だって言ったでしょ!」

千歌「そんなこと言わずにさぁ」

善子「嫌!」
159: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:48:24.90 ID:JQg+akA7
次の日の夜

千歌「善子ちゃん!3度目の正直!お母さんと一緒にやってみて!」

善子「それ以外話すことないの!?何度来たって答えは変わらないわよ!」

次の日の(ry

千歌「善子ちゃん!お母s…」

善子「くどい!」

次の(ry

千歌「」

善子「嫌よ!」

千歌「まだ何も言ってないよ!?」

善子「どうせ親子でニコ生に出ろって言うんでしょ!」

千歌「すごい!エスパー?」

善子「誰でもわかるわよ!」
160: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:54:02.94 ID:JQg+akA7
次(ry

千歌「頼むよーヨハネちゃーん」

善子「わかったわよ…」

千歌「!」

善子「そこまで言うなら一緒に出てやるわよ!毎日毎日悪夢みたいに出て来られるんじゃゆっくり寝ることもできないわ!」

善子「自己紹介でいじめられるんじゃ無いかって不安だったあの日を思い出すけどね!もしママと一緒に配信になんか出たらそれこそクラスの笑い者になること間違いなしよ!」

善子「こんな惨めな思いをするなら最初からニコ生なんかするんじゃなかったわ!もうこうなったら煮るなり焼くなり好きにしなさい!」

千歌「善子ちゃん…」
161: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 10:58:08.44 ID:JQg+akA7
梨子「よっちゃん!」

曜「お母さんと一緒にニコ生に出たんだって!?」

果南「評判どうだったの!?」

鞠莉「クラスメイトから何か言われてた!?」

善子「それが・・・」

4人「・・・・・・」
162: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/03(火) 11:04:02.86 ID:JQg+akA7
善子「やってみたら意外とウケがよかったわ」

梨子「本当に?」

花丸「本当ずら!」

ルビィ「善子ちゃん、クラスでもみんなから声かけられて大人気だったよ!」

鞠莉「よかったじゃない善子!」

善子「当然よ!それとヨハネ」

善子「こうなったのも千歌のおかげよ!」

善子「でも…」

善子(毎晩夢に出て来たから感じなかったけど千歌ってもういないのよね・・・)

善子「千歌・・・」
169: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 20:39:27.56 ID:uIdqj7Ex
千歌「ついに全員の悩みを解決したよー!」

ダイヤ「お疲れ様でした、千歌さん」

千歌「ここまでかなり長かったけどこれで私は生き返れるんだよね!」

ダイヤ「ええ、それでは生き返る最後の準備をします」

千歌「最後の準備?」

ダイヤ「これからあなたの肉体に生命エネルギーを送ります」

ダイヤ「そのあとエネルギーが少しずつ身体中に広がります」

ダイヤ「そして最後に生きている人間からあることをしてもらいます」
170: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 20:42:36.70 ID:uIdqj7Ex
千歌「あること?それって何?」

ダイヤ「それは・・・」

千歌「・・・・」

ダイヤ「キス…です…」

千歌「!?」

ダイヤ「口移しで生きている人間の生命を少し分けてもらうのです…」

千歌「は、恥ずかしいなぁ・・・」

ダイヤ「ですが生き返るために必要なことなので…」

千歌「はい…わかりました…」
171: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 20:49:50.42 ID:uIdqj7Ex
ダイヤ「私と千歌さんを除いた7人に夢でキスをするように伝えましたわ」

千歌「でも、信じてくれるかなぁ…」

ダイヤ「それ以前に問題もあるんです…」

千歌「何?それ?」

ダイヤ「今日を逃すと次にあなたが生き返るチャンスは50年後になります」

千歌「50年!?もうお婆さんじゃん!」

ダイヤ「それに身体中にエネルギーが渡ってからでないと意味がないのです」

千歌「それじゃそれ以前にキスされても」

ダイヤ「意味はありません」

千歌「それ、ちゃんと全員に伝えたの?」

ダイヤ「一応伝えたつもりですが夢のことなのでそこまで詳しく伝わっていない可能性も…」

千歌「…」
172: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 20:54:48.40 ID:uIdqj7Ex
ダイヤ「私は学校へ様子を見に行きますが千歌さんはキスしてもらった時にすぐ生き返れるように千歌さんの肉体の近くにいてくださいね」

千歌「うん…」

千歌「ねぇダイヤさん…」

ダイヤ「なんでしょうか?」

千歌「もし誰もこなかったらどうしよう…」

ダイヤ「…」

ダイヤ「…悪いことを考えるのはやめましょう」

ダイヤ「皆さん千歌さんには生き返って欲しいと思っているはずですからきっと誰かは来てくれますよ」

千歌「…」
173: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 20:58:39.42 ID:uIdqj7Ex
千歌「…」

千歌「もし来なかったら50年後か…」

千歌「50年も経ったらみんな忘れちゃうよね…」

千歌「もし来なかったらどうしよう…」

千歌「…」
174: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 21:03:17.57 ID:uIdqj7Ex
千歌「…ハッ!?」

千歌「ついボーッとしてたよ!今何時!?」

19:00

千歌「嘘…もうこんな時間…!?」

千歌「もう、ダメなのかな…」

ダイヤ「千歌さん!落ち着いてください!」

千歌「ダイヤさん!?落ち着いてられないよ!」

ダイヤ「あなた、生き返っていますよ」

千歌「・・・・!?」
176: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 21:06:50.38 ID:uIdqj7Ex
千歌「え!?本当!?」

ダイヤ「ええ、あなたはずっと寝てましたので気付いていなかったのでしょう」

ダイヤ「ですがこの方があなたを生き返らせてくれましたわ」

ダイヤ「千歌さんが目を覚ましたのでもうはいってきていいですよ」

???「千歌(ちゃん)…」

千歌「>>177ちゃん!」
177: 名無しで叶える物語(家) 2018/04/05(木) 21:07:30.41 ID:fTrFMo/k
179: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/05(木) 22:30:33.06 ID:uIdqj7Ex
曜「千歌ちゃん!」

千歌「曜ちゃん!曜ちゃんがキスしてくれたの?」

曜「その…うん…」カァァ…

千歌「ありがとう…ありがとう曜ちゃん!」

曜「私はずっと千歌ちゃんが生き返るって信じていたよ!」

千歌「曜ちゃん…」

曜「千歌ちゃん…」

ダイヤ「よかったですね、千歌さん」
184: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/06(金) 07:20:01.24 ID:XNSS/GQ/
花丸「ダイヤさんに朝早く来るように言われたけど…」

鞠莉「朝早くにどうしたのかしら?」

善子「うぅ…朝の練習でさえ早いのに…堕天使にこの時間は早すぎるわ…zzz」

ルビィ「善子ちゃん!寝ちゃダメだよ!」

果南「私ならこの時間はもう起きてるけどね」

ダイヤ・曜「…」

梨子「あっ!ダイヤさん、曜ちゃん」

曜「みんな集まっているね…」

ダイヤ「では、出てきてください…
185: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/06(金) 07:25:38.43 ID:XNSS/GQ/
千歌「…」

ルビィ「…!?」

鞠莉「嘘…!?」

花丸「これは…!?」

善子「夢じゃないわよね…!?」

果南「現実だよね…!?」

梨子「千歌ちゃん…!?」
186: 名無しで叶える物語(庭) 2018/04/06(金) 07:32:36.26 ID:jgJC8CG1
千歌「みんな…」

千歌「ただいま!」

ちょっと前まで幽霊だったなんて信じられないよ

7人「…」

だってみんなが私を見つめていて

7人「おかえりなさい!千歌(ちゃん)!」

みんなが私に声を掛けているんだもの!!!

終わり

随分と時間かかってしまって申し訳ありません
本当はもっと早く終わらせるつもりでした
読んでくれた方ありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「あれ?ここはどこ?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。