⌒°( ^ω^)°⌒「手がくっついて離れない!?」 |c||^.- ^|| ¶cリ˘ヮ˚)|「…」

シェアする

ダイよし-アイキャッチ2
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 22:50:49.97 ID:ZPQE2K7b
⌒°( ^ω^)°⌒「それで、何でこんなことになったの?」

⌒°( ^ω^)°⌒「おねえちゃ」

|c||^.- ^||「…」

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん」

¶cリ˘ヮ˚)|「…」

元スレ: ⌒°( ^ω^)°⌒「手がくっついて離れない!?」 |c||^.- ^|| ¶cリ˘ヮ˚)|「…」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 22:51:14.65 ID:ZPQE2K7b
¶cリ˘ヮ˚)|「全てはこの堕天使ヨハネの不運が招いたこと」

|c||^.- ^||「顛末に関しては以下の通りですわ」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 22:52:11.14 ID:ZPQE2K7b
----------回想
|c||^.- ^||「想いよひとつになれのダンスのペアが決まりましたわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネは|c||^.- ^||さんとペアね!よろしく!」

|c||^.- ^||「ええ。頑張りましょうね」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 22:55:24.99 ID:ZPQE2K7b
¶cリ˘ヮ˚)|「クックック…堕天使ヨハネとペアを組むということ」

¶cリ˘ヮ˚)|「それが如何に恐ろしいことか…」

|c||^.- ^||「ダンスに関してはすでに決まっていますから」

|c||^.- ^||「早速練習しましょう」

¶cリ˘ヮ˚)|「聞け―!」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 22:55:43.88 ID:ZPQE2K7b
¶cリ˘ヮ˚)|(全く、|c||^.- ^||さんってばヨハネの話全然聞いてくれないし…)

¶cリ˘ヮ˚)|(堕天使のことだってよく思ってないだろうから)

¶cリ˘ヮ˚)|(まだちょっと苦手かも…)
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 22:57:35.01 ID:ZPQE2K7b
|c||^.- ^||(イマイチ¶cリ˘ヮ˚)|さんとどのように向き合えばよいか分かりませんわ…)

|c||^.- ^||(以前、¶cリ˘ヮ˚)|の堕天使に関してきつめに否定してまったことですし…気が引けているというのが事実)

|c||^.- ^||(今回のダンスパートをきっかけに打ち解けられればよいのですけれど)
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 22:57:58.80 ID:ZPQE2K7b
|c||^.- ^||「ここでお互い手を合わせて…」

¶cリ˘ヮ˚)|「こうね」

|c||^.- ^||「正面を向いて…」

ノξソ>ω<ハ6「あーっと!!どこからともなく瞬間接着剤が飛んで来たわっ☆ みんな逃げてー!」

|c||^.- ^||「!?」
¶cリ˘ヮ˚)|「!!?」
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:00:32.54 ID:ZPQE2K7b
ベチャッ!

∫∫( c||^ヮ^||「あー! 飛んで来た瞬間接着剤が|c||^.- ^||と¶cリ˘ヮ˚)|ちゃんの重なった手の隙間に!」

|c||^.- ^||「っ! 手が! 手が離れませんわ!!」

¶cリ˘ヮ˚)|「不幸よ…」
12: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:01:09.16 ID:ZPQE2K7b
----------回想終わり
|c||^.- ^||「と、言うわけですわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「お湯かけてみたけど取れないのよねこれ」

⌒°( ^ω^)°⌒(それってノξソ>ω<ハ6さんがふざけて瞬間接着剤を飛ばしただけじゃ…)

⌒°( ^ω^)°⌒(でも、これってチャンスかも!)

⌒°( ^ω^)°⌒(おねえちゃと¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん、若干気まずい雰囲気が出てたし)

⌒°( ^ω^)°⌒(これを機に仲良くしてもらおう!)
13: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:01:42.93 ID:ZPQE2K7b
⌒°( ^ω^)°⌒「手が離れないんなら、¶cリ˘ヮ˚)|ちゃんはおねえちゃと一緒に生活するしかないよね」

|c||^.- ^||「…」

¶cリ˘ヮ˚)|「…」

⌒°( ^ω^)°⌒「そんな暗い顔しないでよ二人とも。一緒にご飯食べたりお風呂入ったりするだけだビィ」

|c||^.- ^||「恥ずかしいからわざわざ言わないで!」

¶cリ˘ヮ˚)|「…」///
14: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:02:14.81 ID:ZPQE2K7b
⌒°( ^ω^)°⌒「とにかく練習も終わったことだし帰ろうよ」

|c||^.- ^||「練習着が脱げないのですけれど…」

¶cリ˘ヮ˚)|「とりあえずこのまま帰るしかないわね」

|c||^.- ^||「! 登下校は制服でないと、校則違反ですわよ」

¶cリ˘ヮ˚)|「そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!この石頭!」

|c||^.- ^||「だ~れが!石頭ですか!」

⌒°( ^ω^)°⌒「そうそう、石頭じゃなくてダイヤモンドヘッドだビィ」
15: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:03:29.61 ID:ZPQE2K7b
ノξソ>ω<ハ6「まあまあ落ち着きなさい、二人とも」

|c||^.- ^||「ノξソ>ω<ハ6さん!?」

ノξソ>ω<ハ6「今日だけは特別に許可するわ☆」

ノξソ>ω<ハ6「予想外の事故だものね」

|c||^.- ^||「ノξソ>ω<ハ6さん…ありがとうございます」

ノξソ>ω<ハ6「二人の手が外れる手を考えるから、それまでは我慢してね」
16: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:04:06.17 ID:ZPQE2K7b
⌒°( ^ω^)°⌒「…この事故の犯人はノξソ>ω<ハ6さんでしょ」ボソッ

∫∫( c||^ヮ^||「⌒°( ^ω^)°⌒ちゃん、勘がいいね」

⌒°( ^ω^)°⌒「∫∫( c||^ヮ^||さん…」

∫∫( c||^ヮ^||「⌒°( ^ω^)°⌒ちゃんの言う通りこれはノξソ>ω<ハ6がしかけた事故」
17: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:04:51.48 ID:ZPQE2K7b
∫∫( c||^ヮ^||「今回ノξソ>ω<ハ6が使ったのは特別な接着剤」

∫∫( c||^ヮ^||「接着されたものがノンケである限り絶対外れない接着剤」

∫∫( c||^ヮ^||「名付けて『ノンケ接着剤』」

⌒°( ^ω^)°⌒「『ノンケ接着剤』!!?」ガーン
18: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:06:01.46 ID:ZPQE2K7b
∫∫( c||^ヮ^||「この接着剤は、お湯をかけたり、通常のはがし液を使ったりしても絶対外れないんだ」

∫∫( c||^ヮ^||「外す方法は接着されたもの同士が両想い(レズ)になるしかない」

∫∫( c||^ヮ^||「もちろん専用のはがし液を使えば外れるけど、それはノξソ>ω<ハ6が隠し持ってるからね」
※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:10:40.67 ID:ZPQE2K7b
----------黒澤家
¶cリ˘ヮ˚)|「お邪魔します」

|c||^.- ^||「自分の家だと思って寛いでくださっても構いませんわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「この状況じゃ寛げないわよ!」

⌒°( ^ω^)°⌒「とりあえずご飯できてるみたいだから食べるビィ」
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:14:04.08 ID:ZPQE2K7b
----------食卓
¶cリ˘ヮ˚)|「さすが黒澤家。和風でかつ一汁三菜ってカンジね」

|c||^.- ^||「¶cリ˘ヮ˚)|さんの家ではあまりこういうものは出てきませんか?」

¶cリ˘ヮ˚)|「そうねえ。一品物のパターンが多いかも」

¶cリ˘ヮ˚)|「ママのお仕事も忙しいみたいだし」
21: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:17:40.91 ID:ZPQE2K7b
|c||^.- ^||「であれば自分で作ってみるのもよいかもしれませんわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「んー。でもヨハネ、料理出来ないし…」

|c||^.- ^||「機会があればわたくしが教えて差し上げますわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「ホント!?ぜひお願いしたいわ」

⌒°( ^ω^)°⌒(なんか急激に仲良くなってるような…)
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:18:09.89 ID:ZPQE2K7b
¶cリ˘ヮ˚)|「…」ジーッ

⌒°( ^ω^)°⌒「¶cリ˘ヮ˚)|ちゃん食べないの?」

¶cリ˘ヮ˚)|「えっと…」

|c||^.- ^||「利き腕がくっついているから食べにくいのでしょう?」

¶cリ˘ヮ˚)|「ええ」

|c||^.- ^||「わたくしが食べさせて差し上げますわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「…お願いします」
25: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:19:51.30 ID:ZPQE2K7b
>>23 ミス。



|c||^.- ^||「はい、あーん」

¶cリ˘ヮ˚)|「あーんは余計でしょう!?」

¶cリ˘ヮ˚)|「全く…」モグモグ

|c||^.- ^||「⌒°( ^ω^)°⌒に食べさせていた頃を思い出しますわ」

⌒°( ^ω^)°⌒「おねえちゃ余計なこと言わないで」
26: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:21:26.92 ID:ZPQE2K7b
----------お風呂
¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネたちも、花も恥じらう乙女だしさすがにお風呂に入りたいんだけど」

|c||^.- ^||「手がくっついていて服が脱げませんわね」

|c||^.- ^||「今日は拭くだけで我慢しましょうか…?」

¶cリ˘ヮ˚)|「そうね…」
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:22:17.11 ID:ZPQE2K7b
⌒°( ^ω^)°⌒「そんなのダメだよ!!」ガチャ

|c||^.- ^||「⌒°( ^ω^)°⌒!? せめてノックして入ってきなさい!」

⌒°( ^ω^)°⌒「そんな些末なことはどうでもいいビィ!!」

⌒°( ^ω^)°⌒「下は脱げるし、上はハサミで切ればいいでしょ!!?」

⌒°( ^ω^)°⌒「ハサミここにおいておくね!!!?」

⌒°( ^ω^)°⌒「それじゃ!!!!!」バタンッ
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:23:02.31 ID:ZPQE2K7b
¶cリ˘ヮ˚)|「めっちゃ早口で言ってた」

|c||^.- ^||「はあ…」

|c||^.- ^||「どうします?」

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒に怒られそうだし、入りましょうか」

|c||^.- ^||「そうですわね」
29: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/05(土) 23:23:35.37 ID:ZPQE2K7b
¶cリ˘ヮ˚)|「あの…|c||^.- ^||さん」

|c||^.- ^||「なにかしら」

¶cリ˘ヮ˚)|「その、左手だとハサミつかえないから」

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネの服を切って欲しいんだけど」

|c||^.- ^||「!!?」
35: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 00:48:42.14 ID:j3E6r1p4
チョキチョキ・・・

|c||^.- ^||「…」

¶cリ˘ヮ˚)|「…」///

|c||^.- ^||(わたくしは何をやっているのでしょうか)

|c||^.- ^||(お互い向かい合って、後輩の服を切っているわたくし…)

|c||^.- ^||(シュールですわぁ…)
36: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 00:51:51.96 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「終わりましたわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「ありがとう」///

|c||^.- ^||「それでは、入りましょうか」
37: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 00:56:43.78 ID:j3E6r1p4
カポーン

¶cリ˘ヮ˚)|「何回もお願いして申し訳ないんだけど」///

|c||^.- ^||「頭と身体を洗えばいいの?」

¶cリ˘ヮ˚)|「はい…」///

|c||^.- ^||(別に左手でも洗えるような気がしますが…)
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:03:23.15 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「痒い所はありませんか?」ワシワシ

¶cリ˘ヮ˚)|「大丈夫」

|c||^.- ^||「こうしていると、⌒°( ^ω^)°⌒と一緒にお風呂に入っていたことを思い出しますわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「昔はこうやって洗ってあげていたの?」

|c||^.- ^||「ええ。小学生くらいの頃の話ですが」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:03:55.42 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「さて、お風呂から上がったのはいいですが」

¶cリ˘ヮ˚)|「服を脱げないということは、服を着られないということ」

|c||^.- ^||「浅はかでしたわ…」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:04:52.52 ID:j3E6r1p4
⌒°( ^ω^)°⌒「服が着れないなら裸でいればいいじゃない!」ガチャ

¶cリ˘ヮ˚)|「⌒°( ^ω^)°⌒!? せめてノックして入ってきなさいよ!」

⌒°( ^ω^)°⌒「そんな些末なことはどうでもいいビィ!!」

⌒°( ^ω^)°⌒「服を着なくても寝られるし寒ければ身体をくっつけあって温めあえばいいでしょ!!!」

⌒°( ^ω^)°⌒「おねえちゃの部屋のお布団は敷いてあるから!!!?」

⌒°( ^ω^)°⌒「それじゃ!!!!!」バタンッ
41: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:05:33.09 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「めっちゃ早口で言ってましたわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「はあ…」

¶cリ˘ヮ˚)|「どうしましょうか」

|c||^.- ^||「ここまできたらもうどうでもよくなってきましたわ」

|c||^.- ^||「色々と疲れましたし、もう寝ましょうか」

¶cリ˘ヮ˚)|「ええ…」
42: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:06:04.07 ID:j3E6r1p4
----------お布団
¶cリ˘ヮ˚)|「…」

|c||^.- ^||「…」

¶cリ˘ヮ˚)|「冷静に考えると二人とも裸同士で布団に入って手をくっつけあって…」

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネたち、何やってるのかしら」

|c||^.- ^||「わかりませんわ…」
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:06:42.76 ID:j3E6r1p4
¶cリ˘ヮ˚)|(とんでもなく恥ずかしい状況よね)///

¶cリ˘ヮ˚)|(でも|c||^.- ^||さんってば、ヨハネと違ってあんまり恥ずかしがっていないような)チラッ

¶cリ˘ヮ˚)|(意識してるのはヨハネだけってことなのかしら)

¶cリ˘ヮ˚)|(納得がいかないわ)
45: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:07:41.20 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「…」///

¶cリ˘ヮ˚)|(ん?)

¶cリ˘ヮ˚)|(くっついている手がちょっと熱くなってるような)
46: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:08:30.99 ID:j3E6r1p4
¶cリ˘ヮ˚)|「ねえ…|c||^.- ^||さん」

|c||^.- ^||「なんでしょうか」

¶cリ˘ヮ˚)|「ちょっとドキドキしてる?」

|c||^.- ^||「!?」
47: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:09:16.38 ID:j3E6r1p4
¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネは今、すっごくドキドキしてるの」

¶cリ˘ヮ˚)|「きっかけはどうあれ、仲良くなりたいなって思っていた先輩と一緒にいられるんだから」

¶cリ˘ヮ˚)|「|c||^.- ^||さんは、どう思ってる?」

|c||^.- ^||「わたくしも、ドキドキしていますわ」///

¶cリ˘ヮ˚)|「|c||^.- ^||さん♡」
49: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:09:58.55 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「…」

|c||^.- ^||「わたくし、ずっと¶cリ˘ヮ˚)|さんに謝りたかった」

¶cリ˘ヮ˚)|「えっ」

|c||^.- ^||「以前、⌒°( ^ω^)°⌒たちと一緒に動画を撮っていたでしょう?」

|c||^.- ^||「その時、勢いで¶cリ˘ヮ˚)|さんの堕天使動画を強く否定してしまった」

|c||^.- ^||「わたくしはそのことを後悔していました」

¶cリ˘ヮ˚)|「|c||^.- ^||さん…」
50: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:10:59.62 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「申し訳ございませんでした」

¶cリ˘ヮ˚)|「いいわよ。そんな些末なこと」

|c||^.- ^||「¶cリ˘ヮ˚)|さん…」

¶cリ˘ヮ˚)|「あの時はアレが間違っていたし、それに|c||^.- ^||さんはやり方を否定しただけであって」

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネ自身を否定したワケじゃないってことも分かってる」

|c||^.- ^||「¶cリ˘ヮ˚)|さんっ…」
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:12:18.67 ID:j3E6r1p4
¶cリ˘ヮ˚)|「ね、わだかまりもなくなったところで」

¶cリ˘ヮ˚)|「ヨハネと、もっと仲良くしてくれる?」

¶cリ˘ヮ˚)|「|c||^.- ^||?」

|c||^.- ^||「っ! もちろんですわっ」

………

……

52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:13:14.74 ID:j3E6r1p4
¶cリ˘ヮ˚)|「ん…いつの間にか眠っていたみたね」

¶cリ˘ヮ˚)|「あれ?」

¶cリ˘ヮ˚)|「|c||^.- ^||がいない」

¶cリ˘ヮ˚)|「というか、手が離れてるわ!」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:14:00.37 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「おはようございます」

¶cリ˘ヮ˚)|「あ、おはよ」

|c||^.- ^||「どうやら自然に取れたみたいですわ」

¶cリ˘ヮ˚)|「やったわねっ」

|c||^.- ^||「朝ごはんが出来ていますので、一緒に食べましょうか」

¶cリ˘ヮ˚)|「はーい」
54: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:14:39.41 ID:j3E6r1p4
|c||^.- ^||「それと」ジーッ

|c||^.- ^||「手も取れたことですし、早く服を着たほうがいいですわよ」

¶cリ˘ヮ˚)|「…」///

¶cリ˘ヮ˚)|「|c||^.- ^||のえっち」

|c||^.- ^||「何故!?」
55: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:16:04.75 ID:j3E6r1p4
----------学校
|c||^.- ^||¶cリ˘ヮ˚)|ギュー

ノξソ>ω<ハ6「…」

ノξソ>ω<ハ6「まだ外れていないみたいね」

∫∫( c||^ヮ^||「作戦失敗かなーん」
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/06(日) 01:17:57.47 ID:j3E6r1p4
⌒°( ^ω^)°⌒「いや、作戦は成功してるビィ」

ノξソ>ω<ハ6「えっ? でもまだ手が…」

∫∫( c||^ヮ^||「くっついてるけど…?」

⌒°( ^ω^)°⌒「おねえちゃたち仲良くなりすぎて、手をくっつけてないと落ち着かないんだって」

|c||^.- ^||¶cリ˘ヮ˚)|「♡」



|c||^.- ^||¶cリ˘ヮ˚)|「ハッピーエンドね♡」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『⌒°( ^ω^)°⌒「手がくっついて離れない!?」 |c||^.- ^|| ¶cリ˘ヮ˚)|「…」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。