海未「ことり…射精しては駄目だ、と言ったはずですが?」

シェアする

海未-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:11:11.02 ID:GPetLHQe
海未「……………」ベトー

ことり「ご、ごめんなさい…」

海未「………あなた、自分の置かれてる状況が分かってるのですか?」

ことり「わ、分かってるよぉ…」

海未「いいえ、分かっていません」

海未「いいですか?ことりは今、男性器が生えてしまって、非常に困っています。そうですね?」

ことり「うん……そう」

元スレ: 海未「ことり…射精しては駄目だ、と言ったはずですが?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:12:12.31 ID:GPetLHQe
海未「暫定的な策として、その男性器への刺激を最低限に留める。そう私たちで決めたんですよね?」

ことり「う、うん…そう、だよ……」

海未「しかし、ことりがどうしても男性器がもどかしい、というので…射精はしないことを条件に私が慰めてあげることにしました。違いますか?」

ことり「違わない…」

海未「ならば毎回毎回…どうして我慢できないのですか…!?」

ことり「でも、でもぉ…………」

ことり(だって、仕方ないじゃん……ことりが精子お漏らししちゃったら……海未ちゃん、おしおきしてくれるでしょ?)

ことり(ことり、海未ちゃんにおしおき搾精されるの……大好きなんだもん…♥)
4: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:13:04.29 ID:GPetLHQe
海未「はぁ……もういいです。一旦は。続き、始めますからね」

ことり「つ、続きって……そんな……!」

海未「何度も言わせないでください。一度出してしまった以上、空になるまで出しきってもらいます」シコシコ

ことり「つらいっ♥つらいよぉぉ!!」

海未「あなたが我慢できないから、こんなに辛い思いをしなければならないのですよ?」

ことり「んああっ!!でちゃ、射精ちゃぁぁ♥」ビュルルッ

海未「出しきってもらう、と言いましたよね?まだ残っているでしょう?」シコシコ

ことり「!?ら゛めっ!!それはだめ!だめなのぉぉぉぉ!!!!!」

海未「なにが!駄目ですか…っ!」グニグニグニ

ことり「――――う゛ッ♥」ゾクッ

ことり「ひッ………♥やあぁぁぁぁぁぁん!!!」プシャアァァァァァァァ♥

ことり「あ゛っ♥あぁん………………♥」

海未「潮吹きですか……しかし、まだ残ってますよね?」

海未「ん、むんっ……」

ことり「ふ…………ぇ?」

海未「らしなひゃい……奥に、残ったものまれ」チューチュー

ことり「そんな…も、残ってなんか……」

海未「………らすのれふっ!」チロチロ

ことり「う゛あ゛っ!!ふぁんっ♥」ドピュッビュルルッ♥
5: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:13:51.76 ID:GPetLHQe
海未「……ふぅ、これでもう出しきったでしょう」ゴクン

ことり「……………っ♥」ビクビクッ

海未「ことり………あなた、本当に治す気はあるのですか?」

ことり「あ、あるよぉ……でも………」

海未「ことりはもっと自制できると思っていたのですが…どうやら、私の考えが甘かったようですね」

カシャン

ことり「…………ふぇ?」

海未「貞操帯、着けさせてもらいました。今後はこれにことりの射精管理は任せようと思います」

海未「安心してください。我慢できないのであれば、私が『ある程度』慰めてあげますから」ニコッ
6: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:14:22.59 ID:GPetLHQe
その日から。
ことりはおちんちんに貞操帯を着けるようになりました。

1日に1回だけ、海未ちゃんは貞操帯を外しておちんちんを慰めてくれるんだけど―――

その「1回」が、本当にたった1回だけ。
カサを指でなぞられて、亀頭をちょっとくにくにされて、おしまい。
こんなのじゃ、射精するどころか気持ち良くすらなれないよ………
7: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:14:55.14 ID:GPetLHQe
そう、思ってた。
最初の頃は確かにそうだったけど、どんどん日が経つにつれて、おちんちんが刺激を求めるにつれて……その僅かな慰めがことりを苛むようになる。

触れた指先から、海未ちゃんの熱を感じる。
海未ちゃんの白魚のような指先が、ことりのおちんちんを優しく撫でる。
ことりのおちんちんが幸せになるには、それだけで十分だったの。

だから海未ちゃんのその優しさは、ことりをどんどん追い詰めていった。
8: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:15:32.83 ID:GPetLHQe
―――――10日後。

ことり「」ボー

あぁ。
イキたい。
ことりのおちんちんみるく、海未ちゃんに搾り取ってもらいたい。
海未ちゃんに見下されながら…破廉恥です、最低です、って罵りながらしこしこしてもらいたい。

「…………り?」

海未ちゃんにひどいこと言われてるのに…ことりは、それ聞いて発情しちゃうんだぁ♥

海未ちゃんに罵られるたびに背中ぞくぞくするから…もっと言って、もっと言って、って欲しがっちゃう。

最後には、罵る海未ちゃんをよそ目にことりは射精しちゃうの…♥

ずーっと溜めてたから、とーっても濃くって…きっと、すっごくひどいにおいがするよね。

「こ………り?聞………すか?」
9: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:16:05.90 ID:GPetLHQe
海未ちゃんの綺麗な手、ことりのとびっきり汚くって濃厚なざーめんがどぴゅどぴゅ犯しちゃって……

それ見たら海未ちゃん、顔をしかめて…泣いちゃうかなぁ?
うぅん、きっと海未ちゃんは我慢するよね。
海未ちゃんは強いもん。

涙で潤んだ瞳で…きっ、とことりのこと、睨み付けてくるの。

こんなもの、よくも私の手に…って顔で。
汚いものを見下す目付きで。

だめだよ海未ちゃん…そんな目で見られちゃったら…ことり、ぞくぞく止まらないよ♥また射精しちゃう♥

そしたら、次こそ海未ちゃんは本気で怒っちゃうんだぁ♥
ことりがいくら謝っても、いくら射精しても、全然許してくれないの。

この前みたいに…出し尽くすまで許しません、いいえ、出し尽くしても許しません、って♥
10: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:16:45.75 ID:GPetLHQe
…………………はぁ。

あぁ………もうだめ。
そんなこと妄想しちゃだめ……どうせイケないなら辛いだけなんだから。
なのに、考えちゃう。

イキたい。
イキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたいイキたい。

イカされたい。
海未ちゃんにイカされたい。

徹底的に、ぐちょぐちょに、とろとろに、海未ちゃんにイカされたいよぉ…♥

ことり「はぁ……………っ♥はぁ……♥」

海未「………ことり?」ボソッ

ことり「―――――――――っっ?!!?!」ビクビクビクッ
11: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:17:55.41 ID:GPetLHQe
突然耳元で聞こえた、優しく囁きかける声。
声の主は―――ことりがずっと待っていた、その人。

ことり「あ―――――ッ♥」ゾクゾクゾクッ♥

耳元なんて………だめだよぉ……いきなり、そんなの……!
電流が…背中にっ……!視界、ちかちか…っ!
だめ、けいれん………おさえ、られ、な―――♥

海未「ことり?………まさか」

ことり「―――――っ♥…………あ゛♥」

海未「す、すみません!ことりが気分が悪いそうなので保健室に連れていきます!」ガタッ
12: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:18:43.94 ID:GPetLHQe
――――――保健室

海未「ことり?」

海未「貞操帯、外しますよ?」

ことり「あ゛――――っ♥あ゛…っ♥」ビクンビクン

ムワァ……

海未「………やはり、ですか」

海未「まさか話しかけただけでイッてしまうとは………」

ことり「う……っ♥あ………♥え、へへ………っ♥みてぇ…うみちゃあん……♥ことり……せーし、おもらししちゃったぁ………♥」

海未「すみません、ことり…こんなになるまで我慢させてしまっていたなんて…」

ことり「?うみ、ちゃん?ことり、せーしお漏らししちゃったんだよ?海未ちゃんの言いつけ、守れなかったんだよ?」

海未「ですが…それはことりの事情を分からずにルールを押し付けた、私の責任です」

ことり「おしおき…してくれないの……?」

海未「はい……今回ばかりは、私の責任ですから……申し訳ありません」
13: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:19:24.25 ID:GPetLHQe
ことり(海未ちゃんは本当に申し訳なさそうに、しゅんと小さくなっています)

ことり(海未ちゃんにこんな思いさせたくて射精したんじゃないのに……)

ことり「……じゃあ、ことりのお願い…ひとつ。聞いてほしいんだけど」

海未「?なんでしょうか」

ことり「声だけでイッちゃうえっちで淫乱なことりのこと…おしおき、してほしいの」

海未「!?」

海未「こ、ことり……?本気で言っているのですか?」

ことり「もちろん、本気だよ♥」

海未「―――――本当に、本当に……大丈夫、なのですね?」

ことり「うん、お願い。思いっきり、ことりを……壊して♥」

海未「」ゾクゾクゾクッ♥

海未「それを聞いて安心しました…」

海未「私きっと…いえ、絶対。制御できませんから―――ことり。覚悟、してくださいね」

ことり「」ビンビンッ♥

あぁ。
海未ちゃんの、この眼差し。
弓道の的を狙ってるときと同じ…この目。

いつもの、静かな優しさに溢れた目じゃなくて、凛と鋭く光った獲物を狙う目で……
そんな目で見られただけで―――ことり、イッちゃいそうだよぉ…♥
14: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:20:00.21 ID:GPetLHQe
海未「……では、まずは」

海未「話しかけられただけでイッてしまう淫乱な耳から、責めさせていただきます」

ことり「み、耳元で言わないでぇ……」

海未「?何故です?ことりもさっきそう言っていたではありませんか」

ことり「そ、そう…だけどぉ……」

海未「♪」

レロレロ♥
グチョグチョ♥

ことり「や、あぁぁ♥」ビクビクッ

海未「ことり、どうですか?気持ちいいですか?」レロレロ

ことり「………んっ!きもちぃ……きもちいいよぉ……♥」

海未ちゃんがことりの耳を舐めるいやらしい音が、ダイレクトに伝わってくる。
触られてるわけでもないのに、それだけでことりのおちんちんは激しくびくびくしちゃう。
15: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:20:45.33 ID:GPetLHQe
海未「ことりは素直でかわいいですね♥そんなことりには…ごほうび、ですよ♥」フーッ♥

ことり「ひやぁぁぁぁぁぁっっ!?」ビュクビュクビュク♥

海未「言葉のつぎは、吐息だけで…思う存分、イクのです♥」フーフーッ

ことり「うあ!!とけ、ちゃあ!!んみちゃあ!!とけちゃう…っ、よぉぉ!!!!!」ビュルルルルッ♥

海未「ならいいでしょう、私もあなたを溶かすためにやっているのですから♥」フーーッ

ことり「うあ、あぁんっ♥とまら、ぁっ♥とまらないよぉ♥おちんちんイクのぉ♥とめられ――――♥」ビュクビュク

海未「いいのですよ、好きなだけイキなさい♥ど淫乱の…こ・と・り♥」チュッ

ことり「う゛あ―――――っっっ!!!!!」ビュルルルルルッ♥
16: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:21:27.63 ID:GPetLHQe
ことり「はぁ、はぁぁ…………♥」ビクンビクン

海未「たくさん射精しましたね…」

海未「べとべとのままでは困りますからね、掃除しますよ?」ジュポッ

海未「ん、っ………ふっ、んんむ……っ」ジュボジュポ♥

ことり(そんな…まだ敏感なのに、海未ちゃんのお口吸い付いて…すじのとこ、丁寧に舐めてくる…!)

ことり(カリも、舌でぞりぞりってぇ……♥)

ことり(こんなの…すぐにイッちゃうに決まって――――っ!)

ことり「―――――――ッ♥」ドピュルルッ♥

海未「ん、っぷ………♥」

海未「ん、んく……っ♥…ことり、掃除したそばから汚してしまっていいのですか?」

ことり「だ、だってぇ………海未ちゃん上手すぎるんだよぉ………♥」

海未「いえ、別に私は構わないのですが……ただ」

海未「射精すればするほど、掃除は長く続きますよ?」

海未「ことりのおちんちん、しっかり綺麗にしてあげなければならないので…掃除したそばから汚されてしまってはキリがありませんが…」

ことり(そんなこと言われても……気持ちよすぎて、どうしようもないんだもん……♥)

――――――――――――
17: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:22:05.56 ID:GPetLHQe
――――――――――――

海未「………んっ」

ことり(海未ちゃんがふぇらするのをいきなりやめました)

ことり「海未、ちゃ…………?」

海未「フェラするよりも…入れっぱなしの方が効率よく掃除できますね」

レロレロレロッ♥
チューッチューッ♥

海未「う・ら・す・じ♥感じやすいですよね、ことりは♥」チロチロ

ことり「うんっ♥んみちゃんに、なめられる…とぉ♥ちから、抜けちゃうのぉ……♥」

海未「ふふっ♥力の抜けたおちんちん……ぐりぐりしてあげます♥」

ことり「う゛ッ♥すずぐちっ♥ぐりぐりぃ……しない、れぇ……♥」

海未「んむっ♥」グリグリグリ

ことり「ひんッ♥ぴぃぃ………………っ♥」

海未「最後に……亀頭にキス♥してあげますよ♥」チュッ

ことり「んあんッ♥」ビクンビクンッ♥

海未「ふぅ……綺麗に出しきれましたね」

海未「ことり、まだイケますか?…いえ、イッてもらわないと困りますが」

ことり「はぁ……っ♥はぁ……♥」

ことり「うん……もっと、もっとシてぇ…♥」
18: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:22:42.64 ID:GPetLHQe
海未「ならば…ことり。腕、上げてください」

ことり「こ、こう…?」

海未「そう、そうです…♥」チロ♥

ことり「きゃあぁぁぁっ!?」ビクッ

ゴンッ!

海未「痛あっ!?」

ことり「あっ!ご、ごめん!海未ちゃん!」

海未「い、いえ!ちゃんと言っておくべきでした、私も悪かったです…」

ことり「え、えっと……次は腋を責めてくれるってことで………いいのかな…?」

海未「はい。そのつもりですが―――嫌、ですか?」

ことり「うぅん、全然嫌じゃないよ…おねがいっ♥」

海未「ふふっ…ではお言葉に甘えさせていただきましょう」
19: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:23:39.18 ID:GPetLHQe
ことり「今まで、腋でイッたことはありますか?」

ことり「うぅん、ないよ」

海未「なるほど、そうですか………では」

サスサスッ♥

ことり「きゃ…………っ♥」

海未「私が、開発して差し上げます♥」

海未「さぁことり、腋…見せてください?」

ことり「う、うん……はい………♥」

海未「ありがとうございます」スンスン♥

ことり「うぅぅ……そんなとこ…くさいよぉ……?」

海未「いいえ、そんなことはありませんよ。とても、とてもいい匂いです」スンスン

海未「――――発情しきった、いやらしい…雌の匂いがします♥」スンスン

ことり「――――――――――ッ♥」

ことり(こんな、恥ずかしい………っ♥せめて顔、隠したいよぉ……)
20: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:24:48.02 ID:GPetLHQe
海未「」レロレロッ♥

ことり(うぅ……気を抜いたら、さっきみたいに腕下ろしちゃいそう……)

海未「」ペロペロペロッ♥

ことり(耐えなきゃ……♥耐え、なきゃ……ぁ♥)

海未「」チロチロ♥チュッチュ♥

ことり「んっ……♥ふっ……、あ……っ♥」

海未「ふふっ…随分と艶かしい声を出しますね…そんなにいいのですか、腋責められるの?」

ことり「うん……いい♥すっごくいいよぉ…♥」

ことり(それに…おっぱいでイカされるよりも…おちんちんでイカされるよりも…なんか、こっちの方がずっと恥ずかしくて……余計に感じやすくなっちゃう…っ♥)
21: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:25:32.96 ID:GPetLHQe
海未「そうですよ。その恥ずかしさを味わい尽くしてこそ、です…ことり」

ことり「えっ!?こ、声に出てた…?」

海未「いえ…ですが、ことりの反応を見れば何を考えているか、などおおよそ検討はつきますので」

海未「ことりは、私専用のミルクサーバーになりたいのでしょう?ならば…私の手で徹底的に辱しめられる必要があるのです」

海未「私の『モノ』になれば、こんなにも辱しめてもらえる、こんなにも快楽を叩き込んでもらえる………それを今のうちから、あなたの体に教え込んでおきたいのです」

海未「…………こんな風にっ♥」

ジュルジュルッ♥

ことり「――――――――――っ♥!!」ビクビクッ

ことり(わ、きぃ……♥じんじんするぅ……こんな、の……知らない……♥)
22: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:26:28.93 ID:GPetLHQe
ことり「はぁ………♥はぁ…………♥」

海未「休憩にはまだ早いですよ?またすぐに絶頂しなければならないのに♥」

ことり「え、それ…どういう…………?」

海未「まずは、乳首です♥」ペロッ

ことり「やんっ……………♥」

海未「ん……っ♥こほひのおっぱい……ほいひいれしゅ♥」チュパチュパ♥

ことり「あ、ふん………っ♥うれ、しいなぁ……♥」

海未「ふふっ………胸にばかり、気をとられてないですか?」クニュッ♥

ことり「う゛あぁ!?」

海未「きゅんきゅんですね♥おちんちんでイカされてるのに、おまんこも切なくなってしまうのですか?」

ことり「うんっ…そうだよぉ……♥ことり、淫乱だからぁ♥海未ちゃんに責められると、どっちも切なくなっちゃうのぉ♥」

海未「そうでしたか…なら、一緒に慰めてあげなければ、ですね♥」シコシコシコッ♥
23: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:27:24.11 ID:GPetLHQe
ことり(なにこれ………!なに、これぇ…っ!!)

海未「」ペロペロペロ♥

ことり「うぁッ♥ちくびぃ……っ!も、勃ってるからぁ……♥」

海未「」クチュクチュッ♥

ことり「やぁぁ♥おくぅ……!かきみだすのぉぉ………♥」

海未「」シコシコシコ♥

ことり「あっ♥あっ♥あっ♥ああぁぁっ♥」

ことり(ちくびっ…!舐められながらぁ♥おまんこも、おちんちんも一緒に責めるなんて……っ!!)

ことり(無理だよ、こんなのぉ……っ♥すぐに、イッちゃ――――!)
24: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:28:07.47 ID:GPetLHQe
海未「イキたそうですね…では、ことり。その前に、最後の仕上げです」

ことり「ふぇ………?しあ、……?」ピクピク

カジッ

ことり「うあぁぁぁぁぁぁっっっ!?」

ことり(乳首……甘噛みっ!?)

グリグリグリ

ことり「んあ゛っ!?あ゛ッ♥…………か、はぁっ♥」

ことり(亀頭……っ♥手のひらで思いっきりぐりぐりって……!!)

グニィィッ

ことり「――――――ッ♥ひっ♥ぎ、……っっ!!」

ことり(クリ……!こんなにぐにぐにいじめるのぉ………っ♥)

ことり(こんな…こんな激しいの、ひとつだけでもすぐにイッちゃうのに……!みっつ一緒に、なんて……おかしくなっちゃうに、決まってるよぉぉぉぉ♥)ガクガクガク
25: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:28:54.27 ID:GPetLHQe
海未「おや、そんなにおちんちん擦り付けて……亀頭責め、そんなに良いのですか?」

ことり「う゛あッ♥こしっ!こし、がぁっ!!いうこと、きか、にゃあぁぁぁぁ………っっ!!!」ガクガクガク

海未「そうでしたか……。ならば、そろそろ一思いにおちんちんから、イカせて差し上げましょう」

海未「今から一気にイカせますからね…集中してください」

そう言うと海未ちゃんの指先は、ことりの亀頭に触れ…

カリカリカリカリカリカリ♥

ことり「ひう゛ッ♥」

亀頭のカサの方から先っぽに向かうように、じわじわおちんちんをくすぐって…

海未「どうぞ、ことり―――――イキ狂いなさい♥」

もう一方の手で激しく、竿をしこしこシゴいて――――――――っ♥


ことり「やん゛ッ♥やぁぁぁんッ♥イクっ!!イクぅぅっ!!!」ドピュッッ♥ビュルルッ♥ビュッ♥ビュ-ッ♥

海未「まだまだ♥止めませんからねっ!」カリカリシコシコシコシコ♥

ことり「とめないでぇ♥とめないでぇぇ♥いじめてぇ!もっと!いじめてぇぇっ!!」ビュクビュクビュクッ♥

海未「ふふふふっ……♪いじめてあげますとも♥ほら、こっちも…ですよっ!!」グチュッグチュッ♥

ことり「う゛あ゛――――――っ!!!」

ことり「おちんちん゛っ♥イッ♥イ゛ッてる!の、にぃ!!おまんこもお゛っ!?イッちゃ!!いっしょにぃぃっ!!イッち゛ゃあ゛あ゛ぁぁぁぁぁぁ!!!」プシャアァァァァァァ♥
26: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:29:57.69 ID:GPetLHQe
――――――――――

海未「ふぅ……………っ」

海未「昇天、とはよく言ったものですね」

海未「ことり?どうですか?今の気分は…正しく、天にも昇るような快感でしょう?」

ことり「あ゛ッ♥あ゛ッ♥あぁっ♥んみちゃあぁぁぁ……♥んみちゃあ♥んみちゃあぁぁぁ…………っ♥」ビクンビクン

海未「イクのにいっぱいいっぱいで私の声すら聞こえていませんか…偉いですよ♥」ナデナデ

ことり「んあ゛ッ♥あ゛――ッ♥イッ♥イッ……♥」ビュルッ♥ビュルルルルルッ♥

海未「ふっ…髪を撫でるだけでイッてしまいましたか」

海未「それでいいのですよ、ことり……♪あなたは私の一挙手一投足全てに悦びを見出だし、そしてそこから快楽を貪るのです。よく似合っていますよ、その姿♥」

ことり「―――――っ♥―――っっっ♥」ビクンビクンッ♥

海未「あぁ………ことり」ギュウッ

海未「――――もう、離しませんから♥あなたは一生……私の、奴隷です♥」
27: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/04/22(日) 17:30:42.28 ID:GPetLHQe
以上です
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「ことり…射精しては駄目だ、と言ったはずですが?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)