鞠莉「もう……首に痕つけないでって言ったのに」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ8
1: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/28(月) 00:50:28.96 ID:6gtZP08f
ジッ…

ジッ…

ボォッ…

梨子「スウゥー…フゥー…」

鞠莉「タバコ、止めたんじゃなかったの」

梨子「ああ……。スゥー…フー…。セックスの後はね、なんだか口が寂しくなるんですよ」

鞠莉「ふぅん……」

元スレ: 鞠莉「もう……首に痕つけないでって言ったのに」

スポンサーリンク
7: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/28(月) 01:03:47.92 ID:6gtZP08f
ギシッ……

梨子「……まだシたりないんですか?」

鞠莉「口寂しいなら、タバコなんかよりマリーとキスしたらいいのに」

梨子「タバコの匂いがまとわりつくキスが好きだとは思いませんでした。とんだ物好きですね」

鞠莉「好きよ?タバコじゃない。……梨子のことが、ね」

梨子「……………………」

鞠莉「ねえ、いい加減私にしなさいよ。私なら……梨子の全部を受け入れてあげられる」

梨子「……灰皿、取ってくれますか」

鞠莉「……………………」コトン

ギュッ……

梨子「シャワー浴びてきます。どいてください」

鞠莉「……はいはい」スッ

ギシッ……

スタスタ……

鞠莉「……………………」
13: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/28(月) 01:20:15.85 ID:6gtZP08f
サァァァァァ……

梨子「……………………」

熱いお湯を頭から浴びながら、目の前の鏡に映る自分の姿を一瞥して、ため息をつく。

梨子「ひどい顔ね……」

苦笑混じりに漏れた言葉と、微かに香ってしまうタバコの匂い。

染み付いて取れず口を濯いでも残るそれは……そうなるまで、鞠莉さんを抱いた数と同じ……

私が最低だという、証……
14: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/28(月) 01:31:47.36 ID:6gtZP08f
チクッ……

梨子「つっ……」

小さく走る痛み。

見れば左の鎖骨辺りに、小さな引っ掻き傷があった。

梨子「……チッ」

誰に気を遣うわけでもなく、苦虫を噛み潰したように舌打ちしてから、粗野な手付きでお湯を止める。

非があるのは私だとわかっていながら、八つ当たりめいて……脱衣所のバスタオルを手に取り、身体も拭かずにベッドルームへと戻った。
15: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/28(月) 01:54:50.74 ID:6gtZP08f
鞠莉「あら、はやかったわね」

そう言う鞠莉さんは未だベッドの上で、ゴロゴロと横たわっていた。

ベッドの足元の方に頭を置いて、腕を枕に、下着もなにも付けず。

鞠莉「髪も身体もびしょ濡れじゃない。ちゃんと拭かなきゃ風邪をひいちゃうわ。それとも……大事なところが濡れているのをごまかすために、そのまま戻ってきたのかしら?♡」

イタズラな笑みを浮かべて腕を使って上半身を起こし、自分の豊満な胸を強調する。

鞠莉「シャワーを浴びながらまた発情しちゃった?♡いいよ?♡マリーはいつでもウェルカムだから♡」

私は鞠莉さんのそんな軽口を無視して、

梨子「これ」

胸の上の傷を指差した。

梨子「誰が傷を付けていいって言ったんですか」

鞠莉「梨子だって」スッ

チョン、と鞠莉さんは自分の首に指を当てる。

鞠莉「キスマーク、付けるじゃない。それも一週間は痕が残る真っ赤なやつを。セックスのときにマークを付けるのは、その人が自分のものっていうアピールでしょ?他の人に取られないように、ってね」

梨子「私は鞠莉さんのものじゃありません」

鞠莉「あら、じゃあ私はあなたのものなの?」

ネコのように妖艶な……金の眼差しが私を射る。

私は鞠莉さんのものじゃない。

鞠莉さんは……

一瞬澱みかけて、私は……

梨子「そうですよ」

なんて……甘い妄言をちらつかせて、

梨子「鞠莉さんは私だけのものです。困るんですよ、鞠莉さんがいないと。あなたは……」

鞠莉「……………………」

梨子「私にとって、都合のいいセフレですから」

泥を投げつけるよりも……痛烈な言葉を浴びせた。
16: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/28(月) 02:14:43.31 ID:6gtZP08f
鞠莉「そう」

観念めいた呟きの後、鞠莉さんはクスリと吹き出した。

鞠莉「いつもと変わらない答えね」クスッ

梨子「そうですね」

鞠莉さんはそれ以上なにも言わなかった。

いつも通りに。

鞠莉さんが怒らないこと、泣かないことを、私は知っていた。

理由もわかってる……。

わかっていながら……私は、その優しさに甘える。

鞠莉「んしょ……。そろそろ出ましょうか。身体、拭いてあげる。おいで」ニコッ

何年も見続けてきた、変わらない笑顔。

優しさに惹かれる……それはきっと、そうすることが楽だと思ってるからだ。

私のことを……本気で好きでいてくれるから……

私は鞠莉さんの優しさに甘える。



もとい、つけ込むんだ……
17: 名無しで叶える物語(らっきょう) 2018/05/28(月) 02:36:59.06 ID:6gtZP08f
おわり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『鞠莉「もう……首に痕つけないでって言ったのに」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)