絵里「エリーチカが驚く初耳学!」海未「第6回です」

シェアする

絵里-アイキャッチ39
今夜のエリチカ学は…

海未「今回は新企画をご用意しました」

新企画・エリーチカの初耳白熱教室、始動!

絵里「スポーツ界でも、学生アスリートの活躍はプロにも決して引けを取らないわ」

エリーチカが大学スポーツの革命を語る!

さらに!

絵里『希…………結婚しよう』

のぞえり、まさかの公開プロポーズ!?

一同「「「フゥ〜!!」」」
パチパチパチパチパチパチ

絵里「今日全然勝った気がしないんだけど!!」

(一同 笑い)

μ'sに一体何が!?

全国のラブライバーが出題者!

エリーチカが驚く初耳学!

pixiv: 絵里「エリーチカが驚く初耳学!」海未「第6回です」 by ふりえんて

スポンサーリンク


パチパチパチパチパチパチ

絵里「前回の放送からまた期間が空いちゃったけど…その間にまたいろいろあったわね」

穂乃果「本当だねー、ソロライブ3発売、スクスタも着々と進行、スクフェスも5周年!」

凛「うんうん!またμ'sの活動がたくさんできて感激だよね!」

ことり「それに…ぷちぐるもいよいよリリースだよ♪」

海未「はい!他のグループとの合同活動も、以前に増して盛り上がってきましたね」

にこ「しっかし…一緒の活動が増えてきて改めて思うけど、Aqoursも虹ヶ咲もすごい勢いよね」

希「ほんまやなぁ、ウチらもうかうかしてられんよ…絵里ちどうする?いつも通りに収録に来て」

希「パッて見たら、番組名が『ダイヤさんが驚くピギャア学』に変わっとったら」

絵里「やめてよ!? 希が言うと変にリアリティがあって怖いわよ!」

(一同 笑い)

海未「では、最初の出題ですが…今回は新企画をご用意しました」

海未「名付けて、『エリーチカの初耳白熱教室』です!」

【エリーチカの初耳白熱教室】

パチパチパチパチ

海未「今回の収録では、最初の出題に関連するあるテーマを前もって絵里に伝えてあります」

海未「そのテーマに関する事柄について、絵里に自由に講義を行ってもらおう…というのがこの企画です」

海未「企画初回となる今回のテーマは…『スポーツ』。それでは絵里、お願いします」

絵里「OK!じゃあ、始めましょうか」

絵里「今スポーツの話をするんだったら…やっぱり、平昌オリンピックに触れないわけにはいかないかしらね?」

(※この放送は2018年3月に収録されています)

穂乃果「うんうん!どの競技も盛り上がったよねー!」

ことり「フィギュアスケートの羽生くん、かっこよくてかわいかったなぁ♪」

にこ「あー、うちのチビたちもテレビにかじりついて観てたわ」

花陽「凛ちゃんはスノーボードに見入ってたね?」

凛「そう!平野歩夢選手!大迫力だったにゃー!」

希「うちはアレが好きやったね…カーリング女子!」

真姫「あー、ああいう戦略性が強い競技もいいわよね」

絵里「ふふ…やっぱりみんな存分に楽しんでたみたいね?」

絵里「でも!忘れないで、私たちはスクールアイドル」

絵里「スクールアイドルがプロのアイドルにも負けないぐらい盛り上がってるのと同じように…」

絵里「スポーツ界でも、学生アスリートの活躍はプロにも決して引けを取らないわ」

凛「分かる分かる!お正月の箱根駅伝とか高校野球とか、毎年目が離せないよね〜」

絵里「そうね!そして…中でも、私が特にみんなに紹介したい学生スポーツチームがあるの」

絵里「それじゃあいきましょうか…今回の白熱教材、タイトルはこちら!」

ジャジャジャジャン ジャジャジャジャン!

【〜0から1を踏み出し続ける戦士たち〜】
【東京大学運動会硬式野球部】

ことり「東大の野球部…?」

––––––––––––––––––––
ナレーション: 高坂雪穂

言わずと知れた日本の最高学府、東京大学。
学問の最先端を担う学者たちが集うこの大学にも、勝負の世界に身を置く学生アスリートがたくさんいます。

東京大学運動会硬式野球部、通称「東大野球部」も東大生アスリートチームの一つ。
早稲田、慶應、明治、立教、法政とともに東京六大学野球連盟を構成する東大野球部は、
大学野球の聖地・明治神宮野球場で毎年春秋2回の東京六大学野球リーグ戦を戦っています。

そんな東大野球部を是非紹介したい!と、絵里さんは言うのですが…
––––––––––––––––––––

真姫「ちょっと待ってよエリー、なんでわざわざ東大なのよ?」

穂乃果「…『わざわざ東大』?」

花陽「真姫ちゃん、どういうこと…?東大だよ?」

真姫「そりゃあ学術分野なら当然日本のトップと言えるでしょうけど、スポーツの話でしょ?」

真姫「六大学の中で東大は唯一の国立大学…他の私立5校にはスポーツ推薦やそれに近い制度があるわ」

真姫「東大にそんな制度はないから、東大生アスリートになるにはまず最難関の入試を突破するのが絶対条件」

真姫「私立に比べて戦力増強の面で圧倒的に不利な東大が、スポーツの分野でそう活躍できるとは考えにくいわよ…?」

希「…言われてみれば確かにそうやね」

絵里「確かに、真姫の言うことももっともだわ…東大野球部が、六大学リーグで苦戦を強いられているのも事実よ」

絵里「そのあたりの話から始めましょうか。まずはこれを見てちょうだい」

【94】

絵里「これは東大野球部に関するある記録を表す数字なんだけど…どんな記録か、想像つくかしら?」

穂乃果「94…誰かの背番号かな?」

海未「学生野球でそこまで大きな背番号は使われないと思いますが…」

花陽「うーん…東大野球部が不利な状況にいるって話だから、もしかしてよくない記録なのかも」

にこ「っていうと…1シーズンに打たれたヒットの数とか?」

凛「それとも、取られた三振の数?」

絵里「ふふふ…花陽の一言で割といい方向に考えが向いたみたいだけど、甘いわ!」

絵里「正解は…これよ」

【東京六大学野球 最多連敗記録】
東京大学…94連敗 (引き分け2回を挟む)

一同「「「えー!?」」」

希「94連敗って…!? 待って、プロ野球の試合が確か1シーズン140試合ちょっとやろ?」(※2018年時点で143試合)

ことり「えっ…じゃあ、プロのチームがシーズンの2/3をずっと負け続けるようなものってこと!?」

絵里「…ひょっとしたら、それよりももっとひどいかもしれないと思わせるような話があるわ」

絵里「この東大の94連敗は、2010年の秋季リーグから始まっているのだけど…」

絵里「この94連敗の中に、2011年から2014年までの4年間が丸々収まるのよ」

真姫「…!それって!」

絵里「ええ…2011年度に入学した野球部の人たちは、在部中1度たりとも勝利を経験しないまま部を去っているわ」

凛「そんな…!いいの、そんなの!?」

にこ「…勝負の世界はどこも厳しいってことね」

穂乃果「でも、そんなの!だって、東大だって他の大学に負けないくらい頑張ってるんだよね!?」

穂乃果「大学の勉強も大変なのに、野球の練習もきっと毎日毎日とことん厳しくやって、それなのに1回も勝てないなんて!」

穂乃果「そんなの…いくらなんでもあんまりだよ…!」

絵里「…ふふふっ」

穂乃果「ちょっと絵里ちゃん!何笑ってるの!?」

絵里「穂乃果、私がなぜ東大野球部を取り上げたと思う?"94"っていう数字がはっきり出せたのはなぜだと思う?」

穂乃果「え、それは…あっ!?」

花陽「…もしかして!?」

絵里「2015年5月23日、対法政大学戦」コクバンカキカキ

絵里「延長10回の接戦の末…6-4で、東大が見事勝利!」

一同「「「おー!!」」」

絵里「ついに連敗記録を止めて、4年振り以上になる悲願の白星を手にしたの!!」

花陽「よかった…!やっと勝てたんだね…!」

希「…あ、それで『0から1』なんやね!」

絵里「ええ…ちょっと通じる部分があるように思って、Aqoursのフレーズを拝借してみたの」

絵里「それに、東大野球部が手にした『0から1』はまだあるわ」

絵里「東京六大学野球ではシーズンごとに、同じ相手に先に2勝すると“勝ち点”が1点獲得できて…」

絵里「この獲得した勝ち点の数でリーグの順位が競われるのだけど」

絵里「実は東大、2002年の秋季リーグを最後に一度も勝ち点を獲得できていなかったの」

ことり「2002年…!これも相当長いね」

絵里「連敗をストップして以降、少しずつ勝てるようになってきた東大ではあったんだけど…」

絵里「1勝しても後が続かず、なかなか勝ち点に手が届かないでいたわ。でも!」コクバンカキカキ

絵里「2017年秋季リーグ、法政大学に2連勝!実に15年振りの勝ち点をゲットしたの!」

一同「「「おー!?」」」

凛「すっごいにゃー!!」

真姫「15年振りって…革命みたいなスパンね…」

絵里「まさしくね。東大野球部は今、歴史的な大躍進を遂げているってわけ!」

穂乃果「ほぇ〜…すっごいなぁ」

にこ「しっかし、94連敗もしながらよくここまで続けてこれたもんよね」

希「本当やね…途中でみんな嫌になっても何もおかしくなさそうや」

花陽「どうしてそんなに戦ってこれたのかな…?」

絵里「その理由はいくつかあるのだけど…私が特に感銘を受けたのは、昔東大野球部が交わしたある約束の話かしら」

穂乃果「約束?」

絵里「東大の加盟で六大学リーグができたのが、1925年のことなのだけど」

絵里「その加盟の時に…当時の野球部長だった長与又郎さんが部員たちへ、激励の言葉を2つ贈ったの」コクバンカキカキ

絵里「『絶対に自分たちから連盟を脱退すると言わないこと』…そして、『一度は必ず優勝すること』」

絵里「それから93年が経った今…実は六大学の中で東大だけ、まだ一度もリーグ優勝を経験していないのよ」

凛「じゃあ、その約束を果たすためにまだ戦ってるってこと…!?」

ことり「100年近くも前から…!」

絵里「…大学生活の4年間という限られた時間の中で精一杯戦う点では、彼らにも私たちスクールアイドルと通じるものがあるわ」

絵里「ただ、東大野球部が私たちスクールアイドルと異なる点の1つは…」

絵里「幾多もの世代を越えて、同じ想いが受け継がれていること」

絵里「今戦っている選手たちのプレーには、たくさんの先人たちの想いが一緒に乗っていると考えると…素敵だと思わないかしら?」

希「おお〜」

真姫「なるほどね…」

※参考記事
東洋経済ONLINE 2017/09/08
東大が「東京六大学野球」で戦い続ける意味
http://toyokeizai.net/articles/-/187418?display=b

この番組の収録から暫く経った4月14日、2018年の六大学野球春季リーグが開幕しました。
放送日現在、東大は慶應義塾大学・明治大学と対戦し、まだ白星は挙げられていませんが…
新体制となった東大野球部、まだまだ目が離せません!

それでは、そんな六大学野球にまつわる出題!
絵里さん、知ってますか?
(問題提供: ソビフレ 様)

絵里「…………」

六大学野球をはじめとする学生スポーツでは、選手たちのプレーの他に…

\カツゾ カツゾ ト-ダイ! カツゾ カツゾ ト-ダイ!/

応援団のパフォーマンスも見ものですよね!

応援団と言えば、学ラン姿が思い浮かびますが…

学ランの…



【???】



【『ラン』って何?】

花陽「え……?」

絵里「………………」

さあ絵里さん、知ってた?それとも初耳?

絵里「………………」






絵里「ラン……え、ラン?」

絵里「……ダメだわ」ポチッ

【初耳】

一同「「「あ〜!!」」」
パチパチパチパチパチパチ

海未「絵里が初耳だったので、初耳学に認定です」

【学ランの『ラン』って何?】
パチパチパチパチパチパチ

絵里「……すっごくベタな言い訳していいかしら?」

絵里「私、女子校通いだから男子制服のことよく分からない!」チカッ

にこ「いや開き直ってんじゃないわよ!?」

(一同 笑い)

〜解説VTR〜
海未「現在の『学ラン』に近い詰襟の学校制服が日本で初めて採用されたのは、明治時代初期と言われています」

海未「学生も着物が主流だった中、詰襟のような西洋式の服装は文明開化の表れの一つでもあったのですが…?」

テレテッ テレテッ♪
【初耳学 7個目】

明治初期、日本の近代化を急速に推し進めていた政府は、軍隊の服装にもヨーロッパ式のものを導入しました。
色は汚れが目立ちにくい黒、下士官以上のものは首を武器から守れる詰襟、兵隊のものは銃の伏せ撃ちがしやすいように折襟。

そして学生は国の将来を担う貴重な存在であるとして、上級兵と同じ詰襟のデザインを学生服に採用したのです。
かくして、詰襟学生服は文明開化の流れの中で生まれました。

そして…この『西洋式のものを導入した』というポイントこそが、『ラン』の由来!

凛「え、西洋…西洋だからラン?」

穂乃果「どういうこと…?」

絵里「…………あっ!?」

明治維新の1世代前、日本がまだ鎖国状態の江戸幕府政権下にあった頃…
ご存じの通り、日本と交易が許されていた国は、中国(明/清)とオランダの2ヵ国だけでした。

外交先が大きく限られたことで、いつしか江戸時代の人々にとってオランダは西洋の代名詞的存在となり…
西洋から入ってきた衣服は、「蘭服」と呼ばれるように。

明治時代に生まれた学校制服もその名残で、『学』生の『蘭』服、『学ラン』という名がついた…というわけ。
そう!学ランの『ラン』は、オランダの『ラン』なんです!

希「へぇ〜…!」

絵里「しまったわ…『蘭学』あたりから連想できたはずなのに…」

この『学ラン』という名称、しばらくは隠語として使われていたのですが…
昭和50年代に漫画で使われたことで、一般にも『学ラン』という言葉が定着し、現在に至っています。

ということで…

♪〜

認定初耳学!
【ヨーロッパの軍服から生まれた学ランの『ラン』は、鎖国以来西洋の代名詞だったオランダの『ラン』】

亜里沙『こうして洋式学生服の始まりとして生まれた学ランでしたが、1960〜70年代になると…』

亜里沙『軍服を起源とすることから平和主義に反するのではという意見や、短ラン・ボンタンなどの改造から問題視されるようになりました』

亜里沙『そんな流れにより、1980年代頃からは学校ごとの個性がより出しやすいブレザーに徐々に取って変わられ…』

亜里沙『現在では、高校制服の約7割をブレザーが占めています!』

※参考記事
岡山県アパレル工業組合
アパレルQ&A >学生服
http://www.okayama-ap.or.jp/question/question_1.html

日本経済新聞 2016/03/27
「学ラン」は生き残れるか
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO98756090T20C16A3I00000

パチパチパチパチパチパチ

にこ「言われてみれば確かにブレザー多いわよね…虹ヶ咲もブレザーだし」

花陽「ブレザー7割ってことは…セーラー服も減ってるのかな?」

穂乃果「うーん、それにしてはそんなに珍しいイメージもないよね」

絵里「確かにね…最近だとスクスタ関連の活動で浦女の制服をよく目にするから、っていうのもあるかもしれないけど」

ことり「でも、減ってるんだったら今のうちに楽しんでおきたい…そうだ!」

ことり「曜ちゃんだったらいろんな制服持ってるかも!今度会ったら提案してみようかなぁ」

ことり「セーラー服だけじゃなくて〜船員さんとかCAさんとか〜えへへ〜♪」

真姫「ちょっと…ことりスイッチ入ったわよ…」

希「あ〜、これは海未ちゃんモデルルートやなぁ」

凛「海未ちゃん、ご愁傷様にゃ…」ナムナム

海未「なぜそうなるのです!?」

(一同 笑い)

––––––––––––––––––––


海未「それでは続いての出題です。絵里、これ知っていますか?」

〜出題VTR〜
この間まで寒かったと思えば急に夏日になったり、今度は強風が吹いたり雨が降ったり…
コロコロと変わる最近の天気、翻弄されている人も多いのではないでしょうか?

穂乃果「本当!最近どのくらい着込めばちょうどいいのか全然分からないよ〜」

天気に振り回されていたのは、今も昔も変わらない様子。
鎌倉時代初期に作られた説話集『古事談』から、こんなお話をご紹介しましょう……。

時は平安時代、皇位には白河天皇がついていた頃…
白河天皇が平安京の東のはずれに建立した、法勝寺というお寺がありました。

善子(白河天皇役)『くっくっくっ…新たなる拠点が完全体となりしを祝して、儀式を執り行いましょう…』ギラン

花陽「善子ちゃんを天皇役にしちゃったのぉ!?」

絵里「大丈夫!?これ怒られない!?」

白河天皇は法勝寺完成供養の法会を開くべく、予定を立てます。
しかし、迎えた当日……

スタタタッ

花丸『申し上げます!本日の法会、降雨により執り行うことができません!』

善子『…なんですって?』チラッ

ザ-----ッ

善子『っ!……うーん、確かにこの雨じゃ無理そうね』ハァ

善子『仕方ないわ…法会は延期、また別日にやるわよ!』

花丸『ずらっ!』

真姫「…平安時代の天皇ってこんなやり取りしてたかしら?」

ことり「あはは…」

(※ディレクター注: 十分な文献が見つけられなかった為、時代考証等の誤りはどうかご容赦ください)

雨で延期となった法会でしたが、その延期日…

ザ-----ッ

善子『また雨!? …まあいいわ、再延期するわよ』

ルビィ『うゆっ!』

その再延期日も…

ザ-----ッ

善子『ぐっ……もう一度延期!』

花丸『ずらっ!』

そして、4度目の日程となった法会当日…





ザ-----ッ

善子『ぐぬぬぬぬぬぬぬぬっ……!』

善子『だーっ!もう怒ったわよ!!』

4度も連続で法会を雨に邪魔されてしまい、ついに堪忍袋の尾を切らした白河天皇は…突拍子もない行動に打って出ます。

善子『この私を怒らせたらどうなるか、思い知らせてやるんだから…ずら丸!ルビィ!』

花丸『ずらっ!』

ルビィ『うゆっ!』

善子『外へ水桶を出して、その忌まわしい雨をひっ捕らえてきなさい!』

るびまる『えっ…?』

降りしきる雨の中へ水桶を差し出させ、雨水を溜めるよう言いつけた白河天皇。そして…

ガコン! ガチャン!!

善子『私の邪魔をしたこと…そこでよーーーく反省してなさい!!』

なんと、溜めた雨水を牢屋へ放り込み、禁錮3年に処したのです!

凛「えー!?」

希「無茶苦茶やね…」

雨水(うすい)の禁獄、雨禁獄などと呼ばれるこの事件ですが…
刑期の終わる3年後、なんとも珍妙な結末を迎えます。

愛(牢屋役人)『えっと…こっちの牢屋、今日で刑期終わりだったっけ』

愛『雨水を牢屋にぶち込むなんて、上様も面白いことするよなぁ〜』クスクス

愛『さーて、刑期満了の囚人さん…いや囚水さんは、っと』ガチャ

愛『……って!空っぽじゃん!』

白河天皇が牢獄に入れた雨水は、蒸発して跡形もなく消え去っていたのです!

にこ「いやそりゃそうでしょうよ!?」

愛『………………ぶふっ』

愛『あっはははははははは!こりゃおっかしいや!』

愛『こうなったら…おーい!みんなー!』

なんだかばかばかしく思えてきた役人は、空になった水桶を仲間たちとともに囲み、飲んで歌って宴会を開いたそうな。

愛『これが本当のカラオケ…ってねぇ!』

千歌『あっ、愛ちゃん!今のって、空っぽの桶と歌うカラオケをかけて…!?』

愛『そうそう!千歌分かってるぅ〜!』

千歌『えへへ〜♪ やっぱり愛ch

さあ、それではそんな天気に関するこんな出題!
絵里さん、知ってますか?

絵里「いや何よ今の終わり方!?」

(一同 笑い)

白河天皇のように突然の雨で予定が中止になったり、気温上昇で熱中症の発生が増えたり。
我々の生活にとって困り者、脅威にもなりうる天気ですが…

天気をうまく利用すれば…



【???】



【勝負デートの成功率を上げることができる】

穂乃果「えっ???」

絵里「………………」

実は、人間の心は天気によって異なる影響を受けていて…
それを利用すれば、デートで好印象を与えるのに役立つんです!
では一体、どんな天気をどのように利用すればよいのでしょうか?

海未「さて、この問題ですが…絵里にはこれまでと少し異なる形式で解答してもらいます」

絵里「……え?」キョトン

海未「ことり、お願いします」

ことり「はーい♪ この問題は、ことりが作った脚本に従って寸劇形式で答えてもらいますっ!」

絵里「寸劇…!?」

ことり「そう、寸劇ですっ♪」

絵里「………………」

絵里「どうしてかしら、悪い予感しかしないのだけど」アセダラ-

ことり「えーっ!? ひどーい!」プンスコ

(一同 笑い)





ことり「では、設定を説明しますっ♪」

ことり「まず…絵里ちゃんに演じてもらうのは、希ちゃんの恋人・絵斗(かいと)くん」

絵里「…えっちょっと待って!? 私男役なの!?」

ことり「絵斗くんと希ちゃんは付き合って約2年…二人がお互いを人生の伴侶と確信した今、絵斗くんはプロポーズを決行することに!」

絵里「ちょっとちょっと!? いろいろ状況がおかしいわよ!?」

凛「ちょっと絵里ちゃんうるさいにゃー」

穂乃果「ことりちゃんの説明が進まないじゃんー」

絵里「えっ悪いの私なの!?」

(一同 笑い)

(※ディレクター注: 絢瀬さん以外のメンバーは、事前にこの寸劇について説明を受けています)

ことり「はーい、説明を続けるよ?」

ことり「一世一代の大勝負を前に絵斗くんは、希ちゃんとの共通の友達・にこちゃんに相談して作戦会議を実施」

ことり「にこちゃんからオススメの場所を提示してもらった絵斗くんは、天気予報を元に成功率の高い日を割り出し…」

ことり「その場で希ちゃんに電話してプロポーズのセッティングをするのですっ!」

絵里「………………………………」ウツムキ

希「ふふっ…観念しぃや絵里ち♪」

絵里「希はなんでそんなノリノリなのよ…」

希「絵里ちのプロポーズをしかと受けるべきやって…カードがウチにts

にこ「夫婦漫才はその辺にしてくれる!? 私ずっとスタンバってんだけど!?」ウガ-

(一同 笑い)

海未「それではことり、お願いします」

ことり「はいっ♪ よーい…アクション!」カンッ

♪〜(BGM: 純愛レンズ -Acoustic ver.-)

絵斗『ありがとな、協力してくれて』

にこ『礼には及ばないわよ、あんたらにはいつも世話になってるし』

にこ『…それに、正直そろそろあんたらのカップルっぷりにはお腹いっぱいだしね』

絵斗『何だよそれ…』

にこ『とにかく!この私がアドバイスしたんだから、絶対成功させなさいよね!』

絵斗『…ああ!もちろんだ』

にこ『じゃあ、早速約束取り付けなさい!』

絵斗『えっ、今ここでか!?』

にこ『鉄は熱いうちに打てって言うでしょうが、ほら天気予報!』スマホミセ

絵斗『…ったく、相変わらず強引な奴だ…』

10日…晴 23℃/11℃
11日…雨 19℃/14℃
12日…曇 20℃/13℃
13日…晴 24℃/11℃

絵斗『…………よし、OK』ピッピッピッ

Trrrrrrrrr…………
Trrrrrrrrr………… ピッ!

希《もしもし絵斗くん?ウチやウチ!ウチやで〜》

絵斗『その古典的な詐欺みたいな電話の出方やめてくれよ希…』

希《ふふっ♪ こうやった方が面白いやん?》

絵斗『面白いって…まあいいや、ちょっとまた会いたい日があってさ』

絵斗『今度の11日、空いてるか?』

希《11日……ちょっと待ってな、えーっと……うん、大丈夫や!》

絵斗『よかったよかった、じゃあ11日に会おう…話したいことがあるんだ』

絵斗『場所とか詳しいことは、またすぐにLINEで送るよ』

希《OK!楽しみにしとくわ〜》

絵斗『それじゃあ、宜しく頼む…また11日な』

希《はーい、ほなな〜》

ピッ

にこ『ちょっとあんた…11日って雨の予報よ?大丈夫なの?』

絵斗『そりゃそうだよ、雨の日を狙ったんだから』

にこ『…はぁ!? なんでわざわざ!?』

絵斗『気圧が低い方が都合がいいんだよ、き・あ・つ!』

にこ『気圧……?』

絵斗『いいか?地上にいる人間の体は、常に大気圧…要は空気の重さで押しつぶされようとしている』

絵斗『体内にある血管も、もちろん大気圧を受けているんだ』

絵斗『じゃあ、その血管を押しつぶそうとしている大気圧が弱くなったら、血管はどうなると思う?』

にこ『どうなるって…押しつぶす力がなくなるんなら、膨らむに決まってるじゃない』

絵斗『その通り。血管は膨張、そうすると血圧が下がるよな?』

絵斗『人間の体は不思議なもんで…体に変化が起こると、その変化を打ち消すはたらきを起こそうとするんだ』

絵斗『この場合、下がった血圧を元に戻そうと、アドレナリンっていうホルモンを出して体を興奮状態にしようとするんだよ』

にこ『興奮状態…あっ!?』

絵斗『お、もう分かったみたいだな?興奮状態…つまり、心拍数が高くなってドキドキしてる状態』

絵斗『これをデート中に引き起こせば、気圧を利用した吊り橋効果の出来上がりってわけさ!』

にこ『なるほど…!』

ことり「カット!!」カンッ

パチパチパチパチパチパチ

海未「というわけで絵里、その説明…」

ダンダ-ン

海未「お見事です!」

一同「「「おお〜!」」」
パチパチパチパチパチパチ

絵里「………………///」ヘナヘナ

花陽「わっ、絵里ちゃん!?」

真姫「なんでよ!? やってる時めちゃくちゃノリノリだったじゃない!?」

(一同 笑い)

––––––––––––––––––––

絵里さんのドヤ顔知識!
【勝負デートは気圧が低くなる雨の日を狙い、アドレナリンを出させて吊り橋効果を狙うべし】

亜里沙『高い建物に上ってデートするのも、同様に気圧が低くなるので効果的です!』

亜里沙『ただし、この気圧式吊り橋効果と同じメカニズムで起こるのが、例えば頭痛持ちの人が気圧の低い日に頭痛を起こす現象』

亜里沙『この作戦は、相手の体調が万全なことを確かめてからやらないと…』

亜里沙『せっかくのデートを体調不良で台無しにしてしまう危険性もあるので、注意しましょう!』

––––––––––––––––––––

絵里「あの…クールダウンついでにちょっと喋ってもいいかしら?」

穂乃果「クールダウンって…そんなに緊張してたんだね…」アハハ

絵里「今回は問題の答えに持ち込むために、吊り橋効果を使って説明したけど…」

絵里「吊り橋効果ってね、使いどころを間違えると逆効果になってしまうの」

凛「逆効果…?」

絵里「吊り橋効果っていうのは、何か別の要因で起こるドキドキを、目の前の相手への恋愛感情からくるドキドキと脳に勘違いさせる効果よね?」

絵里「でも、例えば…吊り橋が揺れてドキドキしてるのに、目の前にいる相手に全然ドキドキを感じなかったとしたら?」

絵里「脳は『あれ、こんなにドキドキしてるのにこの人には何も感じない…』っていう方向に考えを進めてしまうの」

花陽「えっ、そうなんだ…!」

絵里「だから吊り橋効果を使った作戦は、相手が自分にある程度魅力を感じてる状態じゃないと逆効きゃ…逆きょう果…がきゅ

にこ「落ち着け!!」

(一同 笑い)

絵里「〜〜〜///」

希「絵里ち、アドレナリンが出すぎとるんやない?」クスクス

絵里「うまいことつなげなくていいわよ!?」

(一同 笑い)

––––––––––––––––––––


海未「それでは続いての出題です。絵里、これ知っていますか?」

〜出題VTR〜
突然ですがみなさん、過去にスクフェスで配信されたこちらのカードを覚えていますか?

パシャッ

一同「「「あ〜!」」」

2016年10月・11月配信、μ's誕生石編!
覚醒前のカジュアルな私服姿と、誕生石アクセサリーを身にまとった覚醒後の煌びやかな衣装で人気を博していますね。

海未「この衣装の撮影日は…穂乃果や凛がはしゃぎっぱなしでしたね」

穂乃果「いや〜、あんな豪華な衣装初めてだったし♪」

凛「すっごくキラキラでテンション上がったにゃー!」

μ'sのみなさんが着用した、燦然と輝く宝石の数々。
同じものを間近で見ようと、とあるジュエリーショップを訪れたのは……

エマ『わぁ〜、綺麗……!』

鞠莉『う〜ん♪ いつ見てもgorgeousね!』

にこ「そう来る!?」

絵里「いつかこの二人が来そうな気はしてたけど、ここで出るのね…」

店内のあちこちを輝きで埋め尽くすアクセサリーの数々を見て…
エマさん、思い出したことがあるみたいですよ?

エマ『ねぇ鞠莉ちゃん、こっちの金や銀の指輪を見て思い出したんだけど…』

エマ『25年目・50年目の結婚記念日のことを、銀婚式・金婚式って言うでしょ?』

鞠莉『えぇ!他にも、このお店に置いてある宝石の名前がけっこう出てくるわよね』

鞠莉『こっちの水晶は15周年で、そこに並んだルビー・サファイア・エメラルドは40周年・45周年・55周年♪』

エマ『そうそう!それで、60周年がダイヤモンド、70周年がプラチナ』

エマ『じゃあ…80周年は何婚式か、知ってる?』

鞠莉『80周年…?』

花陽「プラチナより上があるの…?」

ことり「何だろう…?」

希「水銀婚式とかどう?」

真姫「嫌よ!猛毒じゃない!」

(一同 笑い)

エマ『正解はね…樫!』

鞠莉『樫…って、木のoakのこと!?』

エマ『うん!』

そう!イギリスのミルフォード夫妻が2008年5月に結婚80周年を迎えた際、樫がその記念になったという記録があるんです!

※該当記事
The Telegraph 2008/05/24
Britain's longest married couple celebrate a quiet 80th anniversary
https://www.telegraph.co.uk/news/uknews/2020233/Britain%27s-longest-married-couple-celebrate-a-quiet-80th-anniversary.html

エマ『ちなみに、樫婚式の次は85周年のワイン婚式なんだって!』

(※各記念日の名称には地域差があります)

鞠莉『樫にワイン…宝石の名前から突然植物や飲み物になっちゃうなんて、なんだか不思議ね』

鞠莉『でも樫もワインも年数をかけて育てるものって考えると、結婚記念日のお祝いとしては宝石にも負けてないのかも♪』

と、ここで…

鞠莉『…エマ、私もコレで1つ言ってみていいかしら?』スッ

エマ『それって…ダイヤモンド?』

鞠莉『Yes♪ 実はダイヤモンドってね…』

鞠莉『ハンマーで叩くと粉々にbreakしてしまうの!』

穂乃果「えっ…!?」

にこ「いやいや!?」

エマ『えっ…そんなの変だよ!だって、ダイヤモンドって世界で一番硬い物質なんでしょ…?』

鞠莉『それは!モース硬度のハ・ナ・シ♪』ウィンク

エマ『モース硬度…?』

モース硬度とは、物質の硬さを表す指標の1つ。
端的には、引っかいた時の傷のつきにくさを表し、ダイヤモンドのモース硬度は最大値の10なのですが…

鞠莉『叩いたり落としたりした時の衝撃に対する耐性は靭(じん)性って言ってね、モース硬度とは別の指標なの』

鞠莉『この靭性で比べれば、ルビーやサファイア、翡翠の方がダイヤモンドより強いし…』

鞠莉『工業的に作った材料も、靭性ならダイヤモンドに勝てるってわけ!』

エマ『そうだったんだ…』

エマ『あっ、でも改めて考えてみると割と納得できるかも!』

鞠莉『そう?』

エマ『うん!だって、ダイヤモンドって4月の誕生石でしょ?』

エマ『4月生まれのあの人だって、硬そうな態度のことはあっても繊細な心の持ち主だもん♪』カメラメセンニコニコ

鞠莉『…!オ〜ゥ、確かにねぇ〜』カメラメセンニヤニヤ

凛「ふふふ〜」ニヤニヤ

花陽「ふふっ…♪」ニコニコ

真姫「…ちょっと!二人とも何見てるのよ!?」カメラドアップ

真姫「って撮らないで!!」

それでは、まだまだ多くの秘密が隠された宝石の世界からこんな出題!
絵里さん、知ってますか?

絵里「………………」

出題テーマとなる宝石は…真珠!
月の雫、人魚の涙とも呼ばれるほどの美しい光沢や、冠婚葬祭どの場面にも使える便利さで人気の宝石ですが…

真珠は…



【???】



【飲める】

にこ「…は!?」

絵里「………………」

アクセサリーとして身につけている真珠が…飲める!?
一体、何のために飲むというのでしょうか?

海未「さて、この問題ですが…先ほどと同様、ことりの監督する寸劇形式での解答となります」

絵里「えっまたやるの!?」ビクッ

ことり「そりゃそうだよ〜、だって絵斗くんはまだプロポーズしてないでしょ♪」

絵里「………………………………」

絵里「エリチカおうち帰る!」ダッ

ことり「あっ!?」

凛「逃がさないにゃー!!」ダダダッ ガシッ!!

絵里「いやああああ!?」

(一同 笑い)

花陽「あっという間に捕まっちゃった…」アハハ

ことり「わ〜!ファインプレーだよ凛ちゃん!」

絵里「離して!もうあんなのやらせないでー!!」ジタバタ





絵里「………………………………///」チ-ン

ことり「はいっ、それじゃあ絵里ちゃんが観念したところで説明を始めますっ!」

ことり「電話での約束通り、希ちゃんに会いにプロポーズの場へ到着した絵斗くん」

ことり「予定通り、プロポーズ作戦を実行しようとしますが…そこに思わぬ人物が入ってきます」

ことり「その人物とは…絵斗くんの元カノ、穂乃果ちゃん!」

ことり「絵斗くんが希ちゃんにプレゼントしようとしている真珠のネックレスにいち早く気づいた穂乃果ちゃんは、絵斗くんにこう言うのです…」

ことり「『それ、渡してあげなよ。昔私に、飲める真珠のこと話しながらプレゼントしてくれた時みたいにさ!』」

ことり「以上、本家『初耳学』からちょっと拝借した設定を使って解答してもらいますっ♪」

海未「それでは…希、穂乃果、絵里、準備は宜しいですか?」

希「OKよ〜♪」

穂乃果「いつでもいけるよ!」

絵里「……もう、煮るなり焼くなり好きにしてちょうだい……」

穂乃果「絵里ちゃん!?」

(一同 笑い)

海未「ではことり、お願いします」

ことり「はいっ♪ よーい…アクション!」カンッ

♪〜(BGM: Aqoursファンミ イケメン選手権)

希『………………』キョロキョロ

絵斗『希!』タタタッ

希『あっ、絵斗くん!』パァッ

絵斗『ハァ…ハァ…遅くなってすまねぇ…』

希『大丈夫大丈夫!そりゃこの雨やったら、電車が遅れたってしゃーないって』

真姫「遅刻理由の設定随分リアルね!?」

にこ「っていうかさっきの雨の日作戦裏目に出てんじゃないのよ!!」

(一同 笑い)

穂乃果『…あれ?あそこにいるのって…』

穂乃果『…やっぱり絵斗くんだ!おーい、絵斗くーん!』タタタッ

絵斗『ん……なっ!?』

穂乃果『えへへっ、久しぶりだね♪』

絵斗『ちょっ…なんでお前がここに!?』

希『……?絵斗くん、お友達?』

絵斗『あー、いや友達っていうか何て言うかその…』シドロモドロ

穂乃果『以前絵斗くんとお付き合いしてました、高坂穂乃果って言います!』

絵斗『ちょっ!?』

希『あぁ、元カノさん…!ふふっ、今絵斗くんとお付き合いしてる東條希です♪』

穂乃果『おお〜今カノさん…!こんな美人さん捕まえちゃうなんて〜、絵斗くんもやるなぁ〜』ニヤニヤ

希『ふふ〜、こ〜んな可愛い元カノさんのこと黙っとるなんて、絵斗くんも隅に置けへんなぁ〜』ニヤニヤ

のぞほの『『うりうり〜♪』』カイトツンツン

絵斗『〜〜〜!///』

凛「なんか絵里ちゃんすごいことになってるにゃー!?」

(一同 笑い)

穂乃果『ん…あれ?』チラッ

絵斗『?』

穂乃果『ねえねえ絵斗くん!』タタッ

穂乃果(耳打ちで)『その持ってる紙袋の中の真珠のアクセサリー…もしかしてプロポーズ?』

絵斗『っ!? なんでそれを!?』

穂乃果『あーっ、やっぱり♪ すっごい場所に居合わせちゃったなぁ〜』

穂乃果『じゃあさ、絵斗くん…それ、渡してあげなよ』

穂乃果『昔私に、飲める真珠のこと話しながらプレゼントしてくれた時みたいにさ!』

絵斗『は!? ちょっ…いつの話持ち出してんだよ!?』

希『飲める真珠…!? 何それ!? めっちゃ聞きたい!』キラキラ

絵斗『希まで!? …はぁ、ったくしょうがねぇな…』

♪〜(BGM: もしもからきっと -Piano solo ver.-)

絵斗『希、今日呼び出したのは……渡したいものと、話したいことがあるからなんだ』

絵斗『まず…これを受け取ってくれ』スッ

希『これは…?』パカッ

希『うわ、真珠のネックレス!綺麗……ありがとう!』

絵斗『ふふっ、気に入ってもらえてよかったよ』

希『でも…飲める真珠ってどういうことなん?』

絵斗『真珠はな、古くから薬として飲まれていたんだ』

希『薬?』

絵斗『ああ…古代エジプト女王のクレオパトラが、粉末状にした真珠を酢やワインなんかに混ぜて飲んでたって記録がある』

絵斗『他にも、中国で楊貴妃や西太后も同じような飲み方をしてたらしいんだ』

絵斗『実際、真珠には抗酸化作用を持つコンキオリンっていうタンパク質が含まれてるから、美肌効果が期待できるし…』

絵斗『真珠の主成分になってる炭酸カルシウムは、胃酸の出過ぎを抑える薬にも使われる』

絵斗『宝石を飲むなんて突飛な発想にも思えるけど、案外理にかなった使い方みたいだ』

希『へぇ…!なんか、素敵な魔法みたいな話やね』

絵斗『ああ…いくつかある真珠の石言葉の中に"健康" "長寿"ってのがあるから』

絵斗『古代の人たちも、真珠の薬効を…それこそ、スピリチュアルな力か何かで感じ取ってたのかもな』

絵斗『…そう言えば希って6月生まれだったよな?』

絵斗『真珠は6月の誕生石としても知られてる』

絵斗『この2年、希に力をもらって健康に楽しく過ごせて…俺は幸せだ』

絵斗『この先もずっと、一緒に健やかに過ごしていたい』

絵斗『だから……言わせてくれ』





絵斗『希…………結婚しよう』

希『…………!!』

♪〜(BGM: Love wing bell)

希『絵斗くんっ!!』ダキッ

絵斗『のわっ!?』

希『ありがとう…ありがとう…!!』ギュウウウ

絵斗『希……!』ギュッ

穂乃果『………………ふふふっ』

穂乃果『ハッピーエンドねっ♪』カメラメセン

ことり「カット!!」カンッ

一同「「「フゥ〜!!」」」
パチパチパチパチパチパチ

海未「というわけで絵里、その説明…」

ダンダ-ン

海未「お見事です!」

一同「「「おお〜!」」」
パチパチパチパチパチパチ

絵里「〜〜〜!!///」

––––––––––––––––––––

絵里さんのドヤ顔知識!
【コンキオリンなどが含まれ美肌効果のある真珠は、古代エジプトの時代から薬として飲まれていた】

亜里沙『コンキオリンは、カタツムリの殻などにも含まれるタンパク質で…』

亜里沙『抗酸化作用以外にも、コラーゲンと組成が似ていたり、皮膚の保湿作用を助けるはたらきがあったりと、美肌にはうってつけ!』

亜里沙『ちなみに、真珠がアコヤ貝などの内部でできることは有名ですが、その生成過程は知っていますか?』

亜里沙『貝の内部に砂利などの異物が入ると、貝の生体が防御反応を起こして粘液を分泌』

亜里沙『この粘液が固まってできたのが真珠なんです!』

亜里沙『ここから、真珠には"痛みからの保護" や "困難の克服" などの意味が込められることがあり…』

亜里沙『お姉ちゃんが実演したように、苦楽をともにする相手へのプロポーズにもピッタリなんです♪』

※参考記事
わかさの秘密 成分情報-真珠
http://www.wakasanohimitsu.jp/sp640/seibun/pearl/

––––––––––––––––––––

ことり「では、名演技を見せてくれた絵里ちゃん!一言お願いしますっ♪」

絵里「……一応、寸劇問題は両方とも正解したものの」

絵里「ものすごく恥ずかしいし、穂乃果に決めゼリフ取られるしで今日全然勝った気がしないんだけど!!」

(一同 笑い)

––––––––––––––––––––

海未「さて、みなさん。今回の放送はここまでです」

絵里「………………」ウツムキ

海未「絵里……気持ちは分かりますが、いつまでそうしているのですか……」

絵里「正直油断してたわ…こういうことりのターゲットになったこと、あまりなかったから」

海未「確かに…こうなると私も、進行役とは言え安心はできませんね」

うみえり「「………………」」

絵里「ねえ、今までエンディングがこんなに重々しくなったことある!?」

(スタッフ 笑い)

絵里「笑いごとじゃないわよ…まあいいわ、とりあえず今日の収録は無事終わりってことで!締めましょ、海未」

海未「そうですね、それでは…」

海未「最後にお知らせです。この番組では、これまで絵里への挑戦知識を募集していました」

海未「しかし、この度当番組のディレクターが番組改編により他にも担当番組を持つこととなり…」

海未「当番組の放送頻度を保つのが困難になってしまっています」

海未「その為大変勝手ながら、視聴者のみなさんからの問題募集を実質上一時休止とさせていただきます」

海未「一応、ディレクターの目に留まる場所に問題のネタをご記入いただければ確認は可能ですが…」

海未「それを元に放送をお届けできる機会は減ってしまいますこと、どうかご容赦ください」

絵里「まあ、放送頻度は減っちゃうし、次にいつ放送できるかも分からなくなってしまってはいるけど…」

絵里「ディレクターに番組を終わらせる気はまだないから、待ってくれる人がいれば気長に待っていてちょうだい」

絵里「まだまだ出題ネタはた〜んまり残ってるみたいだし、ね♪」

絵里「そんなわけで、今後とも『エリーチカが驚く初耳学!』を宜しくお願い致します」

海未「それでは今回の放送はここまで」

絵里「最後までお読みくださり、誠にありがとうございます」

うみえり「「また次回の放送でお会いしましょう!」」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「エリーチカが驚く初耳学!」海未「第6回です」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。