穂乃果「39度のとろけそうな日」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ26
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:29:27.59 ID:8DJBy0yiO
ミーンミーンミンミン

にこ「セミ…うるさい…」

ガチャ

海未「ごきげんよう」

ことり「こんにちは」

穂乃果「あ~す」

にこ「あ~す」

海未「ちょっと…穂乃果、にこ。その挨拶は何ですか?だらしないですよ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1531571367

元スレ: 穂乃果「39度のとろけそうな日」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:38:17.14 ID:10yK7FCK0
穂乃果「いやぁ…この暑さじゃ…ねえ?」

にこ「そうよ」

海未「全く」

穂乃果「って言うかさ…部室暑くない?」

にこ「夏だからね~」

穂乃果「冷房入れないの?」

にこ「うん」

穂乃果「え?何で?」

海未「なるほど。エコですか!感心ですね。穂乃果もあまりエアコンばかり使わず」

穂乃果「いや、でもさ~今日39度までいくんだよ?倒れちゃうよ。ねえ?ことりちゃん?」

ことり「え?私?そ、そうだね」

にこ「違う」

海未「え?」

にこ「」
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:45:44.63 ID:10yK7FCK0
にこ「正確には使わないんじゃない。使えないのよ」

穂乃果「え?何で?」

にこ「壊れたみたい」

穂乃果「え?にこちゃん壊したの?」

にこ「違うわよ。にこが壊したんじゃないわよ」

穂乃果「わ~最悪だ~。エアコンが壊れた~。にこちゃんがエアコン壊しちゃった~」

にこ「だから違うって言ってるでしょ。使おうとしたら壊れてたのよ」

穂乃果「何で壊れたのさ?」

にこ「暑さのせいじゃないの?」

穂乃果「そんなんで壊れるの?夏に使うものなのに?」

にこ「知らないわよ!!!暑いんだから大声出させないで」

海未「そうですよ、穂乃果。で?何をしたら壊れたんですか?」

にこ「だから知らないって言ってるでしょ!何、人を疑ってるのよ!!!」

海未「いえ、疑ってると言うか…直すのであれば現状を把握しておいた方がいいのではと…」

にこ「あんた直せるの?」

穂乃果「え?そうなの?」

海未「直せませんけど」

にこ「あぁ…そう。だったら何で言ったのよ」

穂乃果「確かに…」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 21:55:22.82 ID:10yK7FCK0
にこ「いや、もうやめましょう。ただでさえ暑いんだから」

穂乃果「そうだね。もう声を発するのも嫌になるね」

海未「はあ…だらしない。普段から冷房に頼り過ぎなんですよ?」

穂乃果「…」

にこ「…」

海未「無視ですか?」

穂乃果「いや…暑くてさ。返事をする気が…」

にこ「ほんと…後にしてよね」

海未「全く。本当にだらしない」

穂乃果「分かったから。小言を言うのはちょっと勘弁してよ」

にこ「本当よ。あんたは姑かってのよ」

海未「違います」

にこ「知ってるわよ!!冗談で言ってるのよ」

海未「はあ…」

穂乃果「もう、にこちゃん。大きな声を出すのはやめよ~よ~」

にこ「そうね。体力の無駄ね」

穂乃果「そうだよ。皆んなが来るまで大人しくしてよう」

にこ「そうね」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:01:42.75 ID:10yK7FCK0
ミーンミーンミンミンミン

穂乃果「あ~もう。セミうるさ~い!!!」

にこ「あんたの方がうるさいわよ!!!!」

海未「どっちもうるさいです」

ことり「あはは」

にこ「もう、本当大人しくしてて?」

穂乃果「だってさ~セミうるさくない?」

にこ「そりゃあ、うるさいわよ」

穂乃果「でしょ?いや、確かにね?夏にセミが鳴かなかったらそれはそれで寂しいよ?うん…寂しいね。セミの鳴かない夏なんて雪の降らない冬みたいなものだよね…」

にこ「そんなに降らなくない?東京って…」

穂乃果「いや…本当…あ~もうどうすればいいんだろう」

にこ「静かにしていればいいのよ。ことりを見なさい。黙って文句の一つも言わずに」

ことり「え?私?」

にこ「そう」

穂乃果「分かってるよ」

にこ「本当に?」

穂乃果「本当に」

にこ「…」

穂乃果「…」
6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:04:44.73 ID:10yK7FCK0
穂乃果「…」

にこ「…」

ことり「…」

海未「今日…練習どうしましょうか?」

穂乃果「…」

にこ「…」

海未「この暑さを乗り切る為に基礎体力をつけるトレーニングをしましょうか?」

穂乃果「…」

にこ「…」

海未「長距離走でも」

穂乃果「やらないよ!!!!」

にこ「死んじゃうってば!!!!」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:16:40.96 ID:10yK7FCK0
海未「え?しかし…」

穂乃果「普通に考えてよ。長距離走?やる訳ないじゃん。確かに必要だよ?基礎トレーニングも!でも今日は違くない?」

にこ「そうよ。こんなクソ暑い日に長距離走なんかやったら倒れるわよ。私は絶対に倒れる」

ことり「にこちゃん言葉遣いが…」

海未「だ、大丈夫ですよ。アツいハートがあれば」

穂乃果「そんなんじゃ補いえないよ。なんで暑いっていってるのにアツいハートで補うの?アツいもので暑さを何とかしようとしないで」

海未「いや、そう言う事では」

にこ「穂乃果が言ってる事は意味分からないけどなんでも根性でどうにかなると思ったら大間違いよ!」

海未「しかし…」

にこ「しかしじゃないわよ。馬鹿なの?ニュースでも熱中症とかやってんでしょ?あんた、脳みそまで筋肉で出来てる訳?」

海未「そんな訳ないでしょう!」

にこ「揶揄してんのよ」

穂乃果「やゆ?」

にこ「あんたはいいのよ」

穂乃果「あ~にこちゃんバカにした!穂乃果の事バカにしたね」

にこ「だって仕方ないじゃない。事実バカなんだから」

穂乃果「ばかじゃないもん」

ことり「あぁ…暑さで穂乃果ちゃんとにこちゃんが凶暴になっちゃったよぉ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:19:29.66 ID:10yK7FCK0
にこ「…やめましょう」

穂乃果「うん…そだね」

海未「はあ…その言葉さっきも聞きましたけどね」

穂乃果「いや、海未ちゃん。本当にやめよう」

にこ「頭下げるから」

海未「…」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:27:18.99 ID:10yK7FCK0
ミーンミンミンミン

穂乃果「あのさ…」

にこ「ん?」

穂乃果「ここ女子校だよね?」

にこ「そうよ」

穂乃果「脱いでもセーフ?」

にこ「いや、アウトでしょ」

海未「当たり前です」

穂乃果「上だけだよ?」

にこ「ここで下脱いだら友達やめるから」

穂乃果「え?穂乃果はにこちゃんが脱いでもやめないよ?」

にこ「前提として脱がないから。上も下も」

穂乃果「はあ…。別に女の子しか居ないんだしセーフじゃない?」

にこ「さっきピーターソン先生居たわよ」

穂乃果「う~ん……おじいちゃんだしセーフじゃ」

にこ「ダメでしょ」

海未「絶対ダメです」

穂乃果「そうかなぁ…ねえ?」

ことり「え?だ、ダメだと思うよ?」

穂乃果「そっか。ことりちゃんが言うなら…」

にこ「なんで…あぁもうつっこむのも馬鹿らしい」






10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:33:51.97 ID:10yK7FCK0
穂乃果「あ~喉が渇いたぁ」

にこ「確かに…」

穂乃果「ジュース飲みたい」

にこ「飲みたいわね」

穂乃果「でも…動きたくない」

にこ「あんた達の分も奢ってあげるからさぁ。買ってきてくれない?」

穂乃果「え?奢ってくれるの?」

にこ「買って来てくれたらね」

穂乃果「え?穂乃果が?」

にこ「ほかに誰がいるのよ?」

穂乃果「え?………」

海未「…私ですか?」

穂乃果「ジャンケンにしようよ」

海未「いや、私は水筒ありますし」

穂乃果「練習用でしょ?」

海未「では、我慢しますから」

穂乃果「ジャンケンしようよ~」

海未「嫌ですよ」

穂乃果「お願い。一回だけ」

海未「一回だけって。それで負けたら買いに行かされるのでしょう?」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:36:54.16 ID:10yK7FCK0
穂乃果「うん」

海未「じゃあ、嫌ですよ」

穂乃果「え~ことりちゃんもやるって言ってるのに」

ことり「え?」

海未「しかし…分かりましたよ」

穂乃果「じゃあ4人でジャンケンだ!」

にこ「は?」

穂乃果「え?何?」

にこ「いや…何でにこも入ってるのよ」

穂乃果「先輩禁止だし…」

にこ「先輩後輩の話をしてるんじゃなくて。にこが奢るんだからにこは除外でしょ?」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:43:34.52 ID:10yK7FCK0
穂乃果「ジャンケンー」

にこ「あっ、ちょっ」

穂乃果「ポン」

にこ「あ~っ!?」

穂乃果「にこちゃんの負け~。穂乃果炭酸ね。お金はちゃんと払うから」

にこ「そんな…」

海未「では、私はお茶を…」

にこ「分かったわよ。はあ…」

ことり「えっと…いいの?」

にこ「負けは負けだから…」

穂乃果「にこちゃんって意外と真面目だね」

ことり「じゃあ、あの…私はスポーツドリンクを…」

にこ「了解…」

凛「凛はスポーツドリンクでいいよ」

にこ「凛はスポーツドリンクね」

凛「うん」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:49:37.62 ID:10yK7FCK0
にこ「えっと…穂乃果は炭酸で海未がお茶、ことりがスポーツドリンクで凛もスポーツドリンク…ん?凛?」

凛「合ってるよ?」

にこ「いや、合ってるとかじゃなくて。あんたいつから居たのよ?」

凛「にこちゃんがジャンケンで負けたあたりから」

にこ「それでなんであんたの分まで買ってかなきゃいけないのよ。私はあんたに負けてない」

凛「じゃあ、凛だけ仲間ハズレ?」

にこ「いや…仲間ハズレった言うか。ジャンケンに参加すれば良かったじゃない」

凛「凛もμ'sの仲間なのに…」

にこ「分かったわよ。買ってくればいいんでしょ?」

凛「わ~い。にこちゃん大好きにゃ~」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/14(土) 22:53:05.57 ID:10yK7FCK0
にこ「全く」ぶつぶつ

ガチャ

穂乃果「あっ、にこちゃんにお金渡すの忘れてたね」

海未「帰って来てから渡しましょう」

ガチャ

真姫「なんか今にこちゃんがぶつぶつ言いながら出て行ったけど?」

凛「あっ!真姫ちゃんにゃ~、真姫ちゃ~ん」

真姫「元気ね…こんな暑いのに…」

穂乃果「ね~羨ましいよ」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:00:59.09 ID:F8hMVu+d0
凛「凛はいつでも元気だよ。穂乃果ちゃんにも夏の暑さに負けない方法教えてあげようか?」

穂乃果「え?なにそれ?知りたい」

海未「それは私も興味ありますね」

凛「えっとね~それは~クールな真姫ちゃんに抱きつく事だよ。クールな真姫ちゃんに抱きつけば冷気で涼しくなるにゃ」ダキッ

真姫「…離れて」

凛「…ね?冷たいでしょ?」

穂乃果「真面目に聞いた穂乃果がバカだったよ」

海未「そうですね」

凛「え~」

真姫「もう…お願いだからこれ以上暑苦しくしないで」

凛「どうして?」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:04:06.53 ID:F8hMVu+d0
真姫「暑くてイライラするからよっ!」

凛「あ~真姫ちゃんこわ~い」

真姫「これ以上は暑いと私も普段の私を保てなくなるから」

穂乃果「それは逆に見てみたいかも」

海未「確かに…」

凛「どんな風になるんだろ?」

真姫「とにかく。これ以上はやめて。って言うかエアコンつけましょうよ」

穂乃果「それがさ~エアコン壊れてるんだよ」

真姫「はあ?何で?」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:10:12.06 ID:F8hMVu+d0
ガチャ

希「いや~暑いなぁ」

花陽「そ、そうだね。皆んなこんにちは」

凛「あっ!かよちん!遅かったね」

穂乃果「二人一緒だったんだ?」

希「そこであったんよね?」

真姫「花陽が凛と別々でくるなんて珍しいわね」

花陽「凛ちゃん…一人でどんどん走って行っちゃうから…」

穂乃果「え?走って学校来たの?何で?」

凛「なんか楽しくなっちゃって」

真姫「意味がわからないわね」

凛「そう?」

希「ウチは少し分かるかなぁ。夏って意味もなく楽しくなっちゃうよね?」

穂乃果「まあ…言ってる事は分かるけど」

真姫「だからって走ろうとは思わないでしょ」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:17:04.08 ID:F8hMVu+d0
海未「ところで…来て早々、花陽は何をしてるのですか?」

花陽「えっと…部室まで来たらお腹すいちゃって…」

希「おにぎりを食べてるやん」

凛「さすがかよちん」

海未「それは分かります。その上で質問してるのです。朝食を食べて来なかったのですか?」

花陽「食べて来たけど…」

穂乃果「朝食食べたのにまた食べるんだ」

真姫「この暑さでよく食欲がわくわね。羨ましいわ」

希「それが花陽ちゃんなのだ!」

凛「なのだ!」

花陽「や、やめてよ…」

穂乃果「見てるこっちがキツイ…」

真姫「ほんとね…」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:23:44.42 ID:F8hMVu+d0
ガチャ

絵里「皆んな~お疲れ様~」

穂乃果「あっ、絵里ちゃん」

真姫「なんかテンション高くない?」

絵里「え?そう?」

真姫「何かあったの?暑苦しいんだけど」

絵里「なんか当たりが強くない?」

凛「なんか暑くてイライラしてるんだって」

絵里「あ~そう言う事。実はね…」

真姫「実は?」

絵里「実は…今日の朝の占いで一位だったのよ」

真姫「は?何?それだけ?」

絵里「それだけだけど」

真姫「はあ…。何よ、たかが占いくらいで」

希「え~ウチの前でそれ言っちゃう?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:37:10.04 ID:F8hMVu+d0
穂乃果「ふ~ん。で?何かいい事あった?」

絵里「ステキな出会いがあるって言ってたけど…。まだないわね。これからかしら?」

真姫「アイドルなんだからステキな出会いなんて会ったらダメじゃない」

花陽「そうだよ。アイドルに恋愛はご法度だよ」

絵里「別に異性との出会いとは限らないでしょ。って言うか花陽…おにぎり食べてるの?」

花陽「え?う、うん」

希「異性じゃないって事は…えりち…なんか熱い視線を感じると思ってたんよね」

絵里「え?は、はあ?な、何言ってるのよ。そんな訳」

凛「焦ってる焦ってる」

穂乃果「余計怪しいよね~」

絵里「なんでそうなるのよ~」

希「あ~えりちの視線でウチとろけそうや」

真姫「もう、騒がないでって言ってるじゃない。暑苦しいのよ」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:44:41.90 ID:F8hMVu+d0
絵里「暑いんだったらエアコン入れればいいじゃない?」

真姫「それがエアコン壊れてるんですって」

絵里「え?壊しれたの?なんで?」

穂乃果「さあ?にこちゃんが居て壊れてたって」

絵里「にこが壊したの?」

穂乃果「本人は否定してる」

希「って言うかにこっちは?」

穂乃果「ジュース買いに行ってる」

ガチャ

にこ「はあ…はあ…買って来たわよ。炭酸売り切れてるから遠くの自販機まで行っちゃったわよ」

穂乃果「あっ!にこちゃんお帰り」

海未「すいません、にこ。今お金を…」

にこ「いいわよ。一回奢るって言ったんだから」

海未「ダメですよ。買いに行ってもらってその上奢ってもらうなんて…」

ことり「そうだよ」

にこ「もう。いいって言ってるでしょ」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:49:49.29 ID:F8hMVu+d0
真姫「にこちゃんって変な所でカッコつけるわよね」

にこ「あっ?何?あんた達来てたの?」

真姫「何よ?悪い?」

にこ「そんな事言ってないでしょ。暑いんだから突っかかって来ないでよね」

穂乃果「にこちゃんサンキュー!」

凛「ありがとにゃ~」

希「にこっち、ありがとさん。さて…ウチはどれに…あれ?にこっち?5本しかないよ?」

にこ「ないわよ。だって、あんた達とはジャンケンしてないじゃない」

凛「凛もしてないよ?」

にこ「だから凛の分を買ってくる必要はなかったのよ!本来は!」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 21:55:55.76 ID:F8hMVu+d0
凛「二年生組には奢るのにね?」

にこ「それは話の成り行きでそうなったのよ」

希「9人居るんだから9人分買って来てよ~。なあ?」

にこ「なんでよ。なんでにこがそこまでしなきゃいけないのよ」

希「なんでって言われてもなぁ?あれやない?エアコン壊した罪滅ぼし?」

にこ「だから、私じゃないって。って言うかなんであんたが知ってるのよ?何?穂乃果が言ったわけ?私が壊したって」

穂乃果「別に壊したとは言ってないよ」

にこ「じゃあ、何でどう言う事よ?」

穂乃果「だから~にこちゃんが居てエアコンが壊れてたって言っただけだよ?」

にこ「それ私が壊したって言ってる様に聞こえるんだけど」

穂乃果「言ってないよ。被害妄想だよ」

にこ「なんですって?」



24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:00:42.28 ID:F8hMVu+d0
絵里「ちょっと…喧嘩はよしなさいよ」

真姫「そうよ。ただでさえ暑いんだからやめてくれない?馬鹿じゃないの?」

にこ「は?」

真姫「え?」

にこ「今の何よ?」

真姫「え?いや…別に…」

穂乃果「ちょっ、ちょっと…にこちゃん?」

にこ「バカって何よ?」

真姫「だ、だから…」

にこ「こっちだって暑くてイライラしてるのに。何なのよあんた?前々から人の事バカにして…」

真姫「そんなつもりじゃ…」

穂乃果「に、にこちゃん?あの…」

希「もしかして…本気で怒っちゃってる?」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:10:30.62 ID:F8hMVu+d0
にこ「そンなつもりじゃないって言うならどう言うつもりなのよ?え?どうなのよ?」

穂乃果「に、にこちゃん…落ち着いてよ」

にこ「言っとくけどね、あんたもよ」

穂乃果「え?」

にこ「エアコン壊れたのも人のせいにして。しつこいのよ。人が優しくしてればつけあがって」

穂乃果「なっ…つけあがってなんかないよ」

海未「ちょっと…やめて下さい。二人とも」

にこ「あんたもよ。だいたい、あんたはさっきから空気が読めてないのよ。何が長距離走よ」

カチン

希「今…何かがキレる音がした…」

海未「…空気が読めない?さっきは聞き流しましたが…そもそもあなた達がたるんでいるのがいけないのでしょう?私は練習を提案しただけです」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:18:40.70 ID:F8hMVu+d0
絵里「う、海未?」

海未「それを…やれ、暑いから嫌だのと。そんなんでよくもまあラブライブ優勝とか言えますね」

にこ「そ、それは…」

穂乃果「海未ちゃん落ち着いて」

海未「あなたにも言ってるんですよ。穂乃果!」

穂乃果「うっ…」

海未「暑さを言い訳にして練習から逃げ出して。何もかも中途半端…そんなので大人になってから困るんじゃないですか?」

穂乃果「なっ、そこまで言わなくたっていいじゃん。なにさ!最近まで一人でトイレ行けなかった癖に」

海未「あなたは小学生の頃を最近と言うのですか?」

穂乃果「最近じゃん」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:27:10.75 ID:F8hMVu+d0
にこ「なにそれ。お笑いね。偉そうに説しておいて一人でトイレにも行けないなんて」

海未「行けます。話を大きくしないで下さい」

花陽「み、みんな。もうやめようよ」

にこ「うるさいわね。何よ?って言うか何であんたはおにぎり食べてるのよ」

花陽「うぅ…」

凛「ちょっと、にこちゃん。かよちんに八つ当たりするのは違うでしょ?」

にこ「そ、それは…悪かったけど。あんたに言われたくないのよ。悪ふざけばかりの癖に」

凛「にゃ!凛も怒ったにゃ~」

にこ「勝手に怒ってなさいよ」

真姫「うっ…うぅ…」

花陽「真姫ちゃん?」

真姫「別に…私はにこちゃんを怒らせるつもりじゃ…」

凛「にこちゃん…真姫ちゃんまで泣かせて」

にこ「し、知らないわよ」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:30:39.95 ID:F8hMVu+d0
凛「かよちんと真姫ちゃんに誤って」

にこ「なんでにこが」

絵里「ちょ、ちょっと…皆んな?どうしちゃったのよ?おかしいわよ」

希「この暑さとジメジメで皆んなイライラがピークに達してしまったんやろか?」

絵里「だからって…こんな。皆んなやめましょう。私達仲間でしょ」

ワイワイ ガヤガヤ

絵里「ねえ?聞いて。こんなくだらな事で喧嘩なんて悲しくない?」

ワイワイ ガヤガヤ

絵里「ちょっと…もう。希…誰も私の話を聞かないんだけど」

希「えりち…」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:33:01.85 ID:F8hMVu+d0
穂乃果「くっ、海未ちゃんのバカーーー」

海未「あなたにそんな事言われたくありません」

凛「真姫ちゃんとかよちんに謝って」

にこ「あんたは関係ないでしょ」

花陽「り、凛ちゃん。私はいいから」

真姫「うぅ…グスッ…」

絵里「ちょっと…」

ことり「うるさーーーーーい」

穂乃果「え?」

にこ「な、何?」

海未「ことり?」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:39:33.86 ID:F8hMVu+d0
ことり「皆んないい加減にして。穂乃果ちゃんも凛ちゃんもいつも悪ふざけし過ぎだよ」

穂乃果「は、はい…」

凛「すいません…」

ことり「にこちゃんも自分の事は棚に上げて。八つ当たりしても仕方ないでしょ。海未ちゃんも少し冷静になってよ」

にこ「え、 ええ…」

海未「き、気をつけます」

ことり「暑いのは皆んな一緒なんだよ。私だって暑いの。我慢してるんだよ?それなのに…それなのにぃ…皆んな自分勝手だよ」

穂乃果「ご、ごめん。ことりちゃん…」

ことり「分かってくれればいいの。でもね、皆んな暑いのは一緒なんだよ?自分だけじゃないんだから」

穂乃果「はい…」

ことり「もう練習する時間も短なっちゃうよ?私は用意終わったから先に行ってるよ?」

穂乃果「う、うん」

海未「我々もすぐに行きます…」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:44:30.49 ID:F8hMVu+d0
穂乃果「皆んな…ごめんね?」

海未「いえ…私の方こそ」

にこ「にこも悪かったわ。真姫も花陽も…ごめん」

真姫「うん…大丈夫」

花陽「私も気にしてないよ」

にこ「そう」

穂乃果「あの…怖かったね」

海未「そうですね…」

にこ「冷房必要ないくらい冷やっとしたわね」

凛「うん。あれ?」

にこ「どうしたの?」

凛「エアコン…コンセント外れてるにゃ…」

穂乃果「え?なんで?」

絵里「あっ…」

希「えりち?」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/15(日) 22:45:11.74 ID:F8hMVu+d0

SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です
穂乃果「39度のとろけそうな日」
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「39度のとろけそうな日」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)