凛「かよちんとお出かけ」

シェアする

りんぱな-アイキャッチ1
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/20(水) 12:37:29 ID:M8ESTI3Y
凛「かよちん!今度映画見に行こっ」

花陽「えっと・・・なんの映画を見るの?」

凛「”麦と米の女王”!」

花陽「それ、私も見たいと思ってたんだ」

凛「でしょ?じゃあ・・・今度の日曜日に行くにゃー!」

花陽「うん!」

真姫「また二人でデート?」ソワソワ

花陽&凛「!?」

真姫「え・・・何よ?」

花陽「な、なんでもないよ!」凛「そうにゃ!何でもないにゃ!」

花陽(で、デートって・・・でも確かに、二人で休日に映画って・・・)

凛(完全にデートだにゃ~!)

花陽「じ、じゃあ練習行こっか!」

凛「そ、そうだにゃ!よーし今日も頑張るにゃー!」

真姫「・・・サソッテホシクナンテナカッタシベツニ・・・ブツブツ」

元スレ: 凛「かよちんとお出かけ」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/20(水) 12:58:01 ID:M8ESTI3Y
海未「じゃあ次はこの振り付けの練習を」穂乃果「手を繋いで皆でジャンプだね!」

凛「凛はかよちんの隣ー!」ことり「ことりはほのかちゃんの隣!」

海未「だ、誰が隣でもいいですから、横一列に!」

ほのことぱなりんえりのぞにこまき「」ズラズラ

海未「では初めますよ、手を繋いで下さい」

ぎゅっ

花陽&凛「・・・!」

海未「1、2、3、ハイッ!」ことり「あれっ?」グイッ

絵里「あっ」グイッ

ことり「花陽ちゃん、どうして飛ばないの?」絵里「凛、大丈夫?」

花陽「はっ!?ご・・・ゴメンナサイ···」

凛「ご、ごめんにゃ、ちょっとボーっとしちゃってたにゃ」

真姫「顔真っ赤よ、体調でも悪いの?」

海未「仕方ないですね・・・もう一回やったら一度休憩です」
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/20(水) 13:07:19 ID:M8ESTI3Y
~練習後~

凛「はあ~、今日も汗だくだにゃ~」

花陽「私も、・・・っ」バッ

凛「かよちん?」

花陽「・・・(凛ちゃん、髪や服が汗でしっとりして、なんだか・・・)」ポケー

凛「」ソローリ

凛「こちょこちょこちょこちょ!」ワシャワシャ

花陽「!?いひゃっ!あはは!凛ちゃんやめ・・・!」

凛「凛を無視した罰にゃー」

花陽「もー凛ちゃんってば・・・」

凛「ハッ!(ゆ、指にかよちんの汗が・・・)」ゴクリ

凛「・・・いやいや!ダメダメ!」ゴシゴシ

花陽「凛ちゃん?」

凛「なんでもないにゃ!さ、かよちん!着替えて帰ろっ」

花陽「う、うん」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/20(水) 13:18:20 ID:M8ESTI3Y
そして映画当日-

花陽(凛ちゃんまだかな・・・)ソワソワ

凛「かよちーん!」

花陽「あ、凛ちゃ・・・」

凛「ごめんね、待った?」

花陽「かわいい・・・」ボソッ

凛「えっ!?」

花陽「凛ちゃんその服、すっごく似合ってるよ!」

凛「そ、そうかな・・・た、たまには可愛い服もいいかな、って思って・・・」テレテレ

凛「でも、り、凛なんかよりかよちんの方が可愛いよ!」

花陽「ううん、私なんかより凛ちゃんの方が・・・」

通行人「」ジーーーーッ

凛「あ・・・、か、かよちん、行こっ!」ギュッ

花陽「あっ・・・」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/20(水) 13:33:14 ID:M8ESTI3Y
凛「ほらかよちん、チケットだにゃ」

花陽「ありがと、凛ちゃん!」

凛「・・・」ドキッ

花陽「わ、凛ちゃん!上映までもう少しだよ!」


「籾の~ままの~♪」


凛「映画すごかったにゃー!」

花陽「うん!特に主人公が雪の様に降る白米を全部炊いちゃうシーンが凄かった~!」

花陽「本当にありがとう、凛ちゃんに誘われなかったら見なかったかもしれないから・・・」

凛「凛はそんなかよちんも好きーっ!///」

花陽「も、もう凛ちゃん・・・!///」

凛(あれ?)

凛(凛はいつもと同じ事をしてるはずなのに・・・どうして今日はこんなに恥ずかしいの?)
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 01:14:58 ID:DfMOgHMI
花陽「うーん、真姫ちゃんも誘えばよかったね」

凛「うん、でもそれとは別にまた凛とかよちんの二人でお出かけしたいにゃ」

花陽「えっ?うん(それっていつも通りじゃないかなあ・・・)」

真姫「り、凛、花陽、こんな所で会うなんて奇遇ね」

凛「あっ!噂をすればなんとやらだにゃー!」

真姫「私、これから映画見に行くんだけど・・・」ソワソワ

花陽「あっ・・・」

凛「凛たちはもう見終わったにゃー」

真姫「ヴぇえ!?なにしてんのよ!!」

凛「り、凛は悪くないにゃー!」
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 01:28:40 ID:DfMOgHMI
真姫「もういいわよ、一人で見てくるから・・・」ブツブツ

凛「うう・・・理不尽だにゃ~・・・」

にこ「あれ?三人集まってなにしてるのよ」

凛「別に集まってたわけじゃないにゃー、偶然偶然」

花陽「もしかして、にこちゃんも映画を?」

にこ「そっ、凄い話題になってるから気になっちゃったって訳」

花陽「それなら」真姫「べ、別に私は・・・」モジモジ

凛「あ、嬉しそうだにゃー♪」

真姫「うるさい!」ビシッ

にこ「真姫ちゃんが映画観るのは解ったけど、あんたたちは観ないの?」

花陽「実は、私と凛ちゃんはもう観て来ちゃったの」

にこ「そっ、じゃあ真姫ちゃん、行くわよ」

真姫「し、仕方無いわねぇ・・・」
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 01:45:57 ID:DfMOgHMI
花陽「真姫ちゃん、よかったね」

真姫「まあ、にこちゃんでも居ないよりはマシね」

にこ「なにおう」

凛「ん?真姫ちゃんのチケット・・・それ、ダレフィセントのじゃないかにゃ?」

にこ「えっ、私が観るのムギ米なんだけど」

真姫「あっ・・・き、気のせいよ!私まだチケット買ってないし」ササッ

にこ「・・・もー、しょうがないわね、私はチケット買うのこれからだから今日はそっち観てあげるわ」

凛「おおっ!にこちゃん偉いにゃー!」

にこ「あったりまえでしょー、にこっ!」

真姫「・・・ありがとう、にこちゃん」ピロリロリロ・・・

真姫「ん?メール・・・」ピッ
from:凛
真姫ちゃんもデート楽しんでくるにゃー(三>ω<三)

真姫「なっ・・・」ボシュー

凛「お返しにゃー♪さっかよちん、凛たちも行こ!」
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 01:56:19 ID:DfMOgHMI
真姫「もーっ!待ちなさい!凛!」

にこ「真姫ちゃん?何叫んでんのよ」

真姫「ヴェッ!?に、にこちゃん・・・」

にこ「チケット買って来たけど、上映までまだ時間あるし、どこかで時間潰しましょ」

真姫「そ、そう・・・ね」

にこ「?」

真姫(凛のバカ!変に意識しちゃって目が合わせられないじゃない!)

にこ「まきちゃーん」

真姫(何がデートよ、イミワカンナイ!)

にこ「にっこにっこにー♪」

真姫(大体、にこちゃんと会ったのは偶然だし!全然デートじゃないわ)

にこ「みんな一緒にー!にっこにっこにー♪」

通行人「にっこにっこにー♪」

真姫「ヴェえ!?何なのこれ!?」ビクッ
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 02:05:00 ID:DfMOgHMI
凛「かよちん、まだ1時だし他にも何処か行こうよ」

花陽「そうだね、うーんと・・・何処がいいかなあ」

凛「凛はかよちんと一緒ならどこでもいいにゃー!」

花陽「私も、凛ちゃんと一緒ならどこでもいいよ?」

凛「にゃっ!?こ、困ったにゃー」ドキドキ

花陽「決められないね」

凛「そ、そうだにゃ!凛の家にいくにゃー!」

花陽「えっ?」

凛「凛の家で、さっきの映画の話しようよ!」

花陽「いいね!そうしよっ」

凛「よーし、そうと決まったら、行っくにゃー!」

花陽(凛ちゃんの家・・・なんだか久しぶりかも)
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 02:11:05 ID:DfMOgHMI
~凛宅~

凛「たっだいまにゃ・・・あれ?鍵が閉まってる」ガチャガチャ

花陽「お母さん達いないの?」

凛「そうみたいだにゃー、鍵は持ってるけど・・・」

凛「にゃっ!?」

花陽「り、凛ちゃん!?」

凛「な、何でもないにゃ!(ここ、こ・・・これって・・・)」

凛(少女マンガで見た、今両親は働いてて居ないから、っていうやつにゃー!)

花陽(凛ちゃんと二人きりかあ)

凛「とにかく入ろ、」ガチャッ

花陽「お邪魔します」
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 02:15:28 ID:DfMOgHMI
凛「今お茶とか持ってくるから、少し待ってて」

花陽「うん、先に凛ちゃんの部屋で待ってるから」

凛「はーい、にゃんにゃにゃにゃ~♪」カチャカチャ

花陽「えーっと、凛ちゃんの部屋・・・ここだね」

凛「にゃああああああああああああ!かよちん待って!」ドタドタ

花陽「ひゃっ!?」

凛「ファブリーズ!」シュシュシュ!

凛「じゃあ、座って待っててー!」ドタドタ

花陽「な、何だったんだろ・・・」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 02:24:10 ID:DfMOgHMI
凛(危なかったにゃ~・・・昨日の夜、明日デートだって意識しちゃってつい・・・)

凛(うう、凛のにおい、ちゃんと消えてるかにゃ、)

凛(あれ?なんで凛はかよちんとお出かけだからってしちゃったんだろ・・・)

凛「っとと、忘れる所だったにゃ、お砂糖お砂糖・・・」カチャカチャ

凛「・・・(これ、漫画だったら怪しげな薬を入れたりして)」カチャカチャ

凛(眠らせて、その間にあんなことやこんなことをしちゃうやつだにゃ・・・)カチャカチャ

凛(って!なんで凛はそんな事考えてるの!)
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 02:29:21 ID:DfMOgHMI
凛「お菓子も・・・何かあるかな?」

凛「あ、ライスバーとポッキーがある、ライスバーはお菓子としてはどうかと思うけど丁度いいにゃ」ゴソゴソ

凛「・・・ポッキー・・・」

凛(な、何も考えてない、考えてないにゃ)

凛「あ、かよちん待ってるし・・・行かなきゃ」

凛「お待たせー、かよち・・・ん・・・?」
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 02:39:47 ID:DfMOgHMI
花陽「ぐう・・・」スー···

凛「あ・・・寝ちゃってる、にゃ」

花陽「すー・・・」

凛(凛のベッドでかよちんが・・・でも、本当に寝てるのかな)ドキドキ

凛「かよちん」ボソッ

花陽「くー・・・くー・・・」スヤスヤ

凛「かよちんかよちんかよちん」

花陽「むにゃむにゃ・・・」

凛(本当に寝ちゃってる・・・かよちん、可愛い・・・)ドキドキ

凛「かよちん、好き・・・」ボソッ

凛(・・・ん?)

凛「ええ!?凛ってかよちんが好きだったの!?」ガタッ

花陽「ん・・・すー・・・すー・・・」スヤスヤ

凛(こ、これは・・・一大事だにゃー)ドキドキ
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 14:04:49 ID:DfMOgHMI
凛「とりあえず一旦落ち着くにゃ」スーハースーハー

凛「・・・よし、」

花陽「そんなに炊いても食べきれないよ~・・・」スヤスヤ

凛「どうしよう・・・起こした方がいいかな」

二択安価>>18
1、起こす
2、起こさない
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 14:17:08 ID:zBOMXuak
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 16:09:28 ID:DfMOgHMI
凛「よく寝てるし・・・起こすのも悪いかな」

凛(かよちん・・・いつも一緒にいるけど、こんなに近くで見つめる事なかったにゃー)

花陽「麦飯・・・おいし・・・」

凛(意識しちゃうと、こんなに違って見えるんだ・・・)ドキドキ

凛(かよちんいい匂い)スンスン

凛(唇もやわらかそう・・・って!だからなんで昨日からこんな事ばかり考えちゃうの!)

凛(でも・・・ちょっとくらいなら・・・)

凛「・・・耳」ペロッ

花陽「んふ・・・」ピクッ

凛「ほっぺた・・・」チロッ

花陽「ふあっ」ピクッ

凛「ふともも・・・」チュッ

凛「にのうで・・・」ペロッ

花陽「凛ちゃん・・・?」

凛「手・・・にゃあああああああああああああああああ!!!?」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/24(日) 16:16:24 ID:DfMOgHMI
花陽「・・・」

凛「・・・」

花陽「な、なな、ナ゛ニ゛シ゛テ゛ル゛ノ゛ォ゛!?」

凛「かよちんごめん!ライスバーを食らうにゃー!」バリッ

花陽「むぐっ!(ライスバー美味しい!)」

凛「かよちんおはよ、部屋にもどってみたら寝てるからビックリしたにゃー」

花陽「あ、ごめん凛ちゃん、私うっかり寝ちゃって・・・」

凛「いいのいいの、じゃあ何して遊ぶ?(焦ったにゃあ・・・)」ドキドキ

花陽(誤魔化せたと思ってるんだ・・・)
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 03:05:28 ID:btoICby6
花陽(でも、なんで私の手の甲にキスしようとしてたのかな、私の手になにか溢しちゃったとかかな・・・)ゴクン

凛「はいかよちん、ポッキーも食べるにゃー」アセアセ

花陽「ねえ、凛ちゃん」

凛「なっ・・・何かにゃー?」

花陽「どうしてあんなことしてたの?」

凛「」ビシ

花陽「手になにか付いてたの?」

凛「えっあっ・・・そそ、そうにゃ、手にライスバーがくっついてて・・・かっ、かよちんごめん、本当は」

凛「かよちんのほっぺたとかふとももとか耳たぶとか、気持ち良さそうだなって・・・」モジモジ

花陽「えっ」

凛「だ、だからついいろんな所にキスしちゃったんだにゃ!かよちん許して!」ドゲザ

花陽「手だけじゃなかったのぉ!?」ガーン

凛「えっあっ、しまったにゃー!!」ガーン

花陽「凛ちゃん・・・」ジトー

凛「うわあああん!かよちん、凛のこと嫌いにならないでー!!」
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 03:23:50 ID:btoICby6
花陽「凛ちゃん、ちょっとそこに寝てみて」

凛「こ、こうかにゃ・・・」ゴロッ

花陽「凛ちゃん、動かないでね」

凛「か、かよちん!?」ビクッ

花陽「えっと・・・私も凛ちゃんに同じ事をすれば、おあいこかなって思って」ドキドキ

花陽「凛ちゃんはどこに、その、キス・・・したの?」

凛「・・・ふ、ふとももと、にのうでと、ほっぺたにゃ」カアア

花陽「じ、じゃあやるね、手の甲から」チュッ

凛「んっ(かよちんの柔らかい唇が凛の手に・・・)」ピクッ

花陽「!、次はふともも」チュッ

凛「んっ!は、恥ずかしいよかよちん・・・!」ピクッ

花陽「にのうで、耳たぶ・・・」チュッチュッ

凛「に、にゃ・・・(と、溶けちゃいそうだにゃ・・・)」ビクビク
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 03:42:30 ID:btoICby6
花陽「こ、これで終わり、かなあ?」ドキドキ

凛「あ・・・(もう終わり・・・?)」

花陽「ごめんね凛ちゃん、嫌だったかな」

凛「り、凛は・・・凛はかよちんになら、どこにキスされたって・・・」

花陽「えっ!?」

凛「お願いかよちん・・・もっと・・・な、なーんて!びっくりし、ひあっ!」

花陽「凛ちゃん・・・」チュッ

凛「に、にゃああ・・・!だ、ダメにゃかよちん、首筋なんて」ビクッ

花陽「凛ちゃん可愛い・・・」チュッ

凛(み、耳元でそんな事・・・囁かれたら)

花陽「凛ちゃんは、こんな私は嫌い?」ドキドキ

凛「ううん!好き!凛はどんなかよちんも好き・・・!」

花陽「私も・・・凛ちゃん」チュッ
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 14:32:18 ID:btoICby6
凛「・・・あ、そろそろお母さん達が帰ってきちゃうかも」ドキドキ

花陽「じゃあ、それまでいっぱいキスしよ、凛ちゃんは嫌?」

凛「・・・ううん、来て、かよちん」

花陽「うん」チュッ

~~~~~

凛「はあ・・・はあ・・・」グッタリ

花陽「凛ちゃん、可愛いい・・・」チュッチュッ

凛「も、もうダメにゃあ・・・」トローン

花陽「えへ・・・いっぱいキスしちゃった」

凛(・・・凛、かよちんのキスだけでこんなになっちゃったんだ)ピロリン♪

凛「メール?もーこんな時に誰だにゃー」

from:まきちゃん
本文:にこちゃんが寝てたからついキスしちゃった、これからどうすればいいか教えて!
凛なら花陽にこういう事よくするでしょ!

凛「い、イミワカンナイ、というかそういう風に見られてのかにゃ!?」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 18:04:02 ID:btoICby6
凛「とりあえず返信にゃー」

凛:バレたのかにゃ(三・ω・三)?

真姫:にこちゃんまだ寝てるしバレてないけど、あーもーあんたがデートとかいうから!

凛「うわっ、逆ギレされたにゃ」

凛:凛もまきちゃんのせいでかよちんと一線を越えちゃったにゃ(三>ω<三)

花陽「ちょっ!?」凛「大丈夫だよかよちん、元々一線越えてたと思われてるみたいだし」

真姫:なにのろけてんのよ、意味わかんない!

凛「ほらね、やっぱりにゃー」

花陽「うええ・・・」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 18:12:11 ID:btoICby6
凛:ていうか今どこ?

真姫:私の家よ、帰りにDVD借りたら、にこちゃんがせっかくだから大画面で見たいっていいだして

真姫:とにかく、これからどうしたらいいかだけ答えて!

凛「自分で考えてほしいにゃー・・・」

花陽「そう言わずに答えてあげようよ」

凛「かよちんがそう言うなら、でもなんて答えるの?」

花陽「えーっと、それは・・・」

>>28三択安価
1キスで起こす
2ビンタで起こす
3まずにこを縛る
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 19:52:33 ID:tPXP5OxM
1
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 20:05:34 ID:btoICby6
凛:キスで起こすにゃ、王子様みたいに

真姫:イミワカンナイ!

凛:怒るくらいなら聞かないでほしいにゃー(三・ω・三)

真姫「う・・・確かに」チラッ

にこ「ぐぅ」スヤスヤ

真姫「キスで起こせって、い、イミワカンナイ!」バッ

真姫(そ、そう、これは凛が言ったから・・・私は別にしたくないし)ドキドキ

真姫「にこちゃん・・・(にこちゃんの無防備な唇・・・)」スッ

にこ「!?」チュッ

真姫「おはよう(やっちゃった・・・)」

にこ「え・・・あ・・・」カアア

にこ「ま、まきちゃんのバカーーー!!」ダッシュ

真姫「あっ!!」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 20:14:00 ID:btoICby6
真姫「待って!」ガッ

にこ「どわっ!」

真姫「にこちゃん!」

にこ「は、はいいっ!?」

真姫「海外ではキスくらい普通なの」ドンッ!

にこ「ここは日本!!」

真姫「なにいってるの!?にこちゃんは宇宙ナンバーワンアイドルなんだから国なんて関係ないでしょ!」

にこ「はっ!?た、確かに、にこがあんまり可愛いから、真姫ちゃんがキスしたくなるのも頷けるにこ~」

真姫「そ、そうね・・・」

にこ「なんでそこで反応が鈍るのよっ!」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 20:23:06 ID:btoICby6
真姫「あーもう!」ガバッ

にこ「ぎゃっ!」ドサッ

真姫「色気のない悲鳴ね」

にこ「何なのよもう!!」

真姫「そんな所も、か、可愛い・・・わよ」

にこ「えっ・・・?」

真姫「こうなったらもう止まらないわよ、にこちゃん」スルリ

にこ「な、な、何脱がせてるのよ!」

真姫「にこちゃん・・・」

にこ「ま、待って・・・ダメ!こんなの・・・」
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 20:33:11 ID:btoICby6
真姫「もう止められないって・・・」

にこ「違くて・・・その、やるならちゃんとベッドで・・・して、欲しいの」

真姫「・・・」

にこ「ま、まきちゃん・・・?」

真姫「そこまでしていいとは思ってなかったのよ」

にこ「えっ?」

真姫「でも、にこちゃんがそこまで期待してるなら仕方ないわよね」

にこ「うそうそ!別にそんなつもりじゃ・・・!」

真姫「私が相手じゃ嫌?」

にこ「うっ・・・ず、ずるいわよ」
ーーーーーー
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/08/25(月) 20:51:40 ID:btoICby6
凛「このあとメチャクチャ・・・」

花陽「凛ちゃん?」

凛「何故か口をついて出たにゃ、なんの話だっけ?」

花陽「次の休みはどこに行こうかって」

凛「そうだにゃ!次のデートにゃー!」

花陽「で、デート・・・改めてそう言うと、恥ずかしいね」

凛「凛はそんなかよちんも好き好き好き好き!」

ガチャッ

「ただいまー」

凛「あ、」

花陽「あ・・・良く見たらこんな時間、残念だけど・・・凛ちゃん」

凛「また明日だにゃー、最後に・・・お別れのキス!」チュッ

花陽「んむっ!」

凛「それじゃあかよちん、また明日!」

終わり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『凛「かよちんとお出かけ」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。