アルパカ「ん…んんっ…」ブリブリブチュチュチュ

シェアする

アルパカ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:15:24.93 ID:abzO0ewD.net
アルパカ「っ……」ブッブッ

アルパカ「はぁ…はぁ…」

アルパカ「!」ギュルギュル

アルパカ「っっ…」ブチュチュチュブチュ

元スレ: アルパカ「ん…んんっ…」ブリブリブチュチュチュ

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:34:58.55 ID:abzO0ewD.net
アルパカ「めえええええ(もらしちゃったよお)」

ことり「泣かないで」

アルパカ「めえええええ(ごめんね、ことりちゃん臭いよね)」

にこ「うわっ臭い」

アルパカ「めえええええええええ(矢澤に馬鹿にされた)」

花陽「私のお仕事ですから」

アルパカ「めえええええええええ(かよちんマジ天使)」

穂乃果「アルパカだって動物だからしかたないよ」

穂乃果「アルパカさん早く良くなるようにおなかなでなでするね」

アルパカ「めええええ(穂乃果はリーダーにふさわしい)」
4: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:36:40.36 ID:abzO0ewD.net
ことり「アルパカさんはつぶらな目をしてるよね」

真姫「でも、オスなのよね」

アルパカ「めえっめええっめめめめめええええ(真姫ちゃんに股間を見られると興奮する)」
5: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:39:19.30 ID:abzO0ewD.net
にこ「こんなキモイ生き物よく好きになるわね」

アルパカ「ぺっぺっぺっぺっぺ(こいつ許さん)」

にこ「唾かけられた」

花陽「アルパカは敵に唾をかけるんです」

アルパカ「めっ(そんな奴に説明せんでええ)」
6: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:43:11.15 ID:abzO0ewD.net
ことり「アルパカさんにだって心があるんだよ」

花陽「にこちゃん謝ったほうがいいよ」

アルパカ「めえ~め~め~(謝れ!謝れ!謝れ!)」

にこ「うるさい、こんな排泄物を出すだけの生き物知らないわ、あんたらも部室に早く来なさいよ」

アルパカ「・・・」

ことり「アルパカさんじゃあね」

穂乃果「またね、アルパカ」

花陽「アルパカさん花陽もそろそろ行くね」

アルパカ「んめえ~(俺はまた寂しくなるな)」
7: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:51:11.57 ID:abzO0ewD.net
アルパカの回想

 俺はアンデスの小屋で生まれた。
元の飼い主は貧しいながらも俺を大事にしてくれた。

 そんなある日、日本の動物園の営業がアンデスにやってきた。
営業は生意気な奴だったが、飼い主はお金に困っていて俺を手放した。

 日本について間もなく動物園のひどいありさまに絶句した。
経営不振で餌が明らかに少なかった。

 俺は体力を残すために横になって時間を過ごした。
劣悪な環境で時間が過ぎていくのを呆然と見ていた。

 動物園は経営不振に陥り、廃園した。
俺は保健所で処分される予定だった。

 だけど、そんな俺を連れて行ってくれたのが学園の理事長だ。
10: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:53:50.33 ID:abzO0ewD.net
アルパカ(せっかくかわいい飼育員に巡り合えたのに)

アルパカ(うんこなんてまきちらかして)

アルパカ(俺が配属されるところは不幸な思いをするんだろうな)

アルパカ(俺ってなんでうまれてきたんだろう)
11: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 21:55:47.82 ID:abzO0ewD.net
アルパカ(矢澤にまでうんこ製造機扱いうけてさ)

アルパカ(俺も真姫や希みたいに頭良くねえし)

アルパカ(学歴もねえし)

アルパカ(彼女なんていねえし)

アルパカ(俺って必要?)
13: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:01:00.87 ID:abzO0ewD.net
アルパカ(つうか彼女いるだろとか言ってくる奴うぜえ)

アルパカ(お前らが『茶アルパカ』って呼んでるやつ、あいつ『リャマ』なんだよ)

アルパカ(全然言葉通じねえしあいつ、人相わるいし)

アルパカ(お前らも猫や犬やタヌキと結婚したいとおもわねえだろ)

アルパカ(異種姦させられてる俺っていったい・・・)

茶アルパカ(リャマ)「??。我做的羊?面露??」

アルパカ(だからわかんねえんだよ)
14: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:03:02.48 ID:abzO0ewD.net
練習後

穂乃果「私アルパカさんにあってくる」

花陽「私も心配なので行きます」

ことり「アルパカさんよくなったかなぁ」?」
15: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:06:55.24 ID:abzO0ewD.net
花陽「すこし落ち着きましたね」

アルパカ「めえええ(お前に心配かけちまったな)」

ことり「アルパカさんとずっと一緒にいたいな」

アルパカ「めえ(俺も一緒にいてえな)」

穂乃果「アルパカもよくなったらお饅頭一緒に食べようね」

アルパカ「めえっめええ(饅頭ってアンデスでは売ってなかったなあ)」
16: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:12:56.66 ID:abzO0ewD.net
ことり宅

理事長(生徒が集まらない)

理事長(少しでも経費を削るためにアルパカを売りましょうか)

理事長「もしもし、今晩は。夜分申し訳ございません」

理事長「高校の理事長をやっております南とう者なのですが」

理事長「恐れ入りますがアルパカを安く買ってもらえないでしょうか」

理事長「ええと、2頭になります」

理事長「本当に?、ありがとうございます」
17: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:19:18.74 ID:abzO0ewD.net
花陽「アルパカさん売っちゃうんですか」

理事長「学校を守るためです」

ことり「お母さん、アルパカさんかわいそうだよ」

理事長「あなたに何がわかるの」

穂乃果「ことりちゃん、アルパカさんもごはんをたくさん食べるには」

穂乃果「新しい飼い主のところに行ったほうがいいんだよ」

ことり「アルパカさんとあえなくなるなんて辛すぎるよ」

花陽「行く前にいっぱいごはんを食べさせてあげます」

ことり「そういう問題じゃない」

穂乃果「ことりちゃん待ってええええ」」
18: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:22:46.98 ID:abzO0ewD.net
アルパカ小屋

ことり「アルパカさん、お別れしたくないよおおお」

アルパカ「めええええええ(なんだと)」

アルパカ(そうか、俺もまた旅に出るんだな)

アルパカ(もしかすると処分されるかもな)

アルパカ(所詮俺なんて物なんだよ)

アルパカ(俺の想いなんて人間には通じない)





















ことり「そんなことないよ」

アルパカ「めええ(え?)」
19: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:25:18.47 ID:abzO0ewD.net
ことり「アルパカさん旅をしてきたこと」

ことり「アルパカさんがことりとお別れしたくないことこと」

ことり「アルパカさんが花陽ちゃんに感謝してること」

ことり「アルパカさんが自分を責めてること」

ことり「みんなわかってるよ」

アルパカ「めええええええ、め?(うそだろ、こいつ本当に俺の心を…)」
20: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:30:18.22 ID:abzO0ewD.net
ことり「それにアルパカさんはちょっと変態さんなところも知ってるよ」

花陽「あっ、ことりちゃん」

ことり「花陽ちゃん・・・・さっきはごめん」

花陽「私のことなんて別にいいです」

花陽「なんだかアルパカさん悲しい顔をしてるね」

ことり「花陽ちゃんにもわかる?」

花陽「なんとなくですけど、アルパカさんが何かを訴えているような」

アルパカ「めええええ(かよちんマジLOVE)」

ことり「どうやったらアルパカさんを救えるかな?」

花陽「私にいいアイディアがあります」
21: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:34:19.72 ID:abzO0ewD.net
次の日

穂乃果「アルパカの為に募金お願いします」

ことり「アルパカさんを助けてください」

花陽「アルパカの飼育代の募金おねがいしまーす」


通行人「都心でアルパカ飼うあんたらって頭おかしいよね」

通行人「お前らの高校は上野動物園のチェーン店かwww」


穂乃果「全然あつまらないよおお」

ことり「アルパカさんとお別れしたくない」

花陽「今日はもうあきらめよう」
22: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:36:05.73 ID:abzO0ewD.net
それから募金活動は一週間続けたが募金は集まらなかった

明日にはアルパカは発送されてしまう

ことりはアルパカ小屋の前に来ていた
23: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:38:13.41 ID:abzO0ewD.net
ことり「ごめんなさい、あなたを助けられない」

アルパカ「・・・」

ことり「なんか言ってよ、何でもいいから前みたいに鳴いてよ」

アルパカ「・・・」

ことり「アルパカさん・・・・・・」






















ぽとり





アルパカの瞳から涙がこぼれた
25: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:43:17.47 ID:abzO0ewD.net
アルパカ「めえめえええ(俺が頼りないばかりに迷惑かけちまったなことり)」

アルパカ「めええ(俺なんか早く忘れてラブライブ予選頑張れよ)」

ことり「アルパカさん、ことりはアルパカさんを忘れないよ」


ことり「変態で、お漏らしで、根暗で、リャマ相手に交尾して」

ことり「こんな面白いアルパカさん忘れるわけないじゃん」


アルパカ「ぺっぺっぺっぺっぺっぺっぺ」
27: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:49:07.47 ID:abzO0ewD.net
ことり「でもそうやって怒ると唾かけるとことはアルパカさんなんだね」

アルパカ「めええええ(ははっ、そうだな)」

アルパカ「めえ(ことりが俺のこと忘れないなら、これもことりを忘れない……約束しようぜ)」

ことり「絶対忘れないでよアルパカさん」

アルパカ「めええめ(約束するぜ、ことり)」




ことり「花陽ちゃんだ」

花陽「はあっ、はあっ、アルパカさんに餌をたくさん食べさせようと戻ってきました」

アルパカ「めえ~えん(餌よりも最後にお前の声が聴けて俺はうれしいよ)」

アルパカ「めっめえ~ん(お前にはかなり世話かけた)」
30: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:56:11.36 ID:abzO0ewD.net
花陽「アルパカの飼育は本当に大変だったけど」

アルパカ「めえええ(本当にごめんな)」

花陽「アルパカさんとともに過ごせて楽しかったです」

アルパカ「めえ(俺も)」

花陽「アルパカさんおもらしばっかりしてるので大変でした」

アルパカ「めえめええええめ(言い訳するとさ、座ったりかがんだりできないの俺)」

花陽「でもそれってアルパカさんが生きてるんだなって」

花陽「あっ、アルパカさんと一緒に刻んだ。かっ、かけがえのない思い出なんだって」

花陽「お別れするとき泣かないって決めたのに」

花陽「辛いのはアルパカさんのほうなのに」

アルパカ「めええめえええええ(泣いてもらったほうが俺はうれしいよ)」
31: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 22:57:44.04 ID:abzO0ewD.net
花陽「さあ、いっぱい食べてアルパカさん」

花陽「私にできることはこれぐらいしかないから」














アルパカ「ありがとう(ありがとう)」
33: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 23:02:47.09 ID:abzO0ewD.net
花陽「あれ、今ありがとうって…?」

花陽「気のせいですよね、でも本当だったらうれしいな」

ことり「本当だったんじゃないかな」

ことり「ことりも聞こえた気がするよ」

花陽「ことりちゃん・・・・・・」

ことり「アルパカさんがもしいなくなっても

ことり「きっとことりたちとの思い出はアルパカさんの心のポケットに」

ことり「ずうっと、ずうっとしまってあるはずだよ」

花陽「そうですよね、アルパカさんこんなつぶらな目で私たちを見ているんだもん」

花陽「忘れるわけないよね」

アルパカ「めえっめ(泣かせるんじゃねえよバカ)」
35: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 23:12:20.30 ID:abzO0ewD.net
ことり「アルパカさん、ことりだけじゃなくて花陽ちゃんも穂乃果ちゃんももちろん」

ことり「みんなのことを覚えておいてほしいな」

アルパカ「めえめええんめえん(当たり前だろ、俺だってそれぐらいできるわ)」

ことり「うん、それでよし」


花陽「アルパカさんの餌をあげたので花陽はそろそろ帰ります」

ことり「ことりももう帰らないと」

ことり「もう、ことり振り返らないからね」

ことり「アルパカさんに泣いてるところ見せたくないからね」

ことり「さようならアルパカさん」

花陽「どこかへ旅立っても元気でいてくださいね」


アルパカ「めええええええ(じゃあ、ラブライブ優勝して俺を喜ばせてくれよな)」



アルパカの雄たけびは夜の街中に響き渡った。
その声には別れの悲しさ、処分される恐怖、μ’sへの期待
そして何もできない自分への憤りが含まれていた。
36: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 23:15:52.44 ID:abzO0ewD.net
次の日

業者「これ、アルパカじゃないっすよ」

茶アルパカ(リャマ)「んんん(我公司是一家駱駝)」

理事長「失礼しました」

業者「ちょっと契約内容が異なりますので申し訳ございませんが今回は・・・・・・」

理事長「わかりました」
37: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 23:19:59.26 ID:abzO0ewD.net
結局アルパカは学園に残ることになった。


アルパカ「めえめええ(人生って何が起こるかわかんねえな)」

ことり「アルパカにも人生って使うのかなwww」

アルパカ「ぺっぺっぺpっぺpっぺっぺ」

ことり「もう~、アルパカさんたら~」

アルパカ「めええええ(これからもよろしくなことり)」

ことり「よろしくね、アルパカさん」
39: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 23:23:57.47 ID:abzO0ewD.net
穂乃果「アルパカ~お饅頭作ってきたよ」

アルパカ「んめええええええ(ほむまんは最高だぜ)」

ことり「もお~」

穂乃果「アルパカさんってお饅頭食べられるの?」

アルパカ「めええ(よく考えたらやばいかも)」

ことり「え?」

花陽「アルパカにそのお饅頭はまずいです」
41: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 23:26:47.18 ID:abzO0ewD.net
1時間後

アルパカ「めえ(腹痛い)」

アルパカ「っ……」ブッブッ

アルパカ「はぁ…はぁ…」

アルパカ「!」ギュルギュル

アルパカ「っっ…」ブチュチュチュブチュ

アルパカ「めえええええ(もらしちゃったよお)」

花陽「お饅頭のせいですね」

穂乃果「ごめんなさーい」
42: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 23:27:45.04 ID:abzO0ewD.net
. . . . . . . . 終わり
54: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 22:43:58.12 ID:WKBiHZWq.net
後日談


理事長「あんたの契約がおじゃんになった時嬉しかったわ」

アルパカ「めえ(売ろうとしたくせに何様なんだよ)」

理事長「ふふっ、そんな威嚇しないでよ」

理事長「あなたと出会った日のこと覚えてる?」

夕方の涼しい風が吹き始めた飼育小屋で理事長はアルパカに話しかけた
55: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 22:48:34.71 ID:WKBiHZWq.net
アルパカ「めえええ(そんな昔のこと思い出したくねえな)」

理事長「今日みたいな秋の晴れた日だったわね」

理事長「あなたはとっても痩せてて」

理事長「すごくかわいそうだった」

アルパカ「めっ(餌さえ満足に食わされなくてひもじかったなあ。)」

理事長「保健所の知り合いにあなたを紹介してもらって本当によかったわ」
56: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 22:51:05.99 ID:WKBiHZWq.net
理事長「あなたのつぶらな目が私の心を動かした」

理事長「だってあなた可愛いんですもの」

アルパカ「めえええ!(なんか惨めだなw)」

理事長「あなたのおかげで娘も楽しそうだし」

理事長「あなたをこれからは大事にしたい」

アルパカ「め(よく言うよ)」
57: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 22:59:43.90 ID:WKBiHZWq.net
理事長「私のポケットマネーであなたの飼育費用を賄うわ」

アルパカ「め......めえ(すまんな、あんたに余計な心配かけて)」

アルパカ「めめ(あんたの本心が聞けて俺は満足だぜ)」

あたりはすっかり暗くなり闇に包まれた

理事長「本当はもう一頭飼いたいけどお金がないの」

理事長「寂しい想いさせてごめんなさい」

アルパカ「めっめ(いいさ、もう慣れたよ)」

理事長「じゃあもう行くわね」

アルパカ「めえ(おう、あんたも疲れてるみたいだから無理すんなよ)」

理事長「ふふっ、とても愛くるしい動物ねあなた......」



アルパカは誰もいない飼育小屋で
花陽が用意した草を食べながら
星空を眺めるのであった

理事長√END
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『アルパカ「ん…んんっ…」ブリブリブチュチュチュ』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。