海未「凛、星を見に行きましょう」凛「え?」

シェアする

海未-アイキャッチ45
1: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:17:04.11 ID:/9dLVN5G
prrrr…

凛「もしもし?」ガチャッ

海未『こんばんは、凛。海未です』

元スレ: 海未「凛、星を見に行きましょう」凛「え?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:21:26.23 ID:/9dLVN5G
凛「あ、海未ちゃん!久しぶりだね!」

海未『ええ、卒業式の日以来ですから、4カ月ぶりですね』

凛「そっか、海未ちゃんたちが卒業して、もうそんなに経つんだね」

海未『ええ、早いものです…』

凛「大学はどう?楽しい?」

海未『ええ、楽しいですよ。ことりは優しいですし、穂乃果は相変わらずそそっかしいですが…でも、楽しくやってます』

凛「そっかそっか、それはよかったにゃ!」

海未『そちらはどうですか?しっかり練習していますか?』

凛「うん、バッチリ!今年もラブライブ優勝目指して頑張ってるよ!」

海未『それはよかったです…ところで、凛』

凛「ん?なあに?」

海未『その…今週の土曜日は、なにか予定はありますか?』
3: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:22:07.55 ID:/9dLVN5G
凛「今週の土曜日?特に予定は無いけど…」

海未『そうですか。ではよかったら、私と一緒に星を見に行きませんか?』

凛「それって…海未ちゃんと2人で?」

海未『嫌…ですか?』

凛「あ、いや、そうじゃなくて!というかむしろ嬉しいっていうか…えへへ、なんか海未ちゃんから誘ってくるのが珍しくて」

海未『そうでしょうか?』

凛「そうだよー、だって海未ちゃん、あんまり凛とは遊んでくれなかったし」
5: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:23:19.36 ID:/9dLVN5G
海未『そ、そんなつもりはなかったのですが…そうですか、凛はそんな風に感じていたのですね…すみません』

凛「…なーんてね、冗談だよ」

海未『…ふふ、これは一本取られましたね』

凛「じゃあ土曜日、楽しみにしてるから」

海未『はい、当日は私が迎えに行きますから』

凛「分かった。じゃあ、またね」

海未『では、おやすみなさい』

凛「おやすみー」ガチャッ

凛「海未ちゃんと2人でお出かけ…ふふっ、楽しみだなぁ…」
6: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:24:01.46 ID:/9dLVN5G
〈土曜日〉

海未「お待たせしました、凛」

凛「海未ちゃん!…って、海未ちゃん、車乗れるの?」

海未「ええ、この前免許を取りました」

凛「まさか車で迎えにくるとは思わなかったよ…」

海未「ふふっ、ではサプライズということで。さあ、助手席に乗ってください」

凛「うん」

~~~

海未「では行きますよ」

凛「レッツゴー!」

~~~
7: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:24:53.93 ID:/9dLVN5G
凛「いやー、今日は晴れててよかったね!」

海未「はい、てるてる坊主を作った甲斐がありました」

凛「ねえ海未ちゃん、星を見に行くって、どこに行くの?」

海未「2年前の夏、真姫の別荘で合宿をしたのは覚えていますか?」

凛「うん、覚えてるけど…」

海未「そのうちの2回目に行ったところに、今日は行きたいと思います」

凛「えっ、真姫ちゃんの別荘に行くの?」

海未「はい。大丈夫です、ちゃんと許可は取ってますから」

凛「そ、そうなんだ…」
9: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:25:33.26 ID:/9dLVN5G
海未「ところで凛、最近調子はどうですか?」

凛「調子はどうって…まあ普通かな」

海未「そうですか。でももう三年生ですし、後輩の面倒も見たりと大変でしょう」

凛「まあねー。海未ちゃんや絵里ちゃんの気持ちがやっと分かったよー…」

海未「ふふっ、やっと分かってくれましたか。しかしそのぶん、やりがいも感じられますよね」

凛「たしかに!みんなで完璧に合わせたりできたら、達成感みたいなのがあるよね!」
12: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:26:25.00 ID:/9dLVN5G
海未「しかし改めて…凛ももう三年生になったのですね」

凛「むー。そうは言っても、凛と海未ちゃんは一歳しか変わらないじゃん!」

海未「たしかにそうですね。私も大学に入って、少し大人になった気になっているのかもしれません」

凛「そうだよ、海未ちゃんだってまだ未成年なんだからね」

海未「以後気をつけます」
13: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:27:07.10 ID:/9dLVN5G
凛「それでよろしい!…ところで、今日はなんで凛を誘ったの?星を見に行くなら、穂乃果ちゃんやことりちゃんと行けばいいのに…」

海未「さあ、どうしてでしょうね…凛と一緒に星が見たかった、それだけではいけませんか?」

凛「な、なんかその言い方、照れるにゃ…」

海未「でも、本当のことです」

凛「うーん…まあいっか。そういうことにしておくよ」

海未「ええ、そういうことにしておいてください…と、そろそろ着きますよ」

凛「なんだか、いつのまにか静かなところに来たんだね」

海未「窓を開けてもいいですよ」
14: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:27:48.13 ID:/9dLVN5G
凛「うん!…わあ、涼しいよ、海未ちゃん!」

海未「こちらも開けてみましょう…確かに、心地よい風ですね」

凛「もう夏なのに…不思議だね!」

海未「ええ、そうですね…さて、着きましたよ」

凛「ここ…なんだか懐かしいね」

海未「あの時以来、来てませんからね」

凛「今日は別荘の中には入れるの?」

海未「真姫は使ってもいいと言ってくれましたが、今日はテントを立ててみるのはどうでしょう?」

凛「いいね!あのときと同じ」

海未「では早速、テントを立てましょう」

凛「よーし、立てるぞー!」
15: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:28:51.13 ID:/9dLVN5G
~~~

凛「ふぅ…よし、完成!」

海未「これで準備もバッチリですね」

凛「じゃあ、天体観測を始めよう!」

海未「天体観測なんてきちんとしたものではないですが、そうですね、始めましょうか。凛、この芝生の上に寝転がりましょう」ゴロン

凛「これまた合宿を思い出すにゃ~」ゴロン

海未「そうですね…あの頃は本当に楽しかったです」

凛「…うん、凛もだよ」
16: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:29:25.61 ID:/9dLVN5G
海未「いろいろ辛いこともありましたが…」

凛「でも、それをみんなで乗り越えて」

海未「そして、一瞬の輝きを手にした」

凛「…ねえ海未ちゃん」

海未「はい」

凛「星、すっごく綺麗だね」

海未「そうですね。周りに光がありませんから」

凛「前に見た星も、こんなに綺麗だったっけ」

海未「ええ、あの時もとても綺麗でしたよ」

凛「…よかった」

海未「…?」
17: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:29:57.81 ID:/9dLVN5G
凛「凛ね、ときどき思うんだ」

海未「何をですか?」

凛「人って…周りのことって、いつかは変わっちゃうんだなって」

海未「…まあ、そうですね」

凛「でもね、ずっと変わらないものもあるの」

海未「変わらないもの、ですか?」

凛「うん。例えば、そう…μ'sの9人の思い出とか」

海未「思い出…」
18: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:31:19.03 ID:/9dLVN5G
凛「もちろん、今のアイドル研究部のみんなのことも大好きだよ?でも、μ'sの思い出はやっぱり特別で…色あせることはないの」

海未「…凛は本当に、μ'sのことを大切に思っていたのですね」

凛「うん、だってμ'sは…凛の宝物だから」

海未「……」

凛「……」

海未「…本当に、星が綺麗です」

凛「…うん」
19: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:32:02.72 ID:/9dLVN5G
海未「凛」

凛「なあに、海未ちゃん」

海未「最近、無理をしていませんか?気負いすぎてはいないですか?」

凛「どうしたの、急に…」

海未「私は心配なのです…あなたは一人で背負いこんでしまいがちですから」

凛「べつにそんなことないよ…そんなこと…」ポロポロ

海未「凛…」

凛「あ、あれ?おかしいな、なんで涙が…」ポロポロ

海未「凛、大丈夫です」ギュッ

凛「海未…ちゃん?」
20: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:33:02.18 ID:/9dLVN5G
海未「あなたにはたくさんの友達がいます。仲間がいます」ナデナデ

凛「…うん」

海未「いつだって、私たちを頼ってくれていいのです。私たちは凛のためなら…μ'sのみんなのためなら、どこにでも駆けつけるのですから」

凛「うん…うん…!」

海未「可愛い凛…μ'sはいつも一緒ですよ」

凛「ありがとう、海未ちゃん…」
21: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:33:33.56 ID:/9dLVN5G
海未「あっ…ほら凛、流れ星ですよ」

凛「ホントだ…」

海未「さて、では星をまた眺め――」

凛「待って」

海未「はい?」

凛「もうちょっと…もうちょっとだけ、このままがいいな…」

海未「…あらあら、凛は甘えん坊さんなのですね」クスッ

凛「…ダメ?」

海未「いえ、いいですよ。ではもう少しこのままで」ギュッ

凛「えへへ…」ギュッ
22: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:34:06.04 ID:/9dLVN5G
~帰り道~

凛「星、とっても綺麗だったね!」

海未「はい、しっかり堪能しました。凛の可愛い一面も見られましたし」

凛「そ、それはもう言わないでよ~///」

海未「すみません」クスッ

凛「も~…」

海未「それにしても、今日は私に付き合ってくれてありがとうございます」

凛「全然いいよ!凛もすっごく楽しかったし!」
23: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:34:50.09 ID:/9dLVN5G
海未「そう言ってもらえると嬉しいです…さて、凛の家に着きましたよ」

凛「帰り道って、なんだかあっという間に感じるよね」

海未「そうですね」

凛「…海未ちゃん」

海未「なんでしょう?」

凛「また、会おうね…約束だよ?」

海未「凛…はい、約束です。また、必ず」

凛「じゃあ、バイバイ!」フリフリ

海未「さようなら、また会いましょう!」
24: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:35:21.46 ID:/9dLVN5G
凛「バイバーイ!」フリフリ

凛「……」フリフリ

凛「…行っちゃった」

~~~

凛「あー、楽しかったなー」

凛「そうだ、かよちんに報告しよっと!」

凛「…また、今度はみんなで行けるといいな」

凛「…ふふっ、楽しみだにゃ♪」

END
25: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/06/05(火) 17:35:55.83 ID:/9dLVN5G
終わりです
見てくれた人、ありがとう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『海未「凛、星を見に行きましょう」凛「え?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)