絵里「集まったギャンブラー」

シェアする

絵里-アイキャッチ13
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/07/21(土) 00:12:15.24 ID:vEgdUSuw
絵里「っ.......」プルプル

希「~♪」

海未「絵里、熱くなるのはいいですが...熱くなりすぎです」

絵里「........」

凛「寒くない?絵里ちゃん」

絵里「別に....」

希「ふふふ...エリチ~?今日もうちの勝ちみたいやね♪」

元スレ: 絵里「集まったギャンブラー」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:14:51.06 ID:aVy7DQzK
絵里「まだ完全に負けた訳じゃないもん.....」

海未「負けすぎて身ぐるみまで剥がされて下着姿になってもですか?」

絵里「これは....えっと....そうよ!ギリギリまで追い詰められてこそ!真のスリルが味わえるのよ!」

希「スリルねぇ...」

絵里「ふふふ...ここから神がかった逆転が....」キリッ

凛「台詞はカッコいいけど、格好が格好だから全然カッコよくないにゃ」

絵里「.........」

希「さーて?どうする?エリチ?」
3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:19:05.37 ID:aVy7DQzK
絵里「どうするって...もうひと勝負よ!!」

海未「もうひと勝負って、なにをかけるんですか?もう、お金もなくて身ぐるみまだも剥がされている貴方が」

絵里「そ、それは....」

凛「そもそも身ぐるみを剥いでもお金が足りてないんだけど!挑戦も何も、足りないお金はどうすんの!」

絵里「え、えっとぉ...それは...」

希「足りないんだったら...そうやね....」ニヤッ

絵里「!」ビクッ

希「体で払ってもらおうかなー?ひっひっひっ...」スッ

絵里「あ....あぁ....!」

海未「希ぃ!!事務所で破廉恥なことはやめてください!!」
4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:24:20.66 ID:aVy7DQzK
『~~~~~!!』ドタバタ!

凛「!...外がなんか騒がしいにゃ」

海未「みたいですね、全く...なにをやっているんですかヒデコ達は...」

凛「ちょっと見てくるね!はぁ...またお客が暴れてるのかな?」

海未「懲らしめるのはいいですが程々にしておきなさいよ、凛」

凛「海未ちゃんがそれを言う?海未ちゃんのがえげつなく処理するのに」

海未「それは相手方が悪いからです、当然です」

凛「もう、相変わらず自分勝手なんだからー....」


ガチャン!!

にこ「絵里の馬鹿はここ!?」

絵里「!!にこ!」

希「...はぁ、タイミングがいいなぁ...にこっちは」
6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:30:29.58 ID:aVy7DQzK
ヒデコ「ちょっと!お客様!!!勝手に中に入らないでください!!」

希「ええんよ、ヒデコちゃん、この子はうちの知り合いやから」

ヒデコ「そ、そうなんですか?」


ヒデコ「わかりました....」

にこ「.........」

絵里「にこぉ......」

にこ「なんつー格好をしてるのよ、あんたは...馬鹿じゃないの?」

絵里「バカってちょっとひどくない!?」

にこ「カジノでお金をすってそんな格好になってるやつが馬鹿じゃないならなんなのよ」

絵里「っ.....」

希「............」
7: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:34:53.97 ID:aVy7DQzK
凛「..........」ジッ

にこ「なによ」

海未「凛、やるじゃないですか、気が付いていたんですね」

凛「うん、だってにこちゃんの背後だけ空気の流れがおかしいもん」

希「さすがうちが見込んだ二人やね」

絵里「??」

にこ「.........」

希「にこっち、いや....にこっちの後ろに隠れている真姫ちゃん出てきなよ、うちらには通用はしないよ」

にこ「っち....全部お見通しってことね」

絵里「え?え?」

にこ「真姫ちゃんもう出てきていいわよ」
8: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:39:14.31 ID:aVy7DQzK
真姫「はぁ....このスーツも失敗作ね」

絵里「真姫!?え?なんで?さっきまでいなかったのに」

真姫「透明化できるスーツよ、映画を見てたら欲しくなったから作ったの」

絵里「作った!?」

真姫「そんなことよりも...なにしてんよエリー」

絵里「あ!その...ごめんなさい...」

にこ「なんで真姫には素直に謝って、なんで私には謝らないのよ!」

絵里「え、いや、そんなつもりは...」

真姫「本当にダメダメなリーダーね」

絵里「もう!!二人して責めないでよ!!」


海未「相変わらずですね、この3人は」

凛「まーた始まったにゃ」
9: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:44:53.90 ID:aVy7DQzK
にこ「さてと...この馬鹿へのお説教は後でするとして」

絵里「え!?まだお説教するの?」

にこ「あんたは一旦黙ってなさい!」

絵里「は、はい!!」

にこ「希!」

希「ん~?なぁに?にこっち?」

にこ「絵里は連れて帰るわよ」

希「ええけど、払うもんを払っていってくれれば構わんよ?」

にこ「はぁ...真姫ちゃん!」

真姫「はいはい....」ポン!

海未「な!?札束を投げた!?」

凛「海未ちゃん、三百万円はあるよ!これ....」

真姫「これでいいでしょ?釣りはいらないわ」

希「相変わらずやね、真姫ちゃんも真姫ちゃんで」
10: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:50:25.76 ID:aVy7DQzK
絵里「へっくし!!」

にこ「あーもう....ほら」スッ

絵里「にこ....」

にこ「服は希が今持ってくるから!それまでこれを羽織ってなさい!」

絵里「ありがとう....」

にこ「はいはい....」

絵里「にこの匂いがする」スンスン

にこ「引っ叩くわよあんた」

真姫「..........」

絵里「ん?真姫?」

真姫「.........」グッ

絵里「へ?...いはい!...いはいはよ!まひ!!」

真姫「お仕置きよ」
11: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 00:54:17.79 ID:aVy7DQzK
絵里「はぁ...ほっぺが痛い...」

にこ「さてと...ほら行くわよ!!絵里」

絵里「は、はい!」

にこ「真姫ちゃんも帰るわよ!」

真姫「はいはい....」

にこ「邪魔したわね、うちの馬鹿のせいで」

希「ええよー気にしてないから」

にこ「あんたには言ってないわよ」

希「もー...にこっち冷たいんだから...またね!エリチ!真姫ちゃん」

絵里「また来るわね!希!」

真姫「また来てどうすんのよ!また負けるだけでしょ!!」

絵里「次は勝つわ!」

にこ「!こいつ本当に反省してないわね」
12: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:01:58.10 ID:aVy7DQzK
凛「相変わらず3人共仲がいいね」

海未「全くこれで何回目ですかね」

希「さぁね?3回目かな?」

凛「なんであんなに負けるのに来るんだろうね?」

海未「言い方はよくありませんが、本当に馬鹿なんじゃないでしょうか?絵里が」

凛「いつも負けて、二人が迎えにくるってパターンだもんね」

希「そうやね」

海未「あれで何故、有名なギャンブラーグループBⅰBⅰのリーダーなんでしょね」

凛「うーん、マスコットとか?」

希「それはどっちかっていうとにこっちの役割やね...さぁ!二人共そろそろ持ち場に戻って!」

凛「はーい」

海未「わかりました」
13: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:08:52.42 ID:aVy7DQzK
絵里「っ...........」

にこ「あんたこれで何回目?」

絵里「えっと、3回目?」

にこ「そうね!希の店では!!」

絵里「に、にこ?あんまり怒ってばっかだと可愛い顔が台無しよ?」

にこ「っ...とにかく!無断で勝手にカジノに行かない!いい!?」

絵里「は、はい!!」

真姫「エリーには甘いわね、にこちゃん」

にこ「真姫ちゃんだって甘いでしょ!?300万ポンって出したじゃない」

真姫「リーダーを助けるのは当然でしょ?チームなんだから、一応」

絵里「真姫ぃ....」

真姫「エリーの自爆芸には少し飽きてきたけどね」

絵里「あれは別に芸じゃないわよ!!」
14: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:10:32.29 ID:aVy7DQzK
にこ「いい?絵里、私達BⅰBⅰは年齢不詳、国籍不明なかんじのミステリアスなグループでいたいわけ!」

真姫「たしかにエリーとにこちゃんを並べるとそうなるかもね」

にこ「そうそう!絵里はクォーターだし、見た目もにこと違って大人っぽい....ってなんですって!!」

絵里「ナイス!ノリつっこみ!」

真姫「これじゃあ、どっちかっていうとお笑いグループってかんじね」

にこ「真姫...あんたはどっちの味方なの?」

真姫「私は二人の味方よ、二人共大切な仲間だし」

絵里「真姫....」

にこ「ありがとう、でも今日の掃除当番は変わってあげないからね」

真姫「っち....」

にこ「おい」
16: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:14:40.88 ID:aVy7DQzK
絵里「真姫」

真姫「なに?エリー」

絵里「さっきのお金は返すから、後で」

真姫「いいわよ、あれくらい」

にこ「あれくらいって...本当に真姫ちゃんの金銭感覚は意味がわからないわ」

絵里「真姫、私が言えた立場じゃないけどもう少しお金は自分の為に」

真姫「いいのよ、貯金いっぱいあるし」

にこ「これだから金持ちは....」

真姫「にこちゃんだってあるじゃない、お金」

にこ「あってもお金は無限じゃないの!」

絵里「まぁ、皆、お金には困ってないものね」

にこ「あんたはあんたでちゃんとお金を持ってる癖に、ちゃんと持ち歩かずに無計画にギャンブルするのをやめなさい!」

絵里「ぜ、善処するわ...」
17: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:18:28.78 ID:aVy7DQzK
にこ「はぁ...怒ってばっかりいたらなんかお腹が空いたわ」

真姫「そうね、もう夕飯にはいい時間かもね」

絵里「じゃあ、今日は花陽のところに行かない?」

にこ「いいけど、あんたの奢りね」

真姫「そうね、今日のご飯当番はエリーなんだし」

絵里「ぐっ...まぁ、いいけど」

真姫「じゃあ、車出すわね」

にこ「運転よろしくー真姫ちゃん」

絵里「~♪今日はなににしようかな~?」
18: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:23:13.41 ID:aVy7DQzK
真姫「........」

絵里「真姫、ほら!法定速度を守って!」

真姫「はいはい」

にこ「相変わらずうるさい助手席ね」

絵里「だって交通ルールは守らないと」

にこ「全く、変なとこだけ真面目なんだから」

絵里「真姫!左!左!」

真姫「はいはい....」

にこ「真姫ちゃんよく怒らないわね」

真姫「もう慣れたわ...でもいつかエリーが免許を取ったら仕返しをするわ」

絵里「え」
19: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:25:05.93 ID:aVy7DQzK
絵里「到着~♪」バタン

真姫「ふぅ....」バタン

にこ「お疲れ真姫ちゃん」

真姫「帰りはにこちゃんが助手席ね」


カランカラン

花陽「いらっしゃいませー」

絵里「花陽、来たわよ」

花陽「あ!絵里ちゃん!」

にこ「にこ達もいるわよ」

花陽「今日は3人で来てくれたんだね!」

真姫「エリーが食事当番をさぼりたいからね」

絵里「違うわよ!!花陽の料理を食べたくなってきたのよ!」

花陽「えへへ...ありがとう」
21: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:30:01.94 ID:aVy7DQzK
真姫「相変わらず花陽のオムライスは美味しいわね」モグモグ

花陽「そうかな?一応、お米からこだわってるから」

にこ「相変わらず真姫ちゃんはトマト中心のご飯ね」

真姫「いいでしょ別に...好きなんだから」

絵里「そういうにこはなんでおでん?」

にこ「花陽のおでんは美味しいの、ここの裏メニューなんだから」

真姫「...喫茶店でおでんなんて見た事ない光景よ」

にこ「いいの!今日はおでんの気分だったの!」

真姫「エリーは肉じゃが?なんで?」

絵里「花陽がことりに特製の肉じゃがを習ったって聞いてたから....」

真姫「まるで食堂ね、これじゃあ....」
22: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:32:46.86 ID:aVy7DQzK
カランカラン

穂乃果「あ!絵里ちゃん達来てたんだね!」

絵里「えぇ、夕飯を食べにね、ことりは?」

穂乃果「今日はお母さんのお手伝いだって」

真姫「ことりも大変ね、親が警官だと...しかも署長だし」

穂乃果「あはは...そうかもね」

にこ「そういうあんたはどこに行ってたの、花陽を一人にして」

穂乃果「穂乃果もお母さんにちょっと呼び出しをされててね....ちょっと出かけてたの」

真姫「その持ってるやつはもしかして...」

穂乃果「察しがいいね!和菓子の材料だよ!新作をここで宣伝してほしいって話だったから」

にこ「この喫茶店...本当にカオスなメニューの種類になりそうね」
24: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:35:59.70 ID:aVy7DQzK
穂乃果「そうそう!さっき海未ちゃんと会ったんだけど!絵里ちゃんまた負けたの?」

絵里「っぐ!....もう、海未はお喋りなんだから」

穂乃果「身ぐるみも剥がされるくらい惨敗だったんでしょ?」

絵里「そ、そんなことは....ないわよ!!」

穂乃果「え?そうなの?」

にこ「嘘よ、惨敗して事務所に連れていかれてたから助けたのよ」

絵里「に、にこ!!」

にこ「嘘を言っても仕方ないでしょ、どうせ後でバレるんだし」

絵里「うぅ...私の威厳が....」

にこ「威厳なんて元々たいしてないでしょ」

絵里「ひどい!」
25: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:37:31.19 ID:aVy7DQzK
穂乃果「じゃあ、お金はにこちゃんが立て替えたの?」

にこ「いえ、あそこのリコピンジャックが出したのよ」

真姫「ん?そのリコピンなんとかって私のこと?」モグモグ

にこ「そうよ、リコピン大好きでしょ?ってなに食べてるのよ」

真姫「あげ饅頭」

にこ「あぁ...いつものね、穂乃果ってそればっかよね」

穂乃果「そんなことないよ!普通のお饅頭だって作ってるよ!」

にこ「結局お饅頭じゃない」

花陽「はい、真姫ちゃんお茶」

真姫「ありがとう」

にこ「完全にくつろいでるわね」

真姫「息抜きは大事よ、息抜きは」

絵里「そうね!息抜きは大事よね!」

絵里「あんたは息抜きしすぎなのよ!」
26: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:38:51.54 ID:aVy7DQzK
絵里「二人共ご馳走様、ことりにもよろしくね」

花陽「はい、ありがとうございました!」

真姫「またね」

穂乃果「またのご来店をお待ちしてま~す!」

にこ「ご馳走様」


絵里「zzzzzzzz」

にこ「後ろに乗せたら乗せたで寝てるし」

真姫「静かでいいじゃない」

絵里「ん........」

にこ「黙ってれば美人なんだけどね...まぁ、にこには敵わないけど」

真姫「スタイルは負けてるけどね」

にこ「なんですって!」

真姫「静かに、エリーが起きちゃうでしょ」

にこ「っち....」
27: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 01:42:33.40 ID:aVy7DQzK
真姫「それにしても...エリーなんでこんなに弱くなっちゃったのかしら?」

にこ「知らないわよ、腑抜けてるだけじゃないの?」

真姫「腑抜けすぎよ...今のエリーじゃ、私やにこちゃんでも余裕で勝てそうじゃない」

にこ「希にボロ負けするようじゃ、そうかもね」

真姫「でも希は強いわよ?私だって簡単には圧勝はできないわ」

にこ「そうかもしれないけど、3回も惨敗って....」

真姫「ねぇ...にこちゃんは覚えてる?」

にこ「なにをよ」

真姫「私達、BⅰBⅰの3人が初めて会った日よ」

にこ「そんなの...忘れる訳ないじゃない」
38: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 20:54:42.23 ID:aVy7DQzK
~~~~~~~~~~~~~~

にこ「あれぇ~?どうしたのかな~?出さないのぉ~?」

「ググッ.....」

にこ「じゃ~あ!にこの勝ちだね♡」

「完全にペースを崩された....しかもずっとヘラヘラしやがって!」

にこ「ふふふ~」

「くそぉ!!!こんなちんちくりんな奴に」

にこ「ん?...は?」


にこ「よ~し、今日は上場ね!にこの演技力の前には誰も勝てないにこ~♡」

「ちょっと!そんなに賭けて...払えるの?」

真姫「ほら、貴方も出しなさいよ、さっき勝った分もあるからいけるでしょ」

「でも...こんな大金...」

真姫「残念だけど、ルール上このゲーム降りることはできないわ、最初に決めたはずよ、貴方も同意したはず」

「っ......」

真姫「このゲームがラストなんだから勝てば大勝ちよ?」

「わ、わかったわよ!!」
39: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 20:59:52.73 ID:aVy7DQzK
にこ「うわっ...あそこ、えげつない額をかけてるわね....」


真姫「...........」

「っ......」ゴクリ

真姫「じゃあ、これが最後の勝負よ、いいわね?」

「.....!もちろん!これなら、いいわよ!!」

真姫「随分と...威勢がいいわね...急に」

「別に、それより、あんな大口を叩いたんだから、まさか降りないわよね」

真姫「もちろん」

「なら勝負よ!」

真姫「ええ、いいわよ」

「この勝負もらった!!」
40: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:10:36.00 ID:aVy7DQzK
「フルハウスよ!!」

真姫「!!」

「ふふふ...」

真姫「私は...ストレートフラッシュよ」

「な!?」

真姫「私の勝ちね、よかった...最後で勝てて」

「そ、そんなぁ....」ガクッ

真姫「ふぅ....」
41: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:16:43.72 ID:aVy7DQzK
にこ「随分とえげつない賭け方をするわね、貴方」

真姫「え?貴方、誰?」

にこ「私はにこ、貴方と同じギャンブラーよ」

真姫「ふ~ん....」

にこ「お金...たくさん持ってるのね」チラッ

真姫「あぁ...まぁね」

にこ「にこと一勝負する?」

真姫「....パス」

にこ「は?」

真姫「なんかお金の匂いがしないから、貴方」

にこ「な!」

真姫「お金、ちゃんと持ってるの?お嬢ちゃん?」

にこ「こ、子供扱いするな!!」
42: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:22:37.74 ID:aVy7DQzK
真姫「...え?私より二つも年上なの?」

にこ「あんた、私より年下なの?」

真姫「ふ~ん....成程、その黒髪にその体系、貴方が噂になっている矢澤にこね」

にこ「そういうあんたは、その赤髪につり目、西木野真姫ね」

真姫「勝負してもいいけど、今日は貴方に会いにきた訳じゃないのよ」

にこ「ふ~ん、誰か探してるの?」

真姫「エリーチカ」

にこ「!」

真姫「最近、ここらのカジノで圧倒的勝利を収めているっていう輩よ」

にこ「奇遇ね、にこも探してるのよ、そいつを」

真姫「エリーチカを倒すのは私よ」

にこ「貴方が勝てるのかしら?」

真姫「なんですって?」

にこ「エリーチカはにこが倒す」
43: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:29:58.33 ID:aVy7DQzK
真姫「...どうやら私達」

にこ「ぶつかり合う運命みたいね」

真姫「いいわ、相手してあげるわ」

にこ「上等よ、あんたを倒してエリーチカも倒す」

真姫「は、それはこっちの台詞よ」

にこ「よし...じゃあ、あっちのルーレットでどうよ」

真姫「OK」


ザワザワザワ

真姫「!」

にこ「なにやら急に騒がしくなったわね」

「エリーチカが来たぞ!」

真姫「あら、タイミングがいいわね」

にこ「そうね」
44: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:39:14.66 ID:aVy7DQzK
にこ 真姫「..........」ダッ

真姫「ちょっと!邪魔しないでよ!!」

にこ「そっちこそ!!」

真姫「私が戦うの!!」

にこ「にこが戦うの!!」


ドン!!

真姫「きゃっ!!」

にこ「うわっ!...あ、すいません」

「前はちゃんと見て歩いてほしいわね」

真姫「もう...貴方が邪魔するから...」

にこ「それはこっちの台詞でしょ!」

「............」
45: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:45:01.01 ID:aVy7DQzK
真姫「!!...ってその金髪...まさか」

にこ「その青い目は....」

絵里「なに?」

真姫「っ!」

にこ「あ、いえ...その....」

絵里「........」

にこ「な、なんでもないです...すいません」

絵里「そこを通りたいんだけどどいてくれる?」

にこ「あ、はい!!」

絵里「.........」スタスタ
46: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:51:10.15 ID:aVy7DQzK
真姫「あれが....エリーチカ...」

にこ「こんなことは言いたくないけど、オーラが違うわ...私達と」

真姫「威圧感が半端なかったわ...なに?あの冷たい目は...」

にこ「にこ達とは比べ物にならない、くぐってきた修羅場の数が違うってことかしら?」

真姫「それでも...私は....!」ダッ

にこ「あ!待ちなさいよ!!」


「そんな...一回も勝てないなんて...」

絵里「.........」

「い、イカサマよ!!イカサマよ!!」

絵里「イカサマなんてしてないわよ」

「じゃあ、なんで一回も勝てないのよ!!」

絵里「それは貴方が弱いだけなんじゃないの?」

「っ....こんな勝負認めないわ!!」

絵里「.........」
47: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 21:56:48.48 ID:aVy7DQzK
海未「どうかされましたか?お客様」

「!!ディーラーさん!!こいつがイカサマをしたんです!!」

海未「!...イカサマですか」

絵里「してないわよ、イカサマなんて...そっちが逆上して騒いでるだけよ」

海未「ふむ....成程....」

絵里「........」

ザワザワザワ


海未「わかりました....」

「!!」

海未「凛、聞こえますか?」

凛『聞こえるよ、海未ちゃん!』

海未「今、モニタールームですか?」

凛『うん、いるよー』

海未「カメラチェックです、21番と25番と30番のカメラをチェックしてもらえます?」

凛「OK!」
48: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:06:09.13 ID:aVy7DQzK
海未「金髪の方に不審な動きがないか、調べてください」

凛『えっと...いたいた!この人ね』

海未「今、確認作業をしていますので、お待ちください」

「ふふふ....」

絵里「.........」


凛『うーん...海未ちゃん?』

海未「はい、どうしました?」

凛『特に不審な動きはしてないよー?』

海未「本当ですか?」

凛『あ!凛のことを疑うの?』

海未「わかりました、ありがとうございます」

凛『はーい』
49: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:09:40.24 ID:aVy7DQzK
海未「確認が取れました、不正行為はありませんでした」

「な!?」

絵里「..........」

海未「お客様方、お騒がせしてしまい、申し訳ありませんでした」

「ちょっと待ってよ!!どういうことよ!!」

海未「どういうこともなにも、こちらの方は不正行為はしていなかったということです」

「で、でも!!おかしいじゃない!!こいつの勝ち方!普通じゃないわ!」

海未「.........」

「ディーラーさんだってそう思うでしょ?周りの人だって!!」

海未「はぁ...凛、繋いでください」

凛『え?さっきのやつを?』

海未「はい、お願いします」

凛『わかった、ちょっと待っててねー』
50: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:12:04.46 ID:aVy7DQzK
海未「わかりました、私の言葉も信頼していただけていないようですし」

絵里「.........」

海未「あちらのモニターでさっき確認した映像を映します、自分の目でご確認をしてください」

「も、モニター?」

海未「ギャラリーの皆さんも気になるようでしたどうぞご自由に」


にこ「エリーチカを探していたらこんな騒動になってるなんて」

真姫「不正があったかどうかは別として、エリーチカの戦う様子が見えるからこっちとしてはありがたいわね」

にこ「それにしてあいつ...堂々としてるわね、まるで他人事のようね」

真姫「まるで冷たい氷のようね、あの目のように」

にこ「それにしてもこのカジノのディーラーは親切ね、色々と」

真姫「...そうかしら?」
51: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:19:14.12 ID:aVy7DQzK
「......そんな、ばかな」

海未「ご確認していただけましたか?これでこちらの方は不正をしていないということで」

絵里「..........」

「っ........」

海未「それでは失礼させていただきます、お客様方どうぞお時間の許す限りごゆっくりとお楽しみくださいませ」


にこ「噂通りの強さみたいね、あのオーラも伊達じゃないわね」

真姫「そうね、それにしてもあのディーラーもしっかりしてるわね」

にこ「あぁ...そうね」

真姫「あの映像で周りのギャラリーにも確認させることで店の信用度もあげさせてるし、しっかりしてるわ」

にこ「ちゃんとした店ってことね...まぁ、そうじゃないとお客も入らなくなるしね」

真姫「........」
52: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:29:11.96 ID:aVy7DQzK
絵里「.........」スタスタ

真姫「待ちなさい!」

絵里「なに?私に用?」

真姫「私と勝負しなさい!!」

絵里「....今日はもう気分が乗らないの、水を差されたからね」

真姫「そう...でも、これも見てもそう思うかしら?」ドン!!

絵里「!」

真姫「お金ならたくさんあるわよ?これを見ても気分が乗らない?」

絵里「........」


にこ「あいつ...どんだけ持ってるのよ...ケースの中に札束がぎっしりじゃない」
53: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:31:26.92 ID:aVy7DQzK
絵里「いいわ...気が変わったわ、受けてあげる」

真姫「そうこなくっちゃ!」

絵里「なにで勝負する?」

真姫「そうね...ルーレットなんてどうかしら?」

絵里「いいわよ」

真姫「じゃあ、行きましょうか?」

絵里「.........」


希「おー...今日は偉いべっぴんさんが来てるなぁ」

真姫「お互いに5回ずつかけて、勝った金額が多い方の勝ちよ」

絵里「構わないわよ」

真姫「勝った方は負けた方から勝った分のお金を払うってルールよ」

絵里「わかったわ」

真姫「よし...先攻はいただくわよ!一回の上限は100まででのルールでいいわね」

絵里「構わないわ」
54: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:36:02.69 ID:aVy7DQzK
真姫「そうね...赤に100賭けるわ」

絵里「........」

希「OK...じゃあ!回すねー」

カラカラカラ

真姫(まずは様子見....)

希「赤の12」

真姫「まぁ、まずは最初は準備運動ってところかしら?」


希「次はそっちのお姉さんやね、どれにかける?」

絵里「16~21に100で6点賭け」

真姫「!」

希「おー...最初から飛ばしていくね」
55: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:40:49.30 ID:aVy7DQzK
カラカラカラ

希「19...やるね、お姉さん」

絵里「.........」

真姫「っ...つ、次は私の番よ!!」

にこ(エリーチカのやつ、当たっても全く表情が変わらないんだけど...なんなのあいつ)


真姫「....2~6に100で4点賭けよ!!」

希「おーそっちのお姉さんもいくねー」

真姫「..........」

カラカラカラ

希「5...ひゃー...二人共運がいいなぁ...」

真姫「よし!!」
56: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:48:00.37 ID:aVy7DQzK
絵里「25~27に100で3点賭け」

希「.......」

カラカラカラ

希「...26....」

真姫「!」

絵里「........」


真姫「4~6に100で3点賭けよ」

希「皆ガンガン責めるねぇ...OK」

真姫「っ......」

カラカラカラ....

希「5....うわぁ...当てすぎやん、二人共」

真姫「ほっ...」

絵里「........」
57: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:51:19.10 ID:aVy7DQzK
真姫「よし....」

絵里「退屈ね」

真姫「は?」

絵里「10と11に100で2点賭け」

希「こ、今度は2点賭け?」

真姫「な!」

絵里「.........」


カラカラカラ

希「10....」

真姫「!!」

にこ(こいつらなんなの?さっきから当ててばっかりだけど....)

絵里「........」
58: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:55:24.61 ID:aVy7DQzK
真姫「退屈ってどういう意味よ」

絵里「さっき貴方は3点賭けをして当たった時にほっとしたでしょ」

真姫「!そ、それがどうしたのよ」

絵里「私は当たると確信して自分を信じてかけているわ、だからほっとすることもないわ」

真姫「は、はぁ?」

絵里「貴方はまだまだってことよ」

真姫「そ、そっちこそたまたま当たってるのにこっちのペースを崩そうとして適当なことを言ってるんじゃないの!?」

絵里「........」

真姫「ふん!いいわよ!なら見せてあげるわ!」

にこ(あの子、煽られて熱くなってるけど大丈夫かしら?)
60: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 22:59:45.88 ID:aVy7DQzK
真姫「8と9で100で2点賭け!」

絵里「......」

希「二人共すごいなぁ...また、当たるのかな?」

カラカラカラ...

希「8...うち、夢を見てるのかな?」

真姫「ふふ...どうよ!!」

絵里「...じゃあ、次は9に100賭けるわ」

真姫「え!?」

希「まさか...未来が見えるとかじゃないよね?お姉さん」

絵里「そんなオカルトなことある訳ないでしょ」
61: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 23:04:01.36 ID:aVy7DQzK
カラカラカラ...

真姫「っ.......」ゴクッ

にこ(そんなバカスカ当たる訳ないわ!さっきまでのたまたま、これは相手のペースを崩すため、動揺を誘う為にやってるに決まってる!)

希「見間違えじゃないよね?9...」

真姫「は、はぁ!?」

にこ「な!?」

絵里「.........」

真姫「そんな馬鹿な....嘘でしょ....」

絵里「私の勝ちかしら?」
62: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 23:08:25.15 ID:aVy7DQzK
真姫「ま、まだよ!!まだ5回目が残っているわ!!」

絵里「私が今、7200、貴方は4100...勝ち目はないと思うけど」

真姫「私が当てて、貴方が外せば私の勝ちよ!!」

絵里「........」

真姫「に、25に100よ!!」


希「...........」

カラカラカラ...

真姫「.........」ゴクッ

絵里「...........」

にこ(でもこの流れなら...当たる可能性が....)

真姫(お願い!!.....)
63: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 23:14:01.38 ID:aVy7DQzK
希「13やね.....」

真姫「そ、そんな....私が....」

絵里「私の勝ちのようね」

絵里「最後まで回すまでもないわね」

真姫「っ.......」ガクッ

絵里「約束通り、勝った分のお金は貰っていくわよ」

真姫「待ちなさい....」

絵里「なによ、貴方もまたイカサマだとか言う訳?」

真姫「そんな情けないことはしないわよ、けどやるなら最後までやって」

絵里「........」

真姫「やるならちゃんとやって、手は抜かないで!!」

絵里「わかったわ....」
64: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 23:21:06.49 ID:aVy7DQzK
絵里「...これでおしまいね」

真姫「完敗よ、負けたわ」

絵里「たしかにお金はいただいていくわね」

真姫「一つだけ教えてもらっていいかしら?」

絵里「なに?」

真姫「貴方のその強さの原動力はなに?どうやったらそんなに強く」

絵里「貴方はなんのためにギャンブルをしてるの?」

真姫「私?私は趣味というか...ストレスの解消ってかんじでだけど、あと誰にも負けたくないから」

絵里「なら教えてあげるわ、私と貴方は背負ってるものが違うからよ」

真姫「背負ってるもの?」

絵里「私は背負ってるものの為に戦う、そして勝つ...それだけよ」

真姫「........」
65: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 23:24:33.13 ID:aVy7DQzK
~♪

真姫「!」

絵里「もしもし....!わかりました、すぐに行きます...」

真姫「また今度勝負してもらえる?」

絵里「お金があればね、貴方が」

真姫「用意しておくわ、次は勝つ」

絵里「..........」コツコツ


真姫「.........」ズーン

にこ(結局、最後の5回目も当ててたし、あいつやばいわね、エスパー?)

真姫「ケースが空っぽになるなんて...初めてよ」

にこ「...........」
66: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/21(土) 23:28:18.33 ID:aVy7DQzK
~~~~~~~~~~~~~~~

真姫「今、考えたら最悪な出会いだったわね」

にこ「あの時の真姫ちゃんの泣き顔ったら」

真姫「!な、泣いてなんかいないわよ!!」

にこ「泣きそうだったじゃない」

真姫「っ~!!知らない!!忘れたわ!そんなこと!!」

にこ「ふふふ~...まぁ、あの頃の絵里はカッコよかったけど、尖っていたからね~」

真姫「今と別人よ、本当に同じ人間?」

にこ「まぁ、あいつもあの頃は色々と抱えていたからね」チラッ

絵里「んー....zzzzzzzz」
75: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 00:23:16.63 ID:A185AgHz
~~~~~~~~~~~~~

真姫「あら」

にこ「また、会ったわね...つり目のあんた」

真姫「真姫よ」

にこ「はいはい...で?どう?そっちは」

真姫「惨敗よ、今月は赤字よ」

にこ「そう...こっちもよ」

真姫「勝てそう?エリーチカに」

にこ「そういうあんたはどうなのよ」

真姫「今の時点では無理ね、あいつ何者よ、悪魔にでも魂でも売ったの?」

にこ「かもね...あいつは化け物よ」

真姫「はぁ....」
77: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 00:32:58.96 ID:A185AgHz
希「お!お二人さんどうしたの?」

真姫「ディーラーさん...別に」

希「ん~?もしかしてエリーチカに負けて落ち込んでるとか?」

にこ「あんたねぇ...もう少しオブラートな言い方はできないの?」

希「そんな気遣いしたら逆に怒るでしょ?お二人さんみたい人は」

真姫「.......」

にこ「ふん!」

希「うちの名前は東條希、ここのカジノ『リリーホワイト』のオーナーをやってます」

真姫「は!?」

にこ「あんた...この店のオーナーだったの!?」

希「そうだよー...で、暇つぶしでたまにディーラーをやってまーす」
78: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 00:36:42.11 ID:A185AgHz
にこ「変なオーナーもいたものね」

真姫「大丈夫なの?危ない目にあったりしないの?」

希「あー...それなら大丈夫」パチン!

スッ

海未「...........」

にこ「早っ!!どこから出てきたの?」

真姫「このディーラーさん...この人も只者じゃないってこと?」

希「この子は海未ちゃん、うちのボディガード兼用心棒ってところやね」

海未「.........」

真姫「!この人もなんか威圧感が半端ないわね...なんなのよ、この店は」
79: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 00:43:13.19 ID:A185AgHz
希「もう一人この子の弟子みたいな子もいるんだけど...それは今度でいいや」

にこ「成程、ディーラーも曲者が多いのね、この店は」

海未「最近、よく通っている方達ではないですか...で?なんの要件ですか?希」

希「ん~?いやーエリーチカにコテンパンにされて凹んでる二人を一緒に見ようと思ってね」

にこ「!あ、あんたねぇ!!」ガタッ

海未「!!」サッ

にこ「!?」

海未「お客様といえど、オーナーに手を出すことは許しませんよ」

真姫「か、刀!?どっから出てきたのよ!」

にこ「あ....ぁ.....」

希「あー....あんまり変な動きをすると海未ちゃんに怒られるから注意してね」

にこ「そ、そういうことは早くいいなさいよ!!というか怒られるとかそんなレベルじゃないんだけど!!」
80: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 00:45:34.63 ID:A185AgHz
希「大丈夫、大丈夫、模擬刀だから」

にこ「も、模擬刀?」ヘタッ

海未「私だってそんな簡単には殺生はしませんよ」

真姫「いやいや、模擬刀でもおかしいから」

にこ「もう!!脅かさないでよ!!!」

希「ごめんごめん、別に泣かなくても」

にこ「泣いてないわよ!!」

真姫「っぷ....」

にこ「!!笑うな!!!」
81: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 00:53:14.55 ID:A185AgHz
海未「成程、打倒エリーチカですか....」

希「勝てる勝算はありそう?」

海未「さぁ?どうでしょう?」

にこ「なんでYESでもNOでもないのよ、答えが」

海未「私はそもそもギャンブラーではないですし、勝負の世界のことはわかりかねます」

希「そっか....」

真姫「あいつは言っていたわ、背負っているものが違うって」

にこ「背負ってるものねぇ....」

希「まぁ、あれほどお金を一心不乱に集めてるってことは...なにかあるのは間違いないけどね」

真姫「.........」
82: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:00:08.58 ID:A185AgHz
にこ「あー....今日はエリーチカもあいつもいなかったわね...」

にこ「なんか勝負に勝ててもエリーチカには勝ててないからなんか素直に喜べないのよねー....」


絵里「.........」

にこ「ん?あれは...エリーチカ?よね?髪を束ねてるけど...それに随分と地味な格好をしてるわね...」

絵里「..........」コツコツ

にこ「あんな格好でどこに行くのかしら?...なんか気になるわね、尾行してもようかしら?」


スー....

絵里「..........」

にこ「病院?」

絵里『背負ってるものが違うのよ』

にこ「あいつもしかして....」
83: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:04:10.68 ID:A185AgHz
真姫「病院?」

にこ「えぇ、いつもと雰囲気も格好も違ったけど...多分あいつだったわ」

真姫「ふ~ん...で?何病院?」

にこ「〇△□病院」

真姫「そう....」

にこ「重い病気だから...お金が必要ってことなのかしら?」

真姫「.........」スッ

にこ「どうしたの?」

真姫「今日はもう帰るわ」

にこ「どうしたのよ、あいつが病人かもしれないから?」

真姫「別にそんなことはないわよ」

にこ「じゃあ、なんで急に帰るって」

真姫「...........」
84: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:17:38.65 ID:A185AgHz
にこ「なんなのよ...あいつ...」

希「あれ?真姫ちゃんは帰っちゃったの?」

にこ「えぇ、なんか急にね」

希「ふ~ん....」

凛「あ!エリーチカに勝てないのに懲りない人だ!!」

にこ「あんたねぇ...もう少し言い方ってもんがねぇ...」

希「こ~ら凛ちゃん」

にこ「全くオーナーがオーナーなら周りの人間も周りの人間ね」

希「本当のことを言っちゃダメでしょ!!いつもボロ負けしてるんだから」

にこ「....おい!」
85: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:18:15.79 ID:A185AgHz
希「もしかしたら真姫ちゃんはこう思ったんじゃないの?」

にこ「なによ」

希「本人じゃなくて、家族とか恋人の為にお金を稼いでるとか」

にこ「!」

凛「あー...ありそうな話だね、天才ギャンブラーの影に病弱な恋人ありみたいな」

にこ「.......」

希「あの強さはその人への愛情の強さだったりして....」

絵里『.........』

にこ「まさか、あんな冷たい目をした人間が.....」
86: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:21:35.42 ID:A185AgHz
真姫「着いた....初めて自分の人脈を感謝したような気がするわね」

真姫「...さてと、行きますか」



にこ「はぁー.....」

花陽「どうしたの?にこちゃん?」

にこ「まぁ、色々あってね...」

花陽「そっか....」

にこ「......」

花陽「はい!」スッ

にこ「え?」

花陽「おにぎりだよ!元気出して!」

にこ「....ありがとう」
87: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:27:18.32 ID:A185AgHz
カランカラン

ことり「ただいまー」

花陽「お帰り、ことりちゃん」

にこ「邪魔してるわよ」

ことり「あ!にこちゃん、いらっしゃいませ!」

花陽「ちょっと遅かったね、やっぱり混んでたの?」

ことり「うん、でも買えたよ!!」

花陽「よかったぁ....穂乃果ちゃんも喜ぶね!」

ことり「うん!!」

にこ「その箱は...有名なケーキ屋さんのやつね」

ことり「にこちゃん大正解!」
88: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:31:59.97 ID:A185AgHz
真姫「........」キョロキョロ

絵里「.........」

真姫「!!」サッ

絵里「..........」コツコツ

真姫(いきなりビンゴね....)


絵里「.........」バタン

真姫「.........」スッ

真姫「絢瀬...亜里沙....」
90: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:38:23.99 ID:A185AgHz
ことり「幸せ~♪」

花陽「美味しいですぅ♪」

穂乃果「あー...生きててよかった....」

にこ「あんたらって本当に幸せそうに食べるわよね」

穂乃果「だって美味しいもん!」

花陽 ことり「うんうん」

にこ「まぁ、たしかに美味しいわね、これ...」モグモグ

穂乃果「ことりちゃん今度これ作ってよぉ!」

ことり「えー....」

にこ「穂乃果、あんまりことりに無茶を言うのは...」

ことり「いいよ!」

にこ「いいんかい」
91: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:42:30.51 ID:A185AgHz
にこ「さてと....」ガタッ

穂乃果「あ、帰るの?じゃあ、今度はなにかお土産を持ってきてねー」

にこ「図々しいわね....」

ことり「にこちゃん、遊びは...ほどほどにね?」

にこ「はいはい、あんたの世話にはならないように気を付けるわ」

花陽「いつでも喫茶店『プランタン』はお客様のご来店をお待ちしてますので」

にこ「ありがと、また来るわ」


にこ「..........」

「随分と元気がないみたいね」

にこ「!!」

真姫「.........」

にこ「真姫....」

真姫「ちょっと付き合ってもらってもいいかしら?」
92: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:45:47.38 ID:A185AgHz
にこ「話ってなによ...こんな人気のない場所で」

真姫「あんまりこの話は周りには広めたくなくてね...」

にこ「広めたくない?」

真姫「エリーチカのことよ」

にこ「!」

真姫「私、実はとある病院の医院長の娘でね...ここまで言えばわかるわよね?」

にこ「例の病院の話ね...」

真姫「えぇ、元々この情報をくれたのは貴方だし、一応教えておこうと思ってね」

にこ「調べたの?」

真姫「まぁね...聞く?あの人が背負ってるものの正体を」

にこ「....えぇ...聞くわ」
93: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:50:18.16 ID:A185AgHz
真姫「っていう話...まぁ、物語ではよくある話だけどね...まさか現実で見るとはね」

にこ「っ......グスッ.....」

真姫「....え?なんで泣いてるの?」

にこ「な、泣いてないわよ!!」ゴシゴシ

真姫「いやいや、目が真っ赤だし...鼻声だし」

にこ「別にいいでしょ!...グスッ....」

真姫「まさか...貴方もギャンブルをしてる理由も....」

にこ「!ち、違うわよ!!違くはないけど違うわよ!!」

真姫「いや、意味わかんないから....」

にこ「うるさい!!」

真姫「成程、貴方も訳ありってことなのね」

にこ「.........」
94: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/23(月) 01:53:35.04 ID:A185AgHz
真姫「ふ~ん...そう、貴方もそんな過去があったのね....」

にこ「そうよ、まぁ、今は片付いたから大丈夫だけど...」

真姫「それは強くなれない訳だわ...私が」

にこ「え?」

真姫「私は自分の楽しめる範囲で好き勝手にギャンブルをしてきたわ、ストレス解消で楽しむ為に」

にこ「それが普通よ、本来は」

真姫「でも貴方やエリーチカは違った、戦う理由、戦わなくてはいけない理由があった」

にこ「あんた...」

真姫「自分がなんか情けなくなってきたわ...はぁ....」

にこ「.........」

真姫「だからこれは仕返し、逆恨みよ」

にこ「え?」
105: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/24(火) 23:42:38.04 ID:gGc9G1Mc
真姫「エリーチカ!」

絵里「!!貴方は...懲りないわね...」

真姫「ちょっといいかしら?」

絵里「いいわよ、今日も勝負をするのかしら?」

真姫「今日は違うわ」

絵里「違う?」

真姫「貴方とちょっと話がしたいのよ、いいかしら?」

絵里「話?」

真姫「えぇ、場所を変えましょう...あんまり人前では話したくない話だから」

絵里「.......」
106: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/24(火) 23:50:47.88 ID:gGc9G1Mc
真姫「ここなら気兼ねなく話せそうね」

絵里「なによ、話って」

真姫「まぁ、そう急かさないで、お酒でもどう?」

絵里「...私は暇じゃないの、戦う気がないなら戻らさせてもらうわよ」

真姫「なんでそんなにギャンブル漬けの日々なの、貴方」

絵里「そんなの...貴方には関係ないわ」

真姫「まぁ、たしかにそうかもね...」

絵里「時間の無駄だったみたいね」スッ

真姫「........」

絵里「........」コツコツ

真姫「...絢瀬亜里沙」

絵里「!」ピタッ

真姫「貴方の...妹さんよね?」
107: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/24(火) 23:52:59.72 ID:gGc9G1Mc
絵里「...........」

真姫「調べさせてもらったわ、難病を患わっているのね...しかも治療には莫大な費用がかかる薬や治療をしなければならない」

絵里「っ........」

真姫「それはお金が必要な訳だわ、保険も効かないし」

絵里「!貴方.....!!」ギロッ

真姫「!...な、なによ...じ、事実じゃない.....」ビクッ

絵里「........」

真姫「妹を助ける為に戦っている...そうなんでしょ?」

絵里「だったらなんなのよ....貴方には関係ないことよ」

真姫「意外とそうだったりしないのよね」

絵里「は?どういう意味よ」

真姫「実は私こう見えても医者なのよ」

絵里「!」
108: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/24(火) 23:59:43.20 ID:gGc9G1Mc
真姫「ふふふ.....」

絵里「そう....で?そのギャンブラードクターが私になんの用なのよ」

真姫「妹さんの病気を治してあげる手伝いをしてあげるわ」

絵里「...!ふざけないで!!」

真姫「!」

絵里「なに?私を馬鹿にしてるの?私だって素人なりに調べた!妹がどうすれば治るのかって!!」

真姫「........」

絵里「でもなかった!お医者様だって今の医療では無理だって!!だからこうやって、必死に足掻いてるのよ!!私は!!!」

真姫「そうね...あの病気は今の医療では無理ね」

絵里「!なら...手伝うとかふざけたことを言わないで!!憐れんでるのかしらないけど」

真姫「妹のことになると冷静じゃなくなるんだから....落ち着きなさいよ」

絵里「これ以上ふざけたことを言うなら殴るわよ、本気で」

真姫「...........」
109: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:04:31.03 ID:s4Yf9XPx
絵里「このっ!!黙ってないで!なにか言いなさいよ!!」ガッ

真姫「..........」

絵里「..........」

真姫「今の医療では...そう、この国の医療ならね」

絵里「...この国?」

真姫「そろそろ襟から手を離してもらってもいいかしら?...苦しいんだけど...」

絵里「.......」スッ

真姫「ふぅ...パ...父は顔が広くてね、海外でも顔が効くのよ」

絵里「貴方が医者ということは...貴方の父親も...」

真姫「もちろん医者、そしてこの地元の病院の院長よ」

絵里「......」
113: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:19:58.52 ID:s4Yf9XPx
>>109 >>110の間 抜けてた

真姫「だからその病気に詳しい、治療ができる海外の医者とも交流があってね...もしかしたら治すこともできるかもしれないって話よ」

絵里「亜里沙の...病気が....」

真姫「でも始めにいっておくわ、絶対に成功するとは保証できないわ」

絵里「!」

真姫「医者はたしかに患者を助ける為に全力を尽くすわ、でも人間が人間を治すのよ、治せない事だってあるわ...」

絵里「.........」

真姫「人の命に対してこんな言い方はしたくないんだけど...ようは賭けるしかないのよ、その人を信じて」

絵里「っ!!亜里沙の...亜里沙の命はチップじゃないのよ!!」

真姫「そうよ、だから貴方は選択するの、どうするかを」

絵里「どうするって....」

真姫「これ...私の連絡先よ」ヒュ

絵里「........」パシッ

真姫「また会いましょう、絢瀬絵里さん」

絵里「...........」
110: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:08:51.70 ID:s4Yf9XPx
~~~~~~~~~~~~~~~

にこ「そんなこともあったわね、現場にはいなかったけど」

真姫「あの時、本気でエリーにやられるかと思ったわ」

にこ「話は二人から聞いたけどさー真姫ちゃんも言い方に問題があると思うのよね」

真姫「いや、でも間違ってないでしょ?」

にこ「それはそうかもしれないけど...まぁ、真姫ちゃんらしいと言えば真姫ちゃんらしいか」

真姫「なによ、それ」

にこ「二人共変に不器用なところが似てるんだから、にこみたいに上手く生きないと」

真姫「にこちゃんだって似たようなもんでしょ」

にこ「それもそうかも...ね」

真姫「ふふふ....」

にこ「なに笑ってんのよ」

真姫「にこちゃんだって笑ってるじゃない」

にこ「ふふ」
111: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:14:59.10 ID:s4Yf9XPx
真姫「にこちゃんだってエリーと同じで家族の為にギャンブルをしてたんじゃない」

にこ「それは...昔のことでしょ?」

真姫「二人共家族思いでいいじゃない、やり方がすごい不器用であれだけど」

にこ「うるさいわね...あんただって親子喧嘩してはギャンブルでうっぷんを晴らしていたでしょ」

真姫「それは....」

にこ「まぁ、でも...亜里沙ちゃんが助かってよかったわね」

真姫「そうね...今はロシアにいるんだっけ?」

にこ「この間、メールが来てたわ」

真姫「そう...元気そうでよかったわ」

にこ「そういえば、亜里沙ちゃんが治ってからよねー絵里があんなかんじになったのは」

真姫「たしかに言われてみればそうね」
112: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:17:47.80 ID:s4Yf9XPx
絵里「ん?...あれ私....」

真姫「あら、起きたの?エリー」

絵里「うん...いつの間にか寝ちゃってたみたい」

にこ「.........」

絵里「なによ、にこ?」

にこ「よだれの跡が付いてるわよ」

絵里「へ?...え!あぁ!!」ゴシゴシ

真姫「ぷっ...」

絵里「もう、笑わないでよ!!」

にこ「本当に変わったわね...皆」
114: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:20:47.13 ID:s4Yf9XPx
絵里「ん?二人で何を話してたの?」

真姫「ちょっと昔話をね」

絵里「昔話?」

にこ「ほら、にこ達が出会ったころの話よ」

絵里「あー....!!っ.....」

真姫「どうしたの?エリー?」

絵里「い、いえ!なんでもないわ、なんでも!」

にこ「?....あー!もしかして昔の自分を思い出して恥ずかしがってるとか」

絵里「ち!違うわよ!!」

真姫「あの頃のエリーは氷みたいだったものね」

にこ「というかヒットマンみたいだったわ」

絵里「もう!!二人共やめてよ!!」
115: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:25:13.45 ID:s4Yf9XPx
にこ「そういえば、亜里沙ちゃんの件で絵里と真姫ちゃんがマジの殴り合いの喧嘩をしてた時はびっくりしたわ」

真姫「あぁ....」

絵里「もういいわよ、昔の話は」

にこ「あの時、にこが見つけて止めに入ってなかったらどうなってたことか」

真姫「死ぬかと思ったわ、目がマジだったもの」

絵里「あれは...だって、真姫が....まぁ、私も悪かったけど...」

にこ「それで二人共倒れるもんだから、本当に寿命が縮まるかと思ったわよ」

真姫「でもお互いの思いはぶつけあえたからあれはあれでよかったんだと思うわ」

絵里「体はボロボロになったけどね」

真姫「私のが重症だったけどね」

絵里「ごめん....」

真姫「別にもういいわよ、私もきつく言いすぎた部分があったし」

にこ「でも、その件からにこ達がこうして仲が深まっていったのよね」

真姫「うん....」

絵里「そうね....」
116: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:30:32.84 ID:s4Yf9XPx
真姫「.......」

にこ「........」

絵里「ねぇ、二人共」

真姫「ん?」

にこ「なによ」

絵里「私は二人に会えてよかったわ、二人のおかげで亜里沙は助かったし...今もこうして楽しい日常を送れているわ、ありがとう」

真姫「別にいいわよ、医者の端くれとしてサポートしただけよ」

にこ「にこもそんなかんじ、家族って...大事だから」

絵里「うん...だからね、その...ね?」

にこ 真姫「?」

絵里「二人のことは...その家族って思ってるから...だからずっと一緒にいたいなーって....」

にこ 真姫「.......」

絵里「ちょっと重かったかしら?」
118: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:34:56.23 ID:s4Yf9XPx
にこ「そんなことは」

真姫「ないわよ」

絵里「~っ!!にこ!!真姫!!」ガタッ

真姫「ちょ!!」

にこ「馬鹿!!車の中で暴れないの!!」

絵里「あ、はい!!」

真姫「もう....」

にこ「締まらないわね....」

絵里「あは...あははは....」
119: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:39:13.93 ID:s4Yf9XPx
~♪

絵里「..........」

凛「ん?あ、絵里ちゃん」

絵里「凛...どうしたの館内の巡回?」

凛「うん、そんなかんじ」

絵里「そう....」

凛「今日はスロットしてるの?」

絵里「えぇ...二人にこれならマイナスにはならないだろうって」

凛「ふ~ん...今日は一人?」

絵里「えぇ、真姫は仕事、にこも用事があってね」

凛「絵里ちゃんだけ暇だってことだね」

絵里「今日は私だけね!時間があるの!」

凛「ふ~ん」
120: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:44:04.73 ID:s4Yf9XPx
絵里「.........」

凛「全然当たらないね」

絵里「...遠隔操作とかしてないわよね」

凛「む!失礼な!そんなことしてないよ!!」

絵里「そうよね....」

凛「もう!失礼なことを言うと海未ちゃんに言いつけるよ!」

絵里「それはやめて!洒落にならないから」

凛「あんまり変な事を言わないでね、お店の評判にもかかわるんだから」

絵里「ごめんごめん」
121: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:49:21.14 ID:s4Yf9XPx
「また、こんなところで遊んでるの?絵里ちゃん?」

絵里「!その声は....」

ことり「あんまり無駄使いしちゃだめだよ?」

絵里「ことり...」

凛「!」

ことり「騒がしいところだね、ここ」

絵里「どうしたのよ、こんなところに来るなんて」

ことり「ちょっとこの周辺の街で道場破りならぬ、カジノ破りが出没してるみたいで」

絵里「カジノ破り?」

凛「あ、それ聞いたような気がするよ!たしかすっごく強い3人組って噂だけど」

絵里「3人組?...もしかして私達?」

ことり「それはないかな」

凛「ばっさりにゃ」
122: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:52:32.55 ID:s4Yf9XPx
ことり「あと...貴方が星空さん?」

凛「は、はい!!」

ことり「これを海未ちゃんに渡しておいて」スッ

凛「わ、わかりました」

ことり「なにかあったら連絡してね~またね~」

絵里「えぇ、またね」

凛「は、はい!わかりました?」

絵里「?」
123: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/25(水) 00:58:54.08 ID:s4Yf9XPx
凛「ふぅ.....」

絵里「どうしたのよ急に、ことりとなにかあったの?」

凛「いや、そういう訳ではないんだけど....」

絵里「でも明らかに様子が....」

凛「なんでもない!!」

絵里「そ、そう?まぁ、深くは聞かないけど....」

凛「ごめん、海未ちゃんにこれを渡さないといけないからまたね!」

絵里「え?あぁ、うん、またね」

凛「...........」ダッ

絵里「変な凛....まぁ、いいわ...続き続き...」

「...........」
128: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:21:20.20 ID:9t3jeWhs
絵里「...当たらないわね...でも、あともう少しすればきっと!...」

「..........」

絵里「あれ?もうお金がない...」

希「相変わらずやね」

絵里「!希!」

希「今日もうちのお店にお布施をありがとうございます」

絵里「あ、いえいえ...ん?」

希「今日もエリチはネギを背負った鴨やね」

絵里「私はカモネギじゃないわよ!!」
129: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:29:58.36 ID:9t3jeWhs
希「どう?うちと勝負しない?」

絵里「お金がもうないわ」

希「なら、うちが貸してあげるよ、勝てばプラスになるよ」

絵里「!....いや、その手にはもう乗らないわよ...」

希「その手?」

絵里「この間、その手で大変な目にあったんだから!」

希「勝てばええんよ、勝てば」

絵里「やらない!二人と約束したんだから!」

希「んー...釣れないなぁ....」

絵里「もう、二人のお説教は勘弁よ」
130: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:36:09.09 ID:9t3jeWhs
凛「海未ちゃーん」

海未「ん?なんですか?凛」

凛「南ことりさんから....むぐっ!」

海未「何故、ことりがここに!!ことりはどこにいるんですか!?」

凛「し、知らないよ....これを海未ちゃんに渡してほしいって....」スッ

海未「!!」パッ

凛「はぁ...苦しかった....」

海未「...........」

凛「相変わらず...南さんとかのことになると怖いんだから....」ボソッ

海未「成程...これは最近、噂になっている連中のことについての書類ですね」
131: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:39:21.60 ID:9t3jeWhs
凛「あー...カジノ破りのやつ?」

海未「そうです、手配書も入ってますね」

凛「手配書って...ちゃんと映ってないじゃん」

海未「連中もただの素人ではないってことですかね」

凛「うちにも来るのかな?」

海未「可能性はありますね、警戒をしておいたほうがいいかもしれません」

凛「うん、そうだけど...希ちゃんが勝負を受けちゃったらダメなんじゃない?」

海未「...希には一応、警告をしておいたほうがいいかもしれませんね」
132: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:44:13.60 ID:9t3jeWhs
凛「ちなみに海未ちゃんは希ちゃんが勝負を受けたらどうするの?」

海未「もし...仮に希が受けしまったら、もちろん全力でサポートはします」

凛「ふ~ん...ギャンブル勝負でも?」

海未「もちろん、全力は尽くします!」

凛「そっか....」

凛(仮にやっても海未ちゃんにはポーカーとかはやらせないようにしないと....)

海未「凛、なにか失礼なことを考えたりしてませんか?」

凛「え?」

海未「..........」
133: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:47:31.68 ID:9t3jeWhs
希「ね~やろうよ~」

絵里「やらないっての!!」

希「えー...今日もエリチを負かして服をひん剥いて涙目にしたかったのに」

絵里「ちょっと!人前で変な事を言わないでよ!」

希「事実やん」

絵里「そ、そのような事実はございません!」

希「えー?この間の写真がここに....」ゴソゴソ

絵里「は!?ちょっと!!なによ、それ!」ガシッ

希「ちょ!痛いよ!」

絵里「消しなさい」ズイッ

希「ちょっと、顔が近いよ!エリチ」

絵里「け!し!な!さ!い!」
134: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:52:34.68 ID:9t3jeWhs
希「あー...せっかくのコレクションが...」

絵里「ふん!!」

希(まぁ、バックアップはあるからいっか)

絵里「もう帰る!」

希「えー帰っちゃうの?」

絵里「お金ないし、お腹も空いてきたし」

希「そっか、じゃあ勝負はまた今度やね」

絵里「希とは絶対にしないから!!」

希「あー...嫌われちゃったかな?」

絵里「じゃあね!バイバイ!!」

希「あ、うん、バイバイ...」

絵里「............」テクテク


希「その割にはちゃんと別れの挨拶はするんやね」

「...........」
135: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:56:24.65 ID:9t3jeWhs
「どうだったんだ?今度の店は」

「そうね~まぁ、オーナーが少し厄介ってところかしら?」

「そう...で?あれはどうだったの?」

「あー!エリーチカだったかしら?」

「そうよ」

「エリーチカ...数年前まで伝説的な強さを誇ったとかいう人物か...」

「そうね~はっきり言って、ただの素人にしか見えないわね」

「何故そう思ったの?」

「オーラもなければ勝負には負けてばかり...そもそも同一人物なのかそれともその話自体が嘘なのかって思うレベルよ」

「成程、では、ただの噂にすぎなかったという訳だな」

「.....そう...わかったわ」
136: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 00:59:48.87 ID:9t3jeWhs
絵里「ただいまー....」

にこ「お帰り、絵里」

絵里「............」

にこ「絵里?」

絵里「あ!なんでもないわ!」

にこ「もう、相変わらずぼーっとしてるんだから...」

絵里「そんなに私ってぼーっととしてる?」

にこ「よく口がぽかーんって開いてるわ」

絵里「え!?嘘?」

にこ「いや、本当だから」
137: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 01:07:40.89 ID:9t3jeWhs
真姫「ふ~ん...また負けたの?」

絵里「でも今日はちゃんと予算内でやめたから」

にこ「いや、それが普通だから」

真姫「昔、この人にこてんぱんにされたのが嘘みたいね」

にこ「そうね、今なら逆にこっちがこてんぱんにできそうね」

絵里「むっ!ちょっと私を馬鹿にしすぎじゃないの?」

にこ「してないわよ」

真姫「うん、うん」

絵里「本当かしら?」
138: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 01:15:26.82 ID:9t3jeWhs
真姫「でも、私は今のエリーが好きよ」

絵里「へ!?」

にこ「そうね、アホっぽいけど...」

絵里「アホ!?」

真姫「エリーは今のエリーのがいいわ、昔みたいに怖い顔よりはね」

にこ「そうね、あんな感じでずっといられたら胃が痛くなりそうだわ」

絵里「これって褒めてるのよね?」

にこ「褒めてる褒めてる」

真姫「えぇ、褒めてるわよ一応」

絵里「なーんかいちいちひっかかるのよねー」
139: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 01:21:03.22 ID:9t3jeWhs
ことり「う~ん....」

穂乃果「どうしたの?ことりちゃん?」

ことり「穂乃果ちゃん...えっとね、お母さんから注意しろって言われてることがあってね」

穂乃果「ふ~ん?なに?なに?」

ことり「ほら、海未ちゃんがカジノで働いてるじゃない」

穂乃果「あー...お世話になった先輩がやっているっていうカジノだっけ?」

ことり「そうそう、それで最近、この地域周辺でカジノ破りが頻発してて」

穂乃果「カジノ破り?」

ことり「簡単にいうと道場破りみたいなものかな?」

穂乃果「また物騒だね....」

ことり「うん、だから今日ね海未ちゃんに資料を渡しておいたから」

穂乃果「さすがことりちゃん」
140: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 01:26:19.28 ID:9t3jeWhs
ことり「で、負けたカジノがお金を根こそぎ持ってかれて潰れちゃってるの」

穂乃果「ひゃー...中々、バイオレンスだねぇ」

ことり「うん、海未ちゃんとは狙われなければいいんだけど」

穂乃果「海未ちゃん賭け事というか...表情に出やすいからなー」

ことり「うん、心配だよねー」

穂乃果「にこちゃん達に頼んでみる?万が一の為に」

ことり「あー!それいいかも!」

穂乃果「あ、でも絵里ちゃんはどうなんだろう」

ことり「うーん...ちょっと頼りないかも?」


絵里「くしゅん!...誰か噂でもしてるのかしら?」
141: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 01:31:15.54 ID:9t3jeWhs
穂乃果「じゃあ、明日辺りに頼んでみようか!」

ことり「そうだね!」


ガチャン

花陽「新作のおにぎりできたよー」

穂乃果「待ってました!!」

ことり「かよちゃんのおにぎり大好き」

花陽「えへへ...」

穂乃果「今日はおにぎりパーティーだ!!」

ことり「どれも美味しそう....」

花陽「今回のは結構自信作です!」

「「いただきまーす!」」
146: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 23:23:00.97 ID:9t3jeWhs
真姫「んー....よく寝た....」

にこ「真姫ちゃん、今日は早いわね」

真姫「そうかしら?」

にこ「まぁ、まだ絵里は寝てるけど」

真姫「昨日はしゃいでたから疲れてんじゃないの?」

にこ「かもね」

真姫「今日はどうする?なにする?」

にこ「うーん...今日は皆お休みだし、どうしよっか?」


絵里「んー...zzzzzzzz」
147: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 23:35:05.68 ID:9t3jeWhs
ヒデコ「こうも広いと掃除も大変だよね」

ミカ「まぁね...」

フミコ「ほら!さっさとやらないとオーナーに怒られるわよ」


バン!!

ヒデコ「!?」

「ふむ、意外と中は広い店なんだな」

「えぇ、内装も中々いい感じでしょ」

ミカ「えっと...お客様?まだ営業の時間ではないんですが...」

フミコ「というかCLOSEDって看板を見なかったんですか?」

「ちょっと、オーナーさんに用があってね、呼んでもらえるかしら?」ギラッ

ヒデコ「!?」ビクッ
148: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 23:43:01.43 ID:9t3jeWhs
海未「一体、オーナーに何の用ですか?」

ヒデコ「園田さん!!」

海未「凛を呼んできてください」

ヒデコ「わかりました!」ダッ

「あら、随分と怖そうな人が出てきちゃったわね」

海未「..........」

「そうだな、警備員ってところか?」

海未「貴方たちは何者ですか、事と次第によっては容赦しませんよ」

「あらら、怖いわね~」

「............」
149: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/26(木) 23:55:44.12 ID:9t3jeWhs
「まずは自己紹介から、私は優木あんじゅ」

「統堂英玲奈だ」

海未「私は園田海未です、ここの従業員です」

あんじゅ「ふ~ん....」ジロジロ

海未「なんですか?」

あんじゅ「随分と強そうなディーラーさんだなと思ってね」

海未「......」

あんじゅ「刀まで持ってるなんて...武士?侍?」

英玲奈「ディーラー兼警備員と言ったところか....」

海未「....!もしや、あなた方が最近噂になっているカジノ破り....」

あんじゅ「正解♪」
150: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:03:29.37 ID:jK+Y8czn
海未「そうですか、ならお帰り願いましょうか」

あんじゅ「う~ん...それはできないかな?」

海未「勝手な...なら力づくでも」

英玲奈「............」


凛「やぁ!!!」ブン!!

英玲奈「!!」ガッ!!

あんじゅ「.........」

凛「...ガードされちゃたかぁ...やるね、お姉さん」

英玲奈「また警備員が増えたぞ」

あんじゅ「大丈夫、警備の人間はこの二人だけだから」

海未「よく調べてるようですね、我々のことを」
151: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:05:53.04 ID:jK+Y8czn
凛「この二人!...例のカジノ破りの手配書に載ってた人達に似てる!」

あんじゅ「あらあら、手配書まで作られちゃってるのね」

英玲奈「少々、厄介なことになりそうだな」

海未「凛、こいつらを排除しますよ」

凛「OK!皆は危ないから下がってて」

ミカ「はい!」

ヒデコ「わかりました!」

あんじゅ「ここは武闘派が多いみたいね」

英玲奈「そうみたいですね」

海未「行きますよ!!凛!!」

凛「了解!!」
152: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:12:02.91 ID:jK+Y8czn
海未「でやぁ!!!」スッ!!

ガキン!!

英玲奈「中々、いい動きだな...」ググッ

海未「仕込みトンファーですか....」

英玲奈「我々は君達には用事がないのだよ」

海未「私も貴方には用事はありません!!」


凛「凛ちゃーん!ロッド!!」ブン!!ブン!!

あんじゅ「ふふ...こういうバトルも嫌いじゃないけど...今回は別に肉体的なバトルをしにきた訳じゃないのよね~」

凛「なら帰るにゃ!!」

あんじゅ「そうはいかないの!!」ビュン!!

凛「おっと!!」サッ

カッカッカンッ

あんじゅ「中々、当たらないわね...」

凛「あのトランプ素材なに?壁とか床にめっちゃ刺さってるんだけど....」
153: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:17:26.29 ID:jK+Y8czn
希「随分と騒がしいことになってるなぁ」

凛「!!」

海未「希!!だめです!出てきては!!危険です!!」

英玲奈「ふむ、あれがここのオーナーか」

あんじゅ「結構、オーナーもできそうな感じね」

希「うちらのお店に何の用かな?お二人さん」

あんじゅ「オーナーさんがわざわざ出てくれるなんて話が早いわね」

英玲奈「そうだな、単刀直入に言わせてもらうぞ、この店を貰いにきた」

希「..........」
154: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:20:40.72 ID:jK+Y8czn
希「わかった受けるよ」

凛「!!」

海未「希!!」

あんじゅ「あら、随分と素直に受けてくれるのね」

希「でも今日はやらない、日を改めて明日でもいいかな?」

英玲奈「構わない」

希「そっか、なら今日は帰ってもらっていい?」

あんじゅ「わかったわ、じゃあ、明日同じ時間に来るわ」

英玲奈「オーナーの君のことだからないとは思うが、逃げたりはしないように」

希「逃げないよ、うちは」

あんじょ「そう...じゃあ、またね~」

バタン!
155: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:25:00.40 ID:jK+Y8czn
希「ふぅ...」

海未「希!!」

凛「希ちゃん!!」

希「二人共怪我とかはしてない?」

凛「うん、してないけど....ってそれよりも!!」

海未「なんで勝負を受けたんですか!!」

希「あの場は受ける形がベストだと思ったんよ」

海未「ベストって....全然ベストじゃないですよ!!」

凛「そうだよ!!あんな勝負受ける必要はないのに!!」

希「そうもいかんのよ....」

海未「何故ですか!」

希「説明するから落ち着いて、二人共」

海未 凛「.........」
156: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:28:52.00 ID:jK+Y8czn
希「さっきのカジノ破りが何個もカジノを潰してるのは知ってるよね?」

海未「もちろん」

希「他の店は事情はわからないけど、勝負をきちんと受けている」

凛「それがどうかしたの?」

希「うちの店だけ受けないってことをしたらそれをよくないと思う人達が出てくるってこと」

海未「成程、潰された店の連中ですね」

希「そういうこと、店の評判も下がるし、後ろ指を指されるかもしれない...うちだけならまだしも...店の皆までそんなことになるのはちょっとね」

凛「希ちゃん....」

希「大丈夫!皆の退職金は今日のうちに払っておくから、ちゃんとね」

海未「........」

希「ごめんね?うちの我がままで面倒なことになって」
157: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:30:36.21 ID:jK+Y8czn
海未「いらないです、というか用意する必要はありません」

希「え?」

凛「凛もいらない!というかまだ早いよ!負けたわけでもないのに!」

希「でも....二人はあんまり、ギャンブルは強くはないやん?あっちは多分ギャンブル勝負を挑んでくるに決まってるよ」

海未「それはそうですが...私はここを辞めるつもりはありません」

凛「凛も....皆もそうだよね?」


フミコ「うん!」

ヒデコ「そうそう、オーナーはいつも勝手なんですから」

ミカ「最後までやってやりましょう?」

希「皆....」

海未「希が従業員を大事にしているのと同じで私達もオーナー...いえ、希のことを大事に思ってるんですよ?」

凛「うんうん、その通りにゃ!」

希「っ..........」
158: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:35:10.49 ID:jK+Y8czn
海未「全く、私も甘くなったもんですね」

凛「でも、凛には全然甘くないじゃん」

海未「それはそれ、凛は凛です」

凛「辛いにゃ....」

海未「さてと冗談はさておき、どうするんですか?」

凛「え」

希「そうやね...ギャンブルに強い人に助っ人にきてもらうとか?」

海未「なら...簡単じゃないですか」

凛「うん、簡単にゃ」

希「でも、受けてくれるかな?」

海未「あの人はまだしも、あの二人なら私達よりは確実に強いですし、頼りになりますよ」

凛「そうと決まったらお願いにいくにゃー!」

海未「善は急げです!早く行きましょう!!」

ヒデコ「ちょっと待ってください!!お店はどうするんですか!!」

海未 凛「あ」

希「時間を縫って後で行こうか」
159: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:48:05.20 ID:jK+Y8czn
真姫「見て見て、にこちゃん」ブォー

にこ「庭に呼ぶから何事かと思ったら...あんた、それ作ったの?」

真姫「うん」

にこ「はぁ...でも、すごいわねそれ...あんた、飛んでるじゃない」

真姫「このスーツはいいわね...楽しいわ」

にこ「もはやなんでもありね、あんた」

真姫「無駄な消費で使うよりはいいでしょ」

にこ「まぁ、それもそうね...」

真姫「~♪」ブォー
160: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:51:08.93 ID:jK+Y8czn
真姫「~♪」ブォー

にこ「ね、ねぇ...にこも着てみてもいい?」

真姫「着たいの?」ニヤニヤ

にこ「...いいでしょ!にこだって空を飛びたいの!!」


にこ「うわっ...すごっ!!」ブォー

真姫「これを人の為に使えたりできたらいいわね」

にこ「真姫ちゃんを見下ろしてる~♪」

真姫「はいはい」
161: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 00:52:57.75 ID:jK+Y8czn
ザッ

真姫 にこ「誰!?」

海未「私です」

真姫「なんで貴方がここに....」

にこ「自宅の場所なんて教えたかしら?あんたに」

海未「希に聞きました」

にこ「いや、希にも教えた覚えがないんだけど」

真姫「私も」

海未「絵里から聞いたと言ってました」

にこ「あいつ...」
162: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 01:05:42.65 ID:jK+Y8czn
真姫「で?何の用?わざわざここまで来るなんて」

海未「実は頼み事がありまして」

にこ「なによ?」ブォー

海未「........」ジッー

真姫「海未?」

海未「!あ、すいません、うちの店にカジノ破りが来て...」

真姫 にこ「!!」

海未「それで相手が勝負をしようと、それで...」

真姫「勝負...」

海未「貴方達に助っ人をお願いしたいんです!!」

にこ「.........」
172: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:05:08.58 ID:jK+Y8czn
真姫「カジノ破り...噂には聞いていたけど、まさか...こんな近くまで迫ってたなんて」

にこ「まぁ、あそこもなんやかんやで大きなカジノだからね」

海未「お願いします!!このままでは希や従業員の皆が!!」

真姫「..........」

にこ「ふ~ん...そう」

海未「お願いします!二人の力を貸していただけないでしょうか?」

にこ「だって、真姫ちゃんどうする?」ブォー

真姫「オコトワリシマス」

海未「!!」
173: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:11:21.82 ID:jK+Y8czn
にこ「まぁ、そうなるわよね」

海未「も、もちろん報酬はお支払いします!そこをなんとか!」

真姫「そんなのは当たり前の話よ、普通、そんな面倒くさくて厄介な事をボランティアでやる訳ないでしょ」

海未「お願いします....頼れるのが貴方達しかいないんです!」

真姫「...........」

にこ「そんなやばい奴らと戦うってことはにこ達にも危険が及ぶってことがわかってても?」

海未「それもわかってます!しかし...もう!時間もない!頼れる方もいないんです!」

にこ「ねぇ、真姫ちゃん、どうする?」

真姫「どうするって私達にメリットがある?リスクのが高いわ」

海未「っ........」

にこ「そうよねー」
174: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:16:59.42 ID:jK+Y8czn
海未「お金ならいくらでも払います!一生かかっても!」

真姫「!...本当に?」

海未「はい!貯金も多少なりはあります!残りは一生かかっても払います!!だから!」

真姫「...二言はないのね?」

海未「はい!武士に二言はありません!!皆の為にお願いします!」

真姫「...その言葉が聞きたかった!」

海未「!」

にこ「まーた、やってるよ...真姫ちゃん」

真姫「いいわ、協力してあげる」

海未「本当ですか!?」

真姫「えぇ、にこちゃんはどうする?」

にこ「真姫ちゃんが受けるっていうなら受けるしかないでしょ」

海未「!!ありがとうございます!!」
175: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:22:21.05 ID:jK+Y8czn
にこ「それにしても真姫ちゃん意地悪すぎー」

真姫「なにが?」

にこ「最初から受けるつもりだったでしょ?」

真姫「試しただけよ、私は」

にこ「ふ~ん....」

真姫「にこちゃんだって断る気なかったんでしょ?」

にこ「さぁね?でも、もし断ったとしたら、あいつがうるさいし」

真姫「そうね、困ってる仲間は助ける、そういう人間だものね」

海未「本当にありがとうございます!なんてお礼を言っていいか...」

真姫「お礼は連中に勝ってからにして頂戴」

にこ「それにお礼を言うなら絵里にお礼を言うのね、全く...私も甘くなったわね」

真姫「エリーのせいね」
176: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:29:02.33 ID:jK+Y8czn
にこ「海未!明日、そっちにちゃんと行くから今日は早く帰りなさい、希達も心配してるだろうし」

海未「っ...本当にありがとうございます!」

真姫「泣かないの、ほら帰った、帰った」

海未「はい!!本当に!本当に!ありがとうございます!!」

にこ「わかった、わかった、気を付けてね」

海未「はい!」

真姫「............」


にこ「どうする?この件は絵里に言うの?」

真姫「まさか、言う訳ないでしょ」

にこ「そうよね、今の絵里じゃ、私達にも勝てないレベルだから、戦力にはならないし」

真姫「それに危険な目に遭わせたくない」

にこ「同感、この件に関しては絵里には黙っておきましょう」

真姫「それが無難な判断ね」
177: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:35:01.70 ID:jK+Y8czn
絵里「今日はでかけないの?皆」

真姫「えぇ、今日は皆でゆっくりしようって話をにこちゃんとしたの」

にこ「絵里、見てこのスーツ」

絵里「また何か作ったの?」

にこ「これね...このボタンを押すと....」

ブォー!

絵里「!!え?え!?」

にこ「空が飛べるのよ!!すごくない?」

真姫「すごいのはそれを作った私よ」

絵里「は、ハラショー!!」
179: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:41:12.25 ID:jK+Y8czn
海未「ただいま、戻りました」

凛「海未ちゃん!!どうだった!?」

海未「なんとか、にこと真姫に協力をいただけました!」

凛「やった!!あの二人がいれば百人力にゃ!」

希「ありがとう、海未ちゃん....本当にごめんなぁ....」

海未「希は気にすることはありません!明日は皆で勝つ!それだけです」

凛「うん!!そうだね!」

希「二人共....」

海未「さぁ!今日は通常に営業があるんですから!仕事をしましょう!」

凛「OK!!」

希「うちは...本当にいい仲間を、ありがとう...本当に」
180: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:49:23.23 ID:jK+Y8czn
絵里「おっはよー!!...って二人共もう起きてるのね、私にも朝ごはん頂戴」

真姫「エリー、おはよう」

にこ「あんたが遅いだけよ、ほら、あんたの分」スッ

絵里「そうかしら?ねぇねぇ、今日はドライブに行かない?昨日のスーツで海とかの上で飛んでみたい!」

にこ「あんたはまりすぎ」

真姫「ごめんなさいエリー、あれは防水じゃないのよ」

絵里「あ、そうなの?」

にこ「海なら水圧で空を飛ぶやつでいいじゃない、あれだって飛べるじゃない」

真姫「フライボードね」

絵里「いや、あれはちょっと怖くて....」
181: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:53:53.50 ID:jK+Y8czn
にこ「あ、真姫ちゃんも用事があるの?だから珍しく起きるのが早かったのね」

真姫「珍しいってなによ」

にこ「いや、早起きのイメージがなかったから」

真姫「失礼ね」

絵里「真姫はどれくらいで用事が終わるの?」モグモグ

真姫「まぁ、夕方くらいには終わるとは思うけど」

にこ「ふ~ん...絵里は用事あるの?」

絵里「うーん、特には...だからドライブ行こうと思ってたくらいだし」

にこ「じゃあ、夜は3人で夜のドライブでもする?」

絵里「する!!あ!でも暗い道はやめてよ?」

真姫「はいはい」
182: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/27(金) 23:58:22.64 ID:jK+Y8czn
真姫「じゃあ、行ってくるわね」

にこ「ちょっと待って!!途中までにこを乗せていってよ!!」

真姫「えー...方角は反対だったら嫌なんだけど」

にこ「少しくらいならいいじゃない!けち臭い!」

真姫「なんですって?」

絵里「こらこら、喧嘩しないの!」

真姫「...エリーに免じて許してあげるわ」

にこ「ふん!」

絵里「皆、仲良く!ね?」

真姫「はいはい」

にこ「わかったわよ」

絵里「よろしい!」
183: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/28(土) 00:05:40.40 ID:5g6oOgD4
にこ「にこはお昼くらいには帰ってくるかもしれないから」

絵里「はーい、いってらっしゃい!!」

真姫「........」

バタン!!

絵里「...........」


ブロロロロ

にこ「ちゃんと絵里のご飯には混ぜたの?」

真姫「混ぜたわよ、夕方くらいまでは寝てるかも...そろそろ効いてくる頃ね」

にこ「...そう...まぁ、あいつを危険な目には遭わせたくないし」

真姫「そうね、ちゃっちゃっと終わらせて3人で早くドライブにでも行きましょう?」

にこ「えぇ」
184: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/28(土) 00:07:54.69 ID:5g6oOgD4
バタン!

真姫「来たわよ、約束通り」

にこ「全く、この貸しは大きいからね?覚えておいてね」

希「にこっち...真姫ちゃん...本当にごめんなぁ...」

真姫「....顔色が悪いわよ、希」

にこ「あんたらしくないよ」

希「あはは...そうかな?」

真姫「はぁ...で?相手さんは?」

希「まだ来てないよ」

にこ「..........」
185: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/28(土) 00:13:35.16 ID:5g6oOgD4
希「あれ?そういえばエリチは?」

真姫「エリーは置いてきたわ」

にこ「あいつには危険な目に遭ってほしくないし、それに今となってはポンコツだし」

希「あははは.....」

凛「凛達も立ち会わせて」

海未「なにかあったら...私達が全力で貴方達を守ります!この身に変えても」

希「ごめんなぁ....二人だけどうしても帰れって言ったのに言うことを聞いてきくれなくて」

真姫「...頼もしいわね...」

にこ「まぁ、いいんじゃないの?多少ギャラリーがいても」

海未「そろそろ時間です」
186: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/28(土) 00:19:03.83 ID:5g6oOgD4
バン!!

英玲奈「昨日と違って見ない顔がいるな、助っ人か?」

あんじゅ「あれはビビの西木野真姫と矢澤にこよ」

英玲奈「成程、あれが...これは面白くなりそうだ」

あんじゅ「有名なグループと戦えるなんて光栄ね」


真姫「あれがカジノ破りのグループ...」

にこ「中々のオーラを感じるわね」

希「..........」

にこ「真姫ちゃん、相手にとって不足なしみたいね」

真姫「えぇ、これは全力でぶつからないとダメそうね」
187: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/28(土) 00:25:17.72 ID:5g6oOgD4
あんじゅ「じゃあ、皆、集まったことだし...始めましょうか?」

にこ「えぇ...いいわよ、受けて立つわ」

英玲奈「では今回のルールを設けさせていただこう、異議があったら説明の後に言ってくれ、お互いに話し合って公平性を保てるようにする」

真姫「OK、じゃあ、説明してもらえるかしら?」

英玲奈「勝負は3本勝負、先に2勝した方の勝ちだ」

海未「3本勝負....」

英玲奈「戦う競技は1試合ごとに変える」

にこ「成程」

英玲奈「競う競技は私達、ビビの君達、そしてこのカジノ側がそれぞれ競いたい競技を決める」

真姫「それって貴方達は不利じゃないの?実質二つこちらが選べるようなもんなんだけど」

英玲奈「構わない、いつもこのルールでやっている」

にこ「随分な自信だこと...でも、それで勝ち続けてきているってことよね」

あんじゅ「ふふふ....」
188: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/28(土) 00:30:51.05 ID:5g6oOgD4
真姫「どうする?にこちゃん?希」

にこ「........」

希「そう言われてもなぁ...」

にこ「二試合目はにこがいくわ」

真姫「なら私は一試合目で」

にこ「二人で速攻でけりをつけるわよ」

真姫「OK!」

希「え?うちが最後?」

真姫「予定ではね」

希「oh....」
189: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/28(土) 00:34:04.73 ID:5g6oOgD4
真姫「一試合目は私よ」

あんじゅ「あら?貴方が相手なのね、よろしくね」

真姫「..........」

真姫(ここで絶対に勝って、二人が有利に戦えるようにしないと)

あんじゅ「競技はどっちが決める?」

真姫「そっちが決めていいわよ」

あんじゅ「あら?いいのかしら?」

真姫「構わないわ」

あんじゅ「そう....なら一試合目はこれよ」スッ

真姫「トランプ?」

あんじゅ「ブラックジャックで勝負よ」
197: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/29(日) 00:42:24.13 ID:wryb+32X
真姫「ブラックジャック....」

あんじゅ「医者でもある貴方にはぴったりなゲームだと思うわよ」

真姫「なんで私が医者だって知ってるのよ....って、それくらいは知ってるか...」

あんじゅ「ふふふ....」

真姫「で?ルールは?ディーラーは?」

あんじゅ「まぁ、落ち着いて、ちょっと変わったブラックジャックをやろうかと思ってね」

真姫「変わったブラックジャック?」

あんじゅ「それは説明するわ」

真姫「.........」


にこ「...変わったブラックジャックってなによ」

希「真姫ちゃん....」

英玲奈「.........」
198: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/29(日) 00:51:26.29 ID:wryb+32X
あんじゅ「まずは使うカードの枚数は26枚」

真姫「....26枚?随分と枚数が少なくない?」

あんじゅ「まぁ、話は最後まで聞いて、26枚の内訳はA~Kのまでのカードを2枚ずつ、これを使ってブラックジャックをするの」

にこ「一体なにを考えてるのあいつは....」

あんじゅ「そしてディーラー役はなし、基本、私と貴方と私の賭け合い、勝負に使用するチップはお互いに10枚にしましょうか」

真姫「.........」

あんじゅ「プレイヤーはお互いに配られたカードの2枚を表向きにして、1枚は裏向きにする」

あんじゅ「そして表向きにするカードの一枚は必ず、配られたカードの中で一番数字が大きいカードを出す、10~Kは10として扱うからこれが一番表向きになりやすいわね」

真姫「Aはどう扱うの?1?それとも」

あんじゅ「それが面白いところでね、Aだけ表向きなら11、裏向きのカードとして使うなら1として扱うわ」

真姫「成程....」

あんじゅ「どう?カードの枚数も少ないから相手の手を読みながら戦うのが面白いのよね」
199: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/29(日) 00:56:44.28 ID:wryb+32X
真姫「カードの交換はどうするの?」

あんじゅ「一度だけで3枚まで交換ができるわ...でも、交換の仕方は気を付けてね」

真姫「どういう意味?」

あんじゅ「交換をした後でも必ず表向きの一枚は手持ちの3枚の中で一番数字の大きいカードを表向きにしないといけないわ」

真姫「下手に一枚だけを交換すると、自分の手札を全て公開することになるってことね」

あんじゅ「まぁ、簡単に言えばそういうことね、後は交換して捨てたカードは全部相手に公開しないといけないわ」

真姫「成程ね」

あんじゅ「チップに関しては勝てば2枚、ブラックジャックで勝てば3枚相手からもらうことができる」

真姫「じゃあ、降りる場合はチップを1枚を渡すってことかしら?」

あんじゅ「その通りよ、5回勝負をしてチップを多く持っていた方が勝ちってことでどう?」

真姫「わかったわ」

あんじゅ「じゃあ、早速準備をして始めましょうか?」
200: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/29(日) 01:04:05.78 ID:wryb+32X
あんじゅ「カードは公平にする為にそうね....貴方」

凛「ん?凛?」

あんじゅ「トランプを用意してもらっていいかしら?」

凛「はい」

あんじゅ「後は26枚に調整して、A~13のセットを二つね、できればハートかクラブの2セットみたいなかんじでお願いするわ」

凛「かしこまりました...今、用意します」

にこ「...........」


希「ねぇねぇ、にこっち」

にこ「なによ、希」

希「三回戦って言ってたけど、相手さん二人しかいないよね?」

にこ「そうね」

希「それに噂では3人組って聞いていたけど...残りの一人は?」

にこ「...さぁね?」
201: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/29(日) 01:11:28.46 ID:wryb+32X
希「さぁね?って、随分と適当すぎない?」

にこ「知らないわよ、いないもんはいないんだから」

希「それはそうだけど....」

にこ「純粋に遅れてるだけか...あの二人だけでにこ達は充分って思われてるか」

希「なめられてるってことは?」

にこ「どうかしら?でも、にこと真姫ちゃんが勝てばそいつの出る出番もないわ」

希「そ、そうやね!!」

にこ「.........」

にこ(真姫ちゃん....頑張って!....)
202: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/29(日) 01:15:31.79 ID:wryb+32X
凛「カードを持ってきたにゃ」

あんじゅ「ありがとう、じゃあ...貴方にもう一つ役割をお願いしてもいいかしら?」

凛「?なんですか?」

あんじゅ「カードを切って配ってほしいの、そっちのが細工もできないし」

真姫「!細工って...私も疑ってるの?失礼な奴ね」

あんじゅ「あー、そういうつもりはないんだけど、私を含めて勝負にフェアにやりたいから、お互いの為にね?」

真姫「....ふん....」

あんじゅ「使うテーブルも貴方は選んでチェックして?」

凛「全く、人使いが荒いにゃ」

あんじゅ「ふふふ.....」
203: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/29(日) 01:22:36.07 ID:wryb+32X
凛「準備できたにゃ」

あんじゅ「ありがとう」

真姫「.........」

あんじゅ「じゃあ、始めましょうか?このカジノを賭けた勝負を」

真姫「えぇ、さっさと始めるわよ」

あんじゅ「ではお手並みを拝見....いざ勝負!」

真姫「受けて立つわ、そして勝つ」

凛「じゃあ、カードを配りまーす」

真姫「............」

あんじゅ「~♪」
212: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/30(月) 01:20:35.30 ID:D3SAmdNU
>>211
訂正

真姫「..........」スッ

あんじゅ「.........」スッ

真姫(私の最初の手札は....)

ダイヤの4 スペードの8 スペードのQ

真姫(合計で22...残念、オーバーしてるわね...さて、どっちを表向きにする?)

真姫(スペードのQはルール上、表にしないといけないから、ここは8?仮に4を表にしたら交換時に8もバレてしまう訳だから...ここは8が表のが無難かしら)

真姫(8なら8だけを交換した場合に10+8+?が21以上の訳だから、持っているカードは4以上がほぼ確定で、5以上なら10+5で15、6以上のカードを引いたらオーバー...確率的にそれは効率的ではない)

真姫(結果、10+4=14ならA~7でOKな訳だから手元以外に13枚ある訳だから引く確率は7以上の10枚よりは確実....)

真姫(10+5=15の場合はA~6だから11枚、7以上は12枚...これもまぁ、悪くはない...おそらく相手は残りの私のカードが4か5かがわかるはず....)

真姫(しょっぱなから3枚チェンジは冒険すぎるし...ここは8表、捨ての4裏で様子を見ましょう)

真姫(成程、ある程度は相手のカードは絞れるけど、最終的には運が強ければ強いほど勝てるゲームってことね)
214: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/30(月) 01:21:51.06 ID:D3SAmdNU
真姫「カードの公開はどのタイミングでやるの?」

あんじゅ「お互いに表に出すカードが決まったら、ディーラーさんに声をかけてディーラさんの合図で同時に出す」

真姫「交換のタイミングは?」

あんじゅ「手札を公開してからディーラーの合図から1分以内に、タイマーは...これもディーラーさんお願いできる?」

凛「また、凛?いいけど....」

真姫「勝負する、もしくは降りるタイミングは?」

あんじゅ「交換後に、でも一回決めたら変えることはもちろんできないわ」

真姫「わかったわ、私はいいわよ」

あんじゅ「そう?じゃあ、私もいいわよ」

凛「じゃあ...OKだね?....カードオープン!」


真姫 スペードの8 スペードのQ 【ダイヤの4】

あんじゅ スペードの9 スペードのJ 【?】
215: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/30(月) 01:24:53.39 ID:D3SAmdNU
真姫「ふ~ん....」

あんじゅ「成程ね...」

真姫(相手の似たような手札?9を1枚だけ交換するなら3の可能性が一番高いわね....)

真姫(全部交換ならどっちにしろわかるから....2枚なら3の場合18まではいけるから今、8と9とJとQが一枚ずつ消えてるから18以上の組み合わせは10以上が2枚と10以上と9の組み合わせ....)

真姫(9とJとQが一枚ずつ消えるから7枚....20枚の7枚なら確率はそこまで悪くはない)

真姫(4なら8も入るから20枚の8枚、これもそこまでは悪くない...5なら20枚の10枚...私ならこの辺までねやっても)

真姫(あとは相手の動き次第で勝負するのかの判断ね)

あんじゅ「..........」

凛「じゃあ、交換するか一分以内に決めてください」

真姫(とりあえずは一枚交換ね)
216: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/30(月) 01:28:16.25 ID:D3SAmdNU
希「声援は禁止?」

英玲奈「あぁ、君達のことだから無いとは思うが声援に相手の手札を言う可能性もあるからな」

にこ「まぁ、いいと思うわ、下手に後でいちゃもんつけられてもたまんないし」

英玲奈「疑ってる訳はないのだが、すまない」

海未「しかし、私達は真姫を応援できないのですね、少し歯痒いですね」

にこ「大丈夫、真姫ちゃんは応援なんてなくても大丈夫だから」

希「そうやね、真姫ちゃんを信じよう」

にこ「えぇ......」

英玲奈「...........」
227: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/30(月) 23:50:48.59 ID:D3SAmdNU
真姫「チェンジよ」

あんじゅ「私もチェンジ」

凛「じゃあ...先に真姫ちゃんから」

真姫「1枚チェンジよ」

凛「そちらは?」

あんじゅ「私も一枚」

凛「じゃあ、一枚ずつ交換だね」

真姫「捨てるタイミングは?このタイミング?」

あんじゅ「そうよ、貰う枚数がお互いに確定したら先にその枚数分を捨てる、そして新たな手札をルール通りに場に出せば問題ないわ」

真姫「わかったわ」
228: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/30(月) 23:58:54.50 ID:D3SAmdNU
真姫「........」スッ

あんじゅ「.......」スッ

凛「じゃあ、捨てた分だけ渡すね」スッ

凛「捨てられたカードはスペードの8と9」

真姫(相手が捨てたカードは読み通り9ね...引いたカードはスペードの6...)

真姫(手札はQと4だから10+4+6=20...結構いいじゃない、手札の公開はQと4、6を見せたら最初の手札の時にほぼもっているカードが4か5って白状してるものだし)

真姫(公開はQと6ね)

真姫「二回目の交換のタイミングは?同時?」

あんじゅ「そうね、ディーラーさんの合図で出す感じで」

凛「はいはい...じゃあ、いい?」

真姫「私はOKよ」

あんじゅ「こっちもOKよ」

凛「カードオープン!」
229: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:06:15.23 ID:UaG5ZKMW
真姫 スペードの6 スペードのQ 【ダイヤの4】

あんじゅ ダイヤの3 スペードのJ 【?】

真姫(成程、最初に持っていたカードはおそらく3の可能性が高いわね、1と2なら20、21だった訳だし)

真姫(ということは公開している3のカードが最初の持っているカードの可能性が高いわ、3のカードを公開しているってことは8か7を引いた?)

真姫(元々、7か8を持っていれば最初の時点で10+9+7=26とかになる訳だから、2枚を切るか、一枚だとしても9でなくJを切るはず...可能性は低いわね)

真姫(8は一枚消えている...7なら2枚...でも、それなら3を公開する必要があるのかしら?7なら20だから引き分け...8なら負け)

真姫(19枚の中の一枚ならここは確率的に勝負するところね、ここはいくべき!)
 
あんじゅ「.........」

真姫「勝負か降りるかのコールはもう言ってもいいの?」

あんじゅ「どうぞ」

真姫「私は行くわ、勝負するわ」

あんじゅ「....ふ~ん」

真姫「........」
230: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:15:13.46 ID:UaG5ZKMW
あんじゅ「いいわ、受けてあげる、最初から逃げ腰ってのも面白くないし」

真姫「なら勝負!」

凛「じゃあ、オープン!」


真姫 スペードの6 スペードのQ  【ダイヤの4】 20

あんじゅ ダイヤの3 スペードのJ 【ダイヤの2】 15

凛「真姫ちゃんが20、あんじゅさんが15...この勝負は真姫ちゃんの勝ち!」

真姫「よし!」

あんじゅ「あらあら、運がいいわね」
231: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:21:10.10 ID:UaG5ZKMW
真姫「成程、引いたカードが2だったのね...だから3を表にしたのね」

あんじゅ「そう、2を表にしたら、最初の時点で最初のオープンの組み合わせでブラックジャックになってるからね」

真姫「結果、隠れているカードは3から8のどれか、でも8なら最初の時点で10+9+8=27、2枚交換のが効率がいいわ、8も同じ理由で、4までになると7までならいいから、判明している7以上のカードが4枚あるから」

真姫「7までの数字は相手が最低でも1枚持っているとして山札には13枚、大きい数字は7枚...3なら8までの数字が14枚、大きい数字が6枚...これだったら一枚交換の選択のメリットが一番高い」

真姫「でも3をオープンしたとうことはブラックジャックには8...20には7、1枚交換は効率的ではない、19の6で6までのカードは10枚、それ以上は10枚...まぁ、やってもこの辺がいいレベルね」

あんじゅ「理解が早いわね、貴方」

真姫「本当に運が重要ね、このゲームは....」

あんじゅ「次のゲームは勝つわよ、チップも後で返してもらうわよ」スッ

真姫「..........」


真姫 チップ12 あんじゅ チップ8 
第一ゲーム終了
232: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:31:13.25 ID:UaG5ZKMW
希「やった、真姫ちゃん勝ったよ」

にこ「当たり前でしょ」

海未「真姫は頭の回転が速いですからね」

にこ「そうね」

希「にこっちよりもね」

にこ「あんたよりもね」

海未「こんな時まで言い争いですか....」


にこ(第一ゲームは真姫ちゃんが勝ったけど)

あんじゅ「~♪」

にこ(なんか嫌な予感がするのは気のせいかしら?)
233: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:35:53.47 ID:UaG5ZKMW
第二ゲーム

凛「カードオープン!!」


真姫 ダイヤの5 ダイヤの9 【スペードの5】 19
あんじゅ ダイヤのJ スペードの8 【ダイヤの2】 20

あんじゅ「ニゲーム目は私の勝ちね」

真姫「まだよ、振り出しに戻っただけよ」

あんじゅ「そうね、あと3ゲーム.....」


真姫 チップ10 あんじゅ チップ10

英玲奈「...........」
234: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:41:21.01 ID:UaG5ZKMW
第三ゲーム

真姫(これのカードが来たから....確率的にこれを切って....)

あんじゅ「.........」

 
凛「カードオープン!!」

真姫 ダイヤの9 スペードの8 【ダイヤの2】 18
あんじゅ スペードの9 スペードの7 スペードのA 17

真姫「よし!これであと一回でも勝てば....」

あんじゅ「...........」


第三ゲーム
真姫 チップ12 あんじゅ チップ8
235: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:47:55.38 ID:UaG5ZKMW
第四ゲーム

あんじゅ「ふわぁ.....」

真姫「ちょっと、真剣勝負をしてるのに欠伸なんかしないでよ」

あんじゅ「あら、ごめんなさい」

真姫「それとも諦めたのかしら?」

あんじゅ「....退屈なのよ」

真姫「......は?」

あんじゅ「貴方とのギャンブルは退屈、欠伸はでてきちゃうのよ」

真姫「...挑発?そんな安い手には乗らないわよ」

あんじゅ「.........」
236: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 00:53:58.30 ID:UaG5ZKMW
真姫 スペードの3 スペードのJ 【ダイヤの9】 22 
あんじゅ ダイヤの2 ダイヤのQ 【?】

真姫「1枚交換するわ」

あんじゅ「3枚交換するわ」

真姫「!?三枚!?」

あんじゅ「ギャンブルってのはね....確率だけじゃないのよ、その場の流れ...身を任せるところは任せないと」

真姫「!」

あんじゅ「安牌ばかりでは強くはなれない、死にに行ってこそ、さらなる高みを目指させる.....」

真姫「動揺を誘っても無駄よ!」

凛「無駄口はほどほどに!カードオープン!!」


真姫  スペードの3  スペードの6 【ダイヤの9】 18
あんじゅ ダイヤの10 スペードの10 【?】

真姫「!?」

あんじゅ「ふふふ.....」
237: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 01:02:16.06 ID:UaG5ZKMW
真姫「なによ、その手札は?」

あんじゅ「私は降りない」

真姫「!!」

あんじゅ「勝負するわ、貴方はどうする?」

真姫「なっ....」


真姫(...どうする?勝負をする?相手はブラックジャックかただのはったり?)

真姫(こっちのチップは12、相手は8枚、降りたとしても1枚だから11対9...次で勝てば決着は着く)

真姫(負ければこっちは9枚、相手は11枚...5回戦は後がなくなる...降りることもできなくなる....)

真姫(勝てば終わり...どうする?)

真姫「っ........」
238: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 01:14:53.84 ID:UaG5ZKMW
真姫(初戦は落とすわけにはいかない...慎重にいっても損はない....)

真姫「降りるわ、はい、チップ」スッ

あんじゅ「!」

真姫「そんな見え見えの挑発には乗らないわよ、次で決める」

あんじゅ「そう...残念ねぇ....カードはこうだったのに...」


あんじゅ ダイヤの10 スペードの10 【スペードの5】


真姫「!っ!!...次ははったりなんて使えないから、確実に勝つわ」

あんじゅ「ふ~ん......」

第四ゲーム
真姫 チップ11枚 あんじゅ9枚
246: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 21:40:57.10 ID:UaG5ZKMW
第五ゲーム

凛「.........」サッサッ

真姫「........」スッ

あんじゅ「.......」スッ

真姫(さて私のカードは....)

スペードのJ スペードK ダイヤの4

真姫(24...公開はどうする?4を見せるか見せないか....どちらにしろJかKは交換しないといけない)

真姫(4を公開しない場合、10を捨てた時点で10+10+?=21以上ってことがわかるわ...10を一枚捨てれば、2~5の可能性が高いってわかってしまう)

真姫(5なら15だからA~6、私の手札以外には11枚、相手の公開する手札次第によっては21枚中の11枚....ここまでが確率的に1枚を交換してもいい範囲....)

真姫(4なら14、A~7は21枚中に13枚、3なら13、有効手はA~8...21枚中の15枚...2なら17枚...)

真姫(かといって、2枚交換をしたら17までの組み合わせならいいんだけど...17以上を引いたらアウト...)

真姫(でも、ここは2枚交換したほうがいい?....JとKを公開して)
247: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 21:51:36.47 ID:UaG5ZKMW
真姫「.........」

あんじゅ「私はいつでもいいわよ、ごゆっくりどうぞ」

真姫「...どうも....」

真姫(ここは...2枚交換ね...最悪、オーバーなら降りても引き分けな訳だし)

真姫「いいわよ」

凛「じゃあ、両者とも大丈夫ですか?」

あんじゅ「いつでもどうぞ」

真姫「いいわよ」

凛「じゃあ!カードオープン!!」
248: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 21:55:34.18 ID:UaG5ZKMW
真姫 スペードJ スペードのK 【ダイヤの4】
あんじゅ スペードの9 ダイヤの10 【?】

真姫「........」

あんじゅ「..........」

凛「交換はどうしますか?」

あんじゅ「私はするわ、1枚」

真姫「私は2枚」

真姫(一枚....ってことは残りは3から8ってことね)

凛「はい」スッ

真姫「........」スッ

あんじゅ「.......」スッ
249: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 22:03:13.47 ID:UaG5ZKMW
凛「真姫ちゃんが捨てたのはスペードのJとK、あんじゅさんはダイヤの10」

真姫(ダイヤの10...)

凛「カードをお渡します」スッ

真姫「..........」スッ

あんじゅ「........」スッ

真姫(引いたのはスペードの8とダイヤの7...オーバーはしなったけど、19か...)

真姫(8はルール上後悔しないといけないから....4か7を公開するしかないわね、7を公開すれば残りの手札は2~7のどれか)

真姫(6ならブラックジャック...7ならオーバーだから、相手からは2~6って考えになるわね)

真姫(相手の見えない手札が2~8だから、そこからどう相手が考えるか)

真姫(4を公開したのであれば、残りはA~7...最高でも19って言ってるようなもんじゃない...これはだめ、ここは7を公開すべきね)

あんじゅ「いいかしら?こっちは大丈夫よ」

真姫「えぇ、待たせたわね」

凛「じゃあ!カードオープン!!」
250: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 22:18:09.55 ID:UaG5ZKMW
真姫 スペードの8 ダイヤの7 【ダイヤの4】 19
あんじゅ スペードの9 ダイヤの8 【?】

真姫「成程....」

あんじゅ「あら、結構近い数字で被っちゃったわね」

真姫「.........」

真姫(相手の捨てたカードは10、最初の時点では10+9=21以上ってことだから...合わせて最大数が9以下...今、8を表にしてる訳だから....21-17=4...最初の時点で2はないから...3か4、4は一枚こちら側が持っているから3の可能性が高い)

真姫(もしくはオーバーしてるけどはったりで8を表にしたのか負けたらその時点で....こっちの負け...降りるしかない...この勝負が引き分け....)

あんじゅ「~♪」

真姫(オーバーしてない限りは負けな訳だから...でも、なんでこうもわかりやすく公開したのかしら?相手はこの勝負で勝てば逆転ができるはずなのに)

真姫(仮に8を隠して3か4を公開すればもう少し読みづらくなったはず...その場合は9が最大数だから、隠れているカードがA~9で感じにできたのに....そうすれば勝負をこちら側に勝負を挑ませることもできたはず....)

真姫(4であれば...A~7、3であればA~8、いくらでも駆け引きはできたはず...どうして?)
251: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 22:30:53.20 ID:UaG5ZKMW
凛「そろそろ時間にゃ、どうする?」

あんじゅ「私はもちろん勝負するわ」

真姫「...........」

真姫(私は...自分の考えを信じる....)

真姫「降りるわ.....」

あんじゅ「...........」

凛「え?じゃあ....この勝負は....」

真姫「ドローよ」


第五ゲーム
真姫 チップ10枚 あんじゅ チップ10枚
252: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 22:37:23.98 ID:UaG5ZKMW
あんじゅ「あー残念、結構いい手だったのに」スッ

スペードの9 ダイヤの8 ダイヤの3 20

真姫「なんで....」

あんじゅ「ん?」

真姫「なんで最後のゲーム、手を抜いたのよ」

あんじゅ「抜いてないわよ、別に」

真姫「じゃあ!なんで8を公開したの!あんなの3か4を持ってるって言っているようなもんじゃない」

あんじゅ「.........」

真姫「答えなさいよ」

凛「真姫ちゃん、落ち着いて....」


にこ「引き分けね...でも、なんか相手が不自然なかんじね」

希「うん...なんか、わざと勝負を終わらせたって感じやね...」
253: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 22:42:17.14 ID:UaG5ZKMW
英玲奈「あんじゅ」

あんじゅ「!....あー、そんな怖い顔をしないでよ」

英玲奈「.........」

あんじゅ「わかったわ、説明するって....たしかに最後、手を抜いたわ」

真姫「!なんで...そんなことを!」

あんじゅ「理由は簡単...私とこの子が合わなかっただけ」

真姫「は?」

あんじゅ「私はね、ギャンブルってものは、ドキドキを求めてるのよ!!緊張感!!スリル!!それがこの子からは感じられない!!」

真姫「!!」

あんじゅ「私が滅茶苦茶なことを言ってるのはわかってるわ、でも私はそれを求めて...ギャンブルを始めた...この子は一か八かのギャンブルはしない...至って冷静、そしてしっかりと計算をしている.....素晴らしいわ」

真姫「.........」

あんじゅ「でも、それじゃあ!!よくて、上の下...上の上まではたどり着けない!化物的な強さのやつには勝てない!!」

『貴方はまだまだってことよ』

真姫「!?」
254: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 22:48:16.21 ID:UaG5ZKMW
にこ「ちょっと!!うちの真姫ちゃんに何を言ってるのよ!!」

あんじゅ「!あら...ごめんなさい...つい、熱くなっちゃったわ」

英玲奈「あんじゅ、気持ちはわかった、だからと言って手を抜くのはいいことではない」

あんじゅ「ごめんなさい」

真姫「.........」

凛「と、とりあえず!!第一試合はおしまい!!引き分け!!」


にこ「真姫ちゃん、お疲れ!慣れないゲームなのによく頑張ったわね」

真姫「......うん」

希「真姫ちゃんあとはゆっくり休んでて、次はにこっちが行くから!」

真姫「ごめんなさい...ちょっと疲れちゃって...外の空気を吸ってきてもいい?」

希「あ、うん!...でもにこっちの試合も始まるから早めに戻ってきてあげてね」

真姫「わかったわ」

にこ「...........」
255: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 22:54:31.97 ID:UaG5ZKMW
希「真姫ちゃん、落ち込んでたね」

にこ「元々、真姫ちゃんは頭の回転の速さとお金をたくさん賭けまくって相手にプレッシャーを与えてプレイするスタイルだから...こういう戦いには慣れてないのよ」

海未「そうですか....」

にこ「人それぞれのプレイングスタイルがあるから...否定はできないけど、真姫ちゃんみたいなタイプは一度計算が崩れるとボロボロになりやすいから...特にメンタルが強くないといけないのよ」

海未「しかし、真姫はそんなには弱くはないですよね?」

にこ「もちろん、けど...真姫ちゃんはにこや希よりも歳だって二つ下なのよ...」

希「.........」

海未「真姫......」


バタン

真姫「...........」

真姫「なにやってるのよ....私....」
256: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 23:02:35.97 ID:UaG5ZKMW
英玲奈「申し訳ない、あんじゅが変なことを言ってしまって」

にこ「いいわよ、別に、それより次の試合はこっちは決めていいのよね?」

英玲奈「あぁ、ルールも好きにしてくれていい、公平な範囲内で」

にこ「.....そうね....」チラッ

凛「?」

にこ「せっかく凛がトランプを用意してくれたんだし...それを使いましょう」

英玲奈「構わない、ポーカーか?」

にこ「いえ...もっとシンプルな戦いよ」

英玲奈「?」

にこ「ババ抜きで勝負よ」
257: 名無しで叶える物語(笑) 2018/07/31(火) 23:07:23.69 ID:UaG5ZKMW
『ギャンブルってものは、ドキドキを求めてるのよ!!緊張感!!スリル!!それがこの子からは感じられない!!』

真姫「っ......グスッ......」

『上の上まではたどり着けない!化物的な強さのやつには勝てない!!』

真姫「だったら...なんなのよ....負けてはいないんだから...っ....」

『退屈ね』

真姫「っ....なんなのよ、もう.....」


「なんで泣いてるの?真姫」

真姫「え?」

絵里「..........」

真姫「え、エリー?なんでここに....」

絵里「....なんで真姫が泣いてるの?」ギロッ

真姫「!」
265: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/01(水) 23:50:05.33 ID:zIposiIy
英玲奈「ババ抜き?」

にこ「そうよ!ルールはシンプル!決着も必ずつく!」

英玲奈「まぁ、協議を決めるのは君達だから文句は言わない」

にこ「そしてルールを一部を変えさせてもらうわ」

英玲奈「どんなルールだ?」

にこ「まず参加プレイヤーは4人、二人一組....」

英玲奈「成程、先に二人共が上がれば勝ちということだな」

にこ「そういうことよ、あとはババは....凛!」

凛「な、なに?」

にこ「ジョーカーを全部を抜いて52枚にして、そしてシャッフルして」

凛「わかったよ」

英玲奈「.........」
266: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/01(水) 23:54:19.36 ID:zIposiIy
凛「シャッフルしたよ」

にこ「1枚を抜いて、裏向きにして」

凛「わかった....」スッ

にこ「そしてジョーカーを2枚入れて頂戴」

凛「OK....」スッ

にこ「これでやりましょう」

英玲奈「成程、ジョーカー以外の何かがババという訳か...」

にこ「そういうことよ、ペアの人間は誰でもいいわ、さっきのあんじゅって子でもいいわよ」

英玲奈「いいのか?....」

にこ「あいつ、真姫ちゃんをいじめたし、二人まとめて倒してあげる」
267: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/01(水) 23:59:20.26 ID:zIposiIy
希「ペアって...どうするん?にこっち」

にこ「あんたには頼まないわ、海未、お願い」

海未「え!?私ですか!?」

にこ「えぇ、あんたにお願いするわ」

希「ちょ!ちょっと待ってよ!!なんで!よりによってなんで海未ちゃんなん!?」

にこ「...なんでそんなに慌てるのよ」

希「いや、だって海未ちゃんは.....」チラッ

海未「?」

希「悪いことは言わないからうちか凛ちゃん!もしくは真姫ちゃんを連れてきたほうが....」

海未「..........」
268: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:07:58.74 ID:MC/XEmPY
にこ「海未でいいのよ、いえ、海未が適任なのよ」

希「適任?どういうこと?」

にこ「とにかく私を信じなさい」

希「....わかった、にこっちがそこまで言うなら」

にこ「頼んだわよ、海未!」

海未「は、はい!!」


にこ「こっちは決まったわよ、海未をパートナーにするわ」

凛「え!?海未ちゃんが!?」

海未「希や凛はちょっと私に対して失礼すぎませんか?」

凛「えー...だって....」

海未「....怒りますよ?」

凛「もう、怒ってるにゃ」
269: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:11:46.88 ID:MC/XEmPY
英玲奈「...向こうはあのもう一人のディーラーを連れにしたのか」

あんじゅ「で?私もやるの?ババ抜き」

英玲奈「あぁ、二人一組の勝負だからな」

あんじゅ「....はぁ、わかったわ」

英玲奈「手は抜くなよ」

あんじゅ「抜かないわよ、ここで負けたらツバサになんて言われることか...」

英玲奈「そういえばツバサはまだなのか?」

あんじゅ「もうそろそろ着くとは思うわ」

英玲奈「全く...どこで油を売ってるのか...」

あんじゅ「いつものことよ」
270: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:16:36.01 ID:MC/XEmPY
にこ「こっちは準備OKよ」

英玲奈「こちらも準備OKだ」

にこ「ルールは説明する?もう一度」

英玲奈「ババ抜きなら、不要だ、あんじゅには説明済みだ」

にこ「そう....特にルールの追加はないわ、二人が先に上がった方が勝ち」

英玲奈「わかっている」

にこ「..あ...ちょっとだけいい?海未」

海未「?はい....」

にこ「あ、ごめん、ちょっとだけ待ってて」

英玲奈「あぁ....わかった」

あんじゅ「........」
271: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:22:24.98 ID:MC/XEmPY
にこ「待たせたわね」

あんじゅ「ねぇ」

にこ「なに?」

あんじゅ「まさか...カードにイカサマとかしてないわよね」

にこ「...は?」

英玲奈「あんじゅ、無粋なことは言うもんじゃないぞ」

あんじゅ「............」

英玲奈「すまない....今の発言は気にしないでくれ」

にこ「いやいや、気にするわよ」
272: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:26:57.43 ID:MC/XEmPY
海未「イカサマなんてしてないですよ!!これは真剣勝負なんですよ!」

あんじゅ「だからこそ絶対に勝つためにイカサマをする場合もあるわ」

にこ「...はぁ、なんでにこ達がイカサマをしてるかもしれないって思うの?」

あんじゅ「貴方が...何故、西木野真姫ではなく、そのディーラーをペアに選んだのよ」

にこ「...真姫ちゃんはあんたに負けたって落ち込んでるから仕方ないでしょ」

あんじゅ「じゃあ、何故、そこのオーナーをペアにしないのよ、オーナーだって実力があることは私だって知ってるわ」

希「.......」

あんじゅ「不自然なのよ、キャスティングが、そこのカードを用意したディーラーに言って細工でもしたんじゃないの?」

凛「むっ!してないよ!!」

にこ「凛はそんなことはしないっての....じゃあ、そこまで言うなら、新しいカードを用意する?」

あんじゅ「...それならいいわ」

にこ「じゃあ...用意してもらえる?新品のトランプくらい、ここのカジノにはあるでしょ?」

凛「また凛?もう.....」
273: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:33:46.67 ID:MC/XEmPY
凛「持ってきたよ」

にこ「ありがとう、じゃあ...英玲奈、カードを開けて中身を確認して」

英玲奈「私が?いいのか?」

にこ「あんたはイカサマをしない人間だって知ってるから」

英玲奈「わかった」ゴソゴソ

にこ「...はぁ...なんか喉が渇いたわね...海未、なんか飲み物を持ってきてくれる?凛は今、カードの確認に立ち会ってるから」

海未「あ、はい....わかりました!」


英玲奈「カードには異常はない、じゃあ...さっきと同じように準備をすればいいんだな?」

にこ「えぇ、その後が凛がシャッフルするからその後にもう一度念のためにシャッフルをしてもらえる?」

英玲奈「わかった」

にこ「これなら文句はないでしょ?」

あんじゅ「えぇ、ごめんなさいね、疑り深くって」

にこ「....別にいいわよ」
274: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:39:19.69 ID:MC/XEmPY
海未「お待たせしました」

にこ「海未、ありがとうね」

海未「イチゴオレでよかったですか?」

にこ「えぇ.....」

希「相変わらずそれ、好きやね、にこっちは」

にこ「別にいいでしょ、好きなんだから」

希「ふ~ん...そんなに飲んでももう大きくはなれないよ?」

にこ「....はっ倒すわよ」


英玲奈「準備できたぞ」

にこ「!じゃあ、そろそろ始めましょうか?」
275: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/02(木) 00:47:50.41 ID:MC/XEmPY
英玲奈「引く順番はどうするんだ?」

にこ「にこ達をAグループ、あんた達をBグループとした場合...A1→B1→A2→B2みたいに交互で引き合う順番ね、別にあんた達からのスタートでもいいわよ」

英玲奈「では、これで決めないか?順番を」スッ

にこ「コイントス?いいわよ」

英玲奈「当たった方が順番を決める....」ピーン!

にこ「OK....」


英玲奈「........」パシン!

にこ「表」

英玲奈「....表だ」スッ

にこ「幸先がいいわね、にこから行かせてもらうわ...勝負は一回きり!一本勝負!いいわね?」

英玲奈「あぁ、では、ゲーム開始だ」
294: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/03(金) 00:10:52.88 ID:VwpRASq3
にこ「カードは配り終わったみたいね」

にこ 13枚 海未12枚 英玲奈12枚 あんじゅ12枚

海未「............」

にこ「まずはカードの整理をしましょう」


にこ7枚 海未6枚 英玲奈6枚 あんじゅ8枚

あんじゅ「引く順番は?」

にこ「にこが始めに引くから....ちょうど時計回りにすれば、にこ→英玲奈→海未→あんじゅの順番になるからいいんじゃない?それでいい?」

英玲奈「構わない」

にこ「じゃあ、そうしましょう」

あんじゅ「始まるわね、カジノを賭けたババ抜きが」

海未「........」
295: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/03(金) 00:23:38.41 ID:VwpRASq3
にこ 「...........」

英玲奈「..........」

にこ「よし、これにしましょう」スッ

にこ「揃ったわ、幸先がいいわね」ポイッ

にこ 残り6枚

英玲奈「.........」スッ

海未「..........」

英玲奈「私も揃った」ポイッ

にこ「まぁ、枚数が多い序盤はそうなるわよね」

英玲奈 残り4枚
296: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/03(金) 00:27:06.34 ID:VwpRASq3
海未(よし!私もこの流れに乗って)

あんじゅ「........」

海未「..........」スッ

あんじゅ「...わぁ!!!」

海未「!?」ビクッ

あんじゅ「ふふ、驚いちゃって可愛い♪」

海未「な、なんなんですか!?もう......」スッ

あんじゅ「.........」

海未「.....!!...揃いませんでしたか」

海未 残り6枚
297: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/03(金) 00:31:58.93 ID:VwpRASq3
あんじゅ「んー...これかしら?」スッ

にこ「..........」

あんじゅ「あら、揃ったわ」ポイポイ

海未「4枚捨てた!?」

あんじゅ「元々、揃ってたのよ」

英玲奈「お前はまたそうやって変なことを」

あんじゅ「これも戦略よ」

にこ「まぁ...別に反則ではないから、構わないわ」

海未「そんな戦略もあるんですね....」

あんじゅ残り4枚
298: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/03(金) 00:37:51.14 ID:VwpRASq3
にこ「........」スッ

英玲奈「........」

にこ「っち!.....」シャッシャ

海未「にこ!そんなことをしていたらババを持っていると思われますよ」

にこ「は?違うわよ」

海未「違う?」

にこ「新しく引いて揃わなかったカードは引いた人間、引かれた人間では揃わなかったってことなのよ」

海未「?....!そういうことですか....」

にこ「そう、次ににこのカードを引く相手はそのカードがペアになる可能性が高い」

あんじゅ「まぁ、常識よね」

海未「!」

海未(し、知りませんでした....だから私は希や凛にババ抜きで負けていたのでしょうか?)
299: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/03(金) 00:49:52.81 ID:VwpRASq3
にこ(ババ抜きは表情に気を付けないといけない...相手の表情や視線からババの位置を割り出したりするのが常套手段)

にこ(でも今回はなにがババかはまだわかってはいないはず....誰も)

英玲奈「..........」

にこ(統堂英玲奈...いつでも冷静沈着、ポーカーフェイス...あいつの表情から読み取るのはかなりの難題)

あんじゅ「~♪」

にこ(優木あんじゅ....おっとりとしていてギャンブルとは無縁そうな見た目だけど...勝負事には感情の起伏が激しく、度胸も据わっている...簡単に言えば何を考えてるのかわからないってこと)

にこ(だからこそ、普通のババ抜きではなくジジ抜きにしたのよ)

海未「.......あ、揃いました♪」

にこ(そして、海未...素人まではいかないけど、こういう人間を入れた方が相手はやりづらいはず、逆に)

にこ(あとはこのにこにーの圧倒的なにこにースマイルとにこにーパワーでなるんだから)

にこ「..........」にこっ

英玲奈「..........」

あんじゅ(なんで笑って...なにか企んでるのかしら?)

海未(にこ、なんか怖いです....)
301: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/03(金) 00:58:41.44 ID:VwpRASq3
にこ3枚 海未4枚 英玲奈4枚 あんじゅ4枚

にこ「カードもかなり減ってきたわね」

英玲奈(ジョーカー以外がババな訳だから...そろそろなんとなくはわかってきそうなものだな)

海未「.........」スッ

英玲奈「..........」

海未「っ........」シャッシャッ

英玲奈(中々、揃わないようだな...それとも演技か?)
316: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:20:37.73 ID:6zNZJ1Eo
あんじゅ「.........」

英玲奈(あんじゅも揃わなかったかんじのようだな....)

にこ「........」スッ

英玲奈「.........」

にこ「さすがにこね!また揃っちゃった!」ポイッ

英玲奈(相手は順調そうだな....)

にこ「ラブにこ♡」

凛「....寒っ」

にこ「....んー?なにか言ったにこ?」

凛「空耳にゃ」

英玲奈(矢澤にこ...噂には聞いていたが、この感じ、たしかに鬱陶しく感じるプレイヤーもいるかもな、オーバーなリアクション、ぶりっ子ぶった喋り方....)

英玲奈(これで調子が狂うプレイヤーはいるかもしれないな)
318: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:24:24.74 ID:6zNZJ1Eo
にこ「~♪」

あんじゅ「.........」スッ

にこ「........」にこっ!

あんじゅ「....っ.......」

英玲奈(しかもカードの持ち方も滅茶苦茶、一枚だけ逆さまだったり、一枚だけ飛び出てたり....変に気をやってしまうな、これは)

英玲奈(それに対して....)

あんじゅ「はい、どうぞ」

海未「..........」スッ

にこ「.........」

海未「!やった!揃いました!!」ポイ

英玲奈(こちらの連れのディーラーの方は至って普通...多少、感が鋭いかもしれないが...一体、何を考えてペアに選んだんだ?)
319: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:30:52.13 ID:6zNZJ1Eo
海未「........」チラッ

英玲奈(先程から手札の左側のカードに視線が行っているな...まさか、ババがわかっているのか?)

英玲奈(...!そういえば、このカジノの様子を見に行った時にこのディーラーとあのディーラーとトランプをしていたなたしか....)

英玲奈「........」

凛「?」


にこ「やった!!一番ノリにこ!!」ポイッ

英玲奈「!」

あんじゅ「調子が狂うわね、貴方」

にこ「~♪」

あんじゅ「でも、英玲奈はあと一枚、ディーラさんは2枚、そして私も2枚...英玲奈がここで当てればまだまだわからないわよ」

にこ「海未ちゃ~ん、頑張ってー」

海未「は、はい!!」

英玲奈「........」
320: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:34:28.62 ID:6zNZJ1Eo
英玲奈(私の手札はダイヤのA...ハートのAを一度見ているから...カードの内訳はジョーカーのペアとAのペア、あとはババか....)

英玲奈(3人がペアになっていないということは....あんじゅとディーラーが1枚ずつジョーカーを持っているということ....そしてAとババを持っているということだ....)

あんじゅ「.........」

あんじゅ(私はババを持ってない...ジョーカーとハートのAを持っている...ダイヤのAを一度見ているけど切られていない...ということは英玲奈かディーラーが持ってるということ....)

あんじゅ(そしてあのディーラーには癖がある、圧倒的な癖が)

英玲奈(あれは私達がこのカジノ潜入時の時のからのことだから演技でもあるまい...初心者を混ぜてビギナーズラックか場を混乱させようと思ってなんだろうが無駄だ)

英玲奈(このディーラーの攻略法は知っている)

英玲奈「...........」ジッ

海未「?」
321: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:39:02.73 ID:6zNZJ1Eo
英玲奈「では、引くぞ」

海未「は、はい.......」

英玲奈「...右のカードにするか」スッ

海未「!!!!!」

英玲奈「....いや、それとも左のカードか」

海未「...ほっ.....」

英玲奈「.........」

英玲奈(成程....ババはディーラーが持っているようだな)


希「~~~っ!!!」

凛(海未ちゃんいつも癖が出てるにゃ...まずいにゃ!)

希「にこっち!」

にこ「..........」
322: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:43:14.99 ID:6zNZJ1Eo
英玲奈「...いや、やはり右か...」スッ

海未「っ!!!」

英玲奈「....左...か?」スッ 

海未「ふぅ.......」

あんじゅ(前に見た時と同じ反応ね、全くわかりやすいわね)

英玲奈「決めた....こっちだ!!」スッ

海未「!!!!」

英玲奈「よし...これで....」


スペードの2

英玲奈「...なっ.....」
323: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:47:00.62 ID:6zNZJ1Eo
海未「...どうやら首の皮一枚繋がったみたいですね....」

あんじゅ「...........」

あんじゅ(どういうこと?あの癖は出てたはず...それなのに違った?)

海未「..........」スッ

英玲奈(一体どういうことだ?.....)


海未「!!そ、揃いました!!でも...何故、ジョーカーが揃ったんでしょうか?」

にこ「よし、これでにこ達の勝ちようね」

英玲奈「っ.......」


希「え?」

凛「海未ちゃんがババ抜きで勝った...だと?....」
324: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:50:56.99 ID:6zNZJ1Eo
あんじゅ「........!まさか....」

にこ「察した?そうよ!海未にはこのゲーム、普通のババ抜きって話をしてあったのよ」

英玲奈「そういえば...全体でのルールの確認の時などにはそのディーラーはいなかった...いや、君が飲みものを取りに行かせていたな、あれも作戦か」

にこ「そうよ、まぁ、ここまで上手くいくとは思ってなかったけどね...」

あんじゅ「成程ね...だからジョーカーをペアにしたのね」

英玲奈「しかもこのジョーカー達は他のカードと違って絵柄や数字が変わらない、なにも知らなければ仮に重なりでもしない限りは2枚目のジョーカーが来ても単に一周して戻ってきたと思わせるともできなくはない」

あんじゅ「考えたものね...ずる賢いわね」

にこ「真姫ちゃんの貸しを返してやっただけよ」

英玲奈「...我々の負けだ、君の作戦勝ちだ」
325: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 00:55:08.25 ID:6zNZJ1Eo
希「にこっちやるやん!!」

凛「にこちゃんって頭よかったんだね」

にこ「凛、あんたは私を馬鹿にしすぎ」

海未「希!凛!!私!ババ抜きで勝ちました!!」

希「おー、よかったね、海未ちゃん」

海未「~♪」

凛「珍しく海未ちゃんがご機嫌にゃ」

希「それだけ嬉しかったんだよ、きっと」

にこ「とりあえず、これで1勝1引き分け、負けはなくなったわ」
326: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 01:00:17.60 ID:6zNZJ1Eo
バタン!!!

希「!!」

凛「な、なに!?」


絵里「...........」

にこ「絵里?...なんであいつがここに....」

絵里「...........」ギロッ

にこ「!?」ビクッ

希「なんか...エリチ...様子がいつもと違う?」

にこ「雰囲気がそもそも違うわ...まるで昔みたいね」

絵里「.........」
327: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 01:05:21.73 ID:6zNZJ1Eo
絵里「にこ」

にこ「は、はい!!」

絵里「真姫を泣かしたやつは誰?」ギロッ

にこ「顔が怖っ....というか!あんた眠くないの?」

絵里「そう...貴方が仕込んだのね、あれを」

にこ「いや、あれは真姫ちゃんも....」

絵里「冷たいわね、こんなことになってるなら声をかけてくれてもいいじゃない、寂しいじゃない」

にこ「いや、絵里に手間をかけさせるまでもないと思って」

絵里「ふ~ん.....」


凛「なんか昔の絵里ちゃんに戻ったみたい」

海未「そうですね....」
328: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/04(土) 01:08:23.43 ID:6zNZJ1Eo
英玲奈「あれはエリーチカ....」

あんじゅ「この間、店で見た時とまるで雰囲気が別人なんだけど」

英玲奈「この間のが影武者だったというパターンか?」

あんじゅ「ギャンブラーの代わりにギャンブルする影武者なんて見たことないわよ」

英玲奈「それもそうか」


絵里「真姫を泣かしたのは、貴方達?」

英玲奈「!!」

あんじゅ「威圧感があるわね」


「待っていたわ!!エリーチカ」

絵里「!.......」

英玲奈「その声は....」

あんじゅ「ツバサ?」

ツバサ「............」
343: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:20:37.64 ID:a6AM2/6Z
絵里「.........」

にこ「あれが3人目の最後のメンバー?」

ツバサ「そうよ、私がこのグループ、A-RISEのリーダーの綺羅ツバサよ」

希「綺羅ツバサ....」

ツバサ「途中からだけど、戦いは見させてもらってたわ、中々面白いものを見させてもらったわ」

英玲奈「なんだ、盗み見ていたのか」

ツバサ「いいでしょ、別に」

海未「全く、気配に気が付きませんでした」

凛「只者じゃないにゃ、あの人」
344: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:24:32.72 ID:a6AM2/6Z
ツバサ「0勝1敗1引き分け...こちら側には勝ちはない」

絵里「......」

ツバサ「頑張っても引き分け、もしくは敗北、面白いわね」

英玲奈「すまない、ツバサ」

ツバサ「いえ、楽しくなってきたわ、最後は私が出るわ」

にこ「じゃあ...こっちは...」

絵里「私が出るわ」

希「!」

にこ「絵里...あんた....」

絵里「私がやる、私が決着をつける」
345: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:29:03.33 ID:a6AM2/6Z
ツバサ「あら嬉しいわね、あの有名なエリーチカさんが直々に相手をしてもらえるなんて」

絵里「.........」

ツバサ「何で勝負するの?決めて頂戴」

絵里「...私が決めていいの?」

ツバサ「たしかルールでは3回目はディーラー側が決める予定だったけど、変えてもいいかしら?別にそちら側が不利にはならないはずよ」

絵里「.........」

にこ「まぁ、にこはいいけど....」

英玲奈「こちら側が不利になるだけだがいいのか?」

ツバサ「もしろそっちのがいいわ、燃えるじゃないそっちのが」

英玲奈「...わかった、ツバサの好きにしろ」
346: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:33:59.26 ID:a6AM2/6Z
ツバサ「という訳だから、競うゲームをよろしく」

絵里「........」


にこ(絵里のやつ、いきなり来て滅茶苦茶ね...でも、今の絵里はなんか怖いから好きにさせておきましょうかね...まるで昔に戻ったみたいね)

絵里「じゃあ、これ」ゴトッ

ツバサ「これはまた....面白いものを」

あんじゅ「!」

凛「ちょっと待って!!あれって....」

海未「はい、リボルバーですね....」

希「まさか....エリチ....」

絵里「ロシアンルーレットで勝負をしましょう」
347: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:34:38.41 ID:a6AM2/6Z
絵里「ルールを説明するわ、このリボルバーは6発まで装填できるタイプのもの...その中に1発だけ当たりを入れる」

ツバサ「王道なやつね」

絵里「ここから少しルールが変わるわ、お互いのプレイヤーは好きな回数引き金を引ける」

ツバサ「どういう意味?」

絵里「引き金を引いた回数が得点になるの、例えば1回引き金を引いて当たりを引かなければ1点、2回なら2点みたいなかんじよ」

ツバサ「成程」

絵里「例えば、私が3回引き金を引いて当たりを引かずに終われば私が3点、再度弾をセットし直して貴方の番になるみたいなかんじよ」

ツバサ「当たりを引いた場合は?」

絵里「その回は0点、これを3回ずつ繰り返すのよ」

ツバサ「びびって回数をやらなければ負け、無謀なやり方をしすぎても負けってことね」

絵里「そうよ」

ツバサ「わかったわ」
348: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:38:23.86 ID:a6AM2/6Z
にこ「ちょ、ちょっと待ちなさいよ!!」

絵里「なに?」

にこ「!...えっと、あんた!マジの実弾でやるつもりじゃないわよね?」

絵里「...そうだとしたらなんなの?」

にこ「何ってレベルじゃないわよ!怪我とかじゃすまないのよ!」

絵里「そうね」

にこ「そうね...じゃないわよ!!あんたふざけてるの?」

絵里「ふざけてないわよ、むしろ大真面目よ、そんなことを言われるなんて心外だわ」

にこ「あんた自分の命を....相手の命だって....」

希「お店も汚れちゃうし!」

にこ「そこは大した問題じゃないでしょうが!」

絵里「.........」

にこ「真姫ちゃんだって止めるわよ!こんなゲーム!」
349: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:41:50.98 ID:a6AM2/6Z
絵里「...わかったわ、相手の命にも関わる問題だし、わかった」

にこ「わかってくれればいいのよ」

絵里「天井に向けて撃つようにするわ」

にこ「....そうじゃない!」


絵里「待たせたわね」

ツバサ「お話は終わったの?」

絵里「頭にはするのはなしでいいわ、命に関わるから」

ツバサ「あ、そう....」

絵里「さぁ、始めましょうか?撃つのは天井に向けてで」

ツバサ「順番は?」

絵里「貴方が先でいいわ」

ツバサ「わかったわ」
350: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:45:24.69 ID:a6AM2/6Z
ツバサ「.........」スッ...クルクル

絵里「弾は入れたら、自分で回して相手に渡して回させて、再度自分で回して始める」

ツバサ「不正防止ね、いいわ...はい」スッ

絵里「.........」クルクル...スッ

ツバサ「........」クルクル

絵里「好きなタイミングでどうぞ」

ツバサ「わかったわ」


バタン

真姫「.........」

にこ「!真姫ちゃん!」

真姫「ごめん、戻るのが遅れて」

にこ「真姫ちゃん、絵里がいきなり来てもう滅茶苦茶よ」

真姫「えぇ、そうね」
351: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:48:11.95 ID:a6AM2/6Z
ツバサ「..........」カチッ

絵里「..........」

ツバサ(さすがに一回目には当たりは引きづらいか....これは運...でも無暗にやり続けたら自爆....でも....)

ツバサ「...........」カチッ

ツバサ(2回目もOK....次は4分の1で当たり...)

ツバサ「..........」カチッ

ツバサ(3回目のOK....これ以上は自爆する可能性が高い)

絵里「............」

ツバサ(相手のプレイもみたいし、ここで一旦切りましょう)

ツバサ「ここまでにしておくわ」

絵里「わかったわ、3点ね」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:1341adc37120578f18dba9451e6c8c3b)
352: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:51:03.79 ID:a6AM2/6Z
絵里「............」クルクル

ツバサ(次は相手の番...どんなかんじでやるのかしら?)

絵里「回して」スッ

ツバサ「えぇ.....」クルクル

絵里「........」

ツバサ「はい」スッ

絵里「..........」クルクル

ツバサ(それにしても綺麗だけど冷たい目ね...)

絵里「..........」スッ

ツバサ「え?」
353: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/05(日) 03:54:58.15 ID:a6AM2/6Z
絵里「..........」

ツバサ「ちょっと貴方、なんで頭に銃を当ててやってるのよ」

絵里「こっちのが慣れてるのよ」

ツバサ「慣れてるって....」

絵里「失敗しても私が死ぬだけだから、構わないでしょ?」

ツバサ「自信があるってことかしら?」

絵里「あるわよ」カチッ

ツバサ「!」

絵里「なければこんなことをしないわ」


希「エリチ、あれ何してるん...危ないってレベルじゃないやん!」

海未「何を考えてるのでしょうか」

にこ「あの馬鹿....」

真姫「...........」
371: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/06(月) 23:38:19.10 ID:MO2dIJpS
絵里「...........」

ツバサ(顔色一つも変えずに...まさか、イカサマでも?いえ、でもそんなできるチャンスなんて)

絵里「..........」カチッ

ツバサ「言うだけはあって手馴れてるわね」

絵里「まぁね....」カチッ

ツバサ「..........」

絵里「こんなものかしら」

ツバサ「3回だから、貴方も3点ね」


にこ「絵里ぃ!!!」

絵里「!」

にこ「あんた本当に何を考えるのよ!!!」
372: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/06(月) 23:46:58.93 ID:MO2dIJpS
絵里「何って...何よ」

にこ「あんた死ぬ気!?なんであんなことを!」

絵里「ロシアンルーレットはあれが普通よ」

にこ「あんたに何か...何かあったらどうするの!!」

絵里「にこは私を信じてくれないの?」

にこ「は?」

絵里「私がこの程度のことで終わる人間だと思うの?」

にこ「だって...あんた!」

絵里「信じて私を」

にこ「っ........」
373: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/06(月) 23:50:47.81 ID:MO2dIJpS
真姫「無駄よ、にこちゃん」

にこ「真姫ちゃん...」

真姫「こうなったエリーは止められないわ、わかるでしょ?」

にこ「真姫ちゃんはいいの?」

真姫「.......」

にこ「絵里にもし何かがあったら!!」

真姫「わかってる!!!」

にこ「!!」

真姫「私だって嫌よ、でも私には何も言えない...だって、私が勝ってればこうはならなかったんだから!!」

にこ「!!」

真姫「だから私には何も言う資格はないの....」

にこ「真姫ちゃん.....」
374: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/06(月) 23:54:43.70 ID:MO2dIJpS
真姫「エリー」

絵里「何、真姫?」

真姫「絶対に負けないでね」

絵里「当たり前よ、私を誰だと思ってるのよ」

真姫「そうね....」

絵里「にこ」

にこ「!」

絵里「貴方が泣きそうだから空砲に変えるわ」

にこ「はぁ?」

絵里「これでいいんでしょ?」

にこ「あんたねぇ....」
375: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/06(月) 23:58:19.10 ID:MO2dIJpS
絵里「ごめんなさいね、色々と騒がしくて」

ツバサ「別にいいわよ、仲間に大切に思われてなによりね」

絵里「そうね...でも仲間というよりは家族かしら?」

ツバサ「家族ねぇ...何年後かはビビファミリーって言われてたりして」

絵里「いいわね、それ...今度二人に相談してみようかしら」

ツバサ「ふ...本当に面白いわね、貴方」


にこ「え、にこ達...マフィアになるの?」

真姫「絶対にあれ...意味をちゃんと理解してないわ」

希「でも、案外似合ってたりして」

真姫「勘弁してよ....」

にこ「むしろあんたらのが似合ってるわよ」

海未「そうですか?」 
376: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:03:43.20 ID:p+azuqbw
ツバサ「2回目ね...今のところ3対3ね」

絵里「えぇ、空砲にしてあるからお好きにどうぞ」

ツバサ「........」クルクル

絵里「........」クルクル

ツバサ「ここが正念場ね」クルクル


ツバサ「..........」カチッ

英玲奈(当たりを引く確率は最初は6分の1...約17%、これはほぼ当たりを引く確率は低い...)

ツバサ「もう一回.....」カチッ

あんじゅ(回数を重ねれば重ねるほど当たる確率は上がっていく、私はそこまで細かい計算はできないからパーセントとかはよくわからないけど)

ツバサ「........」

あんじゅ(だからこそ、こう思うわ、ようは度胸試し、いかに無謀だけど無謀じゃないチャレンジができるか....)

ツバサ「..........」カチッ

あんじゅ(度胸と運を持った者が勝ちやすいゲーム...好きだわ、こういうゲーム)
377: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:04:39.86 ID:p+azuqbw
ツバサ「............」カチッ

にこ「4回目まで...なんて運なの....」

絵里「..........」

ツバサ「こんなもんかしらね....」

あんじゅ「さすが、ツバサ」

真姫「..........」



絵里「............」カチッカチッカチッ

ツバサ「!」

英玲奈「躊躇なく三連続で?」

絵里「...........」スッ

ツバサ「え?」

絵里「私は2回目はこれでおしまいよ」

にこ「なっ!」

希「エリチ.....」
378: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:08:25.25 ID:p+azuqbw
ツバサ「7対6...ここで5点以上取れば確実に私の勝ち」

英玲奈(仮に4点を取れば...それでも相手は引き分けでも5点を取らなければならない...圧倒的にこっちが有利....ではないか...)

英玲奈(逆にその分に変なプレッシャーがかかって萎縮してしまうプレイヤーもいるだろう....しかし...)

ツバサ「.........」カチッカチッカチッ

絵里「!!」

ツバサ「案外当たらないものね」

英玲奈(ツバサはそんなプレイヤーではない、ツバサなら....)

ツバサ「これで当たらなければ貴方は....勝つことはない」

絵里「......」

ツバサ「なーんてね、ここは無理はしないわ、無駄に乗って自爆なんてカッコ悪いし...でもこれで10対6...5点以上じゃないと貴方の勝ちはないわ」

海未「追い詰められてしまいましたね...」

凛「絵里ちゃん...」
379: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:13:03.31 ID:p+azuqbw
絵里「ふぅ........」

ツバサ「さぁ、貴方の番よ」

絵里「わかったわ....」スッ

ツバサ「これでラストゲーム、これで決着が着くわ」

絵里「...........」フッ

ツバサ(目を閉じた?)

絵里「.............」クルクル

ツバサ(集中してるってことかしら?)

絵里「回して」スッ

ツバサ「.........」クルクル

絵里「...........」

ツバサ(今までになくオーラが半端ないわね、本気ってことね)
380: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:16:18.72 ID:p+azuqbw
絵里「..........」クルクル

ツバサ「...........」

絵里「!!」カッ

ツバサ「!?」

絵里「最後の勝負よ」

ツバサ「見せて貴方の本気を!!」

絵里「えぇ....」

ツバサ「..........」


絵里「.........」カチッカチッカチッカチッ

ツバサ「なっ!!!」

絵里「これでとりあえず同点ね」
381: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:21:39.93 ID:p+azuqbw
英玲奈「全く躊躇なく四連続で....」

あんじゅ「思い切りがいいわね...それとも」

英玲奈「それともなんだ?」

あんじゅ「弾が入ってないとかね」

英玲奈「まさか...そんな弾を抜く隙なんて」

あんじゅ「あのエリーチカならありえなくはない話よ」

英玲奈「..........」


絵里「次の引き金で全てが決まるわ」

ツバサ「すごいわね、貴方」

絵里「まぁね」

ツバサ「引くの?」

絵里「もちろん」

ツバサ「.........」
382: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:24:30.01 ID:p+azuqbw
絵里「..........」カチッ

ツバサ「.........」

絵里「私の勝ちのようね」

ツバサ「そのようね、大した豪運ね」


あんじゅ「待って!」

ツバサ「あんじゅ?」

あんじゅ「エリーチカが弾を抜いた可能性があるわ」

ツバサ「そんな様子なんてなかったわよ」

あんじゅ「あくまで可能性の話だけど...でも、最後だけ少し様子が違った....だから失礼は承知して最後の一発を」

絵里「いいわよ」スッ

絵里「...........」カチッ
383: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:25:40.78 ID:p+azuqbw
バン!!! バリン!!!!

ツバサ あんじゅ「!?」

絵里「え」

英玲奈「実弾か?あれは」

絵里「まぁ、最後だったし...おかげでいいスリルが味わえたわ」

ツバサ「どうやら不正はなかったみたいね....」

あんじゅ「っ.......」

英玲奈「我々の負けのようだな」

ツバサ「そうね....」

絵里「..........」

絵里(私の耳...まだ衰えてはいなかったみたいね...まぁ、あれはあれだったけど)

ツバサ「このカジノからは手を引くわ」



希「あー...照明が.....」

凛「木っ端みじんにゃ」
384: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:28:58.98 ID:p+azuqbw
ドン!!!!

希「今度はな、なに!?」

にこ「あれは....」


ことり「今の銃撃は....あー!!!手配者を発見!!」

絵里「ことり?」

ことり「穂乃果ちゃん!花陽ちゃん!皆、捕まえちゃって!!」

穂乃果「OK!腕がなるねぇ」

花陽「はい!!!」

あんじゅ「このタイミングで警察が来るなんてね~」

英玲奈「どうする?」

ツバサ「退散よ!!」

にこ「あ!こら負けたなら払うもんをちゃんと払っていきなさいよ!!」
385: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:30:41.07 ID:p+azuqbw
ツバサ「今度ちゃんと払うわ!!約束は守るわ!」

絵里「..........」キッ

ツバサ「そんな怖い顔をしないで、また会いましょう!」

英玲奈「全く、ツバサは....」

あんじゅ「またどこかで~」

ことり「あー!!二人共追いかけて!!」

穂乃果「待てー!!」

花陽「あ!穂乃果ちゃん待ってー!!」


ことり「海未ちゃん、大丈夫だった?」

海未「えぇ、大丈夫です」

ことり「よかった....」

海未「ことり!」

ことり「?どうしたの?海未ちゃん?」

海未「私!ババ抜きで勝ちました!!」

ことり「え?ババ抜き?」

凛「まーだ言ってるにゃ...」

希「よっぽど嬉しかったんやね」
386: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:33:45.84 ID:p+azuqbw
穂乃果「ごめんー...ことりちゃん逃げられちゃった...」

ことり「そっか...う~ん....」

花陽「3人共逃げ足が速くって」

ことり「わかった、お母さんにはことりが報告しとくね」

穂乃果「惜しかったなぁ...あともう少しだったのに」


あんじゅ「さっきの二人、なんなの!?なに?あの馬鹿力は!?」

英玲奈「あの二人が足が遅くて助かったな」

ツバサ「あはは...全くこの街は面白いわね」

あんじゅ「笑ってる場合?負けたのよ、私達」

ツバサ「誰だってたまには負けることもあるわ、でもそれはまだまだ私達が成長できるっていう証よ....次は絶対に勝つ、それだけよ」

英玲奈「そうだな」

ツバサ「次は勝つわよ、エリーチカ」
388: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:37:24.96 ID:p+azuqbw
絵里「..........」

にこ「絵里」

絵里「にこ....」

真姫「お疲れ様、エリー」

絵里「ありがとう、真姫」

にこ「...あんた最後、ミスったでしょ?」

絵里「え、え?」

にこ「実弾を撃ったのは入れるのを間違えたんでしょ?」

絵里「そんなことはないわよ」

にこ「本当?」

絵里「本当よ!!」

にこ「ふ~ん」

絵里「な、なによその目は....」

にこ「別に」
389: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:39:58.03 ID:p+azuqbw
真姫「ちょっとヒヤヒヤしたけど、カッコよかったわよエリー」

絵里「そ、そうかしら?」

にこ「そうね、なんか昔みたいだったわね、途中までは、途中までは」

絵里「勝ったんだからいいじゃない!!」

にこ「まぁ、そうね....」

にこ(いつもボロクソ負ける癖にこういう時はすっごく強いんだから...よくわからないわよね、絵里って)


真姫「にこちゃん」ボソッ

にこ「なに?真姫ちゃん」

真姫「私、分かったかもしれない、エリーが強かった理由」

にこ「え?なによそれ」

真姫「エリーは自分の為にじゃなくて...誰かの為に戦う時には強くなるんじゃないかって」

にこ「まさか...たまたまでしょ」

真姫「でも昔のエリーは私にこう言ってたわ、背負ってるものが違うって、そして昔のエリーは強かったわ」

にこ「....案外、本当にそうかもしれないわね」
390: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:41:52.77 ID:p+azuqbw
絵里「...........」ボー

希「エリチ!!!」

絵里「は、はい!?」

希「あの照明!!高かったんだよ!?」

絵里「え、あ...ごめんなさい」

希「まぁ、うちらはエリチの助けてもらったから文句は言える立場じゃないけど...カジノ内で実弾を使うなんて...危ないし、エリチの命だって....」

絵里「......zzz....」

希「....!聞いてるの!?」

絵里「!え、ご、ごめんなさい...なんか眠くなってきちゃって....」

希「エリチ!!!」


にこ「あれを見てもそう思える?」

真姫「今頃、薬が効いてきたみたいね」

にこ「な~んか、いつもいつもイマイチ締まらないのよね」

真姫「いいじゃない、それが私達だってことで」

にこ「はぁ....まぁ、そうかもね」

真姫「帰りましょうか?エリーもお眠みたいだし」

にこ「そうね」
391: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:44:04.66 ID:p+azuqbw
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にこ「そろそろ行くわよー」

真姫「今日はどこに行くの?」

絵里「新しくできたカジノがあるらしいわ、行ってみない?」

真姫「あー...あそこのね」

にこ「じゃあ、そこに行きましょうか」

絵里「お金はあるわよ、A-RISEからたくさんをもらったし」

真姫「取り返されたりして」

絵里「え?」

にこ「噂によるとAーRISEがそこによく出入りしてるらしいわ」

真姫「...今度こそ勝つわ、絶対に!」

にこ「真姫ちゃん、負けず嫌いなんだから~」

真姫「にこちゃんに言われたくないわ」

にこ「はぁ?」

絵里「こらこら、喧嘩しない」
392: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:54:35.12 ID:p+azuqbw
にこ「あ、見えてきたわ」

真姫「相変わらずのネオン街ね、どこもかくしもピカピカ光ってるわね...」

絵里「じゃあ、気合を入れる為に点呼するわよ」

にこ「はいはい....」

真姫「はぁ......」


にこ「にこ!!」

真姫「真姫!!!」

絵里「エリーチカ!!!!」

「「ビビ!!ゲームスタート!!!」」
393: 名無しで叶える物語(笑) 2018/08/07(火) 00:56:13.10 ID:p+azuqbw
色々と荒い部分もありましたがこれでおしまいです
最後まで長々とお付き合いいただきありがとうございました
次回はのぞまきのオカルトのやつでも書きます
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『絵里「集まったギャンブラー」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)