【問】以下の文章は千歌、曜、梨子が見た「夢」である

シェアする

千歌-アイキャッチ31
1: 名無しで叶える物語(神宮) 2018/06/29(金) 19:34:05.62 ID:GxtCLJbQ
《りこちゃん編》

千歌「う~ん、今日もみかんがうまい!」はむはむ

梨子「サンドイッチもおいしい!」

千歌「いえーい!」

梨子「って何するためここに来たのかわかってるの!?」

元スレ: 【問】以下の文章は千歌、曜、梨子が見た「夢」である

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:36:24.78 ID:kOWWv6IM
千歌「まあまあ落ち着いて梨子ちゃん、チカにはとっておきの計画があるのだ」

梨子「そう、じゃあ教えて?」

千歌「えーっとね…」

千歌「みかんのジュースを飲んで、」

千歌「みかんゼリーを食べて、」

千歌「みかん味のノッポパンを頬張って……」

梨子「うんうんなるほど……って食べるしかないじゃない!? しかもみかんばっかり」

千歌「大丈夫。梨子ちゃん用にみかんとゆでたまごのサンドイッチを作ってきたのだ!」

梨子「別に私は食べるために来たわけじゃないし……」

千歌「ほら、みかんとサンドイッチを一緒に食べると美味しくなる、『みかん理論』なるものがあるし」

梨子「そんなものがあったら天地が割れるほどの驚きよ。
あと、今日はなにも持ってきちゃダメだって言ったでしょ?」

千歌「うぅ……で、でもっ!本当の目的は忘れてないから」

梨子「本当?」

千歌「よーちゃんを探しにいくんでしょ?」ふふーん

梨子「そう。早く探さないと、曜ちゃん寂しくて死んじゃうから」
4: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:37:21.43 ID:kOWWv6IM
千歌「それにしても、どうやって見つけたらいいんだろう……」

梨子「まずそれがわからないのが問題だよね……」

千歌「うーん、どこにいるのやら」


千歌「……そういえば」

梨子「何か思い出したの?」

千歌「たしか……うさみみをつけて懐中時計をもってる、っていってたような」

梨子「うさみみ? うさみみって、あのうさみみ!?」

千歌「うん! うさぎさんのお耳のうさみみ!
ぴょんぴょこぴょんぴょん跳ねるんだよ!」

梨子「曜ちゃんったら、いったいなにしてるのかな……」
5: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:39:00.69 ID:kOWWv6IM
 




 ガサガサガサガサ……

  

千歌「!」

梨子「…来る。静かにして」

  


  ピョン ピョン


  
曜「……」ジャラジャラ
6: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:39:53.44 ID:kOWWv6IM
梨子(見て、千歌ちゃん)

千歌(……うん)

梨子(うさみみ。そして懐中時計)

千歌(……間違いない、わたしたちが捕まえないといけないのは、あのよーちゃんだよ)

梨子(……まだこちらに気づいてないみたい)

千歌(でも絶対警戒状態に入ってるよ。見つかったら咆哮してくるアレだよ)

梨子(どうやって捕まえる?)

千歌(さあ?)
7: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:42:35.23 ID:kOWWv6IM
梨子(……あのね、千歌ちゃん)

千歌(なあに?)

梨子(私、実はとっておきの『薬』を持ってきたの)

千歌(クスリ? もしかしてそれって)

梨子(薬は薬でも、トリスタンとイゾルデが飲んでしまったようないわゆる媚薬ではないの。
      少しの間だけ眠たくさせるだけだから)

千歌(なるほど! 早く使おう……?)

梨子(ダメダメ千歌ちゃん、慌てちゃダメ。
このクスリは食べ物と一緒に使わないといけない)

千歌(そっか、ここでわたしが用意したみかんたちが役に立つんだ) 

梨子(そういうこと。
      曜ちゃんも千歌ちゃんと同じようにみかん大好きっ子だもんね)
8: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:43:29.27 ID:kOWWv6IM
   
 ガサガサガサガサ……

  

曜「……」


  

千歌(よし、じゃあみかんを投げるよ)

梨子(うん)


 ヒョイッ


曜「!」
9: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:44:17.67 ID:kOWWv6IM
曜(これは……みかん……!?!?!?)


 くんくん


曜(見たところなんらおかしいものはないね)


   パクパク


    ごっくん


  
千歌(よし)

梨子(やったわ!)
11: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:48:39.75 ID:kOWWv6IM
曜「……」zzz



梨子(こうなったら、もうこっちのもの。さて、ここからは……)

千歌(まだ油断しないほうがいいよ、梨子ちゃん。曜ちゃんをあまり甘く見たら痛い目にあうんだから)

梨子(それもそうね。気をつけるにこしたことはない)


千歌(……よし。じゃあ、『せーの』で捕まるよ?)

梨子(うん……!)

  

((せーの!!)

がしっ


曜「!! チカちゃん、梨子ちゃん!?」
12: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:49:50.12 ID:kOWWv6IM
千歌「梨子ちゃんっ! 今のうちに!」ぐいっぐいっ

梨子「わかってるっ!でも、」

千歌「でも?」ぐいぐいぐいっ

梨子「曜ちゃんを捕獲するには薬がたりないみたいなの!」


曜「二人ともはなしてよぉ!」げしげし


千歌「むむむ、さすがに暴れるなあっ……」ぐいぐいっ

梨子「ねえ、なにか食べ物はないのっ!? みかんじゃもう一度薬を使うには足りないのよ!」

千歌「食べ物……? そういえばまだサンドイッチが残ってるはずだよ!」ぐいぐいっ

梨子「でかした千歌ちゃん! みかんとサンドイッチを混ぜて、これを口に入れたら!」ヒョイッ


曜「ねえ、いい加減にしないと――むぐっ!?」
13: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:50:50.62 ID:kOWWv6IM
 もぐもぐ

 ごっくん

曜「うぅ……むにゃむにゃ……」zzz


千歌「やったあ!」

梨子「これで一件落着……?」




     グラグラグラグラ……
14: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:52:06.13 ID:kOWWv6IM
梨子「な、なんなのこの地響き……」

千歌「……もしかして」

梨子「え、何かマズイものでもしたの…?」

千歌「ある意味ではマズイものだよ…」

梨子「……」

千歌「曜ちゃんは、みかんとサンドイッチを一緒に食べてしまった。
『みかん理論』によれば、これが成されるときに天地が割れるの」

梨子「そんな……私のせいで……」
15: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:53:26.04 ID:kOWWv6IM
千歌「――急いで安全な場所へ逃げよう! もちろん曜ちゃんも一緒に!」

梨子「うん!」


   グラグラグラグラ……ッッッ!!

   

千歌「さっきより激しい音!」

梨子「見てっ! もうひびが!」

千歌「バンジキュウスっていうのかな。えへへ」

梨子「……」
16: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:54:49.18 ID:kOWWv6IM
  



   

 グラグラグラグラッッッッッ!!!!

  ピキ…ピキ…



   
千歌「例えこのひびに飲まれてもっ!」

千歌「チカは……みんなと過ごした日々を忘れないから…」

千歌「だから…! だからっ……!」

曜「チカちゃん……」

梨子「千歌ちゃん……」
17: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:58:38.35 ID:kOWWv6IM
千歌「あ、ちなみにいまのは『ひび』と『日々』をかけて」

梨子「説明しなくていいから!?」がーん


 ピキピキピキピキッッッ!!!


  

「「「うあああああああ!!!!」」」

  


 






   

《ようちゃん編》

-船長室~

曜(私……渡辺曜は……今)


曜(セイメイの危機に瀕しているのであります……!!)
18: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 19:59:39.57 ID:kOWWv6IM

       ザザッ……

 ザザッ……


  
曜(一人で無事に航海を終える)

曜(それが船乗りとして認められるための条件)

曜(どうしてよりよってこんな時に嵐に遭っちゃうんだろう……)
19: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:00:46.99 ID:kOWWv6IM
       ミシミシ……
 ミシミシ……


  
曜(くっ……もう水漏れまでの猶予すらない!)


曜(ここまで酷いとなにもできない……)

曜(嵐が通り過ぎるのを待つしか…)

曜(チカちゃん、梨子ちゃん……今、なにしてるんだろう)

曜(ううっ)ぐすっ
20: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:02:53.64 ID:kOWWv6IM
曜(そういえば……大変な時はみかんを食べて落ち着くといい、ってチカちゃんがいってたっけ)ゴソゴソ
 

パクッ


曜(はむはむ)

曜(おいしい……はあ)

曜(みかんに向かってため息つくなってチカちゃんに怒られちゃうな)

曜(……)


  

曜「ん……??」

  
 ピコーン ピコーン


  
曜(レーダーに反応!?)

曜(……前方に何かがいる)

曜(甲板に出てみないと)

   
タッタッタッタッ……
21: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:03:23.75 ID:kOWWv6IM
 

 ザザッ……
   ザザッ ……



曜(波は弱まるどころかますます強まってる)


曜(あの影は……!)

  

千歌(333m)「がおー!」

曜「普通怪獣……ッ!」ギリッ
22: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:06:03.82 ID:kOWWv6IM
曜(撃龍槍をぶつけるにはまだ距離がある)

曜(でもこのまま近づいたら間違いなく船は沈む……!)

曜(色々なことが起こりすぎてる……)

曜(ここは一度船長室に戻ろう、そんな時間があるのかわからないけれど)


タッタッタッタッ
23: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:07:35.20 ID:kOWWv6IM
曜(あの普通怪獣を討伐しなければ間違いなくこの船は沈没する)

曜(つまり私は死ぬ)

曜(この窮地を脱する方法はただ一つ、近づいたときに一発で仕留めること)

曜(奴の攻撃をうけてこの船が無事である可能性はほぼゼロ)

曜(やるしかない……)

   


曜「……っ!」
24: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:08:31.88 ID:kOWWv6IM
   ザザッ……
  ザザッ ……


千歌「がおぉぉー!!」


曜(あれは……攻撃の態勢……)

曜(あっちもやる気ってことか……)

曜(楽しくなってきたよ……!)

曜(タイミングを合わせて撃龍槍をぶつけるっ!)

曜(Aqoursが0から1へ羽ばたいたように、私はカウントが1が0になった『瞬間』を捉えてみせるんだから)
25: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:10:03.86 ID:kOWWv6IM
曜(3……)


曜(2……)


曜(1……)

  


曜(今だっっ!!)


    


バァァァァァァァン!!!
26: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:11:09.12 ID:kOWWv6IM
曜「やった……!」

曜「……」



曜「……いや、」

曜「……まだ終わっていない」


 



千歌(333m)「うぅ……いてて」

梨子(634m)「が、がおー……!///」


曜「普通怪獣が二匹……!?」
27: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:12:17.34 ID:kOWWv6IM
曜(新しい方は普通怪獣ちかちーよりもずっと大きい)

曜(ひょっとしたら二倍くらいある……?)

曜(こうなったら逃げるしかないっ)

   


千歌「梨子ちゃ~ん! ビーチバレーしよっ!」

梨子「ええっ!? 私それほど得意じゃないし……」

千歌「ほら、いくよ~!」えいっ

     
  ミシミシミシミシ……
28: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:13:21.93 ID:kOWWv6IM
曜(揺れが激しすぎる……!)

曜(……もう船がもたなそう)

曜(限界……なのかな)

曜(……でも、)


 ざばーんっ!!!


曜(沈んでゆく)

曜(あれは……昔自分でつくった宝の地図……)

曜(小4くらいのときになくしたとおもったら……こんなところにあったんだ)


曜(……私は……)

曜「……パパ、たすけて……っ!」
29: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:18:38.12 ID:kOWWv6IM
《わたし編》

チカ、曜ちゃん、梨子ちゃんの三人は温泉であたたまってた。
つまり、ごくらくで、かぽーんって感じで、ほっこりしていた。
隣にいた梨子ちゃんはほっぺをほんのりあかく染めて、
頭に巻いた白いタオルのすきまから汗とお湯のまじった液体をしたたらせながら、
特製の温泉みかんを口にして、味がいいわね、といっていた。

温泉みかんはチカが昨日考えたばかりのメニューだけど、
たぶん、これからも十千万の名物になっていく。
東京とか、噂が広まれば、沈没船があるほど深い海の底からだってお客さんがくるはず、
来月あたりにはAqoursで温泉みかんをテーマにした新曲だってできているはずだと感じた。
温泉みかん~温泉みかん~温泉みかん~四個入り~♪
まわりには湯気がいっぱいにただよっていた。
30: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:21:29.91 ID:kOWWv6IM
「梨子ちゃん、曲づくりはどう?」

「すごくいい感じ。千歌ちゃんは?」と梨子ちゃんははにかみながら答えた。

「わたしも最近珍しく作詞がはかどるんだ~」

「珍しくって自分でいっちゃダメでしょ……」

「えへへ……」

そのときチカは、梨子ちゃんの左手の近くに金色のふたで閉められた小さいビンが浮いていることにきづいた。
よく目を凝らしてみると、なかに黄色くきらめいている液体がはいっていることがわかった。
31: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:23:12.35 ID:kOWWv6IM
「ねえ、そのビンにはいっているのはなに?」

「これはね、温泉を採取したの」

「へ~、もしかしてどこかで売るの? ウチも有名になったなあ」

「ううん、これは自分のコレクション用。あとで家に帰ったら自分の家の壁にかけるのよ」

「ふ~ん……」

「どうでもよさそうってかんじね」

「えへへ……ごめんね、自分からきいたのに。でも、どうでもいいってわけじゃないけどね」

「そうなの?」

「梨子ちゃんが曲をつくって、曜ちゃんが衣装をつくって、わたしが詞をつくって。
   きっとそれだけで十分なんだよ。
   べつにわたしが梨子ちゃんが何を好きでも、何を嫌いでもわたしには関係ない。
   梨子ちゃんが、最初にAqoursにあえた時の理由さえ変わらなければ」
32: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:24:41.70 ID:kOWWv6IM
「そっか……」

「……今日はお泊りにきてよかったねっ!
   まさか突然地割れが起きてすっごく大きな温泉が噴きでるなんて予想してなかったよ~、
   ね、曜ちゃん?」

「……ぐすん」

曜ちゃんはうつむいたまま顔をみせてくれない。

「曜ちゃん……?」

梨子ちゃんは不安そうにそばへかけよった。
33: 名無しで叶える物語(SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:27:04.98 ID:kOWWv6IM
チカはなにが起こっているのかわからなかったけれど、とにかく言葉をかけないといけないと思った。

「ご、ごめんね!? こんなに曜ちゃんが思いつめるまで気づけなくて……なんのことかわからないけど」

「なんのことかわかんないならもういいよっ!」

曜ちゃんは両手で顔をおおった。
大粒の涙は指のすきまや腕をつたって流れおちていた。
ときどき涙ぐんだ声でなにかを言おうとしながら、目をかくような動作をした。
チカと梨子ちゃんは困惑していた。

「……えっぐ……もういいよ二人とも……そうやって私のことなんか考えないで二人で遊んでいればいいよ……ぐすっ」

「そんなこと……できるわけ……」

「モンハンの地図ですらオープンワールドになったのに、私たちの心はまだエリア制なんだよ、きっと……えぐっ」


そのとき、温泉が急にさめていった。
34: ◆Nll/9RsuS41P (SB-iPhone) 2018/06/29(金) 20:29:23.01 ID:kOWWv6IM
【  設 問  】
 
 以上の三人の夢の内容から、
 現実で起きた出来事を三十字以上で説明せよ。
 ただし、起床後に千歌と梨子はものすごく反省したものとする。


-完-
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『【問】以下の文章は千歌、曜、梨子が見た「夢」である』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)