穂乃果「μ'sのラジオだよ」にこ「スクールアイドル放送局で~す」

シェアする

穂乃果-アイキャッチ7
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:02:26.17 ID:vM86eC+/0
プッ プッ プッ ポーン

穂乃果「はいは~い。皆さんこんばんは~。ラジオの時間だよ」

にこ「にっこにっこに~。あなたのハートににこにこに~。ラブリーアイドル矢澤にこで~す。そして」

穂乃果「私の正体は誰でしょう?答えは番組の後半で」

にこ「なんでよ」

穂乃果「取り敢えずコマーシャル」

元スレ: 穂乃果「μ'sのラジオだよ」にこ「スクールアイドル放送局で~す」

スポンサーリンク
3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:09:47.52 ID:vM86eC+/0
穂乃果「さあ。改めましてこんばんは」

にこ「番組の始まってすぐにCMにいくものなの?ラジオって?」

穂乃果「さあ?」

にこ「あんたって適当ね…」

穂乃果「知ってる?適当って別に悪い意味じゃないんだよ?」

にこ「は?どういう事?」

穂乃果「適当ってのはね、適切に当てはめるって書くんだよ。決してデタラメって事じゃないの」

にこ「へ~穂乃果にしては賢い事言うじゃない」

穂乃果「でしょう?」
4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:17:40.61 ID:vM86eC+/0
穂乃果「へへ~ん。でしょ?」

にこ「何?あんたって国語とか得意な訳?てっきり苦手なのかと思ってたけど」

穂乃果「あ~それは違うんだよ」

にこ「違う?」

穂乃果「前に海未ちゃんに…穂乃果は何でも適当過ぎますって凄く怒られたからさ。どうにか反論しようと思って適当って言葉を調べてみたら書いてあったんだよ」

にこ「へ~。それで適当って言葉を調べようって考えに行き着くんだ。どう言う事よ。で?海未の反応は?」

穂乃果「火に油…いや、火にガソリンだね。屁理屈を言うなって怒られちゃった」

にこ「やっぱり馬鹿ね」

穂乃果「本当、あの時の海未ちゃんは激おこだったよ。うん」

にこ「そんなに?」

穂乃果「うん。結構柔らかい表現をしたけど…あの時の事は思い出したくない」

にこ「そんなにだったの…」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/08(水) 23:42:17.40 ID:vM86eC+/0
穂乃果「そんなにだったよぉ。もうね、海未ちゃん怒ると怖いからさ」

にこ「まあ、それは私も身をもって知ってるけど」

穂乃果「にこちゃんも結構怒られるタイプだもんね」

にこ「あんたと一緒にするんじゃないわよ」

穂乃果「えへへ。さて、にこちゃん。ラジオだね」

にこ「え?あっ、うん。ラジオね」

穂乃果「ラジオってどんな話をすればいいのかな?」

にこ「別に…普通に話せば…」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 21:35:01.17 ID:qoXNlGJ60
穂乃果「普通ねぇ。何をもって普通と言うのかね」

にこ「そりゃあ…」

穂乃果「出てこない?」

にこ「…」

穂乃果「そう言えば海未ちゃん達のラジオは聞いたの?」

にこ「ん?あぁ…まあ、聞いたわよ?」

穂乃果「え?どうだった?」

にこ「え?あんた聞いてないの?」

穂乃果「いやぁ…寝ちゃってさ」

にこ「すぐ寝るわよね。あんたって」

穂乃果「育ち盛りだからね。で?どうだったの?」

にこ「なんであの二人だったのかしらね?」

穂乃果「ん?」

にこ「ああ言うのが苦手な二人じゃない」

穂乃果「だからいいんじゃない?」

にこ「まあ、いいんだけど。あの二人プレゼントコーナーやってないのよ」

穂乃果「プレゼントコーナー?」

にこ「そうなのよ。絵里達はちゃんとやってるんだけど海未達は忘れてたらしくて」

穂乃果「へ~そうなんだ」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:13:27.52 ID:qoXNlGJ60
にこ「でもね、絵里達は笑っちゃうから喋り過ぎてタイトルコールしないで30分以上やってたのよ」

穂乃果「え~それじゃあさ、ずっとオープニングトークをやってたって事?」

にこ「そうなるわよね。全く。ふっ、マヌケよね?」

穂乃果「絵里ちゃんには悪いけど。ふふっ、絵里ちゃんって実はちょっと抜けてる所あるよね?」

にこ「あるある。結構あるわよ。で、隠そうとするじゃない。絵里って」

穂乃果「そうなんだよねぇ。そこがまたね。絵里ちゃんカッコいいからね。ギャップがグッと来るんだろうね~」

にこ「まっ、にこには敵わないだろうけどね」

穂乃果「それはどうだろ」

にこ「は?」

穂乃果「え?」

にこ「なによ?」

穂乃果「いや~…にこちゃんこないだの三連休何してた?」

にこ「誤魔化すの下手くそか」

穂乃果「あははは。とりあえずさ」

にこ「何がとりあえずなのよ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:20:45.49 ID:qoXNlGJ60
穂乃果「いいじゃん。ラジオっぽくさ」

にこ「え~…こないだの三連休は…部活だったじゃない」

穂乃果「あっ!そう言えばそうだね」

にこ「あんたね。どんな記憶力してるのよ」

穂乃果「いや、でも実際ね。歳を取ると記憶力も低下するらしいよ。うちのお母さん言ってたもん」

にこ「いや、私達はまだ早いわよ」

穂乃果「じゃあ、にこちゃん昨日の晩御飯言える?」

にこ「言えるわよ。当たり前でしょ」

穂乃果「何食べたの?」

にこ「それはあれよ。あの…あれ?何食べたっけ?」

穂乃果「ほら~思い出せないじゃん」

にこ「あんたは覚えてるの?」

穂乃果「勿論だよ。ステーキでした!超美味しかったよ」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:33:40.38 ID:qoXNlGJ60
にこ「それはあれでしょ?ステーキだったから覚えてるのよ」

穂乃果「違うって」

にこ「いや、そうよ。めざしとかだったら絶対に忘れてるわよ」

穂乃果「めざしだったら逆に覚えてるよ。だってさ」

にこ「あっ!思い出した!」

穂乃果「え?何が?」

にこ「あれよ!鯖よ!昨日の晩御飯はカレーだったわ」

穂乃果「え?カレーだったの?」

にこ「そうよ。カレーよ」

穂乃果「カレー忘れる?」

にこ「なんで?」

穂乃果「カレーは忘れないでしょ」

にこ「まあ、よくよく考えたら一昨日もカレーだったわ」

穂乃果「二日目のカレーだったんじゃん。凄い美味しいやつじゃん。忘れないよ普通。って言うか二日続いた時点で私なら忘れない」

にこ「もう。分かったわよ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:40:50.69 ID:qoXNlGJ60
穂乃果「もうね。私は二日目のカレーが出てきたら手放しで喜ぶよ」

にこ「そんなに?」

穂乃果「だってカレー美味しくない?」

にこ「美味しい」

穂乃果「でしょ?」

にこ「うん」

穂乃果「あれ…何で二日目のカレーって美味しんだろうね?明らかに違うもんね?」

にこ「そうね。何なのかしら」

穂乃果「何かしら絶対にあるよ。思惑とか陰謀とか絶対にあるね」

にこ「そんな禍々しい物はないわよ」

穂乃果「なんかね。もし、二日目のカレーが美味しい理由を知ってるよって人が居たら教えて下さい。お便り待ってま~す」

にこ「何勝手に募集してるのよ」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:51:33.64 ID:qoXNlGJ60
穂乃果「で?」

にこ「は?」

穂乃果「三連休何やってたの?」

にこ「だから部活を」

穂乃果「月曜日は休日だったじゃん」

にこ「まあ…」

穂乃果「何してたの?」

にこ「まあ…普通に。チビ達の世話をして…あっ!そうよ。希が来たのよ」

穂乃果「え?希ちゃんが?」

にこ「暇だからとか言って。初めて来たのよ」

穂乃果「初めてじゃないでしょ?」

にこ「希がプライベートで一人で来たのが初めてなのよ」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/10(金) 22:57:07.39 ID:qoXNlGJ60
穂乃果「あ~何かして遊んだの?」

にこ「何したと思う?」

穂乃果「さあ?」

にこ「希のやつ…うちに来て昼寝して帰ってたのよ」

穂乃果「は~…そうなんだ」

にこ「昼寝すんなら自分家ですればいいのに。何しに来たのよって」

穂乃果「ま~でも。私は人の事言えないからなぁ」

にこ「何?あんたも人ん家で昼寝してたの?」

穂乃果「よく海未ちゃん家でお昼寝するんだよね」

にこ「何で人ん家で昼寝するのよ?」

穂乃果「さぁ?何だろうね?海未ちゃんのベットって海未ちゃんのにおいがするんだよね」

にこ「え?何?海未のベットで昼寝してる訳?」

穂乃果「うん。何で?」

にこ「海未怒らないの?」

穂乃果「うん。昔からだし」
17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 19:48:31.74 ID:l8ix8RGo0
にこ「昔から?昔からそうなの?」

穂乃果「昔からそうだよ。え?にこちゃんは嫌なの?」

にこ「嫌じゃないけどさ」

穂乃果「あっ、待って。ここで曲紹介しなきゃだって」

にこ「え?そうなの?」

穂乃果「それでは聞いてください。GLAYでずっと2人で」

にこ「え?」
18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 20:02:49.68 ID:l8ix8RGo0
穂乃果「はいっ。お聞きいただいた曲はGLAYのずっと二人で…でした」

にこ「あのさ」

穂乃果「何?」

にこ「え?なんでこの選曲なの?」

穂乃果「嫌いなの?」

にこ「嫌いじゃないけど。これ…μ'sのラジオでしょ?」

穂乃果「うん」

にこ「普通さ…μ'sの曲とか流さない?それかせめてスクールアイドルの曲とか」

穂乃果「あ~うん。考えたんだけどね。ラジオだって言うしさ」

にこ「え?じゃあ、穂乃果が好きな曲だったとか?」

穂乃果「違う違う。いや、良い曲だとは思ったけどさ」

にこ「思ったって…初めて聞いたの丸出しのじゃない」

穂乃果「まあね」

にこ「まあねって。普段あんたってどんな曲聞くのよ?」

穂乃果「曲?ん~…なんか流行ってる曲とか…後はお父さんが好きで聞いてた曲を」

にこ「あ~親の影響はデカイわよね?」

穂乃果「そうそう。家族でお出かけする時とか車の中で流れてたりするとね!自然と好きになっちゃうよね~」

にこ「分かる分かる」
19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 20:28:04.51 ID:l8ix8RGo0
穂乃果「で!カラオケとか行ってその歌を歌うとさ誰も知らないんだよね。あはは~」

にこ「まっ、親の影響って事は世代が上って事だもんね」

穂乃果「あるあるだね」

にこ「あっ、そうだ。思い出した」

穂乃果「何を思い出したの?」

にこ「こないだ部室に入ろうと思ったらさ」

穂乃果「うん」

にこ「海未が先に居てね。なんかしてるのよ」

穂乃果「うん」

にこ「なんか一人で決めポーズの練習みたいのしててさ。私が部室に入ったら慌てて取り乱してんのよ」

穂乃果「へ~」

にこ「もう目撃されてんのにね」

穂乃果「あ~海未ちゃんは見られてないと思ってるんだ」

にこ「でしょうね。でも結構色んなところで目撃されてるのよね。海未の妄想癖と言うか」

穂乃果「うん。あのさ」

にこ「何よ?」

穂乃果「これ海未ちゃんも聞いてるかもしれないよ?」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 20:46:23.93 ID:l8ix8RGo0
穂乃果「怒られるよ~。あんな事言って」

にこ「だ、大丈夫よ。海未はこれが放送される時間には寝てるわよ」

穂乃果「そうかもしれないけどさぁ。ネット社会だしな~」

にこ「やめなさいよ。怖い事を言うのは」

穂乃果「さあ、ここで。コーナーに移りたいと思いま~す」

にこ「ちょっと待ちなさいよ。このタイミングで移ろうとするんじゃないわよ」

穂乃果「だって時間の関係もあるし」

にこ「そうだけど。今そのタイミングではなかったじゃない」

穂乃果「そうなんだけど…」

にこ「ほんと、一回待ってよ。海未の事を…」

穂乃果「サラッと流しちゃった方がいいよ。海未ちゃん今から聞き出すかもしれないしさ」

にこ「確かに…そうね」

穂乃果「うん。そうだよ」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 20:59:39.17 ID:l8ix8RGo0
にこ「それで?コーナーの話は?」

穂乃果「それでってさ、止めたのはにこちゃんだからね?」

にこ「う、うるさいわね。分かったわよ。コーナーに移って下さい」

穂乃果「は~い。それではリスナーのみんなからお便りが届いてるので読みたいと思いま~す」

にこ「え?もう?」

穂乃果「うん。今回このコーナーだけだよ?」

にこ「え?海未と花陽の時は二つコーナーがあったのに」

穂乃果「まあ、良いじゃん。読むよ?」

にこ「うん」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:25:21.02 ID:l8ix8RGo0
穂乃果「ペンネーム、ジャガバタコーンさん」

にこ「美味しそうなペンネームね」

穂乃果「にこちゃん、穂乃果ちゃん、こんばんは。へへ~こんばんは」

にこ「こんばんは」

穂乃果「こないだテレビを見ていたら世界初、ジンコーチノーに市民権が与えられたと言っていました。私はジンコーチノーに市民権?とイマイチ理解が出来ないのですがお二人はどうお考えですか?だって」

にこ「え?」

穂乃果「え?」

にこ「いや…」

穂乃果「え?どう思う?」

にこ「いや…別に…良いんじゃない?ダメなの?」

穂乃果「え?さあ?え?ジンコーチノーって…あれ?ロボット?」
23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:35:44.64 ID:l8ix8RGo0
にこ「じゃないの?」

穂乃果「ガンダム的な奴…ではないよね?」

にこ「どっちかって言ったら[たぬき]的な奴じゃない?」

穂乃果「あ~それならいいねぇ。いつかロボットと友達になれる日が来るのかな?」

にこ「いや…でも、もしよ?ターミネーターみたいな事になったらどうするのよ?」

穂乃果「ターミネーターみたいに?」

にこ「だから…ロボットが人間を滅ぼす的な話よ」

穂乃果「え?それは嫌だ」

にこ「でしょ?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:42:56.87 ID:l8ix8RGo0
穂乃果「ん~でも、何でロボットが人を滅ぼすの?」

にこ「さあ?」

穂乃果「理由がないじゃん。滅ぼす理由が…」

にこ「それは…あれよ?悪い人がなんかそう言うプログラム的な物をインプットして」

穂乃果「そんな事出来るの?」

にこ「出来るんじゃない?」

穂乃果「それは大変だよ」

にこ「だから言ってるんじゃない」

穂乃果「ん~でも、私はロボットとの友情が成立する事を信じたいなぁ」

にこ「理想はね」

穂乃果「で?結局なんの話をしてたんだっけ?」

にこ「人工知能がなんか市民権を得たって話よ」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:48:24.91 ID:l8ix8RGo0
穂乃果「まあ、いいんじゃない?」

にこ「ほんと適当よね」

穂乃果「ちゃんと考えてるよ」

にこ「本当に?」

穂乃果「本当だよ。さっき言った事が全てです。友達になれるならなりたいです」

にこ「あっそ」

穂乃果「あっそって。じゃあ、次行こうよ」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 21:59:35.98 ID:l8ix8RGo0
にこ「ペンネーム、チャンネル権さんからのお便りです。どんなペンネームよ…」

穂乃果「ね~」

にこ「にこにー、穂乃果ちゃんこんばんは」

穂乃果「こんばんは!」

にこ「こないだ、近所のコンビニに行こうとしたら怖そうなお兄さん達がコンビニの駐車場でたむろしてました。僕は嫌だな~と思いながらコンビニの中に入ろうとしたら絡まれてしまいました」

穂乃果「うわっ。それは嫌だなぁ」

にこ「困っているとそこに中学生の頃のクラスメイトが偶然通り掛かり僕を引っ張り助けてくれました」

穂乃果「おおっ!凄いね!カッコイイね」

にこ「そうね。元クラスメイトの子だって怖かったでしょうに」

穂乃果「だよね。私だったら同じ様に振る舞えるかなぁ」
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/11(土) 22:07:02.63 ID:l8ix8RGo0
にこ「あんただったらするんでしょうね」

穂乃果「え?そう?」

にこ「そうよ。あんただったらするわよ。あんたは相手がどんない人間だって…例え敵対してた人間だろうと目の前で困ってたら後先考えず手を差し伸べるんでしょうね」

穂乃果「ん~あはは。自分の事は分かんないよ」

にこ「あんたはそう言う奴よ」

穂乃果「そうかぁ」
29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:44:29.05 ID:B5tNeuLK0
にこ「さっ、次のお便りに行きましょう」

穂乃果「は~い。えっと…ペンネーム、ハートのエースさん、16歳の女の子だね。穂乃果さん、にこさん、こんばんは」

にこ「こんばんは」

穂乃果「私は今野球部の一つ上のS先輩に恋をしています」

にこ「おおっ!それっぽいお便り!」

穂乃果「練習試合や地区大会に応援に行っていたので顔を覚えてくれたらしく最近はすれ違う時に声を掛けてくれます」

にこ「へ~いいじゃない」

穂乃果「昨日、朝起きて顔を洗おうと洗面所に行ったら顎にニキビが出来ていました。想い想われ振り振られ、顎にニキビが出来るのは誰かに想われている証拠。もしかして、その相手はS先輩かな~なんて…キャーー。でも、このニキビが出来た顔で先輩と会ったらなんて思われるかな?」

にこ「ふ~ん」

穂乃果「わ~青春だ~」

にこ「そうねぇ。青春ね~」
30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 21:58:35.97 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「私達にはないもんね~。こう言うのは」

にこ「アイドルだからね。恋愛は禁止だから」

穂乃果「まあ、そうじゃなくても女子校だしね」

にこ「まあね。にこが共学に通ってたらモテてモテて困っちゃうでしょうね」

穂乃果「黙ってればそうかも」

にこ「どう言う事よ」

穂乃果「でも、どうなの?実際さ。にこちゃんはこう言うの憧れる?」

にこ「恋愛とか?」

穂乃果「うん。そう。私は結構憧れるよ」

にこ「え?そうなの?あんたってそうなの?」

穂乃果「え?にこちゃんは憧れないの?」

にこ「別に…憧れない訳じゃないわよ?」

穂乃果「でしょ~。良いじゃん。この想われニキビが出来て嬉しいけどニキビが出来た顔を見られたくない~ってヤキモキした感じ。ん~甘酸っぱい。甘酸っぱいよ~」

にこ「なんか意外ね。そう言えばあんたん家って少女漫画いっぱいあったもんね」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:05:40.09 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「そうだよ。よく、ことりちゃんと話したもんだよ」

にこ「へ~」

穂乃果「って言うか…にこちゃん知ってるんだよね?」

にこ「何を?」

穂乃果「ニキビ占い」

にこ「知ってるわよ。えっと…想い、想われ、え~どっちだっけ?振り、振られ?」

穂乃果「逆だよ」

にこ「そうだっけ?」

穂乃果「想い想われ振り振られ」

にこ「へ~。そう言えばこないだ希にも出来てたわね。おでこにニキビが」

穂乃果「おでこに?じゃあ、想いニキビだね。希が?恋?」
32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:17:35.01 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「占い通りならね」

にこ「いやいや。じゃあ、その占いは信憑性がないわね」

穂乃果「なんで?」

にこ「希が恋って。いやいや。ないでしょ」

穂乃果「そう?」

にこ「だって希よ?そんな…片思いって感じじゃないでしょ?」

穂乃果「ん~…そんな事ないよ。希ちゃんは結構乙女なんだよ?知らないの?」

にこ「ん~…希が乙女…。確かに…結構しおらしい所あるわよね」

穂乃果「でしょ?」

にこ「うん。そうね。希…恋してんのかしら?」

穂乃果「さあね?まっ、占いの事なら私達より希ちゃんの方が詳しいだろうけどね。リスナーの人は知ってるのかな?希ちゃんの趣味は占いだからね」

にこ「そうね。そう言えばそうね」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:35:01.71 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「さっ、次行こうよ」

にこ「最後のお便りです。穂乃果ちゃん、にこにーこんばんは」

穂乃果「こんばんは」

にこ「こないだ部屋の掃除をしていたら昔遊んでいたゲームが出て来ました。当時、学校が終わると友達の家に集まってみんなで遊んだ思い出のゲーム達。凄く楽しかったのを覚えています。久しぶりにやってみようと電源を入れてみたらちゃんと起動しました…が、いざプレイしてみるとそんなに面白くありませんでした。やっぱり、思い出補正が掛かっているのかそれとも僕が大人になったからなのでしょうか」

穂乃果「あ~ゲームね~。私もやったよ」

にこ「あっ、そうなの?意外ね」

穂乃果「そう?結構やってたよ?」

にこ「ふ~ん。やっぱり、ことりと海未と?」

穂乃果「うん」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:39:27.61 ID:B5tNeuLK0
にこ「海未もやるんだ?一番意外~」

穂乃果「まあ、海未ちゃん自身はゲーム持ってないんだけどね。私ん家とかことりちゃん家で一緒にやる事はあったよ」

にこ「ふ~ん。出来るの?海未は」

穂乃果「それがね。海未ちゃんってレースゲームとかやるじゃん?」

にこ「うん」

穂乃果「まあ、あるあるなんだけどさ。曲がる時とか体も一緒に動くの」

にこ「そうなの?穂乃果はそんなタイプかと思ったけど」

穂乃果「いやいや、海未ちゃんがそのタイプなんだよ。私は違うよ」

にこ「気付いてないだけじゃない?」

穂乃果「違うって」

にこ「ふ~ん。で?上手いの?」

穂乃果「え?私が?海未ちゃん?」

にこ「どっちもよ」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:43:15.45 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「私はまあまあかな~。海未ちゃんは下手っぴかも」

にこ「まっ、そうでしょうね」

穂乃果「でさ、ことりちゃんが凄い上手いの」

にこ「ことりが?」

穂乃果「うん。特にパズルゲームとか絶対に勝てないよ?」

にこ「あ~連鎖とかするタイプ?」

穂乃果「そう言う訳じゃないんだよ。連鎖とかしないの。なのに負けちゃうの」

にこ「それって単に穂乃果が弱いだけじゃないの?」

穂乃果「違うよ。ことりちゃんが上手いだけだよ」

にこ「い~や。違うわね。あんたが弱いだけよ。連鎖もしないんでしょ?だったらそう言う事よ」

穂乃果「え~?って言うかにこちゃんはどうなのさ?」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:47:32.87 ID:B5tNeuLK0
にこ「私?私はそんなゲームやらないから」

穂乃果「そうなの?」

にこ「小さい頃からアイドルが好きだったからね。あんまりそっちには行かなかったのよ」

穂乃果「あ~なるほど」

にこ「でもゲームはあったわよ?」

穂乃果「そうなの?」

にこ「うん。あれとか!スーパーファミコンとか。ぷよぷよとか結構やったもん」

穂乃果「え?なんでそんなのあるの?」

にこ「さ~?なんでかしら?」

穂乃果「スーパーファミコンってあれでしょ?ふぅーってやるんだよね?」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:51:25.15 ID:B5tNeuLK0
にこ「カセット?」

穂乃果「うん」

にこ「そうそう。カセットをね。結構映らなかったりするのよ。接触が悪くて」

穂乃果「接触?」

にこ「うん。ホコリとかで接触が悪くなるんですって」

穂乃果「へ~そう言う事なんだ。……どう言う原理で?」

にこ「原理?」

穂乃果「うん」

にこ「いや…それは専門外だから」

穂乃果「じゃあ何が専門なの?」

にこ「だから…アイドルの事とか?」

穂乃果「ふ~ん。で、ふぅーってやると映るんだよね?」

にこ「そう。でも、今って殆どディスクなんでしょ?」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 22:55:23.72 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「うん。殆どCDみたいな感じだよ」

にこ「CDではないけどね」

穂乃果「だからみたいって話だよ」

にこ「全然違うと思うけど」

穂乃果「でも形は一緒でしょ?」

にこ「形はね」

穂乃果「じゃあ、あれなんなの?DVD?ブルーレイ?」

にこ「だからゲームだって言ってるじゃない」

穂乃果「だからそのゲームのディスクは何なのかって話でしょ?」

にこ「だから…ゲームはゲームなのよ」

穂乃果「そうなの?」

にこ「多分…」

穂乃果「ふ~ん。よく分からないなぁ」

にこ「そう言うのは気にしちゃダメなのよ。収拾がつかなくなるから」

穂乃果「そんなもんかねぇ」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:05:44.80 ID:B5tNeuLK0
にこ「そんなもんよ」

穂乃果「ふ~ん。所でね」

にこ「何よ?」

穂乃果「そう言えばリスナーのみんなに何かプレゼントをするって話したじゃん」

にこ「あっ!?」

穂乃果「忘れてたよね?」

にこ「忘れてた…。絵里と凛の事言えなくなっちゃう所だったわね」

穂乃果「ま~あの二人はタイトルコールも他のコーナーも全部忘れたから。セーフだよ」

にこ「え?どうするのよ?何をプレゼントする?」

穂乃果「ん~…そうだなぁ。じゃあ、こう言うのどう?」

にこ「何?」

穂乃果「私の家は和菓子屋をやってるんだけど。私の家でこのラジオを聞いたって伝えると穂むらのお饅頭。ほむまんを一個プレゼント!」

にこ「え?いいの?」

穂乃果「ん?」

にこ「勝手にそんな事言って怒られないの?」

穂乃果「あ~…どうだろ?」

にこ「でしょ?あんたね、後先考えずに言うのやめた方がいいわよ?」

穂乃果「あ~そっかぁ。じゃあ、何にする?絵里ちゃん達はどうしたのかな?え?シュシュとストラップ?」

にこ「シュシュって絵里がつけてる奴?」

穂乃果「じゃないの?やっぱり、あれなのかな?こう言うのって身につけてる物とかの方がいいのかな?」

にこ「別にそんな決まりはないでしょ」


40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:11:33.19 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「にこちゃんのそのリボンとかは?」

にこ「え?これ?これはダメよ」

穂乃果「だめなの?」

にこ「うん。これは、こないだうちのチビ達がプレゼントしてくれたのよ」

穂乃果「あ~それはダメだね」

にこ「穂乃果のリボンはダメなの?」

穂乃果「私のリボン?」

にこ「うん」

穂乃果「別に構わないけどさ。よくよく考えたら…もし、男の人が当選したした場合リボンなんか貰っても仕方ないよね?」

にこ「いや、それは…ファンだったら欲しいんじゃない?」

穂乃果「そんなもんかな?」

にこ「そんなもんよ」

穂乃果「ん~…じゃあ、穂乃果のリボンにする?」

にこ「うん。それでいいじゃない」
41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:15:39.74 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「じゃあ、キーワードどうしようか?」

にこ「そうねぇ。キーワードは…今日なんの話したっけ?」

穂乃果「カレーの話?」

にこ「あ~二日目のね?」

穂乃果「じゃあ、キーワードは二日目のカレーにしよう」

にこ「なによそれ」

穂乃果「えっと。高坂穂乃果と矢澤にこのスクールアイドルラジオ放送局 プレゼント係まで。キーワード 二日目のカレーと記入して応募して下さい。もう一度言います。キーワードは二日目のカレーです」

にこ「じゃんじゃん応募して下さい」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:21:37.27 ID:B5tNeuLK0
にこ「さて、そろそろお別れの時間となってしまいました」

穂乃果「えー?もう終わり?」

にこ「そうよ。もう終わりよ」

穂乃果「そっかぁ。結構あっという間だね」

にこ「そうね。え?嘘?」

穂乃果「あー言われてみれば…。えっと…今スタッフさんに言われて気がついたんだけど。一曲紹介するの忘れてたみたいです。結局、絵里ちゃん達の事言えないね」

にこ「結構難しいものね。ラジオの進行って言うのも」

穂乃果「って言うかね、曲紹介どころか私達はタイトルコールすらしてなかったみたいだよ?」

にこ「え?嘘?やったでしょ?」

穂乃果「やったよね?」

にこ「一番最初にやったはずだけど。あれ?」

穂乃果「ん~そうだよね?やった気がするんだけどなぁ」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:24:59.19 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「っと、また話が脱線する所だったね。えっと…次回は希ちゃん、真姫ちゃん、ことりちゃんの三人でやるみたいだね」

にこ「え?三人でやるの?」

穂乃果「うん。だってμ'sは9人だしね」

にこ「まあ、必然的にそうなるのか」

穂乃果「そう言う事」

にこ「でも珍しい組合わせよね」

穂乃果「そう?」

にこ「うん。この三人でってあまりないじゃない?」

穂乃果「あ~確かに。個々にはあるんだろうけどね」

にこ「どんな話をするのかしら?」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:28:27.92 ID:B5tNeuLK0
穂乃果「気になるね」

にこ「ぶっちゃけね。希とことりの心配はしてないのよ」

穂乃果「そうなの?」

にこ「うん。真姫が心配なのよ」

穂乃果「え~そうかな?」

にこ「だって、出来ると思う?真姫に気の利いたトークが」

穂乃果「別に私達も気の利いたトークは出来てたかと言うと。う~んって感じだけどね」

にこ「いざ、ラジオ聞いてみたら希とことりばかり喋って真姫は全然なんてありえるわよ?」

穂乃果「それは…ん~…」
45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:34:27.48 ID:B5tNeuLK0
にこ「でしょ?真姫ならやりかねない」

穂乃果「まあ、大丈夫だよ」

にこ「ならいいけど」

穂乃果「そんな事よりさ。そろそろ締めなきゃいけないって」

にこ「あっ、そうね。それじゃあ」

穂乃果「それじゃあ皆さん。今日はラジオ聞いてくれてありがとうございました。今日のパーソナリティは楽しい事とイチゴが大好き!高坂穂乃果と」

にこ「お相手役は大銀河No.1アイドル。矢澤にこにーが務めました」

穂乃果「それではまた会いましょう」

にこ「にっこにっこにー」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/12(日) 23:34:58.42 ID:B5tNeuLK0
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「μ'sのラジオだよ」にこ「スクールアイドル放送局で~す」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)