千歌「安価で出た目を必ずやるすごろくR2」

シェアする

千歌-アイキャッチ20
1: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 20:47:18.16 ID:1J3F7wh7
千歌「ブゥーーーン!!」

曜「……」

果南「……」

梨子(-言-)ズーン

千歌「梨子ちゃんどうしたの顔が暗いよ? 真っ暗だよ? 黒より黒く闇より深き漆黒だよ?」

梨子「だってこのメンツでこの千歌ちゃんのテンションはあれでしょ……」

果南「だよね……」

曜「……うんうん」

千歌「なになに?」

ようかなりこ『すごろくクライシス』

千歌「ブーーー!! ちがいますー! 全然ちがいますぅーー!」

曜「えー……」

梨子「絶対すごろくだよ……」

果南「すごろくでしょ……」

千歌「今日遊ぶゲームは……」


千歌「『すごろくアドベンチャー』だよ!!」


ようかなりこ『ほらぁ~~~~…………』

元スレ: 千歌「安価で出た目を必ずやるすごろくR2」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 20:53:32.12 ID:1J3F7wh7
千歌「君たちに課せられた使命はひとつ……私が二日間徹夜して完成させた、この『すごろくアドベンチャー』をクリアすること!」

千歌「あ、クリアするまでお家に帰れないからよろしくね」

ようかなりこ『……』

千歌「あとは全部いつも通りなんだけど、サイコロを振って駒を進めて、止まったマスに書いてあることを必ずやること」

千歌「これは止まった人によってそれぞれランダムで選ばれるから、同じマスでも同じ内容が出るとは限りません」

千歌「しかもこの「やること」は罰ゲームが中心だけど、ご褒美もあるからご褒美が当たることを祈ろう!」

千歌「あとは……そうそう、えっちなやつもたまに出るかもしれないけど頑張ってね!!」

千歌「ゴール条件は……まあ、うん、適当に」

千歌「さあみんな、頑張って私のゲームを攻略してくれたまえ!」


※飽きるまでのんびりやります
安価は基本的に罰ゲームまたはご褒美の内容をお願いします
自分が理解できない内容だったり、さすがにこれはヤバイと思った場合は安価下を取ります
過度なエロと思ったらこれも安価下します
ある程度のエロは自分が許容する範囲でゴーします
5: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:02:31.08 ID:1J3F7wh7
千歌「じゃあ早速私から始め────」

果南「待った」

千歌「んー?」

果南「本当にやるの?」

千歌「やります」

果南「どうしても?」

千歌「楽しいじゃん! すごろく!」

果南「梨子は楽しくないみたいだよ?」

梨子( ・᷄ὢ・᷅ )

曜「梨子ちゃんがめっちゃかわいくない顔してる……」

千歌「えー……でも私やりたい」

曜「でも千歌ちゃん……梨子ちゃんの当たるマスって絶対やばいやつだよ? 梨子ちゃんをいじめたいのかってくらいだよ?」

千歌「でも私が決めてるわけじゃ……」

果南「でも、先輩として後輩がこれ以上辛い目にあうのは見てらんないから梨子は除外してあげて」

千歌「それはやだ」

梨子「……」

果南「……千歌」

千歌「だって私、みんなと遊びたくて徹夜して作ったんだもん!」

千歌「みんなでワイワイ騒いで笑ってはしゃぎたいから作ったんだもん!」

千歌「だから梨子ちゃんを除外なんてできないよ! よしんばこの除外してもそのターンのエンドフェイズには帰ってきてもらうよ!」

果南「千歌……」

曜「千歌ちゃん、でも梨子ちゃんは────」

梨子「……わかった、やる」

曜「!」
7: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:06:48.48 ID:1J3F7wh7
梨子「……千歌ちゃんが私と遊びたいから作ったって気持ちはわかったよ」

梨子「どうしたって私を帰してくれないこともわかった」

梨子「じゃあ私は……精一杯このゲームを楽しんでみせる」

梨子「どんなに辛い罰ゲームが待ち受けていたとしても、私は……この力で乗り越えてみせる!」

果南「……ねえ、梨子、なんかキャラ違ってない? あと何、あの青いボトルみたいなやつ」

曜「自分の弱い精神を鍛えるために仮面ライダーを見るようになったんだって……あの持ってるのは、今の仮面ライダーが使うアイテムらしいよ」

果南「意外と影響されやすいんだ……」

梨子「ゲームなんかへこたれてられない……今の私は、負ける気がしないよ!」

千歌「よく言った梨子ちゃん! じゃあ今日のすごろくは梨子ちゃんと私の一騎打ちだね!」

梨子「うん、千歌ちゃん! このすごろくは私が終わらせる!」

果南「あ、じゃあ私たちは帰っても」

ちかりこ『だめ』

ようかな『ですよねー』
8: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:08:24.17 ID:1J3F7wh7
千歌「よし、それじゃあ今度こそ始めよう!」

千歌「順番はいつものように時計回りで私、梨子ちゃん、曜ちゃん、果南ちゃんだよ」

千歌「ゲームマスターとして一番手を行くのは当然のこと!」

千歌「さあ始めよう……最高のゲームを!」

梨子「負けない、負けない……私は強い、私なら勝てる……」

千歌「ダーイス……ロール!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>10
10: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/05/27(日) 21:14:55.29 ID:4ihXAc98
沼津までランニング
13: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:23:27.89 ID:1J3F7wh7
梨子「沼津までランニング」

千歌「またかーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

果南「うるさい」

千歌「なんでー……ねえなんでなのいつもいつも……」

梨子「ふふ、ふふふ……それがあなたへの罰なのっ! これで私はこのゲームに勝てる! 勝利の法則は……決まった」

曜「梨子ちゃんも帰ってこよっかー……?」

千歌「くそお……やらなきゃ……走らなきゃ……」

千歌「ランニングしてくる……沼津まで!」ダッ

ドタドタドタ

バタン!

イクゾー!

曜「でっでっでででで」

果南「かーん」

曜「ででででっ」

梨子「さ、今のうちに進めちゃいましょう」

曜「このゲームやってて久しぶりに見る梨子ちゃんの笑顔だ……」

果南「むしろ初めてなんじゃ……?」
14: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:27:43.65 ID:1J3F7wh7
梨子「さて、私のサイコロは……あ、ありました」

果南「ねえ梨子……本当にやりたくないなら帰ってもいいよ? 千歌がゴネたら私がシメとくから」

梨子「……だ、大丈夫です……私が乗り越えなきゃいけない試練なんです」

梨子「仮面ライダーはどんな困難も絶望も、仲間と一緒に乗り越えてきたんです」

梨子「だから私も果南さんや曜ちゃんと……乗り越えるんだ、この壁を」

果南「そ、そっか……頑張って……?」

曜「梨子ちゃん……! 私感動した!」

果南「!?」

曜「私は梨子ちゃんを応援するよ! 一緒に力を合わせてクリアしよう!」

梨子「曜ちゃん……ありがとう! 私、頑張ります!」

果南(えー……)

梨子「……では、いきます! 私のサイコロ……それっ!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>16
16: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/05/27(日) 21:30:33.59 ID:iaU6P+ta
鞠莉ちゃんに千歌ちゃんの監視兼応援兼邪魔をお願いする
18: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:41:41.94 ID:1J3F7wh7
果南「鞠莉に千歌の監視兼応援兼邪魔をお願いする」

曜「千歌ちゃん……」

梨子「鞠莉さんに……??」

果南「千歌を倒すためのバックアップをしてもらう……ってことかなん?」

梨子「なるほど……では早速電話を」pipipi...

曜「するんだ……」

梨子「必ずやらなきゃいけないから、このゲームは」

曜「なるほど」


~千歌ちゃんはというと~

千歌「うおおーー!」ダダダダダダ

千歌「あとどれくらいか分かんないけど猛ダッシュだー!」

バラバラバラバラ

千歌「……ん?」

ゴゴゴゴ…

鞠莉「ハロー!ちかっちーー!」

千歌「鞠莉ちゃん!!?」
19: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:44:44.47 ID:1J3F7wh7
・・・

梨子「喜んで手伝ってくれるみたいです……よかった」

果南「前回、鞠莉も痛い目にあってたからなぁ……」

果南「熱湯風呂とか」

曜「鞠莉ちゃんが? キツそうだねそれ……」

果南「動画をアップする際に熱湯風呂のくだりでエロい入浴シーン自分監修で撮影してたけどね」

曜「楽しんでるじゃん」

果南「ね……」

梨子「そ、それはそれですもんっ」

果南「あはは……ま、そうだね」

果南「次は曜の番でしょ?」

曜「ヨーソロー! 渡辺曜、みんなの笑顔のために頑張るであります!」

果南「頑張ってくれたまえ曜二等兵!」

曜「はい、果南隊長!」
20: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/27(日) 21:45:41.50 ID:1J3F7wh7
曜「ぜんそくぜんしーん!」

ようかな『ヨーs』

曜「シャイニングヨーソロー!!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>22
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/27(日) 21:48:35.37 ID:tfayXeOu
際どいビキニでイメージビデオ撮影
36: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 14:43:42.72 ID:+2a3tQB3
曜「際どい水着でグラビア撮影……」

梨子「際どい……」

果南「水着で……」

曜「そ、それってどんなのかなぁ……?」

果南「そりゃあ……こう、面積が極端に小さい水着……?」

梨子「はわ、はわわわっ……///」

曜「そんなの用意してるのかな千歌ちゃん……タンスあさって見よっか」ゴソゴソ

梨子「よ、よく普通に~!///」

曜「んー? 梨子ちゃんがやるわけじゃないのに~」

梨子「曜ちゃんがやるだけでも恥ずかしいよぉっ!」

果南「梨子は恥ずかしがり屋だなぁ」

梨子「果南さんまで~……///」

曜「お、あった! 着替えてくるね!」

果南「はーい」

梨子「はわわわ……///」

~その時の千歌~

千歌「沼津ついた~!!!」

鞠莉「great! 素敵な走りだったわ!」

千歌「毎回マラソンしてるからかなぁ……なんか、走るの速くなった気がするよ」

鞠莉「hmm……それで、帰りはどうするの?」

千歌「……連れて帰ってぇぇええ!」

鞠莉「えー……」
39: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 14:58:08.36 ID:+2a3tQB3
・・・

曜「着替えてきたであります!」ビシッ

果南「こっちもイメージビデオについて調べてみたよ~」

曜「ほんと? どんな感じ?」

梨子「はわわわわわわわ……///」

曜「……梨子ちゃんの反応でだいたいわかった」

果南「こう……その水着でお風呂に入ったり、ボディソープを泡だてて身体に付けたり」

果南「あとは絶妙に見えないようにしながら自分の胸を直接揉んだり……」

曜「えっちょっとそれやばくない?」

果南「うん、AqoursチャンネルのアカウントはBANされると思う」

曜「それは……とってもまずい」

梨子「当たり前だよっ!! それ以上に曜ちゃんがそんなの撮影して……その、男の人たちにそんな目で見られるのが……」

梨子「っ……ぐす、ぅう……」

曜「り、梨子ちゃん……私は大丈夫、そんなの撮影しないから泣かないで、ね?」

梨子「……ほんと?」

曜「ほんと」

梨子「……うん、やめてね」

曜「そこまで過激なのは流石の曜ちゃんもまずいと思ってるから……」

果南「じゃあ……まあ、普通にシャワー浴びるところだけ撮影する?」

曜「最悪モザイクとかで」

果南「そうだね」
40: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 15:02:45.77 ID:+2a3tQB3
※やっぱりエロかったので割愛!

https://i.imgur.com/1oZGAxr.jpg
1527421638-レス40-画像


・・・

果南「さて、次は私のターンだよね」

梨子「はいっ」

曜「いやー……さっぱりさっぱり!」ゴシゴシ

梨子「……ドライヤーで乾かさないの?」

曜「え、私いつもそうだよ? ドライヤー面倒だし、ほっとけば乾くって!」

梨子「だめだよ曜ちゃん!」

曜「!?」

梨子「女の子なんだから髪の毛は大切にしないと! 私がやってあげるからドライヤー持ってきて!」

曜「は、は~い……」

果南「私も髪の毛乾かさないなあ」

梨子「果南さんまで!?」

梨子「果南さんは長いんだから尚更しっかりお手入れしてくださーい!」

果南「は、はーい……」

果南「と……とりあえずサイコロ投げるね?」ポイッ

コロコロ……


内容
>>42
42: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/28(月) 15:05:12.35 ID:FIAzrGPr
汗だくになって皆にハグ
44: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 15:18:23.29 ID:+2a3tQB3
果南「汗だくになってみんなにハグ……」

ようりこ『汗だく……』

果南「……我慢してね、うん」

ようりこ『はーい……』

果南「とりあえず汗だくに……どうやってなろう」

果南「沼津までマラソン……しても汗だくになるかどうか……」

梨子「果南さんの体力がヤベーイ……」

曜「タンスにサウナスーツあったよー」

果南「お、ナイス曜!」

曜「いえーい!」

梨子「!」ピクッ

果南「ん?」

梨子「い、いえ!」

果南「そう? じゃ、これ着てちょっと筋トレとかして汗かいてくるかなっ」

曜「追いかけっこする?」

果南「いや……曜に勝てるわけないし」

梨子「えっ!?」

果南「曜は短距離最強なんだよ」

曜「いやいやそんなことないって~」

曜「だって私、果南ちゃんに追いついたことないもん~」

果南「本気出してないからじゃん……私が本気で逃げ回ってるのに笑顔で『待て待てー!』はヤバイって」

曜「てへ」

梨子「すごいですね……ふたりとも」

ようかな『そんなことないよ~ふつうふつう!』

梨子(なるほど沼津がやばいんだ)
46: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 15:23:33.11 ID:+2a3tQB3
~果南ちゃん筋トレ中~

曜「そういえば梨子ちゃんのそのボトルって」

梨子「あ、興味ある? あるの? えへへ、実はこれ今やってる仮面ライダーのサブライダーが変身するときに使うドラゴンフルボトルって言うんだけどこの人が万丈さんって名前でとってもかっこいいの!」

梨子「主人公の戦兎さんもとってもかっこいいんだけど万丈さんが逆に主人公じゃないの?ってくらいの活躍ぶりでとにかくすごいの!」

梨子「あんまりネタバレになるから先の展開は言わないでおくけど今作の仮面ライダーが仮面ライダーになるためにはハザードレベルっていうものが高くないといけなくて~」

曜「そ、そっかー」

※若干聞いたことを後悔した曜であった
48: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 15:28:46.58 ID:+2a3tQB3
~20分後~

果南「ただいま~……って、ふたりともどうしたの」

曜「やっと帰ってきた~…………」

梨子「あ、おかえりなさい! いま、仮面ライダーについて語り合っていたところなんです!」

果南「そ、そっか……」

曜「梨子ちゃんの話を一方的に聞いてただけであります……」

果南「だろうね……」

・・・

果南「さ、ハグするよきみたち」

ようりこ『……ほんとうに?』

果南「指令だから」

ようりこ『はーい……』

果南「それじゃあ……曜からはぐっ」ムギュー

曜「べたべただよもぉ~……」

果南「はぁ~……充電充電」

曜「果南ちゃんシャツめっちゃ冷たいよ~!」

果南「がまんがまん~」


※このあと梨子ちゃんとも同じことをしました
49: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 15:36:09.59 ID:+2a3tQB3
・・・

千歌「ただいまーー!」

鞠莉「ハローエブリワーン!」

ちかまり『……あれ?』

千歌「誰もいない」

鞠莉「わっしょいするなら今のうち」

千歌「え?」

鞠莉「え?」

ちかまり『……』

千歌「どこ行ったの3人とも!」

鞠莉「where!?」

千歌「ちゃんとカメラは回ってる……あ、ただいま帰りました~」

千歌「鞠莉ちゃんのヘリで送ってもらったよ! 指令は沼津『まで』マラソンだったからね!」

千歌「指令の穴を突いた切り返し、さすがゲームマスター私」

鞠莉「楽しかったわね、フライト!」

千歌「うん!」
50: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 15:39:29.66 ID:+2a3tQB3
ガラガラガラ

果南「ただいまー」

ようりこ『ただい……』

ようかなりこ『あっ』

千歌「おっ」

鞠莉「ハロー」

千歌「どこ行ってたの?」

ようかなりこ『……お風呂?』

千歌「3人で!?」

ようかなりこ『うん』

千歌「なんでカメラ回さないのー……」

果南「回せるわけないじゃん」

曜「さすがにそれはダメだよ千歌ちゃん」

梨子「……///」

千歌「ちっ……再生回数絶対増えるのに」

梨子「それはそれとして、鞠莉さん」

鞠莉「はーい?」

梨子「今日はありがとうございました」

鞠莉「あはは……むしろほとんど意味がなかったの」

梨子「へ?」

鞠莉「邪魔をしようとして、お茶やお菓子を一緒に食べたらむしろpower upしちゃって……」

梨子「!?」

鞠莉「あとは見てるしかなくて……あと、帰りはマリーのヘリで」

梨子「そんなぁ……」

千歌「ふふん!」

梨子「やっぱり沼津やばいよぉ~……」
51: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 15:43:06.28 ID:+2a3tQB3
・・・

千歌「さて、鞠莉ちゃんも加わることになったから改めてすごろく再開だよ!」

千歌「ちょうど果南ちゃんが終わったところでしょ? 丁度いいし鞠莉ちゃんサイコロやっちゃって~」

鞠莉「……またやるのね、この恐怖のgameを」

千歌「楽しんで!」

鞠莉「……」

梨子「心が折れそうな時はこのフルボトルを貸してあげますから!」

鞠莉「なにそのおもちゃ……?」

梨子「仮面ライダーのアイテムです!」

曜「梨子ちゃんの心の支え……みたい」

鞠莉「相当酷いことをさせられたのね……マリーが梨子を守ってあげる、絶対に」

梨子「鞠莉さん……っ」

鞠莉「さあ行くわよサイコロ! マリーの……ダイスロール!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>53
53: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/28(月) 15:52:03.44 ID:WGwvj0ey
他の全員サイコロ振って一番大きい数字の人に処女を捧ぐ
55: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 16:05:41.76 ID:+2a3tQB3
鞠莉「他のみんながサイコロを振って、一番大きい数字の人に処女を捧げる」

梨子「はわーーーーーー!??///」

果南「……これはキツイ」

曜「ヤベーイ……」

千歌「おおー!!」

鞠莉「……」

千歌「がんばって!」

鞠莉「!?」

鞠莉「む、無理よそんなの! しょ……っ///」

鞠莉「virginを捧げるなんて、で……できないわっ!」

千歌「でもー……指令は絶対だしー……」

鞠莉「……待って、マリーいいことを考えたわ」

みんな『?』

鞠莉「指令の穴を突くってこと!」

鞠莉「とりあえずサイコロ振っておいてね!」

みんな『は……はーい……?』


サイコロの数字が一番大きい人
鞠莉以外の4人から
>>57
57: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/28(月) 16:08:05.30 ID:70xboTy6
ちかっち
59: コンマは人数的に面倒だったのでやりませんでした(たこやき) 2018/05/28(月) 16:13:13.37 ID:+2a3tQB3
千歌「私かー……」

ようかなりこ『ほっ……』

・・・

鞠莉「おまたせ!」ババーノξソ>ω<ハ6 ーン!!

千歌「!!」

鞠莉「さあ私のvirginを捧げるわよ!」

千歌「お手柔らかによろしくお願いします」

※下着姿で土下座する千歌

鞠莉「……なんで服を脱いでるの?着てきて」

千歌「えっ」

鞠莉「えっ」

千歌「えっちするんじゃ」

鞠莉「しないから」

千歌「えー……?」

鞠莉「いいから早く服を着るの」

千歌「お、おーけー……」

果南「なにをやる気なんだ……」
60: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 16:16:00.95 ID:+2a3tQB3
※着替えました

千歌「……」←正座

梨子「……ごくり」

曜「……一体なにをするんだろう」

果南「さあ……」

鞠莉「それじゃあ発表するわ! マリーのvirgin……それはpoem!」

みんな『な、なんだってーー!?』

鞠莉「poemのvirginをちかっちに捧げるわ!」

千歌「そ、そう来たか……」

鞠莉「悶えるくらい恥ずかしいの書いてきたわよ~!」

梨子「……///」ドキドキ

果南「梨子が前のめりになって……」

曜「確かに鞠莉ちゃん、こういうセンスはありそうだけど」

果南「それはどうかな……」

曜「えっ」

鞠莉「発表しマース!」
62: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 16:25:49.88 ID:+2a3tQB3
もしも私が空だとしたら

あなたは空で輝く太陽だ

あなたは私の中に浮かぶ希望の星だ

ならば私はあなたが一番輝ける舞台となろう

それが私の役目だから


~ちかっちに捧ぐマリーのpoem~


梨子「……」

果南「……」

曜「……」

千歌「……」

鞠莉「感想は?」

千歌「……うん!」


※ほんとうに「うん」って感じだった
64: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 16:34:12.25 ID:+2a3tQB3
・・・

千歌「いやー……まさか処女ポエムとは」

鞠莉「マリーの気持ちを結構表現できたと思うんだけどナー……」

千歌「……うん」

果南「ね、思ってるほどセンスないでしょ?」

曜「……うん」

梨子「畑亜貴先生に頼んだ方が……」

果南「おいこら」

鞠莉「も、もうマリーのpoemはいいから! ちかっち、あなたのターンよ!」

千歌「はーい」

千歌「やっと2週目かぁ……よーし! ここは景気良く梨子ちゃんを泣かせにいこう!」

梨子「ま、負けないもん!」シャカシャカシャカ←ボトルを振っている


※ボトルを振ることで強くなれるそうです


千歌「レッツゴー!サイコロ!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>66
66: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/28(月) 16:35:17.16 ID:LN82pil7
次の自分のターンまで一言も喋らずに窓際でたそがれる
68: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 16:38:00.39 ID:+2a3tQB3
梨子「……次の自分のターンまで喋らず窓際でたそがれる」

千歌「……」

千歌「……」ヨイショ

テクテク

スワリ

千歌 ( -ω- `)フッ

果南「……たそがれてる」

曜「たそがれてるなー」

鞠莉「ヘヴンリーエクスプレス……」

梨子「え?」

鞠莉「ん?」
69: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 16:39:52.92 ID:+2a3tQB3
千歌 ( -ω- `)フッ

鞠莉「……ちかっちはおしまい、ということは次は」

梨子「私の番ですね……」

梨子「大丈夫、大丈夫わたし……怖くない怖くない大丈夫大丈夫大丈夫」シャカシャカシャカ

鞠莉「よっぽど怖い目にあってきたのね……」

曜「はい、かなり……」

果南「頑張れ梨子……」

梨子「……いきます! 万丈さん……わたしに力を貸してください」

梨子「えーい!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>71
71: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/28(月) 16:41:36.33 ID:wdk7rgdp
自分のうちに行って自分と曜ちゃんの3sizeを大声で叫んでお茶を飲んで帰ってくる
73: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 16:50:04.30 ID:+2a3tQB3
鞠莉「……自分の家に行って、自分と曜のスリーサイズを叫んでお茶を飲んで帰ってくる」

梨子「……」シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ

果南「め、めっちゃ振ってる……」

曜「っていうか私、とばっちり!」

梨子「ごめんね曜ちゃん……行ってくるね」

曜「よ、よーそろ……」

千歌 ( -ω- `)フッ


~りこのいえ~

ガチャッ

梨子「ただいま」

梨子ママ「あらおかえり……早いね?」

梨子「またすぐ出ていくけどね」

梨子ママ「そ、そう……?」


~りこのへや~

梨子「……ベルトベルト」ガシャガシャ

シャキーン

梨子「……変身!」シャカシャカシャカ

※梨子はベルトをつけることで強くなれるのだ

梨子「……すー……はー」

梨子「よし……」

梨子「私は上から80、58、82! 曜ちゃんは82、57、81!!」←枕に顔を埋めて叫んでる

梨子「……ぷはっ」

梨子「よし!」

梨子「……ベルトはこのまま持っていこう、持ってないと心が折れちゃう」

梨子「お母さんお茶ちょうだ~い」
77: 再開!!(たこやき) 2018/05/28(月) 22:08:38.81 ID:+2a3tQB3
~ちかのへや~

梨子「ただいまー……」

果南「おかえり」

千歌「おかーえりー」

曜「……///」

梨子「よ、曜ちゃん? どうしてそんな真っ赤に……」

鞠莉「素敵なshoutだったわ梨子!」

梨子「えっ……」

千歌「聞こえてたよ? ほら梨子ちゃんの部屋の窓空いてる」

梨子「なっ!!?」

果南「ちなみに変身!のあたりから聞こえてたよ」

果南「たぶん動画にも入ってると思う」

梨子「うわぁあ~~~ん!!!///」
79: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 22:13:24.16 ID:+2a3tQB3
・・・

梨子「ぐすんぐすん……」

千歌「もー……仮面ライダーが泣いちゃダメだよ、ほらほら」ナデナデ

梨子「いいもんせんとくんも泣いてるもん……」

曜「でも今持ってるの万丈さんのなんでしょ?」

梨子「そうだった……ぅぅううう」

梨子「負けてらんねぇ……」シャカシャカシャカ

果南「梨子もだいぶ変な子になってきたなあ……」

鞠莉「あ、愛嬌ってヤツ……じゃない?」

果南「さあ……」

梨子「……ぐすん」

千歌「ま、まあ気を取り直してさ! 曜ちゃん続きやっちゃってよ!」

曜「ヨーソロー! やっと曜ちゃんの出番であります!」

梨子「曜ちゃんには……これ」

曜「なにこれ?」

梨子「これは仮面ライダー鎧武が変身するために使うロックシードってアイテムで~」


※長すぎるので割愛


曜「よ、よーし……こっからは曜ちゃんのステージだ! いっくよ~!」

梨子「いえーい!」

曜「曜ちゃんの未来はご褒美か罰ゲームか!」

曜「シャイニングヨーソロー!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>81
81: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/05/28(月) 22:15:38.52 ID:BQjW8KrP
理亞ちゃんにイタ電してびびらせる
82: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/05/28(月) 22:17:04.47 ID:beZVKZGM
千歌ごりごり喋ってないか
83: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 22:19:24.31 ID:+2a3tQB3
千歌「忘れてたのだ、てへぺろ」
85: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 22:28:26.32 ID:+2a3tQB3
曜「理亞ちゃんにイタ電してビビらせる?」

曜「ねえ千歌ちゃんこれ……」

千歌 ( ̄▽ ̄)ニヤリッ

曜「にやりじゃないんだけど」

果南「また関わり薄いところ……」

曜「それに電話番号知らないし……」

梨子「どうするつもりなの?」

千歌「フッ」スッ

梨子「……もしかしてこのメモ」

果南「……理亞ちゃんの電話番号?」

千歌 Σd(≧∀≦*)

鞠莉「準備がいいというか、なんというか……」

曜「……本当にやるの?」

千歌「ふ」

梨子「曜ちゃん、一緒に立ち向かおう!」

鞠莉「ファイトね……」

果南「頑張って!」

曜「……やるしかないんだよねもう! わかった、渡辺曜、気合い入れます!」
87: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 22:39:07.57 ID:+2a3tQB3
曜「……よし、やるよ」

千歌(( 'ω' 三 'ω' ))

曜「え、なに」

千歌「」スッ

曜「これって千歌ちゃんの……自分ので電話しろって?」

千歌(((uдu*)ゥンゥン

曜「わ、わかった」

pipipi

prrr...


~鹿角家~

クーレナイーニソーマッターコーノオーレーヲー♪

理亞「……電話?」

聖良「理亞? どうしたの?」

理亞「姉様……知らない番号から電話が」

聖良「見せてみて? ……ん、これは千歌さんの……」

理亞「え?」

聖良「Aqoursの高海千歌さん、知っているでしょう?」

理亞「なんであの人が私の番号を……」

聖良「そういえば……知りたいと言っていたから私が教えたような」

理亞「姉様!?」

聖良「とりあえずお待たせするのは良くないわ、出なさい理亞」

理亞「は、はい……」
88: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 22:40:30.66 ID:+2a3tQB3
pi

曜「あ、出た」

理亞『……もしもし』

曜「……」

曜「(なんて話せば!?)」←小声

理亞「……あの」

曜「(まずいまずい……こ、こうなったら適当に!)」

曜「>>90
90: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2018/05/28(月) 22:41:49.65 ID:RVORefug
はぁはぁ姉ちゃんおっぱい何カップ?
92: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 22:46:45.32 ID:+2a3tQB3
曜「は、はぁはぁ姉ちゃんおっぱい何カップ?」

理亞『ひっ!?』

ブツッ

ツーツー

曜「……やっちまったい」


~鹿角家~

聖良「千歌さん、なんて?」

理亞「……死ぬほどキモかった」

聖良「……え?」

理亞「あれはきっと似た番号の別人だよ姉様! ルビィと花丸と善子のいるチームのリーダーがあんな死ぬほどキモいこと言うわけないから」

聖良「そ、そう……」


曜「……ま、まあイタ電だからいいよね?」

千歌「!!」ε٩(。•ˇ₃ˇ•。)۶з

梨子「私のケータイでなんてこと言ってくれてるの! って顔してるね……」

果南「千歌、いまのは千歌が悪いよ」

鞠莉「インガオホーデース♪」

千歌「…………」
94: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 22:51:51.64 ID:+2a3tQB3
曜「……乗り越えたのはいいけどなんかものすごくつらい」

梨子「ボトル振る?」

曜「……赤と青のやつ」

梨子「ラビットとタンクだね」

曜「……」シャカシャカシャカ

梨子「……」シャカシャカシャカ

千歌( -ω- `)フッ

果南「カオスすぎるでしょこの部屋」

鞠莉「は、早く進めちゃいましょ! ね!」

果南「そだね、うん」

果南「んじゃ、サイコロ振るよー」ポイッ

コロコロ……


内容
>>95
95: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2018/05/28(月) 22:53:22.29 ID:RVORefug
カツカレーを食べる
98: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 23:00:29.26 ID:+2a3tQB3
果南「カツカレーを食べる……」

鞠莉「ご褒美じゃない?」

果南「ん、まーね。昼ごはんの時間だし」

千歌( -ω- `)フッ

ガラガラガラ

みんな『!』

志満「おまたせ~」

果南「し、志満姉……?」

志満「千歌ちゃんからお願いされてたカツカレー、出来上がったから持ってきたよ~」

果南「ありがと~」

果南「美味しそうだね」

志満「ふふ、どうぞ召し上がって~」

志満「あとでみんなのぶんも持ってくるからね~」

パタパタパタ


果南「……普通に美味しそうなんだけど」

鞠莉「いい匂い……マリーもお腹空いちゃう」

果南「とりあえず……いただきます」

果南「はむ……むぐ、はぐ……」

果南「……んまいッ!」

鞠莉「おー……」
99: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 23:06:17.91 ID:+2a3tQB3
果南「ああ、いい……いいなぁこのカレー」

果南「ちゃんと家のカレーって味で、舌によく馴染む感じ」

果南「はぐ……ザク、じゅる……」

果南「んん~……カツもいい」

果南「揚げたて、肉汁もたっぷり……いいじゃないの」

果南「これ、お代わりもいけちゃいそうだぞ……」

果南「福神漬け……カレーを彩る紅一点」

果南「こいつの味がまたカレーのうまみを一段階あげてくれるんだ」

果南「……おぉ~」

果南「あぁ~……これもいい、いいよぉ福神漬け」

果南「家カレー……やっぱりカレーは家で食うに限る」

果南「小さい頃よく食べた味だ……懐かしくなってきたぞ」


鞠莉「果南……?」
100: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 23:09:02.61 ID:+2a3tQB3
・・・

果南「ごちそうさまでした!!」

鞠莉「あ、あはは……とってもdeliciousだったみたいね?」

果南「また来よう……この店」

鞠莉「お店じゃなくてちかっちのおうちだからね? あと毎日来てるわよね果南」

果南「鞠莉もあとで食べな?」

鞠莉「う、うん」

梨子「おなかすいた……」

曜「曜ちゃんもお腹が空いたでありますー」

鞠莉「とりあえずこの周回が終わったらお昼にしましょっか!」

鞠莉「ラストターン、マリーの番よ!」

果南「頑張れ鞠莉」

梨子「がんばって……!」

曜「ファイトだヨーソロー!」

鞠莉「thank you! いっくわよー!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>102
102: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/28(月) 23:11:34.64 ID:F2Xpub28
納豆風呂
106: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 23:35:44.19 ID:+2a3tQB3
果南「納豆風呂」

ようりこ『うわあ……』

鞠莉ノξソ´・ω・`ハ6

果南「……強く生きて鞠莉」

鞠莉「なにその反応? ねえ、マリー死んだ?」

果南「多分死ぬ」

鞠莉「……そう」


~庭~


【浴槽】テッテレテー


果南「とりあえずこの水着に着替えるように千歌は言ってるよ」

鞠莉「はーい……」

・・・

鞠莉「着替えたわ」

果南「じゃあ浴槽に入ってもらって」

鞠莉「こう?」

果南「そこに私たちが全力で納豆を投入するから」

鞠莉「Noooooooooooo!!!!」


※あまりにも見るに耐えない絵面だったため以前撮影したセクシーお風呂ショットでお茶を濁します

※使い回しです

https://i.imgur.com/H0U18VX.jpg
1527421638-レス106-画像
109: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 23:40:36.21 ID:+2a3tQB3
・・・

※シャワーを浴びました


鞠莉「ひどい目にあったわ……」

果南「おつかれ……」

曜「鞠莉ちゃんの悲鳴が忘れられない……」

梨子「鞠莉さんもボトル振りますか……?」

鞠莉「……かわいいやつ」

梨子「じゃあローズフルボトルを」

鞠莉「あらかわいい……」シャカシャカシャカ

果南「鞠莉の心も折れちゃって…………」

果南「さて────千歌」

千歌「ふっふっふ……やっと私の出番だね」

果南「千歌のおかげでみんなの体はボロボロだよ」

千歌「どっちかっていうと心だと思うけど……まあ、それがこのゲームだからね」

果南「やってくれるねほんと」

果南「しかも千歌のメンタルが鋼並みに強いと来た……こりゃ攻略は難しいかなん?」

千歌「ふっふっふ……」
110: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/28(月) 23:44:41.03 ID:+2a3tQB3
千歌「とりあえずお昼ご飯にしよっか!」

ようりこまり『そうしよう!!!』


※みんなでカツカレーを食べました


~ちかのへや~

千歌「再開~」

曜「そろそろ千歌ちゃんにも辛い目にあってほしいであります」

梨子「うんうん……!」

鞠莉「デスゲームにしたいわ!」

果南「さて……それはサイコロ次第、ってね」

千歌「ふっふっふ……ゲームマスターは意外と痛い目に合わないのがこのシリーズのお約束なのだ」

梨子「ゆるせない……」

鞠莉「……梨子と手を組んで千歌を倒すしかないようね……」

果南「その仲を引き裂くような罰ゲームが当たったりするんだよ」

鞠莉「フラグはダメよ果南!」

曜「恐ろしい……」

千歌「それじゃサイコロ行くよ! 私のターン、ダイスロール!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>112
112: 名無しで叶える物語(笑) 2018/05/28(月) 23:46:28.57 ID:0ygkDPHW
みんなから2分間くすぐられる
114: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 00:34:25.76 ID:I/TfWD+8
曜「2分間」

梨子「みんなからくすぐられる」

千歌「……」

果南「ほう」

鞠莉「ほうほう」

千歌「あ、ちょっと用事が」

果南「まあまあ千歌」ガシッ

鞠莉「ゆっくり2分くらい待てるでしょう?」

曜「のんびりやっていこうよ」

梨子「Are you ready?」

千歌「にゃああーーーーー!!!」
115: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 00:51:09.09 ID:I/TfWD+8
※またもや見るに耐えなかったので割愛!


千歌「……ッ……っ……///」ビクッビクンッ♡

鞠莉「ちょっとやりすぎちゃった♡」

果南「鞠莉……あれはもうくすぐりじゃないよ、セクハラだよ」

曜「鬼気迫るものがあったよね……うん」

梨子「あ、あはは……」

鞠莉「まあ、ちかっちが悪いし? 今まで溜まってたものを全部吐き出しちゃった♡」

果南「そ、そっか」


※鞠莉に逆らわないことに決めた3人であった
116: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 00:52:51.24 ID:I/TfWD+8
・・・

梨子「さてと……私の番ですね」

果南「頑張って梨子!」

曜「悪は倒れたままだよ!」

鞠莉「あとはもうご褒美が出るだけネ!」

梨子「ご褒美……」

梨子「おいしいお菓子が食べたいな……」

梨子「何か嬉しいこと、お願いします!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>118
118: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/05/29(火) 00:55:40.14 ID:suJPMWNf
シュークリーム(ひとつからし入り)のロシアンルーレット
119: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 01:00:57.83 ID:I/TfWD+8
梨子「シュークリームロシアンルーレット(ひとつからし入り)……」

曜「ま、まあ……ひとつだけだし」

果南「まだご褒美かも……?」

鞠莉「ふむ……」

千歌「用意したのはこちらビアードパパのシュークリーム!!」

みんな『!?』ビクンッ

千歌「おいしいよー」

梨子「おいしいよね~」

千歌「5個あるからそのうち一個にからし1本入れるよ」

梨子「ひっ!?」

千歌「あとはこれをシャッフルして……匂いは嗅いだらダメだから、少し離れて選んでもらうね」

梨子「……」

曜「チューブ1本……死んじゃわない?」

千歌「エチケット袋は用意していますとも」

果南「それでもやばそう」

鞠莉「あまいミルクティーを用意しておくわね、梨子」

梨子「鞠莉さん……ありがとうございます」
120: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 01:10:54.64 ID:I/TfWD+8
梨子「……大丈夫、大丈夫」

梨子「……」シャカシャカシャカ

梨子「変身!」wake up!


曜「陽気な音楽だ……」

果南「仮面ライダーのベルトってこんな喋ったっけ……?」

鞠莉「私は見たことないわ……」


梨子「……負ける気がしねぇ!」

曜「ってセリフがあるみたい」

果南「なるほど……」

鞠莉「梨子っぽくないセリフだもんね」


梨子「私が選ぶシュークリーム…………」


>>121
コンマ一桁目が1~2がハズレ
それ以外は成功
121: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/29(火) 01:11:18.41 ID:IpVZf8/r
122: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 01:16:13.43 ID:I/TfWD+8
梨子「……これにします!」

千歌「……ファイナルアンサー?」

梨子「万丈さんに二言はありません!」

曜「いや梨子ちゃんに聞いてるんだよ……?」

梨子「と、とにかくそれにします!」

千歌「はいじゃあどうぞ~」

梨子「いただきます!」

梨子「あ~んっ」モグ

果南「……ど、どう?」

曜「梨子ちゃん……」

鞠莉「……」

梨子「………………」


梨子「ぁぁぁあああああああああ!!!!」


千歌「よっしゃあーーーー!!!」

ようかなまり『あー……』
124: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 01:25:47.15 ID:I/TfWD+8
梨子「辛い辛い辛い辛いからいからいからいからいからいーーー!!!!」

鞠莉「あまいミルクティーよ!梨子飲んで!」

梨子「んくんく……」


千歌「ふっふっふ……ちゃんと選ばしてあげたんだから、優しいでしょ?」

果南「梨子の運のなさが……もう、不憫で不憫で……」

曜「梨子ちゃん……なんて可哀想なことに……うう、私がもっと強かったら……」

鞠莉「本当に可哀想なんだけど……」

梨子「ひゃらぃ……うえぇん……ぐす、っく……うぇええ……」ポロポロ

曜「また泣いちゃった……よしよし、私たちが味方だからね」ナデナデ

梨子「ぅぇええん……うえぇえ……」
127: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 01:34:35.62 ID:I/TfWD+8
千歌「もう勝てる気はしないよねぇ? ってことでさ、このボトルはいただいていくよ」カチャ

曜「梨子ちゃんの心の支えが……!」

果南「可哀想に……」

千歌「ふっはっはっは! これでもう仮面ライダーはいない……私に立ち向かう邪魔者はいなくなったってわけだね」

千歌「さあゲームを続けよっか!」

果南「本当にラスボス感出してきてるんだけど!」

曜「くすぐりくらいで折れる心じゃないよね千歌ちゃんは……」

鞠莉「不屈すぎるわよ……」
128: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 01:42:35.38 ID:I/TfWD+8
千歌「さあさあ続き続き! 曜ちゃんの番だよ!」

曜「勝つためにはクリアするしかないんだね……」

千歌「その通りなのだ」

果南「もう一方的に殴ってしまえば……」

鞠莉「果南と曜にできるの? ちかっちラブでしょ?」

果南「ぐっ…………無理だぁ……」

曜「できなーい……」

鞠莉「もぅ……」

梨子「ぐすんぐすん……」

曜「……でも、梨子ちゃんのためにも私は立ち上がらなきゃ」

曜「梨子ちゃん、仮面ライダーのベルト借りるね」

曜「愛と平和のために、いっちょ戦ってみますとも!」シャカシャカシャカ

千歌「よし来たー!」

曜「さあ……ゲームを続けようか!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>130
130: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2018/05/29(火) 01:49:34.93 ID:3LezK7tF
間違いメール風にヨハネに
ヨハネ最近エロいよ!! 今度全力ヨーソローしたい 梨子ちゃんもそう思うよね
と送る
131: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 02:02:43.26 ID:I/TfWD+8
間違いメール風に善子に
ヨハネ最近エロいよ!! 今度全力ヨーソローしたい 梨子ちゃんもそう思うよね
と送る

果南「……」

鞠莉「……」

曜「……」

曜「やるしかないんだ……私が、私が梨子ちゃんのためにも戦わないと……」

曜「私が折れちゃダメだ……よし、送るぞ……」カチカチカチ

千歌「健気だねぇ……ふあ~ぁ」

曜「ごめん、梨子ちゃん……あとでちゃんと誤解は解いておくからね」pi
132: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 02:04:17.32 ID:I/TfWD+8
~よしこのいえ~

善子「……zzz」

ダーリンダーリンココロノトビラヲ-タタイテヨー♪

善子「ほぁっ……」

善子「なに、メール……いまどきメール?」pi

善子「誰よ……って、曜センパイじゃないの」


ヨハネ最近エロいよ!! 今度全力ヨーソローしたい 梨子ちゃんもそう思うよね


善子「……は? 梨子ちゃん……って、もしかしてリリーとヨハネをおかずにそんな話を……エロ漫画みたいな!?///」

善子「や、やばいでしょそれ……なんて返そう……」

善子「と、とりあえず……」

・・・

ブーッ!ブーッ!

曜「返ってきた……」

果南「あれに返すとは勇気あるな……」


すみません渡辺先輩
ヨハネのことを可愛がっていただけるのは大変喜ばしいことなのですが、
どうやら返信先を桜内先輩とお間違えになっているようですので、
失礼かとは思いますが、メールのやり取りができない方が尚更失礼なのではという思いに至り、
このようなメールを送らせていただきました
このメールアドレスは私、津島善子です
あらためて桜内先輩に送信してあげてください


曜「…………最悪だ」

果南「……泣いていいと思う」

鞠莉「長文でものすごく気を遣って……ヨハネ、本当にいい子だわ、愛してる……」

千歌「wwwwww」
133: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 02:09:06.53 ID:I/TfWD+8
曜「最悪すぎる……絶対誤解されまくってる……」

果南「これ……解くのは大変そうだね」

鞠莉「すごろくだって言えば可能性は……」

曜「そ、そうだよね……すぐに折り返してメールしとくよ……」

曜「大丈夫……私はまだ、まだやれる」

曜「だって私は……仮面ライダーだから!」

千歌「曜ちゃんまでなりきり始めた……」

果南「梨子を守るため……かあ、いいね」

果南「んじゃ、私もセンパイらしく頑張ってみるか!」

曜「果南ちゃん……」

鞠莉「これ、すごろくよね? なんかちかっちとの心の折り合いみたいになってるけどすごろくよね?」

果南「サイコロ……」

果南「……」

果南「シャイニング……」

千歌「まさか、あの技は!?」

果南「ヨーソロー!」ポイッ

コロコロ……

鞠莉「曜のパクリじゃない!」

果南「一気にゴール近くまで駆け込んでやるさ!」


内容
>>135
136: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/29(火) 02:11:06.02 ID:IpVZf8/r
下着を変える
145: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 16:09:59.37 ID:I/TfWD+8
果南「下着をかえる」

鞠莉「意外とnormalね」

果南「下着をかえるのが普通に感じるってことが異常でしょこれ」

鞠莉「……oh」

千歌「じゃあ果南ちゃんには千歌のパンツを履いてもらいます」

千歌「タンスから好きなのを取りなさい!」

果南「いやそれはいい」

千歌「えっ」

果南「いつ泊まりに来てもいいように私の着替え置いてるじゃん」

千歌「あっ」

鞠莉「えっ」

果南「それ取ってくるよー」ガラガラガラ

パタン

鞠莉「……いつも泊まってるの?」

千歌「んー……週2くらいで?」

鞠莉「oh……」

曜「ちなみに私も結構な頻度で」

鞠莉「wao……」
146: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 16:12:46.07 ID:I/TfWD+8
・・・

果南「変えてきた」

千歌「ほんとに?」

果南「ほらこr」

千歌「あーダメダメ脱いだパンツ見せちゃ動画だからこれちょっと果南ちゃん!」

果南「おっと」

鞠莉「Aqoursのエロ担当の座が奪われる……」

曜「そんな風に思ってたんだ自分の立ち位置……」

果南「パンツ変えるくらいで私の心は折れないよ~」

果南「……さ、鞠莉の番だね」

鞠莉「It's my turn……」

千歌「鞠莉ちゃんやめる?」

鞠莉「や、やめないわよっ!」
147: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 16:15:07.41 ID:I/TfWD+8
鞠莉「後輩たちが頑張ってるもの、マリーだってちかっちに挑むわ!」

千歌「おぉっ」

鞠莉「そろそろ普通のすごろくで遊びたいけどね!」

鞠莉「レッツゴーサイコロ~!」ポイッ

コロコロ……


果南「確かにこのシリーズもそろそろネタ切れだよね」

曜「しーっ!」


内容
>>149
149: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/29(火) 16:16:52.33 ID:gCloUqiG
マリーも着替え置いておこう
150: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 16:26:14.24 ID:I/TfWD+8
鞠莉「お着替え」

鞠莉「マリーも?」

果南「だねー」

千歌「鞠莉ちゃんの衣装は隣の部屋に用意してございます! さあ張り切ってどうぞお着替えタイム!」

鞠莉「行ってくるわ……」パタン

千歌「生着替え撮る?」

果南「さすがにやめときな」

・・・

千歌「着替えたー?」

『着替えたケド……なにこの服』

果南「へ?」

曜「なになに?」

千歌「さあ出てきてください可愛い鞠莉ちゃん!」

ガラ


https://i.imgur.com/TvCunqO.jpg
1527421638-レス150-画像


曜「可愛い!!!!」

果南「コスプレ?」

鞠莉「うう、こんなのどこで用意したのよ……///」

千歌「衣装は拾いました」

鞠莉「はっ!?」

千歌「可愛いコスプレ鞠莉ちゃんです!」

鞠莉「ねえ、拾ったって何?」

千歌「名付けてナースエンジェルマリーリカSOS!!」

鞠莉「やっぱりネタがあるのよねこの衣装の!?」
155: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 17:17:42.97 ID:I/TfWD+8
千歌「さて、やっと回ってきたね私のターンが!」

曜「ひと泡吹かせてやりたいなぁ……」

千歌「ちっちっち、渡辺くんそう簡単に行くと思わないことだよ!」

千歌「だってこれ作ったの私だもん私が好きにできちゃうんだもん」

曜「ずるいなぁ……」

果南「次は曜と梨子に考えてもらおっか」

曜「いいねそれ」

千歌「私に黙って不正なゲームを……!!!」

果南「えー……」

千歌「このすごろくは全部私が作ります! 他の人が作ったらそれは処分するからね!」

鞠莉「横暴なgame masterね……」

梨子「う、うーん……」

曜「あ、気がついた?」

梨子「曜ちゃん……あれ、私のベルト」

曜「今は仮面ライダーヨーソローであります!」

曜「梨子ちゃんの想いを受け継いで戦っております!」

梨子「曜ちゃん……ありがとう、私のために」

梨子「でも曜ちゃんそれは仮面ライダービルドだよ」

曜「えっ……あ、ごめん……?」

梨子「……あれ?私のドラゴンさんとボトルがない!」

千歌「ふっ……ボトルはいただいた」

梨子「そんな……」

千歌「返してほしければ戦うことだよ!」

梨子「ぐぬぬ……」

果南「普通に理不尽だよねそれ」
156: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 17:25:28.21 ID:I/TfWD+8
千歌「さああらためて私のターン」

千歌「このターンで私のリードを絶対的なものにする!」

曜「このすごろく、リードの基準ってどうやって決めてるの?」

千歌「メタ的な話をするとその場のノリ!」

曜「ですよね……」

千歌「よーしやるぞ!」

千歌「サイコロー!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>158
158: 名無しで叶える物語(もみじ饅頭) 2018/05/29(火) 17:26:40.26 ID:RqcDiOhq
母親と姉にめちゃくちゃ甘えてくる
160: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 17:38:49.12 ID:I/TfWD+8
千歌「母と姉にめちゃくちゃ甘えてくる……」

果南「千歌にしかできない罰ゲームじゃん」

曜「むしろご褒美なのでは」

千歌「罰ゲームだよ!!」

千歌「お母さんと美渡姉志満姉に甘えても怒られるよ!」

梨子「早く行って」

千歌「うっ……梨子ちゃんが怖い」

鞠莉「梨子がおこだわ……」

千歌「はいはい行ってきます……」

・・・

千歌「おか~あさ~ん」

千歌ママ「えっ……な、なに?」

千歌「えへへ~」ゴロゴロスリスリ

千歌ママ「なによ気持ち悪い……そんな声出してもお小遣いは増やさないわよ?」

千歌「そ、そんなわけじゃないよ~……?」

千歌ママ「じゃあどうしたの?」

千歌「え、えっと……たまには、ちょっと甘えたくなって」

千歌ママ「ふうん?」

千歌「お母さん、東京行ってばっかりだから……全然甘えられてないから」

千歌ママ「そうねぇ……」ナデナデ

千歌ママ「千歌も高校二年生、もうすぐ大人……だって思っただけど、まだまだ子供みたいね?」

千歌「なんだよぅ」

千歌ママ「ふふ、大人になっても私の可愛い子供に違いない、いつでも甘えてらっしゃい」

千歌「お母さん……」

千歌「……うん、ありがと」
161: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 17:50:33.03 ID:I/TfWD+8
・・・

千歌「志満姉~」ムギュウ

志満「あら千歌ちゃん、みんなは?」

千歌「まだ部屋にいるよ~」

志満「じゃあ……お菓子をねだりにきたの?」

千歌「そうじゃなくて~……えっと、志満姉に甘えに……?」

志満「寂しくなっちゃった?」

千歌「さっきお母さんと喋ったらみんなに甘えたくなった……みたいな?」

志満「お友達が来てるのに……ふふ、甘えん坊さんだね千歌ちゃんは」

千歌「えへへ~……」

千歌「……みんなと遊んでいられるのも、もうちょっとで終わっちゃうんだ」

志満「ん?」

千歌「浦の星はもう廃校が決まってて、どうやってもどうにもできなくて……来年には、違う学校に行ってるかもしれない」

千歌「そしたらみんなと簡単に会えない……それがすごく寂しいんだ」

志満「だからいつも夜遅くまでゲームを作ってるの?」

千歌「ん……うん、みんなで遊んで騒げるゲームを」

志満「そっかぁ」

志満「今度は私たちも参加しちゃおうかな?」

千歌「えっ」

志満「今のうちに千歌ちゃんの大切な友達と仲良くなっておこうと思って♪」

千歌「志満姉……」

志満「ふふっ」

千歌「多分志満姉泣いちゃうよ?」

志満「え゛っ……」
162: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 18:04:14.99 ID:I/TfWD+8
・・・

千歌「美渡姉~」

美渡「あん?」

千歌「ガラ悪っ」

美渡「なぁによ千歌ぁ」

千歌「たまには美渡姉にも甘えてやろうかなと思ってさー」

美渡「なーに言ってんのよ中学までずっと一緒に風呂入ってやってたでしょうが」

千歌「ぬあっ!?///」

美渡「みとねえみとねえ、一緒にお風呂! ね! 今日も! ……って」

千歌「やめろォ!」

美渡「ふっふーん? この美渡姉様に対してそんな口聞いていいのかなぁ~ん?」

千歌「うわわわごめんなさい!お姉様お許しください!」

美渡「それでいいのよそれで。んで、なにしに来たのよ」

千歌「だから甘えに」

美渡「げっ……マジだったのかそれ。なに、お小遣いでも欲しいの?」

千歌「そういうわけじゃないよ欲しいけど」

美渡「欲しいんかい」

千歌「いや、それは……えっと、とにかく普通に甘えに来たの!」

美渡「ふーん、ならやることあるだろ千歌~?」

千歌「やること……?」

美渡「果南って甘えたい時のやりかたって上手いよなー?」

千歌「果南ちゃん……あ、そっか!」

千歌「じゃ、じゃあ……ハグ」ギュウッ

千歌「はあ~……美渡姉の匂いだ」

美渡「よーしよしよし……って、千歌また胸でかくなったんじゃないの?」ナデナデ

千歌「そ、そう?」

美渡「ムカつく……ハグやめろやめろ!」

千歌「えー!?」

美渡「もう甘えにくんなバカ!」

千歌「なんで!? もう、誰が甘えになんかくるか~!」
163: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 18:08:53.16 ID:I/TfWD+8
~ちかのへや~

千歌「というわけで甘えてきた、ふん」

曜「おかえりー」

果南「機嫌良さそうだね?」

千歌「べっつにぃ~!!」

鞠莉「むしろ御機嫌斜めのようね?」

果南「ううん、あれは機嫌がいいんだよ」

鞠莉「はあ……?」

曜「そのうち分かるようになるよ~」

梨子「私もちょっとだけ分かるようになってきた……かも」

鞠莉「ふむん……」
164: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 18:10:41.64 ID:I/TfWD+8
千歌「もう私のことはいいから! ほら、梨子ちゃんの番だよ!」

梨子「は、はい!」

梨子「大丈夫……大丈夫だよね、うん!」

梨子「いきます!!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>166
166: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2018/05/29(火) 18:15:37.28 ID:3LezK7tF
ダイヤさんを呼び出してすごろくに参加させる
ついでにからし入り抹茶エクレアを振る舞う
167: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/29(火) 18:22:40.83 ID:I/TfWD+8
鞠莉「ダイヤを呼び出して参加させて、ついでにからし入り抹茶エクレアを振る舞う……」

梨子「はいもう私は死にました帰ります帰らせてください」

千歌「ダメだよーちゃんと呼ぼうねー」

梨子「いやぁぁあ~!!」

・・・

梨子「ぐすん……」

prrr...


『もしもし?』

梨子「ダイヤさん……」

『ええと、梨子ちゃん? どうかしたの、声が震えているようだけど』

梨子「ごめんなさい、ごめんなさい……」

『梨子ちゃん……? 大丈夫よ、ゆっくり話してみなさい、聞いているから』

梨子「はい、っ……」

梨子「あの……」

『えぇ』

梨子「すごろくに参加してください……」

『……』

『拒否権は』

梨子「ないです……ごめんなさい、本当にごめんなさい……」

『……はぁ』

『分かったわ、すぐに支度して向かうから泣き止むのよ?』

梨子「ぐす、っ……うぅ、ダイヤさん……」

pi

梨子「ううぅ……」

千歌「ふっふっふ……あとからし入り抹茶エクレアの用意だけだぜ」
187: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 20:40:29.27 ID:bCkheo1D
千歌「でっでーん」

千歌「でででれれででででーん」

千歌「でででどん!」バッ

※ここでクイズ! 千歌ちゃんが口ずさんでいるBGMはなんでしょう?

千歌「用意したるはあの店の抹茶エクレア! そしてそこにからしを~……」

千歌「何パーセント入れてほしい?」

梨子「ぜ、ぜろで」

千歌「はいダメー全然ダメー」

千歌「必ず入れます」

千歌「せっかくだから10面ダイス使おっか」

曜「10面?」

千歌「そう! 1なら10%、2なら20%って感じで」

鞠莉「10 percentって……チューブの中の10percent?」

千歌「イエース」

梨子「あわわわ……」

千歌「ちなみにそのダイスは梨子ちゃんに振ってもらうよ」

梨子「!!?」

千歌「梨子ちゃんがダイヤちゃんに引導を渡すのさ……ふふ、ふふふふ」

ようかな『鬼畜……』
188: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 20:46:33.30 ID:bCkheo1D
梨子「ね、ねえ……千歌ちゃん本当なそんな」

千歌「本当にそんなことします」

梨子「ぁああああ……」

鞠莉「梨子……つよくいきて」

曜「私たちは少しでも少なくなるように祈るしかできないよ……」

果南「頑張れ梨子」

梨子「ね、ねえ千歌ちゃんベルト返してお願いじゃないと私心折れちゃぅ……」

千歌「え~? でもぉ、万丈さんは変身できなくても頑張って戦おうとしてたし~……ねぇ?」

梨子「うっ……」

曜「梨子ちゃん……」

梨子「…………」

梨子「…………それでもやるしかねンだよ」

鞠莉「また演技タイム……?」

梨子「何度だって立ち上がってやるよ!」

梨子「ダイヤさん……私があなたを守ります!!」

梨子「そーれっ!」ポイッ

コロコロ……


直下
コンマ1桁が
1なら10%、2なら20%と計算
ただし0の場合は100%
189: 名無しで叶える物語(笑) 2018/05/31(木) 20:47:25.40 ID:bFWIIGYg
我ダイヤ救う
196: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 20:53:10.73 ID:bCkheo1D
【10】デデドン


梨子「ぁ……あ、ぁあ…………っ」ヨロッ

千歌「あーっはっはっはっはっはっはっはっはwwwwwwwwww」

梨子「……」バターン

果南「おっと」キャッチ

果南「梨子……よしよし」

曜「梨子ちゃん……」

梨子「……」

鞠莉「声もあげずに静かに泣いてるわ……」

千歌「あっれっれぇ~? これはもう立ち上がれそうにありませんなぁ~」

千歌「これでダイヤちゃんをハメられる」

千歌「ふははは! あっはっはっは!」


※さあさっきのクイズの答えはわかったかな?
※正解した人にはからし入り抹茶エクレアをプレゼントだ!
198: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 21:03:10.06 ID:bCkheo1D
千歌「うふふ……抹茶エクレアのお尻に今、からしが……」

果南「ねえ、お尻とか言わないで」

千歌「からし、挿入!」ブスッ

千歌「からし、いきまーす!」ブチュ--

果南「あぁぁあ~……」


・・・


千歌「かーんせーしましたー!」

千歌「抹茶エクレア in からし 100%中の100%!!」


【抹茶エクレア】ゴゴゴゴ…


果南「やっばい雰囲気なんだけど……」

曜「……これ食べるの?ダイヤちゃんが?」

鞠莉「DEAD END……」

梨子「……ダイヤさん…………」

千歌「あっはっは楽しみだねえ楽しみだねえ」

ピンポーン

千歌「あ、来た」
199: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 21:11:35.58 ID:bCkheo1D
・・・

ダイヤ「お邪魔します」

千歌「いらっしゃ~い」

梨子「ダイヤさん……………………」

ダイヤ「うっ……」

※今にも死にそうな顔で号泣する梨子

ダイヤ「り……梨子ちゃん、大丈夫、大丈夫よ」

ダイヤ「この黒澤ダイヤに任せておきなさい、こんなゲーム早く終わらせてしまいましょうね」

梨子「………………………………これを」スッ

ダイヤ「な、なに? これは……」

梨子「私のお守り……です」

梨子「ドラゴンズクラッシュゼリーですぅ~!!」

ダイヤ「は、はあ……」

曜「梨子ちゃんのためにも、受け取ってあげてください……」

ダイヤ「わ……分かったわ、あなたの想い、この黒澤ダイヤが受け継いであげる」

ダイヤ「任せておきなさい」

梨子「……ありがとうございます、あと」

梨子「ごめんなさい……ごめんなさい、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい……」

ダイヤ「だ、大丈夫だから! 強制参加のことなら本当に大丈夫だから落ち着いてちょうだい梨子ちゃん!」

梨子「そうじゃないんです本当にごめんなさいぃぃいい!!」

ダイヤ「ええ……?」
202: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 21:21:49.85 ID:bCkheo1D
千歌「まあまあ梨子ちゃんは寝かしといて」

ダイヤ「千歌ちゃん?」

千歌「ダイヤちゃんにはこの抹茶エクレアをプレゼント! みんな食べたからどーぞ!」

ダイヤ「あ、ありがとう……?」

ダイヤ「……」

ダイヤ「本当に食べたの?」

千歌「食べたよ?」

ダイヤ「曜ちゃん、本当?」

曜「え、えっと」

千歌「……ね、曜ちゃん?」ニコッ

曜「うん!」

ダイヤ「そう……果南とマリーも?」

かなまり『食べた食べた』

ダイヤ「そう」

ダイヤ「ならいただこうかしら」

千歌「さあどうぞ~」

ダイヤ「あー……む」パクッ

ダイヤ「………………」

千歌 ( ˆωˆ )ニヤニヤ

ダイヤ「………………」

ダイヤ「ごはぁっ!!!」

曜「ダイヤちゃーーーーーーーーーーーーん!!!!!」
203: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 21:26:39.77 ID:bCkheo1D
~30分後~

ダイヤ「梨子ちゃんのごめんなさいはこういう意味だったのね……」

梨子「うぅぅぅう……」


※泣き止まない梨子


千歌「あーっはっはっは! ダイヤちゃん破れたり!」

果南「ごめん……千歌に逆らえない……」

鞠莉「マリーも」

曜「私もです……」

千歌「梨子ちゃんは倒れ……そこに入れ替わる形で参戦したダイヤちゃん」

千歌「さあすごろくアドベンチャーは新たな局面を迎えました!」

ダイヤ「本当、やってくれるわね……」


※唇が腫れ上がっているダイヤ


千歌「ダイヤちゃんくちびるがすっごいよ?」

ダイヤ「ちょっと触ろうとしないでくれる? ぶつわよ」

千歌「ひぇ~」

ダイヤ「このゲームで倒すしかないようね……」

曜「そうなんだ~……千歌ちゃん強くて強くて……」
204: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 21:30:15.32 ID:bCkheo1D
千歌「ではあらためて」

千歌「梨子ちゃん戦闘不能によりリタイア、だけどそこに入れ替わる形でダイヤちゃん参戦だよ!」

千歌「だから梨子ちゃんのところにダイヤちゃんが入る感じでお願いしまーす」

ダイヤ「……」

千歌「てなわけですごろくは続くのだ!」

千歌「レッツゴー曜ちゃん!」

曜「…………やらなきゃ勝てない」

曜「梨子ちゃんなんかパワーアップアイテムとかないの? このベルトの!」

梨子「ハザードトリガーがここに……」

曜「それ暴走するやつじゃん……」

曜「でも背に腹は変えられないか! 暴走してでも一気に強くなって千歌ちゃんを倒すよ!」

鞠莉「頑張って曜!」

果南「ファイトー!」

ダイヤ「すごろく関係なくちかちゃんを締め上げればいいんじゃないのかしら……」

曜「いくよ、これぞ正義のサイコロ!」

曜「シャイニング~! ヨーソロー!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>206
206: 名無しで叶える物語(茸) 2018/05/31(木) 21:35:31.69 ID:O4YQhUnY
親友の恥ずかしい過去を暴露
208: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 21:50:34.11 ID:bCkheo1D
曜「親友の恥ずかしい話かぁ……」

千歌「しんゆぅ~? 誰のことかなぁ」

曜「そりゃ当然千歌ちゃんでしょ」

千歌「え? じゃあ梨子ちゃんは親友じゃないの?」

曜「えっ」

千歌「果南ちゃんは? ダイヤちゃんは? 鞠莉ちゃんは?」

曜「いや、あの……」

千歌「花丸ちゃん善子ちゃんルビィちゃんみーんな親友でしょ? Aqoursは!」

曜「それは、だから」

千歌「ね、ダイヤちゃん!」

ダイヤ「そ……そうね、私はみんな、大切な……親友というより、むしろ家族だと思っているわ」

千歌「ダイヤちゃんはすごいな~! さすがみんなのお姉ちゃん!」

千歌「……で、曜ちゃんは『誰』が親友なのかなぁ?」

鞠莉「マリーは親友じゃないの、曜……?」

果南「曜……私も曜と千歌とは幼馴染だから、親友だと思ってたよ……」

梨子「曜ちゃん……」

曜「めんどくさい人たちだなAqours!」
209: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 21:56:07.15 ID:bCkheo1D
曜「みんなで千歌ちゃん倒すって話だったじゃん! なんでみんな千歌ちゃんの味方するのさ!」

曜「わかってるの? 仮に果南ちゃんの話するってなったら、私、果南ちゃんの恥ずかしい話言わなきゃならないんだよ!?ー

果南「だって曜に親友って思われてないんだと思って……」

鞠莉「マリーも……」

梨子「……」

ダイヤ「曜ちゃん……大丈夫よ、私はわかっているから」

千歌「そーだそーだ誰が親友なんだー」

曜「ねぇえ! なんでそうなるのぉ! もー!」( ÒwÓ )

曜「千歌ちゃんが余計なこと言うから~!」

千歌「てへぺろ~♡」

曜「ぐぐぐ……じゃあどうしたらいいのさ」

千歌「Aqoursはみーんな親友なんでしょ? それなら……9人全員から1人を選ぼうよ」

みんな『!?』

千歌「公式サイトの並び方で1~9の順番振ってさ」

千歌「10面ダイス振って、出た番号の人の恥ずかしい過去の暴露をしようよ」

千歌「善子ちゃんと梨子ちゃん以外とは付き合い長いんだし大丈夫だよね♡」

曜「でも、それじゃあ10は?」

千歌「みんなが曜ちゃんの恥ずかしい過去を1こずつバラす」

曜「」
211: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:01:52.00 ID:bCkheo1D
曜「……本当にやるの?」

千歌「ゲームマスターの言葉は絶対なのです」

曜「絶対これ自分が言われるの怖いから少しでも確率下げようとしてるんじゃん……」

千歌「てへぺろ~♡」

果南「姑息な……」

曜「乗った果南ちゃんに言う資格ないからね」

果南「ごめんって~……」

ダイヤ「私も千歌ちゃんになるよう祈っているから……」

曜「……やるしかないか」

曜「このラッキーガール曜ちゃん、見事千歌ちゃんの番号を当ててみせましょう!」

千歌「絶対当てないで~!」

曜「当ててみせる!」

曜「スーパーシャイニング~!」

曜「ヨーソロー!」ポイッ

コロコロ……


直下
コンマ1桁の数字で判断
1 千歌
2 曜
3 梨子
4 花丸
5 ルビィ
6 善子
7 ダイヤ
8 果南
9 鞠莉
0 ここにいる全員から曜ちゃんの暴露
212: 名無しで叶える物語(庭) 2018/05/31(木) 22:03:26.48 ID:ZzpDfCGV
ちぇい!
215: 自分で自分の恥ずかしい過去を暴露させようと企む千歌ちゃんの策略です(たこやき) 2018/05/31(木) 22:09:44.50 ID:bCkheo1D
曜「8」

果南「わたしかー!」

曜「なんで嬉しそうなの」

果南「いやあ~……みんなさ、私と曜が本当の本当に幼馴染って知らないみたいだからこれで知ってもらえるかなと思うと嬉しくて」

曜「ウソダドンドコドーン!」

果南「ほんとだって!」

ダイヤ「落ち着きなさい2人とも」

ダイヤ「それで、果南の恥ずかしい話……何かあるかしら?」

曜「うーん……そうだなぁ……」

曜「うーーーーん…………」

曜「あっ」

みんな『?』

曜「果南ちゃん……怒らない?」

果南「怒らない怒らない」

曜「じゃあ話すけど……」
216: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:12:31.10 ID:bCkheo1D
曜「小さい頃、私たちはいつも3人で一緒だったんだけどさ」

曜「もうお互いがお互いを大好きすぎて……大人になったら3人で結婚しようね~……なんて言ってたの」

ダイヤ「ふふ、可愛らしいわね」

千歌「あったかもしれない」

果南「あったな……」

曜「で、果南ちゃんは私たち2人をお嫁さんにするから、果南ちゃんは旦那さんになるよ!って言ってたんだよ」

曜「それで果南ちゃんがパパになるから、私たちが果南ちゃんの子供を産むんだ~……みたいなね?」

鞠莉「子供らしいわね~」

曜「で……でもほら、パパになるにはあれがいるじゃん」

みんな『あれ?』

曜「いや分かってよ! 言わせないでよ!」

梨子「曜ちゃん、言って?」

曜「梨子ちゃんマジか」
219: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:15:22.21 ID:bCkheo1D
曜「あー……えっと、そのー」

曜「ちっ……ちんちんがないとダメじゃん!」

みんな『うんうん』

曜「で、果南ちゃんはパパになりたいのにちんちんがないなら……」

果南「あー待ってダメそれやめて」

曜「ほらー!」

千歌「だめだよ果南ちゃん邪魔しちゃ! みんな聞いてるでしょ!」

鞠莉「果南を捕まえなさーい!」ガシッ

果南「離して、ちょっと!ねえ!」

曜「で、でね……その、果南ちゃんは、自分にちんちんがないのがすごく不満で」

果南「ねえ曜! 本当に、本当にやめてちょっとねえ! 曜ってば!」

曜「街のいろんな人に『なんで私ちんちんないの?』って聞いて回ってました!!!!」

果南「ああぁぁぁぁぁああああああああああああああああ!!!!!///」
223: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:18:36.47 ID:bCkheo1D
果南「あぁぁぁぁぁぁあああああ……………………///」

ダイヤ「フフ、あらあら随分と可愛らしい過去をお持ちじゃないかしら、果南?」

鞠莉「果南も立派に子供をしていた時があったのねぇ?」

梨子「曜ちゃんの……うふ、うふふ」

曜「梨子ちゃん頭おかしくなってない? 大丈夫?」

千歌「そんなことあったっけ~? でも、私は今でも曜ちゃんと2人で果南ちゃんのお嫁さんになるつもりだけどね!」

曜「も、もう千歌ちゃん何言ってんのっ!///」

果南「もうお嫁にいけない死ぬしかない……」

ダイヤ「大丈夫よ果南はむしろ嫁をもらうんでしょう? パ・パ♡」

果南「ぁあぁぁぁぁぁぁあぁあぁぁぁああああ」
225: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:24:40.96 ID:bCkheo1D
・・・

果南(´°ω°)チーンチン

鞠莉「果南がburnoutしているわね……」

曜「ごめん果南ちゃん……」

千歌「思いがけず果南ちゃんが死んじゃったけど」

千歌「ゲームは続くぜ!」

ダイヤ「困ったわね……プレイヤーが減ると、敵を倒せる確率も下がってしまうわ」

ダイヤ「だから梨子ちゃん復活できるかしら?」

梨子「……やれます」

ダイヤ「お守り、返しましょうか?」

梨子「いえ! さっきちょっとだけ帰って新しいのを持ってきました!」

梨子「ドラゴンマグマボトルとクローズマグマナックルです!」

ダイヤ「は、はあ……そう……?」

千歌「果南ちゃんが倒れたから……ダイヤちゃん果南ちゃんのところに入ろっか!」

ダイヤ「そう? でも復活した時に順番がややこしくなってしまいそうだし、マリーの後で構わないわ」

千歌「そっかー」

鞠莉「それじゃあ果南のturnを抜かして、マリーのturnね!」
226: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:26:26.97 ID:bCkheo1D
鞠莉「果南、あなたの悔しさはマリーが受け継いでいくからね」

果南(´°ω°)チンチン

鞠莉「任せてね☆」

鞠莉「さあいっくわよ~!」

鞠莉「この一手でちかっちに少しでもdamageを!」

鞠莉「let's シャイニー☆」ポイッ

コロコロ……


内容
>>228
229: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:29:14.62 ID:bCkheo1D
今日はここまで!
neru
安価下


BGMクイズの答え
千歌「モンスターハンターワールドのバゼルギウスのテーマでした!」
233: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/05/31(木) 22:38:12.31 ID:bCkheo1D
千歌「ちなみにこれなのだ」

https://youtu.be/vbTdOUKhCJQ
228: 名無しで叶える物語(庭) 2018/05/31(木) 22:29:10.46 ID:XuGGL2MM
全員の苦手な食べ物を詰め込んだ特製シャイ煮をふるまう
253: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 20:06:01.33 ID:E1ENFREN
鞠莉「全員の苦手なものを入れたシャイ煮を食べさせる……」

みんな『』

鞠莉「任せといて☆」

みんな『ぎゃぁああああ!!!』

鞠莉「あ、こら逃げないのみんな!」

千歌「鬼!鬼畜!デビル!」

鞠莉「why!?」

梨子「そんな、そんなの食べたらみんな死んじゃいますよ!」

ダイヤ「正直に言わせてもらうけれど、腹立たしいわ」

果南「冗談にしたって面白くないよ鞠莉」

鞠莉「マリー悪くないんですけど!!!」

曜「ま、まあ……うん」

曜「私の場合、煮物にされたらパサパサしないし刺身じゃないし……」

鞠莉「それなら煮込んだ後に最後、ガルニチュールとしてゆで卵の黄身だけを用意しておくわ♡」

曜「そんなことしちゃいけないよ鞠莉ちゃん!!!」

鞠莉 :(´◦ω◦`):

千歌「はっ……鞠莉ちゃんが泣きそうな顔に」

鞠莉 (˘•̥ω•̥˘)

果南「本当に作る気? そんな絶対食べられたものじゃないものを」

鞠莉 of course(*゚∀゚*)

みんな『はぁあああ……』


※最大級のため息だった
258: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 20:18:22.95 ID:E1ENFREN
・・・

~千歌の家の台所~


鞠莉「ハローエブリワーン♡ マリーの可愛いstudentたち、ようこそクッキングスタジオへ!」

鞠莉「今日はAqoursメンバーの嫌いな食べ物を使って、特製のシャイ煮を作ってみちゃうわね♡」

千歌「いらないでーす」

曜「食べたくないでーす」

果南「ねえ普通に作って食べようよ美味しいやつでさー」

ダイヤ「およそ人の所業とは思えないわ」

梨子「あ、あはは……」

鞠莉「はーい文句は一切受け付けませーん。ノーサンキューでーす」

鞠莉「さて、まずはみんなの嫌いなものをpickup♡」

鞠莉「ちかっちから嫌いなものを教えてくれるかしら?」

千歌「みかん!」

鞠莉「はい嘘はダメでーす。マリーが説明するわね♪」

千歌 (・ᾥ・ )

曜「千歌ちゃんめっちゃ可愛くない顔してる」
261: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 20:25:12.76 ID:E1ENFREN
千歌:しおから、コーヒー

曜:刺身、パサパサしたもの

梨子:ピーマン

果南:梅干し

ダイヤ:ハンバーグ、グラタン

鞠莉:納豆、キムチ


鞠莉「今日はこれを全部用意してぶちこんだシャイ煮を作るわ」

千歌「いーやーだー」

果南「ピーマンは普通に野菜だし、ハンバーグは肉団子みたいなものだし大丈夫かもしれないけど……他はやばいよ」

ダイヤ「生物が食すものとしては間違っていると思うの」

曜「というか二つある人、二つとも入れる必要あるの?」

鞠莉「マリー食べる必要ないし」

梨子「えっ」

鞠莉「マリー食べなくていいから好き勝手やります」

果南「ねえぇえ……」

ダイヤ「……帰るわ」ガタ

鞠莉「え?」ガシッ

ダイヤ「……」

鞠莉「sit down」

ダイヤ「……」

ダイヤ (º言º)

曜「ダイヤちゃんまでヤバい顔してる……」
262: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 20:31:13.81 ID:E1ENFREN
鞠莉「というわけで~……」

鞠莉「調理済みのハンバーグやグラタンやその他諸々がこちら」

果南「そのまま食べようよ」

千歌「そーだそーだ」

梨子「食べ物がかわいそうですよ……」

千歌「こんなの横暴だ! 何が罰ゲームだ!」

鞠莉「……ゲームマスターの指令は?」

千歌「絶対だ! ……あっ」

鞠莉「イエス♪」

千歌「……」

果南「千歌……」

ダイヤ「はあぁぁぁぁ…………」


~なんやかんやあって~

鞠莉「出来上がりね~♡」

千歌「やばい匂いしてる……」

果南「目が痛い……」

梨子「なんでこんな、うっ……」

鞠莉「キムチとコーヒーと納豆の匂いがburningって感じね」←ガスマスク装備

梨子「しんじゃいそう……」
264: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 20:37:02.44 ID:E1ENFREN
鞠莉「さあみんな食べて」

千歌「……」

曜「……」

梨子「……」

果南「……」

ダイヤ「……」

鞠莉「食べないと次に進めないわよ?」

ダイヤ「……私が行くわ」

果南「ダイヤ!?」

曜「そんな、どうして自分から命を捨てようなんて!」

ダイヤ「違うわ、私は死なない……未来を作るためよ」

ダイヤ「千歌ちゃんのすごろくを攻略して……千歌ちゃんを倒すためのね」

ダイヤ「マリーの、このゲテモノも千歌ちゃんにダメージを与えるために作ったものなの」

ダイヤ「だから……食べなきゃ」

鞠莉「ダイヤ……」

※ 特にそんなこと考えてなかったの☆ by鞠莉


ダイヤ「……いただきます」モグ

みんな『!!』

ダイヤ「……」

ダイヤ「……………………」

千歌「だ、ダイヤちゃ」

ダイヤ 「ぶはっ!!!」

千歌「ダイヤちゃん!!」」

ダイヤ ( ºωº )

曜「ダイヤちゃんの顔が……」

果南「どんどん土気色に……」

鞠莉「メイド部隊! ダイヤを介抱して!」

ゾロゾロゾロ

メイド部隊『イエスユアハイネス!!!』
265: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 20:39:50.27 ID:E1ENFREN
・・・

千歌「うーん……」

果南「おぇ……っぷ、うぇえ……」

曜「……」

梨子「ふ、っぐ……ぅぅ、ぅぇぇ……っ」

ダイヤ「」

鞠莉「ふー……大変な戦いだったわ」

鞠莉「みんな……よく食べたわね」

千歌「次のすごろくまで1時間休ませて……」

果南「さすがに、これは私たちもダメージやばい……」

曜「……」

梨子「もう、もうやだよぉ……」

ダイヤ「…………」

鞠莉「でも……こんなに残っちゃっているし……」

鞠莉「捨てるのはもったいないわね」

鞠莉「メイド部隊!」

メイド部隊『イエスユアハイネス!』


※責任を持ってメイド部隊が食しました
268: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 20:57:32.32 ID:E1ENFREN
~1時間後~

ダイヤ「なんとか……動けるだけにはなったわ」

千歌「私も……」

梨子「うん……」

果南「さ、やるかー」

曜「げふ……」

鞠莉「ダイヤからstartね♡」

ダイヤ「そうね……私の最初のサイコロね」

千歌「さすがにスタート地点からだと、ハンデがあるから一番進んでる人とスタート地点の半分のとこからね」

ダイヤ「それでもかなりハンデね」

ダイヤ「まあいいわ、黒澤ダイヤにとってこれ程度」

ダイヤ「すぐに追いついてみせるわよ」

ダイヤ「さあ梨子ちゃん、私にサイコロを」

梨子「は、はいっ」

果南「ダイヤの一投目!」

ダイヤ「…………行くわ!」ポイッ

コロコロ……


内容
>>270
270: 名無しで叶える物語(茸) 2018/06/02(土) 20:57:59.75 ID:AQu9+xP6
妹にセクハラ電話
273: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 22:13:04.17 ID:E1ENFREN
ダイヤ「妹に……セクハラ電話、ですってぇ!?」

梨子「あっ……」

千歌「さあさあやろうダイヤちゃん今すぐやろう」

ダイヤ「バカを言わないでちょうだい、なぜ姉である私がルビィにそんな電話を? ふざけているなら怒るわよ千歌ちゃん」

千歌「それがこのすごろくだもん」

ダイヤ「くっ……」

果南「ダイヤが言い返せないなんて……」

鞠莉「ダイヤが言い返せてたら、私たちだってここまでnaiveになったないと思う」

曜「確かに」

千歌「とにかくほら、ルビィちゃんにセクハラセクハラ」

ダイヤ「くっ……姉としての威厳が……っ」

・・・

prrr...

ルビィ『はい、ルビィです』

ダイヤ「……」

ルビィ『えっと……お姉ちゃん? どうしたの、いま千歌ちゃんのお家にいるんでしょ?』

ダイヤ「……………………」

ダイヤ(これは私のせいじゃない私は悪くない私は…………)

ダイヤ「ルビィ、恨むなら千歌ちゃんを恨みなさい」

ルビィ『ほえ?』


ダイヤちゃんの精一杯のセクハラなセリフ
>>275
275: 名無しで叶える物語(茸) 2018/06/02(土) 22:19:59.76 ID:Sp/Sa8oW
そんな幼児体型では将来苦労するからずっと私の側に居なさい
276: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 22:24:14.17 ID:E1ENFREN
ダイヤ「そんな幼児体型では将来苦労するからずっと私の側に居なさい」

ルビィ『へ?』

ダイヤ「……」

ルビィ『お姉ちゃん、ルビィそんな幼児体型じゃないもん、そのうちおっきくなるもん』

ダイヤ「……は? 本当に言っているの?」

ルビィ『なるもん! そのうち鞠莉ちゃんみたいにぼんきゅっぼんのばいんばいんだよ』

ダイヤ「冗談を言うのはその体型だけになさい、あなたがマリーみたいに? 無理、ありえないわ」

ルビィ『そんなことないもん!!』

ダイヤ「現実を見ろと言っているのよこの私は!」

ギャーギャー


千歌「なんか喧嘩始まったんだけど」

曜「まあ……ルビィちゃん、ダイヤちゃんには若干反抗的だし……」

鞠莉「そのあたり、ちょっとアニメ版と違うわね」

果南「メタいよ鞠莉」
277: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 22:32:57.43 ID:E1ENFREN
・・・

ダイヤ「まったく……何を言っているのかしら、そもそも和服を着なければならない黒澤家の人間がばいんばいん? バカらしい」

千歌「え、えっと……女の子なら憧れてもおかしくないんじゃ?」

ダイヤ「千歌ちゃん、私たち黒澤家の人間は公式の場では和服を着ていなければならないの」

ダイヤ「和服は小さな胸であるほうが美しく見え、実際に和服も日本人の体型に見合った形で作られているのよ」

ダイヤ「だからマリーみたいなだらしない身体になると和服を美しく着られない、わかるかしら?」

鞠莉「それは分かったけどマリーの身体がだらしないっていうのは聞き捨てならないわよ?」

ダイヤ「あらごめんなさい、ちょっとした冗談だったのだけど」

鞠莉「ふーんシャイ煮食べさせてあげようか?」

ダイヤ「……私が悪かったわよ」

曜「シャイ煮強し」
278: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/02(土) 22:36:52.83 ID:E1ENFREN
・・・

千歌「さてさて私の番だね」

梨子「ゴルゴル絶対許さないもん……」

千歌「誰がゴルゴムか」

曜「おのれデストロンめ」

千歌「誰がデストロンか」

果南「あいむゆあふぁざー」

千歌「Noooooo!」

ダイヤ「茶番はいいから早く進めましょう」

千歌「はーい……」

鞠莉「ダイヤが混ざると場が引き締まるわー……」

千歌「よーし行くぞ我がサイコロよー! そーれい!」ポイッ

コロコロ……


>>280
280: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2018/06/02(土) 22:40:56.24 ID:L6KT0o8b
スクフェスに3万課金して曜ちゃんのURを狙う
291: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/03(日) 23:36:17.11 ID:rjseRfQW
鞠莉「スクフェスに3万円課金して、曜のURを狙う……」

千歌「うわぁあぁああああ!!!!」

果南「うるさっ」

千歌「さ、さんまんえん!? さんまんえん!!!」

千歌「曜ちゃんのUR狙うために3万円!!?」

曜「おお……ついに千歌ちゃんにリアルダメージが」

梨子「よし、よし……」シャカシャカシャカ

ダイヤ「まだそのおもちゃを振っているの?」

梨子「ボトルは振れば振るほどパワーアップするんです!!」

ダイヤ「なるほど、精神安定剤なのね……」

千歌「ねえ本当に課金するの? 3万円」

鞠莉「game masterのmissionは?」

千歌「絶対ですよね!!買ってきます買ってきます!」


・・・


千歌「買ってきたよ電子マネー1万5千円分2枚!」

曜「本当に買ってきたんだ……」

千歌「絶対だからね!」

果南「頼んでたお菓子と飲み物は?」

千歌「あるよ!」

鞠莉「えっちな雑誌は?」

千歌「頼まれてないよね? 頼まれても買えないよね私未成年なんだから」

鞠莉「あら失礼♪ マリーなら売ってもらえる自信があったから」

千歌「むかつく」
292: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/03(日) 23:41:44.93 ID:rjseRfQW
千歌「とりあえず……課金しました」

ブシモ!

千歌「これで曜ちゃんを狙うって……新しいウェディングドレスのやつだよね」

曜「ヨーソロー!」

果南「相手は誰なのかな」

千歌「結婚したのか……? 俺以外のやつと!」

梨子「懐かしいCM……」

ダイヤ「うふふ、もしかしたら私かもしれないわね? 曜ちゃん、楽しみにしておいて」

曜「ダイヤちゃんかぁ……照れるな~」

千歌「ぐぬぬ……いいもん出なくてもこれ以上課金しなくていいし!」

千歌「出るまでじゃないもんね! 3万円課金して狙うだけだもんね!」

梨子「こういう時って一番最初に出るか、結局出ないかだよね」

千歌「ちょっとフラグ建てないでよ梨子ちゃん!」

梨子「ご、ごめん……」

鞠莉「death game……」
294: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/03(日) 23:48:52.04 ID:rjseRfQW
千歌「んじゃあ……とりあえず10連いきます」

キラキラ-

千歌「あっ」

果南「赤封筒」

梨子「1個目からもう……?」

鞠莉「……もしかして」

キラン

https://i.imgur.com/mM2YOzN.jpg
1527421638-レス294-画像


千歌「ほら出ちゃったもううううう」
296: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/03(日) 23:55:09.19 ID:rjseRfQW
・・・

千歌「結局特訓できないし……」

鞠莉「1枚目から出た時はlucky girlだと思ったけど……」

ダイヤ「やはり課金などすべきでは無いわね。無課金でこそ価値がある」

果南「そこまで言い切らなくても……でも、うん」

果南「どんまい千歌」

梨子「悪は滅びた……!」

曜「梨子ちゃんが嬉しそうな顔を……」

千歌「ぐぬぬ……リアルダメージで心を折りにくるとは」

千歌「次の梨子ちゃんのターンが楽しみだね」

梨子「うぐっ……」
297: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/03(日) 23:59:28.76 ID:rjseRfQW
梨子「も、もう大丈夫だもん……ボトルを振ってパワーアップしたんだから」

ダイヤ「頑張るのよ梨子ちゃん」

梨子「はい!」

梨子「お願いします……私に力をください、神様……!」

梨子「えーいっ!」ポイッ

コロコロ……

内容
>>300
300: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/06/04(月) 00:04:00.09 ID:erH6R833
ピーマン3個食べる
317: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 21:18:50.53 ID:hVx7j2dw
梨子「……………………」

千歌「梨子ちゃん?」

梨子「ぁ、っ……ぁ、ぁう……いや、嫌ッ……」

千歌「?」

曜「ピーマン3個食べるんだって」

梨子「いやぁあぁぁあああああ!!!!」

千歌「あー」

梨子「だめ、だめ……本当に無理、いや!」

鞠莉「でもでも、さっきマリーのヘルシャイ煮は食べられたじゃない?」

梨子「あれは他の要素のおかげで逆にピーマンが緩和されたんです!」

鞠莉 ノξソ´・ω・`ハ6

果南「でもピーマンって食べれないかな? 3個くらいならちょっと味付けすれば……」

梨子「じゃあ梅干しとワカメの混ぜご飯食べてください」

果南「絶対無理ですごめん私が悪かった謝ります」

梨子「でしょう?」

ダイヤ「また千歌ちゃんは梨子ちゃんをいじめるのね……こうやって心を破壊していく、ということなのね」

曜「そうなんだよダイヤちゃん……これが千歌ちゃんの手口なんだよ」

ダイヤ「これがあなたのやり方ということね……くっ、なんて卑劣な」

千歌「ん?」
319: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 21:31:54.63 ID:hVx7j2dw
梨子「ピーマンやだよ……ピーマンやだよお……」

千歌「泣かないで梨子ちゃん。梨子ちゃんに涙は似合わないよ」

梨子「千歌、ちゃ……っ」

ダイヤ「……千歌ちゃん、誰のせいだと思っているの?」

千歌「梨子ちゃんがピーマンを食べなくちゃいけないのは、その罰ゲームに当たったのが原因で……それはサイコロを振って出た目のせいだから、つまりすごろくアドベンチャーのせい……はっ!」

千歌「全部私のせいだ! あははははは! 曜ちゃん、全部私のせいだよ!あはははっ!」

果南「そーれっ」ボコッ

千歌「痛っ!?」

曜「か、果南ちゃんが千歌ちゃんを殴った……!」

千歌「……」ムッスー

果南「とりあえず悪いんだけど梨子、我慢して食べよっか」

梨子「はい……がんばります」
320: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 21:48:56.64 ID:hVx7j2dw
・・・

曜「とりあえず……ピーマンを極力刻んで焼きそばにしたけど……」

梨子「ありがとう曜ちゃん……」

曜「ピーマンが分かりにくくなることを期待してソース増し増しけど……大丈夫かなあ」

梨子「味が濃くても頑張る……」

鞠莉「一応苦味の少ないピーマンを取り寄せてあるから食べてみてっ!」

梨子「鞠莉さんも……ありがとうございます」

ダイヤ「よかったわね梨子ちゃん、みんなあなたの味方よ」

梨子「ダイヤさん……っ」

梨子「私、みんながいてくれなかったら……もう立ち上がれなかったかもしれません」

ダイヤ「あなたが諦めなかったから、みんなも一緒に頑張れたのよ」

曜「そうそう! 梨子ちゃんの、何度だって立ち上がってやる~って気持ちに私たちも励まされたんだからさ!」

果南「さあどうする?千歌……梨子はまだまだやれるみたいだよ」

千歌「ふ、ふふふ……私だってまだまだだもんね! ゲームマスターに敗北は存在しないのだあ~!」

鞠莉「強がりってやつね?」

千歌「それはどうかな? ふふ、さあ食べてみせてよピーマン焼きそばを」

梨子「……うん、わかってるから私のタイミングで食べさせてくれる?」
322: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 21:50:14.15 ID:hVx7j2dw
梨子「ふう、ふう……ふう……」

曜「む、無理しないでゆっくり食べて! 苦味はないはずだけど3個分だし、もし気持ち悪くなったら残していいから!」

梨子「うん……ありがとう曜ちゃん。いただくね」

梨子「あー…………んむ」

果南「……ど、どう?」

梨子「うえぇえ……」

みんな『あー……』

千歌「wwww」

梨子「ぅゅ……はぐ、もぐ……っげほ、ぅえ……っ」

梨子「んふ、っむ……ふぐ、ぅ……はぁ、っぐ、むぐ……」

梨子「っ……んぐ、っあ……む、もぐ……んぶっ……」

梨子「負け、られない……もぐ、っむ……ぐふ、っ……」

梨子「はぐっ……んふ、ぁふ……ここで、諦めちゃいけないんだ……っ」

果南「梨子……」

曜「あんなに泣きながら、食べて……っ」

ダイヤ「梨子ちゃん……あなたの勇姿、私たちが見届けるわ」

鞠莉「梨子のあの顔……まるでオーガのようだわ」

千歌「ふぁ~…ぁ……あふ」
327: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 22:24:50.03 ID:hVx7j2dw
・・・

梨子「」

果南「全部食べ終わって気絶……頑張ったね、梨子」

ダイヤ「あなたの勇気は私たちが受け継ぐわ……後は任せておいて」

曜「曜ちゃんのシャイニングヨーソローが火を噴くよ!」

千歌「え? あ、うん、頑張ってね」

鞠莉「全然ダメージ足りてないじゃないこのちかっち!」

果南「手強いなあ……」

ダイヤ「構うことはないわ、私たちで千歌ちゃんを懲らしめてあげるのよ」

鞠莉「ところでこれすごろくよね?」

果南「当たり前じゃん何言ってんのさ」

鞠莉ノξソ´・ω・`ハ6

曜「千歌ちゃんにダメージを与えられる罰ゲームを引き当てるしかないかなあ……」

ダイヤ「例えば?」

曜「ゲームマスターに食べ物を献上……ってことで、食用の虫を渡したり」

千歌「よくそんなひどいこと思いつくねえ」

ダイヤ「でも、有効……よね」

千歌「うん、多分逃げる」

果南「普通にすごろくがやりたかった……」

曜「と、とりあえず模索していくってことで私のサイコロだよね」

鞠莉「曜のターン!」

曜「シャイニング!」

みんな『ヨーソロー!』

曜「そーれっ!」ポイッ

コロコロ……


>>329
329: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2018/06/04(月) 22:27:37.66 ID:jxoOKajv
桜内さんのうちでご飯を食べてくる
330: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 22:48:19.61 ID:hVx7j2dw
曜「……梨子ちゃんちでご飯食べてくる」

みんな『なんで!?』

ダイヤ「どうしてそんな罰ゲーム……いえ、ご褒美なのかしらこれは……?」

果南「謎だ……」

千歌「流石の私も予想外だよ……」

鞠莉「と、とりあえずレッツゴー?」

曜「梨子ちゃんのママかあ……」

果南「そういえば曜って……梨子のままを口説いてそれから、なんやかんや仲良くしてるんだっけ」

※一番最初のすごろく参照

曜「今思えばあれもかなり大変な罰ゲームだった……」

ダイヤ「梨子ちゃんのお母様と……まさか曜ちゃん、そのままお付き合いなんてことに」

曜「な、何言ってるのさ! そんな、まさか……まさか……」

鞠莉「曜……?」

千歌「え、ほんと? 曜ちゃん、梨子ちゃんのママと付き合ってるの!?」

曜「だからないって言ってるじゃんもー! とりあえず行ってくる!」
331: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 22:54:04.45 ID:hVx7j2dw
~りこちゃんち~

曜「おじゃましまーす……」

梨子ママ「あら……曜ちゃんじゃない! 会いに来てくれたの?」

曜「あ、あはは……そ、そんな感じで~す……」

梨子ママ「うふふ、嬉しいわ♪ いま梨子は千歌ちゃんのおうちで……今はおばさん1人だけなの」

梨子ママ「2人きりなのよ、曜ちゃん」ギュウッ

曜「そ……そうなんですか」

梨子ママ「ええ、だから梨子に見られる心配はないってこと……♡」チュ

曜(ほっぺにキスされたああああああ)

梨子ママ「曜ちゃん……うふふ、可愛くて優しくてかっこよくて……とっても素敵よ」

梨子ママ「あなたに口説かれたあの日のこと……もう忘れられないんだから」サワサワ

曜「ひゃっ、っん……」

梨子ママ「……なんて、おばさんのくせに何言ってるのかしらね」

梨子ママ「そうだわ、せっかくだからおばさんのお昼ゴハンに付き合ってもらえない? 1人は寂しくって」

曜「り……梨子ちゃんママは綺麗だよ!」

梨子ママ「!」

曜「梨子ちゃんもママもすごく綺麗で、初めて会った時にお姉さんなのかなって思ったくらいなんです!」

曜「だから、その……私は、梨子ちゃんママと2人きりで、嬉しい……よ?」

梨子ママ「曜ちゃん……♡」

※このあとめちゃくちゃ(自主規制)
332: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 23:04:47.75 ID:hVx7j2dw
・・・

ダイヤ「曜ちゃんが梨子ちゃんのおうちに行っている間に進めておきましょうか……」

果南「このままリタイアってことにならなきゃいいけど……」

鞠莉「ありそうねえ……」

千歌「私と戦うプレイヤーが減っちゃったねー?」

千歌「みんなが戦えなくなったら、もう私の勝ちだよねえ」

千歌「うふふ、私が倒れるのが早いかみんなが勝手に潰れちゃうか……楽しみだよ!!」

果南「次は私……」

果南「次の罰ゲームで千歌を1発ぶん殴る!」

千歌「さっき殴ったじゃん」

果南「次は本気でやる」

千歌「」

ダイヤ「果南の本気は瓦10枚を破ることができる……」

鞠莉「oh……本当のオーガはこっちだったのね」

果南「……行くよ、千歌」

千歌「キバってこーい!」

果南「せいやっ!」ブン

バシッ

千歌「いたっ!? わざとぶつけたな!」

果南「おっと間違えた間違えた」

鞠莉「2人の仲が険悪に……」


コロコロ……
>>334
334: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/06/04(月) 23:08:39.18 ID:1t0PCglX
名前に数字がある人にタイキック
336: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 23:18:45.45 ID:hVx7j2dw
果南「名前に数字が入っている人にタイキック」

果南「ほらお尻だしな千歌」

千歌「…………」

ダイヤ「ピンポイントね……」

鞠莉「今までもそうだったし……まあ、そういうこともあるわよ」

果南「ほっ!」ボッ!! ボッ!!

千歌「音やばいよあれ……」

ダイヤ「諦めなさい千歌ちゃん、おいたがすぎたわ」

千歌「……うう」

果南「千歌、準備はいい?」

千歌「果南ちゃん……お願い、助けて……?」

果南「っ……そ、そんな目で見てもダメだよ! 千歌はやりすぎだよ」

千歌「果南ちゃん……お願い、もうしないから……」

千歌「助けてくれたら、いっぱい千歌に好きなことしていいよ? ハグしていいし、お風呂一緒に入ってあげる、寝るときも一緒だよ!」

果南「……っ!」

ダイヤ「果南?」

鞠莉「ま、惑わされてはダメよ果南! ちかっちの思惑だわ!」

ダイヤ「落ち着きなさい、今までのちかっちの悪行を思い出すのよ」

果南「うぐぐ、でも……お風呂が、ハグが……」

千歌「お願い、果南ちゃん……大好きだよ……っ」

果南「!!!」


果南は千歌の誘惑に……
勝つor勝てない
>>337-340までで多い方
引き分けの場合、勝てなかったヨ
337: 名無しで叶える物語(わんこそば) 2018/06/04(月) 23:19:24.97 ID:jxoOKajv
勝てない!!
338: 名無しで叶える物語(中部地方) 2018/06/04(月) 23:20:01.33 ID:pvIBE5yk
千歌ちゃんにはかてなかったよ…
339: 名無しで叶える物語(禿) 2018/06/04(月) 23:20:02.11 ID:j87KukeP
勝つ
340: 名無しで叶える物語(庭) 2018/06/04(月) 23:20:05.50 ID:0zRpGlxB
心を鬼に勝つ
344: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 23:32:46.40 ID:hVx7j2dw
果南「……」

ダイヤ「果南……!」

果南「ごめんやっぱ千歌には勝てないや……」ポス

千歌「やっさしーい! 果南ちゃん愛してる~」

果南「ほんとごめんみんな……」

ダイヤ「はぁぁぁあ……」

鞠莉「こうなると思ってたわ……」

ダイヤ「本当、昔からいざという時に限って役に立たないわね果南は」

果南「面目無い……」

千歌「うふふ、これで果南ちゃんは千歌が懐柔したからもう2人しか残ってないねえ?」

鞠莉「ダイヤ……」

ダイヤ「まだ慌てる時間じゃないわマリー。この黒澤ダイヤが残っている、それがせめてもの救いよ」

鞠莉「ねえ、マリーは役に立たないの? 期待されていないの?」

ダイヤ「さあマリー、あなたのターン……その命と引き換えに千歌ちゃんに一泡吹かせてあげなさい」

鞠莉「やっぱり期待してないのね? マリーのこと実はあんまり好きじゃないでしょ?」

ダイヤ「愛してるから早くサイコロを振るのよ」

鞠莉「そんな適当に言われるのはNo!!」

ダイヤ「……馬鹿ね、面と向かって言うのが恥ずかしいからよ」

鞠莉「ダイヤ……///」トゥンク

ダイヤ「いいから早くサイコロを振りなさい」

鞠莉「オーケー! ちかっち、目にものを見せてあげちゃうわよ!」

千歌「かかってこんかーい!」

鞠莉「マリーシュート!」ポイッ

コロコロ……


>>346
346: 名無しで叶える物語(茸) 2018/06/04(月) 23:38:34.54 ID:h7eYFVTj
次ターンまでフランス語混じりで喋るようになる
347: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/04(月) 23:50:41.50 ID:hVx7j2dw
鞠莉「つ、次のターンまでフランス語混じりで喋る……?」

ダイヤ「フランス語、わかるの?」

鞠莉「全然」

ダイヤ「……」

千歌「あらあら……うふふ、うふふふ」

鞠莉「え、えっとこう言う時は…………Merde!」

ダイヤ「どういう意味?」

鞠莉「fuck youと同じよ」

ダイヤ「あらお下品だこと」

千歌「お下品だこと」

鞠莉「くっ……Zut!」

ダイヤ「今のは?」

鞠莉「自分の行いに対して、畜生!とか、くそ!とか」

ダイヤ「ふぁっきゅーと同じじゃない」

鞠莉「ニュアンスが少し軽くなるくらいね」

ダイヤ「ふうん」

千歌「どっちでもいいよそんなのー……」

ダイヤ「マリーに対して無理を強いる罰ゲームだったわね」

ダイヤ「やはりこの黒澤ダイヤがやらなければならないようだわ」

ダイヤ「覚悟なさい千歌ちゃん、ダイヤちゃん大好きと言わせてあげるわ」

千歌「それでいいならいくらでも言うけど……」

ダイヤ「さあ行くわよ千歌ちゃん!」ポイッ

コロコロ……


>>349
349: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/06/04(月) 23:52:21.13 ID:ei1WtErZ
なぐる
353: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/05(火) 00:23:35.01 ID:7jHiUZEo
ダイヤ「ふむ、これはまた……」


【なぐる】


ダイヤ「単純明快ねぇ?」ニヤリ

千歌「な、なにおう! こっちには果南ちゃんが……」

果南「みんなごめん……ごめんね……」

千歌「本当に役立たずだーーー!?」

ダイヤ「諦めて歯を食いしばりなさい、舌を噛むととっても痛いわよ?」ギリギリギリギリ


※握り拳を作る音


千歌「で、でもダイヤちゃん人を殴るなんて良くないじゃん! ほら、実際に心を折ってるのは私じゃなくてゲームなんだし!」

ダイヤ「けれど、全部あなたのせいなんでしょう? ほら……さっき千歌ちゃんが自分でそう言ったじゃない」

千歌「でも、でも……私はゲームを作っただけ……そのマスに当たって罰ゲームを受けたのはその人だ! 梨子ちゃんも曜ちゃんも果南ちゃんも鞠莉ちゃんもダイヤちゃんも全部自分からやったことだよ!」

ダイヤ「諦めの悪い……どんどん小物くさくなってきているわよ、あなた」

千歌「くっ……この、私こそがこのゲームにおいて神なんだ! 私が作り上げたこの盤上こそがこの世界の真理! そのゲームマスターの指令は絶対なんだッ!」

ダイヤ「あなたの真理など……机上の空論! 私の真理は────」

千歌「私は、私はァーーーーっ!!」

ダイヤ「やかましい!!!」バッ


バキッ!!


ダイヤ「…………私たちの真理は、この拳の中にある」
355: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/05(火) 00:28:52.86 ID:7jHiUZEo
千歌「ぁ、がっ……あ……」

千歌「はあ、っあ……」フラッ

ダイヤ「……千歌ちゃん、もう終わりにしましょう」

千歌「私、は……まだ……ッ」

千歌「私はまだ負けてない……負けてない……!!」

千歌「このサイコロで、最後の一投でダイヤちゃんも倒して勝利する……!!!」

ダイヤ「千歌ちゃん……」

千歌「ぅぁああーーーーーー!!!」ポイッ


コロコロ……




【あきらめる】

千歌「…………は、え?」

ダイヤ「……」
356: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/05(火) 00:37:27.58 ID:7jHiUZEo
千歌「なん、……なんで? どうして……」

ダイヤ「……千歌ちゃん」

千歌「どうして……まだ、まだ私は負けてない! 負けてなんかないのに!!」

千歌「早くダイヤちゃんサイコロを振って私にターンを回してよ! じゃないと、じゃないと勝てないじゃん!」

ダイヤ「ダメよ千歌ちゃん」

千歌「なんで!? どうして! 私はゲームマスターなんだよ、負けちゃダメなんだよ!」

ダイヤ「このゲームは出た罰ゲームを必ずやるすごろく……なら、あなたは勝利を諦めなければならない。全てを諦めない限り、次のターンは回ってこないの」

千歌「いやだ、嫌だ嫌だ嫌だ……負けたくない、負けたくないぃ!!」

梨子「……千歌ちゃん」

千歌「かな、ん……ちゃ……」

梨子「……敗者には敗者らしいエンディングがあるんだよ」

千歌「ぇ…………」

梨子「じゃないと、ゲームは終われない……でしょ?ニコッ

千歌「……………………」

ダイヤ「……なんて悲しそうな笑顔なのかしら。あれだけ辛い目にあったのに……千歌ちゃんのために、そんなに辛い顔ができるなんて」

梨子「……千歌ちゃん、ゲームはおしまいだよ」

千歌「私は…………」

千歌「…………私は、不滅だぁぁぁあぁぁあああ!!!」

ダイヤ「せいっ!!」バシッ

千歌「あああぁぁぐふぅっ」バタリ

千歌「」

ダイヤ「……おしまいね、梨子ちゃん」

梨子「……はい」
357: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/05(火) 00:45:10.60 ID:7jHiUZEo
~1時間後~


鞠莉「ずっと見てただけだったけど……ダイヤがかっこよかったわ」

曜「私は梨子ちゃんママに色々……こう、うん……///」

梨子「!?」

果南「だらしない幼馴染で、ほんとにごめん……」

曜「げ、元気出してよ果南ちゃん……」

ダイヤ「そうよ、全て終わったんだからいいじゃない。もうあのゲームは終わったのよ」

梨子「……はい、もうあんな辛い目に合わなくていいと思うと安心ですね

鞠莉「……きっとちかっちはまた新しいgameを作るでしょうけど」

ダイヤ「なら……その時には、ちゃんと人が楽しめるゲームを作ってもらいましょう」

ダイヤ「罰ゲームも辛いものではなくて、王様ゲーム程度の面白おかしなものにしてもらって……ね」

鞠莉「wow! それは名案だわ!」

果南「それなら……私もだらしないところを見せなくて済むね」

曜「梨子ちゃんが泣くこともないし」

梨子「……あはは」

果南「……さ、千歌を起こして夕飯にしようか」

ダイヤ「ええ、たまにはみんなで外食にしましょう」

果南「おお、じゃあさわやか」

ダイヤ「却下」

果南「だよねえ」

ダイヤ「ふふ────ほら、千歌ちゃんおきなさい」



おわり
359: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/05(火) 00:52:33.93 ID:7jHiUZEo
・・・・・・・・・・・・

千歌「ふ……ふふ、ふふふふふふ」

千歌「ふははははは!」

千歌「私は……また作り上げてしまった」

千歌「これこそ神のゲーム……最強のすごろく……」

千歌「ご褒美なんてひとつもない……地獄よりも恐ろしい罰ゲームを揃えた究極のゲーム……」

千歌「『すごろくディザスター』!!」

千歌「ククク……次はこれをみんなでやろう」

千歌「今度こそ私が勝者になるんだ……私は、不滅だもん」

千歌「さーて! お風呂はいろっと!」テテテテ


・・・


美渡「ちーかー! ちょっとハサミ貸して……っていないし」

美渡「ん? なんだこれ」カチャ

美渡「『すごろくディザスター』? なんだゲームソフトか」

美渡「さっきまでぶつくさ何してんのかと思ったけどこれ作ってたのか……あいつゲーム作りの才能あるんじゃ?」

美渡「ま、いっか。せっかくだし借りてこ、会社の連中誘ってテストプレイってやつをやっといてあげるか」

美渡「ふんふふーん♪」


本当に終わり
361: 名無しで叶える物語(たこやき) 2018/06/05(火) 00:55:04.86 ID:7jHiUZEo
すごろくシリーズおしまい
ありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「安価で出た目を必ずやるすごろくR2」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)