善子「悪魔が来りて」

シェアする

ダイヤ-アイキャッチ6
果南「はい、今日の練習はここまで」

千歌「疲れた……」フヒー

曜「お疲れ様、千歌ちゃん」

千歌「ありがと……って、息切れすらしてないじゃん」

曜「そうかな?結構疲れてるけど……」

善子「ふ……この程度、我が肉体を消耗するまでも無いわ……!」

pixiv: 善子「悪魔が来りて」 by 大家

スポンサーリンク

鞠莉「じゃあ善子は今からグランド100周ね」

善子「……」

梨子「真顔はやめなさい」

善子「私は堕天使ヨハネ、体力や人体強度は貴女たち人間とは比べ物にならない、悪魔級の肉体!だから体力作りをする必要はない」

花丸「善子ちゃんは悪魔っぽく無いズラ」

善子「なんでよ!」

花丸「悪魔は綺麗な言葉を好むズラ。善子ちゃんの堕天語は難しいだけで綺麗じゃないよ」

善子「このー!」プンプン

花丸「逃げるズラ〜♪」ユッサユッサ

ルビィ(今聞き捨てならない効果音が聞こえた気がする)

ダイヤ「つべこべ言ってないで帰る支度をしなさい」ペチッ

善子「はいはーい」

曜「善子ちゃん。一緒に帰ろー」

善子「ごめん、今日は少しやる事あるから、先に帰っといて」

梨子「そうなの?何か用事なら手伝うけど」

善子「そこまでじゃないから別にいいわ。それじゃ」スタスタ

ルビィ「行っちゃったね」

鞠莉「用事があるなら仕方ないわ。じゃ、私も帰るわね」

ダイヤ「あっ鞠莉さん!事務所の書類どうするんですの!!」

鞠莉「えー……事務所の先生の仕事じゃない」

ダイヤ「病気でしばらく来れないと連絡あったでしょう!」

鞠莉「あー……そうだったわねー…………ま、明日考えるわ。シャイニー☆」

ダイヤ「あ!鞠莉さん!!……ああもう……」

果南「手伝おうにも、訳が分からないからなぁ……」

ダイヤ「ですわよね……」

果南「否定してよ……」

ダイヤ「私は少しだけ生徒会室に行きますので、失礼します」

千歌「うーん、私たちも帰ろっか」

果南「そうしよっか」

梨子「そうね」

ルビィ「花丸ちゃん。帰ろう」

花丸「うん」



善子「はぁ、ようやく見つけた」

善子「なんでバスの定期なんか落としちゃうのよ……。ふっこれもまた堕天使故に……」

ダイヤ「何を1人で言っているのですか」

善子「うわぁ!?なんだダイヤか」

ダイヤ「なんだとはなんですの」

善子「てっきり天界から使者が来て、私を迎えに来たのかと……けれどダメよ。私はヨハネ、堕天使ヨハネなんだから」

ダイヤ「はいはい」

善子「はいは1回!全く、今日は悪魔を召喚する為の儀式をする筈だったのにー!」

ダイヤ「……」

善子「なんか言いなさいよ」

ダイヤ「ねぇ、ヨハネちゃん」

善子「だから善子よ!……へ?」

ダイヤ「悪魔って本当に居ると思うの?」

善子「え、そ、そりゃあ居るわよ!」

善子(何?ダイヤの雰囲気が……いつもと違う)

ダイヤ「そう……ふぅん。ヨハネちゃんはロマンティックね」

善子「は?……!?」

善子(身体が動かない!?それに……ダイヤの目が光ってる……!?)

ダイヤ「一つ、ヨハネちゃんに教えてあげる。悪魔は存在するわ」

善子「……っ」

ダイヤ「ふふ、この時間は私たちにとってアプローチには丁度良いわ。ヨハネちゃんなら分かるわよね♡」

善子「逢魔時……!」

ダイヤ「正解♡」チュッ

善子「んむっ!?」

ダイヤ「れろっれろぉ……」

善子「んん!んんん!!」

善子(逃げれない……!口の中舐め回されてる!)

ダイヤ「ぷはっ♡……ふふ、可愛い顔してるから食べちゃった……」

善子「な……何が目的なのよ」

ダイヤ「……別に。こういう時間だから、脅かしてあげようと思っただけよ。じゃあね、ヨハネちゃん。また明日」

善子「待ちなさい!ちょっとダイヤ!!」クルッ

善子「……いない。嘘でしょ」

善子「あ?何か落としてるわね。って何これ……何語?どこかで見たような言語だけど……」ピラッ

善子「術式かしら?これは図形のような形してるし……」

善子「まさか本当にダイヤは悪魔なの……?」


───────────
────────
───


ダイヤ「それで……」

善子「……」

ダイヤ「私の家にカチコミですか」

善子「そうよ!いきなりあんな事こんな事されても納得いかないわよ!」

ダイヤ「と言われましても……」

善子「そもそも何でキスするのよ!」

ダイヤ「可愛かったから……でしょうか?」

善子「聞くなやい。それとこれ!落とし物よ」

ダイヤ「あっ…………ありがとうございます」

善子「本当にダイヤのだったのね。やっぱり……あなたは……」

ダイヤ「まぁ……いいわ。さっきも言った通り私は正真正銘の悪魔よ」

善子「……!改めて聞くと、変な感じね」

ダイヤ「ふふ、怖くないのかしら?堕天使はファッションで、いざ本物を見たら怖がって泣いちゃうと思ったのに」

善子「そこまでヤワじゃないわ」

ダイヤ「ふぅん……これで満足?満足したなら早くお帰りなさい。そろそろ終バスが来るわよ」

善子「……私の目的はそういう事じゃないわ」

ダイヤ「?」

善子「ダイヤを……ダイヤを返しなさい」

ダイヤ「……?……ブフッ」

善子「何がおかしいのよ!ダイヤから出ていきなさい!」グイッ

ダイヤ「落ち着いて!皆に聞こえるわ!」

善子「良いのよ!アンタが何を思ってるのか知らないけど、人を乗っ取って良い訳ないでしょ!」

ダイヤ「落ち着きなさいと言ってるのよ!」カッ

善子「っ……!」

ルビィ「善子ちゃん……?お姉ちゃん……?」ガチャッ

ダイヤ「ルビィ……ごめんなさい。少し盛り上がってしまって……」

善子「……うん、ごめん」

ルビィ「なんだ……心配するからやめてよ……。ルビィも一緒にお話してもいい?」

ダイヤ「ふふふ。これは内緒のお話だからダメですわ。また今度お話してあげますので」

ルビィ「ほんと?」

ダイヤ「本当です。ごめんなさい」

善子「ごめんね」

ルビィ「ううん。善子ちゃんも、今度教えてね」バタン

ダイヤ「……さて、まずヨハネちゃんの言うダイヤだけれど」

善子「……」

ダイヤ「私は正真正銘黒澤ダイヤ。人間の躰を持って生まれた悪魔よ」

善子「そんな……じゃあダイヤは元から悪魔なの……?」

ダイヤ「そういう事になるわ」

善子「……ごめん」

ダイヤ「いいのよ。それよりも私をそんなに大事に思ってくれた事……とても嬉しい……///」

善子「そりゃ、そう……でしょ」

ダイヤ「ありがとう。……まだ聞きたいことがありそうね」

善子「そりゃあまぁ色々」

ダイヤ「……いいわ。少し待ってて。お母様にお泊まりするという旨と、何か飲み物を持ってくるわ」

善子「……」

ダイヤ「ヨハネちゃんも、お母さんに連絡しておきなさいな」

善子「……うん」

善子「……」

善子(ダイヤが本物の悪魔だったなんて……しかも生まれた時から……?)スマホスッスッ

善子(イマイチよくわからないわね)ソウシン

善子(ん?カーテンに影……?窓に何かいる?)

善子「何?妙に大きいけど、ヤママユガか何か?」シャァア

|c||^.3^||「……」ビタァーン

善子「」

|c||^.-^||「……」

善子「」

|c||^.-^||「津島……」

|c||^.-^||「善子……!」

善子「」

ダイヤ「戻りました」

善子「ダイヤ!ダイヤァ!窓にへんないきものが!!!」

ダイヤ「あら、彼女は私の使い魔。ヨハネちゃんの事も教えてあるわよ」

善子「名前間違えられたんだけど」

善子「善子って呼ばれたんだけど!善子って!」

ダイヤ「あら、そっちで覚えちゃったのね」

善子「なんでそっちで覚えるのよありえないでしょ!!」

ダイヤ「貴女の本名は善子でしょうが!」

善子「善子じゃないのー!ヨハネなのー!!」プンスコ

ダイヤ「はいはい。後で教え直しておくわ。ライラプスとかそんなんで良いでしょ」

善子「それ私の犬ー!!」

|c||^.-^||「あの、入れて頂けると助かるのですが」

ダイヤ「ごめんなさい……というか、貴女いつも勝手に入ってくるでしょう……」カララ

|c||^.-^||「はじめまして〜。ご主人様からお話は伺っております。私ぶっぶと申しますわ」

善子「よ、よろしく」

|c||^.-^||「素敵な後輩がいると惚気話をよくされていますわ」

ダイヤ「ぶっぶ!余計な事は言わないの///」

善子「はぁ……てか、何とも言えない使い魔ね……」

ダイヤ「こんな見た目だけど、少なくとも人間だと歯が立たないわよ?」

善子「マジで……」

|c||^.-^||「オホホー!」

善子(ムカつく)

善子「それで、他にも色々聞きたいのだけど」

ダイヤ「そうだったわね。何が気になるのかしら?」

善子「生まれた時から悪魔ってことは、黒澤家は悪魔の一族なの?」

ダイヤ「それは違うわ。悪魔は私だけよ」

善子「……まぁ何となーくそうかなとは思ったけど、そうなる意味がわからないわ。どうして人間から悪魔が生まれるのよ」

|c||^.-^||「それについては私が」

|c||^.-^||「地球上、この世界と言いましょうか。この世界には多数の悪魔が存在しますわ。その目的は人間社会を滞りなく繁栄させる為です。それらは皆、人間の躰を持って生まれてくるのです」

|c||^.-^||「そしてその悪魔たちは、生まれた時からそれぞれに役目が与えられているのですわ」

善子「役目?」

|c||^.-^||「そうですわ。世界のあらゆる事を記し、後世に残すヒストリアン。特定の地域にて、運命を改変しようとする者を排除するアサシン。世界を魑魅魍魎から守るガーディアン……ですわ」

ダイヤ「私はアサシン。そうね、静岡東部を担当している形になるわ」

善子「範囲広いわね。沼津担当とかじゃないの」

ダイヤ「……田舎だから」

善子「……それもそうか」

|c||^.-^||「この世界に生まれた悪魔は、人間として生活を送り、必要があれば悪魔として活動するのですわ。もしその機会が無ければ、悪魔としての仕事をせずに一生を終える場合もありますわ」

善子「死ぬのね……」

|c||^.-^||「人間の躰ですので。とはいえ人間と比べると遥かに強靱ですし、魔術も使えますわ。寿命は……私のように純粋な悪魔では無い限り、仕方の無いことですわ」

善子「ますます何者なのよアンタ。……ていうか、普通に日本語話すのね」

ダイヤ「悪魔も人間と使ってる言葉は変わらないわ」

|c||^.-^||「そもそも悪魔や天使は人間が生み出したものですし……」

善子「はい!?」

ダイヤ「人間の宗教、信心から生まれたのが私たちよ」

|c||^.-^||「人間の信じる力というのは、とても強い力を持っていますわ。それは時として何かを生み出し、何かを束縛することができますの」

善子「そうなの……?宗教ってことは、信仰心とかそういうもの?」

ダイヤ「そう。私たちはその信仰心によって生まれたのよ。人間が考えた姿形と、力を持ってね。だから貴女たち人間と同じ言葉を使うの」

|c||^.-^||「まぁ仮説の一つなんですが」

善子「仮説かい!信じて損した……」

|c||^.-^||「貴女たち人間だって、神様が造ったとか、猿から進化したとか色々説があるでしょ?それと同じですわ」

善子「ああ……なんか、納得」

ダイヤ「この世界を作ったのは神と悪魔と天使って説もあるもの。人間は副産物だとか、貴女たちのいう神様が造ったとか、色々あるわ。そういうのを聞いてると、色々考えがあって楽しいけれど」

善子「まぁね」

ルビィ「お姉ちゃーん」ガチャッ

善子「え、ちょ」

善子(いない!消えた!?)

ダイヤ「どうかしましたか?」

ルビィ「お母さんが、お風呂入ってしまいなさいって」

ダイヤ「そう。わかりましたわ」

善子「あ、じゃあお先にどうぞ」

ダイヤ「そう?じゃあお先に失礼しますわ」


ルビィ「ねぇねぇ!何話してたの?」

善子「内緒……だけど、ダイヤの話よ」

ルビィ「お姉ちゃんの話かぁ……相談とか?」

善子「そう。だから言えないの。話したくなったらまたダイヤの方から言うと思うわ」

ルビィ「そっか……。後で私のお部屋にも来てね」バタン


善子「……はぁ」

|c||^.-^||「ナイスフォローですわ〜」

善子「ますますこの世の生き物とは思えないわね」

|c||^.-^||「この世の生き物ではありませんので……」

善子「それもそうね」

|c||^.-^||「善子さん」

善子「ヨハネよ」

|c||^.-^||「……」

善子「……」

|c||^.-^||「オホホー!」

善子(ムカつく)

善子「なめとんのか」

|c||^.-^||「いいえ、流石ご主人様が認めるだけの事はあると思っただけですわ」

善子「左様で……」

|c||^.-^||「それでは、失礼しますわ」シュン!

善子(また消えた……)

善子「はぁ……なんだか調子狂うわね」

善子「ルビィの部屋に行こ」


───────────
────────
───

〜次の日〜

善子「はぁ」

善子「練習の時も普通だったわね……まぁ言いふらすつもりは最初から無いけど」

善子「あ〜……なんかゲームみたいな展開ね。しかもドが付くほどベタな」

|c||^.-^||「そうですわね」

善子「そうよそうよ……は?」

|c||^.-^||「こんばちは」

善子「こんばんはよ。何でハイブリッドにしたのよ」

|c||^.-^||「善子さんが喜ぶかと」

善子「なんでよ……」

|c||^.-^||「まぁそれはさて置き」

善子(なんなのよコイツは……)

|c||^.-^||「善子さん。ご主人様を助けては頂けませんか?」

善子「ヨハネよ。……いや、助けるも何も助ける必要何も無いでしょ。本物の悪魔助けてって悪行しろってイメージしか無いわよ」

|c||^.-^||「そちらのイメージが強いですからね」

善子「私は天から追放されし堕天使、悪魔とは異なる者……手を施す事は無い」

|c||^.-^||「それではお願いしますわ〜」

善子「聞きなさいよ!」

善子「って居ないし」

善子「……ダイヤを助ける?私が?」

善子「冗談抜きで助けれる所が無いわよ」


───────────
────────
───


ダイヤ「……」

|c||^.-^||「あら、ご主人様。お戻りですか?」

ダイヤ「どこに行っていたの?」

|c||^.-^||「ちょっと小鳥とパン屑の取り合いを」

ダイヤ「何をやってるのよ……」

|c||^.-^||「……それよりもご主人様。善子さんに何故自分の事を話したのですか?」

ダイヤ「……さぁ」

|c||^.-^||「……左様でございますか」

ダイヤ「何も言ってないわよ」

|c||^.-^||「オホホー!」

ダイヤ(ムカつく)

ダイヤ「……」

ダイヤ(何故話してしまったのかしらね……ヨハネちゃんに何を期待してるのかしら)

|c||^.-^||「善子さんならきっと、助けてくれますわ」

ダイヤ「は?」

|c||^.-^||「いえいえ」


───────────
────────
───

〜次の日〜

ルビィ「バス来ないね」

善子「そうね」

花丸「どうしたんだろ」

善子「大方事故ったか、お婆さんかお爺さんが乗り降りに手間取って遅れてるんでしょ」

ルビィ「そうかも」

善子「はぁ……いいわ。もう、適当に散歩でもして時間潰すわ。じゃあね」

花丸「善子ちゃん……」

ルビィ「行っちゃった……うーん、どうしよう」

花丸「もしバスが来なかったらうちに来るように言っておくズラ」

ルビィ「そうだね……ありがとう」

花丸「あっ」

ルビィ「どうしたの?」

花丸「……終バス、もう終わってるズラ」

ルビィ「えぇ……。そっか……今日は平日じゃないんだった……」



善子「あーあ、なんてツイてないのかしら」

善子「バス停で時間見たら、終バス自体もう終わってるじゃない。どうしよ」

善子「はぁ……お母さんに電話……って何?スマホの調子が悪いわね」

善子(それに変な気配がする……もしかして)

善子「……ダイヤね?」

ダイヤ「流石ね。ヨハネちゃん」フフッ

善子「心霊現象が起こる時、電子機器は調子悪くなることがあるもの」

ダイヤ「ヨハネちゃん自身に多少ながら霊感があるからよ。普通の人は私と一緒にいてもスマホを使えるもの」

善子「はぁ……ツイてないわね。てか、普段のダイヤと一緒にいるときは使えるのに」

ダイヤ「隠しているもの」

善子「そういうものなのね。まるで子供騙しね」

ダイヤ「悪かったわね。そもそも、私じゃ無い可能性もあるのによく気付いたわね」

善子「いや、ダイヤだってすぐ分かったわ。あの時と同じ時間に同じ雰囲気を感じたもの」

ダイヤ「……なによ」

善子「は?」

ダイヤ「……ねぇヨハネちゃん。ちょっと、海でも見ながら感傷に浸らない?」

善子「ぷっ……何それ」クスクス

ダイヤ「……もういいわ」ムスッ

善子「嫌なんて一言も言ってないわよ。行きましょ」スタスタ

ダイヤ「……はい」スタスタ



善子「それでね!千歌さんと曜さんがみかんでストラックアウトしててね」アハハハ

ダイヤ「うふふふ、梨子ちゃん止めるのに必死だったでしょうね」クスクス

善子「……それで?」

ダイヤ「……はい?」

善子「何か言いたい事があったんじゃないの?」

ダイヤ「……お見通し、なのね」

善子「そんなんじゃないけど、ダイヤがこんな風に誘うって何かあるのかなって思っただけよ」

ダイヤ「そう……あのね、ヨハネちゃん」

善子「なに」

ダイヤ「浦の星女学院って、どうなると思う?」

善子「さぁ……千歌さんたちが頑張ってるし、もしかしたら廃校阻止できちゃったりするんじゃない?」

ダイヤ「……そう。あのね」

善子「ん?」

ダイヤ「あのね、ヨハネちゃん……今から言うこと、怒らないで聞いて欲しいの」

善子「……ん、良いわよ」

ダイヤ「……浦の星女学院はね、本来の運命では廃校になる筈だったの」

ダイヤ「けれど、現在浦の星女学院は存続する可能性が強まりつつある」

善子「そう、そんな事もあるのね」

ダイヤ「前も言った通り、私はアサシンの役を持つ悪魔。運命を改変しようとする者は殺さないといけないの」

善子「え……!?」ゾッ

ダイヤ「……問題は」

善子「……」

ダイヤ「その犯人が私ということなの」

善子「……え?千歌さんじゃなくて、ダイヤなの?」

ダイヤ「千歌ちゃんの活動は本来ならもう終わっている……筈だった」

善子「どういうことなの?」

ダイヤ「私は……運命を改変しようとする彼女たちを、助けてしまったのよ。勿論本人たちはそういう気は無いけど」

ダイヤ「あのファーストライブの時、グループ名さえ決まってないスクールアイドルの初ライブ。停電が起こり、パフォーマンスは失敗。鞠莉の欲求に答えることができずに解散する筈だった」

善子「そう、だったんだ」

ダイヤ「Aqoursという名前も、私が彼女たちに与えてしまったもの。砂浜に書いて姿を眩ませた。名前くらいならと思い、彼女たちに捧げたのよ」

ダイヤ「……それから、ファーストライブの時に停電が起こった。私は……予備電源を使って、彼女たちを助けた」

ダイヤ「挙句の果てには、私自身が同じ仲間として運命を変えようと動いてしまっている」

ダイヤ「……浦の星女学院は、事実上廃校から遠ざかっている」

善子「ダイヤは何故廃校になるのか、全て知っていたのね」

ダイヤ「……まぁね。どちらにせよ、千歌ちゃん自身に運命を変える力は無いわ」

ダイヤ「普通の人は、運命に干渉することはできない。私以外に悪魔がいないと仮定した話にはなるけど、この内浦で運命を変えることができるのは、私だけなのよ」

善子「そういう事……アサシンのあなたが任務に失敗したら、どうなるの?」

ダイヤ「……わからない。おそらく、私は消滅する」

善子「そんな……!」

ダイヤ「……だから私は……」

善子「……」

ダイヤ「……」

ダイヤ「……ねぇヨハネちゃん」

善子「何よ……」

ダイヤ「……私を、止めて」

善子「……は?」

ダイヤ「私は……」

ダイヤ「浦の星女学院を廃校にさせる」

善子「はぁ!?」

善子「消えた……!ダイヤ!ダイヤ!?」

善子(嘘でしょ……)

善子(つまりは廃校になる運命を変えちゃったから、元通りにする為に自分の手で廃校にするって事でしょ!?)

善子「……流石悪魔ね……なんとも」

善子(……)

善子(止めて……止めてってどういう事なのよ)

善子「わかんない事だらけね」

善子「……」

善子「とりあえずは、寝床どうしましょ」ゴロン

花丸「善子ちゃん!」

善子「うぇ!?ずら丸!?」

花丸「もー……携帯にLINE入れたのに……」

善子「あれ?ほんとだ……って圏外だし……ここは元から電波悪いのね」ハァ

花丸「……今夜はどうするの?」

善子「うーん……お言葉に甘えたいけど、明日の準備があるし、帰るわ」

花丸「そう……」シュン

善子「なんでアンタが残念そうにするのよ」

花丸「だって……」

善子「はいはい!行けばいいんでしょ行けば!」

花丸「やったズラ」ルンルン

善子「はぁ……全く」

善子(ダイヤ……一体何をするつもりなのかしら……地区大会も近いのに)

善子(まさか地区大会で何かしでかすんじゃないでしょうね)

花丸「……」

花丸「善子ちゃん?」

善子「ごめん。今行くわ」

善子(どうすればいいのかしら)


───────────
────────
───

〜数日後〜

千歌「さて、今から電車に乗って地区大会へ向かいますが……準備はいいかね」

曜・ルビィ「アイアイキャプテン!」

千歌「聞こえないぞ!?」

曜・ルビィ「アイアイキャプテン!!!」

千歌「ウゥゥゥウウゥゥウ↑」

CYaRon!「パイナップルにぃs」

ダイヤ・梨子・鞠莉「おやめなさい」バシーン!

善子「何やってんだか……」

モブ「あ!Aqoursだ!」

モブ「今から地区大会じゃない?確か今日だもん!」

モブ「あれ?地区大会今日だら?」

モブ「そうだよ!帰って見ないと!」

曜「もう、皆騒ぐから」

果南「曜も騒いでたからね?」

千歌「これだから最近の若いもんは……」ヤレヤレ

果南「アホ毛引っこ抜くよ?」

花丸「そろそろ移動しないと、電車間に合わないよ」

鞠莉「そうね。皆行きましょう」

善子「そうね」

モブA「あ、あの!」

善子「ん?何?」

モブA「……浦の星女学院、本当に無くなっちゃうのですか?」

善子「……まだ、わからない。今は入学希望者を募集して……そこでどうなるかって感じよ」

モブA「そうなんですか……。に、入学希望は……どこですればいいですか?」

善子「そりゃ、インターネットよ」

モブA「……そうですよね。やっぱり今時インターネットも無い、スマートフォンでもないって……トホホ」

善子「どうやって私たちのこと知ったのよ……」

モブA「友達に教えて貰って……その友達のパソコンで一緒に見てるんです」

善子「なるほど。……それなら、郵送したら?確か応募書類ある筈だし」

モブA「本当ですか?」

善子「ええ。ただ、1回うちに来てもらわないといけなくなるけど」

モブA「行きます!やったー!」

ルビィ「善子ちゃーん!もうすぐ電車来るよ!」

善子「やっば!?それじゃさよなら!」スタタタ



善子「はぁ、一時はどうなるかと……」

ダイヤ「全く、お人好しも過ぎますわ」

善子「自分でも呆れるわ」

梨子「次から気をつけてよ?」

花丸「心配するズラ」

鞠莉「遅れたってなったら大変だからね〜」

ダイヤ「人様に心配をかけて……」

善子「……」

善子「ごめんなさい」

梨子「え?うん」

善子「何よ」

梨子「いや、善子ちゃんがやけに素直だなって」

果南「普段なら痛いこと言いそうなのに」

善子「痛くない!それと善子じゃなくてヨハネ!」

千歌「そうそうそれ」

花丸「解散解散」

善子「もー!!」

善子「……」

善子(ダイヤ、何かアクションを起こすのかしら)


ダイヤ『おそらく、私は消滅する』

善子「……悪魔……か」ボソッ

梨子「悪魔がどうかしたの?」

善子「……?いや……ゲームの話よ」

梨子「そう」

花丸「なんだ、ゲームズラか」

善子「なによ……独り言くらい言うわよ……」

善子(私に止められるの?……本物の悪魔を……)

善子(そういや、アサシンは各地域に1人の割合でいるんだっけ。……となると、今から行く所にもアサシンがいる訳ね)

善子(……アサシンがアサシンを殺すことってあるのかしら)

善子(あるとしたら……警戒しといた方が良いのかしら)


───────────
────────
───

曜「着いたね」

千歌「ようやく駅から出れるよ」

果南「お疲れ様」

鞠莉「本番はこれからよ?」


ダイヤ「……」

善子(ダイヤが皆から距離を置いてる)

善子(何かするつもりかしら?目を離さないようにしなきゃ)

ダイヤ「善子さん。私に何か?」

善子「何でもないわ」

善子(勘付かれた……当然ね。けれど、それが目的だから問題無いわ)

善子(私の目があるとわかればそう容易くアクションは起こさない筈……確証は無いけれど)

善子(止めてと頼んだんだから、多少は効果有ると思うけれど)

ダイヤ「ほら、皆さん!ここに居ても邪魔になりますので移動しましょう」

善子「そうね。行きましょ」スタスタ

花丸「ダイヤさんに言われるのは良いとして善子ちゃんに言われるのは納得いかないズラ」トテトテ

善子「なんでよ!」

花丸「なんでも♪」

善子「不条理よ……」

善子(……さり気なくダイヤの後ろを取れたわ。これで監視できるわ!)

善子「って距離取りすぎた。一番後ろじゃない」

ルビィ「善子ちゃーん。早く早く」

曜「いちばんうしろの堕天使」

千歌「それ以上はいけない」カッ

鞠莉「もう全部言い終わってるわよ」

ダイヤ「……あ、そうですわ。善子さん」クルッ

ダイヤ「……!?」

ダイヤ「ヨハネちゃん!避けて!!」ダッ

善子「え?上?何あれ!?ガラス!?」

花丸「善子ちゃん!!」

善子(逃げなきゃ!!)

善子(ん?隣にある建物……どこも窓が割れてない!?……じゃあ、なぜあんな大きなガラスの破片が?)

善子(……待って、何かおかしい。もしこれが罠だとしたら、もし、本当にダイヤ以外のアサシンがこの場にいるとしたら……私を庇ったダイヤは……?狙いはもしかしてダイヤ!?)

善子「せい!」ゲシ!

ダイヤ「ゴハッ!?」

善子「そして避け……ゲッ!?」

善子(もう間に合わない!クッ……腕で頭を抑えれば致命傷には)

梨子「善子ちゃん!」ガバッ

善子「うご!?」ガシャーン!

善子「……ほっ助かった」

ダイヤ「ヨハネちゃん!」グイッ

善子「!?」

ダイヤ「なんで私を止めたの!?」

善子「いや……何となく」

ダイヤ「もう……もう知らないんだから!」プンスコ

善子「あはは……怒られちゃった」

果南「ヨハネちゃん?」

梨子「……」

善子「ありがと、梨子さん」

梨子「ううん。善子ちゃんに怪我がなくて良かった」

善子「……ふう」

|c||^.-^||「少しお久しぶりですわ」

善子「ひゃ!?アンタねぇ!」

|c||^.-^||「返事はしないで下さい。一刻を争いますので手短に済ませます」

善子「……」

|c||σ.-σ||「先日ご主人様から、任務に失敗した悪魔がどうなるかお聞きになったかと思いますが、その件についてです」

|c||σ.-σ||「任務に失敗したアサシンは、他のアサシンによって抹殺される可能性があります」

善子「!?」

|c||σ.-σ||「あくまで可能性でしたので、深くは気に留めていませんでしたが、先程の襲撃で確信しました。ここにご主人様以外の悪魔、アサシンの役を持つ者がいます」

善子「そんな……」

|c||σ.-σ||「返事はしないで下さい。怪しまれます」

|c||σ.-σ||「そして、先程ご主人様を庇った善子さんも、抹殺対象になっている可能性があります」

|c||σ.-σ||「なるべく御二方とも最善を尽くして守ります。なので、申し訳ございませんがご主人様をお願いします」

善子「……」コク

|c||σ.-σ||「先程の襲撃失敗で、恐らく大きく出てくることは無いはずですわ。ですが、細心の注意を怠らないよう務めてください」

|c||σ.-σ||「それでは」シュン!

善子「……」

梨子「善子ちゃん」

善子「……何でもないわ。行きましょ」

千歌「善子ちゃん!大丈夫なの?」

ルビィ「もう!危ないよ!……ってあれ?どこも窓が割れてないよ?」

鞠莉「本当ね……嫌がらせ?」

曜「悪意があるなんてレベルじゃないよ!善子ちゃん。大丈夫?」

善子「うん。……さ、行きましょ。地区大会、制覇するのよ」

善子「我らAqoursの名を、この地に永遠に刻みに行くのよ!リトルデーモンよ!待ってなさい!!」

曜「無茶しないでね」

ルビィ「そうだよ」

善子「はいはい」

善子(……私の勘は当たってた訳ね。……いいじゃない、今更悪魔がもう1人出てきたところで驚かないわよ)

善子(やる事が増えたわね)

ダイヤ「……」

善子「ダイヤ」

ダイヤ「……なによ」

善子「ありがと。助けようとしてくれて」チュッ

ダイヤ「……ふん///」

善子「……聞いてると思うけど、気をつけてね」

ダイヤ「……ええ」


善子(結局この日、私たちがもう1人のアサシンから襲撃を受けることは無かった)

善子(私たちは地区大会を優勝し、次の問題に向けて動いていた)

善子(そう、入学希望者だ。入学希望者を100人集めないと、新入生募集を打ち切り廃校になる)

善子(地区大会に現れたもう1人のアサシンは結局正体も何も分からずに終わった)

|c||^.-^||「まぁ、諦めたんじゃないでしょうか」

善子「軽いわね。その程度の任務なのにダイヤは消えるの?」

ダイヤ「そういう訳ではないわ、アサシンの抹殺は絶対では無いもの。試しに殺そうとしたけど無理だったから手を引いた。あっちから見たら暇潰しに失敗したようなものよ」

善子「暇潰しで同族を殺すのね」

ダイヤ「あら、スイッチ一つで同族を皆殺しにする種族が何を?」

善子「……ごめん」

ダイヤ「いえ……そんな責めた訳じゃないわ」ナデナデ

善子「……」

ダイヤ「私の抹殺を邪魔したのが人間の娘である貴女だから辞めたのよ」

善子「そうなの?」

|c||^.-^||「私たちの任務は言ってしまえば人間社会を守る為でもありますので、ここで善子さんを殺してしまうと矛盾が生まれてしまいますわ」

ダイヤ「それに、まだ運命が確定した訳では無いもの」

善子「……廃校にするの?」

ダイヤ「…………」

善子「ダイヤ。答えて」

ダイヤ「少し用があるから、失礼するわね」

善子「……」

善子「あのタイミングで私を使ってダイヤを殺そうとしたってことは、そのアサシンは私たちの関係を既に知っていたという事になるんじゃないの?」

|c||^.-^||「……流石ですわね〜。そうですわ。……ただ、それ以降何もございませんし、大丈夫かと」

善子「そうなのかしら」

|c||^.-^||「勿論、こちらも警戒を解いてはございません。ご安心くださいませ」

善子「そう……。はぁ」

|c||^.-^||「?」

善子「ダイヤを助けてって言われても、何だかどうしようもない感じだわ。他にも任務失敗した例とか無いの?」

|c||^.-^||「過去にも悪魔が任務に失敗して運命が変わった例はございますわ。ですが、私の知る限り……皆消滅しています」

善子「どうしろってのよ……」

|c||^.-^||「ただ、助かる方法が有るとすれば……悪魔としての生命を終わらせる必要がありますわ。そうすれば消滅しなくなりますし、抹殺の対象から外れますわ」

善子「どっち道死ぬんかい。そらそうでしょ」

|c||^.-^||「…………過去に人間になろうとした悪魔がいらっしゃいましたわ。勿論失敗しましたが」

善子「そうなんだ。まぁそりゃそうでしょ」

|c||^.-^||「当時はあるものが足りませんでしたので」

善子「ふーん。そのあるものって?」

|c||^.-^||「知りたいですか?」

善子「そこまで言ったら誰でも気になるでしょ」

|c||^.-^||「そうですわね。……でも善子さんにはまだ早いので、ヒントだけ」

善子「は?」

|c||^.-^||「私たちが生まれるに当たった経緯を思い出して頂ければ」

善子「はぁ。……人間がどうとか言ってたわね。人間が足りなかったの?」

|c||^.-^||「……」

善子「なんとか言いなさいよ」

|c||^.-^||「オホホー!」

善子(ムカつく)

|c||^.-^||「サラダ!」シュン!

善子「バーを付けなさいバーを、それじゃただの野菜よ。……人間社会楽しみ過ぎでしょアイツ」

善子(……悪魔が人間に……そんな事あるのかしら。逆に人間が悪魔になれるってことになるわよ)

善子(私が悪魔に……)


───────────
────────
───

善子「オーホッホッホッホ!」

善子「我がリトルデーモンたちよ!ひれ伏しなさい!!」

善子「ヨハネの魔術で、人間社会を我が物にするのよ!オォーッホッホッホッホ!!」

────────────



善子「……」

善子「……んふっ」ニヤニヤ

|c||^.-^||「大丈夫でしょうかこの子」




善子(数日間何も起こらないまま、ついに約束の日が来た)

善子(当のダイヤは、依然何もしていなかった。流石に付きっきりで見ていた訳でもないので、見てない所で何かしているのだろうけれど)

善子(私も、止めてと言われたから見ている、というスタンスだった)


千歌「まだ……まだいける!」

鞠莉「あっ、また一人増えたわ」

善子「……」

ダイヤ「……」

善子(妙に静かね。何を考えているのやら)

曜「何だかもう疲れてきちゃったよ」ウーン

千歌「あ……!」

果南「あと2人だね」

善子(現状何もしていないのが、少し不気味ね。……不気味も何も悪魔なんだけど)

善子(この機会を逃せば廃校は確定。ならば確実に何かしている筈)

善子(……人間に防ぐ術が無い方法なら……何故あの時止めてと言ったんだろ。よく分かんないわね)

善子(……まぁ、そこまで悪質な事はしないでしょ。ダイヤだし)

千歌「98……98……」

梨子「……」

梨子「?善子ちゃん?」

ルビィ「今日は善子ちゃん静かだね」

花丸「そうだね」

千歌「あー!98から増えないよ!」

ダイヤ「…………」

善子「増えない……?たまたま誰も見てないだけじゃない?時間を見なさいよ」

鞠莉「でも、さっきまでぽつりぽつりと入ってたのよ?」

善子「うー……ん」

ルビィ「どうなんだろ、時間的にもう寝ててもおかしくはないけど」

千歌「うん……」

ダイヤ「もう後数時間で、夜が明けますからね……」

善子「……」

善子(スマホは繋がるかしら)スッ

善子(……あれ?電波は繋がっているのに、SNSもブラウザも使えない!?)

善子「……!」

ダイヤ「?」

善子「千歌さん。1度ページを更新してみて」

千歌「え?うん、いいよ」

鞠莉「ああ……開きっぱなしだから、更新が止まってるかもしれないわね」

ダイヤ「…………」

ダイヤ「……♪」ニタァ

千歌「ダメだぁ〜……」

果南「98のままだね……」

善子「……そう」

ルビィ「善子ちゃん……」


───────────
────────
───

鞠莉「……もうすぐタイムリミットよ」

果南「……」

千歌「……」

曜「……」

善子「……」

善子(依然スマホは調子が悪い)

ダイヤ「……」

梨子「……」

ルビィ「……」スヤスヤ

花丸「……」スヤスヤ

善子(ダイヤの仕業の筈なのに……!)

善子(一体何をしているの!?まるでここが隔離されているかのように!)

善子「隔離……?」

ダイヤ「……!」ギロッ

千歌「……善子ちゃん?」

善子「ごめん、少しお手洗いに行ってくるわ」

果南「行ってらっしゃい」

梨子「あ、私も行くわ」

善子「ん」

ダイヤ「…………」

ダイヤ(気付いたところで、何ができるわけじゃ無いはず。放っておきましょう)


善子「おかしい……」

善子(おかしいのは分かってる。けれどもそれを判断する手法が無い)

善子(隔離されているのなら、外部からの接続は不可能。……こちらから外部へ接続することもできない可能性がある)

善子(私が外に出ることができなければ、確証となる。ならば)

梨子「善子ちゃん、どこに行くの?」

善子「え」

善子(しまった!梨子さんがいるんだった)

梨子「……こんな時にウロウロしてないで、早く戻りましょ」

善子「……はい」

善子(迂闊!!……ここで変に疑われるのも嫌だし……戻ろう)

善子「うわっ」

梨子「どうしたの?って……これは……」

善子「鞠莉……絶対忘れてるでしょ……」

梨子「そうだね……」

善子「……戻りましょ」

梨子「……そうね」

善子(……どうすればいいかしら。……そもそもダイヤが本気を出したら……私に勝てるのかしら?)




善子「戻りました」

千歌「……」

善子「……来ないの?」

千歌「……」コク

鞠莉「……」

果南「……」

曜「もう、あと少しで……」

千歌「お願い……」

千歌「お願い!来て!」

果南「千歌……」

鞠莉「……」

千歌「お願いします……!あと少し……!」

鞠莉「あっ……」

鞠莉「…………時間ね」

果南「………………」

千歌「…………」

善子「…………」

善子(本来の運命では廃校になっていた。それを知ってる分ダメージはほぼ無いわ。……むしろこの状況を見てる心理的ダメージの方がでかいわね)

ダイヤ「……♪」フフフッ

善子「……!」イラッ

善子(何あれ、楽しんでない?まるで悪魔……って本当に悪魔なんだけど)

ダイヤ「……♪」チラッ

善子「……?」

善子(窓の外に何か……?あれは……ぶっぶ!?電柱の上で何をって、まさか!?)

|c||^.-^||「……」コクリ

ダイヤ「……」

ダイヤ「……♡」ニマァ

善子「……!……!!!」ワナワナ

善子(ダイヤ……!あなた本当に……!!)フルフル

善子(何よ!何楽しんでるのよ!!何笑ってるのよ!!)ダッ

ダイヤ「!?」

善子「ダイヤァ!!」ボコォ!

ダイヤ「カハッ!?」ドサッ

曜「よ、善子ちゃん!?」

梨子「……!」

千歌「善子ちゃん!!」

善子「アンタ、アンタね!!自分の都合で何人様の大切な場所を奪ってんのよ!!巫山戯んじゃないわよ!!」ガシッ

果南「善子!!」ガッ

善子「離して!!コイツには言ってやらないと気が済まないことが沢山」

鞠莉「落ち着きなさい!!」

ダイヤ「いいのです」

千歌「だ、ダイヤさん……?」

ダイヤ「先日、善子さんと少し喧嘩しまして……どうか善子さんを責めないであげてください」

果南「ダイヤ……」

ダイヤ「すみません。失礼します」スタスタ

鞠莉「あっダイヤ!!」

善子「…………」

善子「……」ストン

果南「善子!?」

善子「くそっ……くそ!」

善子(何よ……止めてって頼んだと思ったら……止める余地も無いじゃない!)

善子(ダイヤは止められないし、ここは廃校になるし、なんなのよ!)

曜「善子ちゃん……悔しいのは分かるけど、落ち着こう?ダイヤさんと何を言い合ったのかは分からないけど」

善子「……うん」

曜「けれど……98かぁ。あと2人、小さなようで大きいな……悔しいな……」

果南「集まらなかったね……街に出たら声をかけられたりしたけど、その人たちはこの中にいるのかなぁ。」

ルビィ「どうなんだろう……でも、皆ネットで応募してくれてると思うよ?」

善子「……?待って」

梨子「……?」

善子「鞠莉、インターネットでは98人なのよね。お父さんは入学希望者を100人集めれば良いと言ったのよね?」

鞠莉「そうだけど……」

善子「それはインターネット限定では無いってことよね」

鞠莉「え?パパはそこの所は詳しく言ってないけど……良いのかな」

善子「……そう。鞠莉、今すぐして欲しい事があるの」

鞠莉「何何?どういうこと?」

千歌「まだ可能性があるって事?」

善子「そうよ」

梨子「……!?そんなこと」

善子「あるわ……!鞠莉の勤務姿勢には感謝しかないわね。行くわよ」

果南「お、なんだか、何かどうにかなりそうな可能性を感じるよ!」

曜「何もかも曖昧じゃん……いいぞヨーシコー!かっこいいよ!!」

善子「ふふふ……私は堕天使!悪魔なんぞ相手に足りぬ……!」

千歌「頭壊れたかな」

花丸「元からズラ」

鞠莉(徹夜してるから口が悪くなってるわ……)




ダイヤ「……」

|c||^.-^||「術式は解除しましたわ。外部との接続はもう可能ですわ」

ダイヤ「ありがとう」

|c||^.-^||「良いのですか?」

ダイヤ「……何が?」

|c||^.-^||「善子さんを裏切るような形になってしまって……」

ダイヤ「……私だって、易々と消えたくはありませんもの」

|c||^.-^||「まぁそうなりますわね」

ダイヤ「…………」

|c||^.-^||「他に気がかりな事が?」

ダイヤ「……いえ」

|c||^.-^||「オホホー!」

ダイヤ(ムカつく)

ダイヤ「それじゃ、戻るわね」

|c||^.-^||「かしこ、かしこまりましたわかしこ」

|c||^.-^||「……」

|c||σ.-σ||「さて、善子さんは無事にアレを見つける事ができたでしょうか」

|c||σ.-σ||「それが見つけられなかったのだとしたら……失礼ですが期待外れといったところですわね」シュン!



ダイヤ「戻りました」

千歌「……」

梨子「……」

曜「どうなるのかな」

ルビィ「わからないよ」

果南「とりあえず、待つしか無いんじゃない?」

善子「……」

ダイヤ「……どうかなさいましたか?別件で何か問題が……?」

千歌「いやね、今鞠莉さんg」

鞠莉「皆!」バァーン!

ダイヤ「鞠莉さん」

果南「どうだった……?」

鞠莉「……」

善子「鞠莉……」

梨子「……」

花丸「……」

ルビィ「鞠莉さん……」

鞠莉「浦の星女学院は……来年度の生徒募集をする事で決定したわ」

千歌「や、や……やったー!!」

果南「やったよ!浦の星女学院が……廃校にならずに済むんだ!」

曜「……!…………!」←言葉が出ない

梨子「……!」

花丸「良かったズラ」

ルビィ「これで来年も浦の星女学院の生徒だね!」

ダイヤ「……は?」

鞠莉「うふふ、生徒会長の引き継ぎ、よろしく〜☆」

ダイヤ「……」ギロ

善子「……」キッ

ダイヤ「一体何がありましたの?」

千歌「善子ちゃんがね、事務所にある書類の中に郵送物があるんじゃないかって言ってね」

果南「その中にこれがあった訳」

ダイヤ「それは……応募書類!?入学希望の!?」

善子「鞠莉が放ったらかしにしてくれたお陰で、その書類は手付かずのまま事務所にあったって訳よ。本来なら大問題だけど……今回ばかりは助かったわ」

曜「善子ちゃんのお陰だよ……!」

ルビィ「ルビィも来年はここで先輩になるんだ……」ポワワ~

ダイヤ「馬鹿な……」

梨子「……流石善子ちゃんね」

果南「見直したよ。ほら、ご褒美だよ!」ハグッ

善子「ちょっ息苦しい」ムギュムギュ

ルビィ「なんで?ねぇなんで息苦しいの?なんでなんで?ルビィがやっても息苦しいのそれ」ズイズイ

千歌「る、ルビィちゃん落ち着いて……」アセアセ

曜「キャラ崩壊してるよ……」アセアセ

鞠莉「善子ずるいわ!私も!」

果南「もう、ほらおいで」ハグッ

鞠莉「カナァン」ハグッ

善子「何やってんだか」

ダイヤ「……津島善子」ギロッ

善子「……何かしら」ジッ

ダイヤ「……来なさい」

善子「……」

花丸「あらあら」

曜「今ダイヤさんの目光ってなかった?」

善子「光の加減よ」

善子「ちょっと行ってくるわね」


───────────
────────
───

ダイヤ「……」

善子「屋上に呼び出すなんて、ほんとに喧嘩でもするつもり?」

ダイヤ「喧嘩?フフフ、所詮悪知恵は働けど人間の娘。レベルが低いわね」

善子「……じゃあ何をするのかしら?」

ダイヤ「貴女を殺すのよ」

善子「殺りなさいよ」

ダイヤ「……」

善子「それでアンタの気が済むなら殺せばいいじゃない!!」

善子「自分のミスで皆の想いを踏みにじってんじゃないわよ!」

ダイヤ「黙りなさい」

善子「人間社会を守る為?その為に人を不幸にして守護者気取ってるんじゃないわよ!所詮アンタらは聖書に出てくる人間のイメージ通りの悪魔でしか無いのよ!」

ダイヤ「黙りなさい!!」

善子「何が運命よ!アンタらの敷いたレールなんかに従ってやる筋合いなんかこれっぽっちも無いわ!そんなんで消滅するんなら、悪魔なんて辞めればいいわ!!」

ダイヤ「黙れと言ってるのよ!!!」ブン!

善子「ガァァッ……!!」ズチャッ

善子「うぁ……あ…………腕が……腕?」

善子「腕がない?あれ?腕がある筈なのに?アレ?アレ?」

善子「痛い……痛い…………」

善子「…………」

ダイヤ「ハァ……ハァ……」

|c||^.-^||「……」

ダイヤ「そこで何をしてるの」

|c||^.-^||「いえ、流石はご主人様が惚れた方だと思って見ていただけですわ」

ダイヤ「勝手なことを言わないで」

|c||^.-^||「ご主人様が善子さんに助けを求めたのは自身を助けてもらう為でしょう?」

ダイヤ「……見込み違いだったわ」

|c||^.-^||「いえ、善子さんはしっかり務めを果たしましたわ。ご主人様を止めたんですから」

ダイヤ「黙ってなさい。貴女も死にたいの?」

|c||σ.-σ||「黙りません。今回ばかりは」

ダイヤ「何なの……何なのよ二人揃って!私に消えろと言いたい訳!?」

|c||σ.-σ||「落ち着いてくださいまし」

ダイヤ「自分が死ぬと分かって落ち着ける者がいるわけが無いでしょう!」

|c||σ.-σ||「ご主人様は善子さんが、自分を救ってくれると信じていたのでしょう?」

|c||σ.-σ||「……これを使って」ピラ

ダイヤ「!?」

|c||σ.-σ||「何故これを?という顔ですわね。この術式は昔私が考えたものですもの。昔、私が仕えたご主人様も、同じように任務に失敗しました」

|c||σ.-σ||「……その時はこの術式は未完成で、当時のご主人様は消えてしまいましたが。この紙も、私が書いたものをご主人様がコピーしたものでしょう」

ダイヤ「……ごめんなさい」

|c||σ.-σ||「謝る必要はありませんわ。ご主人様のお気持ち、痛い程分りますので」

ダイヤ「……私は」

|c||σ.-σ||「善子さん、このままだとお亡くなりになりますわよ。よろしいのですか?」

ダイヤ「…………」

lcll`・.^・ll「ご主人様!」

ダイヤ「……!」ガシッ

ダイヤ「来なさい!あと、部屋についたら私の部屋に結界を貼って隔離しなさい!!」ダッ

|c||^.-^||「オホホー!」ピョンピョン


千歌「心配になって見に来たけど、誰もいない?」

果南「おかしいなぁ」

梨子「……どこに行ったのかな?」

ルビィ「なんか人みたいなのが屋根つたいに飛んでたような、気のせいかな」

花丸「1回家に帰っちゃったのかもしれないズラ」

鞠莉「そうなのかしら……てか今から学校なんだけど」


───────────
────────
───


善子「……」

善子「……っ」パチクリ

善子「ここは……?」

ダイヤ「目は覚めた?」

善子「うん。……!?腕は!……あれ?元通りになってる……?夢だったのかしら」

|c||^.-^||「私が治しましたわ〜」

善子「なんでもありね」

ダイヤ「良かった……」ナデ…ナデ…

善子「ん……てか、これダイヤの膝丸?」

ダイヤ「そうよ」

善子「……おやすみ」ゴロン

ダイヤ「!?ちょっと!ヨハネちゃん!起きなさい!起きて!!///」ユサユサ

|c||^.-^||「あら〜。お風呂沸かして参りましょうか?」

ダイヤ「そんな所に気を使う暇があるなら手伝いなさい!」

善子「はいはい起きてるわよ。何?」

ダイヤ「……その、さっきは申し訳ありません」

善子「……良いわ」

ダイヤ「そんな……もっと怒っても良いのよ?私はヨハネちゃんを……殺そうとしたのよ?」

善子「良いって言ってるのよ。私だって言い過ぎたもの」

ダイヤ「……ありがとうございます」

|c||^.-^||「善子さん。お願いがありますわ」

善子「何?」

|c||^.-^||「この術式で、ご主人様を人間にしてくださいまし」ピラッ

善子「この紙って……」

ダイヤ「ヨハネちゃんが私に届けてくれた紙よ」

|c||^.-^||「術式のセットは済ませてありますわ」

善子「はぁ……といっても、私はこれチンプンカンプンなんだけど」

|c||^.-^||「教えますので大丈夫ですわ」

ダイヤ「……」

|c||^.-^||「……私は少し席を外しますわね」シュン!

善子「……だって」

ダイヤ「……こんな事、ヨハネちゃんに頼むのは筋違いだってわかってるわ」

善子「ダイヤ……」

ダイヤ「先程ヨハネちゃんが言った通り、全て私の身勝手な欲だもの。……烏滸がましいと思うわ」

善子「仕方ないわよ。生きていれば間違えることだってあるわよ」

ダイヤ「……ありがとう。……私は、まだ死ぬ訳にはいかないの」

ダイヤ「私には……大切な……」ポロッ

善子「……!」

善子(ダイヤが……泣いてる……)

ダイヤ「お願い……ヨハネちゃん……。私を……助けてくださいまし……」ポロポロ

善子「……分かったわ。やってやろうじゃない」

|c||>.ω<||「はじまりですか?」シュン!

善子「やめなさい。直ちに」

|c||^.-^||「つれないですわね〜。冗談は善子ちゃんにして、さっさと始めましょう」

|c||σ.-σ||「どちらにせよ、早くしないと間に合いませんので」

ダイヤ「!!」

|c||σ.-σ||「おそらくですが、先日のアサシンがこちらに向かっています。かなり距離は近いかと思いますわ」

善子「こうしちゃいられないわ!早く始めましょ!」

|c||^.-^||「では、始めますわ。ご主人様は手筈通りに。善子さんはご主人様の前へお願いします」

ダイヤ「はい」

善子「こうね」

|c||^.-^||「それでは、動かないで下さいまし」

|c||σ.-σ||「אהב אחד הצלה」

|c||σ.-σ||「תקווה עם היד שלי!」

善子「光った……!?これは魔法陣!」

|c||^.-^||「次に必要なものが処女の血液ですわ」

善子「えっ」

|c||^.-^||「……え?」

ダイヤ「え?……え?」

ダイヤ「」チーン

|c||^.-^||「ご主人様が死んだ!」

善子「この人でなし!!」

|c||^.-^||「言ってる場合じゃないですわ!何かあったのですか!?こんな時に!?」

善子「ああ、いや、いきなり処女とか言うから」

|c||^.-^||「処女じゃないのですか?」

善子「……処女よ。めちゃくちゃ失礼な質問よそれ……」

ダイヤ「……!」ンマァー

|c||^.-^||「紛らわしいところで驚かないでくださいまし!!」

善子「ごめんって……。それで、血をどうすればいいの?」

|c||^.-^||「魔法陣の上に垂らしてくださいまし。手首や指など、部位は指定しませんわ。終わり次第傷の方は修復させていただきますので、ご安心くださいまし」

善子「そう。じゃあハサミ借りるわね」

善子「……ふん!!!」ズチュッ

善子「……ッ!……ゥオオオ!」ズボッ

ダイヤ「ヨハネちゃん……」

ダイヤ「……ヨハネちゃん?」

善子「……んぉおおお……痛い……」ドクドクドク

ダイヤ「血が……魔法陣の上で消えていく……!?」

|c||^.-^||「後は魔法陣に魔力が貯まるのを待つだけですわ」


30秒後

善子「……あの、まだですか?」ドクドク

ダイヤ「……まだみたいね」

善子「これ以上はちょっと……私の身が持たないわよ?」

|c||^.-^||「とは言えまだ足りないようですわね……!?」

|c||σ.-σ||「どうやらアサシンがもうそこまで来ているようです。防壁を張り、防衛姿勢に入ります」

|c||σ.-σ||「あとの手順はご主人様もご存知のはずですので、こちらで失礼しますわ」

|c||σ.-σ||「ご主人様のこと、よろしくお願いしますわ」シュン!

善子「そんな……どうしよう!ぶっぶが!」

ダイヤ「あの子はかなりの手練。そう簡単に突破できないわ」

善子「どちらにせよ急がないと!何か他に手はないの!?」

ダイヤ「それなら……術式を行う者の体の一部、精神的なものでも効果があるわ。大切にしてるものなら尚良いみたい……」

善子「精神的なものって何かしら。記憶とか」

ダイヤ「そこまでしなくて良いわ!」

善子「でも!」

ダイヤ「使うなら他の何かにして!もし使うとしてもそれは最終手段にして!」

善子「……なら、これをあげるわ」ジョキジョキ

ダイヤ「ヨハネちゃん……!あなた!!」

善子「ほら、髪よ……。これでもちゃんと手入れしてるんだから。……ちゃんと人間になってよね」サラサラ

ダイヤ「ヨハネちゃん……」

善子「……それと、これもあげるわ。ダイヤの命を助けれるなら、ダイヤにあげる」

ダイヤ「な、何をするつもりですの!?」

善子「前は無理やり奪ったんだから、今回は私が奪うわ」

善子「……人間になってね。私、ダイヤのこと」


善子「信じてるからね……」チュ…

ダイヤ「……!」チュ…




|c||^.-^||「……おや?」

|c||^.-^||(ご主人様の魔力が……消えていきますわ。そして人間の女の子の気配が2つに増えましたわ)

|c||^.-^||(上手くいったのですわね)

|c||σ.-σ||(……もう1人のアサシンも、困惑していたようでしたが、立ち去りましたか)

|c||σ.-σ||(しかし、とても強力な力を感じましたが……あのレベルの悪魔がこんな田舎にいるのでしょうか)

|c||σ.-σ||(それと、ヒストリアンも存在していましたか……まぁこちらは良いでしょう)

|c||σ.-σ||「……」

|c||^.-^||「まぁ、今は放っておきましょう」


───────────
────────
───

〜数日後〜

善子「んー……カカオの香り〜!」

ダイヤ「もう、大げさじゃないの?」

善子「いいじゃない。あむっ……うーん!美味しいわ!流石ダイヤね!」

ダイヤ「そ、そんな事ないわ//」テレッ

千歌「なんだか仲良くなったね」

果南「喧嘩する程仲が良いって言うからね」

ルビィ「いいなー。ルビィもそのチョコ食べたい……」

ダイヤ「家にあるから、帰ったら食べましょう」

鞠莉「てか、こんな喋り方だっけ?」

ダイヤ「イメチェンよ。イメチェン」

曜「私はこっちのダイヤさんも好きだよ!」

梨子「善子ちゃんもバッサリいったわね」

花丸「似合ってるズラ」

善子「ありがと。……ていうかヨハネよ」


善子(この間の1件で、ダイヤは人間になった。ダイヤは悪魔としての生命を終え、人間として、17歳の女性としてまた新たに生きることとなった)

善子(浦の星女学院は存続で決定した。今度、新入生を対象とした説明会をインターネットで行うこととなった)

善子(オープンキャンパスをするには、時期が遅過ぎるので、急遽私たちAqoursが主役となって、学校を紹介・必要事項を説明する事となった)

善子(私は普段ネット配信をしているので、質問の受け答えをインターネットを通じて生配信するコーナーは私が担当することとなった。普段とは勝手が違う為既に緊張している。言わないけど)

善子(ダイヤを狙ったアサシンの正体は、現在も分からず終いだ。しかし、もうダイヤは悪魔ではないので、狙われることは無いとのことだった)

善子「ただいま」

|c||^.-^||「おかえりですわ」

善子「……なんでウチにいるのよ」

|c||^.-^||「気分ですわ」

善子「気分で勝手に来るなっての」

|c||^.-^||「オホホー!」

善子(ムカつく)

善子(ぶっぶはダイヤにそのまま仕えるようだ。ダイヤは他の悪魔に仕えてあげたらどう?と言ったけど。ぶっぶはここが居心地良いからここに居ますと断った)

|c||^.-^||「善子さん。私アシの活け造りを食べたいですわ」

善子「こないだ食べたじゃない」

ピンポーン

善子「え?誰かしら。はーい」

ダイヤ「ヨハネちゃん……」

善子「あら、どしたの?」

ダイヤ「い、いや……///たまたま沼津に用があったから……来ちゃった……///」

善子「そう。上がる?ぶっぶもいるわよ」

ダイヤ「なんでいるのよ」

|c||^.-^||「オホホー!」

ダイヤ(ムカつく)

善子「まぁまぁ。一緒にゲームでもしましょ」

ダイヤ「私、FPSは苦手だから……見ておくわ」

|c||^.-^||「善子さん!私ゲームよりダウトがしたいですわ!」ピョンピョン

善子「3人でダウトて……」

ダイヤ「……」

善子「ダイヤ、ほら、入ってよ。ぶっぶもう部屋に行っちゃったわよ」

ダイヤ「いや……なんだか未だに夢みたいで……ごめんなさい」ウルッ

善子「……ほら、来なさいよ」グイッ

ダイヤ「あっ……」

善子「ほら、感傷に浸ってないで、遊ぶわよ」ギュッ

ダイヤ「……はい」キュッ

|c||´.-`||「さっさと告白すれば宜しいですのに」ボソッ

ダイヤ「何か言いました?」ジロッ

善子「?」

|c||^.-^||「オホホー!」

善子(ムカつく)

ダイヤ(ムカつく)

善子「……ぷっあはははは!」

ダイヤ「うふふ」クスクス

|c||^.-^||「ほら!早く遊びましょう!」ピョンピョン

善子「そうよ。行くわよダイヤ」

ダイヤ「はい……!」


ダイヤ(いつかちゃんと言える日まで……待っててね。ヨハネちゃん……)





|c||^.-^||おわり

|c||^.-^||……

|c||^.-^||終わらない気持ちをくださいな
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「悪魔が来りて」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)