千歌「あっイケメンさん見つけた」

シェアする

曜-アイキャッチ15
1: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/19(火) 23:57:00.24 ID:jXqUGP3s
千歌「おやおやおや~?これこれは学園のアイドル正義のヒーローイケメン曜ちゃんじゃありませんかー?」

曜「…」

千歌「あれれれ?曜ちゃん無視するの?」ギュッ♡

曜「…」

千歌「あ~曜ちゃん今チカとぎゅーしてるよ?いいの?学園のアイドルが__」

曜「千歌ちゃん」

千歌「はーい!チカでーす!チカはここにいますよー!」

曜「あっついから離れて」

千歌「離れてほしい?」

曜「うん…今はちょっと暑いかも」

千歌「たしかに暑い…でも嫌でーす」ギュー♡

曜「あちちち」

元スレ: 千歌「あっイケメンさん見つけた」

スポンサーリンク
5: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 00:00:31.50 ID:MuzxxDH3
千歌「曜ちゃん何してたの」

曜「宿題、千歌ちゃんは終わったの?」

千歌「曜ちゃんが終わるの待ってる!」

曜「…見せないよ?」

千歌「えっ」

曜「この前梨子ちゃんに言われたから」

千歌「そんな…じゃ宿題する…」

曜「それがいいよ、ほら途中までだったら見せてあげるから」

千歌「…曜ちゃんてチカに甘くない?」

曜「そうかな?」
10: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 00:13:27.98 ID:MuzxxDH3
千歌「そのままチカにあまあまでいてください…!」

曜「そんなお願いされても」

千歌「あっそうだ、ガ◯ンとみかんあるけど食べる?」

曜「懐かしいアイスだねそれ」

千歌「ウチではひちゅじゅひんだよ」

千歌「…ん?あれ?」

曜「必需品ね」



千歌「大変です曜ちゃん」

曜「え、なに?」

千歌「アイス…ラスト1本でした…!」

曜「…あー」
13: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 00:18:35.91 ID:MuzxxDH3
千歌「どうしよっか」

曜「んー…千歌ちゃん食べ__」

千歌「あっ!じゃあさ!じゃあさっ!交互に食べようよっ!」

曜「…え?交互って…え?交互に!?」

千歌「そうそう!千歌が食べた後に曜ちゃんがーって」

曜「えっ…とそれは…いいの?なんか違くない?」

千歌「だって…っしと…はい!先に曜ちゃんから食べていいよ!」スッ…

曜「…っ!」
16: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 00:23:53.00 ID:MuzxxDH3
「はい…♡曜ちゃん召し上がれ♡」

千歌ちゃんの右手に握られている棒状のアイスが私の口元を指している

曜(こ、これをお口で…)ゴクッ…

そう、これはただのアイス

一本しかないアイスを2人で仲良く食べるという千歌ちゃんなりの配慮に過ぎない

だから



だから、決して恥ずかしくは…ない。

曜「…あー……♡…んっ……ぁっ…れろっ♡……ぁ♡…ん♡」

千歌「……おいしい?曜ちゃん」

曜「んっ…♡…ぁ…お、おいひぃよ?♡」

だらしなく開けたお口で千歌ちゃんの手に持ってるアイスをしゃぶる私

千歌「そっか…よかった♡」ニコッ

曜「…っ///」

あれ…なんか…いけないことをしているみたい…
17: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 00:27:36.30 ID:MuzxxDH3
千歌「…はい、ストップ」

曜「ぁ……ぇ?」

千歌「えーって…ほら、次は…私が舐める番でしょ?」

曜「あ…あぁ!う、うん!そう…だったね!」

いけない、アイスに夢中ですっかり忘れてた

曜(でも危なかった…あのまま続けてたら…)

千歌「じゃあ曜ちゃん、アイス、持っててくれる?」

曜「え?」

千歌「さっきチカがヤッてあげたみたいにして?」

曜「あ…あぁ、うん、わかったよ」
18: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 00:37:50.35 ID:MuzxxDH3
千歌「じゃあ今度は…チカの番ね?」

千歌ちゃんの番

そう言うとさっきまで座っていたベッドを私と交代するように指示して千歌ちゃんは私の足元に座った

私が食べたばっかりのアイスを千歌ちゃんから受け取り…

曜(今度はこれを私が…)

千歌「…よーひゃん?…いぃよ?」

曜「あ……う、うん…入れる…ね…?」

ゆっくり

ゆっくりと千歌ちゃんの口元にアイスを近づけていく

千歌だけに。

曜(あ…唇に当たる…)

千歌「…んっ…♡」ビクッ♡

曜「…っ」

アイスが冷たかったのか、普段からはとても聞けないような甘い声が聞こえた

正気を保たないと…雰囲気に飲まれてしまいそうだ…

千歌「…っむ…♡…ぁ…♡…はっ…♡」

曜(千歌ちゃん…///)

アイスを食べてる千歌ちゃんは…とても…気持ち良さそうに見えた
34: 名無しで叶える物語(こんにゃく) 2018/06/20(水) 22:15:13.32 ID:MuzxxDH3
千歌「……んっ…♡」

曜「…あっ」

千歌ちゃんを見つめすぎて気がつかなかったけど…

千歌「アイス…溶けちゃったね…」

曜「う、うん…そう…だね…」

千歌「…ふふっ」

曜「っ!…な、なに?」ドキッ

千歌「…やっぱり曜ちゃんてさ」

曜「…っ」ドキドキ

千歌「…なんでもない♡チカお手洗い行ってくるね♡」

タタッ…

曜「えっ…!あ…う、うん…!」

曜「……」

曜(あんなえっちな千歌ちゃん…初めて…かも…///)

こうして、夏が来る前の2人っきりの甘い…甘い戯れは終わった…。


曜(帰ったら…おなにーしよう///)


おわりよ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「あっイケメンさん見つけた」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)