穂乃果「ゲームをしよう」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ33
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/21(月) 23:49:59.93 ID:JXSmxTMu0
にこ「何よ?唐突に…」

穂乃果「だって暇じゃない?ねえ?暇だよね?」

凛「暇だにゃ」

にこ「で?ゲームって何をやるのよ?」

穂乃果「あれやろうよ?相手の言葉を当てるゲーム」

にこ「相手の言葉を当てるゲーム?」

穂乃果「うん」

凛「どう言うルールなの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526914199

元スレ: 穂乃果「ゲームをしよう」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:07:02.38 ID:7tZN7pV50
穂乃果「えっと…カードをおでこに当てて…あっ、そのカードには言葉が書いてあるんだけど…その言葉を当てるの。で、そのカードに書いてある言葉は自分達で書いて…」

にこ「待って。全然分からない。どんだけ説明が下手くそなのよ」

穂乃果「え?分かんない?」

凛「分かんないにゃ」

希「それってあれやろ?」

穂乃果「希ちゃん知ってる?」

希「うん。自分の持ってるカードに書いてある単語を言ったら負けってやつやろ?」

穂乃果「それそれ!それだよ」

にこ「単語を言ったら負け?」

希「うん。単語が書いてあるカードを何枚か用意して各々引くんよ。その時自分は見ずに他の人にカードを見える様にして」

にこ「分かった!要するにそのカードに書いてある単語を言った人は負けって事ね?で、プレイヤーは相手を誘導してその言葉を言わせるのね!」

穂乃果「そう!最後まで残った人が勝ちなの」

凛「面白そうにゃ」

にこ「そうね。どうせ雨で練習も出来ないし。やりましょうか!」

穂乃果「うん。じゃあ、四人でやろうか!」

希「あ~、ウチはいいや」

穂乃果「え?何で?」

希「見てる方が楽しそうやし」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:18:18.94 ID:7tZN7pV50
穂乃果「え~、絵里ちゃん!」

絵里「やらないわよ」

穂乃果「どうして?話聞いてなかった?」

にこ「ルールが理解出来なかったんじゃないの?」

絵里「出来たわよ」

穂乃果「じゃあやろうよ」

絵里「え~、だって…あなた達とやるとロクな事に。ねえ?」

真姫「どうして私にふるのよ」

絵里「特別な意味はないけど」

凛「真姫ちゃんもやりたい?」

真姫「やりたくない」

にこ「二人とも負けるのが怖いのよ」

真姫「何ですって?」

絵里「真姫?」

真姫「いいわよ。やってやろうじゃない。私達に喧嘩を売った事を後悔させてあげるわ」

絵里「え?私も?」

穂乃果「よ~し、じゃあ…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:24:41.26 ID:7tZN7pV50
海未「あの…私は」

穂乃果「え?海未ちゃんもやるの?」

海未「え?ダメですか?」

穂乃果「いや…ダメじゃないけど…」

にこ「別にいいじゃない。人数が多い方が盛り上がりそうだし」

海未「では、私も参加させていただきます」

穂乃果「う、うん」

にこ「花陽とことりは?」

ことり「え?私は…見学してようかな」

花陽「私も…」

希「じゃあ、ウチ等は三人で審判でもやろうか?」

ことり「そうだね」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:28:37.70 ID:7tZN7pV50
希「では、各々2枚ずつ単語を書いたカードとウチ等三人が書いたカードをシャッフル!」

穂乃果「よしっ!私はこれにしようかな!」

凛「凛はこのカード!」

絵里「じゃあ、私はこれ」

海未「私はこのカードを」

にこ「にこはこれにするわ」

真姫「ふん」

希「よし。皆んな引いたな?それじゃあ、カードをおでこに貼って下さい」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:33:40.40 ID:7tZN7pV50
穂乃果:チョコレート

凛:登山

にこ:賢い

海未:キス

真姫:馬鹿

絵里:おっぱい
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:45:17.65 ID:7tZN7pV50
穂乃果(なるほど。海未ちゃんに言わせるのは手強そうだ。ババ抜きの様にはいかないか)

凛(凛が書いたラーメンも陸上も…誰も居ないにゃ)

にこ(これは…)

真姫(海未…。絵里にバレるじゃない)

絵里(海未…なんて分かりやすい。多分私のカードは言葉にするのが恥ずかしい単語なのね)

海未(お…お…おっ…なんて…恥ずかし過ぎます。破廉恥です)
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 00:52:52.50 ID:7tZN7pV50
希「さあ、解説のことりちゃん。このゲームどう予想しますか?」

ことり「う~ん。全て海未ちゃん次第かなぁ」

花陽「海未ちゃん次第?」

ことり「うん。皆んなが海未ちゃんの表情の変化が鍵だと思うんだけど」

花陽「な、なるほど…」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 09:42:09.41 ID:7tZN7pV50
穂乃果(でも、誰がおっぱいなんですか書いたのかな?そんな事書く人がμ’sの中にいる?)

ことり←書いた人

穂乃果(まあ、いいや。おっぱいの事は置いておこうか)

希「なあ、皆んな?ちゃんと喋らなきゃあかんよ?黙ってるとイエローカードやからね」

穂乃果「え?イエローカード?」

にこ「そんなルール聞いてないわよ」

希「だって、喋らないとゲームにならないやん」

真姫「まあ、そうね。妥当よね。まあ、でもにこちゃんや穂乃果なら仕方ないかな」

にこ「はあ?何が言いたいのよ」

真姫「いえ、別に。散々人を煽っておいていざ自分がやるとダンマリだから」

にこ「何ですって?」

穂乃果「酷いよ、真姫ちゃん。そんな事言わなくたっていいじゃん」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 09:55:21.79 ID:7tZN7pV50
にこ(真姫ったら私と穂乃果を挑発して何を言わせようとしてるのかしら?)

穂乃果(でも、これ逆にチャンスなんじゃないかな?このまま、穂乃果とにこちゃんがバカなフリして演じてれば自然と真姫ちゃんから馬鹿って単語を引き出せそう)

絵里(そうよ。あなた達はそのまま馬鹿を演じてればいいのよ)

真姫「酷いって…本当の事じゃない。穂乃果もにこちゃんも…」

穂乃果(よしっ!いいぞ!真姫ちゃん言うんだ)

にこ(普段だったら馬鹿なんて言われたら絶対に怒るけど。今日だけは許したげるわ)

海未(真姫…それを言ってしまったら)

絵里(ちょっと海未。なんて顔してるのよ。真姫にバレるじゃない)

真姫「穂乃果もにこちゃんも」

真姫(な、何?海未が凄い見てくる。…と言う事は私は今NGワードを口にしそうだったって事ね)

真姫「穂乃果もにこちゃんも気をつけた方が気をつけた方がいいわよ」

穂乃果「…うん。そうだね、イエローカードを貰わないようにしなきゃ」

にこ「ありがとう。流石は真姫ね」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 10:00:13.16 ID:7tZN7pV50
穂乃果(もう。海未ちゃんのせいだよ)

にこ(海未って穂乃果より単純なんじゃないの?もしかして)

海未(真姫。何とか回避したみたいですね)

絵里(そりゃあね。海未があんな顔してればね)

真姫(さっきの流れからして…私のNGワードはにこちゃんや穂乃果を挑発する様な言葉の可能性が高いわ。って事は…私のNGワードは…)

凛「ねえ、真姫ちゃん」

真姫「ん?何よ?」

凛「真姫ちゃんはにこちゃんの事をどんな風に思ってるの?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 13:36:11.83 ID:7tZN7pV50
真姫「どうって…」

にこ(はぁぁぁぁ?何?その質問で馬鹿って単語を引き出そうとしてる訳?少なくとも凛は私の事馬鹿って思ってるって事じゃない)

絵里(流石は凛。場を掻き乱してくれるわね)

凛「真姫ちゃんの素直な気持ち聞きたいにゃ」

真姫「私はにこちゃんの事を…」

凛「にこちゃんの事を?」

真姫(ふん。そんな簡単にいくと思ってるの?いつまでもそのままって訳じゃないのよ。私だって変わったのよ)

真姫「にこちゃんの事は尊敬してるわ。夢に向かって真っ直ぐで本当は努力家で。私はそんなにこちゃんを尊敬してる」

にこ「……」カァァァァ

真姫「え?」

にこ「そ、そうだったんだ…」

真姫(ちょっ…ええ?なんで、そんな赤くなってるのよ。こっちまで恥ずかしいじゃない)

海未「仲良き事は美しきかな…ですね」

絵里「そうねぇ」

にこ「あの…」

真姫「な、何?」

にこ「いや…」カァァァァ

真姫「な、何で赤くなるのよ。馬鹿じゃないの?じ、冗談で言ったんだから」

凛「あっ!」

真姫「え?」

希「真姫ちゃんアウトやね」

真姫「し、しまった。私のNGワードって…」

絵里「馬鹿よ」

真姫「そんな…」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 13:42:30.71 ID:7tZN7pV50
絵里「まさか…真姫が一番最初なんてね」

穂乃果「凛ちゃんにしてやられたね」

凛「え~凛は別に」

絵里「ふふっ。そうよね」

絵里(凛があんな風に仕掛けてくるとは…。何も考えてない様で…)

穂乃果(いや、違うよね?偶然だよね?やだよ。凛ちゃんが頭脳派とか嫌だからね。私とにこちゃんを置いていかないで)

凛(なんかラッキーだったにゃ~)
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 13:46:54.63 ID:7tZN7pV50
希「真姫ちゃんドンマイ」

真姫「くっ…」

花陽「あの…私もにこちゃんの事尊敬してるよ?」

真姫「違う。あれは凛の作戦に乗らない為だから」

にこ(え?そうなの?)

真姫「別に本当はあんな事思ってないから」

にこ(はぁぁぁぁ?なんですってぇ )

ことり「本当に?」

真姫「当たり前じゃない。どうして私がにこちゃんの事を…」

希「真姫ちゃんもまだまだ素直とは言えんね」

真姫「なによ」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 15:46:56.51 ID:7tZN7pV50
絵里(さて…一旦冷静になりましょう。にこのカードは賢い)

にこ「ん?何よ?」

絵里「いえ。別に」

絵里(これはやろうと思えば自然と言わせる事は出来るはず。穂乃果のチョコレートも凛の登山も不可能ではないわ。むしろ…一番やっかいなのは)

海未(な、なんでしょう?絵里がこっちを…やめてください。絵里はこっちを見ないでください)

絵里(海未にキスと言う単語を言わせるのは至難の技だわ。そして、海未の反応を見る限り私の単語も海未なかなか口に出来ない単語って事ね。と言う事は…いえ、流石にピーとかピーみたいな言葉はないわよね。女の子なんだし…仮にもアイドルなんだから)

穂乃果「絵里ちゃん?どうしたの?」

絵里「いえ…別になんでもないわよ」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 15:56:36.04 ID:7tZN7pV50
にこ「そう言えば海未はさ」

海未「はい?」

にこ「登山が好きって言ってたわよね?」

絵里「!?」

穂乃果「!?」

凛「ん?」

海未「はい。好きですが…」

海未(な、なんでしょう?もしかして、私のNGワードは登山、もしくは登山関連の単語なのでしょうか?)

にこ「何?結構本格的な感じなの?それとも、なんて言うの?ハイキングとかそんな感じなの?」

海未「そんなに本格的な登山ではないのですけど」

凛「嘘だにゃ。海未ちゃんは本格的だよ。凛、危なかったんだから」

にこ(ふっ、かかった)

海未「そんな、大袈裟ですよ。ちゃんと準備をしていれば」

凛「凛は準備をしてなかったにゃー。それなのに、海未ちゃんと登った山道なんかなかったよ?崖みたいのばかりだったにゃ」

海未「そ、それは…」

凛「もう、海未ちゃんと山登りはこりごりにゃ」

にこ(惜しい。これはもう一押しだわ)

海未「えっと…」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 15:59:38.00 ID:7tZN7pV50
絵里「そうなのね。私の登山のイメージって山に登ってテントを張って魚を釣って食べてみたいなイメージだったわ」

海未「絵里。それは登山ではなくキャンプですよ」

絵里「そうだったのね。私ったら勘違いしてたわ。ねえ?にこ」

にこ「え?ええ…」

にこ(何かしら?急に話に入って来たりして)
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 16:09:34.56 ID:7tZN7pV50
絵里「そっか。私もそう言うキャンプ的な感じのだったら行ってみたかったなぁ」

海未「興味あるのですか?」

絵里「うん。少しね」

海未「それでしたら、キャンプが出来る山も沢山ありますよ」

絵里「そうなの?釣りは?」

海未「川が流れている山もありますから」

絵里「本当?」

海未「ええ。行きたいですか?」

絵里「ええ。連れてってくれるの?」

海未「絵里が行きたいのであれば」

絵里「じゃあ、決定ね」

海未「いつにしましょうか?」

絵里「えっと…」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 16:17:16.15 ID:7tZN7pV50
にこ(絵里はどう言うつもりなのかしら?)

穂乃果(登山がNGなのは凛ちゃんなのになぁ)

海未「ああ…楽しみです。絵里が山に興味を持ってくれるなんて…嬉しいです」

絵里「ふふっ。私も楽しみよ」

海未「凛もどうですか?今度はちゃんと準備をして。登山レベルもちゃんと落としますから」

凛「でも…」

絵里「凛も一緒に行きましょうよ。ね?一緒に釣りをしましょう?」

凛「そこまで言うなら…本当に前みたいな感じじゃない?」

海未「はい。約束します」

凛「じゃあ…凛も行こうかな」

絵里「やった!ねえ?山って何が釣れるの?マスとか?」

海未「はい。ニジマスは釣れますね」

絵里「鮭は?」

海未「鮭は…ちょっと…無理ですね」

絵里「そうなの。キスは?」

海未「絵里…キスは海水魚ですから川では釣れませんよ」

希「海未ちゃんアウト!」

海未「え?」

絵里「ごめんね、海未」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 16:21:47.36 ID:7tZN7pV50
穂乃果「そっか…キスって…その手があったか…」

にこ「や、やるわね。絵里…」

絵里「発想の転換よ」

海未「私のNGワードって…」

絵里「キスよ」

海未「山の話をし始めたのも…私にNGワードを言わせる為…」

絵里「ごめんなさい。海未にキスなんて言葉を言わせるのは…これしか思いつかなくて」

海未「そんな…では…さっきの約束も…」

絵里「ふふっ。それとこれとは話は別よ。後で予定を合わせましょう」

海未「……はいっ!」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 16:32:12.31 ID:7tZN7pV50
穂乃果(何今の?賢い格好いいエリーチカだよ。惚れちゃいそうだよ。頭におっぱいって書いてあるけど)

にこ(でも…これでいったん登山の話は終わってしまったじゃない。凛はどうするつもりなのよ?)

絵里(さて、海未のおかげで私のNGワードの方向性も何となく分かったし。今の海未とのやり取りが凛に対してミスリードになってくれただろうし。後は…)

絵里「所で…穂乃果?」

穂乃果「ん?何?」

穂乃果(うわっ。絵里ちゃん仕掛けてきた…)

絵里「こないだ…部室に泥棒が現れたみたいなんだけど…知ってる?」

穂乃果「泥棒?いや…知らないけど…」

絵里「そう。穂乃果なら何か知ってると思ったんだけど」

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 18:39:03.82 ID:ZlyNTPxRO
穂乃果「え?なんで私なの?」

絵里「だって…あの日一番最初に来たのは穂乃果でしょ?」

穂乃果「ちょっと待ってよ。あの日?あの日っていつの事なの?って言うか何が盗まれてたの?」

絵里「一昨日の話よ。って言うか…盗まれたなんて一言も言ってないけど」

穂乃果「え?だって、泥棒がって…」

絵里「あら?そうだった?」

穂乃果「一昨日…私は何も知らないよ。本当だよ?第一あの日は凛ちゃんも希ちゃんも居たからね」

凛「あっ、穂乃果ちゃんズルいにゃ」

穂乃果「本当の事じゃん」

絵里「え?何がズルいの?私は泥棒が現れたのを知ってるかって聞いただけよ?」

穂乃果「へ?いや…」

絵里「もしかして…あなた達…何か隠してる?」

穂乃果「か、隠してなんか…」

絵里「本当に?」

穂乃果「だってさ、第一あのチョコレートが絵里ちゃんのだったなんて知らなかったし」

凛「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「本当だよ?絵里ちゃんのだって知ってれば…それに机の上に置きっぱなしにされてたら誰だって…」

希「穂乃果ちゃん…」

穂乃果「何?希ちゃんも一緒に言い訳してよ。希ちゃんだむて…」

希「あのな、色々とアウトや」

穂乃果「え?アウト?」

希「NGワード…チョコレートや」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 21:03:12.56 ID:ZlyNTPxRO
絵里「そう言う事よ、穂乃果」

穂乃果「そ、そんな…だって…なんで。私達が食べたのに気が付いて居たんならその時言ってくれれば良かったじゃん。意地悪?」

絵里「意地悪?人のチョコレート食べといてよくそんな事言えるわね」

穂乃果「机の上に置いてあったら誰だって食べるよ」

絵里「食べないわよ。人の物は。まあ、いいわ。この話はゲームで私が優勝した後に話しましょう。ねえ、凛?」

凛「え?あの…穂乃果ちゃん…」

穂乃果「ごめん。後は任せたよ」

凛「そんな…」

絵里「そんなはこっちのセリフよ。海未と凛と三人で仲良く山登り出来るなって。私達いい雰囲気だったのにね」

凛「で、でも…凛は一口しか食べてないし…」

絵里「一口とかそんな事はどうでもいいのよ。私が気に入らないのはあなた達が黙ってた事よ」

凛「うっ…」

絵里「泣いたってダメよ?泣いて許されるのは赤ちゃんだけなんだから」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 21:12:28.01 ID:ZlyNTPxRO
花陽「これ…楽しいゲームなんだよね?」

ことり「そのはずだけど…ゲームって事忘れてるのかな?」

にこ「あのさぁ、絵里」

絵里「何よ?」

にこ「さっきからシリアスな顔してるけど…あんたのNGワードは相当間抜けな単語だからね」

穂乃果(確かに…あんな顔してるのに頭の上に書いてある言葉は…おっぱい…)

海未(だ、誰が書いたのでしょうか。おっ…おっ…ダメです。恥ずかしいです)

絵里「だから何よ?私にヒントを与えてにこに何の得があるのかしら?それとも…何か企んでるのかしら?」

にこ「いいえ。別に…策なんて何もないわよ。どう考えたって絵里がNGワードを言うとは思えないし」

絵里「へ~、買いかぶり過ぎじゃない?」

にこ「ふふっ、別に。そう言う事を言ってるんじゃないわよ」

絵里「そう」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 21:32:16.39 ID:ZlyNTPxRO
凛「確かに…。言いそうにないにゃ」

にこ「でしょ?でも、私達はあのカードを引かなくてラッキーかも。何も知らない人が急に部室に入って来たらなんて思うのかしら?ねえ?海未」

海未「な、何で私に聞くのですか」

にこ「別に~」

絵里「ふ、ふふっ。そんな事言って私を揺さぶろうたってそうは問屋がおろさないわよ」

絵里(え?何?なんて書いてあるの?そんなに恥ずかしい言葉なの?せいぜい、おっぱいとかそんなレベルの言葉だと思ってたけど…。やっぱりピーとかピーとかそんな感じの言葉なの?それともピーとかピーとか…いやぁぁぁぁ、何を言ってる、私ったら)

にこ「あら?可愛いわねぇ。顔を真っ赤にしちゃって」

絵里「な、何を。別に私は」

にこ「絵里ったら…どんな恥ずかしい言葉を想像してるのかしら?」

絵里「わ、私は…別に…」カァァァァ

絵里(へ、平気よ。別に平気。にこが私を追い詰めようとしてるだけだから。それに、万が一誰かが部室に入って来たとしてちゃんと説明すれば…いや、それでも十分恥ずかしいわよ)

にこ「ふふっ、動揺してるわ」

絵里(落ち着け…落ち着け、私。動揺したらにこの思うツボだわ。うん…そうよ。第一、そんな言葉だったら花陽なんかも取り乱すはずだし。海未に至ってはそんな言葉知らないわよ。うん、海未が顔を真っ赤にするレベルって事はせいぜい保健体育で習うレベル…いや、それでも十分恥ずかしいわよ)

穂乃果「絵里ちゃん顔真っ赤だね」

希「何を想像してるんやろうな?」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 21:37:49.55 ID:ZlyNTPxRO
にこ(さっ、ここで一気終わらせるわ。さよなら、絵里)

コンコン ガチャ

ヒデコ「あの…失礼します」

絵里「いやぁぁぁぁ」バッ

ヒデコ「え?」

穂乃果「あっ、絵里ちゃんがおでこのカードを外した」

凛「反則にゃ…」

ヒデコ「あの…矢澤先輩から話があるって…え?何?絢瀬先輩…何かあったの?」

穂乃果「いや…大丈夫だけど…」

にこ「あ~ごめんね。もう解決しちゃったのよ」

ヒデコ「そ、そうですか」

にこ「本当ごめんね」

ヒデコ「いえ…それじゃあ…」

ガチャ
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 21:44:03.00 ID:ZlyNTPxRO
絵里「はあ…はあ…はあ…。私のカード…おっぱい…何よ。こんな単語の為に私は…おっぱいって…おっぱいって」

海未「絵里…おっ…などと連呼しないで下さい。恥ずかし過ぎます。破廉恥です」

絵里「おっぱいなんて全然破廉恥なんかじゃないわよ。てっきり私はもっと…」

真姫「え、絵里、落ち着いて。それ以上は…」

絵里「うっ…そ、そうね。ちょっと、取り乱しちゃったわ」

希「えりち」

絵里「何よ?私は今…」

希「カードを外したから反則負けや」

絵里「あっ…し、しまった」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 21:54:11.91 ID:ZlyNTPxRO
にこ「ふっ、まあこんな所ね」

凛「え?にこちゃんの作戦だったの?」

穂乃果「そう言えば、ヒデコはにこちゃんに呼ばれたって言ってたもんね。ゲーム中にこっそり連絡して呼んだんだよ」

にこ「その通り。こっそりメールして呼んだのよ。おっぱいなんて単語を絵里に言わせるのは至難の技だからね。別に反則じゃないでしょ?」

穂乃果「にこちゃん…」

にこ「ふふっ。頭はこうやって使うのよ。μ’sの知将の名は私が頂くわ」

穂乃果「うわぁ。きたない…」

希「流石にそれはないわ…」

真姫「卑怯よ、卑怯…私が言った言葉…正式に撤回させてもらうわ」

にこ「な、何よ?引っかかる方が悪いんじゃない。これはゲームなのよ?ルール違反した訳ではないし。勝てばいいのよ。勝てば!」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:00:21.73 ID:ZlyNTPxRO
絵里「にこ…そうまでして勝ちたかったの?」

にこ「な、何よ?悪い?何を言ったって負け惜しみにしか聞こえないんだからね。あんたはにことの頭脳戦に負けたのよ、賢い可愛いエリーチカよ」

絵里「ふふっ。アウト!」

にこ「え?」

希「にこっち。にこっちのNGワードは賢いや」

にこ「え?嘘…ちょっと待ってよ。今のは絵里との会話だし…」

絵里「ルールはあくまでもNGワードを言ってはいけないって事でしょ?別にプレイヤー同士の会話でってルールは聞いてないわ」

にこ「くっ…そんな…」

穂乃果「って事は…優勝は…」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:06:03.66 ID:ZlyNTPxRO
希「この頭脳戦を制したのは…星空凛ちゃんにゃ~」

凛「イェーイ!優勝しちゃったもんね~」

真姫「なんか納得いかないわ。凛は殆ど何もしてないじゃない」

にこ「そうよ。的外れな質問をしてただけじゃない。頭脳戦でも何でもないわよ」

希「二人とも。負けは負けや。見苦しいよ」

にこ「うっ…」

真姫「それを言われると…そうね…」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:16:14.80 ID:ZlyNTPxRO
希「まあ、凛ちゃんの勝因は一つ。純粋さやな」

ことり「確かに…そうかもしれない」

穂乃果「それだと負けた私達が純粋じゃないみたいだよ」

絵里「そうよ…。いや…私は何も言えないわ…」

海未「絵里?大丈夫ですか?あの…登山…行きましょうね?」

絵里「そうね。今の私にはちょうどいいかも」

穂乃果「あっ、もしかして…絵里ちゃんはチョコレートの事忘れてる」

希「じゃあ、凛ちゃん。最後に一言」

凛「よ~し、もう一回やるにゃ」

絵里「絶対にやらない」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:16:41.04 ID:ZlyNTPxRO

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「ゲームをしよう」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「ゲームをしよう」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)