穂乃果「スクールアイドル野球大会?」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 19:38:19.66 ID:HkbNK3zT
花陽「そうなんです!昨今のアイドルは歌って踊れるだけではもう古いと言う事で新たに開催される大会なんです!既に参加を表明しているA-RISEを始め沢山のスクールアイドルが参戦すると予想されています」

にこ「なんでアイドルが野球なんかやらなきゃいけないのよ…」

凛「凛は体動かすの大好きだから大歓迎にゃー!」

真姫「私はあまり気乗りしないわね、それよりもっとやるべき事があるんじゃない?」

絵里「でもA-RISEが出るって言うなら私達も出ない訳にはいかないわね…穂乃果、どうしたい?」

元スレ: 穂乃果「スクールアイドル野球大会?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 19:42:31.30 ID:HkbNK3zT
穂乃果「出たい!またA-RISEと戦えるなんて願っても無いチャンスだよ!」

ことり「でもことり野球なんてしたことないよぉ~」

海未「それではこれから大会まで猛特訓ですねやるからには勝ちに行きますよ!」
3: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 19:48:52.84 ID:HkbNK3zT
~そして大会当日~
穂乃果「こんな大っきい所で野球するんだね~」

花陽「なんだか緊張してきました…」

希「花陽ちゃん緊張しなくても平気やでカードもそう言ってるわ」

ツバサ「やっぱりあなたたちも出場するのね」

穂乃果「はい!ツバサさん達には絶対に負けません!」

英玲奈「ふっしかし我々も優勝するつもりで来ている。そう簡単に勝利を譲るつもりはない」

あんじゅ「という事で試合で当たったらお手柔らかにね決勝で会いましょう?」
4: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 19:54:21.68 ID:HkbNK3zT
凛「行っちゃったにゃ…」

絵里「A-RISE…やっぱり今大会で一番の優勝候補ね」

真姫「そんな先の事見ててもしょうがないわ今は一回戦の事でしょ」

にこ「そうね…なんて言ったって全国から選りすぐりのスクールアイドルが集まってるんだもの一筋縄ではいかない相手ばかりの筈よ…」
6: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:01:20.79 ID:HkbNK3zT
~なんだかんだあって決勝~
穂乃果「ついに決勝まで辿り着いたよ!」

ことり「え?ことりたちまだ一試合もやってないような…」

希「気にしたらアカンカードもそう言っとる…」

海未「全く強敵揃いでしたね…しかし負けていった強敵(とも)たちの為にも私達は優勝せねばなりません!」

ことり「もうやった体で進めていくんだね…」
7: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:12:02.69 ID:HkbNK3zT
ツバサ「やっぱり決勝はあなた達なのね」

英玲奈「良い試合にしよう」

あんじゅ「よろしくね」

穂乃果「こちらこそよろしくお願いします!絶対に負けません!」

凛「あっ決勝のオーダーが出るにゃ!」
μ's
1番センター星空
2番セカンド矢澤
3番サード園田
4番ショート綾瀬
5番ピッチャー高坂
6番キャッチャー東條
7番ファースト西木野
8番ライト小泉
9番レフト南
UTX
1番ライトモブA
2番サードモブB
3番センター統堂
4番ショート綺羅
5番キャッチャー優木
6番センターモブC
7番セカンドモブD
8番ファーストモブE
9番レフトモブF
9: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:20:06.30 ID:HkbNK3zT
花陽「A-RISEの3人をクリーンナップに並べてきてるね…」

凛「でも他の人たちはなんとなく大したことなさそうに見えるにゃ」

にこ「甘いわ!あのUTXから選ばれたメンバーなんだもの一人一人が手練れの筈よ」

希「そうやね油断は禁物や」
10: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:26:42.77 ID:HkbNK3zT
プレイボール!

あんじゅ(先頭は足のある星空さんか…取り敢えず初球は様子見で)

凛「いっくにゃ~!」コン

ツバサ「初球セーフティバント!?これは…間に合わないわね」

花陽「凛ちゃん良いよ~」

真姫「やるじゃない凛」

ウグイス嬢「2番セカンド矢澤~」

にこ「あ~んにこは~バットなんて重たい物振らないにこ~」

にこ「だから~」コンッ

あんじゅ「初球から送ってきた!?思ったより手堅い野球をするのね…」

穂乃果「やったー!初回からチャンスだよ!海未ちゃんきめちゃえ!」

海未「任せてください」
11: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:30:11.43 ID:HkbNK3zT
あんじゅ「ねぇモブCちゃんまだ初回だけどここは敬遠しましょ?」

モブC「えっでも次は4番ですよ?」

あんじゅ「ええ、でも見て相手の3番良い振りしてるわ先制されるのは避けたいし一塁埋めて併殺を取りに行った方が良いと思うのそれに相手の4番見てみなさい?」

絵里「?」ポケー

あんじゅ「あれなら大丈夫よ一塁埋めて4番勝負にしましょ」
12: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:33:23.08 ID:HkbNK3zT
ボール!ボールフォア!

絵里「あら、随分と私達の事を甘くみてるのね4番の前にランナーを貯めてくれて良かったのかしら?」

あんじゅ「いいえ?寧ろ貴方達を重く見てるからこその判断よ?」

あんじゅ(初球は外角のストライクゾーンからボールになる変化球、彼女ならきっと引っ掛けてショートゴロゲッツーよ)
13: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:40:12.54 ID:HkbNK3zT
モブC「」シュッ

絵里「甘いわ!」カキーン

英玲奈「オーライオーライ…何?まだ伸びるのか」

穂乃果「入ったー!絵里ちゃんホームランだよ!」

ことり「絵里ちゃんすごーい」

にこ「ふん!にこがしっかり送ったお陰なんだから感謝しなさいよね!」

あんじゅ「そんな…初回から3失点だなんて」

絵里「あなたたち…賢くないわね」ドヤァ
14: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:45:13.52 ID:HkbNK3zT
穂乃果「ぃよーし絵里ちゃんに続くよー!」

ツバサ「謝らなければならないわね…私達はどうやらまだあなた達を過小評価していたみたい。審判さん守備位置の変更を私がピッチャーをします」

にこ「ツバサがマウンドに上がった!?」

真姫「私達完全に舐められてたのね」

ことり「でもお陰で三点も先制できたし良いんじゃないかなぁ?」
16: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:51:44.57 ID:HkbNK3zT
穂乃果「ピッチャーが変わっても関係ないもんね!穂乃果は打つよ~」

ツバサ「そう簡単に打てるかしら」シュッ ズバーン

球審「ストライーク!」

にこ「なによあの球!早すぎでしょ!」

希「なるほど…ツバサちゃんが本当のエースって事だったんやね」

穂乃果「こんなの打てっこないよ~海未ちゃ~ん」

海未「何を泣き言を言っているんですか!気合いを入れればやらないことはありません!」

ツバサ「ふふっ可愛いわねでも遠慮は無しよ」シュッズバーンシュッズバーン

球審「ストライクバッターアウト!」
17: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:55:19.34 ID:HkbNK3zT
真姫「結局初回は三点止まりか…やるわね」

にこ「流石綺羅ツバサって所ねあの球は簡単には打てないわ癪だけど三点貰っといて良かったにこ」

希「え?ウチの打席は無かった事にする感じなん?」

絵里「希もツバサさんの豪速球の前に三球三振だったし一筋縄じゃいかないわ」

希「あっエリチ補足ありがとな?でも出来ればウチの打席の描写も欲しいかな~って」

穂乃果「それじゃ次は守る番だよ!皆ガンガン打たせていくからよろしくね!」

希「あっはい」
18: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 20:59:42.91 ID:HkbNK3zT
ことり「ねぇ凛ちゃん?ことりはどこに居れば良いの?」

凛「えーっとねことりちゃんはレフトだからあっちの方に行けば良いにゃ」

花陽「凛ちゃん、花陽はどっちに行けば良いの?」

凛「かよちんはこっちの方だにゃ」

ことり「ねぇ凛ちゃん凛ちゃん」

凛「えっことりちゃんなんでこっち側に来てるにゃ!レフトは反対側だよ!」

ことり「えっそうなの?ごめんね~」

凛「違うにゃ~そっちはA-RISE側のベンチだにゃ~!」
19: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 21:05:16.09 ID:HkbNK3zT
モブAB(なるほど…レフトが穴ね)

穂乃果「よーしいっくよー!」シュッ カキーン

希「レフト!」

ことり「や~んボールが来たえいっ!やった!取っちゃいました~」

モブA「チッ正面か…だがあの足取りなら今に落球するだろう」

モブB「任せなさい」

穂乃果「ガンガン行くよ~」シュッ カキーン

希「またレフトや!」

ことり「えいっ!やったーまたボール取っちゃった!もしかしてことりって野球上手なのかなぁ?」
20: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 21:11:05.41 ID:HkbNK3zT
英玲奈「可愛い顔をして中々エゲツない事をするな彼女は」

希「なんの事かな?」

英玲奈「とぼけるのが下手だな君は、あれだけ野球が下手なように見えれば当然そのポジションを狙って打球を飛ばそうとする、それが演技とも気付かずにな」

希「あちゃーもうバレちゃったか」

希(違うんや…ことりちゃんアレ素でやってるんよ…前日までの猛特訓でなんとか正面のフライだけは取れるようになったけど
他がてんでダメやからウチのリードと穂乃果ちゃんのコントロールでなんとか打たせてるだけ…正面以外の打球は凛ちゃんに全部処理して貰ってるからもう過労死寸前や…)

凛(もう疲れたにゃ…おウチに帰ってラーメン食べたいにゃ…)

ことり(もしかしてことりには野球の才能があるのかもしれませんっ)
21: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 21:20:15.39 ID:HkbNK3zT
英玲奈「大方ライトも同様なのだろう?」

希「そこまでバレてるんやったらしゃーなしやね」(花陽ちゃんは下手な自覚あるからまだマシなんやけどなぁ…)

英玲奈「まあタネが割れたからには素直にレフトに打ってやる事もないな」カキーン

希「綺麗なセンター返しやなこれはしょうがないわ穂乃果ちゃん切り替えていこ!」

絵里「そうよ私の所に打たせればキッチリアウト取ってあげるから安心しなさい」

穂乃果「うんっありがと絵里ちゃん!」

ツバサ「どうやら彼女は典型的な打たせて取るタイプのようね特に飛び抜けた球速や変化球も無いけれど抜群の制球力で凡退を誘ってくる」

ツバサ「でも…誰も守ってない所に打たれたらどうかしら?」カキーン

海未「ツーランホームラン…ですか」

凛「早すぎて打球が見えなかったにゃ…」

真姫「三点も先制したのにもう一点差しかないなんて…」

穂乃果「皆暗くなっちゃダメだよ!まだまだ試合は始まったばかりだよ!」
22: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 21:28:14.74 ID:HkbNK3zT
海未「初回終わって3-2ですか…一応リードはしていますが苦しい展開ですね…」

あんじゅ「えっ私の打席飛ばすの?」

凛「あんじゅさん帰ってくる場所間違えてるよ?こっちはμ'sのベンチにゃ」

あんじゅ「あっうん冷静なツッコミありがとう」

真姫「ヴェ!」ストライクバッターアウト!
花陽「えい!」ストライクバッターアウト!
ことり「てやぁっ!」ストライクバッターアウト!

絵里「ことりはなんで一仕事終えたみたいな顔をしているの…?」

凛「わからないにゃ…」
24: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 21:38:14.65 ID:HkbNK3zT
その後ツバサの完璧なピッチングの前に一本のヒットも出せないμ's打線
対して穂乃果は毎回ランナーを出すも粘りのピッチングで二回以降無失点
~6回裏~
球審「ボールフォア!」

希(ツーアウト満塁か…流石にそろそろ厳しいかな)「穂乃果ちゃんそろそろピッチャー交代する?」

穂乃果「はぁ…はぁ…希ちゃん、この回まで穂乃果に投げさせて。自分で出したランナーは自分で責任を取るよ!」

希「わかった…穂乃果ちゃん任せたよ」

あんじゅ「あらあらもう満身創痍じゃない私が引導を渡してあげるわ」

穂乃果「負けない…絶対に負けない!」シュッ カキーン

希「ファールフライや!ライト!」

花陽「ふぇぇ…」

希「アカン…落ちる…」

にこ「落として…たまるもんですか!」ズザー

あんじゅ「あの当たりにセカンドが追いつくなんて…」

絵里「流石にこね、それと穂乃果よく頑張ったわ次の回からは私に任せなさい?」

穂乃果「うんっ絵里ちゃん後は頼んだよ!」
25: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 21:46:56.08 ID:HkbNK3zT
7回表も三者凡退に終わり7回裏
ウグイス嬢「ピッチャー変わりまして絢瀬絵里、ショートにファーストの西木野真姫が入りファーストに高坂穂乃果が入ります」

絵里「ふふっ残り3イニング、パーフェクトで終わらせてあげるわ」シュッズバーン

ツバサ「早い!」

英玲奈「ツバサと同じか…下手したらもっと早いんじゃないか?」

あんじゅ「これだけの投手が控えてたなんて…」

ストライクバッターアウト!ストライクバッターアウト!

穂乃果「ぅ絵里ちゃん凄いよ!これならこのまま逃げ切れる!」

海未「流石です絵里」

絵里「もうそんなに誉めても何も出ないわよ」ドヤァ

真姫(これが無かったら賢いんだけどね…)
26: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:00:11.02 ID:HkbNK3zT
~8回表も得点出来ず8回裏~

希「この回はフォアボールで出たランナーを2塁まで進めたんやけど結局点は取れんかったね」

絵里「点が入らなくても私が居る限りリードは一点で十分よ」

にこ「あんたまたそんなこと言って調子に乗るんだから」

絵里「大丈夫よまあ見てなさい」シュッ

球審「ボール!」

絵里「あれ?」シュッ

球審「ボール!フォアボール」


絵里「あれ?」

希「どうしたん?もっと力抜いて一つずつアウト取っていこ!」

絵里「ええ…わかってるわ」

絵里(取り敢えず…ストライク入れていかなきゃ…)シュッ カキーン

希「レフト!」

ことり「おーらいおーらい!キャッ」ポトッ

凛「いつかやらかすと思ってたにゃー!」

希(凛ちゃんがカバーに入っててくれたお陰でホームには帰ってこなかったけど無死2.3塁…これはアカンで…)

希「エリチ最悪一点あげても良いつもりで一つ一つアウト取って行こうか」

絵里「わかったわ」

絵里(希はそうは言ったけどツバサさんからヒットを打ててないし勝つには逃げ切るしかないわ…どうにか0に抑えないと…)シュッ

球審「ボールフォア!」
27: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:06:40.65 ID:HkbNK3zT
絵里(ノーアウト満塁…しかも次は3番の統堂さん…一体私はどうすれば…)

にこ「ぬぅわにやってんのよこのポンコツ」

絵里「そうね…私はどうしようもないポンコツよ」

にこ「なに開き直ってんだか…ボール寄越しなさい私が投げるわ」

穂乃果「えっにこちゃんピッチャーなんて出来るの?」

にこ「ぬぅわんでよ!あんたたちに出来る事がにこに出来ない訳ないでしょ!」

海未「しかし…その、失礼なようですがあまりそのようには見えないと言うか…」

真姫「ハッキリ言って信用出来ないわ」

にこ「そろそろ怒るわよあんたたち、良いから大船に乗った気持ちで見てなさい」

ウグイス嬢「ピッチャー変わりまして矢澤にこ、ピッチャーの絢瀬はセカンドに入ります」
28: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:15:44.49 ID:HkbNK3zT
英玲奈「投手を変えてきたか…だがそれだけで変わるような流れではないぞ」

希「せやね…でもにこっちならなんとかしてくれる気もするんや」

にこ「行くわよ…」シュッ

ツバサ「へぇ…あの小さな体を最大限使ったサイドスローあれは打ちにくそうね」

英玲奈「だが…その程度で打ち取られる私ではない」カキーン

にこ「狙い通り打ってくれてありがとにこ」

あんじゅ「英玲奈がホームゲッツーですって?」

ツバサ「こちらから見ている分には平凡な球に見えたのだけど…」

英玲奈「あの厄介なフォームでギリギリまで球の出所を見えなくしている上に手元で微妙に変化している完全に私の負けだよ」

ツバサ「へぇ…でもそんな小細工私に通用するかしら」
29: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:21:43.92 ID:HkbNK3zT
にこ(ここで4番のツバサ…ここを抑えれば殆ど勝ったも同然よ)

希「にこっち、一塁空いてるけど敬遠しちゃう?そっちの方が守備もやりやすいと思うけど」

にこ「いや、そんな受けに回って勝てる相手じゃないわここは勝負よ!」

ツバサ「へぇ…てっきり敬遠してくるんじゃないかと思ったけど勝負してくれるのね」

希(初球は外角の外に逃げる球や)

球審「ボール!」

にこ(かなり際どい所に投げたのに平然と見送ってきたわね…)

希(もう一球同じ所に更に際どいコースで)

球審「ボール!」

にこ(これで完全に外に意識がいってる筈…)

にこのぞ(次のインコースで勝負!)シュッ
30: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:26:03.58 ID:HkbNK3zT
ツバサ「狙いは悪くないわ…でも!」カキーン

非の打ち所のない完璧なセンター返しセカンドショートが例え飛び込んでも届かない打球
投手のにこも懸命に手を伸ばすもグラブに当てるのが精一杯
グラブに当たり軌道の変わった打球は無人のセカンド定位置を通り過ぎる…筈だった

絵里「流石にこね…にこならこの打球にも必ず触ると思ってたわ」

無人の筈のセカンドには先程からセカンドの守備に就いている絵里
そして打球は絵里のグラブに…収まらなかった
32: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:34:42.73 ID:HkbNK3zT
凛「まさかあそこでトンネルするとはおもわなかったにゃ」

真姫「良くも悪くも期待を裏切ってくるわよねエリーは」

絵里「うう…皆してそこまで言わなくても良いじゃない…」

にこ「そうよそもそも打たれたらにこが悪いんだから…」

絵里「にごぉ…」ウルウル

にこ「まあピンチを作ったのも絵里なんだけどね」

絵里「うえーん希~皆が私を虐める~」

希「う~んこれは擁護できないかなぁ…」

絵里のトンネル(記録はピッチャー強襲のヒット)でランナー二人帰り3-4の一点ビハインドで9回表の攻撃 先頭打者は9番のことり
33: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:41:30.93 ID:HkbNK3zT
ことり「えいっ!」ストライクバッターアウト!

ことり「う~んもうちょっとだと思うんだけどなぁ…」

海未(一球もかすってもないですよね…)

花陽(ことりちゃんは凄いなぁ…)

凛「野球は9回2アウトからにゃ!まだまだこっからにゃー!」

真姫(それ凛もアウトになってない?)

絵里(流石凛ね)
35: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:48:43.95 ID:HkbNK3zT
凛「よーし打つにゃー!」

ツバサ「茶番はもう良いかしら?」シュッ

凛「やっぱり早いにゃ…でも始めの頃に比べたら球威は落ちてきてるにゃ!」カキーン

穂乃果「行ったー!右中間真っ二つだよ!」

英玲奈「残念そこは私の守備範囲内だ」パスッ

花陽「もう2アウトだよ…」

ツバサ「あなたが最後のバッターよ矢澤にこさん?」
36: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 22:55:32.18 ID:HkbNK3zT
にこ「なに言ってんのよ凛が言ってたでしょ?野球は9回2アウトからだって」

ツバサ「負け惜しみは要らないわ言いたい事があるならプレーで示しなさい!」シュッ

にこ「ラブニコぉ!」カキーン

海未「ファーストへのゴロ…これは投手と競争です!」

にこ「舐めんじゃ…ないわよぉ!」ズザー

にこの執念のヘッドスライディング一塁塁審の判定は…「セーフ!」

花陽「にこちゃん凄いよぉ!」

希「にこっちやるやん!」

絵里「流石にこね!」

海未「流石にこです、これだけのプレーを見せられて私が凡退してしまっては園田の名が恥じますね」
37: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 23:00:34.78 ID:HkbNK3zT
ツバサ「ふっ」シュッ

海未「はっ!」カキーン
ファール

ことり「これでもう10球目だよ」

真姫「流石海未ねあの球に食らいついて行ってる」

穂乃果「海未ちゃんファイトだよ!」

ツバサ「はぁはぁ…良い加減に…しなさい!」シュッ

海未「見えました!」ズバーン

球審「ボール!フォアボール!」

絵里「よく粘ってくれたわね…後は任せなさい」

海未「さっきのミスを取り返すチャンスですよ絵里ここで凡退したら許しませんからね」

絵里「あら怖いわねじゃあ遠慮なく打たせて貰うわ」
38: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/05(木) 23:07:47.68 ID:HkbNK3zT
あんじゅ(絢瀬絵里…ロシアとのクォーターでその長身から繰り出されるパワーで外の球は長打にされてしまう…
でも長身故に懐が広く内角の球は捌けないのが弱点、ここは素直に内角を突かせて貰うわ)

絵里「ふふっどんな策を弄しても無駄よ?今の私なら…どんな球でも打てる気がするわ!」ドヤァ

あんじゅ「あらそれは怖いわね」(えーっと…)

ツバサ(絢瀬さんのバットを持つ手が左右逆なのは教えてあげた方が良いのかしら…)

英玲奈(彼女は馬鹿なのか?)

絵里「さあ!来なさい!」
47: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/06(金) 19:59:11.55 ID:roxbbinP
あんじゅ(悪いけど勝負に徹させて貰うわ...内角一杯にストレート、ただでさえ苦手なコースをあんなバットの持ち方で打てる訳無いもの)

ツバサ「ごめんなさい絢瀬さん決めさせて貰うわ」シュッ

絵里「狙い通りよ!」カキーン

希「センター前に抜けた!」

あんじゅ「何故!?あなたは内角の球が苦手だった筈!それともこの場面まで演技をしていたと言うの!?」

絵里「違うわ...確かに私は内角は苦手よ、だからバットを逆に握ったの。
知ってる?バットを逆に握って振ると絶対に脇が開けないから内角の球もコンパクトに振り抜けるのよプロの選手もスイングの矯正の為に練習でやったりするらしいわ」

あんじゅ「そんな...そんな馬鹿げたやり方して内角にボールが来なかったらどうするつもりだったのよ!」

絵里「いいえ、貴女たちであれば必ず私の弱点を看破してくると信じていたわ本当にハラショーね」

ツバサ「悲観する事は無いわあんじゅ、まだこっちが一点勝ってて2アウト満塁次の打者を抑えれば私たちの勝ちよ?」

絵里「そうね、だから...美味しい所はあげるわ!決めてきなさい穂乃果!」

穂乃果「任されたよ!絵里ちゃん!」
49: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/06(金) 20:04:34.86 ID:roxbbinP
ツバサ(9回2死満塁1点差...この場面で下手な小細工は必要無いわ)

ツバサ「高坂さん、この勝負を楽しみましょう?」シュッ ズバーン

真姫「ここにきて更に球が早くなった!?」

花陽「あんなの打てっこないよぉ!」

穂乃果「ううん...穂乃果なら打てるよ、大丈夫穂乃果なら...打てる!」
BGM ;MOMENT RING

凛「穂乃果ちゃん決めちゃうにゃー!」

花陽「が...がんばって~!」

真姫「ここで凡退したら承知しないんだから」

希「大丈夫や穂乃果ちゃんなら打てるカードがそう告げるんよ」

にこ「にこがこれだけ頑張ったんだから絶対に打ちなさいよね!」

絵里「自分を信じなさい?必ず打てるわ」

海未「ここで打てなかったら帰って素振り10000回です!」

ことり「穂乃果ちゃん!お願ぁい!」
50: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/06(金) 20:09:44.81 ID:roxbbinP
穂乃果「なんでだろう...なんだか今なら何でも出来る気がするよ」

ツバサ「そうね...私も決勝の相手が貴女たちで良かったわ」

ツバサ「名残惜しいけれど終わらせましょう勿論私達の勝利でね!」シュッ

穂乃果「うおおおおお!」カキーン

~音ノ木坂部室~

穂乃果「いや~それにしてもまさか本当にA-RISEに勝てるなんてねぇ~」

ことり「なんだか夢みたいだったね~」

にこ「ふっふ~んにこが居るんだから当然よ当然!」

真姫「何言ってるんだか...呆れるわ」

海未「そんなことを言って...真姫もかなり頬が緩んでましたよ?」

真姫「ヴェ!?別に...」

凛「あっ真姫ちゃん赤くなったにゃ~」

絵里「ふふっそれにしても凄く良い試合だったわね機会があればまたA-RISEと本気で勝負したいわ」

希「それならそう遠くない内に実現するんとちゃうかなぁ」
51: 名無しで叶える物語(黒酢) 2018/04/06(金) 20:15:15.22 ID:roxbbinP
絵里「え?それってどういう...」

花陽「大変ですぅ~!」バタバタ

凛「かよちんどうしたにゃ!?」

花陽「ハァハァ...な、なんと...」

8人「なんと?」

花陽「なんと前回の野球大会に続いてスクールアイドルサッカー大会の開催が決定しました!既にA-RISEも参加を表明しています!」

にこ「野球の次はサッカー?」

真姫「なんだか安直ね」

絵里「それで...どうする?リーダー」

穂乃果「出ようよ!もちろん次も目指すは優勝!ファイトだよ!」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「スクールアイドル野球大会?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)