曜「私、やっぱり梨子ちゃんのことが嫌い」

シェアする

ようりこ-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:48:17.64 ID:PBrMCw8j
梨子「東京から帰ってきて、一言目がそれって中々キツいわね」

曜「これ、返すね」

梨子「シュシュ……」

曜「じゃあ、私帰るから」

梨子「衣装係が持っておくべきじゃない?」

元スレ: 曜「私、やっぱり曜ちゃんのことが嫌い」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:49:18.30 ID:PBrMCw8j
曜「嫌いな人が作ったものなんて持っておきたいと思う?」

梨子「はっきり言ってくれるのね」

曜「嘘は嫌いだから」

梨子「じゃあ、曜ちゃんは千歌ちゃんのことが好きなの?」

曜「じゃあってなに。話繋がってないけど」
3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:49:38.32 ID:PBrMCw8j
梨子「質問に答えてくれないなら勝手に千歌ちゃんに言うわよ」

曜「梨子ちゃんって結構陰湿なんだね」

梨子「陰湿なことはしたくないから答えてほしいな」

曜「答えたところで何かあるの?」

梨子「私が満足する」

曜「……いい性格してるね、ホント」

梨子「ありがとう」
5: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:50:57.28 ID:PBrMCw8j
曜「そういう梨子ちゃんはどうなのさ。千歌ちゃんのこと好きなの?」

梨子「質問を質問で返さないでくれる?」

曜「私の質問に答えてくれたら答えてあげるよ」

梨子「電話で話した時も思ったけど、やっぱり面倒な人」

曜「早く答えてよ」
9: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:56:27.42 ID:PBrMCw8j
梨子「好きよ、千歌ちゃんのこと」

曜「っ……」

梨子「友達として、ね」

曜「……ふん」

梨子「その反応はそのままさっきの質問の答えになるわね」

曜「……」
10: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:56:57.57 ID:PBrMCw8j
梨子「『私は』友達として好きよ」

曜「……何が言いたいの」

梨子「千歌ちゃんの気持ちはどうかしらね」

曜「千歌ちゃんが自分のこと好きだって言いたいの?」

梨子「さぁ。それは本人に聞かないと」

曜「さっきから鬱陶しい言い方して……はっきりいったらどうなの」
12: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:57:28.10 ID:PBrMCw8j
梨子「ねぇ、曜ちゃん」

曜「……」

梨子「千歌ちゃんは自分のこと好きだと思ってるの?私より千歌ちゃんに好かれてると思ってるの?」

曜「ちょっと黙って」

梨子「家も隣、毎朝一緒に通学、帰るのも毎日一緒……貴女の知らない千歌ちゃんを私はたくさん知ってるわ」

曜「だから?私は幼馴染だよ」
13: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:58:01.13 ID:PBrMCw8j
梨子「過去なんて知らない。私は今の話をしてるのよ。自信ある?千歌ちゃんに好かれてる自信」

曜「このっ……!」ガシッ

梨子「殴るの?」

曜「……」

梨子「別にいいけど、顔はやめてね。今夜千歌ちゃんと話す時心配されちゃう」

曜「……っ!」ググググ
14: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:58:26.80 ID:PBrMCw8j
梨子「過ごした時間と関係性は比例しない。よく分かってるんじゃない?」

曜「うるさい!」ブン!

梨子「きゃあ!」ドタン!

曜「……帰る」

梨子「げほっ……」

曜「……ごめん、やりすぎた」

梨子「……」

曜「……」


バタン


梨子「……」
15: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:58:52.87 ID:PBrMCw8j
ーー

千歌「それでね、ダイヤちゃんに怒られちゃったの」

梨子「それは千歌ちゃんが悪いんじゃないかな」

千歌「えーでも鞠莉ちゃんもやってたんだよ。私だけ怒られるなんて納得いかない」

梨子「鞠莉さんの真似してもかわせるわけないでしょ」

千歌「むー……確かに。やっぱ幼馴染は強いなー」
16: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 02:59:55.11 ID:PBrMCw8j
梨子「……最近曜ちゃんとはどうなの?」

千歌「どうって?」

梨子「私がコンクールに行ってる間に色々あったみたいだけど」

千歌「ああ、もう大丈夫だよ。ちゃんと話したから」

梨子「そう、それは良かった」

千歌「うん。やっぱりちゃんと向き合って話すことが大事だね」

梨子「そうね」
17: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:01:01.06 ID:PBrMCw8j
千歌「……」

梨子「何?」

千歌「あのさ、梨子ちゃんはさ……」

梨子「うん?」

千歌「……いや、何でもない」

梨子「何、気になるじゃない」

千歌「……」

梨子「ちゃんと話すことが大事なんでしょう?」
18: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:01:26.88 ID:PBrMCw8j
千歌「……曜ちゃんのことはどう思ってるの?」

梨子「どうって?」

千歌「いや、まぁなんて言うか……その……」

梨子「すごいと思うわ。水泳部と掛け持ちで、衣装も作れて……」

梨子「それに、いつも快活で。眩しいくらい」

千歌「そ、そっか……」
19: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:01:53.41 ID:PBrMCw8j
梨子「あら、こういう答えじゃなかった?」

千歌「いや、大丈夫。それを聞いて安心したよ」

梨子「良かった。ところで、歌詞は?」

千歌「うっ、もう少し……」

梨子「千歌ちゃんのもう少しは随分私と違うのね」

千歌「ごめんなさい、早く出します……」

梨子「よろしく。じゃ、おやすみ」

千歌「うん、おやすみ!」
20: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:02:17.31 ID:PBrMCw8j
ーー

千歌「曜ちゃーん」

曜「なにー?」

千歌「飲み物買いに行くけど何かいるー?」

曜「自販機行くなら付き合うよ」

千歌「いーのいーの。いつも頑張ってる曜ちゃんの為にパシられてあげますっ!」

曜「え、でも……」
21: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:02:47.13 ID:PBrMCw8j
千歌「遠慮しないの。ね?梨子ちゃん」

梨子「ええ」

曜「なに、2人でいくの?」

千歌「うん」

曜「そう……」

梨子「何飲みたい?」

曜「……千歌ちゃんは何飲むの?」

千歌「みかんジュース!」

曜「じゃあ同じの」

千歌「おっけー!」
22: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:03:07.03 ID:PBrMCw8j
梨子「私には聞いてくれないの?」

曜「生憎コーヒーって気分じゃないんだ」

梨子「あら、よく分かったわね」

曜「いつも飲んでるから」

千歌「おー曜ちゃん梨子ちゃんのことよく見てるね」

曜「私結構友達観察してるんだよ」

千歌「観察だなんて……曜ちゃん変態さんみたい」

曜「それはおかしいと思うであります」
23: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:04:31.58 ID:PBrMCw8j
千歌「えへへ、じゃあ行ってくるね」

曜「はーい」

梨子「すぐ戻ってくるから」

曜「うん」

曜「……」
24: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:05:02.11 ID:PBrMCw8j
梨子「ただいま」

曜「千歌ちゃんは?」

梨子「ダイヤさんに呼び出せれてた」

曜「……そう」

梨子「私だけでガッカリした?」

曜「別に」
25: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:05:48.08 ID:PBrMCw8j
梨子「はい、ジュース」

曜「ありがとう」

梨子「いいえ、どういたしまして」

曜「……なに、何なの」

梨子「何が?」

曜「……何でもない」

梨子「曜ちゃんって私のこと見てくれてるんだね」

曜「同じクラスで同じ部活だし、そりゃ嫌でも見るよ」
26: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:06:20.41 ID:PBrMCw8j
梨子「人間って嫌いな人ほど目に付くから不思議」

曜「そうだね」

梨子「否定しないんだ」

曜「嘘は嫌いって言ったでしょ」

梨子「何でもかんでもハッキリ言っていい訳でもないのよ」

曜「……」
27: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:07:35.38 ID:PBrMCw8j
梨子「喋れば喋るほど言葉の重みはなくなっていくわ」

曜「嘘をついていい理由にはならないよ」

梨子「嘘も方便。大事なことを強調するためにつく嘘もある。分かるでしょ?」

曜「分からないよ」

梨子「そう?曜ちゃんは分かってくれると思うけどな」

曜「何が言いたいのさ」

梨子「千歌ちゃんに告白しないの?」

曜「なっ……」
28: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:08:06.71 ID:PBrMCw8j
梨子「色んなことを言うより一言『好き』って言えば余すことなく伝わるとおもうけど」

曜「余計なお世話だよ。梨子ちゃんには関係ない」

梨子「関係あるよ。友達だもん」

曜「……なにそれ」

梨子「それに、現実を知った曜ちゃんがどういう反応するから見てみたい」

曜「どういう意味それ」

梨子「どういう意味だと思う?」

曜「このっ……!」ガタッ

梨子「落ち着いて、教室よ」

曜「……!」
29: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:08:49.33 ID:PBrMCw8j
梨子「コーヒーでも飲む?」

曜「……いらない」

梨子「ふふ……」

曜「何がおかしいのさ」

梨子「別に」

曜「あ、そう」
30: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:09:18.59 ID:PBrMCw8j
千歌「ただいまー……どへー……」

曜「おかえり。どうしたの?」

千歌「ダイヤさんにこの前小テストの点数悪かったのがバレちゃって……」

曜「あらら」

梨子「だから勉強しろってあれほど……」

千歌「たはー次は頑張ります」

梨子「曜ちゃんも」

曜「!」
31: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:14:13.08 ID:PBrMCw8j
梨子「結構ギリギリだったでしょ?ちゃんと勉強してね」

曜「うん、分かった」

千歌「曜ちゃんも仲間だったか!」

曜「仲間じゃないよーちゃんと合格してるもん」

梨子「五十歩百歩よ」

千歌「うっ……」

梨子「今度勉強会するわよ」

千歌「はーい」

曜「……はーい」
32: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:14:38.01 ID:PBrMCw8j
ーー

鞠莉「言わないと伝わらないしすれ違いを起こす……」

梨子「自己紹介?」

鞠莉「あら、キレッキレね。喧嘩する?」

梨子「遠慮しときます」

鞠莉「次の曲のイメージ案よ」

梨子「『すれ違い』がテーマなの?」

鞠莉「んーん、テーマは『言葉』よ」
33: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:15:05.06 ID:PBrMCw8j
鞠莉「んーん、テーマは『言葉』よ」

善子「深淵の闇から召喚されしに憎しみの化身よ……」ブツブツ

梨子「言葉、ねぇ……」チラッ

鞠莉「善子、ちゃんと参加しないと退学にするわよ」

善子「軽率に私の将来閉ざさないでくれる?」
35: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:17:44.51 ID:PBrMCw8j
梨子「歌詞のテーマが言葉ってちょっと大きすぎない?そもそも歌詞自体言葉なんだし」

鞠莉「『言葉』そのものというより『伝え方』がテーマよ」

善子「伝え方……」

鞠莉「ええ。本当に言いたいことをどのように紡いで、相手に伝えるか」

梨子「……」

鞠莉「ストレートに言う。回りくどい言い方をする。思わせぶりなことを言って相手に気づいてもらう……とか」

善子「ああ、手段じゃないのね」
36: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:18:15.76 ID:PBrMCw8j
鞠莉「ええ、手段なんてどうでもいいのよ。相手に届くかどうかが問題なの」

梨子「でも、わざと隠して嘘を作っていのもあるわよね」

鞠莉「そうね。相手のことを思って本音を隠して嘘をつく……それも一つの言葉の形だわ」

善子「賭けねそれ。思った通りにならなかったら大変なことになる」

鞠莉「ふふ、確かに。それなら最初から何も言わないっていう『言葉』の形もあるわ」

梨子「今日はいつもと違って説得力がある……何かあったの?」

鞠莉「留年させるわよ」

善子「貴女はもう少し自分の言葉の重みを自覚して」
37: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:18:39.58 ID:PBrMCw8j
鞠莉「ということで、歌詞考えてきてー」

梨子「え、丸投げ?」

鞠莉「私忙しいのよ~ユニット曲の歌詞まで考えてる暇はないの♡」

善子「まーた仕事溜めて無理してるんじゃ……」

鞠莉「ノープロブレム!じゃね」

バタン
38: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/15(日) 03:19:08.91 ID:PBrMCw8j
梨子「……嘘ね」

善子「全く……言った張本人の言葉が一番信用ならないわ」

梨子「『私たちに心配をかけないための嘘』、ね」

善子「相手のことを思ってるなら嘘なんて出てこないはずよ」

梨子「そうかしら。私は考えるあまりつかざるを得ない嘘もあると思うけど」

善子「そう。考え方が違うのね」

梨子「まぁ、全く同じ考えの人なんていないから」

善子「私は堕天使だけどね」

梨子「なおさら合わないわね」

善子「ツッコんでよ」
57: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:26:24.15 ID:sQ6LQ37h
ーー

善子「曜ー」

曜「なにー?」

善子「今度の日曜、ちょっと付き合ってくれない?」

曜「お、告白?」

善子「違うわよ。買い物」
58: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:28:10.78 ID:sQ6LQ37h
曜「何買うの?」

善子「服。一緒に選んでほしいの」

曜「私の趣味でいいの?」

善子「参考にするのよ。私の好みで選ぶわ」

曜「えーつまんないなぁ」

善子「つまんなくて結構。その後貴女の行きたいところに付き合うから」

曜「分かったー。日曜でいい?」

善子「いいわよ」
59: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:28:50.14 ID:sQ6LQ37h
梨子「あら、お出かけ?」

善子「ええ。リリーも来る?」

曜「」ピクッ

梨子「せっかくだけど、日曜は用事があるの。ごめんなさい」

善子「そう。残念」

梨子「また誘ってね」チラッ

曜「……」
60: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:30:27.17 ID:sQ6LQ37h
ーー

梨子「千歌ちゃん、ちょっといい?」

千歌「なにー?」

梨子「今度の日曜空いてる?」

千歌「ひーまーひーまーだよ」

梨子「私とお買い物行かない?」
61: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:30:48.70 ID:sQ6LQ37h
千歌「メロブ?」

梨子「いや……違うわよ」

千歌「あ、ゲーマーズか」

梨子「アホ毛引っこ抜くわよ」

千歌「アホって言った方がアホなんだよ」

梨子「いいから。行くの?」
62: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:31:44.21 ID:sQ6LQ37h
千歌「いくいくー。沼津だよね?」

梨子「ええ」

千歌「曜ちゃんも誘う?」

梨子「誘ったんだけど用事があるんだって」

千歌「あらら。じゃあ2人だね」

梨子「そうね、大丈夫?」

千歌「大丈夫何も嬉しいよ。梨子ちゃんと2人なんて久しぶりだし」
63: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:32:23.17 ID:sQ6LQ37h
梨子「そう?いつもなってるじゃない」

千歌「そういう事じゃなくて……えへへ、なんて言うか……」

梨子「……」

千歌「と、とりあえず、寝坊しないようにしないと」

梨子「起こしに行ってあげようか?」

千歌「大丈夫!多分!」

梨子「不安ね……」
64: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:32:57.52 ID:sQ6LQ37h
ーー

曜(張り切って泳いでたら遅くなっちゃった……終バス出ちゃう)タタタッ


ーー♪


曜「ん?」


ーー♪ー♪


曜(音楽室……梨子ちゃんか)
65: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:34:43.01 ID:sQ6LQ37h
曜「……」

曜「……」クルッ


梨子「どう?今度の新曲なんだけど」


曜「!」

梨子「まだまだ途中だけどね」

曜「……」

梨子「どうぞ。入っていいわよ」

曜「別に梨子ちゃんの部屋じゃないでしょ」

梨子「今ここには私しかいないから」
66: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:36:08.74 ID:sQ6LQ37h
曜「……まだ帰ってなかったんだ」

梨子「少し弾いて起きたいと思ってね。どうだった?」

曜「いいと思うけど」

梨子「どこが?」

曜「どこがって……」

梨子「……」ジッ

曜「……分かんないよ」

梨子「ふふ……」

曜「何がおかしいの!」
67: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:37:23.67 ID:sQ6LQ37h
梨子「綺麗な目ね」

曜「はぁ?」

梨子「透き通った水色……その目には何が写ってるの?」

曜「何言って……」

梨子「輝くオレンジ?」

曜「!」

梨子「それとも……」

曜「……」

梨子「ごめんなさい、ピアノを弾いてると詩的な感情になって。何言ってるか分からないわね」
68: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:37:51.60 ID:sQ6LQ37h
曜「私を一体、どうしたいの」

梨子「曜ちゃん、私は貴女が嫌いよ」

曜「そう、私も嫌いだよ」

梨子「嫌いな相手の不幸せを願うのは至極当然のことでしょう?」

曜「私は嫌いな相手とは関わりたくない」

梨子「私は嫌いな人に苦しんでほしいの」

曜「陰湿だね、やっぱり」

梨子「ねぇ、曜ちゃんの大事なものは何?」

曜「それ今関係あるの?」
69: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:38:24.80 ID:sQ6LQ37h
梨子「水泳?Aqours?それとも……」

ガッ!

曜「黙って」

梨子「殴るの?この前と違って今ここには誰もいない」

曜「ふーっ、ふーっ……」

梨子「曜ちゃんは過去に縋り付きなんじゃない?いつまでも千歌ちゃんが隣にいると思ってるんでしょう」

曜「知ったふうな口利かないで!あんたに私の何がわかるのさ!」

梨子「いつまでも自分の横にいると自分に思い込ませてない?とっくに前に行ってるのを見えないふりしてるんじゃない?」

曜「……!!」
70: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:40:01.24 ID:sQ6LQ37h
梨子「近くで見ると濁ってるわね、貴女の目」

曜「このっ……!」バッ


ピーンポーン


曜「!」


『完全下校の時間です。校内に残っている生徒は忘れ物がないように下校してください』


梨子「……」

曜「くそっ!」バッ

梨子「うっ」ドテッ

曜「……」クルッ

梨子「帰るの?また明日ね」

曜「……!」ギロッ

梨子「やっぱり綺麗な目ね、曜ちゃんは」

曜「……何なのさ」

ガララ

バタン!

梨子「……」
71: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:40:29.17 ID:sQ6LQ37h


梨子「ふぅ……」ガララ


鞠莉「終バス終わっちゃったけど、どうするの?」


梨子「……聞いてたの?」

鞠莉「何を?」

梨子「……親に迎えに来てもらうから大丈夫」

鞠莉「うちの車で送ろうか?」

梨子「お構いなく」

鞠莉「連れないわね~」
72: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:40:59.76 ID:sQ6LQ37h
梨子「……私、鞠莉さんのことが嫌いです」

鞠莉「あら、ハッキリ言ってくれるのね」

梨子「嘘は嫌いなんです」

鞠莉「貴女は嘘だらけなのに?」

梨子「……!」

鞠莉「嘘も方便、なんて言ってたわね。本当にそれは必要な嘘なの?」

梨子「嫌いなのは本当ですよ」

鞠莉「ノンノン、そっちじゃないわ。私が言ってるのは」

鞠莉「これよ」トン

梨子「!!」バッ!
73: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:41:27.38 ID:sQ6LQ37h
鞠莉「あら、バレてないと思ってたの?」

梨子「鞠莉さん!貴女は……!」

鞠莉「怒ってるのはこっちよ。何で本当のことを言わないの」

梨子「貴女には関係ありません」

鞠莉「そんなこと言うんだ……」

梨子「……」
74: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:42:10.32 ID:sQ6LQ37h
鞠莉「梨子、貴女はそれでいいの?」

梨子「いいんです。私が決めたんだから」

鞠莉「私たちを巻き込むのは構わないと?」

梨子「ええ」

鞠莉「そう。じゃあひとつ覚えといて」

鞠莉「このまま止まらないなら、私は貴女を許すことが出来なくなるわ」

梨子「わかりました」

鞠莉「ふん、いい目ね」
75: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:43:29.11 ID:sQ6LQ37h
梨子「鞠莉さん、ひとつ聞いていいですか?」

鞠莉「どうぞ」

梨子「私のことどう思います?」

鞠莉「嫌いになったわ。たった今」

梨子「そうですか。晴れて両思いですね」

鞠莉「そうね」
76: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:44:39.44 ID:sQ6LQ37h
梨子「じゃあまた明日」

鞠莉「ああ、最後に1つ」

梨子「はい?」

鞠莉「新曲、いい感じね。完成楽しみにしてるわ」

梨子「……!ありがとう」


タッ


鞠莉「……どうすることもできないのかしら」
77: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:45:07.14 ID:sQ6LQ37h
ーー

曜「ねー結局いつもと同じような服買っちゃってさ、私来る意味あったの?って感じだよ」

善子「謝るからその喋り方止めて」

曜「あーあー私のアドバイスガン無視しちゃってさーー善子ちゃんは悪い子だなーー」

善子「堕天使だから当たり前でしょ。ヨハネは……」

曜「反省してないからもう付き合ってやんなーい」

善子「ごめんなさい!帰らないで!お願い!」グイグイ

曜「服が伸びるよぉ」
78: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:46:03.14 ID:sQ6LQ37h
善子「お昼ご飯食べに行きましょ!ね?さわやかのハンバーグ食べに行きましょ!」

曜「おっけー!」

善子(単純で良かった)

曜「単純で良かったって思ってる顔してる」

善子「エスパー?」

曜「ばいばーい」

善子「ごめんなさい!帰らないで!お願い!」グイグイ
79: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:46:55.03 ID:sQ6LQ37h
曜「おっ」

善子「ハンバーグ奢るから!お願い!」

曜「へぇ……」

善子「チーズ乗せていいから……ん?どうしたの」

曜「善子ちゃん、見て見て。凄いよ」グイッ

善子「わっ、何?」
80: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:47:47.65 ID:sQ6LQ37h
曜「ほら」

善子「花屋?」

曜「見てこれ、黒い薔薇だよ」

善子「へぇ……!」

曜「善子ちゃん好きそうだよね」

善子「これは……暗黒の世界に咲く混沌の象徴の……」

曜「はいはい静かにしようね」

善子「もががっ」
81: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:48:14.33 ID:sQ6LQ37h
曜「あるのは知ってたけど、実物見るのは初めて」

善子「綺麗ね」

曜「そうだねぇ」

善子「『憎しみ』『恨み』」

曜「え?」

善子「黒い薔薇の花言葉よ」

曜「へぇ……物知りだね」

善子「ふふん、まあね」
82: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/16(月) 00:50:14.14 ID:sQ6LQ37h
曜「憎しみ……」

善子「見た目通りというかイメージ通りよね」

曜「……」

善子「曜?」

曜「え?あ、うん」

善子「……ねぇ、貴女さ……」


千歌「お腹空いたー!」

梨子「そろそろお昼ご飯にする?」


曜「!!」

善子「あら、今のって……」

曜(何で……!)

善子「ねぇ、曜。今リリーと千歌の」

曜「……!」ダッ!

善子「え?あ、ちょっとどこ行くのよ!」
99: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:22:54.48 ID:ZDs5sxPG
梨子「何食べる?」

千歌「うーん……何がいいかな……」

梨子「千歌ちゃんの好きなものでいいわよ」

千歌「んーと、じゃあ……さわやかのハンバーグ!」

梨子「分かった。じゃあ行きましょうか」

千歌「あー曜ちゃんも来ればよかったのにねー」

梨子「しょうがないわよ。用事なんだから」


 



曜「……」
100: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:23:23.21 ID:ZDs5sxPG
善子「曜!もう、いきなり走り出してどうしたのよ」

曜「……あ、ごめんね」

善子「何かあったの?」

曜「いや、大丈夫」

善子「ホント?」

曜「うん。お昼ご飯食べに行こうか」

善子「いいけど……」
101: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:24:28.84 ID:ZDs5sxPG
曜「さわやかじゃなくてラーメン食べに行こ!」

善子「え?いいの?」

曜「うん。なんだか気分が変わっちゃった」

善子「まぁ貴女がいいなら……」

曜「よし、レッツゴー!」グイッ

善子「だから引っ張らなくてもー!」
102: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:26:32.91 ID:ZDs5sxPG
ーー

善子「今日は付き合ってくれてありがとうね」

曜「ううん、楽しかったよ!」

善子「こんなこと頼めるの貴女しかいないから……」

曜「おっ、嬉しい事言ってくれるね津島後輩」グリグリ

善子「や、やめなさい!」

曜「いつもこれくらい素直だったら可愛いのに~」グリグリ

善子「もう!離して!」

曜「あははっ」
103: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:27:06.00 ID:ZDs5sxPG
善子「……貴女を信用してるからよ」

曜「!」

善子「ねぇ、貴女は私のことどう思ってるの?」

曜「ど、どうしたの急に」

善子「信用してくれてる?」
104: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:27:51.87 ID:ZDs5sxPG
曜「……してるよ?勿論」

善子「ホント?じゃあ……」

 

善子「何隠してるか教えてくれない?」



曜「……!何も隠してないよ?」

善子「嘘ね」

曜「嘘じゃない」

善子「目を合わせなさい」

曜「……」
105: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:29:24.26 ID:ZDs5sxPG
善子「今日ずっとキョロキョロしてたの自分で気づいてる?」

曜「えっ……」

善子「ずーっと目が泳いでるわよ。今も」

曜「それは……」

善子「言えないの?」

曜「だって、隠してることなんてないし」

善子「ふーん……」

曜「……」
106: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:30:40.00 ID:ZDs5sxPG
善子「ま、いいわ。私帰るわよ」

曜「あ、うん」

善子「じゃあね。また明日」

曜「うん、また明日」

曜「……」クルッ


タッ


善子「……曜……」
107: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:31:22.77 ID:ZDs5sxPG


タッタッタッ

曜(まだいるかな……)


曜「はっ、はっ、はっ……」


 


千歌「いやー買った買った」

梨子「お小遣い大丈夫なの?」

千歌「うーん、多分!」

梨子「多分って……」





曜(いた……)ピタッ

曜(くそ……また嘘ついて……)

曜(どこまで私を……!)
108: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:31:47.91 ID:ZDs5sxPG
梨子「終バスまで時間あるし、少し休みましょうか」

千歌「うん。あっち行こ」



曜「……」タッ
109: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:33:25.27 ID:ZDs5sxPG
千歌「いやー久々に休みを満喫したなーって感じ」

梨子「そうね。最近はずっと練習だったから」

千歌「それもあるけどー……ずっと皆と一緒だったから……こうやってゆっくり梨子ちやんと話すのも久しぶりだったから……」

梨子「楽しかった?」

千歌「う、うん!楽しかった!」

梨子「良かった。私も楽しかったわ」
110: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:34:10.30 ID:ZDs5sxPG
千歌「えへへ……」

梨子「どうしたの?顔が赤いけど……」

千歌「い、いや、何でもない!」

梨子「何かあるなら話して」

千歌「その……」

梨子「千歌ちゃん」

千歌「……ほ、本当に何でもないの……」

梨子「私、嘘は嫌いなの。嘘をつく人はもっと」
111: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:35:46.31 ID:ZDs5sxPG
千歌「……」

 

梨子「友達でしょう?」

 

千歌「……」


 


千歌「……なくてさ……」


梨子「え?」


千歌「友達じゃなくてさ……もっと、先に……」





千歌「私、梨子ちゃんともっと先の関係になりたい……!」



梨子「千歌ちゃん……?」





千歌「……好きだよ、梨子ちゃん……」


 
112: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:36:22.20 ID:ZDs5sxPG
ーー


「曜ーお風呂入りなさいー」

 

曜「……」



「曜?聞いてるのー?」

 

曜「……はーい……」
113: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:38:07.43 ID:ZDs5sxPG
シャアアアア……

曜「……」



曜「……うっ……」


曜「ああ…………」

 

『好きだよ、梨子ちゃん』



曜「うっ!」


曜「おえっ!ぅうっ!」ビチャビチャ


曜「はーっ……はーっ……」


曜「……何で……」


 


曜「千歌ちゃん……!」

114: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:39:41.87 ID:ZDs5sxPG
『曜ちゃんは過去に縋り付きなんじゃない?いつまでも千歌ちゃんが隣にいると思ってるんでしょう』



曜「……!」

 

『いつまでも自分の横にいると自分に思い込ませてない?とっくに前に行ってるのを見えないふりしてるんじゃない?』

 

曜「……なにが前に行ってるだ……私の横から奪ってるのは自分じゃないか……」


曜「……くそっ!くそっ!」バン!



『好きだよ、梨子ちゃん』


曜「ぁぁぁあああ!!」


曜「うっ!げほっ!げほっ!」


曜「うぉぇ……!」

 

曜「はーっ……はーっ……」


 


曜「桜内梨子……!」


115: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:40:14.69 ID:ZDs5sxPG
ーー

ダイヤ「今日の練習はじめますわよ」

善子「あれ、リリーは?」

千歌「先に新曲詰めたいからあとから参加するって」

善子「ふーん……最近別行動が多いね」

果南「よし、じゃあランニング行こうか」

千歌「お、お手柔らかにー」

果南「それはどうかなん?」

ダイヤ「張り切るのはいいですが、ペース配分を考えてください」

果南「はいはーい」
116: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:40:58.48 ID:ZDs5sxPG
曜「……」

千歌「曜ちゃん、行こ」

曜「え、あ、うん」

千歌「どうしたの?顔色があんまり良くないけど……」

曜「ううん、大丈夫……」



『好きだよ、梨子ちゃん』

 

曜「……うっ」

千歌「大丈夫!?」

曜「大丈夫大丈夫。さ、行こうか」

千歌「あ、曜ちゃん!」



曜(まともに千歌ちゃんの顔が見れない……)

 

曜(くそ……くそ……)
117: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:41:18.66 ID:ZDs5sxPG


梨子「何でここにいるんですか?」

鞠莉「新曲の手伝いしたくて」

梨子「いりません。一人で十分です」

鞠莉「連れないこと言わないでよ」

梨子「戻らないとサボってるってダイヤさんに言いつけますよ」

鞠莉「構わないわよ」
118: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:43:43.20 ID:ZDs5sxPG
梨子「もうっ……」

鞠莉「だってランニングキツいし~」

梨子「体力作りも大事なことです」

鞠莉「じゃあ一緒に行く?別に新曲作りも今やる必要ないでしょう」

梨子「曲が完成しないとダンスの練習が進まないでしょう」

鞠莉「最もね。でも、それは理由じゃない」

梨子「ちょっと黙ってもらえませんか」
119: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:46:08.13 ID:ZDs5sxPG
鞠莉「最近ハードな練習を露骨に避けてるわね」

梨子「たまたまです」

鞠莉「もうかなり進行してるんでしょう?」

梨子「……」

鞠莉「パパの伝手を使って腕のいいところを紹介してあげるわ。それなら……」

梨子「余計なことしないでください」

鞠莉「でも!梨子、貴女は!」

梨子「いいんです。私の人生、私のやりたいことをやります」
120: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:46:56.65 ID:ZDs5sxPG
鞠莉「……それが貴女のやりたいことなの?」

梨子「はい」

鞠莉「千歌っちや曜の気持ちを踏みにじることが?」

梨子「何で貴女がそれを……いやもういいです」

鞠莉「吐いた嘘は、巡り巡って必ず自分に帰ってくるわよ」

梨子「覚悟してます。それでも、これは私の本心」
121: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:47:25.20 ID:ZDs5sxPG
鞠莉「梨子、貴女は強かすぎる……故に歪んでしまってる」

梨子「……」

鞠莉「それは曜に渡すの?」

梨子「ええ」

鞠莉「そう……そこまでするならもう止めても無駄なのね」

梨子「……ごめんなさい」

鞠莉「嘘か本当か分からない謝罪なんていらないわ。もし少しでも申し訳ない気持ちが残ってるなら」

 

鞠莉「ちゃんと話していくことね」



梨子「……分かってます」
122: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:48:03.10 ID:ZDs5sxPG
ーー

曜「何、話って」

梨子「別に。報告したいことがあって」

曜「……千歌ちゃんのこと?」

梨子「あら、知ってるのね。口止めしてたはずだけど」

曜「この前沼津にいたでしょ」

梨子「ええ」

曜「あんな下らない嘘ついてまで千歌ちゃんと……!」

梨子「嘘?元々千歌ちゃんと予定が入ってたんだから嘘じゃないわ」
123: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:48:50.47 ID:ZDs5sxPG
曜「そんな屁理屈聞いてない!」

梨子「一緒に行きたかった?千歌ちゃんと」

曜「うるさい!」

梨子「でも残念。千歌ちゃんはもう私の恋人だから」

曜「黙れ!」

梨子「何で?もう事実なんだよ?見てたんでしょ?」

曜「黙れって言ってるでしょ!!」
124: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:49:52.61 ID:ZDs5sxPG
梨子「ああ、それとも聞きたい?あの後の話」

曜「黙れ黙れ黙れ!!」

梨子「そうね―――千歌ちゃんがどんな声上げるとか話しましょうか」





パァン!!





梨子「いっ……」


曜「はーっ……はーっ……」


 


梨子「……ついに手を出したわね」



曜「何で……何であんたなんかに……!」
125: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:51:15.39 ID:ZDs5sxPG
梨子「その私なんかに告白したのは千歌ちゃんよ」


曜「黙れ!」


 


梨子「そうやって聞かないようにしても、目に映るのが事実」スッ


曜「!」




梨子「これ、曜ちゃんにあげる」


曜「これは……」


梨子「お花屋さんで見てたでしょ?」

 

 

曜「何でこんなもの……!」



梨子「貴女にぴったりだと思って。この黒い薔薇の言葉が」

 

曜「……!」
126: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 00:52:24.21 ID:ZDs5sxPG
梨子「さぞ、私が憎いと思って。貴女に贈るわ」


曜「こんなのっ……!」


梨子「枯らさないでね。じゃあ、私は行くから」





梨子「千歌ちゃんの所へ」



バタン


 


曜「……うぅ……」


 

 




曜「ぁぁぁぁぁああああああああ……!!」
137: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 23:54:40.34 ID:ZDs5sxPG
ーー

千歌「梨子ちゃーん!」

梨子「なーに?」ガララ

千歌「わっ、どうしたのその顔!?」

梨子「ああ、少しぶつけちゃって。気にしないで」

千歌「大丈夫!?手当しに……」

梨子「大丈夫よ」

千歌「梨子ちゃんの綺麗な顔が……」

梨子「もう、やめてよ」
138: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 23:55:14.91 ID:ZDs5sxPG
千歌「……ねーねー、そっち行っていい?」

梨子「今から?……ダメよ、明日も早いでしょう」

千歌「おーねーがーいー」

梨子「ダーメ」

千歌「むー……」

梨子「もう、そんな顔しないの。いつでも来れるでしょ?」

千歌「そーだけどー……」
139: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 23:57:03.11 ID:ZDs5sxPG
梨子「ずっと一緒にいたいけど、適度に距離を置くことも大事よ」

千歌「そっかー……」

梨子「ふふ……」

千歌「何か思い出すなー」

梨子「何を?」

千歌「昔、曜ちゃんが引っ越した時」

梨子「……」
140: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 23:57:43.98 ID:ZDs5sxPG
千歌「曜ちゃん、昔はとっても近くに住んでたんだよ」

梨子「へぇ……初めて聞いた」

千歌「小学校の頃にね、引っ越すことになったんだ」

梨子「転校ってこと?」

千歌「ううん。なんとか転校にはならなかったけど……嫌だったなー。放課後遊べなくなったからね」

千歌「放課後一緒にいるのが当たり前で……それが急に学校でしか会えなくなって……泣いちゃった。大げさだよね、別に普通に会えるのに」

梨子「よっぽど曜ちゃんのことが好きなのね」

千歌「うん……!」

梨子「ふぅん……」
141: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 23:58:51.41 ID:ZDs5sxPG
千歌「あ、でもそういう好きじゃないよ!私が好きなのは梨子ちゃんだから!」

梨子「だ、大胆ね……」

千歌「え、あっ……うぅ……」カァァァ

梨子「も、もう……恥ずかしいじゃない……」

千歌「えへへ……わぁ、顔熱い……」
142: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/17(火) 23:59:18.27 ID:ZDs5sxPG
梨子「……もう寝るわね!おやすみ!」

千歌「あ、う、うん!おやすみ!」

 

ガララ

パタン


 


梨子「……」

梨子「……こほっこほっ」

梨子「さて……」
143: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:00:09.78 ID:9JWShMiE
ーー

『沼津、沼津。ご乗車ありがとうございました』


梨子「バスは……30分後か」

梨子「……ふぅ」



梨子「……」


 

曜「何してんの」




梨子「あら、奇遇ね」
144: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:06:48.30 ID:9JWShMiE
曜「1人?千歌ちゃんは?」

梨子「ふふ、すーぐ千歌ちゃん千歌ちゃんって……」

曜「……」

梨子「いないわよ。今日は私の用事だから」

曜「ふーん……どこ行ってたの」

梨子「あら、気になるの?嬉しいわね」

曜「やっぱいい」

梨子「残念。まぁ、教える気ないけど」

曜「……!」
145: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:07:37.24 ID:9JWShMiE
梨子「曜ちゃんは何してるの?」

曜「関係ないでしょ」

梨子「1人?善子ちゃんは?」

曜「……」

梨子「せっかく私がいなかったから、どうせなら千歌ちゃんと会えばよかったのにね」

曜「……!」キッ

 

梨子「別に私は止めないわよ。私の知らないところで何しようが千歌ちゃんの勝手だし」

 

ガッ



曜「それ以上くだらないこと言うなら許さないよ」



梨子「公共の場で殴るのはやめてね。色々面倒くさいから」
146: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:08:34.73 ID:9JWShMiE
曜「千歌ちゃんのこと好きじゃないの?」

梨子「好きよ、もちろん」



曜「それはどういう意味で?」

梨子「この前言ったじゃない。『友達』として」

 

曜「そんな半端な気持ちで千歌ちゃんと付き合うな!!」



梨子「半端?友愛は立派な感情よ」

曜「言葉遊びしてるんじゃないんだよ!千歌ちゃんは!」

 

梨子「世の中のカップルが必ずしも付き合ってるとは限らない」


曜「そんなこと今言ってない!」
147: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:12:09.63 ID:9JWShMiE
梨子「いーえ、同じことよ。私は自分の気持ちを確かめるために千歌ちゃんの告白を受けたの」

 

曜「確かめる?」


梨子「ええ。今は『友達』として好きだけど、付き合っていくうちに『恋人』として好きになるかもしれない」


曜「自分の気持ちの図りにするために千歌ちゃんを利用するな!」


梨子「じゃあ別れろって?そうすれば千歌ちゃんは悲しむ」

曜「それはっ」



梨子「貴女が好きな千歌ちゃんが好きなのは私なのよ」


曜「……!……!」ギリリッ



梨子「いいこと教えてあげる」

 



善子「ん?あれって……」



善子「ちょ、何してんのあの二人」
148: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:14:34.60 ID:9JWShMiE
梨子「千歌ちゃんって曜ちゃんのことが好きなんだって」


 

梨子「『友達』として」


 

曜「……!!!!」


 

パァン!!
 


梨子「あぁっ!」ドサッ


曜「ふーっ……ふーっ……!!」
149: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:15:32.63 ID:9JWShMiE
梨子「これで2回目ね……」

 

曜「あんたは……あんたは千歌ちゃんの隣にいる資格はない!!」



梨子「それは貴女が決めることじゃないわ。隣に私を選んだのは紛れもない千歌ちゃんよ」


 
曜「そんなの関係ない!今すぐ千歌ちゃんの隣から去れ!!」


梨子「へぇ、大事な大事な千歌ちゃんを悲しませるんだ」

曜「このっ!」パァン!!

梨子「いっ!」

 

曜「あんたはっ!」バッ


善子「やめなさい!!」ガッ

 
曜「善子ちゃん!?」

善子「何してんのよこんなところで!!」
150: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:16:16.67 ID:9JWShMiE
梨子「あら、見られちゃったわね」

曜「!」ギロッ

善子「大丈夫リリー!?」

梨子「ええ、平気よ」

善子「頬が赤くなってるじゃない。手当てを……」

梨子「大丈夫。バスも来たし帰るわね。人の目も気になるし」



『なにあれ……喧嘩?』

『こんな大衆の面前で……』

 

曜「……!」

梨子「じゃあね。また明日、2人とも」



プシュー



善子「リリー……」

曜「……」
151: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:17:56.49 ID:9JWShMiE
ーー

善子「曜」

 

曜「……」



善子「何があったか……話してくれるわよね?」

曜「……」


善子「曜!」

曜「ねぇ善子ちゃん」

善子「な、何?」



曜「人を呪うってどうするの?」

善子「は?何言って」
152: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:19:09.87 ID:9JWShMiE
曜「教えてよ。堕天使なんでしょ?」

善子「貴女ちょっと」

曜「教えてよ!」ガッ

善子「うっ!」


曜「ねぇ!どうするの!?どうやったら呪えるの!?どうやったら!!」

善子「やめっ……ちょっと!」


曜「私はどうしたらいいの!?ねぇ!!教えてよ!!教えて善子ちゃん!!」

 

善子「やめてっ!!!」

 

曜「!」



善子「おかしいわよ!何言ってるのよ貴女は!!一体何があったのよ!?」



曜「ご、ごめん……」パッ


 
善子「はー……はー……」


 
曜「……」
153: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:20:45.35 ID:9JWShMiE
善子「何があったか知らないけど……人の不幸せを願うのは堕天使じゃないわ」

 

曜「……!」

 

善子「それはもう、悪魔よ」

曜「あくま……」



善子「曜、貴女悪魔になりたいの?」



曜「……」





曜「私は……」
154: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:21:39.56 ID:9JWShMiE
ーー

鞠莉「ギルキス定例会~」パチパチ

善子「……」

梨子「……」

鞠莉「あら、テンション低いわね。上げていきましょ!」

善子「そんな気分じゃない」

鞠莉「連れないわね~善子は。ね、梨子」

梨子「……」

鞠莉「もう、何よ2人して。辛気臭いわね」
155: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:23:47.34 ID:9JWShMiE
善子「それより、歌詞はどうなの?」

鞠莉「んーちょっとは考えてきたけど、中々ね。歌詞作りってあんまりしたことないから」

梨子「曲の方もある程度の方向性は決まってるけど、ここからは歌詞が無いと詰めていけないわ」

善子「で、マリーはどんなの考えてきたの?」

鞠莉「えー?私から?」

善子「こういう時は年功序列って相場が決まってんのよ」

鞠莉「都合が悪いことを押し付けようとしてるだけに聞こえるけど?」

善子「そんなことないわ」
156: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:24:41.91 ID:9JWShMiE
鞠莉「はいはーい、分かった分かった。歌詞の中身、というよりテーマを決めてきたの」

梨子「え、テーマはこの前決めたじゃない」

善子「言葉、だったわよね」

鞠莉「んーやっぱり漠然としすぎてるかなーって。思いつかなかったでしょ?」

善子「うっ……」

鞠莉「ってことで具体的にしようかと」

梨子「なに?」

鞠莉「『愛』」

善子「ええ、ベタ……」
157: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:25:04.37 ID:9JWShMiE
鞠莉「いーじゃない!ベタだけど、ギルキスにピッタリ!愛こそ全て!」

善子「愛については散々歌ってきたけど……」

鞠莉「口答えするなら退学にするわよ」

善子「こんのシャイニークルクルパーめ……!」

鞠莉「むふふ~ってことで『愛』ね!どんなのでいいわよ。愛の伝え方、表現の仕方、愛し方、愛され方……1口に愛といっても様々なものがあるわ」

善子「んん~納得いかないけどしょうがない……」
158: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/18(水) 00:25:42.74 ID:9JWShMiE


梨子「……」




梨子「愛……」


 


善子「……」

 


鞠莉「……ふふ」


180: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:52:59.71 ID:yCAKzBVl
ーー

曜「……」



善子「あのさ……」


 
曜「……」

 

善子「どうして話してくれないの?」



曜「……」

 

善子「曜!」
181: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:53:42.31 ID:yCAKzBVl
曜「……善子ちゃんはさ」


善子「!」

 

曜「嫌いなものの話、わざわざする?」



善子「……それって、リリーのこと?」



曜「そんな話しても楽しくないでしょ」

善子「ねぇ、リリーのこと言ってるの?」

曜「でもさ、好きなものの隣に嫌いなものが置いてあったら嫌でも目に付くからどうしようもない。無視出来ない」


 
善子「……」

 

曜「見たくないのに見ざるを得ない。これって不幸なのかな?」

善子「それは……」

曜「あーあ、私もついに堕天しちゃったかー」


善子「……曜」
182: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:54:33.97 ID:yCAKzBVl
曜「ねー私リトルデーモンになれる?」


 
善子「曜、ちょっと」

 

曜「そう言えば思ったんだけどリトルデーモンっになるってどういうことなの?」

善子「曜っ」

曜「善子ちゃんの手下になるってこと?でも私先輩だからなー。あ、それともファン?アイドルだしね」

善子「貴女どこ見て」

曜「それとも……もしかして、付き合うってこと?そうだなー善子ちゃんなら私……」



善子「曜!」

曜「!」
183: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:55:10.99 ID:yCAKzBVl
善子「……どこ見て話してんのよ貴女……」

曜「え、あれ……」


 
善子「目を……目を合わせなさい。私を見て」


曜「ぅ……あ……」


 
善子「何があったのか話して……1つずつ、ゆっくりでいいから……」


曜「……」

 

善子「リリーと何があったの?」
184: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:55:51.13 ID:yCAKzBVl
ーー


千歌「はっ……はっ……!」


梨子「はぁー……はぁー……」


千歌「りこ……ちゃん……」クチュ


梨子「んんっ」
 


千歌「気持ちいい……?」


梨子「んっ……!う、ん……気持ちいいよ……」
185: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:57:09.38 ID:yCAKzBVl
千歌「はー……んむ……」


梨子「ん……ちゅ……れろ……」


千歌「りこちゃん……すき……」


梨子「……わたしも……」
186: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:57:46.44 ID:yCAKzBVl



千歌「ごめんね、張り切りすぎちゃった……」

梨子「ううん、大丈夫」

千歌「私、こんなにがっつくタイプだったんだ……自分で初めて知った」

梨子「意外……とは思わないけど」

千歌「えー?それってどういう意味?」

梨子「千歌ちゃんって結構エッチだよねって話」
187: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:58:57.63 ID:yCAKzBVl
千歌「もう!そんなことないよ!」

梨子「ホントに?」

千歌「う……そんなことあるかも」

梨子「ふふっ、冗談よ」

千歌「……でも梨子ちゃんだけだよ?こんな所見せるのは」

梨子「そうでなくちゃ困るわ」

千歌「曜ちゃんにも見せたことないんだから」

梨子「あら、それは嬉しいわね」
188: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:59:31.71 ID:yCAKzBVl
千歌「……ねぇ」

梨子「ん?」

千歌「最近さ……曜ちゃんと何かあった?」

梨子「何かって?」

千歌「これ……」スッ

梨子「!」ビクッ

千歌「この頬……叩かれたあとだよね」

梨子「これは……壁にぶつけて」

千歌「曜ちゃんの様子が明らかにおかしいから……ねぇ、何があったの?」

梨子「どうして私に聞くの?直接聞いた方がいいんじゃない?」
189: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 00:59:59.81 ID:yCAKzBVl
千歌「だって、曜ちゃんずっと梨子ちゃんのこと見てるから……」

梨子「そう?」

千歌「うん、ものすごい目で見てた。曜ちゃんのあんな目、見たことない」

梨子「……」

千歌「何かあったんでしょ?教えてくれるよね?」



梨子「……千歌ちゃん」

千歌「うん?んむっ!」



梨子「ちゅ……れろ……ん……」

 

千歌「んんっ……ちょ……」
190: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:00:40.44 ID:yCAKzBVl
梨子「……ぷは……」

千歌「り、りこちゃん……?私の話……」


梨子「ねぇ、千歌ちゃんが好きなのは誰?」


千歌「それは……」


梨子「曜ちゃんなの?」

千歌「ち、違うよ!梨子ちゃんが好きだよ!」


梨子「なら曜ちゃんのことなんてどうでもいいじゃない」

 

千歌「ちがっ、わたしんんっ」



梨子「朝までゆっくり語りましょうか……ね?」クチュ

 

千歌「梨子ちゃん……!」

192: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:02:38.19 ID:yCAKzBVl
ーー

梨子「何の用でしょう」

ダイヤ「話すべきことがあると思いまして」

梨子「新曲のことですか?それならこの前のミーティングで言いましたけど」

ダイヤ「その為にわざわざ呼び出したと思っているのですか?」

梨子「じゃあなんです?」

ダイヤ「最近、曜さんとの関係がよろしくないようですが」

梨子「そんなことありませんよ」
194: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:03:33.28 ID:yCAKzBVl
ダイヤ「そんな見え透いた嘘に付き合ってる暇はありません」

梨子「じゃあもう終わりにしましょうよ」

ダイヤ「ふざけないでください。これはAqoursのことがかかってるんです」

梨子「大げさでしょう。たった2人の関係が影響するほどAqoursはヤワじゃない」

ダイヤ「それは曜さんと何かあったと認めるということですね?」

梨子「そんなこと言ってません」
195: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:04:06.34 ID:yCAKzBVl
ダイヤ「影響しないはずがありません。グループ内の人間関係はパフォーマンスに大きく響きます」

梨子「出てますか?そんなことないと思うけどな」

ダイヤ「それはここ最近貴女がダンス練習に加わってないからです」

梨子「話がすり代わってますよ」

ダイヤ「いいえ。これも呼び出した理由の一つですから」

梨子「……何を聞いているんです?」

ダイヤ「何も。ただ、わたくしが立ててる予想が合っているか確認するだけです」
196: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:04:28.01 ID:yCAKzBVl
梨子「……同じ目をしていますね。貴女と鞠莉さんは」

ダイヤ「不本意ですわ」

梨子「その目が私は嫌いです」

ダイヤ「……話してはくれないのですか?」

梨子「いえ、分かりました。話しましょう、全部」
197: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:06:31.96 ID:yCAKzBVl
果南「なんで呼び出されたか分かるね」

曜「……」

果南「曜」

曜「……」

果南「……」



グイッ

 

曜「いっ!」

果南「ちゃんとこっちを見て」

曜「……!」
198: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:06:59.62 ID:yCAKzBVl
果南「……梨子と何かあったんだね?」



曜「…………た」

果南「え?なに?」

 

曜「盗られちゃった……千歌ちゃんを……」


 
ガッ



果南「いっ!」

曜「盗られちゃったんだよ!千歌ちゃんを!!あの女に!」
199: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:07:32.99 ID:yCAKzBVl
果南「ちょ、落ち着いて」

曜「私の隣から千歌ちゃんを!あの女が!!千歌ちゃんを!」

果南「曜!」



曜「果南ちゃんは何とも思わないの!?千歌ちゃんを独り占めしてるんだよあいつは!!」



果南「この……落ち着きなって!」ガタッ!

曜「うっ!」
200: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:08:00.34 ID:yCAKzBVl
果南「はー……はー……千歌と梨子はそういう関係なの?」

曜「違う!あいつが勝手に!」

果南「喚かない!喚いてもなにも変わらない!」

曜「うぅ……!」

果南「順を追って1つずつ話して……落ち着いてからでいいから」

曜「話すことなんて……」

果南「善子が言ってきたよ。何も話してくれないって」

曜「……!」
201: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:10:57.73 ID:yCAKzBVl
果南「昔からそういうところは変わってないんだから……バレバレのくせに」



曜「うぅ……ぅわぁぁああ……」ポロポロ

 

果南「よしよし……ほら、おいで……」

曜「かなんちゃん……!」
202: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:11:24.39 ID:yCAKzBVl
ーー

ダイヤ「なっ……!?」

梨子「……」

ダイヤ「何故……何故黙っていたのですか!!」

梨子「言う必要がないと思いまして」

ダイヤ「必要が無い……?どこをとったらそんな結論に至るんですか?」

梨子「言ったところで何か変わるんですか?」

ダイヤ「それはっ……!」
203: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/19(木) 01:12:09.23 ID:yCAKzBVl
梨子「もう話すことはありません。帰りますね」
 


ダイヤ「待ちなさい!」

梨子「まだ何か?」



ダイヤ「貴女は……貴女は一体何がしたいんですか?」

 

梨子「……何もしないよりマシだと思いません?それだけです」



ダイヤ「しかし……!これでは」



梨子「いいんです。では」

 
ガララ


 
パタン
215: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:44:41.61 ID:6+s35U7o
ーー

「今日の授業は終わりー。この前言ったように明日は小テストするから勉強してこいよー」

千歌「え、聞いてない」

梨子「予告されてたわよ、ちゃんと」

千歌「知らない知らない。聞いてないからないのと同じ」

梨子「そんな言い訳は通りません」

千歌「うぇー……」

梨子「もう、普段から勉強しとけば慌てなくて済むのに……」

千歌「勉強はテスト前だけしとけってじっちゃんが言ってた」

梨子「何キャラよそれ」
216: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:45:09.78 ID:6+s35U7o
千歌「教えてくださいお願いします」ドゲザ

梨子「脅威のスピード土下座ね。まぁいいけど……」

千歌「やったー!梨子ちゃん大好きー!」ギュッ

梨子「ちょっと、皆の前で……」

曜「……」

千歌「あ!ねーねー曜ちゃんも一緒にしない?」

曜「え?」
217: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:45:34.20 ID:6+s35U7o
千歌「曜ちゃんもテストやばいんでしょ?ね?」

曜「いや私は別に……」

千歌「ね!?」ズイッ

曜「は、はい」

千歌「さすが幼馴染!一緒だね!」

曜「はは……」

梨子「無理矢理言わせてるじゃない……」
245: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:49:18.88 ID:6+s35U7o
すまん、>>217>>218の間が抜けた
これが入る

千歌「梨子ちゃん、曜ちゃんもいいよね?」

梨子「ふふ……」

曜「……!」

梨子「構わないわよ」

千歌「やったー!頑張ろうね、曜ちゃん!」

曜「う、うん……」

梨子「場所はうちでいい?」

千歌「おっけー!」
218: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:47:34.79 ID:6+s35U7o
ーー

梨子「ここ間違ってる」

千歌「えー?」

梨子「これはただ公式使うだけじゃなくて……」

千歌「あーそっかー」

梨子「次はね……」

曜「……」カリカリ

千歌「曜ちゃんは分かるのー?」

曜「んー大丈夫かな」
219: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:47:54.13 ID:6+s35U7o
千歌「えー?曜ちゃんも梨子ちゃんに教えてもらえばいいのに」

曜「いや別に……」

梨子「分かるのに教えてどうするのよ」

千歌「いいじゃん、お揃い!」

梨子「お揃いって……」

曜「あはは……」

千歌「だって、3人でこうやって集まるなんて久しぶりだし」

梨子「そうね……」

曜「……」
220: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:49:50.31 ID:6+s35U7o
千歌「……ね、あのさ」

曜「……なに?」

千歌「2人は……」


ブーブー


千歌「!私だ……美渡ねぇ?」

千歌「もしもし……うん……うん……え、今から?」

千歌「いやでも……えー?分かったよ……」

千歌「……」ピッ

梨子「どうしたの?」
221: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:50:31.40 ID:6+s35U7o
千歌「忙しくて手が回らなくなってきたから帰ってこいって」

梨子「あら……」

千歌「ごめんね、せっかく時間取ってもらったのに」

梨子「ううん、仕方ないわよ」

千歌「じゃあ私帰るね」

梨子「うん。また明日」

曜「じゃあね」

千歌「……」

梨子「どうしたの?」

千歌「いや……何でもない。また明日」

曜「……」

 

バタン

222: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:51:18.30 ID:6+s35U7o
梨子「……」



曜「……」スクッ



梨子「どこ行くの?」
 


曜「帰る」
 


梨子「勉強しないの?」

 

曜「私別に困ってないし」



梨子「千歌ちゃんに誘われたから仕方なく来たってわけ?」



曜「そうだよ」
223: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:51:54.34 ID:6+s35U7o
梨子「ふーん……」

 

ギュッ



曜「!ちょ、何して」

 


梨子「そのベッド」

曜「!」



梨子「千歌ちゃんが乱れてたのよ」



曜「……!」
224: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:53:02.16 ID:6+s35U7o
梨子「激しく動くから……ベッドからはみ出しちゃって……」

曜「黙って」

梨子「千歌ちゃんって結構敏感なんだよ」

曜「黙れっていってるでしょ」


 
梨子「……ねぇ、曜ちゃん」ボソッ

曜「!」ゾクッ

 

梨子「私の身体はさ……千歌ちゃんが染み込んでるんだよ……?」



曜「なにを……言って……」
225: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:53:40.30 ID:6+s35U7o
梨子「千歌ちゃんの体温……千歌ちゃんの汗……唾液……この身体にたーっぷりたーっぷり……」ボソボソ



曜「……!……!」ビクッ


 
梨子「どう……?この部屋、この私にはたーくさん千歌ちゃんがいる……興奮するでしょう?」


曜「そんな……ことは……」

 

梨子「そう?」グイッ


曜「んんっ!」


梨子「あら、濡れてるわね」

曜「やめ、ちょ!」

 

梨子「想像しただけで濡れたの?とんだ変態ね」



曜「ち、ちがっ」
226: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:54:21.06 ID:6+s35U7o
梨子「……」グイッ

曜「!んむっ」

 

梨子「ちゅ……れろ……」


曜「んん……んむぅ……」



梨子「ぷはっ……」


曜「はー……はー……やめて……!」



梨子「どう?千歌ちゃんの味した?」



曜「……!」キッ!
227: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:55:09.10 ID:6+s35U7o
梨子「ねぇ……貴女って本当にヘタレなのね」



曜「……」

 


梨子「千歌ちゃんになーんにも言えないんだから……なーんにも」




曜「うるさい!」ドン!

梨子「きゃっ」ドサッ



曜「なんで……なんでお前なんかに……!」グイッバサッ

梨子「んっ」
228: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:55:47.54 ID:6+s35U7o
曜「私の方が好きなのに!!私の方が千歌ちゃんを幸せに出来るのに!」グチュッ


梨子「んあっ!」ビクッ


曜「どうして!!後から入ってきたくせに!!」グチュッグチュッ


梨子「んんっ!あんっ!」



曜「はーっ!はーっ!」


梨子「はぁ……はぁ……」


 

曜「何で……なんでわたしじゃないのぉ……」ポロポロ



梨子「……」

 
229: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:56:36.10 ID:6+s35U7o
 

チュッ

 

曜「!」

 


梨子「……来て」ボソッ




曜「…………!」
230: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:57:28.03 ID:6+s35U7o
梨子「……」ムクリ

 

梨子「……いない……」

 


梨子「!」

梨子「LINE……」


 

『帰ります』




梨子「……」


 
梨子「……つっ……!」
231: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 00:57:59.01 ID:6+s35U7o
梨子「……」


梨子(噛み跡……引っかき傷だらけ……)


梨子「……酷い跡」

 


梨子「……」ギュッ




梨子「……ありがとう……」


 
梨子「……私は……もう……」
232: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:00:12.49 ID:6+s35U7o
ーー

シャァァァァ……
 


曜「……」


曜「……私は……」


曜「私は……私は、何して……」


 

曜「……あぁ……」



曜「ぁあああぁぁああぁあ……!!」

 

曜(最低だ……!私は……!)

233: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:00:50.66 ID:6+s35U7o
曜「ぁああっ!うおえっ!」ビチャビチャ

 


曜「はーっ……はーっ……」




曜「ぁあああぁ……!ああぁぁぁ……!」

 


シャァァァァ……
234: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:02:12.84 ID:6+s35U7o
ーー


曜「……」



鞠莉「曜」


 
曜「鞠莉ちゃん……」

 

鞠莉「練習サボって、悪い子ね」


 
曜「……ねぇ、鞠莉ちゃん」


 
鞠莉「ん?」



曜「私、嘘が嫌い」



鞠莉「……」
235: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:02:54.25 ID:6+s35U7o
曜「でもさ……嫌いな嘘を私はついてる……」



曜「おかしいよ……嫌いなものに自分から寄り添って……目が離せない」



曜「頭も気持ちもグチャグチャで……もう分からないよ……」


 

鞠莉「その薔薇は?」


曜「……梨子ちゃんから貰った」



鞠莉「そう……綺麗な黒ね」


 
曜「……」
236: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:03:55.57 ID:6+s35U7o
鞠莉「ねぇ、曜」


曜「……?」




鞠莉「憎い?梨子のことが」


曜「……!」




鞠莉「千歌っちを奪ったあの子が……貴女の大切な人を奪ったあの子が、憎い?」


曜「……うん、とっても」


鞠莉「取り戻したい?千歌っちを」



曜「いや……私にはそんな資格ない」


鞠莉「どうして?」



曜「だって、私は最低だから」


 
鞠莉「……」
237: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:04:25.79 ID:6+s35U7o


鞠莉(……梨子、ごめんね。私はもう耐えられない)


鞠莉「曜、あのね――――」

238: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:04:52.94 ID:6+s35U7o
ーー

ーー♪ーー♪



千歌「……いい曲だね」


梨子「ありがとう」


千歌「はーー幸せだなぁ……」


梨子「ふふっ、どうしたの急に」


千歌「だって……こんな特等席で梨子ちゃんのピアノ聴けるなんて……」


梨子「いつも聴いてるじゃない」


千歌「もー雰囲気がないなぁ……」


梨子「ふふ……」
239: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:06:38.07 ID:6+s35U7o
千歌「今日はなんだかいつもより素敵に聴こえる」


梨子「そう?」


千歌「うん。何かいいことでもあった?」


梨子「さぁ、どうかしら」


千歌「もーなにそれー」


梨子「……」クスッ
240: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/20(金) 01:07:24.04 ID:6+s35U7o
ーー♪ーー♪


ー♪


……




千歌「……梨子ちゃん?どうしたの?」


 
梨子「……ごめんね、千歌ちゃん……」


 
千歌「?なんのこと……」


 

梨子「……」フラッ





ドサッ



千歌「え?」


256: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:22:27.51 ID:cGkbPS4Y
ーー
 

曜「……嘘だ」


 
鞠莉「嘘じゃないわ」



曜「嘘だ!」


 
鞠莉「いいえ、全部本当のこと」

 

曜「そんな……何で、そんなこと……」

 

鞠莉「全ては梨子が自分のために……あの子が1番嘘つきよ」

 
257: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:23:44.99 ID:cGkbPS4Y
曜「だって……!だって、それなら私は一体……!」


鞠莉「曜……貴女に……梨子はどんな形であれ貴女の」



バン!



曜「!」

善子「はぁ……!はぁ……!」

鞠莉「善子?」



善子「リリーが!」

鞠莉「なっ……遂に!」

 

曜「……!」ダッ!

善子「曜!?」



鞠莉「待ちなさい!曜!」

258: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:24:57.32 ID:cGkbPS4Y
曜「はぁっ、はぁっ、はぁっ」


 

『曜、あのね。その薔薇の花言葉知ってる?』


『恨みと憎しみでしょ』

 


曜「はぁっ、はぁっ、はぁっ……!」




『ええ。でももう1つあるの』


『もう1つ?』

 


曜「はぁっ……!うぅ……!」ジワッ



 
『ええ、それはね』




曜「ああっ……!うわぁあ!」ポロポロ
259: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:25:35.97 ID:cGkbPS4Y


 




『永遠の愛』


 



 
260: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:28:47.65 ID:cGkbPS4Y
 
『梨子は、貴女のことを愛しているのよ』



曜「ぁああああ!!あぁぁああ!!」





『貴女の目を自分に留めておくために、憎しみを使う程』



曜「ぁあああぁぁああぁあ!!」


 

『梨子はもう……死ぬ』



曜「何で……どうして!!」




『貴女が注いだ憎しみと一緒に、あの子は死のうとしてる』


 

曜「はぁっ、はぁっ、はぁっ」




『憎しみですら、あの子にとっては―――』

 
261: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:30:00.33 ID:cGkbPS4Y
曜「はー……はー……」



千歌「……よーちゃん……?」
 

曜「……千歌ちゃん……」



千歌「よーちゃん……梨子ちゃんが……」


曜「……!」ダッ


 
果南「待ちな!」ガッ!

曜「果南ちゃん!」


果南「面会謝絶だよ。私たちは入れない」


曜「……!!」
262: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:30:35.10 ID:cGkbPS4Y
千歌「わたし……」


曜「千歌ちゃん」


千歌「……わたし……わたし……何も知らなかった……!」


千歌「隣にいたのに……一緒にいたのに……」


 
千歌「恋人だったのに!」



曜「……!」


バッ

果南「あ、曜!」
265: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:33:08.19 ID:cGkbPS4Y
ガララッ


梨子ママ「!貴女は……」


曜「梨子ちゃん!」


梨子「……」


「身内の方以外は面会謝絶です。出ていってください」


曜「梨子ちゃん!梨子ちゃん!」

「ちょっとあなた!」

 


梨子「……よう……ちゃん……?」

 


曜「梨子ちゃん!」

梨子ママ「梨子!」
266: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:36:41.48 ID:cGkbPS4Y
梨子「……きちゃったのね……」


曜「梨子ちゃん!どうして……どうして私を!」


梨子「……」ソッ


曜「りこちゃん……?」


梨子「……綺麗な目ね」


曜「……」


 

梨子「その目に映ってるのは何色?」




曜「……りこちゃん……」



梨子「オレンジ?それとも……」



梨子「……ふふ……」
267: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:37:28.58 ID:cGkbPS4Y
曜「ねぇ……!死ぬの……?逃げるの……!?」

 

梨子「……ありがとう……」


曜「え……?」
 


梨子「抱いてくれて……ありがとう……」


曜「ちが……あれは……!」




梨子「ごめんね……たーくさん……たーくさん嫌なことした……」


曜「……ホントだよ……」
268: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:38:28.40 ID:cGkbPS4Y
梨子「……ねぇ、曜ちゃん……」


曜「なに……?」

 

梨子「……好きって言って……」


曜「え……」

 


梨子「お願い……」



曜「……嘘は嫌いって言ったでしょ……」


梨子「……うん……でも……」


曜「……私は……!」



梨子「……お願い……」


 
曜「くそ……最後まで……!」

 

梨子「……」
269: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:39:18.99 ID:cGkbPS4Y



曜「………私ね…………梨子ちゃんのことが…………」


 


曜「……だーーーーーーーーーーーいすき…………!」




 
梨子「…………私も……!」ニコッ




フッ
272: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:39:56.60 ID:cGkbPS4Y


曜「……りこちゃん……?」


梨子ママ「梨子!」


「……ご臨終です」




曜「梨子ちゃん……梨子ちゃん……!」

 


 

曜「……ぁぁぁぁぁあああああああぁぁぁ!!」


273: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:40:24.20 ID:cGkbPS4Y
ーーー

ーー

274: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:40:57.49 ID:cGkbPS4Y
ダイヤ「恋とは……一体なんなのでしょうか」


鞠莉「あら、どうしたの?」


ダイヤ「いえ、梨子さんを見てそう思いましたので」


果南「分からないけど……命より重いものなんじゃないかな」
275: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:42:03.97 ID:cGkbPS4Y
鞠莉「恋の形は人それぞれよ。梨子にとっては、命よりも重く憎しみすら愛おしかった」


ダイヤ「……理解できません」


鞠莉「そういうことなんじゃない?恋って理解できないのよ」


果南「そっか……」


鞠莉「……ほんと、悪い子ね梨子は……」
276: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:42:53.51 ID:cGkbPS4Y
千歌「うぇ……ひぐっ……」


曜「千歌ちゃん、行こうか」


千歌「うん……」


善子「……曜」


曜「うん?」
277: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:44:05.05 ID:cGkbPS4Y
善子「貴女は……」


曜「……?」


善子「……いや、何でもないわ」キュッ


曜「手……」


善子「いいじゃない、たまには。ね?」


曜「……うん」
278: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:44:37.93 ID:cGkbPS4Y
曜(……梨子ちゃん)


曜(君のせいでグッチャグチャだ……)


曜(Aqoursも……千歌ちゃんも………)


曜(私の気持ちも)


曜(やっぱり私は、梨子ちゃんことが)
279: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:45:07.76 ID:cGkbPS4Y
 



 

曜「嫌いだ」



 

280: 名無しで叶える物語(笑) 2018/04/21(土) 00:45:48.80 ID:cGkbPS4Y
終わり
見てくれてありがとう
色々すまなかった

ではでは
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『曜「私、やっぱり梨子ちゃんのことが嫌い」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。