穂乃果「ねぇ海未ちゃん、何オストロの城だっけ?」

シェアする

海未-アイキャッチ1
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:42:53.46 ID:6Sy6tPro0
海未「はい?」


穂乃果「何オストロの城だったかなー…海未ちゃん心当たりない?」

海未「すみません…まったく心当たりがありません」


穂乃果「そっか…海未ちゃんでも分からないかー」


海未「一体、何オストロの城なのでしょうか…答えにたどりつくため旅に出たいと思います」

穂乃果「えっ…海未ちゃん旅に出ちゃうの?」

海未「止めないでください穂乃果…何オストロの城なのか必ず答えにたどり着いてみせます!」


穂乃果「そっか…うん!穂乃果のためにありがとう!海未ちゃんがんばって!」

海未「任せてください!一体何オストロの城なのか…そうです!仮の名前をつけたいと思います!」



海未「今は仮の名を…そう、仮オストロの城と呼びましょう」


穂乃果「うん!仮の名前で仮オストロの城だね!」



海未「では穂乃果…行ってきます!」

穂乃果「うん!いってらっしゃい!気をつけてね!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526996573

元スレ: 穂乃果「ねぇ海未ちゃん、何オストロの城だっけ?」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:45:08.49 ID:6Sy6tPro0
海未「仮オストロの城は一体何オストロの城なのでしょうか…」


ことり「あっ、海未ちゃん!こんなところで会うなんて珍しいね。どうしたの?」

海未「ことり!実は…」かくかくしかじか


ことり「えぇ!何オストロの城か答えを出すために旅に?」


海未「はい」


ことり「そうなんだ…がんばってね!」

海未「はい。ありがとうございます。ところでことりは知りませんか?」

ことり「えっと…何オストロの城か?」


海未「はい…未だ答えに辿りつけず、仮の名で呼んでいます」


ことり「仮の名前?」

海未「はい。今はまだ…仮の名前の仮オストロの城と」


ことり「そっか…仮の名前で仮オストロの城なんだ…。けどごめんね、何オストロの城か分からないの…私、そういうのに疎くて」


海未「そうですか…ありがとうございます。やはりこうしてはいれません!1秒でも早く何オストロの城なのかを調べなくてわ!」

ことり「えっと…えっと、とにかく海未ちゃんがんばってね!」


海未「はい。頑張ります」





海未「ふらふらと歩いていたら凛と花陽に出会いました」


花陽「こんにちは、海未ちゃん!」
凛「こんにちはにゃー」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:47:48.67 ID:6Sy6tPro0
海未「ご丁寧にありがとうございます。実は花陽と凛に相談が…」


りんぱな「相談?」

海未「はい。実は…」かくかくしかじか


花陽「えっ?何オストロの城か答えをみつける旅に?」

海未「はい。ところで2人は何オストロの城か知りませんか?」


花陽「ごめんね…花陽は何オストロの城か知らない。凛ちゃんは何オストロの城か知ってる?」

凛「ごめんなさい…凛も知らないにゃ」しゅん


海未「そう落ち込まないでください凛、あなたは何も悪くありませんよ」


凛「海未ちゃん…うん!」


海未「ですが道は険しそうですね。何オストロの城か分からず…今は仮の名で仮オストロの城と呼んでいます」


花陽「仮オストロ?」
凛「仮オストロなんだー」
海未「はい、仮オストロの城です」


花陽「城っていうくらいだからお城なんだよね?」

海未「はい、そこは間違いないと踏んでいます。」

凛「うーん…何オストロの城なんだろ」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:53:22.18 ID:6Sy6tPro0
海未「そうです!もしよかったら2人が知っているお城の名を教えてくれませんか?」

りんぱな「えっ?」


海未「名前にオストロの城をつけることで答えが出てくるかもしれません!」


花陽「なるほど!いい案だねっ」

海未「ぜひお願いします!」


花陽「そんなに詳しくはないけど…がんばるね」
凛「凛も頑張るにゃー」


海未「ではお願いします!」



凛「凛、ピーチ城とかなら知ってるよ!」


海未「ピーチ城…ですか?」

凛「うん!ピーチ城にゃー」


海未「ではいきます!ピーチオストロの城…」



花陽「ちょっと美味しそうだね」

凛「変わり種スイーツの名前みたいだにゃー」

海未「はい…何オストロの城か分かりませんが、ピーチオストロの城でないことはわかります」


花陽「ピーチオストロの城じゃしっくりこないもんね…まだ仮の名前の仮オストロの城の方がしっくりきちゃうくらい」


海未「はい…仮の名の仮オストロの城の方がしっくりします」


凛「仮の名前の仮オストロの城の方がしっくりにゃー」



海未「次に行きます。他に知っているお城はありませんか?!」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:55:57.12 ID:6Sy6tPro0
花陽「他には…ハイラル城とか?」

海未「ハイラルオストロの城…」

凛「なんかそれっぽいにゃ!」
花陽「いい線いってるんじゃないかな?」


海未「はい…これはあくまで私の勘ですが、何か違う気がします」

凛「たしかに…いい線いってるけどなんかちがうにゃー」


花陽「うーん…じゃあ」

凛「あっ!デデデ城?」


花陽「デデデ城もあったね凛ちゃん!」

凛「うん!デデデ城なんてどうかにゃ?」


海未「はい!では早速」


海未「デデデオストロの城」


りんぱな「…」

りんぱな「で?」

うみりんぱな「…」


海未「違いますね」
花陽「違うね」
凛「違ったにゃー」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 22:59:10.14 ID:6Sy6tPro0
花陽「えっと、初心に戻ってシンデレラ城とかは?」

凛「クリスタル城なんてのもあるにゃー」


海未「なるほど…では!」


海未「シンデレラオストロの城」

海未「クリスタルオストロの城」


うみりんぱな「…」


海未「もはやこうなるとオストロの部分が邪魔ですね」


花陽「うん。すごく邪魔してるね」

凛「シンデレラ城だけで充分にゃー」


花陽「うーん…じゃあ次は」

凛「なら!少し思考を変えてクッパキャッスルなんてのはどうかにゃ?」


花陽「あっ!そっちのお城もあったね!」


海未「思考を変えるという線はありかもしれませんね。ではいきます!」

りんぱな「うん!」


海未「クッパキャッスルオストロの城」

うみりんぱな「!」


凛「長いね」
花陽「無駄に長いね」

海未「そもそもキャッスルは日本語でお城…クッパ城オストロの城とはいかがなものでしょうか」


花陽「大事なことを二回言うことはあるけど…お城に関しては一回で充分伝わってるから念を押す必要がないもんね」

凛「まったくにゃー…ごめん海未ちゃん、凛の知ってるお城はすべて出尽くしちゃった…」

花陽「私もこれくらいな?ごめんね…」


海未「謝らないでください。色々参考になりました。それにしても凛と花陽はお城に詳しいのですね。感心しましたよ」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:03:08.21 ID:6Sy6tPro0
海未「ピーチ城やハイラル城、デデデ城など私の知らないお城がありました」


凛「えっと…それはね」
花陽「褒められると恥ずかしいよぉ…」


海未「まだまだ調べる必要がありますね。では私は旅の続きがありますのでこれで」


凛「うん!海未ちゃんがんばるにゃー!」

花陽「何オストロの城か分かったら私たちにも教えてね」

海未「はい、必ず。では失礼します」

りんぱな「うん!がんばってねー!」





海未「あてもなく歩いていたら今度は真姫とにこに会いました」

にこ「ん?海未じゃない」
真姫「こんな所でどうかしたの?」


海未「実は…ということになりまして」かくかくしかじか

にこ「何オストロの城か答えをみつけるために旅に出た?」

海未「はい」

にこ「で、今は仮の名前で仮オストロの城と呼んでるってわけね」

海未「はい…仮オストロの城と」

にこ「ふーん。はじめに言っとくけど、私は何オストロの城か知らないわよ。」

真姫「私も知らない。ねぇ、一体何オストロの城なの?」


海未「いいえ、それがまだ…。そうだ!真姫とにこにお願いがあります!2人が知っているお城の名前を教えてください!」

真姫「えっ?別に…」
にこ「いいけど…」

海未「ありがとうございます!ではお願いします!」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:08:44.63 ID:6Sy6tPro0
真姫「やっぱり、お城といえばフランスのモンサンミッシェルよね?あとは…」


にこ「ドルアーガの城」



真姫「ドイツのノイシュヴァンシュタイン城とかか?あとは…」


にこ「悪魔城ドラキュラ」



真姫「イギリスのウェールズにあるコンウィ城ね。あとは…」


にこ「風雲たけし城」


海未「お城であることは間違い無いのでしょうが…2人が言うお城は何か大きく違うような気がします」


真姫「ってちょっとにこちゃん!何よその馬鹿げたお城の名前!」


にこ「はぁぁ?真姫ちゃんこそ何?世界の有名なお城の名前挙げちゃって!自慢のつもり?」ふんっ


真姫「違うわよ!私はただ知ってるお城の名前を言っただけで」

にこ「自慢にしか聞こえないんですけどー」


真姫「なら私も言わせてもらうけど風雲たけし城?悪魔城ドラキュラ?何それイミワカンナイ」


にこ「はぁぁ?悪魔城ドラキュラは名作よ?」


真姫「知ってるわよ!それに、ドルアーガは城じゃなくて塔でしょ!」


にこ「!!」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:14:21.02 ID:6Sy6tPro0
真姫「この前教えてくれたでしょ?今1番気になってるアイドルの子がレトロゲーム好きでその中でもドルアーガの塔と悪魔城ドラキュラが好きだって!だから覚えてたの!」


にこ「えっ…どうして」


真姫「当たり前でしょ?にこちゃんが嬉しそうに話してくれたことくらい覚えてるわよ!」


にこ「真姫ちゃ…。ふ、ふん!まぁ当然よね!」

真姫「けど風雲たけし城はしらないわ。」

にこ「はぁ?風雲たけし城は…」


希「ゲームにもなった人気テレビ番組の名前やね」


にこ「希!」

絵里「私もいるわよ」
真姫「エリー!こんなところでどうしたの?」


希「それはこっちのセリフやない?」


絵里「どうしたの?こんな場所で風雲たけし城の話をするなんて正気の沙汰ではないわ」

希「そうやねり正気の沙汰ではない」


にこ「ほんと…自分で言っといてあれだけど正気の沙汰じゃないわ」



海未「絵里、希…実はですね」かくかくちかこ



希「ふーん…何オストロの城か知るために旅に」

絵里「今は仮の名前で仮オストロの城と呼んでいるのね」


海未「はい…よかった!お二人は何か知りませんか?何オストロの城なのかを」


絵里「ごめんなさい…何オストロの城かはちょっと分からないわ」

希「うちも…」


海未「そうですか…」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:24:14.36 ID:6Sy6tPro0
にこ「結局わからずじまいってことね…」

真姫「で、答えを見つけるために私たちの知ってるお城の名前を教えてあげてたってわけ」

絵里「なるほど…そう言うことなら私達にも協力させてくれない?」


海未「ありがとうございます!」


絵里「お城の名前ね…あ!モンサンミッシェルとかは?」


希「名古屋城」


絵里「ドイツのノイシュヴァンシュタイン城なんてのもあるわね」


希「犬山城」


絵里「えっと…それから」


希「二条城」


にこ「絵里のお城はお金持ちの真姫ちゃんとかぶってるわよ」

真姫「お金持ちは余計でしょ!」


海未「ありがとうございますみんな。では、みんなのアドバイスをひとつずつ試してみたいと思います!」



海未「ドルアーガオストロの城!」

にこ「あれは塔だし」
希「除外やね」


絵里「では次よ」


海未「悪魔城ドラキュラオストロの城!」


真姫「なんて恐ろしい名前なの…」

希「鳥肌ものやね」

絵里「えぇ。とんでもないお城ってことは伝わったわ」

にこ「お城の二度推しは恐怖しか感じられないわ…」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:29:43.68 ID:6Sy6tPro0
絵里「つぎよ!」


海未「風雲たけし城オストロの城!」


真姫「これはたけしの悪ふざけじゃない?」

希「悪ふざけやね」

にこ「ただたけしを挟むことによってお城の二度推しの恐怖再来とはならなかったわ!」

絵里「けれどこのお城に近づいてはいけない…そんな感じが伝わってくるわ」


海未「では次!」

海未「モンサンミッシェルオストロの城!」


真姫「それっぽいじゃない!」

希「うん、1番しっくりきてるね」

にこ「けど長すぎね。ないわ」

絵里「次のお城は?」


海未「ノイシュヴァンシュタインオストロの城!」


にこ「散らかりすぎね」

絵里「こんなにややこしいお城の名前はかつて聞いたことがないわ…」

真姫「これもなし…じゃあ次ね!」


海未「コンウィオストロの城!」

絵里「それっぽい!」

にこ「前のノイなんとなオストロに比べたらキャッチーよね」

真姫「ノイシュヴァンシュタインよ!」

希「次!」


海未「名古屋オストロの城!」

にこ「こうなったらもう畑が違う」
絵里「そうね」


海未「犬山オストロの城!」

にこ「畑が違う」
絵里「そうね」


海未「にじょーちょーおちゅろろのちろ!」

にこ「また壮大に噛んだわね!」
希「レア海未ちゃんやね」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:44:05.58 ID:6Sy6tPro0
真姫「ねぇ、今出てきたお城の名前よりもまだ仮の名前の仮オストロの城の方がしっくりくるんじゃない?」


絵里「確かに…今出た候補の中には仮オストロの城みたいなキャッチーさがないわね」


海未「はい。世界や日本で有名なお城にオストロの城は似合いません。やはり…まだ答えがみつからないようですね」


真姫「そうね…」

にこ「悪かったわよ…役に立てなくて」
絵里「ごめんなさい…」
希「見つかると思ったんやけど…ね」


海未「謝らないでください。誰も悪くありません。やはり、何オストロの城なのか…道は険しいですね」


真姫「海未…?」


海未「これは、本格的に旅に出る必要がありますね」

希「えっ…」

海未「みんな…ごめんなさい。しばらくμ'sの活動をやめさせたいただきます。」


真姫「えっ…」

絵里「どうして?」


海未「はい。全ては何オストロの城かはっきりさせるため。世界中のお城を調べてきます。ですから…」


ガタンッ

海未「おや?」

絵里「あっ…穂乃果」

海未「ことり…」

穂乃果「…嘘、だよね?μ'sをやめて世界中を旅するなんて嘘だよね?」

ことり「海未ちゃん…」


海未「嘘ではありません。仮の名の仮オストロの城では私は先に進めません」


真姫「海未…」

凛「あっ!海未ちゃんがいたにゃ!新しいお城の名前調べてきたよー!」


花陽「はぁはぁ…凛ちゃん早いよぉ…って、あれ?」
凛「にゃ?」


穂乃果「海未ちゃん!!」

花陽「みんな…って、あれ?なんか空気が違う」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:46:06.80 ID:6Sy6tPro0
にこ「見ての通り、シリアス展開の真っ最中よ」


凛「そうだったの?静かにしてるにゃー」
希「うん。そうやね」


にこ「けど…どうすんのよ。μ'sは9人じゃないと…」


真姫「それは…」


絵里「今は3人を見守りましょう」





海未「それに、これは穂乃果のためでもあるんです」


穂乃果「私の?」


海未「はい。穂乃果が何オストロの城か知りたいと言いましたね。私は、穂乃果の為に答えに辿りつきたいんです」


海未「もう決めたことです。何オストロの城かはっきりさせる為、しばらく日本を離れます」


ことり「海未ちゃん…」
海未「止めないでください。もう決めたことです」


穂乃果「じゃあ…らなくていい」

海未「えっ…」


穂乃果「海未ちゃんと離れ離れになるくらいなら…何オストロの城かなんてしらなくていい!」

海未「穂乃果…」


ことり「そうだよ!」

海未「ことりまで…ですが知りたくないんですか?何オストロの城か…本当の名で呼んでみたくはありませんか?」


海未「仮の名前の仮オストロの城ではなく…本当の名前で!」


穂乃果「それは…」

海未「なら、多少の犠牲はつきものです」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:51:46.32 ID:6Sy6tPro0
穂乃果「…けど!あのね、穂乃果は思うんだ。きっと、何オストロの城か…答えなんてないんだよ」


海未「えっ…」

穂乃果「だったら私は仮の名前の仮オストロの城でいい!仮の名前の仮オストロの城のままでいいよ!」

ことり「私も仮の名前の仮オストロの城のままでいい!」


海未「ですがそれでは正式な名前が分からない…」


穂乃果「正式な名前なんていいよ!私が仮の名前の仮オストロの城でいいって言ってるんだもん!それが答えだよ!」


穂乃果「何オストロの城ですか?はい、仮の名前の仮オストロの城です!」


ことり「うん!仮オストロの城だよ!」

穂乃果「これで正解だよ!!」


海未「穂乃果…ことり…」


穂乃果「ねっ?」
海未「…はいっ!」

ことり「うんっ!」


凛「解決した?」
海未「はい。しました」

花陽「じゃあμ'sをやめたり…」
海未「はい。しませんよ」


りんぱな「やったぁ!」

真姫「はぁ…変なこと言わないで。びっくりするじゃない」


海未「はい…面目ありません。ですが、穂乃果にはいつも驚ろかされます」


穂乃果「そう?」

ことり「うんっ!そうだよ、それは私も思うなー」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:56:50.83 ID:6Sy6tPro0
希「たとえばどんなところが?」


海未「小さい頃からずっとそうです…穂乃果はまったく変わらない」

ことり「小さい頃からずっと…私たち2人は穂乃果ちゃんの虜なんだよ」


穂乃果「そう?照れちゃうよぉ」でれでれ


絵里「まったく…あまり驚かさないでね。μ'sをやめるだなんて」

凛「びっくりしたにゃ!」

海未「はい…すみませんでした」


ことり「私からも!ごめんね…」
穂乃果「私からも!みんな、心配かけてごめんね」

花陽「謝らなくていいよ?」
希「そうだよ。誰も悪くないんやから」


にこ「けど…まぁ、あれね。あれだわ。穂乃果は大切なものを盗んでいったわね」


真姫「ん?」

穂乃果「へ?」

海未「それは…」
ことり「えっと…」ごくり


穂乃果「何を盗んだの?」


にこ「穂乃果は大切なものを盗んでいきました。海未とことりの心をです」


りんぱな「…」
のぞえり「…」
真姫「…」
ことうみ「…」

にこ「…」


ぷぷっ!


穂乃果「ちょっ、ぷぷっ!にこちゃんなにそれ?カリオストロの城じゃあるまいし」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/22(火) 23:58:14.18 ID:6Sy6tPro0
ことり「そうだよ!カリオストロの城じゃあるまいしー」


凛「今のはカリオストロの城まんまにゃー」


希「まんまではないんやない?アレンジ加えてたよ。カリオストロの城の本家の名台詞はたしか…」


真姫「カリオストロの城でしょ?あなたの心です…とかなんとか言ってたわ」


花陽「じゃあやっぱりカリオストロの城のセリフとほとんど変わらないね」


絵里「本当ね。カリオストロの城とほとんど変わらない」


あっはっははははははー


にこ「わ、悪かったわね!なんかそんな流れになったからカリオストロの城的発言が出ただけよ!」ぷいっ

希「まぁそんな怒らんと」
にこ「怒ってないですけどー」


あっはっはっはっはははー


穂乃果「あーあ、けどなんかカリオストロの城が急に見たくなっちゃった!ねぇ、うちにブルーレイあるからみんなで見にこない?…って」


ことり「うん!」
凛「みる!みんなも見に行くよね?」

希「うん、うちもみたいし」
花陽「私も急にみたくなっちゃった。カリオストロの城」

にこ「仕方ないわねー、付き合ってあげなくもないわ」
真姫「別に用事もないしね」

絵里「えぇ。お邪魔させてもらおうかしら」


穂乃果「うん!みんなでカリオストロの城パーリーだよ!」


海未「はい。では、穂乃果の家でカリオストロの城を…」



・・・・・・。



全員「あれ?」


おしまい

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「ねぇ海未ちゃん、何オストロの城だっけ?」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「ねぇ海未ちゃん、何オストロの城だっけ?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)