花陽「お酒……お酒……」

シェアする

花陽-アイキャッチ12
1: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 01:45:27.33 ID:Sxa/60pE.net
ごくごく

花陽「ぷはーっ!」

にこ「おっさん臭いわよ……」

花陽「うーっ……」

にこ「それで、悩みってなんなの?」

花陽「……」

にこ「ほら、黙ってちゃわかんないでしょ」

花陽「それが!!!!」

にこ「うわっ、びっくりした……」

花陽「凛ちゃんのことだよ!!!凛ちゃんの!!!!」

にこ「も、もうちょっと音量下げなさい……」

元スレ: 花陽「お酒……お酒……」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 01:50:28.37 ID:Sxa/60pE.net
花陽「凛ちゃんが……最近……よそよそしくて……」

にこ「よそよそしい?」

花陽「大学に入ってから会う機会も減って……だんだん、離れ離れになって……それで……」

にこ「はーっ……よくある話じゃない」

花陽「よくないよぉ!……全然よくないよぉ!」

にこ「要は寂しいんでしょ、それで」

花陽「……高校までずっと一緒だったから……」

にこ「あー……確かにそうね」
4: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 01:55:32.73 ID:Sxa/60pE.net
花陽「うう……」

にこ「でも、会うことは会うんでしょ」

花陽「最近は二ヶ月に一回くらい……」

にこ「それだけあってたら十分じゃないの」

花陽「でも!凛ちゃんはいつも『久しぶりだねっ!』って言って……」

にこ「うんうん」

花陽「……それが辛いの!」

にこ「え、どうして」

花陽「だって『久しぶり』だよ!……もう凛ちゃんの生活に私はいないってことだよ……うわぁぁん!」

にこ「……」
5: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 01:58:11.02 ID:Sxa/60pE.net
花陽「だいたい!!二ヶ月に一回なんてのも……少ないよぉ!」

にこ「じゃあ花陽から誘えばいいじゃないの」

花陽「ううん、違うの……」

にこ「何が?」

花陽「それじゃダメなの……」

にこ「あー、なるほどなるほど……つまり、昔は凛から誘ってくれてたと……」

花陽「そう!!そこですっ!!」

ごくごく

花陽「ぷはーっ!」

にこ「顔赤いわよ」

花陽「ううう……」
6: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:03:34.60 ID:Sxa/60pE.net
にこ「凛も花陽が忙しいと思って遠慮してるんじゃないの……いつでも誘って、って言ってやれば……」

花陽「……」

にこ「聞いてる?」

花陽「会った後も……喋ってても、昔と違うの……」

にこ(聞いてないし……)

花陽「前は凛ちゃん、抱きついたりしてきてくれたのに……!今は、距離をとって歩いてるみたいで……」

にこ「凛も大人になったんでしょ」

花陽「私の前にいないうちに、私の知らないところで凛ちゃんが大人になっていく……」

にこ「……」

花陽「私は、凛ちゃんが大人になる邪魔をしてたんだぁ……」グズグズ

にこ「そんなことないし、なんで泣いてるのよ……」
8: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:07:05.48 ID:Sxa/60pE.net
花陽「そんなのやだよぉ……」

にこ「それにしても意外ねー……」

花陽「……?」

にこ「凛と花陽、二人とも別々の大学に行って……てっきり凛の方が寂しがるかと思ったら……」

花陽「……」

にこ「逆だったとは……これは想像してなかったわ……」ニヤニヤ

花陽「わ、わ、笑わないでよぉ、わたしは、ま、まじめに……」

にこ「お酒が入るとすぐ凛、凛って……」
9: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:09:38.49 ID:Sxa/60pE.net
花陽「ねぇ……」

にこ「……?」

花陽「凛ちゃんは私のことなんて言ってる……?」

にこ「あんまり凛と二人で会ってないから知らないわ」

花陽「どんなことでもいいから……最近、凛ちゃんが私のこと、何か言ってなかった……?」

にこ「別に……」

花陽「やっぱり……うわぁぁん……」

にこ(どうしろっていうのよ……)
10: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:13:52.51 ID:Sxa/60pE.net
花陽「……真姫ちゃんにも会ったんだ、この前……凛ちゃんのこと言ったの、そしたら、そしたら……」

にこ「そしたら?」

花陽「にこちゃんと同じようなこと言うの、何言っても『はいはい』って感じで……全然聞いてくれなくて……」

にこ「まぁ、それは……」

花陽「なんでみんなわかってくれないのぉ……」

にこ「……横から見てたらなんか」

花陽「……?」

にこ「その、そんなことで悩んでるの?……って感じで……」

花陽「そんなことどころじゃないよぉ!!!大問題だよぉ!!」

にこ「……えーっと……」

花陽「うわぁぁん……」
12: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:20:31.83 ID:Sxa/60pE.net
にこ「あんたらの仲の良さを見てたら……別に大丈夫じゃない?……って感じがするんだけど……」

花陽「見たの!?」

にこ「何を?」

花陽「最近の私と凛ちゃんの……その……やりとりとかっ!昔と全然違うんだよぉ!見たらわかるよぉ……!」

にこ「見たわよ」

花陽「いつ?最近じゃないよね……」

にこ「最近よ、年末に一回、元μ'sの9人でで集まったじゃない」

花陽「じゃあ、じゃあ……凛ちゃんと私を見て……にこちゃんはどう思ったの!」

にこ「別に……昔のままだなぁ……って」

花陽「はぁぁぁっ……」ガクッ
13: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:23:07.72 ID:Sxa/60pE.net
にこ「なによその反応……」

花陽「やっぱりそうなのかな……この微妙な気持ちは……私にしかわからないのかなぁ……」

にこ「じゃあもう帰っていいかしら……」

花陽「待ってよぉ!」

にこ「花陽にしかわからないんでしょ……」

花陽「そ、そういう意味じゃなくて……ただ、にこちゃんに話を聞いて欲しくて……」

にこ「はーっ……それで?この話、これ以上どう続くの?」
15: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:26:30.60 ID:Sxa/60pE.net
花陽「あれは凛ちゃんと初めて会ったときのこと……」

にこ「さかのぼるわねぇ!?」

花陽「えーっと、えーっと……」

にこ「……?」

花陽「思い出せないよぉぉぉ……!うわあぁぁぁぁん!!」

にこ「……」

花陽「私の中からも、凛ちゃんの思い出はもう消えかかってるの?そんなの、やだよ、やだよぉ!」

ごくごく

花陽「うわぁぁん!!」

にこ「初めて会った時のことなんか、覚えてる方が怖いわよ……」
17: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:30:37.19 ID:Sxa/60pE.net
花陽「……じゃあ!じゃあ!逆に聞くよ、にこちゃん……!」

にこ「?」

花陽「にこちゃんは、私と初めて会った時のこと、忘れちゃったの!?」

にこ「いや、まぁ、それは覚えてるけど……」

花陽「ほら、ほら、覚えてる!やっぱり、やっぱり……」

にこ「だから……それはたった5年くらい前のことでしょ?ワケが違うんじゃないの……」

花陽「違わないよぉ、そんなの、同じだよぉ……」

にこ「違うわよ」

花陽「同じだよぉ、同じだよぉ……同じだよぉ!うわぁぁん!!」

にこ「……」
19: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:36:34.09 ID:Sxa/60pE.net
花陽「だからね、私が悪いの……私が凛ちゃんのことを忘れ初めてるから……だから、凛ちゃんも私のことを忘れ初めてて、それで、それで……」

にこ「……」

花陽「知らないうちに、私から距離を置き始めて、でも、凛ちゃんは、えーっと……そんなこと、全然、意識してなくて……」

にこ「……うん」

花陽「だから!!……凛ちゃんは、傷ついてなくて、私だけが、こんなに、その、勝手に、寂しいとか、そんなこと考えて」

にこ「……」

花陽「だから、凛ちゃんを責めることは、私には出来なくて、だけど、じゃあどうすればいいのかって、わかんなくて、聞いても、誰も教えてくれなくて……」

にこ「ああっ、もう!」
20: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:43:23.03 ID:Sxa/60pE.net
花陽「……?それでね、それでね……」

にこ「ストップ」

花陽「?」

にこ「もういいわ……」

花陽「なんで、なんで?それでね、私がね……」

にこ「ストップ!ストップ!……もうこれ以上は……その……なんていうか……」

花陽「……?」

にこ「疲れてきたっていうか……」

花陽「ああっ!!」

にこ「なによ」

花陽「真姫ちゃんと同じこと言う……」グズグズ

にこ(誰でも言うわよ……)
21: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:47:06.67 ID:Sxa/60pE.net
にこ「だからね、そんなに一人のことで悩んで、長く喋れるってことは……」

花陽「?」

にこ「花陽の中から凛が消えてない証拠でしょ……むしろ、凛のことしか喋れないの?って感じよ……」

花陽「凛ちゃんは消えてないの?」

にこ「そうよ」

花陽「私の中にいるの?」

にこ「いるいる」

花陽「ほんとうに?」

にこ「本当よ」

花陽「えへへ、えへへへ……そっかぁ、そっかぁ……」ニヤニヤ

にこ「……」
22: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:49:34.30 ID:Sxa/60pE.net
花陽「あっ、でもでも!でも!だよ!にこちゃん!」

にこ「どうしたのよ」

花陽「もしそうだとするよね、そうだと!」

にこ「そうって?」

花陽「凛ちゃんは、私の中にいる、とするよね!」

にこ「うんうん」

花陽「だけど、現実の凛ちゃんは、やっぱり、私によそよそしいんだよぉぉ……何も解決してないよぉ!」

にこ「……」

花陽「結局、どうすればいいのぉ、教えてよぉ、教えてよぉ、にこちゃん……」

にこ「はぁ……」
23: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:53:57.47 ID:Sxa/60pE.net
にこ「なんども言うけど、別によそよそしくないって……」

花陽「違うよ、違うよ!昔の凛ちゃんは……もっと……」

にこ「昔の凛と比べても仕方ないでしょ」

花陽「なんで、なんで……?だって……」

にこ「花陽。聞きなさい」

花陽「……?」

にこ「人は成長する、これはわかるわよね?成長しなきゃ、世の中は赤ちゃんばかりになるわ、いいわね?」

花陽「……うん」
24: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 02:57:58.33 ID:Sxa/60pE.net
にこ「成長したら、いろんなことが変わるの、ものの扱い方、考え方、それに、人との接し方……ここまではいい?」

花陽「うん、うん」

にこ「だから、凛も成長して、花陽との接し方が変わってきただけ、それだけの話よ」

花陽「……でも、でも」

にこ「でもどうしたの?」

花陽「だって、凛ちゃん、全然違うんだもん、全然……」

にこ「ちょっとの間会ってなかったからよ」

花陽「わかってるけど、それでも、全然違うんだもん……」
25: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:02:35.66 ID:Sxa/60pE.net
にこ「じーっと見てるうちは変化に気がつかないものよ、ほら、あるじゃない、じわじわ映像が変わっていって、『どこが変化したでしょう』ってクイズ……あれと同じよ」

花陽「……?」

にこ「ありゃ、伝わらなかった……?」

花陽「……やっぱり、やっぱりダメなんだぁ、うわぁぁぁん!!」グズグズ

にこ「……はぁ」

花陽「うっ、うっ、うっ……」

にこ「……」
27: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:06:50.73 ID:Sxa/60pE.net
にこ(……せっかく相談に乗ってあげても、酔っぱらってるから話が通じないわ……)

花陽「うっ、うっ、うっ……」

にこ(……もうちょっと冷静になりなさいよ)

花陽「……」

にこ「花陽?」

花陽「……」

にこ「どうしたのよ」

花陽「……死なせてください」

にこ「……はぁ」

花陽「……死ぬんです、死んだほうがマシです……」

にこ「死んだら凛が悲しむわよ」

花陽「それでも、私の方に振り向いてくれるなら……うっ、うっ、う……」

にこ「……」
28: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:09:27.17 ID:Sxa/60pE.net
5分後

花陽「うっ、ううっ、うっ、うっ」

にこ「……いつまで泣いてんのよ」

花陽「もう嫌です、何もかも嫌です、もう……うううう……」

にこ「明日、学校あるの?あんまり遅くなると……」

花陽「うっ、うっ……」

にこ(無さそうね、この様子だと……じゃあ……)
29: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:12:17.58 ID:Sxa/60pE.net
花陽「……うう」

にこ「あぁ、もう」

花陽「……」

にこ「しょうがないわね、ほんとに……」

花陽「……」

にこ「友達一人でそこまで泣けるなんて……幸せ者だってこと、気づいてないのかしら」

花陽「わたしは、わたしは……うっ、うっ……」

にこ「はぁ……」
30: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:16:28.07 ID:Sxa/60pE.net
………………………………

花陽「……」

ユサユサ

かーよちん……

花陽「……?」

凛「かーよちん」

花陽「……うぅん?」

凛「ほら、起きて、かよちん」

花陽「……?えっ、えっ?なんで?なんで凛ちゃん?えっ」

にこ「呼んだの、今さっき」

花陽「えっ、えっ?」

にこ「すぐ来れる?って聞いたら、来れるって言ったから……」

凛「もう、にこちゃん、かよちんをひとりじめして、ずるいよっ!」

にこ「はいはい、だから呼んだんでしょ」
31: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:20:29.75 ID:Sxa/60pE.net
花陽「……」

凛「ビールひとつ!」

花陽「……凛ちゃん」

凛「?」

花陽「……ううん、あのね……」

凛「どうしたの?」

花陽「覚えてる?初めて会ったときのことって……」

凛「かよちんと凛が?」

花陽「うん」

凛「初めて会ったとき?」

花陽「うん」

凛「えーっとね……」

花陽「……」

凛「うーん……?」

花陽「あはは……やっぱり……」

凛「どっちのこと?」

花陽「え?」
32: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:24:29.96 ID:Sxa/60pE.net
凛「凛が初めてかよちんを見たときのこと?……確か、公園で……それとも、初めて喋ったときのこと?あっ、これも公園で……」

花陽「……」

凛「どっちかなぁ?」

花陽「……ううん、どっちでもいいや」

凛「?」

花陽「ふふふ……」

凛「……あはははっ……」

花陽「あはははっ……」



にこ(完全に蚊帳の外と化してしまったわ……)

にこ(何がよそよそしいよ……しょうもな……)
33: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:30:01.16 ID:Sxa/60pE.net
凛「かよちん、にこちゃんと何喋ってたの?」

花陽「え!……そ、それは……」

凛「教えてよ、なになに?」

花陽「……それは、ひみつだよ、凛ちゃん……」

凛「あーっ、ずるいよぉ」

花陽「ふふふ……」

にこ「凛のことよ」

花陽「!?」

凛「えっ、凛のこと!?」

にこ「最初から最後までずーーーっとね。うんざりしたわ……」

花陽「ちょ、ちょっ、にこちゃん、にこちゃん!!」

にこ「凛に会いたい、会いたい、会いたい、寂しい、凛に会えないなら死ぬって……」

凛「……」アゼン

花陽「……い、い、言い過ぎだよぉ!」

にこ「ふふふ……」
34: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:32:46.62 ID:Sxa/60pE.net
花陽「……ぁぁぁ」

凛「かよちん!」

花陽「……?」

凛「凛も、いつでも会いたいよ!だからいつでも呼んでね、待ってるよ!」

花陽「……凛ちゃん」

凛「……えへへ」

花陽「凛ちゃぁん!」



にこ(はぁ……しょうもな……)

にこ(あの愚痴に付き合わされた私、なんの意味が……)

にこ(お酒、お酒……)

にこ(私だって、飲まなきゃやってられないわよ……)
35: 名無しで叶える物語(たこやき)@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 03:36:15.52 ID:Sxa/60pE.net
花陽「にこちゃん」

にこ「……」

花陽「……ありがとう」

にこ「……ん」



にこ(まぁ……)

にこ(いっか、別に、どうでも……)

にこ(どうでもいい夜に、どうでもいい話……)

にこ(たまになら、別に……)







おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「お酒……お酒……」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。