果南「ハグ、しよ?」ようちかまり「断るッ!」

シェアする

果南-アイキャッチ28
理事長室

鞠莉「これは由々しき事態よ…!」

ようちか「うん…!」

鞠莉「見た?あの善子のドヤ顔!」

─────────────

pixiv: 果南「ハグ、しよ?」ようちかまり「断るッ!」 by 鷹南。

スポンサーリンク

果南『善子~♪』ギューッ

善子『あっ、もうッ!//』カァァ

ようちかまり『…』

善子『!』チラッ

果南『えへへっ♪』

善子『…………ふっ♪』ドヤァ

ようちかまり『ッ!!?』

─────────────

千歌「あれにはわたしもカチンと来た!チカムッチャファイヤーだよ!」

曜「じもあいコンビ解散も検討に入れるとこだったよ…」

鞠莉「私なんかギルキスは私以外果南にハグされてるのよ!?」

千歌「鞠莉ちゃん…」

鞠莉「うぅ…」シュンッ

曜「でも、なんで私たちだけハグされないんだろうね?」

ちかまり「うーん…」

鞠莉「ま、まさか…!」

千歌「鞠莉ちゃんなんかわかったの?」

鞠莉「私たち、果南に嫌われてる…?」

千歌「そんなぁ!!?」

曜「果南ちゃんに嫌われてるって感じではないと思うんだけど…」

鞠莉「私たちは果南のことがLOVEなのに~」

千歌「そーだそーだ!」

曜「確かにそうだけど…。もしかしたら果南ちゃんがハグしてくれない理由があるのかも」

千歌「理由?」

鞠莉「理由か……はっ!」

曜「どうしたの?」

鞠莉「恥ずかしい…とか?」

ようちか「…」

ようちか「いやいやいやいや!」

千歌「そんな訳ないじゃん!恥ずかしいくらいでハグしないなんて、Aqoursハグ魔の名が廃っちゃうよ~」

曜「Aqoursハグ魔…?ま、まあそれはともかく理由はそんなんじゃないと思うな~」

鞠莉「そっかぁ…」

千歌「……逆に考えよーよ!」

曜「逆?」

千歌「わたしたちの共通点を探すんだよ!」

鞠莉「なるほど!ナイスよ、ちかっち!」

曜「共通点かぁ…」

鞠莉「とにかく元気!」

千歌「元気!」

曜「確かに活発ではあるね」

鞠莉「それにハグされるよりしにいく!」

千歌「うん!鞠莉ちゃ~ん!」ダキッ

鞠莉「ちかっち~!」ダキッ

ちかまり「ぎゅーっ!」

曜「……それかも!」

ちかまり「へっ?」

曜「わたしたち、果南ちゃんに勝手にハグしにいくじゃない?」

千歌「言われてみれば~…」

鞠莉「確かにそうかも…」

曜「それに果南ちゃん、わたしたちには『ハグしよ?』って腕広げてくるじゃん?」

千歌「全力で飛び込むよね!」

鞠莉「もちのろんでーす♪」

曜「ハグを使い分けてるのかも…」

鞠莉「そんなの不公平でーす!」

千歌「そーだそーだ!」

曜「この流れ多いな…」

鞠莉「私たちだって果南にハグされたい!」

千歌「これは、結成するしかないよ…!」

曜「結成って、なにを?」

千歌「Aqoursハグされ隊を!!!」

鞠莉「いぇ~い!」

曜「いやいやいやいや!!」

千歌「隊長は……鞠莉ちゃん!」

鞠莉「任されました!」

千歌「それでわたしは指揮官で、よーちゃんは船長だよ!」

曜「驚くほど統一性がない隊に配属されてしまった…」

鞠莉「よーっし!なんとしても果南にハグしてもらうわよー!」

千歌「おー!」

曜「まあ、頑張りますか!」

鞠莉「じゃあ、作戦会議よ~!」


千歌(それからわたしたちと果南ちゃんの…)

曜(くだらないプライドとハグをかけた…)

鞠莉(前代未聞の戦いが、幕を明ける…!)


………


果南「さかなさかなさかな~♪」ニコニコ

千歌「こちらちかっち。目標、陽気に自分の歌を口ずさんでいます、どうぞ」

鞠莉『こちらマリー。わかったわ。作戦通り、果南に仕掛けて』

鞠莉『あと、ちゃんと歌ってるの録音しといてね。貴重なデータよ、どうぞ』

千歌「大丈夫です、隊長。目標に接近してから曜船長が後方でカメラをバッチリ回しております、どうぞ」

鞠莉『ナイスよ。ご褒美に後で美味しいお茶とお菓子を用意しておくわ♪』

千歌「ほんと!?やった~♪」

曜「千歌ちゃん…」

曜「あっ、果南ちゃん来たよ」

千歌「じゃあ、行ってくるね…!」

曜「頑張ってね!」

🍊→🐬

果南「さかなを食べると~♪…あっ、これ違うや。ちょっと似てるんだよなぁ……ん?」

千歌「…」←ハグしよポーズで待機

果南「えぇ…」ヒキッ


作戦①「無言のアピール」


千歌「…」ゴゴゴゴゴ!

果南「…」←無言で通りすぎる

千歌「…」タタッ

果南「へっ?」

千歌「…」パッ

果南「…」

千歌「…」キラキラ

果南「(なんかめっちゃ期待されてる…)」

果南「しょうがないなぁ…」

曜「おっ!意外とすんなり…?」

果南「ほら、おいで♪」パッ

千歌「!」

千歌「わーい!果南ちゃ…」

千歌(この一瞬の中、わたしはあることを思い出した…)


鞠莉『果南にハグされるまでは、私たちは果南にハグしない!Aqoursハグされ隊の契約でーす!』


千歌「……んぅ!!!」キィーッ

果南「ん?」

千歌「わたし、負けないもんッ!」

果南「なにに!?」

千歌「覚えてろ~!!」ダダッ

果南「あっ、ちょっと、千歌ぁ!」

果南「……なんだったんだろ」


………


千歌「カメラマンちかちーです!」

曜「交代なんだ…」

鞠莉『期待してるわ、曜』

曜「なんかわかりづらいから、それ」

鞠莉『そんなことないわ、曜』

千歌「そうだよ~」

曜「めんどくさっ!」

千歌「とにもかくにも果南ちゃん登場!」

鞠莉『頼んだわ、曜!』

曜「……はいはい」

⚓→🐬

果南「あっ、曜だ」

曜「果南ちゃん、どーもであります♪」ニコッ

果南「うん♪……で、千歌見なかった?」

曜「千歌ちゃん?……さあ」

果南「そっか……なんか様子が変だったから気になってね」

曜「そうなんだぁ…」

果南「なんか困ってるなら助けてあげたいし、曜も気遣ってあげてくれないかな?」

曜「うん!わかった!」

果南「よしっ。それじゃ…」


作戦②「遠回しなアプローチ」


曜「いや、それはそうとさ……」

果南「ん?」キョトンッ

曜「なーんか、最近されてないっていうか……ね?」

果南「されてない?何を??」

曜「何て言うか、ほら、あれだよ、あれ」

果南「あれって言われても……」

曜「いやね……げふんっ、げふんっ…うん」

果南「むーっ!はっきりしないのは好きじゃないよ!」プクー

曜「さ、最近水泳で記録出たんだよな~?だ、誰か褒めてくれないかな~?」チラチラッ

果南「!」

曜「してくれないかな~?かな~?」

果南「……な~んだ♪素直じゃないんだから、曜は…!」ニコッ

曜「(余裕かな…?)」ポンッ

曜「………ん?」

果南「よしよ~し、頑張った頑張った♪偉かったね~、曜?」ナデナデ

曜「…」

果南「うふふっ」ニコッ

曜「………えへへっ//」ニッ


………


千歌「鞠莉隊長」

鞠莉「なーに、ちかっち」

千歌「なんでいるんですか」

鞠莉「隊長ごっこ飽きた」

千歌「バカっ」ペシンッ

鞠莉「ひゃんっ!……なにするのよ!」

千歌「ハグは………遊びじゃないっ!」

鞠莉「………はっ!?」

曜「人の台詞でなに遊んでるのさ」

鞠莉「黙りなさい、裏切り者」

千歌「そーだそーだ!」

曜「千歌ちゃんの役回りが安定しない!」

鞠莉「頭ぽんぽんからのなでなでコースなんて、なにレアな対応受けてんの!」

曜「まあ……流れ?」

鞠莉「そんな、流れでなでなでコースなんて……」ヤレヤレ

千歌「あっ、わたしもされるや」

鞠莉「己、ちかっち」カマエ

千歌「ごめんね、鞠莉隊長…」カマエ

曜「こんなとこでファイティングポーズ取ってどうすんのさ」

千歌「波動拳!」

鞠莉「百烈張り手!」

曜「道端ファイトしなくていいから!!」

ちかまり「ちぇー」

曜「もう……Aqoursハグされ隊は?」

鞠莉「もちろん、続行でーすッ!」

千歌「やー!」

曜「大丈夫なんだろうか……」

鞠莉「次は私が行きます」

千歌「健闘を…!」

曜「頑張って!」

鞠莉「見てなさい!」

✨→🐬

鞠莉「かなぁん♪」モミッ

果南「ひゃあっ///」


作戦③「ダイレクトに表g…」


果南「バカぁーーーっ!!!///」バチンッ

鞠莉「へぶっ!?」


………


鞠莉「…」ヒリヒリ

曜「さあ、次はどうしよっか」

千歌「じゃあ、二人で行く?」

曜「いいかも~!」

千歌「行くぞ~!」

鞠莉「………痛いっ」クスンッ

🍊⚓→🐬

果南「鞠莉のヤツ、相変わらずなんだから」

千歌「よーちゃ~ん!」ギュー

曜「千歌ちゃ~ん!」ギュー

果南「…」ピタッ


作戦④「流れを作る」


千歌「ぎゅー!」

曜「ぎゅーっ!」

果南「…」ウズウズ

千歌「あははっ」ホッペ

曜「えへへっ」スリスリ

果南「………は、ハグぅ」オロオロ

ようちか「!」

果南「…っ!」ブンブンッ

ようちか「ん?」

果南「ね、ねえねえ?千歌、曜?」

千歌「なーに?」

曜「どうしたの?」

果南「………は、ハグ」

ようちか「…」ゴクリ

果南「……しよ?」パッ

ようちか「…」ダッ

果南「あっ…!」パァッ

ようちか「…」ダダッ←広げた腕の下を通過

果南「………え?」チラッ

千歌「……ま、負けないもん!」

曜「必ず勝つんだから!」

ようちか「うわ~ん!」ダダダッ

果南「…」

果南「………え、えぇ」シュンッ


………


鞠莉「おかえり」

千歌「手強すぎるよ、果南ちゃん」

曜「途中まではうまくいってた気がするけどね…?」

千歌「なんでわたしたちにはハグしてくれないんだろう…」シュンッ

曜「さすがに悲しいでありますぅ…」シュンッ

鞠莉「……インパクトよ」

千歌「ふぇ?」

鞠莉「インパクトよ!エンターテイメントよ!足りないのは!」

曜「ハグにインパクトって…」

鞠莉「さあ、行くわよ。私たちの力を合わせて、ハグを勝ち取るのよ…!」

🍊✨⚓→🐬

果南「…」トボトボ

果南「………はぁ」

ゴロゴロゴロッ…!

果南「きゃっ!」

曜「………くっ!」キッ

鞠莉「その程度なのかしら?」

曜「こんのっ……!」

鞠莉「そんなことじゃ、このマリーには敵わないわよ?」

曜「アメリカ人め…!」

鞠莉「イタリア系のね」

果南「………えぇ」


作戦S(シャイニー)「茶番-ちゃばん-」


千歌「よーちゃん!」

曜「千歌ちゃん!?隠れてて言ったじゃん!なんで出てきたの!」

千歌「だって……」

鞠莉「戦場では敵から目を背けるなんて……御法度よ!」

曜「しまっ…」

パタッ

千歌「…」

曜「ち、千歌ちゃん…?千歌ちゃん!!」

千歌「よ、よーちゃん………」

鞠莉「ふっ、無様な姿ね」

曜「なんで、かばって…」

千歌「ふふっ、だって……手に入れるんでしょ?」ニコッ

曜「ち、千歌ちゃん…」

千歌「がんばっ……て………………がくっ」

曜「千歌ちゃああああああああん!!」

鞠莉「ふふふっ、次はあなたの番よ?」

果南「…」

曜「こ、こんな時あれがあれば…!」

曜「ハグがあれば……!」

果南「えぇ…」

鞠莉「バカね。こんな場所にそんなハグ指数を持った者なんて…」

果南「ハグ指数…」

曜「はっ、いる…近くに!」チラッ

果南「へっ?わたしっ?」

曜「ハグを…わたしに、ハグを!」

果南「えっ、えーっと、はい」パッ

曜「…」

曜「お願い、ハグを!」

果南「だからっ、はいってば!」

曜「あー、まどろっこしい!ハグをわたしにして!」

果南「えっ?」ドキッ

曜「えっ?」

果南「えっと、わたしから……するの?」

曜「ま、まあ……うん」

果南「………り」

曜「へ?」

果南「やっぱむりぃぃぃぃぃ!!!」ダダッ

曜「ええっ!?」

千歌「…」

鞠莉「Oh…」

千歌「…」ムクリ

千歌「………あやしい」

曜「無理って……無理って……」ブツブツ

ちかまり「あっ」

※曜ちゃんを二人で慰めました。


………


千歌「そして、作戦は続きましたが…」


千歌『果南ちゃん、ハグしよ!』

果南『おいで?』

千歌『断るっ!!』

果南『!?』


曜「なぜか断られる…」


ドンッ

果南『きゃっ』

曜『ハグ………しろよ』

果南『いや、あの…えっと……///』カァァ

果南『むりぃぃぃぃ!!』ダダッ

曜『ま、また無理って…』

梨子『曜ちゃん、もっかいやろ』


鞠莉「どうしたものか…」


鞠莉『かなぁ「ふんっ!!』セオイナゲ

鞠莉『理不尽っ』


………


部室

果南「…」

善子「………あのさぁ」

善子「私やリリー、ダイヤにルビィやずら丸には抱きついてくのになんで千歌たちにはいかないのよ」

果南「…」

果南「わからないんだよ…」

善子「わからない?」

果南「………ちょっと充電」ハグッ

善子「また急ね…」

果南「あの3人は、善子たちとは違って自分でハグしてくるでしょ?それが当たり前になって…」

善子「当たり前になって?」

果南「………照れ臭い、ていうか//」

善子「えぇ…」

果南「最近、露骨にわたしにハグをさせようとしてきてて、かれこれ1週間はハグしてない…」

善子「あの、ハグ魔がねぇ……」

果南「誰がハグ魔だ…!」ムギュー

善子「………長くない?もういいでしょ、暑いんだけど?」

果南「善子抱き心地良いから……やっ」ギュッ

善子「いやって言われても……」

ガララッ

ようちかまり「果南(ちゃん)!!!」

千歌「あっ、善子ちゃん…!」

曜「またハグされてる」

鞠莉「ギルティーです!」

果南「…」←果南ちゃんは鞠莉ちゃんたちとは反対方向を見て善子ちゃんにハグしてる

善子「…」

善子「………ふっ」ドヤァ

ようちかまり「!!?」

善子「……ま、ともかく」

善子「果南?そろそろケリつけなさい?」

果南「………ん、わかった」

千歌「果南ちゃん…」

曜「わたしたちにはハグするの、嫌?」

果南「そんなこと、ないよ」

鞠莉「だって、してくれないじゃない!」

果南「………だ、だって」

ようちかまり「…?」

果南「は、恥ずかしぃんだもん……//」カァァ

ようちかまり「」カチ-ンッ

果南「だって、昔から三人はわたしに勝手にハグしてくるからさ。わたし、なんかわかんなくて」

果南「いざ、ハグしようとすると………わかんないけど、恥ずかしくなって…」

果南「でも、やっぱり三人とハグしないのは寂しくて辛くて……」

果南「もうわかんなくて……」グスッ

千歌「果南ちゃんっ!」ダキッ

果南「千歌……?」

千歌「ごめんね、果南ちゃん。ワガママ言って…」

千歌「変な意地張って素直になれなかった」

曜「それにわたしたちも寂しかった」ギュッ

鞠莉「もしかしたら果南に嫌われたんじゃないかって…」ギュッ

果南「そんなの、そんなのある訳ないじゃん……」

果南「よかった、よかったよぉ……」グスッ

ようちかかなまり「うわぁ~ん!」

善子「………はぁ」

善子「まあ、めでたしね」


………


果南「うふふっ」ニコニコ

善子「上機嫌ね」

果南「千歌に曜と鞠莉といっぱいハグしてハグ分回復したから!」

善子「それは良かったわね」

果南「よしっ」ギューッ

善子「ハグ分は回復したんじゃないの?」

果南「なんか、善子ってほんとハグしてて良いんだよね!安心する♪」

善子「はいっ!?///」

果南「なんかポカポカしてきたよ?」

善子「し、知らないわよバカっ!//」

善子「(この鈍感ハグ魔めぇ…!)」

果南「とりあえず、あと30分♪」

善子「はーなーれーろー!!!///」


おしまい

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『果南「ハグ、しよ?」ようちかまり「断るッ!」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)