勇者海未「ついに追い詰めましたよサキュバス!」サキュバスことり「わぁ、こわーい♡」

シェアする

海未-アイキャッチ41
3: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:03:23.36 ID:o2UUD6Bz
海未「その余裕がいつまで持ちますかね?」

ことり「さぁ?やってみれば分かるんじゃないかなぁ?」

海未「望むところです、いざっ!!」

海未「はあぁぁぁっ!!!!」

元スレ: 勇者海未「ついに追い詰めましたよサキュバス!」サキュバスことり「わぁ、こわーい♡」

スポンサーリンク
4: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:04:03.89 ID:o2UUD6Bz
―――――――――――――

海未「う、うぅ……っ」ボロッ

ことり「なぁーんだ、この程度なの?」

海未「そんな………っ」

ことり「負けたからには…分かってるよね?」

海未「な、なにを…するつもり、ですか?!」

ことり「別に、ちょっと抱っこしてあげるだけだよ?よいしょ、っと…」

海未「な、なにをするのですか!離しなさい!」

ことり「敵に命令されて聞く人はいませんよー♪」ケタケタ

勇者さんを腕ごと、ぎゅーっと抱き締めちゃいます♡
6: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:05:06.27 ID:o2UUD6Bz
海未「こっ!こんなもの……!」

ことり「くすくすっ♪どう?ほどけそう?」ギューッ

海未「う、くぅ……っ!なぜ……!?」ジタバタ

ことり「こう見えても、私サキュバスなんだよ?普通の人間より身体能力高いのなんて、当たり前でしょ♪」

ことり「ふふっ♡腕ごと抱き締められちゃって…勇者さん、もうどうやっても抵抗できないねぇ……ことりにいじめられるしか、なくなっちゃったねぇ…♡」

海未「う、うるさいです…っ!そんなこと………」

ことり「まぁ、口ではなんとでも言えるもんね~…」

ことり(嫌がってるような口ぶりだけど…おちんちんびくびくしちゃってるの、気付いてないの?…ふふふふっ♡)
8: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:06:27.82 ID:o2UUD6Bz
ことり「じゃあ、まずは下準備から♪こうやってぇ…おちんちんの根元、尻尾できゅっきゅーっ♡って縛っちゃおうね♡」

海未「ひ!うっ♡やめ、なさい…っ!」

ことり「うーん、反抗的だなぁ?そんな態度とってるとぉ…もっときつーく縛っちゃうよ♡ぎゅっ、ぎゅーっ♡」

海未「う゛あ゛っ!?」

ことり「これだけきつく縛っちゃえばぁ…勇者さん、射精できないね♡」

海未「なにを、する……つもりですか……っ!」

ことり「悪者に負けたヒロインがされることなんて……決まってるでしょ?」

グニュッ♡

海未「あっ♡」

ことり「えっちな拷問の始まり、だよ♡」
9: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:07:35.09 ID:o2UUD6Bz
ことり「まずはぁ…いじめてほしそうにいやらしい匂いさせてるおちんちんから、気持ちよくしてあげるね♡」

海未「だっ!誰がそんな……っ!」

ことり「ほーら、しっぽの先っぽでぇ…つるつる♡しこしこ♡」

うわぁ♡勇者さんったら、あんな見栄切っておきながらこんなにあっさりびくびく痙攣しちゃって…かわいいなぁ♡

ことり「つよーい勇者さんはぁ…サキュバスなんかには負けないんだよねー♡」

海未「とっ、当然……っ!です…!」

ことり「だけどこれでも、かなぁ……♡」トロー

海未「う゛ぅッ♡あ、はぁぁ……♡」

ことり「まだまだ…♡」ヌトー

海未「くうぅぅぅっっ……♡♡」

ことり「えへへへへっ♡どうかなぁ、ことりのよだれ♡」

ことり「ことりのよだれと勇者さんのがまんじるでぇ…勇者さんのおちんちん、ぐっちょぐちょだぁ♡」

ことり「滑りがよくなったね…♡まだまだぐちょぐちょしてあげるからね♡」

海未「んっ……ふぁ、ぁ♡うううぅぅ……♡♡」ピクピク
12: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:09:13.00 ID:o2UUD6Bz
ことり「ふーん、結構耐えるんだね?」

海未「当り…前です、例え敗れようと、心まであなたに屈服するわけにはいきません…っ!」

ことり「その強がり、どこまで持つのかなぁ…?」ゾクゾク

ことり「じゃあちょっと激しく……しっぽの形変えてぇ……鈴口に突っ込んじゃうよ♡えーい♡」

ことり「鈴口、ほじほじ♡」

海未「ぐ!!!あ゛あ゛あ゛ぁぁぁ!!!!痛っ、いたあ゛あ゛っっ!!!」

ことり「あはっ♡痛いんだ?ここ、ほじほじされると痛いんだぁ?」

海未「―――――っ!!そんな、こと……あり、ま――――」

ことり「これでもぉ?ほんとにぃ?」ほじほじほじ

海未「う゛ッあ゛あ゛!!!痛い、痛いですっ!!すみません!すみませんんんっ!!!」

まったく。
どうせ逆らえないんだから、そんな口だけの抵抗無意味だって分かってると思うんだけどなぁ?
14: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:10:17.30 ID:o2UUD6Bz
ことり「………でも、そんなに痛いクセに、イキそうになってるよね?勇者さんってどえむなんだ♡」

海未「わたしはっ!マゾヒスト、などではぁ……!」

ことり「嘘つきさんだ♡」ほじほじ

海未「うぁぁ♡ちが、わた…っ、は――――う゛ッ♡」ブルッ

ことり「あははははっ♡射精したいの?射精したいよね♡でもダメよ♡射精させてあーげない♡」グイグイイッ♡

射精したそうに勇者さんのざーめんが沸き上がってきてるの、しっぽの先で感じるよ♡

どえむの勇者さんのために、もっとぎゅー、って根元縛りあげちゃう♡

海未「っ!!痛い、痛い!!痛い!!痛いですぅぅぅっっ!!!」
15: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:11:19.84 ID:o2UUD6Bz
おちんちんの痛みと快楽に耐えるのに必死で、無防備になっちゃってる勇者さんの耳元を…

ペロッ♡

海未「ひぁぁぁぁぁっっっ♡♡」ビクビクッ

はみはみ♡

海未「うあぅぅぅ、あううあぅっっ♡♡」

ことり「ふぅ……………っ♡」

海未「きゃあっ!!!??!」ジタバタ

わぁ、かわいい悲鳴♡
こんなにカッコいい勇者さんでも、やっぱり不意うちには弱いんだ♡

それとも、耳が特別弱かったり?

…なら、まずは耳から、責め落としちゃおうかな♡
16: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:12:46.16 ID:o2UUD6Bz
ことり「ねぇ……勇者さん?」

海未「っ……、なんですか……っ」

ことり「しゃ・せ・い♡したくなぁい?」

海未「なにを…言うのですか!したいはずないでしょうっ!!」

ことり「本当に?もう限界なんでしょ?したいはずだよ?しゃせい♡」

海未「生憎、私はそんなに弱い人間ではありません…あなたの誘惑には決して乗りませんから!」

ことり「ふぅ、ん…ほんとかなぁ?」

じゅるじゅるっ♡

海未「きゃあぁぁぁっっ!!?!」ビクビクッ♡

頑固な勇者さん…けど、こういう意地っ張りさんが陥落しちゃう瞬間が一番ソソるんだよね…♡
19: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:13:54.96 ID:o2UUD6Bz
耳舐めで勇者さんの耳、れいぷしちゃおっと♡

ことり「射精したいくせに…意地っ張りさんは嫌いだよ?耳、じゅるじゅるされて気持ちよくなってるくせに…」

海未「いやぁぁぁぁっっ♡♡そんなこと、な……っ!!」

ことり「へぇ?その割にはおちんちん、ぎんぎんだけど?」

海未「ちが、これはぁ!!違う!!違うんですぅ!!!」

ことり「なにが?違うんですかー?」レロレロレロ

海未「あっ、ちがっ♡だめ、っ……みみ……、だめっ…♡」

ことり「耳だけでイッちゃうのぉ?くすくくっ♡」

海未「ふぁぁぁ♡ら、めぇ…♡そんなのぉ♡らめぇぇぇ♡♡」

ことり「そうだよね、耳だけでイカされちゃったら勇者さんの名折れだもんね♪」

ことり「だからぁ…言い訳、用意してあげようか?」

海未「いい、わ…………?」

ことり「弱点の耳とおちんちん、両方一緒に責められたんだからイッても仕方ないって言えるように、さ♡」

―――まぁ、イカせてあげるつもりなんてないんだけどね♡

海未「はぁ……はぁ……♡…だ、れが……そんなもの―――――あっ♡」

亀さん、手のひらで思いっきりぐりぐり♡

海未「ん゛あっ…♡そ、れ♡だ――――っ♡」

ふーっ♡
ぐりぐりぐりぐりっ♡

海未「あうあぁぁぁぁ!!!!ふあぁぁんっ♡♡」ビクンビクン

息吹き掛けと、亀さんぐりぐり♡
勇者さんのちっぽけな理性なんて、いっぱつで飛ばしちゃうよ♡
20: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:15:02.67 ID:o2UUD6Bz
ことり「さて、と……勇者さん?」

ことり「しゃ・せ・い♡したいよね?」

海未「う、はぁ……♡しゃ、せ……ぇ…?」

ことり「そう♡射精♡おちんちんしこしこ~♡ってして、うーんと気持ちよくなっちゃったときにざーめん、ぴゅっぴゅーっ♡って出しちゃう、しゃせい♡」

海未「うあ、わたし…は――――――」

ことり「したいよね?」

海未「え……?いや、わたしは――――――」

ことり「し・た・い・で・しょ?」レロレロ

海未「したいぃっ♡したいですぅ♡」ビクビクッ

ふふ♪
認めちゃったら…もうあと一歩だ♪
21: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:15:57.05 ID:o2UUD6Bz
勇者さんの耳元にお口を近づけて、思いっきりウィスパーで…

ことり「射精したいね♡射精したいね♡射精したいね♡射精したいね♡射精したいね♡射精したいね♡射精したいね♡射精したいね♡」ボソボソ♡

海未「あ゛、あ゛ぁ♡ああぁぁ…っ♡」コクコク

ふふふっ♡ことりの魔法の呪文♡
陥落しちゃった耳から責めれば、あっさり堕ちちゃうに決まってるよね♡

涙も鼻水もよだれも汗も…ぜーんぶ垂れ流しで♡
もうすっかり射精のことしか考えられなくなっちゃった♡

ことり「ね♡ことりが許してあげるから、射精しちゃおっか♡ことりがせーの、って言ったら射精しちゃおっか♡射精したいもんね♡いっぱい射精して、いっぱい気持ちよくなりたいもんね♡♡」ボソボソ

海未「あ、う゛あ、ぁぁ♡……っ♡」コクコク

ことり「くすくす♡勇者さんったら、おちんちんばっきばきだね♡ちゃんとほぐしてあげないと、だね♡」シコシコ

海未「う゛ぁ♡ん゛ぅ、あ、ぁ…♡」コクコク

ことり「しこしこ…♡ペースは変えないで、このまま♡やさしーく…しこしこ…♡♡」シコシコ

海未「ふぁ、ぁ♡あぁ…ん゛♡ぅ♡」コクコク

ことり「ほら、どう…?腰の力、抜けてきちゃったでしょ♡」シコシコ

海未「う゛ぐ、あ♡あぁ、あ゛♡」コクコク

ことり「体はことりに任せて、意識はおちんちんに集中して…♡」

海未「あ゛ッ♡う゛、んんんっ♡♡」コクコク

ことり「ほぉら…♡また昇ってきたね…♡♡射精、ぴゅっぴゅーっ♡てしたいえっちなざーめんが♡どくどく♡昇ってきてるよね…♡♡」

海未「う゛あ゛♡はあ゛ッ♡あぁあ゛♡♡」コクコク

ことり「さきっぽ♡こゆーいざーめん、びゅーびゅー♡ってすることだけ考えて……♡♡」

海未「あ゛あッ♡あはぁ…♡んぁっ♡♡」コクコク

ことり「ほぉら…♡どぴゅどぴゅ♡ざーめん、たぁーっぷりお漏らししようねぇ…♡♡いーっぱい、気持ちよくなろうねぇ……♡」

ことり「いくよ♡………せーのっ♡」

海未「あ゛―――――♡」ブルッ

ことり「…………ざんねん、だめでーす♡」ギュムウゥッ♡
24: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:18:01.20 ID:o2UUD6Bz
海未「い、ぎ―――――ッッッ!??!!!」

海未「あ゛あ゛あ゛あ゛ぁぁぁ!!!!!う゛あぁぁぁぁぁぁっっっっ♡♡♡♡」ジタバタ

ことり「あははははっ♡おもしろーい♡♡まさか本当に射精させてもらえるとでも思ってたんですかぁ♡♡」ギュウウゥッ♡

おちんちん握りつぶしちゃう一歩手前くらいの力で、思いっきり寸止め♡

まだまだ、一滴のお漏らしも許さないよ♡

海未「なんでぇぇ!!?どうしてぇっ??!射精させてぇ!!しゃせぇぇっ♡♡させぇぇ♡♡♡てえぇぇぇっっっ♡♡♡♡」 ガクガクガク

目の焦点もぜんぜん合わないで、射精のおねだりを泣き叫んじゃう勇者さん…情けないのー♡
25: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:19:01.61 ID:o2UUD6Bz
ことり「当たり前じゃない♡まだまだ、ことりは遊び足りないんだから♪」

ことり「そんなことよりさぁ…勇者さん、次こそお射精…したくなぁい?」

海未「つぎ………こ、そぉ……?」

ことり「そう♡今回はちょっと焦らしちゃったけど…次お射精できれば、今回焦らされた分も一気に出せるから、きっと気が狂いそうなほど気持ちいいと思うの」

ことり「どう?勇者さんは射精…したい?」

頭では射精させてもらえるわけない、って分かってるはずなのにね…

けど、やっぱりほんのちょっとだけ期待してるんだよね♡
ことりが本当に射精させてくれる、って♡

海未「したい…です…射精……」

――――――ほんと、そういうとこまでかわいいんだから♡
26: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:19:49.06 ID:o2UUD6Bz
―――――――――

ことり「はーい、おしまーい♡」

海未「う゛あ゛ぁぁぁぁっっ!!??!」

ことり「ごめんね、勇者さん…今度こそ、ちゃんと射精させてあげるから…♡」

海未「う、ぅ………」コクコク

ことり(くすくす…っ♡)
27: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:21:09.85 ID:o2UUD6Bz
――――――――――

ことり「今回は止めてるの、指だけだよ~♡頑張れば射精できるかもしれないよ~♡」

海未「う、あ゛ぁぁ!!射精したい、射精したいぃぃぃ……♡」

ことり「なら頑張らないと♡ぴゅー、って♡ぴゅー♡」

海未「ぴゅ……う゛、だ、めですぅ……指ぃ、どけ、てぇぇ……♡♡」

ことり(~♡)

ことり「ね、次はきっと射精できるよね?ことりの指に負けなければいいんだもんね?」

海未「あ、ぁ、ぁぁ…」コクコク
29: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:22:31.84 ID:o2UUD6Bz
―――――――――――

ことり「え~?ことりの小指にも勝てないの~?勇者さん、本当に射精する気あるのぉ♡」ケタケタ

海未「したいぃぃ♡したいれすぅぅ♡♡ですからぁ、指をぉ…!どけてぇぇ…くらさぁぁ……♡♡」

ことり「だめです♡だって、ことり全然力入れてないんだよ?ほら、亀さんこしょこしょ~、ってできるくらい♡」

海未「っ!?だめだめだめだめぇぇぇぇ!!!いまぁ!!それぇぇ!!だめですってっ、ばぁぁぁぁ!!!!!」

ことり「それ、ってどれ?…これのこと?」

海未「それぇ!!それですからぁ!!止めて、止めて!!止めてぇ♡♡♡」

ことり「うーん?指どけて、って言ったからちょっとだけ、どかしてあげてるんだよ?何回も、何回も」

ことり「射精したいんだったら、ざーめんのお出口、ことりが塞いでない瞬間に射精しちゃえばいいんだよ?」

海未「そんなのっ……無理に、決まって―――」

ことり「じゃ、ずーっとこのままだ♡」コショコショ♡

海未「んああっ♡♡それ、はぁ!!それだけはぁ!!やめてぇぇ!!!!!」

ことり「あははははははははははっっ♡♡♡♡」コショコショコショコショ♡
30: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:23:53.75 ID:o2UUD6Bz
――――――――――――――

ことり「は~♡たのしい~♡」

もう何回おんなじことやったのかなぁ?
ことり自身、覚えてられないくらい何度も何度も何度も何度も、勇者さんに延々寸止め♡

ことりも、さすがにちょっと悪いかなぁとは思うけど…どれだけひどく寸止めされても、もしかしたら、もしかしたら次は、なんて期待しちゃってる勇者さんも悪いよね♡

ことり「………けど、まだまだ♡ことりには最後の切り札が残ってるんだよ~♡」

海未「……ぁ……う、ぁ…………」ビクンビクン♡

拘束は解いてあげたけど……勇者さん、もうすっかり体力も精神も尽き果てちゃってるから、逃げたくても逃げられないよね♡

ことり「じゃーん、魔法の杖です♡」

ことり「これにことりの魔力をいーっぱい込めてぇ………」

ことり「えいっ♡どーだぁ♡」
31: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:25:07.00 ID:o2UUD6Bz
シュウゥ♡

海未「ッッッッッ!!!!??!」

海未「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っっっ!!!?!あつい、あついぃぃぃぃっっ!!!!?!」

ことり「えへへへっ♡順調、順調♡」

ことり「このまま…勇者さんの体に、ことり特製の淫紋♡刻み込んであ・げ・る♡」

海未「い゛や゛あ゛あ゛ぁぁぁっ!!!!やら゛ぁぁぁぁっ!!やめて、やめてっっ!!くださぁぁぁ!!!」ビクンビクン♡

ことり「やめてって言うクセに全然抵抗しないじゃん♡ほんとは待ち遠しいんでしょ、ことりのモノになるの♡」

………本当は分かってるよ、マトモに抵抗する体力も残ってないってことくらい

だけど、こんなにいい反応してくれる勇者さんなんだもん…言葉責め、してあげなきゃもったいないよね♡

プライドを逆撫でして…
ゆっくり、時間をかけて
少しずつ、だけどもう立ち直れないくらい完璧に、へし折ってあげる……♡

海未「ちがぁぁ!!!!そんなの、じゃあ!!!!!やあぁぁぁぁっ♡♡♡」

ことり「別に、ことりは今やめてあげても構わないけどぉ…」

ことり「勇者さんは…ほんとにいいのかなぁ?こんな中途半端な淫紋で…試してみよっか?」

杖に魔力を込めて、淫紋を通して勇者さんの体に快楽を送り込んで……♡
32: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:28:04.23 ID:o2UUD6Bz
海未「んっ♡な、なんですか…これ、はぁ…♡触られていないのに、気持ち……っ?」

ことり「気持ち……なぁに?」

海未「ち、ちがいます!気持ちよくなど…んぅっ♡」

ことり「気持ちよくなど…なぁに?続き、ちゃんと言おうよ?」

海未「う、ぁ……♡く、ふぅぅ……っっっ♡」

ことり「くすくす♪言葉にならないくらい気持ちよくなっちゃった?なら、もっと気持ちよくしてあげるね♡」

海未「ひ♡♡ぐう゛っ♡イ゛っ♡くぅ!!イクぅぅぅっっ♡♡♡♡」

ことり「へぇ~、イケるの?ならイッてみせてよぉ♡」ケタケタ

海未「イッ―――――――!?イキ……っ♡ん゛ぅぅっ!?」

ことり「ほらほらぁ~ことりも応援してあげるよぉ?」

ことり「ほらほら♡がんばれ♡」シコシコ♡

ことり「んー?うらすじ?」

ことり「それとも、もっとペースあげてみる?」シコシコシコシコ♡

海未「あ゛ッ♡あ゛ッ♡あ゛ッあ゛ぁぁ!!!!くる゛ぅっ♡く゛るっ♡しい゛ぃぃ♡♡れ゛すぅぅぅ♡♡♡やめ……も、やめぇぇぇっ♡♡♡」

ことり「えー?なんでだろー?気持ちいいことしてあげてるはずなのに、なんで苦しいのかなぁー?」

ことり「あ♡ひょっとして、勇者さんは手コキよりも…ふぇらちおの方がソソるタイプだったり♡」

ことり「もー、ならちゃんと言ってくれないと♡あー………んむっ♡」
33: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:29:19.85 ID:o2UUD6Bz
ふふふっ♡
カサのとこ、舌でぞりぞり♡って擦ってあげれば…気持ちよすぎてすぐに背中びくんびくん反らせちゃうんだよね♡

でも、手かげんなんかしてあげないよ♡
ほらほら、ぞりぞり♡
まだまだ♡

いやいや、なんて顔振ったって駄目なんだから♡

ペースあげて、ぞりぞりぞりぞり♡
休憩のインターバル、短くしてみよっか♡

大丈夫、大丈夫♡
とってもつよーい勇者さんなんだもん、これくらいでへこたれるわけないよね♡
34: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:30:15.01 ID:o2UUD6Bz
次はわざといやらしい音たててしゃぶってあげちゃうね♡

ことりのふぇらちおのいやらしい音で、勇者さんのおちんちん犯してあげるよ♡

じゅぽじゅぽ♡
じゅるるるるるっ♡♡
じゅぶっ♡じゅぶっ♡

思った通り、素直な勇者さんらしい反応♡

じゅぽじゅぽ言わせるたびに口のなかであっつーいおちんちんがぴくぴく、いらいら、しちゃって♡

今すぐにでもことりのお口にぶちまけたい、って反応…♡

分かりやすすぎだよ?
ほんとに、かわいい……♡
35: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:31:33.02 ID:o2UUD6Bz
海未「い゛や゛あ゛あ゛ぁぁぁ!!!!あ゛あ゛ッ♡なんでぇぇ!!!?ん゛あッ♡なんで、イケっ♡ない………の、ですかぁぁぁ!!???」

ことり「当たり前じゃない♡せっかくのことりの淫紋がこんな中途半端なんだもん」

ことり「淫紋ってね、簡単に言えばあなたの性感をことりが強引にコントロールするために必要なものなの」

ことり「だから、完全に刻まれる前の淫紋が勇者さんの体にあると、勇者さんにもことりにも、性感はコントロールできないの♡…………つ・ま・り♡永遠に寸止めのまま、ってこと♡」

ことり「ちゃんと完成すれば、ことりが思う存分イカせてあげられるんだけどねー♡」
36: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:33:08.70 ID:o2UUD6Bz
ことり「まぁそんなことは置いといて…次はぱいずり♡楽しんじゃおっか♡」

シュルッ……

むにゅっ♡

海未「うあ♡」

ことり「うわぁ♡勇者さんのおちんちん、ことりのおっぱいで隠れちゃった♡」

ことり「どーお?もうおっぱいに挟まれるだけでキツいんじゃない?」むにゅむにゅ♡

海未「う、く……ふうぅぅぅぅっっっ♡♡」

ことり「…ぱふぱふ、してあげよっか?」

海未「し……っ!け、結構ですっ……!」

ことり「そうかなぁ?おちんちんは結構じゃないみたいだけど?」ぱふぱふ

ばっきばきの勇者さんのおちんちん♡
おっぱいで挟んでることりの方も、ちょっとむらむらしてきちゃう…♡

海未「あ………っ♡」

ことり「ことりのおっぱい、あったかくて柔らかいでしょ♡ここにざーめんお漏らしできたら、信じられないくらい気持ちいいんだろうね♡」もみゅもみゅ♡

海未「う、っううぅぁぁ……♡♡♡」

ことり「じゃあぱいずり、いっちゃうよー♪それっ♡」

淫紋にキスしながらぱいずりぬちゅぬちゅ♡♡

海未「――――っっっ!!!――ッッッッ♡♡♡♡」

あれあれ?
もうマトモな声を出す余裕すらなくなっちゃったの?
37: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:34:21.87 ID:o2UUD6Bz
うーん……これはこれでえっちだけど…ことりは勇者さんのいやらしい喘ぎ声が聞きたいんだけどなぁ……

あ、そうだ♡
淫紋、舌でなめなめしてあげちゃおっかな♡

ペロペロッ

海未「ん゛あ゛ッ♡♡あ゛あ゛あ゛っっっ♡♡♡♡」ビクビク♡

ペロペロペロッ♡

海未「う゛♡ぁぁぁっ!!!!ごべッ♡なさあ゛ッ♡ごめッ♡♡なさいぃぃぃぃ♡♡♡♡」ビクンビクン♡

あはっ♡
やっぱり、声あげないと快楽に呑み込まれちゃうよね♡
ことり、もうすっかり勇者さんの体のこと分かってきちゃったかも♡

ことり「なにがごめん、なのかなぁー?分かんないなー?」レロレロレロ♡

海未「も♡ゆ゛るしてえ゛ぇっ♡♡ゆ、る……♡え゛ぐ、ぅっっ♡♡♡♡」ガクガクガク♡

ふふっ♡
発情効果のことりの唾液と、淫紋から直接勇者さんのおなかにじんじん響いていく快楽…相性ばっちり、だよね♡

じゅるじゅるっ♡

海未「や゛あ゛ぁぁぁっっ!!!!おかしくッ♡な、っ……あ゛ッ♡あ゛あ゛あ゛っっ♡♡♡」

ことり「おなか舐められただけでこんなにがくがくしちゃって♡もうじゅうぶんおかしいですよー♡♡」ケタケタ
38: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:35:48.97 ID:o2UUD6Bz
ことり「さて、と…どう?これでも…本当にいいの?このまま一生イケない体にされて…」

ことり「どうせもうあなたはことりの手からは逃げられないんだよ?……だったらぁ、こんなツラい思いしなくて済む方が…思う存分気持ちよくなれる方が……イイと思わない♡」

海未「う………♡…お…ぇ、が……ぁ………♡」

ことり「あははっ♡もっと食い下がるかと思ってたのに、あっさり堕ちちゃうんだぁ♡」

海未「う、ぐ……………ぅっ………」ポロポロ

ことり「あ、泣いちゃった…ごめんね、それくらい辛かったんだよね?」

海未「うぅ、うぅぅ………………」コクコク

ことり「じゃあ淫紋が刻み終わるまで、もうちょっと我慢できる?」

海未「うぅ、ぅぅ…ん………」コクコク

ことり「ならよかった……あ♪言い忘れてたけど、淫紋って刻まれてる間も絶え間なく気持ちよくなっちゃうけど…それでも、我慢できるよね♡」

海未「……え、それ、は―――」

ことり「続き、始めるよー♡えーい♡」シュウゥ♡

海未「や゛あ゛あ゛あぁぁぁっっっ!!!!!!」ビクンビクン♡
39: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:37:29.35 ID:o2UUD6Bz
――――――――――――

完全に淫紋を刻み終わるまで…だいたい丸一日かかっちゃった♡

…まぁ、悶える勇者さんの姿をたっぷり堪能したくって、わざと遅くしてたのもあるんだけどね♡

丸一日、寝ることも、休むことも許されずにずーっと焦らされ続けた勇者さんは……

海未「イカせてっ♡イカせてっ♡イカせてっ♡イカせてっ♡イカせてっ♡♡くだ♡しゃあぁぁぁ♡♡♡」ビクン♡ビクン♡

がまんじるでどろどろになっちゃって、今にも爆発しちゃいそうなくらいぱんぱんになった勇者さんのおちんちん…
美味しそう……♡

ことり「ふ、ふふふっ♡じゃあ、特別にぃ…♡」

シュルッ……

ことり「ことりと…えっち♡しちゃおっか♡」

海未「イカせてっ♡イカ、せてぇ…♡イカせて、くだ、ぁぁ……♡♡」

もう答える元気も、動く元気も残ってるわけないよね♡
騎乗位でいっぱいおもらし、させてあげるね♡

ことり「挿れるよー?勇者さん?」ツププ……

ことり「えいっ♡」ドチュン♡

海未「う゛あ!!あ、あ、ぁぁぁっっ♡♡♡♡」

ことりの一番奥まで挿入した瞬間、勇者さんはことりの耳が張り裂けそうなくらいの大きな喘ぎ声をあげちゃった♡

うんうん、我慢してたんだもんね♡
えらいよね♡

特別に、いくらでもざーめん作れるようにしてあげるから…思う存分、気持ちよくなろうね♡
思う存分、ことりを犯そうね♡
40: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:38:35.31 ID:o2UUD6Bz
ヌチュッ…♡

海未「あう、ぁ♡あ♡あ♡あぁぁ♡」

ことりがピストンするたびに、勇者さんのおちんちんからはどくんどくん、ざーめんが溢れ出てきて……うんうん、気持ちいい…美味しいよぉ♡

海未「ふぁあ゛♡あぁ♡んあぁ♡んあ、ぁんっ♡」

ことり「ほら♡どう?ことりの膣内♡とーっても気持ちいいでしょ♡」パチュパチュ

海未「う゛あ゛んっ♡あ゛んっ♡あ゛んっ♡あ゛んっ♡あっ♡んあ゛っ♡」

ことり「むぅ~……ちゃんと答えてほしいなぁ…じゃないと、こうだよっ♡」

がしっ♡

海未「うあ♡…………ん、ぁぁ…?」

おちんちんが一番深く挿入るまで脚で勇者さんの腰を引き寄せて…そのまま、がっちりホールド♡
そしたらぁ……

ことり「いい?気持ちよかったら、ちゃぁんとそう言ってね?」

キュウッ♡

海未「っっっっっっ♡♡♡♡♡」

ドプドプドプドプ♡

膣内、きゅーって絞めてぇ…勇者さんのざーめん、みるくたんくがからからになるくらい搾り取ってあげる♡♡
41: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:40:03.01 ID:o2UUD6Bz
海未「んお゛ッ♡♡お゛ッ♡♡♡お゛、あ゛あ゛あぁぁぁ♡♡♡♡♡」ガクガクガク♡

「んお゛ッ♡」だって♡
勇者さんらしくない、お下品な喘ぎ声♡
取り繕う余裕もなくって、ひたすら快楽に溺れてくれてるんだね♡

ガシッ

海未「お゛あ゛っ!!?お゛ッ♡お゛―――っっっ♡♡♡」

腰が引けちゃいそうになっても逃がさないんだから♡

ことり「ほらほら、聞かせて♡勇者さんの口から♡♡どうなの?ことりに乗りこなされて、おちんちんみるくぎゅーぎゅー♡搾り取られるの♡♡」

海未「んあぁぁぁ♡きもち、いい♡♡れしゅうぅぅぅ♡さいこう、れすっ♡♡♡あなたはぁ♡♡さいこうれすぅぅぅっ♡♡♡♡」ドプドプドプ♡

ことり「ちゃんと答えられたね♡えらいえらい♡」

勇者さんからどくどく注ぎ込まれるざーめんのお陰で、ことりの魔力はどんどん強くなって……そして、トロ顔で快楽に溺れる勇者さんが、ことりの性欲と嗜虐欲もどんどん加速させていく。

もっと気持ちよくなってほしい。
もっととろけさせてあげたい。
もうことりなしじゃ生きられない体にしてあげたい。
42: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:42:11.54 ID:o2UUD6Bz
ことり「きゅー、きゅー………っと♡」ニュポッ

海未「え………もう、おしまい……れす、かぁ……?」

ひとしきり搾り取ったから、おちんちん抜いたんだけど……勇者さんったら眉を八の字にして、すっごく切なそう…

ことり「そんなお顔しないで?まだまだ、色んないじめ方でイカせてあげるんだから♡」

海未「おねがい、しますぅ…♡」パアァ

ことり「次はねぇ…ここだよ♡」フニフニ

海未「ふぁ♡」

ことり「ふにふに~♡」モミモミ

海未「うぁ♡そ、それぇ…きくぅ……♡」ビクビク

くすくすっ♡
たま揉みでイッちゃいそうになってるの?
でも、まだだめよ♡
ちゃーんと、みるくたんくぱんぱんにしてぇ…ことりがもーっと気持ちよく射精させてあげるんだから♡
43: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:43:15.27 ID:o2UUD6Bz
ことり「さて、またおちんちんみるく、ぱんぱんに溜めちゃったよ♡」

ことり「さっき手コキしたときは焦らしちゃってごめんね?今度は思いっきり、射精させてあげるから、ね♡」

海未「はぁ、はやく…はやくぅ…♡♡」

ことり「もー、欲しがりさんなんだからぁ♡…じゃ、いくよ?」

カリをぞりぞりしながら亀さんも一緒にくにくに♡

さっきのはゆっくりシゴいてあげてたけど、今度は思いっきり、全力でしこしこ♡

海未「で、出るっ♡出るぅ♡出ましゅうぅぅぅぅっ♡♡♡」ガクガクガク

どぴゅっ♡どぴゅるるるるるるっ♡

海未「あぁぁん…♡うあ、ぁぁ♡しあ、わ…せぇ♡」

びゅるるるるっ♡びゅー♡びゅーっっ♡

海未「はぁ♡んあぁ……♡まらぁ、出ましゅう……♡♡」

ぶぴゅるるるっ♡びゅっ♡びゅーっ♡

海未「……………っ?」

どぷどぷどぷどぷ♡♡びゅるるっ♡ごぷっ♡ごぷっ♡

海未「……?とまら、ぁ??とまら、にゃぁぁぁ♡♡♡♡♡」

勇者さんのざーめんで、勇者さんを白濁漬け♡
45: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:44:27.48 ID:o2UUD6Bz
ことり「うわぁ♡勇者さん、どろっどろだぁ♡」ゾクゾクゾクッ♡

ことり「せっかくかわいくてキレイな勇者さんの体、汚れちゃったね……じゃあお掃除、しないとだよね♡」

ぺろぺろ♡

勇者さんのおはだ、とっても綺麗でハリがあって…とーっても、おいしい♡

ぺろぺろ♡
ちゅるちゅる♡

くすくす♡
ことりに全身なめなめされて、おちんちんまた大きくなっちゃってる♡

けど、残念だけど今度はそっちじゃないの。

今のことりのおやつは……
勇者さんの、かわいいおっぱい♡

ことりのよりは少し小ぶりで。
だけど形はしっかり整って、とっても綺麗。

先っぽは痛いくらいに張りつめてびんびんになっちゃってる、鮮やかなピンク色♡

もちろん、勇者さんはこっちの感度も抜群で…ちょっと指先でくすぐってあげるだけで、切ない泣き声を漏らしちゃう♡

本当はもっとじっくりかわいがってあげたいんだけど……
こんなにえっちな声出して勇者さんが誘ってきちゃうんだもん♡

さすがのことりも、もう我慢できません♡

勇者さんのおっぱいに思うまま、思いっきり、むしゃぶりついちゃう♡
46: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:45:44.77 ID:o2UUD6Bz
ことり「はむっ♡んむっ♡ちゅー♡ちゅーっ♡」

海未「あ…♡それ……♡だめ、です…吸うのっ♡だめ…!なにか、きちゃ…っっ♡」

ことり「きひゃへ♡」ちゅーちゅー♡

海未「だめぇ……う、あぁぁぁっ♡♡♡」びゅーっ♡

ことり「ほいひぃ♡勇者さんのおっぱい♡おいひぃよぉ♡♡」

海未「はぁっ♡な、どうして…?おっぱい……がぁっ♡♡」びゅーっ♡びゅー♡

ことり「んんっ♡もむ…っ♡んむんむ♡」

ことり「ん、ぷはっ♡ね、どうしてなんて…別にどうでもいいでしょ?気持ちよければそれで♡」

海未「そう、れす……ね♡♡」

ことり「えへへっ♡勇者さんのおっぱいみるく、美味しいもんね♡もっともーっと、飲ませてね♡♡」

もみゅっ♡
くにゅくにゅっ♡
ちろちろちろ♡

海未「うわ、ぁっ♡♡はげし……っ♡激し、すぎますぅぅ♡♡」びゅーっびゅーっ♡

ことり「ほいひ♡あまぁ…い♡」

ちょっといたずら、したくなっちゃうなぁ…♡
47: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:46:52.96 ID:o2UUD6Bz
このびんびんのちくびを……

カリッ♡

海未「―――――――ッッッッ♡♡♡♡♡♡」

あはっ♡
どうかなぁ?ちくびアクメ♡

こっちの勇者さんもやっぱりえっちだ♡

もっと、もっと乱れてみせて♡

かじって………♡

海未「いたっ♡んあ♡いたいれすぅ♡♡」

吸って…………♡

海未「ひぁぁぁっっっ♡♡も…っ♡出ない、ですからぁ♡♡吸わないでぇ、吸わないでぇ♡♡♡♡」

ふふふっ、いい反応♡
48: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:48:01.67 ID:o2UUD6Bz
吸わないでほしいなら…代わりに、舌をざらざらに変化させて、思いっきりちくび舐め回してあげるよ♡♡

ちくびの周り、ぐるぐるー♡

海未「うあぁぁぁぁ♡♡♡ざらざらぁ…っ!!きついぃ…」

ちくびの先っぽ、押し潰しちゃうくらいぎゅー♡♡

海未「ひ、ぎっ♡♡あ♡ぁぁぁぁ♡♡♡」

指でやるみたいに、舌先でちくびちろちろ、って転がしちゃお♡

海未「あぁぁぁぁんん♡♡♡むり、ですぅ♡♡むりれすぅぅぅ♡♡♡」

なにが無理なんだろう?
まさか、これ以上イケないってこと?
そんなはずないよね♡
だってこっちのおっぱいも責めてあげれば…

ギュムウゥッ♡

海未「う゛♡♡ぐぁぁぁぁぁっっ!!!?」

片方のおっぱいばっかりいじめられて、こっちのおっぱいは油断しきってたでしょ♡

だめよ、そんなの♡

あなたは「ことりの」勇者さんなんだから…ことりに弄ばれてる限り、あなたは全身性感帯でなくちゃいけないの♡

ぐにぐにぐにぐに♡

ちくびを摘まんだまま、ぐにぐに指で擦ってあげちゃう♡

グローブのすべすべした感触、クセになっちゃうよね♡
もっと味わわせてあげちゃお♡
手のひらでびんびんのちくび…ぐりぐりぐりぐり♡
49: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:48:45.14 ID:o2UUD6Bz
揉みしだいて、舐め回して、つねって、吸って、かじって、引っ張って、撫でて。

ことりの責めで、勇者さんのおっぱいは一秒でも元の形を保ってない

もっと乱暴に、もっと激しく、もっと気持ちよく…
どこまでだって、開発してあげちゃうからね♡

普通のひとだったらもう敏感になりすぎて気持ちいい、よりは痛い、って感じちゃうんだろうけど♡

勇者さんはもうことりのモノだもんね♡
おなかに刻まれたその淫紋がある限り、そんなことはあり得ないの♡

普通のひとだったら狂っちゃうような快楽でも、ぜーんぶ悦しめるんだぁ♡
50: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:49:24.95 ID:o2UUD6Bz
よかったね勇者さん♡
ことりはあなたを一目見たときから見抜いてたよ…
あなたが心の奥底では「負けたがってる」ってこと♡
あなたのその潜在的な被虐欲…サキュバスのことりにはお見通しなんだから♡

負かせてほしい。
プライドを踏みにじってほしい。
徹底的に、一方的に…敵であるサキュバスに嬲ってほしい。

その為に、ずーっとことりを追いかけてきてたんだよね♡
頑張ったね、勇者さん♡
51: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:50:15.41 ID:o2UUD6Bz
ことり「願いが叶ってよかったね、勇者さん?」

ことり「まだまだ、もっと…ずーっと、気持ちよくしてあげるから、ね……♡」

海未「ありがとう、ございます……♡ことり…さまぁ……♡♡♡♡」
52: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/07/16(月) 17:50:43.70 ID:o2UUD6Bz
以上です
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『勇者海未「ついに追い詰めましたよサキュバス!」サキュバスことり「わぁ、こわーい♡」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)