鞠莉「Um……」

シェアする

鞠莉-アイキャッチ6
1: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:34:18.08 ID:r9hi3F56
果南(いつにない鞠莉の真剣な顔……) 

鞠莉「やっぱり……」 

ダイヤ(どうしたんでしょう……。なにか考えごと……悩み事とか……?) 

鞠莉「いや、でも……待ってそれじゃ……Ummm……」 

果南(頭を抱えるほど悩んでるのはわかるけど……) 

鞠莉「Ummmmmm…………」 

ダイヤ(この、どうしたんですの?悩みがあるなら聴きますよ、と声をかけられるの待ちのスタンスは……)イラッ 

果南(腹立つ……)イラッ 

鞠莉「……ねえ」 

果南(私たちから聴かないから自分から話し掛けてきた……) 

鞠莉「どうしたのって聴いて」 

ダイヤ(あまつさえ自分から言いましたわね……) 

鞠莉「どうしたのって聴いて」 

果南「……………………」チラッ 

ダイヤ「……………………」コクン 

果南「はぁ……。どうしたの?」 

鞠莉「あぁ……うん。たいした悩みじゃないの。ゴメンね、心配かけて」 

果南「え?殴っていい?」 

ダイヤ「一発だけですよ」 

鞠莉「待ってウェイト!!Jast moment please!!」

元スレ: 鞠莉「Um……」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:34:49.16 ID:r9hi3F56
果南「で?なんなの」

鞠莉「ああ、うん。考えていたことがあるの」

ダイヤ「というと?」

鞠莉「これは…………っ」キュッ

ダイヤ「鞠莉さん?」

果南「鞠莉?」

鞠莉「これは……私たちの今後を左右するかもしれないこと……なの」

ダイヤ「私たちの……」

果南「今後?」

鞠莉「……」コクン

果南「それって……」

鞠莉「……………………」
3: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:35:22.19 ID:r9hi3F56
ダイヤ「鞠莉さん」

鞠莉「……………………」

ダイヤ「話してください。あなたが今、どのようなことで悩んでいるのか定かではありませんが……それが私たちについてのことならばなおさらです」

鞠莉「ダイヤ……」

果南「そうだね。昔っから一人でなんでも抱え込むくせ、変わってないんだから」

鞠莉「果南……」

果南「私たちになにか出来るとは限らないけど、話を聴くくらいのことは出来る。だから話してよ鞠莉」

鞠莉「……ありがとう。二人とも……シャイニー」

ダイヤ「サンキューのニュアンスで言うのやめません?」
4: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:35:51.39 ID:r9hi3F56
鞠莉「……じつは、果南とダイヤのことなの」

ダイヤ「私たちのこと?」

果南「私たち、鞠莉になにかした?」

ダイヤ「いえ……とくに心当たりは……。鞠莉さん、どういうことですか?」

鞠莉「……心して聴いて」

ダイヤ「は、はい……」

果南「うん……」

鞠莉「……私、思うの」
5: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:36:48.10 ID:r9hi3F56
鞠莉「果南はツルツルのパイパンヴァギナ、ダイヤはアナルの周りまで毛むくじゃらの剛毛ジャングルが絶対似合うって♪」


果南「」

ダイヤ「」

鞠莉「ここのところずーっと二人のアンダーへア事情ばっかり考えてたの♪果南は真珠のような天然パイパンが理想でしょ?♪それにダイヤは野性的なジャングルヘアーの清楚なイメージとかけ離れたギャップがたまんないわ♪」

果南「」

ダイヤ「」

鞠莉「ねっ?♪二人もそう思うでしょ?♪」

ダイヤ「果南さん」

果南「うん」スッ

ゴンッッ!
6: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:38:00.25 ID:r9hi3F56
鞠莉「Ouch……」サスサス

ダイヤ「当然の報いですわ」ジトッ

果南「本気で心配した自分を殴りたい」

鞠莉「え~……?」

ダイヤ「まったく……こともあろうに私たちの…………いっ、いん……もう……///のことを考えてるなど!///破廉恥です!!///破廉恥ここに極まれりですわ!!///」

鞠莉「だぁって~」ブーブー

果南「ほんっとだよ。なんで友だちのマ○コのことなんて……」

ダイヤ「果南さん!!///慎みを持ちなさい慎みを!!///軽々しくまっ、まま…………ん……こ……など//////」シュウウウ

鞠莉「ヴァギナっ♡」

ダイヤ「鞠莉さんっ!!//////」

果南「話変えるけど、ヴァギナってなんか呪文っぽくない?」

鞠莉「ヴァギ、ヴァギナ、ヴァギナゴン?♡」

果南「めちゃくちゃ強そうだねそれ」

かなまり「アッハハハハハハ♪」

ダイヤ「あぁなぁたぁたぁちぃぃぃ!!!?//////」

ゴンッッッ!
7: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:38:57.84 ID:r9hi3F56
鞠莉「Oooouch……」

果南「いっ……た……」

ダイヤ「ふんっっ!!///」

鞠莉「ほんのジョークなのに……」

果南「鞠莉が悪いよ」

鞠莉「果南だってノッたくせに」

果南「それは……。まあでも、鞠莉の言うことはわからないでもないよ。ダイヤのマン……じゃなくて、お股が剛毛でボーボーでいてほしいっていう理想ね」

ダイヤ「はあぁ!!?///」

果南「ギャップっていうか、キチンと身だしなみを整えてるのにアソコは……みたいな?そういうのなんか興奮するよね」

鞠莉「さっすが果南♪わかってるぅ♪」
8: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:40:32.27 ID:r9hi3F56
ダイヤ「あ、な、た……!///……っ!私はちゃんと整えていますわ!!///」

果南「うっそだー。絶対ダイヤお手入れとかしないタイプだよ。今日はまだいいですわよね……とか言って一ヶ月とか余裕で放置するでしょ」

ダイヤ「んな!?///そんなことはありません!!///な、ならば私も言わせてもらいますが!果南さんはぜぇったいにおパイパンが似合いますわ!」

果南「はぁっ!?///おっ、おパイパン!?///」

ダイヤ「赤ちゃんのように!ルビィのように!一本たりとも生えていない天然モノ!セクシーでグラマラスな果南さんだからこそ!一点があどけない子どもであってほしいです!」

鞠莉「うんうん」

果南「バカじゃないの!!?///私ちゃんと生えてるし!///」

ダイヤ「どうだか」

果南「生えてるって!キレイに整えてるからダイヤみたいな熱帯雨林じゃないけどね!」

ダイヤ「私の股間はアマゾンではありませんわぁ!!!」
9: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:41:43.91 ID:r9hi3F56
鞠莉「まあまあ二人とも。実際はどうであれ、パイパンでもジャングルでも、それが二人のイメージに合ってるんだからそれでいいじゃない♪」

かなダイ「!!💢」グリン!

鞠莉「What?」

ダイヤ「鞠莉さんこそ人のことを言えるんですの?」

果南「そうだよ。人のこと散々言ったけど、そういう鞠莉は下も金髪のくせに」

ダイヤ「あとくさそうです」

鞠莉「はああああああ!!!?///」

果南「あー、わかる。鞠莉のはなんか匂いそう」

ダイヤ「汗というか雌というか……えもいわれぬ匂いがしそうですわ」

鞠莉「待って待ってWait……誰のナニの話をしてるの!?///私全然くさくない!!!///」

果南「いーや、絶対くさい」

鞠莉「くさくないもん!!///毎日お風呂入ってるわよ!!///」

ダイヤ「間違いなくくさいはずですわ」

鞠莉「くさくなーーーーい!!!//////」
10: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:42:20.00 ID:r9hi3F56
鞠莉「なによパイパンジャングル!!///」

果南「パイパンじゃないっ!!///ダイヤはジャングルだけど!!///」

ダイヤ「ジャングルでもありませんわ!!///」

かなダイまり「むむむむむむむ……!!!」

鞠莉「こうなったら……!」

果南「白黒はっきりつけようか……!」

ダイヤ「いいでしょう……!私がジャングルでないことを……!」

果南「パイパンじゃないことを……!」

鞠莉「くさくないことを……!」

ヌギッ――――――――!

かなダイまり「確かめて!!!」
11: 名無しで叶える物語(茸) 2018/08/17(金) 22:42:46.17 ID:r9hi3F56
果南「……………………!!」

ダイヤ「……………………!!」

鞠莉「……………………!!」

果南「……………………」

ダイヤ「……………………」

鞠莉「……………………」

果南「//////」

ダイヤ「//////」

鞠莉「//////」

ハキハキ……///



おわり。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『鞠莉「Um……」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)