真姫「サッポロ一番?イミワカンナイ」

シェアする

真姫-アイキャッチ16
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:23:37.34 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「は~い。真姫ちゃ~ん。待ってたよ~」

真姫「今日は一体なんなのよ?」

穂乃果「なんだと思う?」

絵里「はい!」

穂乃果「はい!絵里ちゃん!」

絵里「前はカップ焼きそばでと卵かけご飯だったから。今回は炒飯とか?希から聞いたけど冷凍チャーハンって美味しいんでしょ?」

前作 真姫「卵かけご飯」
https://ex14.vip2ch.com/i/read/news4ssnip/1512130731/

穂乃果「あっ!ある意味惜しい!」

絵里「え?本当?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1522931017

※ タイトルがクリック出来るものは当サイト内記事へのリンクです(管理人)

元スレ: 真姫「サッポロ一番?イミワカンナイ」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:28:14.16 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「今回、穂乃果が真姫ちゃんに食べさせたい物は…」

真姫「食べさせたいものは?」

穂乃果「サッポロ一番です」

絵里「ハラショー」

真姫「え?なんて?」

穂乃果「だから、サッポロ一番だって」

真姫「何?サッポロが一番?イミワカンナイんだけど…」

穂乃果「違うよ。サッポロ一番だよ。インスタントラーメンだよ」

真姫「インスタントラーメン?」

絵里「真姫はインスタントラーメンを知らないの?」

真姫「いや、知ってるわよ。そこまで浮世離れしてないから」

穂乃果「でも、食べた事ないでしょ?」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:36:34.11 ID:VKQrC3qh0
真姫「バカにしないで。ラーメンくらい食べた事あるわよ。一昨日だって凛と花陽と三人で凛の行きつけのラーメン屋さんに行ったんだから」

穂乃果「ふっふっふっ…」

真姫「な、何よ?」

穂乃果「真姫ちゃんが食べた事あるのはラーメンでしょ?これは違うから。サッポロ一番だから」

真姫「は?だから、ラーメンなんでしょ?さっき自分で言ったじゃない」

穂乃果「違うんだよ。これはサッポロ一番なんだよ。絵里ちゃんは?」

絵里「サッポロ一番は食べた事ないわ」

穂乃果「でしょ?」

真姫「いや、私もサッポロ一番は食べた事ないわよ?でも、ラーメン自体は食べた事あるから…」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:40:59.81 ID:VKQrC3qh0
絵里「分かった!」

真姫「へ?」

穂乃果「分かった?」

絵里「ええ。これはあくまでもサッポロ一番!インスタントラーメンなのね!インスタントラーメンとラーメンは別物。そういう事でしょ?」

穂乃果「その通り!絵里ちゃん賢い」

絵里「うふふ。でもね、カップラーメンなら食べた事あるんだけど…それも別物?」

穂乃果「別物だよ。ラーメンとカップラーメンとインスタントラーメンは別物。似て非なる物だよ」

絵里「難しいのね」

穂乃果「だろうね。という事で今日はサッポロ一番を食べて貰います。食べて貰うのが一番だから!」

真姫「はあ…。結局そうなるのね」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:45:06.98 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「さて…実物はこれなんだけど」

真姫「これがインスタントラーメン…」

絵里「袋に入ってるのね」

穂乃果「うん。って言うか絵里ちゃんって亜里沙ちゃんと二人で暮らしてるんだよね?」

絵里「ええ。そうよ」

穂乃果「食べる機会ないの?」

絵里「う~ん。ないかなぁ。それなりに料理できるから」

穂乃果「そうなんだ。まあ、ハンバーガーすら初めてだったしね」

真姫「それで?どうすればいいの?袋から出すんでしょ?」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:53:20.10 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「うん。袋から出すの」

バリッ

真姫「ヴェェ。何これ?麺?」

穂乃果「うん。そう。これをどうすると思う?」

真姫「え?お湯を掛けて三分じゃないの?」

穂乃果「それはカップラーメンだよ」

真姫「え?違うの?」

穂乃果「うん。先ずはお湯を適量沸かします」

絵里「適量?適量って?」

穂乃果「そこは感覚だよ」

真姫「そんないい加減でいいの?」

穂乃果「いいの。いいの。プロだから」

絵里「へ~そうなのね」

真姫「そんな訳ないじゃない」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:56:17.52 ID:VKQrC3qh0
ぐつぐつ

絵里「穂乃果?お湯が沸騰しそうだけど…」

穂乃果「じゃあ、麺入れちゃおう」

真姫「ほんと、適当ね」

穂乃果「えいっ!」

絵里「これで麺をほぐすのね?」

穂乃果「そう。伸びないように気をつけてね?」

真姫「何分とか決まってないの?」

穂乃果「う~ん…どうだっけ?これも感覚だよ」

真姫「本当に大丈夫かしら…」

穂乃果「大丈夫、大丈夫」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:09:11.84 ID:VKQrC3qh0
真姫「ほぐれて来たけど?完成?」

穂乃果「そんな訳ないでしょ!」

真姫「そんな事言われたって知らないわよ」

穂乃果「よく考えて?これじゃあ、お湯に麺を入れて茹でだけじゃん」

真姫「確かに…じゃあ」

絵里「ねえ?袋の中に粉末スープって書いてある袋が…これを入れるの?」

穂乃果「そう!絵里ちゃん鋭い!流石!」

絵里「いやぁ」

真姫「ふん。何よ…絵里ばっかり…」

穂乃果「あっ、違う。ごめん。嘘、嘘。あのね、食べた事ないんだし仕方ないよ。ね?」

真姫「ふん。知らない」

穂乃果「あちゃ~。絵里ちょん…」

絵里「真姫?一緒に作りましょ?真姫が一緒じゃなきゃ…やよ」

穂乃果「そうそう。真姫ちゃんと一緒に食べたいんだよ。穂乃果が好きな食べ物を真姫ちゃんと一緒に食べたくて企画してるんだから。ね?」

真姫「…仕方ないわね。そこまで言うなら」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:15:56.62 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「良かった。じゃあ、粉末スープ入れます」

真姫「ねえ?このスパイスって言うのはいいの?」

穂乃果「おっと!それそれ。忘れがちなんだよね。よくぞ気付いてくれたね。流石!」

真姫「ま、まあね。んふっ」

穂乃果「さあ、スープも馴染んで来たしそろそろ完成かな」

真姫「あっ!?」

穂乃果「何?」

真姫「これ、袋の裏に作り方書いてあるわよ?分量とかも…水は500mlって。穂乃果適当だったわよね?」

穂乃果「あ~、だから。慣れてるから平気なんだよ」

真姫「本当?」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:21:48.77 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「本当だよ。さっ、最後の仕上げは」

真姫「え?これで終わりじゃないの?袋にはもう…」

穂乃果「教科書通りじゃ本当に美味しいラーメンは食べらないの」

真姫「え?」

穂乃果「じゃじゃ~ん。卵だよ!」

絵里「ハラショー!卵かけご飯の時と言い穂乃果は卵が好きなのね」

穂乃果「まあね。何にでも合うしね。この卵をね」

パカッ

真姫「え?鍋に入れちゃうの?」

穂乃果「そう。生卵を掛けて食べる人もいればゆで卵にして食べる人もいる。半熟卵も美味しいと思うけど。穂乃果は卵とじにします」

絵里「卵とじ!その手があったのね!」

穂乃果「そう。これはインスタントラーメンならではだよ!」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:26:03.40 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「さっ、後は器に移して完成!」

真姫「え?ちょっと待って?具は?」

穂乃果「具?いる?」

真姫「いや、だってラーメンなんでしょ?チャーシューとかシナチクとか…」

穂乃果「いや~いらないんじゃない?これで十分美味しいからさ」

真姫「でも」

絵里「今日は穂乃果の流儀に従いましょう?ね?」

真姫「分かったわよ」

穂乃果「それじゃあ…」

頂きます
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:31:07.78 ID:VKQrC3qh0
ズルズル~

穂乃果「ん~んまい!これこれ。これだよ~」

チュルチュル

絵里「ん…んんっ!?は、ハラショー。美味しい!正直インスタントラーメンなんてたかが知れてるって思ってたけど。舐めてたわ」

穂乃果「いや、そんな事思ってたの?」

絵里「ねえ、真姫?美味しいわよ?食べてみてよ」

真姫「じ、じゃあ頂きます」

ちゅる~

真姫「……」

穂乃果「どう?」

真姫「美味しい…」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:36:41.69 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「でしょ?」

真姫「うん」

穂乃果「えへへ~。良かった~。そのセリフを待ってたんだよ」

海未「なるほど」

穂乃果「へ?」

海未「こんな時間にインスタントラーメンを食べて。何をやっているのですか?」

凛「そ、そうだよ…」

希「ウチ等が海未ちゃんにしごかれている時に…そんな美味しそうな食べ物を…」

凛「ずるいにゃ~」

絵里「な、何をしてたの?」

海未「特訓です」

凛「違うよ。特訓なんかじゃないよ。訓練だよ。訓練!」

穂乃果「凛ちゃんと希ちゃんがこんなになる特訓って…」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:41:10.29 ID:VKQrC3qh0
海未「どうやら…穂乃果にも必要みたいですが?」

穂乃果「いらない、いらない」

海未「本当に…体重管理出来ていますか?」

穂乃果「えっと…」

真姫「海未…違うの」

海未「真姫?」

真姫「穂乃果は…穂乃果は私の為にインスタントラーメンを作ってくれたのよ」

海未「そうなんですか?」

穂乃果「え?ま、まあ。真姫ちゃんに美味しいインスタントラーメンを食べさせたくて」

海未「そうですか。分かりました。そういう事であれば」

穂乃果「え?」

海未「今週の土曜日。練習が終わって後集まってください」

穂乃果「へ?なんで?」

海未「いいから」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:44:59.55 ID:VKQrC3qh0
~土曜日~

穂乃果「あの~海未ちゃん?穂乃果達はどうしてこの時間に屋上にいくの?」

絵里「わざわざ理事長の許可まで貰って…」

にこ「にこ…疲れたから帰りたいんだけど」

凛「凛もお腹空いたにゃ~」

花陽「そ、そうだね」

ことり「それに海未ちゃんのその荷物…」

海未「さてと…」

希「あっ!なるほど。ウチ分かった」

真姫「え?」

希「海未ちゃんもなかなか粋な事するやん」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:48:33.29 ID:VKQrC3qh0
ガサガサ

海未「…」

穂乃果「え?小型のガスコンロ?」

カチッ

絵里「何をする気なの?」

凛「あっ!凛も分かったにゃ!」

海未「ふふっ」

ガサガサ

穂乃果「あっ!サッポロ一番だ!」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:52:45.13 ID:VKQrC3qh0
ズルズル~

凛「美味しいにゃ~」

花陽「うん。それにしても綺麗だね~」

海未「冬は空気が澄んでいますからね。東京の夜空でもこんなに綺麗に星が見えます」

絵里「ふふっ。学校の屋上で星を見ながら皆んなでラーメンを食べる。なんだかロマンチックね」

希「そうやなぁ。ウチ、μ’sで良かったわぁ」

にこ「まっ、たまにはこう言うのも良いわね。けど寒~」

ことり「はい。にこちゃん。コーヒーも持ってきたよ」

に「あっ、ありがとう」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 22:59:41.83 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「どう?真姫ちゃん?」

真姫「そうね。いいわね。こう言うのも。でも、意外。海未がこう言うのを言い出すなんて」

海未「そうですか?」

真姫「海未だってインスタントラーメンなんて食べそうにないのに」

海未「そんな事ないですよ。私だって本当はこう言った食べ物も好きなんです」

穂乃果「え~そうなんだ?穂乃果には普段厳しい癖に」

海未「それは穂乃果が食べ過ぎるからでしょう」

穂乃果「まあ…」

海未「それに肝心なのはどこで食べるか。誰と食べるかですよね」

穂乃果「そうだね。それが一番肝心かも」

穂乃果「うふっ。ねえ、真姫ちゃん?改めて聞くけどサッポロ一番…どう?」

真姫「そうね。今が一番幸せ」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 23:00:12.19 ID:VKQrC3qh0

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
真姫「サッポロ一番?イミワカンナイ」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『真姫「サッポロ一番?イミワカンナイ」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。