善子「私とえっちしたい? 小林はリトルデーモンなんだからできるわけないでしょ」

シェアする

善子-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:30:46.72 ID:k7CcBiSJ
小林「で、でも! つ、付き合ってるんだからさぁ……いいでしょ、そのくらい……みんなしてるよ……」


善子「小林、もう一回言うけどあなたは私のリトルデーモンなのよ?」


小林「それはわかったからっ! ……私のこと、すきじゃないの?」


善子「……カラダ目的なの?」

小林「ち、ちがっ///」

善子「いつも手と口で堕天させてあげてるじゃない、それで満足でしょ?」スッ…


善子「ほら、シてあげるから」


小林「ぅ」

小林(ヨハちゃんいい匂い……)


善子「ほら、もうおっきくなってるじゃない」サワサワ…

元スレ: 善子「私とえっちしたい? 小林はリトルデーモンなんだからできるわけないでしょ」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:34:31.59 ID:k7CcBiSJ
小林「ぅぁ……」ビクッ…♡

善子「こんなのでおっきくするなんてほんっと、サイズと同じくらい情けないわね小林のリトルデーモンは♡」ヌチッヌチッ……

小林「やっぅ……」

善子「きもちいい?」

小林「ぅ、ぅん」ハァハァ……♡

シコシコッ…♡

小林「や、ぅ、い、いっちゃうからっ」

善子「ほら、がまんしないと下着にぶちまけることになっちゃうわよ♡」グニグニッ

小林「い、いやっ……ほんと、ヨハネっ……だめだか、らぁ……///」

善子「手とか口も少し飽きてきたかしら? じゃあ今日は――ふふ、ヨハネの足でシてあげるわ♡」

小林「あ、あし!?」
5: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:36:17.26 ID:k7CcBiSJ
善子「ふふ……」

小林(ぅ、ぁ、まっしろで、ほそくてきれいなあし……)

グニッグニッィ

小林「ぁっ♡やっやだ♡」

善子「小林は私のリトルデーモンなんだからこれくらい我慢できるわよね? ほら、がんばれ♡」ニチッニチッ♡

小林「ぁっあっ♡んんぅぅっ♡♡」ビュッビュッビュッツッ♡♡♡

善子「あーあ……」

小林「はぁっはぁっ♡」

小林(きもちぃぃ…………)ハァハァ…ビクッ…♡

小林「……」

小林(って、そうじゃなくって……!!)
7: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:36:56.82 ID:k7CcBiSJ
善子「――はっや」


小林「ぅっ」グシャ…

善子「相変わらず早いんだから……。そんなたくさん下着にぶちまけたんだからもう満足したでしょ? 私は寝るから早くそれ、処理してきてね」スタスタ…

小林「…………ぁ」

小林(今日もできなかった…………もう付き合って半年以上たつのに……)


小林(ヨハネ、私のこと好きじゃないのかな……)
8: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:39:02.29 ID:k7CcBiSJ
◇――――◇

居酒屋

小林「あーーもーー! なんでわたしばっかりぃぃ」

しゅか「まあまあ」

小林「ねぇしゅかー……やっぱりやばいかな」

しゅか「なにが?」

小林「……まだヨハネとシてないこと」

しゅか「んー……半年でしょ?」

しゅか「ヤバイと思う!!!」

小林「なーんでそういうこというのおー!、 わだじだっぅてすきでこうなってるわけじなないもん」

しゅか(うわーあいきゃん面倒くさい酔い方モードだあ)
10: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:40:52.21 ID:k7CcBiSJ
しゅか「ビール飲みすぎ!」

小林「しゅかも飲めー!!!」

しゅか「そんないらないって!」

小林「あ゛ーーっおいじぃ……ヨハちゃんとじゃのめないもん~~」

しゅか「ていうか私と飲んでたって善子ちゃんとえっちなんてできないよ?」

小林「ヨハネ」

しゅか「……ヨハネちゃんとえっちなんてできないよ?」

小林「…………アドバイス、ほしい」

しゅか「なんの?」

小林「ヨハネと、ど、どうやってすればいいか……」

しゅか「えっ、なにそれ、どうやってすればいいかなんてそんなの聞くようなことじゃなくない? ふたりきりになってたら自然とそういう空気になるでしょ」
11: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:42:06.50 ID:k7CcBiSJ
小林「……」

しゅか「ならないならやっぱりあいきゃんに原因があるとか? 手とかではシてくれるんだっけ? ……サイズのもんだいとか?」

小林「ち、ちっちゃくないもんっっ!!そーろーじゃないもん////」

しゅか「ほんとにー?」ニヤニヤ

しゅか「――確かめてあげよっか……?」

小林「っ!?///」

小林「ちょっ、しゅ、しゅか……ちか、いっ//」


しゅか「――私と地元愛♡満タン☆サマーライフ、する?」


小林「だ、だめにきまってるじゃんっ///私はヨハネと付き合ってるし、しゅかだって、曜ちゃんと……っ」
12: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:44:36.65 ID:k7CcBiSJ
しゅか「……」ジッ…サワ…♡

小林「ぅ……」ムクムク…

しゅか「――くすっ……あはははっっ、じょーだんだってばあいきゃん! たったこれだけで反応しちゃうなんて童貞かよーー!!!!! あははっっ」

小林「………」

しゅか「あ、ごめん、童貞だったね」

小林「っぅ」

しゅか「でもほんとにたったあれだけで反応しちゃうなんて欲求不満すぎない?」

小林「ぅぅぅ、うるさーい!!!! 仕方ないじゃん!!」

しゅか「――襲っちゃえば?」
14: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:46:15.71 ID:k7CcBiSJ
小林「へ」

小林「いやいやっ!!! ていうか襲うって……」

しゅか「襲われ待ちかもよ? ヨハネちゃんがする挑発が全部あいきゃんに襲ってほしいっていう合図かも……」

小林「………そうかも、それだ!! きっとそうだ!!」

しゅか「いいねいいね」

小林「わたしヨハちゃんのこと襲うっ!!!」

しゅか「あんじゅも千歌ちゃんと初めてした時半ば無理やりになっちゃったって言ってたしなー」

小林「そ、そうなんだ」

小林(結構メジャーなのかな……)

しゅか「あいなは向こうから速攻で誘われちゃったから流れでって感じだったらしいけど」

小林「む、むこうから……」///
16: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:49:47.02 ID:k7CcBiSJ
小林「ねえ、え、えっちってやっぱりきもちいの?」

小林「一人の方が実際きもちいいみたいなこと聞いたことあるけど……」


しゅか「あー……まあ色んな意見あると思うけど、正直――ほんとに、めっっっちゃきもちいい、もうやばいよ」


小林「っ……///」ドキドキ

曜「あ、今想像した」

小林「う、うるさいっ」

小林「よ、曜ちゃんとするんでしょ?」

しゅか「他に誰がいるのさ……」

小林「ど、どうだった?」

しゅか「ん?」

小林「……初めてのとき」

しゅか「えーそうだなぁ……」ニタニタ


曜「――しゅかちゃーん、迎えに来たよー」
18: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:53:14.70 ID:k7CcBiSJ
しゅか「あっ! 曜ちゃん!」

曜「杏樹ちゃんと飲んでるんだと思ってたんだけど、小林とだったんだね」

しゅか「うんそうなの、あいきゃんがヨハネちゃんとえっちしたいのに出来ないってことで相談を――」

小林「はぁぁあああ!? なにそれ、なにそれ!? そんなこと言ってないけどー!?!?」

曜「……あー」

しゅか「ま、あいきゃんは勝手に頑張ってもらうとして……迎え来てくれたし、帰ろっか」グイ

曜「//」

小林「…………」

しゅか「ほら、いこいこっ」ニヤッ…
20: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:53:55.81 ID:k7CcBiSJ
小林「っ」

小林(なにさなにさっ、そうやって見せつけるみたいにっ!!)

曜「小林は帰らないの?」

小林「……ひとりでちょっと飲んでからかえる」

しゅか「じゃあお金置いてくね、潰れたらダメだよ」

小林「わかってる」

しゅか「ばいばーいっ、またのもうねー!」

しゅか「ねえようちゃん、わたし飲んで疲れちゃったー……休憩してからかえろーよー」グイッスタスタ…

曜「えー?」



小林「……」モヤモヤ…
21: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:58:24.19 ID:k7CcBiSJ
小林「……ごくごくっ」

小林「はぁぁ……」

プルルルルルルッッ

小林「あ、もしもしりきゃこ……」

――――

りきゃこ「えwまだヨハネちゃんとシてないのww」

りきゃこ「それは優勝w」

小林「ぅ」

小林「そうやってみんなばかにして……」

りきゃこ「お酒でも飲ませちゃえば?wお得意のビールでw」

小林「相手は未成年だってば!!!!」
22: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 16:59:45.86 ID:k7CcBiSJ
小林「はーもうりきゃこも話にならないっ」

りきゃこ「ていうかさあw」

りきゃこ「そんなにシたいの?w」

小林「だ、だって……付き合ってるんだからさ…………」

りきゃこ「それなら有紗だってそうじゃない? あの子、相手が相手だししばらくそういうのは絶対シないんだってさ」

りきゃこ「有紗はダイヤちゃんのこと好きだからっていって文句の1つも言わないけどねw」

りきゃこ「同じ童貞なのにここまで差があると、ねw」

りきゃこ「有紗の童貞は童貞であること選んでる感じで綺麗だけど、あいきゃんのは……w」

小林「……ぐす、ぐす……ぅぅぅぅ」

りきゃこ「ちょっとw泣かないでよwごめんねw」

りきゃこ「あwごめん梨子ちゃんが呼んでるからwまた話聞かせてねw」

プツッッ

小林「…………ぐす、りかこのばか」ゴクッゴクッ
71: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:10:28.61 ID:AgH2nCea
◇――――◇

小林「はぁ……ひっ、ぐ……あ~~酔った……んぅ……」トボトボ…

小林「しゅか達は今頃ホテルで全速前進ヨーソロー中かな、はぁ……」

スタスタ…

「おいっ、おいっ! こっちは止まってたんだよ! そっちが悪いのになんで謝らないんだよ! おいっ!」


小林「この声は……」

すわわ「おい!」

小林「すわわだ……なんでこんなラブホ街に」


果南「ああっ、すみません……ほんと、ちょっとこの子お酒入ってて……本当にすみません!」

すわわ「果南は黙ってていいよ」

果南「そういうわけにはいかないからっ!!」
72: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:13:17.20 ID:AgH2nCea
果南「はいっ、ほんとすみませんっ!」

すわわ「……」


果南「ふぅ……」

すわわ「…………ごめん、飲みすぎた」

果南「ほんとだよ、お酒弱いんだから気をつけないと。気がおっきくなってさっきみたいに面倒ごとに巻き込まれると危ないから」

すわわ「ん……わかった」

果南「約束だよ」

すわわ「……いいからはやくホテル、いこ」ピト…

果南「はいはい」

果南「ん、あ……小林?」

小林「ひっ」

すわわ「……どしたのこんなところで」

小林「あ、いやほんとたまたま通りかかったらすわわの怒鳴り声聞こえたからつい……」
73: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:14:16.24 ID:AgH2nCea
果南「あー、あはは、まあさっきのはね」

すわわ「もう済んだから問題ないよ」

小林「そ、そっか」

果南「っと……こんなところで話してるのもちょっと気まずいから、私達はもう行くね? 小林も善子ちゃんを待ってたりするんでしょ?」

小林「へ!? あー…………」

小林(そっかここラブホ街…………そう思われてるんだ。ていうか、ということはこのふたりは///)

果南「ほら行こ、ななか」

すわわ「ん……///」ピト…

スタスタ…

小林「…………」プク---ッッ…グス
74: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:19:13.96 ID:AgH2nCea
◇――――◇

小林「……たぁぁだぃまぁぁ」ドンドンッッ

小林「ヨハネぇ、あけてぇ」

小林「あぁけぇてよぉぉぉ、小林が戻ったよぉぉー!!!!」ドンドンッ

ガチャッッ

ヨハネ「もうっ、うるさいわよ小林! 何時だと思ってるのよっ」

小林「あははは~~」

善子「あんたっ、どんだけ飲んできたのよっ! なんでビールの缶持ってるの!? 飲みながら歩いて来たの!? 馬鹿じゃない! しゅかに聞いたら一人で残って飲んでるとか言ってたし、のたれ死んでるかと思ったじゃな――」

小林「んっっ」チュッッ♡
76: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:21:51.59 ID:AgH2nCea
善子「へ!?」

小林「んっぅっ♡」

善子「ちょ、ばっ小林!?」

小林「んっ、はっ、ヨハちゃ……んっぅすき」チュッッンッッ♡

善子「んっっっ、んぅぅ♡」

小林「はぁっ、んっ、お部屋いこ」

善子「や、やめっ……よ、酔ってるんじゃないわよっ」

グイッグイッ

小林「ほら、こうされたかったんでしょ!? ヨハネはわたしに襲われたかったんでしょ」

善子「や、やめっ……」

善子(なんでこんな、力、つよ……)

小林「んっ♡ちゅぷ♡んは♡ちゅー、きも、ち♡」

善子「んんんん゛……♡」
78: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:25:21.38 ID:AgH2nCea
小林「ぷは……」モニュッモニュッ♡

善子「っぅ、はぁ」

小林「むね、けっこ……ある、ね♡ヨハネ、すごぃ♡」

善子「だ、だめっ……ほ、ほんとにやめてっ、今なら許してあげるからっ、無かったことにしてあげる、からぁっ!!」

小林「はぁっ♡はぁっ、そんなにわたしに襲われたかったんだ♡かわいい♡たくさん堕天させてあげるからね♡」スルルルッッ

善子「ぬ、ぬがせないでっ////」

小林「はっ♡はっ……♡」

善子「ゃ、ゃめて……」

小林「ふ、ふふ……♡」ガシッッ


善子「ぐす……ごめん、なさい――やめてよ愛香ぁ……」
79: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:29:02.02 ID:AgH2nCea
小林「ぁ……ご、ごめ……」

善子「ぐすっ、ぐす……」

小林「ごめんね、ごめんねヨハネっっ、わ、わたしそんなつもりじゃ、傷つけるつもりなんてっ……」

善子「う、ん……わかっ、てる。ぐす……わるいの、わたしだもん」

善子「あいかは、わるく、ないよ……ぐす」

小林「な、なんで!? わ、悪いのは襲おうとした私にきまって……」

善子「だって……優しい愛香がこんな、襲おうとしてくるまで我慢させたの、わたしだし……っ、シたいって言ってくれるの嬉しかったのに、わたし、させてあげなかったから」

小林「よ、ヨハネは悪くないよ!」

善子「で、も……」

小林「わたし、好かれてないのかなって不安になっちゃって……他の子達、みんなシたりしてるのに、私達は……」
80: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:29:56.57 ID:AgH2nCea
善子「ごめんなさい……わたし、愛香のこと、好きよ」

小林「//」

善子「でも、なんか……こわくて」

小林「?」

善子「あ、あのね……愛香がシたいって気持ちをぶつけてくれるのほんとうにうれしい、本当に本当に嬉しい」

小林「そ、そなの?」//

善子「う、ん……」

小林「じゃあ、なんで」

善子「わ、わたし……きもちいのとか、よくわかん、なくて……」

小林「?」

善子「ひ、ひとりでシようとしても全然きもちよく、なくて……これじゃあ愛香とシても、絶対がっかりさせるっておもったから」ウルウル…
81: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:31:38.65 ID:AgH2nCea
善子「だからっ、がんばってひとりでよくなれるようにしてたけど、いまのところ、だめで……ぐすっ……愛香がシたいって言ってくれるの嬉しいのに、応えられないの、本当に申し訳、なくて……」

小林「ヨハネ………」

善子「だから少しでも良くなってほしくて、わたし……」

小林「……ごめんね、苦しかったよね」

善子「……わたしより、愛香の、ほうが」

小林「わたしは手とか口でシてもらってたもん、ヨハネのことなんて何も考えずに気持ちよくなりたいって思ってただけ……カラダ目的とか思われても、仕方なかったかもしれない……」

善子「愛香はそんな人じゃないの、しってる」

小林「……ありがと」

小林「ね、ねえ……」

善子「?」

小林「ひとりでダメなら、私と一緒に……ヨハちゃんが良くなれるようにがんばって、みない?」
83: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:34:47.00 ID:AgH2nCea
善子「で、でも……ほんとに、きもちいいの、わかんないのよ? ぜったい、がっかりさせるわよ……」

小林「がっかりなんてしないよ、絶対しない」

小林「あなたと私なら、絶対乗り越えられるから」

善子「……愛香」

小林「ん、ぅ……ちゅぷ……ん、ふっ」

小林(は、ぁ……ヨハちゃんとのきす、きもちいぃ……)

善子「ん、んんっ……ぷは……」

善子「小林、おさけくさい……」

小林「んぅ、仕方ないじゃん、いや?」

善子「べつに、いやじゃないけど///」

小林「そっか♡」

小林「ね、ヨハネ、しあわせな夜にしようね……♡」

モニュモニュ……
84: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:35:32.58 ID:AgH2nCea
善子「ん、ゃぁ……」

小林「はっ、かわ、ぃ……ここ、胸の先っぽも、なにもかんじない?」

善子「ん、ぅ、わかん、ない……」

小林「そっか」クニクニ…

善子「ん……は」

善子「なんか、へんなかんじ」

小林「わたしはすっごくしあわせ……」

善子「わ、わたしだって……///」

小林「したは……」

善子「ま、まってよ小林……でんき、けして、よ……」

小林「ん、ほんとに消さなきゃ、だめ?」

善子「うん……」

小林「はずかしいもんね、そうしよっか」
85: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:37:23.46 ID:AgH2nCea
パチ…

ススッ…

クチ…

小林「わ、ぬれてる……///」

善子「い、いうなばかっ、童貞っ!」ポカッ

小林「うぅ、だって……きもちよくないっていうから、濡れないのかと……」

善子「たぶん、生理現象よ……」

小林「そうなのかな」

クニックニッ……

善子「ん……」

小林(ヨハちゃんの、こんな、感じなんだ……ぁ、ぅ、はやくいれたい……)ビンビンッ…♡

善子「小林、腰勝手にうごいてる」

小林「うぇぇ!? だっ、て」

善子「もう挿れたいの?」

小林「う、うん、でもまだ」

善子「もういいわよ、濡れてるでしょ?」

小林「うん……」グチュ…
86: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:38:09.80 ID:AgH2nCea
善子「わ、わたしも主人としてリトルデーモンの強い性欲を受け止めてあげなきゃ、いけないから……」

小林「ほんとに、いい?」

善子「はやく」

小林「ぅ」ビンビンッ…ス

小林「ぅ……ぁっ」ヌプッ…ヌププ…

善子「ひ、ぎっ……ぅっ、い、た……」

小林「はっぁ……はいった、ぁ……」

善子「ん、ぁ、ぅ」

小林(ぁっ、ヨハネのなか、あったかくてきゅうきゅうしてて、なにこれきもちぃ……ひとりでするより、ぜんぜんきもちぃぃよぉ……)アヘ…

善子「ぅっ、あいかぁ……」ウルウル…
88: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:39:12.79 ID:AgH2nCea
小林「いたく、ない?」

善子「ちょっと、いた、ぃ」

小林「ん、はっ……ごめ」クネクネ…♡

小林(止まらなきゃなのに、腰、うごいちゃうよぉ……きもちいいきもちいいきもちいぃ……)

善子「あい、か……きもち、いい?」ニコ…♡

小林「っぅ////」

小林「――ぁっ、いく、いっちゃ」ビュクツッッビュッビュッッビュルルルルツッッ♡

善子「へ?」

小林「あっ、ぅ♡はぁっ♡はぁっ♡」ビクビク…グッタリ…♡

善子「……」

小林(き、きもちよかった、ぁ……なにこれ、さいこうだよ………)

小林(って)

善子「……小林ほんと早すぎ」
89: 名無しで叶える物語(おにぎり) 2018/06/13(水) 22:39:59.00 ID:AgH2nCea
小林「ごごごごめんっっ! ヨハちゃんのなか、きもちよすぎ、て……うぅぅ」

善子「いいわよ、小林が早いなんてわかってたことだから」

小林「ぅぅ」

善子「でも……また付き合ってくれる、んでしょ?」

小林「も、もちろん!! ヨハネとふたりでよくなりたいもん!」

善子「あ、あっそ……///」

小林「も、もういっかい……」

善子「は、はあ!?」

小林「ね、もっかいしよ!? 次は多分大丈夫だからっ、ね、ね!?」

善子「ばかっ、ムードってもの考えて――」

小林「んんっ♡ヨハネのことだいすき……♡」

善子(ま、いっか……)

 
 

 
`¶cリ˘ヮ˚)|おわりよ小林!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『善子「私とえっちしたい? 小林はリトルデーモンなんだからできるわけないでしょ」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)