善子「私と梨子がカップル!?」

シェアする

善子-アイキャッチ36
梨子「おはよう善子ちゃん。昨日借りてた漫画おもしろかったよ」

善子「フフそうでしょう?梨子ならわかってくれると信じていたわ」

キャッキャッ

ヒソ…ヒソ…

pixiv: 善子「私と梨子がカップル!?」 by けつげ

スポンサーリンク

梨子「じゃあまたお昼ね」スタスタ

善子「ええ」

JK「ねぇ、善子ちゃん」

善子「ん、なにかしら?」

JK「2年生の桜内さんと仲が良いみたいだけど」

善子「そ、そうかしら…?」

JK「うん!何だかカップルみたいだって話題だよ!」

善子「……か、カカカカカップルってぇ!?」

JK「え、その反応は本当に…」

善子「ば、ヴぁ、バカ言わないでよ!そんなんじゃないわよー!」バタバタ

善子「はぁ、全く失礼しちゃうわ…」

花丸「気にすることないずら善子ちゃん。ほら、恋の形は人それぞれだし」

ルビィ「る、ルビィは善子ちゃんのこと応援するからねっ!」

善子「あんたたちも信じるなー!!あとヨハネー!」



梨子「…え?私とよっちゃんが?」

善子「ええ、私たちレ……レズって言われてるようなもんよ…」

花丸(また2人っきりでご飯食べてる)コソ~

梨子「う~ん、でも私は善子ちゃんと一緒なら何言われたって気にしないけど?」

善子「少しは気にしなさいよ。一応私たちスクールアイドルなんだし」

【悲報】桜内梨子さん、彼女がいた

善子「なんてスクールアイドル速報にまとめられるわよ!?」

梨子「そんなまさか…」

善子「とにかく、これからは注意しましょ」

梨子「うん…」

パクパク…

よしりこ「ごちそうさまでした」

善子「歯磨きに」

梨子「私も」

善子「ん」ギュッ

トコトコ…

善子「って、手をつなぐのダメ!」

梨子「善子ちゃんからしたでしょ」

善子「それでもダメなの!」

それから…

梨子「善子ちゃーん、話してたCD渡しに来たよ」

ルビィ「あ、梨子ちゃん。それ受け取っておいてってルビィ言われたんだけど」

梨子「え?」

ルビィ「善子ちゃんどこかに行っちゃって」

梨子「どこかにって…?」

__

梨子「善子ちゃん、一緒にストレッチしよ?」

善子「きょ、今日は曜とするから!」

曜「へぇ?」

梨子「ストレッチもダメ…?」

__

梨子「善子ちゃん、おはよう」

善子「あ、うん」スタスタ

梨子「…」

善子(こうしてたら、みんなも何も言わなくなるよね…?)

__

善子(毎日じゃないにしても、たまにはお昼一緒に食べようかしら……梨子、来ないわね)

スタスタ

曜「でー、その時ふちゃぎさんとおおつかさんがー」ペチャクチャ

梨子「あははっ、そうなんだぁ」

千歌「それはドン勝だね」

善子(3人で食べてる…邪魔しちゃ悪い、よね…。1年教室戻ろ)スタスタ

梨子「…?」チラッ

千歌「梨子ちゃん、どうかした?」

梨子「あ、ううん何でもない」

曜「で、言ってやったんだよ。いしじまさんは前のバイト先の店長だって」

千歌「それはやばたにえんだね」

梨子「……」

善子(これでいい、これで………いい、はずなのに…千歌と曜といるのを見たら…なんか、モヤモヤするような…この感じはなんなの…)

鞠莉「ハァイ、ヨハネ」

善子「?」

鞠莉「お弁当箱持って、もう食べ終わったの?」

善子「これからよ」

鞠莉「あらそうなの。ワタシもこれからなんだけど、一緒にどうかしら?」

善子「え?えぇ…」

鞠莉「ちょっと気になったんだけど、あなた梨子と喧嘩でもしたの?」

善子「別に…?どうして?」

鞠莉「そう考えちゃうようなことしてるからよ。あんなに仲良しだったのに最近一緒にいるとこあんまり見ないわよ?」

善子「え、そ、そうかしら?」

鞠莉「何があったか知らないけど、あんまり自分の気持ちに嘘ついてるとパンクしちゃうわよ?」

善子「…」

__

梨子「善子ちゃんどうしたの?体育倉庫なんかに呼び出して」

善子「もう、わからないの?」

梨子「うん。だって私たち」

善子「そ、それよ!露骨に避けるようになったでしょ…?」

梨子「でもそれは善子ちゃんが」

善子「私だけど!私がやり始めたことだけど!だけど、梨子が千歌や曜と一緒に楽しそうにしてるの見て……梨子が楽しそうにしてるのを見るのはいいんだけど…そこに私がいないのが何か納得いかなかったのよ!!」

梨子「善子ちゃん…」

善子「と、とにかく!やっぱり私は梨子と一緒にいたいの!」

梨子「………もう、わがままだよ。善子ちゃん」

善子「う、ご、ごめん…」

梨子「でも、嬉しいな…。私も善子ちゃんと同じ気持ちだから」

善子「え?」

梨子「私も善子ちゃんと、一緒にいたい」

善子「梨子…」

梨子「善子ちゃん…」

チュッ

善子「!!?り、梨子!?何をっ……」

梨子「え…?何ってキスだけど?」

善子「いや、でも、これじゃあホントに…」

梨子「嫌?」スリスリ

善子「そうじゃないけど…ぁんっ、ちょ、手が…」

メノ^ノ。^リ「こんな所に呼び出したのもこうなることを期待していたからでしょ?」

善子「ち、ちがっ…」

メノ^ノ。^リ「さぁ素直に、身を、委ねて……」

善子「ひ……ヒィィィィィィィィ!!」

数日後…

梨子「みんなお疲れ~」

鞠莉「ハロー梨子。今日もアツアツねよーしこ!」ニヤニヤ

果南「急に室温が上がった気がするよ~」パタパタ

ダイヤ「それで、善子さんたちはどこまでやったのですか……?」

善子「ヨハネよ!あと茶化すなー!変なこと聞くなー!」

梨子「もう、そんなに照れなくてもいいじゃん善子ちゃん」ナデナデ

善子「うぅ…」ギュッ

善子(こんなことになるんだったらやっぱり距離置いとく方がよかった…)

メノ^ノ。^リ「本当は?」

善子「すっごい幸せー!」


やっぱりレズじゃないかおわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「私と梨子がカップル!?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)