ことり 「結ばれる夢を信じるの」

シェアする

ことり-アイキャッチ5
1: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:09:04 ID:JNczNKhQ
注意!

暗いめの話です。人が死んだりはしませんがイチャコラだけが見たい人は
戻るボタン。
一応アニメの留学のくだりが終わった後の設定です。

元スレ: ことり 「結ばれる夢を信じるの」

スポンサーリンク
2: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:12:27 ID:JNczNKhQ
ことり 「ありがとう海未ちゃん、衣装のデザイン手伝ってくれて。」

海未  「そんな、礼なんていらないですよ。私は意見を言っているだけですから。」

ことり 「それでもだよ!ありがとう!」

海未  「や、やめてください…。私はまたこうしてことりと話せるだけで幸せです。」

ことり 「う、海未ちゃん…。ごめんね?留学の事まだ…」

海未  「いえ。止めなかった私を許してください。」

ことり 「ううん、いいの。」
3: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:30:48 ID:JNczNKhQ
ことり 「だって私海未ちゃんは止めてくれるとは思ってなかったもん。」

海未  「こ、ことり?」

ことり 「きっと私の夢を尊重して自分を出さないんだろうなぁって。」

海未  「…なるほど。」

ことり 「だからいいの。あのときは本当に無理を言っちゃったよね」

海未  「いえ…。」

ことり 「もういいよ、終わったことでしょ?」

海未  「え、ええ…。」
4: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:34:31 ID:JNczNKhQ
海未  「ところで…私そのことで一つ聞きたいことが…。」

ことり 「ん?どうしたの?」

海未  「その…ことりって穂乃果に止められて留学を止めましたよね?」

ことり 「うん、そうだけど…。」

海未  「えっと…そこまでしているということは、あ、あの…。」

ことり 「…?どうしたの?」

海未  「こ、ことりはっ…穂乃果のことが好きなのかと思いまして」
5: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:38:48 ID:JNczNKhQ
ことり 「穂乃果ちゃん?そ、それって」

海未  「…。恋愛的な意味で、です。」

ことり 「えぇ?!違うよ~。穂乃果ちゃんは私の親友。それだけだよ~」

海未  「そ、そうですか…良かった…」

ことり 「あぁ…海未ちゃんやっぱり…」

海未  「…はい。察してください」(カァッ

ことり 「…。」

海未  「す、すいません、急に変な話ッ…。」
6: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:42:38 ID:JNczNKhQ
ことり 「い、いいけど…。もし私が穂乃果ちゃんの事好きって言ったらどうしてたの?」

海未  「…。おそらくですけど、身を引いていたと思います。」

ことり 「…えっ?」

海未  「ことりに敵う気がしませんよ。」

ことり 「そんなこと…。」

海未  「それに…。逃げているといわれるかもしれませんが、
     私は恋愛事で友達を失いたくありません。」

海未  「ずっと一緒にいたのに恋愛がもつれていきなり離れ離れに
     なってしまっては虚しいです。」

ことり 「う、海未ちゃん…。」
7: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:46:21 ID:JNczNKhQ
海未  「さ、無駄話が過ぎました。帰りましょう、ことり?」

ことり 「う、うんっ!!」

海未  「そういえば私おつかいを頼まれていました。」

ことり 「? おつかい?」

海未  「はい。ことりの家の近くの…」

ことり 「ああ…。あそこ…。」

海未  「遅くなってしまいましたし、急ぎましょう。道も同じですし。」
8: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:49:10 ID:JNczNKhQ


海未  「では。私はこれからお店に向かいますね。」

ことり 「ありがとう海未ちゃん、送ってくれて。」

海未  「そんな…ついでですよ。」

ことり 「そっか。」

海未  「そうです。」

ことり 「分かった。じゃあまた明日ね。」

海未  「ええ。」

バタン 

ことり 「…。ねぇ海未ちゃん、私知ってるよ?」

ことり 「それ…嘘だって。」
9: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:52:12 ID:JNczNKhQ
ことり 「私に気を遣わせず送るためにそんな嘘ついたんだよね?」

ことり 「…やっぱり。まっすぐ家に帰ってる。」(窓オープン

ことり 「私が…。穂乃果ちゃんを好きなわけないよ…。」

ことり 「だって…。私はこんなにも優しいあなたが大好きだもん。」

ことり 「…。海未ちゃんのバカ。失いたくないなんて…。言わないでよ」

ことり 「報われないのに…嬉しい…。」

ことり 「海未ちゃん…。」
10: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:55:57 ID:JNczNKhQ
* 翌日 部室

希   「みんな!大ニュースや!」

海未  「…どうしたのですか?」

希   「うちな?穂乃果ちゃんのやめる騒ぎのあたりから怪しいなぁとは思っててんけど。」

希   「ついに!」

海未  「ついに…?」

希   「えりちと穂乃果ちゃんが付き合い始めたみたいやで!」

にこ  「ふぅ…やっとね。正直見てられなかったわ」

希   「にこっちも真姫ちゃんの時は見てられへんかったで」

にこ  「そ、その話は今しなくていいでしょ?!」
11: エリチ推しにわか勢 2013/12/07(土) 15:59:01 ID:JNczNKhQ
海未  「ほ、穂乃果が絵里と…?」

ことり 「う、うそ…。」

凛   「やっぱり衝撃がおっきいにゃ」

花陽  「り、凛ちゃん!」

凛   「あ、まずかったにゃ…」

真姫  「もう遅いと思うけど…。」
14: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:00:18 ID:tGwkPsGk
ながらく消えていてすいません
続けます

希  「まぁ肝心の二人はまだ来てないからなんとも言えんけどね」

海未 「…。」

ことり 「う、海未ちゃん…。」

穂乃果 「やっほー!遅れてごめんね!ちょうど見かけたから生徒会室
      で絵里ちゃんを呼んできてたの!」

凛  「穂乃果ちゃん!さっき希ちゃんから聞いたんだけど二人が付き合いだしたって本当かにゃ?」

穂乃果 「ええっ!?なんでもうバレてるの?!」

絵里 「…希ぃ?」

希  「あ、あはははは…。まぁμ’sの皆やったら隠すこともないやん?」

絵里 「まぁいいわ…。ええ、昨日からよね穂乃果?」

穂乃果 「は、恥ずかしいよ…。」(カァッ
15: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:07:40 ID:tGwkPsGk
にこ 「まぁあきらめなさい。」

真姫 「だ、大丈夫よ。わ、私とにこちゃんも付き合ってるから。」(カァッ

にこ 「待って?!そこで自爆する意味ある?!」

海未 「…。」

ことり 「う、海未ちゃん大丈夫?」

海未 「は、はい…。」(うつろ目

ことり 「…。」(絶対大丈夫じゃないよぉ…

絵里 「まぁその話なら帰りにいくらでもしてあげるから…。
    今日はそうね、海未!今日中にタカラモノズの振付を決めちゃいましょう?」

海未 「あ、はい…そうですね。」

絵里 「…ちょっと、どうしたのよ風邪でも引いた?」

海未 「いえ、心配しないでください。」

絵里 「ならいいけど。穂乃果のこともあったし、体調管理はしっかりね?」

海未 「はい。分かっています。」
16: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:13:26 ID:tGwkPsGk
別室 振付話し合い中

海未 「二人が付き合い始めたんですね。驚きました。」

絵里 「そう?」

海未 「ええ…。」

絵里 「その…私ってなかなかμ’sに入らなかったじゃない?」

海未 「そうですね…。」

絵里 「そのふさぎ込んでた私を救ってくれたのがあの穂乃果の手だったの。」

絵里 「あんなに当たっていた私に伸ばしてくれた手。とても印象に残ったわ。」

絵里 「あの後、穂乃果がやめると言い出した時、私はハッキリと思ったの。
    ああ、今度は私が手を差し伸べてあげる番なんだって。」

海未 「手、ですか…。」

絵里 「ええ。あのときのお返しは今するんだって。まぁでも内心怖かったわ。
    どこかまだ怖い先輩のイメージが残ってるんじゃないかって。」

海未 「穂乃果はそんなことを引きずる人じゃありませんから。」
17: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:18:31 ID:tGwkPsGk
絵里 「そう、そうよね。」

海未 「そうじゃなきゃずっとなんて一緒に居ませんよ。」

絵里 「…。さすが幼馴染、といった感じかしら。」

海未 「ええ。あ、すいません。まだ決まり切っていないのにこんな話。
    続けましょうか。」

絵里 「それもそうね。じゃあここのAパートのところなんだけどだけど…。」
18: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:24:51 ID:tGwkPsGk


絵里 「じゃあ今日の練習はこの辺にしましょうか。」

凛  「ふぅ…疲れたにゃ…。」

花陽 「凛ちゃん、おにぎりあるけど…。」

凛  「あ、いるにゃ!かよちん大好き!!」

花陽 「も、もう凛ちゃんたら…。」

海未 「…。」

ことり 「海未ちゃん、帰ろう?」

ことり 「穂乃果ちゃんは…。絵里ちゃんとクレープかぁ…。邪魔できないなぁ。」

海未 「あ、そうなんですか。分かりました。帰りましょう。」

ことり 「ねぇ、海未ちゃん。今日私の家に来ない?」

海未 「唐突にどうしたのですか?」

ことり 「今の海未ちゃん、見てられないよ…。」

海未 「…。すいません、心配をかけてしまいましたか。こうなったらことりは動かない
    ですもんね。お言葉に甘えさせてもらいます。」
19: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:31:14 ID:tGwkPsGk
ことり’sハウス

ことり 「その…大丈夫?」

海未 「何が、ですか?」

ことり 「もう…今更とぼけても無駄だよ?」

海未 「…。そうですよね。」

ことり 「やっぱりショックだった?」

海未 「…。それもあるのですが。そ、その…。」

ことり 「いいんだよ、すべてさらけ出しても。今から海未ちゃんがなんて言おうと、
     私は海未ちゃんの味方だよ?」

海未 「…。分かりました。ことりには敵う気がしませんね。」

海未 「わ、私この前あなたを失いたくない、と言いましたよね?」

ことり 「昨日のこと?」

海未 「はい。でも、今日私は絵里から話を聞いたときにふと思ってしまったんです。
    絵里がいなければいいのにって。」
20: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:36:23 ID:tGwkPsGk
ことり 「う、海未ちゃん…。」

海未 「あなたを失いたくないと言っていた私が、ですよ?とんだ笑いものです。
    絵里だって大切な仲間のはずだったのに。」

海未 「嫌だったとはいえ、考えてしまうんですよ。」

ことり 「…。考える?」

海未 「私は、あのとき穂乃果をぶつことをせずに手を差し出せばよかったのか、と。」

海未 「もちろん違うことは分かっています。そんなことで穂乃果は人を選んだりもしません。」

海未 「でも私は考えてしまうんです。なんて自分勝手で綺麗事を並べていたのか、よく分かりました。」
21: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:39:20 ID:tGwkPsGk
海未 「こんな私です。もしかしたらことりだっていなかったらと考えていたかもしれない。」

ことり 「そ、そんなことっ!」

海未 「私、わけが分からないんです。穂乃果への気持ちもそうですし、
    絵里に対する嫉妬、そして嫉妬している私に対する自己嫌悪。」

海未 「笑えませんね…。精神修行が足りなかったんでしょうか。」
22: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:42:55 ID:tGwkPsGk
ことり 「そんなことない!」(バンッ

海未 「こ、ことり…?」

ことり 「海未ちゃんは十分にすごいよ。だっていまだに一回だって泣いてないよ…?」

海未 「…え?」

ことり 「普通の女の子なら今の話のどこで泣いたっておかしくないよ。
     こんなのって…あんまりだもん。」

ことり 「それに…私はもう…こんなに泣きそうなんだよ?」

海未 「ことり?!なぜことりが?!すいません私何か…。」

ことり 「ううん。大丈夫。海未ちゃんはなんにも悪くない。」
23: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:48:07 ID:tGwkPsGk
ことり 「海未ちゃんがね?そのことで自己嫌悪におちいるなら私はもっとひどいよ。」

ことり 「だって…。私今だってこんなに絵里ちゃんに感謝してる。」

海未 「どういうことですか?」

ことり 「私は…。誰にでも優しくて、そして一番自分に厳しい海未ちゃんが大好きだよ?」

ことり 「ことりは知ってるよ?昨日だって私に気を遣わせず家まで送るために
     おつかいって嘘までついてくれてること。」

ことり 「ねぇ…。海未ちゃんはいつだって、他人のために動いて、自分を押さえつけてる。
     たまには昔みたいに泣きじゃくったって誰も怒らないよ…。」
24: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:53:41 ID:tGwkPsGk
海未 「こ、ことり…。」

ことり 「大丈夫。私も一緒に…。泣いてあげられる。」

海未 「…。」(ポロポロ

ことり 「…。ねぇ、海未ちゃん、そんなに我慢しなくてもいいんだよ?」(ポロポロ

海未 「ことりっ…ことりっ!」

ことうみ 「うわぁぁぁぁんっ!!!!」



海未 「久しぶりに取り乱してしまいました。」

ことり 「気にしなくていいよ。私、嬉しかったもん。」

海未 「…え?」

ことり 「やっと、海未ちゃんを助けられたなぁって。…、でさ、海未ちゃん。」

海未 「はい?」

ことり 「その…なりゆきとは言え、私告白しちゃったんだけど…。」

― 私は誰にでも優しくて、そして自分に一番厳しい海未ちゃんが大好きだよ? ―

海未 「あ…。」(カアッ
25: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:56:48 ID:tGwkPsGk
海未 「…。えっと、ことり。」

ことり 「は、はい。」

海未 「返事は…もう少し待ってもらえませんか?もうわけが分からない…。」

ことり 「だ、だよね…。ゴメン。」

海未 「いえ…。私のことを考えてくれてていたことはうれしかったです。」

ことり 「ねぇ…そんなこと言われちゃったら私期待しちゃうよ?」

海未 「…ノーコメントです。」

ことり 「もう…海未ちゃんってばずるい!」

海未 「…ことりには言われたくないような。」
26: エリチ推しにわか勢 2013/12/14(土) 21:59:23 ID:tGwkPsGk


海未 「ことり?どうしたんですか?そんな大荷物」

ことり 「うん、今度の新衣装なんだけど…。」

海未 「もう…見てられません。持ちますから…。」

ことり 「ありがとう、じゃあ片方ね。」

海未 「そんなこといわずにすべてください…ってことり!?」

ことり 「…お互いの手が空いたんだから手を結んだっていいよね?」

海未 「こ、ことり…」

ことり 「もう…。恋人なんだからいいでしょ?」

終われ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『ことり 「結ばれる夢を信じるの」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。