善子「ずら丸の喘ぎ声がデカすぎる」

シェアする

善子-アイキャッチ26
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:45:58 ID:QTX8DBBQ
花丸「あんっ♡あっ♡よひっ♡よしこちゃぁ♡♡しゅきぃ♡♡♡」ギュゥ


善子(うるせー……)パンパン

元スレ: 善子「ずら丸の喘ぎ声がデカすぎる」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:47:29 ID:QTX8DBBQ
花丸「あ゛っ♡あっ♡あぐっ♡ぁ♡」


善子(かわいいけどでかすぎるのよねぇ)パンッ!パンッ!


花丸「あぁっ!?おぁっ♡それぇっ♡だめぇっ♡ずらっ♡あっ♡」


善子(まぁヨハネとしてはむしろ声大きい方が興奮するんだけど)ドチュッ!


花丸「あ゛っぐ♡ぅ♡あ゛ぁぁぁあ゛~~♡♡」ビクビクッ!!
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:48:19 ID:QTX8DBBQ
善子「イッたわね……ほんとわかりやすい♡」チュッ……


花丸「そ、そんな所にキスマークつけちゃバレちゃうずらぁぁ♡♡」


善子「じゃあイくの我慢すればいいじゃない」


花丸「そっ♡んなのぉ……♡おぁっ♡」


善子「ふぅ……そ、そろそろ……私もっ……!!」ドチュッ


花丸「ひぅぅっ!?♡♡」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:50:02 ID:QTX8DBBQ
善子「あ~………出るわよ……しっかり受け止めなさい」


花丸「にゃぁ!?だ、だめずらっ♡今日はぁっ♡」グイッ


善子「んっ、もううるさい」チュッ


花丸「◎△$♪×¥●&%#?!♡♡♡」チカチカ


善子「むちゅ……んっ、あんたは私の言うこと聞いてりゃいいの♡」


花丸「は、はへぇぇ♡」


善子「ふぅ……!ん……っ♡」ビュクビュクッ


花丸「んひゃぁうぅぅ♡♡♡」ビクンッ
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:51:11 ID:QTX8DBBQ
善子「っはぁ~♡よいしょっ」ボスッ


花丸「はぁ♡あっ♡ぅ……♡」


善子「ふぃ~……あんたちょっと重くなったでしょ」


花丸「で、デリカシーもムードも欠片すらないじゅらぁ……」


善子「あんたね、仮にもアイドルなんだから。スタイルには気をつかいなさい」

善子(と言いつつ最近太ってきてるヨハネ)
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:52:30 ID:QTX8DBBQ
花丸「え~?大丈夫だよ、無理なダイエットは体に毒ずら」アッケラカン


善子「………あんた痩せないと次から抱っこしながらシてあげないから」


花丸「!!!!??それは……」


善子「それは?」


花丸「……いやずら」


善子「じゃ、どうすんの?」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:53:14 ID:QTX8DBBQ
花丸「や……」


善子「や?」


花丸「やせます……」


善子「よぉし!決まり!せっかくだからヨハネも一緒に痩せたげるわ!」

善子(私1人じゃ続きそうにないしね……)


花丸「ほんと!!ありがとう善子ちゃん!!」ギュー

モニュン


善子「おっふ……」ギンギン
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:53:57 ID:QTX8DBBQ
後日


善子ママ「善子。ちょっと話があるんだけど」


善子「えッ」


善子ママ「そこ座んなさい」


善子「は……はひ」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:54:31 ID:QTX8DBBQ
善子ママ「……何のことかわかるわね?」


善子「う、うん」

善子(いやわからん)

善子(この前のテストがあんまり芳しくなかったことかしら)

善子(いや……つ、ついにこの中二病に愛想を尽かしたとか!?)
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:55:07 ID:QTX8DBBQ
善子ママ「えっ……と。苦情がきてるの」


善子「く、くじょー……」

善子(あコレ絶対ヨハネ関連だわ。遂にヨハネともお別れだわ)


善子ママ「………あの……ね」


善子「はい……」


善子ママ「………」モジモジ


善子「……?」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:56:09 ID:QTX8DBBQ
善子ママ「………////」テレテレ


善子「どうしたの?トイレ?歳なんだから我慢しない方がいいわよ」


善子ママ「ちがわーい!余計なお世話よ!……ほら、ちょっとデリケートな話だから……」


善子「……いいのよママ」


善子ママ「善子……」


善子「わかってる。この年になってあんなことするなんておかしいって。近所の人にも白い目で見られてるってのは、薄々勘づいてたし」
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:57:12 ID:QTX8DBBQ
善子ママ「いやっ……あなたくらい歳なら、その、そういうことに興味を持つのは普通だと思うの」


善子「気休めはいいのよ……」


善子ママ「わ!私だって……パパと初めてしたの、あなたくらいの歳だし……きゃー////////」


善子「え……?な、なんの話?」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:57:54 ID:QTX8DBBQ
善子ママ「だから……その、やるのはいいんだけどね……なるべく声は抑えてくれると……あ、それと無責任に中に出したりしちゃダメよ」


善子「………………………?????」


善子「…………!?」ピーン


善子「…………!!!?!?!?」


善子ママ「そ、そんだけ……////////」ガタッ



善子「」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:58:38 ID:QTX8DBBQ
花丸「話ってなんずら」


善子「……苦情がきたそうです」


花丸「え?」


善子「あんたの喘ぎ声がデカすぎるって」


花丸「………………」


花丸「!!!?!?////////////」カァァァ
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 00:59:26 ID:QTX8DBBQ
善子「ぐあアア!!もう、明日からどんな顔して過ごせばいいのよ……」


花丸「す、すまんずら……」


善子「…………次からやるときはずら丸の家ね」


花丸「えーッ!?ダメダメダメ!うち、お寺だよ!?」


善子「じゃあもうしない!!これに尽きるわ!疲れるし」


花丸「そ、それは……ちょっと……////」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:02:05 ID:QTX8DBBQ
善子「なぁんでよぉ!!我慢しなさいよ!寺の子なんでしょぉ!」


花丸「うぅぅ////////」ウルウル


善子「~~~っ……はぁ。わかった。1つだけ方法があるわ」


花丸「方法?」


善子「……あんた、声抑えなさい」


花丸「うっ」


善子「そんくらいできるでしょ?」


花丸「………うん」
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:03:45 ID:QTX8DBBQ
善子「よし。……ちょっとは回数も減らしてよ?」


花丸「うん。ところで……」


善子「ん?」


花丸「今日………//////」


善子「……言ったそばからあんたってやつは~~!!」ムニムニィ


花丸「いひゃいじゅらぁぁ!!」


善子「……ま、声抑える練習しなきゃだし……良いけどさ」


花丸「え、えへへぇ……♡」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:04:35 ID:QTX8DBBQ
善子「……しかし意外ね、あんたがそんな性欲強かったなんて」


花丸「まるだって人の子だもん……////」


善子「度を越しすぎ。普通1週間に何回もやらないから」


花丸「うゅぅ……////////」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:05:17 ID:QTX8DBBQ
善子「ただいま~……おぅっ!?」バタッ


花丸「はぁ♡はぁ♡」ヌギヌギ


善子「きょ、今日はがっつくわね……」


花丸「だってぇ♡我慢きかないずらぁ♡」


善子「ホントに仏教徒なのあんた?」


花丸「関係ないもん♡はやく♡早く脱いでっ♡」


善子「ふぅ……もう。とりあえず私の部屋行くわよ」


花丸「……じゃあだっこ」


善子「はいはい、よっと」ヒョイッ


花丸「じゅら~♡」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:06:36 ID:QTX8DBBQ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
善子「ほら、着いたから降りて」


花丸「…………」ギュゥゥ


善子「……やっぱり抱き上げたままするの?」


花丸「うん♡」


善子「……どんどん私の腕が逞しくなっていく」


花丸「ちょっとは痩せたもん♡もぉなんでもいいからはやくぅぅぅ♡♡♡」ウズウズ
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:07:16 ID:QTX8DBBQ
善子「はいはい……」カチャ……ストン


花丸「はぁぁん♡」


善子「……涎なんて垂らしちゃってまぁ」


花丸「じゅる……えへ♡」


善子「……ちゅっ」


花丸「んっ♡」


善子「じゅる……ぢゅっ、ちゅば……ん、ヨダレ多すぎ」


花丸「だっへぇ////////」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:07:50 ID:QTX8DBBQ
善子「んぢゅっ♡」


花丸「んゅぅ♡♡」


善子「じゅる……じゅる、ちゅっ」


花丸「んぉ♡♡」


善子「ちゅ……ふぅ、私もスイッチ入ったわ……」


花丸「はやく♡はやく♡」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:08:47 ID:QTX8DBBQ
善子「んくっ……♡ふ、ふぅ~……♡」ズニュニュ……


花丸「あっ!あぁっ♡ひあぁぁあ♡♡♡」ゾクゾクゥ


善子「ちょ……声!声!」


花丸「あっふ……♡ふぅ♡ふふぅ……♡♡」


善子「よ、よーしよしよし……動くわよ?」


花丸「んーっ♡んーっ♡」コクコク
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:09:34 ID:QTX8DBBQ
善子「んふっ♡……ぅ」ズロロロ……


花丸「~~っ♡~~っ♡」ビクッビクッ


善子「……なんか声抑えてるずら丸って新鮮ね」ズップズップ


花丸「…………」フルフル


善子「案外余裕そうじゃない」


花丸「…………」ブルブル


善子「……なんか言いなさいよ」


花丸「む……り……♡」


善子「え?」


花丸「―――っんぐぉおっ♡お゛っ♡」ビクビクッ
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:10:26 ID:QTX8DBBQ
善子「え?イッちゃったの?早くない?」ズル……ドサ


花丸「ご……♡こんなのっ♡こんな♡声抑えるなんて無理ずら……ぁ♡♡」


善子「え?なんでよ……割と余裕そうだったじゃない」


花丸「全然余裕なんかじゃないよ……いつもは声に出して快感を逃がしてるけど……それが出来ないからもう……もう♡」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:11:51 ID:QTX8DBBQ
善子「……ほーん。じゃ、やめる?」


花丸「……や、やめとくずら……このままじゃまた迷惑かけそうだし……」


善子「え?やめるの?」


花丸「えっ」


善子「ずるくない?1人だけ気持ちよくなってさ」


花丸「うっ」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:13:19 ID:QTX8DBBQ
善子「……そういえばさっきイった分、付けてなかったわね」ズイッ


花丸「ぇあっ……♡」


善子「んちゅ……」


花丸「んっ♡」ゾワゾワ


善子「ぢゅ~~……ぱっ」


花丸「……ま、また目立つところに……♡」


善子「いいでしょ。マーキングよマーキング」


花丸「ま、まーきんぐ……♡」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:13:56 ID:QTX8DBBQ
善子「……それよりほら、バックでするから」


花丸「ふぇ……////ほ、ホントにやるのお?」


善子「当たり前でしょ。私が満足するまでやるわよ」


花丸「ま、また大声でちゃうよ……?」


善子「我慢しなさいよ」


花丸「無理だってばぁ////////」


善子「……んー、じゃ、次大声だしたらしばらくえっち禁止」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:14:48 ID:QTX8DBBQ
花丸「んな゛ぁっ!!?」


善子「ほれ、早く四つん這いになって」


花丸「しょ、しょんな……」


善子「いいから早く」


花丸(善子ちゃんスイッチ入ると怖いずら……)
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:15:22 ID:QTX8DBBQ
善子「……じゃ、いれるわよ」


花丸「は、はい……んっ♡え゛っへぇぇ♡」ビクンッ


善子「……今のはギリセーフね」


花丸「お゛……ぐ♡っ……♡い、いきなり奥まで突っ込むなんてぇ♡」


善子「動くわよ」パンッパンッ


花丸「くひっ♡……ふっ♡ふぅぅ♡ふぅ~~~♡♡♡」ガクッ
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:16:13 ID:QTX8DBBQ
善子「あ、こら、しっかり顔あげなさい」


花丸「ん゛っ♡んぐ♡ぐぅ♡うっ♡」


善子「私の言うこと聞けないの?」


花丸「むっ♡りぃぃ♡無理ぃっ♡」


善子「……じゃあお仕置き」バチンッ


花丸「んひい゛ぃぃっ♡♡」ゾクゾクッ
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:17:12 ID:QTX8DBBQ
善子「でっかいお尻揺らしてヨガっちゃってまぁ」ベチッ!!ベチンッ


花丸「ん゛っ♡んぐっ♡ごぉっ♡」


善子「あっはは、汚い声ね……♡花丸の声とは思えないわ♡」


花丸「ん゛~っ♡ん゛ぅ~~っ♡」ビクンッビクンッ


善子「まるで獣ね……こんな声出して恥ずかしくないのかしら?」


花丸「ぐぅ~~っ♡♡うぅぅう♡♡」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:18:39 ID:QTX8DBBQ
善子「ほらっ……イクわよ……あんたも一緒に……っ♡」


花丸「ん゛っ♡あ゛ぅ♡」


善子「んふっ……♡うっ……♡」ドピュッ!ビュルルッ!


花丸「ん゛ん゛んんああ゛あ゛ああ゛あああっ♡♡♡」ビクンッ
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:19:40 ID:QTX8DBBQ
善子「……っひゅ~……」ヌポン


花丸「はぁっ……♡はぁぁ♡はぁぁ…………♡」ガクッガクッ


善子「………なんて言うか」


花丸「うん……」


善子「まだわりとうるかったけど」


花丸「……うん」


善子「これはこれでアリね……いつもより興奮した」


花丸「うん♡」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:21:11 ID:QTX8DBBQ
善子「あ、キスマーク」


花丸「あっ……」


善子「あんた私がイくまでに何回イッた?」


花丸「………さ、3回」


善子「はいギルティ」


花丸「ずら……!?」


善子「ホントは?」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:21:46 ID:QTX8DBBQ
花丸「……8回です//////」


善子「ギルティ分加算して20個付けるわよ」グイッ


花丸「やぁっ……!!だって……!ズルくない!?マルがそういうの弱いって知ってるのにお尻叩いてくるなんて……」


善子「ドマゾのあんたが悪い」


花丸「ドSに言われたくないずら……」


善子「今回はあんまり目立たないとこに付けてあげるから」


花丸「20個も付けちゃ絶対バレちゃうずらぁぁ!!!」


バレた。
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:22:47 ID:QTX8DBBQ
数日後


善子ママ「あんた犬とか飼ってない……?」


善子「ファッ!?」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:24:04 ID:QTX8DBBQ
1523461558-レス38-画像
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2018/04/12(木) 01:24:37 ID:QTX8DBBQ
おわりですわ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「ずら丸の喘ぎ声がデカすぎる」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)