理事長「かぁ~~っ!!」

シェアする

ことりママ-アイキャッチ1
1: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:20:38.03 ID:4tmyTf8K.net
理事長「ことり!そこに座りなさいっ!」

ことり「やんやん……どうしたのお母さん」

理事長「何が解散よぉぉぉ!!!続けなさいよぉぉぉ!!!また廃校になるじゃないのぉぉ!!!」バンバン

ことり「で、でも、みんなで決めたことだし」

理事長「みんなって誰よぉぉ!!?9人?9人で決めたのぉ!?だからなんなのよぉぉ!!」

ことり「9人で始めて、9人で終わるの!もうきめたの!」

理事長「あのね……9人だけの力でここまでやれてきたと思ってるの?」

ことり「そ、それは……お母さんも確かに、協力してくれたけどぉ……」

理事長「言うなれば私はスポンサーよ、スポンサー!!あなた達は舞台に立つかもしれないけどねぇ!!やめて迷惑する人が何人いると思ってるのよぉぉ!!?」

元スレ: 理事長「かぁ~~っ!!」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:23:48.87 ID:4tmyTf8K.net
ことり「……」

理事長「とにかく、μ'sの解散は不可能よ、もし解散したならあなた達は中卒で人生を終えることになるわ」

ことり「ひ、ひどいよ!そんなのひどい!」

理事長「いい?有名になることの責任を軽んじてちゃダメよ。実際、あなた達が経済的に与える影響力は絶大で……」

ことり「……お母さんのばか!もう知らない!!」

理事長「あっ、ことり……」

ことり「ふん!」

理事長「……」
4: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:26:51.05 ID:4tmyTf8K.net
ことり「ああああああ!!!やん!やん!やん!やん!」

穂乃果「どどどうしたのことりちゃん!?」

ことり「うんちぶりぶ~~~りとれぇ~~ぃん(笑)」

海未「様子がおかしいですね……これはヤバイです」

ことり「ピヨピヨ!ことりのうぶ毛だよぉ~~~~

穂乃果「うわぁ~~ん……ことりちゃ~~ん」

海未「むむむ……これは間違いなく理事長の仕業」

穂乃果「そうなの?」
5: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:29:51.78 ID:4tmyTf8K.net
理事長「あなた達の卒業を取り消しますよ」

希「なんやて!!??」

理事長「もし大学に行きたければμ'sを続けなさい」

絵里「ハラショー、とんだ腐れ外道ね」

にこ「むむむ、最後の最後に敵が現れたってわけね」

理事長「良い返事を待ってますよ」ニコッ

希「どうするん……?」

にこ「むむむ……」
8: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:33:45.15 ID:4tmyTf8K.net
花陽「ええっ!?解散したら即退学ぅ!?」

真姫「らしいわよ!なんてことなの!」

凛「Oh……love and peace」

花陽「と、とにかく理事長を説得しなきゃ」

真姫「そうよ、このままじゃまずいわ」

凛「無駄だにゃ~~理事長はすでに聞く耳持たないよ、今更何を言ってもあとはハンコ一つで凛たちは退学だよ」

花陽「う、うぅ……そんな」

真姫「どうしよう……」

にこ「これはもう……」

真姫「にこちゃん」

にこ「理事長を殺すしかないわ」

花陽「なるほど!!」
12: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:36:08.70 ID:4tmyTf8K.net
穂乃果「みんな、準備はいい?完全犯罪だよっ!」

海未「大丈夫です、ぬかりありません。もしもし?凛?そちらは用意できましたか?」

凛「凛たちも準備オッケーだにゃ~~!」

花陽「いつでも大丈夫です!」

にこ「よし、あとは理事長が通るのを待つだけね」
14: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:39:14.56 ID:4tmyTf8K.net
理事長「~~♬」

絵里「……というわけです……なんとか折り合いを付けて貰えませんか……」

理事長「だ・め・よ」

希「もう一度聞きます……本当に考えを改めるつもりはありませんね?」

理事長「いい加減にしなさい、まだまだ音ノ木は瞬間的に知名度が上がったに過ぎないの。瞬間の火花で終わらせないためにはまだまだ継続が必要なの」

希(……凛ちゃん)

凛(ラジャー!)

絵里「そうですか……残念です、本当に……残念です」

理事長「……?」
15: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:42:07.77 ID:4tmyTf8K.net
凛「てやあああああああ!!!」

ガスンッ……

理事長「あっ……」

花陽「やああああっ!やぁ!やぁ!」

ボコッボコッボコッ

希「凛ちゃん!バット一本貸して!」

凛「ほいさ!」

希「おお~~っ……らぁ!!」

ボスン

理事長「かっ……あ、あなた、た、ち……」

絵里「ハラショー……すごい音がしたわね」

凛「りゃぁ!」

ゴスン!
17: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:45:18.51 ID:4tmyTf8K.net
理事長「ぉ……ぁ……ぷはぁ……」ボコボコ

絵里「口から血の泡を吹き出したわ」

希「にこっち、血痕は残したらあかんで!ルミノール反応が出らへんように念入りに処理して!」

にこ「まっかせなさいよぉ」チャチャチャ

絵里「私が理事長の頭を持つから、凛と花陽は両足をお願い」

凛「うんしょ!」

花陽「えいっ」

絵里「よし、ビニールシートに包むわよ」

ガサガサガサ
18: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:47:35.41 ID:4tmyTf8K.net
にこ「……ちょっと待って」

凛「にゃ?」

にこ「私も一発……んん~~…ラブにこキック!!!」

ゴキン

凛「わぁ~~!首が折れたにゃ!!」

にこ「いたたた!……靴の中に鉄板入れてきたのよ、威力は絶大ね」

絵里「ほら、遊んでる場合じゃないわよ!早くこれを運ばないと!」

希「海未ちゃーん!早よきて!はよ!」
19: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:53:54.12 ID:4tmyTf8K.net
海未「はぁ、はぁ」

希「ビニールシートに包んどいたで!早くこれを処理するんや!」

海未「任せてください、簡単な事です、園田家の私有地の野外射的場がこのフェンスの奥にあります、そこまで運んでしまえば部外者は侵入する事が出来ません」

穂乃果「ロープおっけー!」

海未「よし、凛、真姫、花陽!フェンスの鍵です!中に入って向こうから引っ張りあげてください!」

カシャン

凛「うんしょ……やぁぁあ!」

ズリリリ

希「うっ……グロテスクやね」

真姫「もう少しよ、せーの!」

花陽「やぁ!」

ドサーン

海未「ようし、フェンスを越えましたね、もう大丈夫です、誰の目にも触れません」
20: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 03:59:33.78 ID:4tmyTf8K.net
海未「こっちに運んで下さい!射的場裏の使われなくなったトイレの床下を開けておきました」

希「おおー……人が入れる穴が空いとるね」

穂乃果「海未ちゃんと二人で掘ったんだよ!えっへん!」

凛「そーっと、そーっと……」

真姫「よいしょっ……」

ドスン

絵里「ふふふ……ここが理事長のお墓になるのね」

海未「この場所は誰かが漏らさない限り絶対に見つかる事はありません」

希「そうかなぁ、日本の警察は優秀やで?隠しそうな場所はすぐ洗われるって言うらしいし……」

海未「ふん、何が優秀ですか、そもそも私たちが殺したという疑いを持たねばここには辿り着きません。しかし、女子高生がこのようなことをするなど、警察官の想像力ではとても思いつかないでしょう」
21: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:01:51.72 ID:4tmyTf8K.net
海未「床板を閉じてください!」

ズリリリ……

真姫「さようなら、理事長。μ'sは確かに解散しなかったわよ、あなたの生きているうににはね」

バタン

穂乃果「ふぅ~~……終わった終わった」

絵里「とりあえず、一件落着、ね」

凛「はぁ~~これでカタがついたにゃ」

花陽「帰ってお米たべましょうお米」

にこ「じゃあね、みんな」

穂乃果「ばいばーい」
24: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:05:24.62 ID:4tmyTf8K.net
ことり「……」

ことり「お母さん、帰ってこない……どうしたんだろ?」

ことり「私が怒っちゃったからかな……」

ことり「うう……ちょっと言い過ぎたね……ちゃんと謝らなきゃ……」

ことり「……お腹すいたなぁ」

ことり「……お母さん」
25: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:09:29.84 ID:4tmyTf8K.net
穂乃果「おっはよ!ことりちゃん!」

ことり「おはよう、穂乃果ちゃん」

海未「春休みだというのに元気一杯ですね」

穂乃果「ふふ~ん、μ'sは解散しちゃうけど、スクールアイドルは続けるもんね、サボッちゃだめだよ」

ことり「……解散、かぁ」

海未「どうかしましたかことり?」

ことり「解散……やっぱり、しないほうが……いいのかなぁ、って……」

海未「……悩む気持ちも分かります。しかし、最後にはどちらか答えを出さねばなりません。そして私たちが選んだ答えは、正真正銘の9人の総意だったじゃないですか」

ことり「……うん」

穂乃果「さっ!神田明神いくよ!練習練習!」
26: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:10:46.50 ID:4tmyTf8K.net
ことり「……ただいま」

ことり「……お母さん」

ことり「……いないの?お母さん……」

ことり「……」

ことり「……お母さん」

ことり「……どこに行っちゃったの?」

ことり「……お母さん……」
27: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:12:37.77 ID:4tmyTf8K.net
プルルルル

「お掛けになった電話は、現在、電源が入っていないか、電波の届かない場所にあるため……」

ことり「……だめだぁ」

ことり「うう……」

ことり「……」

ことり「……明日、みんなに相談してみよっと……」
28: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:15:38.06 ID:4tmyTf8K.net
真姫「えっ、お母さんが帰ってこないの?」

ことり「うん……もう2日も……」

海未「ふむ、おかしいですね、何かあったのでしょうか」

穂乃果「ことりちゃん、こういう時はケーサツだよケーサツ!私たちもなんにも心当たりがないもん」

希「うーん、心配やねぇ」

絵里「どうしたのかしらね」

にこ「わからないわねぇ」

花陽「うーん、うーん」

凛「うーん」


ことり「……」
29: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:23:14.79 ID:4tmyTf8K.net
ことり「あの日……お母さんはどこに行ったんだっけ」

ことり「わからないよぉ……ちょっと出かけてくるって言ってただけだから……」

ことり「私、捨てられちゃったのかなぁ……」

ことり「ごめんね、お母さん……もう、あんなこと言わないから……」

ことり「……帰ってきて……」
30: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:26:29.23 ID:4tmyTf8K.net
「捜査へのご協力お願いします」

穂乃果「理事長せんせいが?行方不明?えぇっ!」

「何か知っていることがあれば……」

穂乃果「う~んごめんなさい、特に何も……」

「近頃、その……南さんの様子がおかしかったとか、そういうことは」

穂乃果「いやいや、特に何もないですよ」

「……そうですか、お時間ありがとうございました」

穂乃果「犯人、見つかると良いですね」

「……はい」
31: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:29:39.38 ID:4tmyTf8K.net
「どうだった?」

「限りなくクロに近い。断言は出来ないが」

「何か問題でも?」

「彼女、『犯人見つかるといいですね』って言ってた。南さんは行方不明って言っただけなのに」

「と、すると、彼女が南さんを殺したと?」

「さぁ、ただ単に行方不明と誘拐を聞き違えただけかも知れん」

「じゃあ次に……園田 海未。彼女の所に行こうか」
32: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 04:34:14.52 ID:4tmyTf8K.net
「捜査へのご協力お願いします」

海未「しかし……何もお役に立てそうなことは……」

「どんな些細なことでも構いません、行方不明になったあの日、南さんには会っていませんか?」

海未「いえ、会ってません……」

「……そうですか、ちなみに、園田さんはあの日は何を……?」

海未「友達と外出していました」

「どなたですか?」

海未「高坂穂乃果というクラスメートです」

「高坂さんですか、成る程……」

海未「……」

「ご協力ありがとうございました」
54: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 06:48:25.99 ID:qvduzJQh.net
穂乃果「いや~海未ちゃん、おまわりさんが来たんだよおまわりさんが……ヤバいかなぁ?」

海未「私の家にも来ましたよ。まぁ、幼なじみの母親でもあり、在籍する高校の理事長でもあるわけですし……話を聞くのは当然でしょう」

穂乃果「ほぇ~、じゃあ、心配しなくていい?」

海未「そんな軽い気持ちでいては困ります。警察の訪問自体に問題はありませんが……何か不用意な発言はしませんでしたよね!」

穂乃果「うん、何も言ってないよ!何も!ぜったい!」

海未「はぁ……心配です……とにかく!……もう一度彼らが訪ねて来ることがあるとしたら……相当マズいと考えてください!」

穂乃果「う、うん」

海未「東京の行方不明者は多いです。警察も理事長の捜査に総力をあげる余裕はありません。ここをちょっぴり耐えきれば……すぐに時が解決してくれるでしょう」

穂乃果「よぉし、がんばるぞぉ!」
55: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 06:52:35.69 ID:qvduzJQh.net
真姫「だから、何も知らないって言ってるデショー」

「では……あの日は何をしていましたか」

真姫「ちょっと、何でそんなの教えなきゃいけないのよ」

「捜査にご協力下さい」

真姫「はぁ……えーっと……そう、あの日は友達と遊んでいたの」

「どこでですか?」

真姫「しつこいわね」

「ご協力お願いします」

真姫「……その友達の家で遊んでたの」
56: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 06:55:36.93 ID:qvduzJQh.net
にこ「真姫ちゃん?確かに来たにこ~凛と花陽って子もいたにこ~~」

「(にこ~~?)はぁ……そうですか」

にこ「理事長せんせぇ、まだ見つからないんですかぁ?」

「そうですね……」

にこ「頑張ってくださ~い、にこに~もぉ、応援してまぁ~~す!ラブにこっ!」

「……」

にこ「……なによ」
57: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 06:58:32.45 ID:qvduzJQh.net
希「はぁ……はぁ!えりち!えりち!」パンパンパン

絵里「んぁー!いいわよ!希!いいわ!最高よ!はぁ!」

希「んんっ……」ブッチュレロレロレロレロ

絵里「んはぁ……だめよだめよ」

希「も、もうあかん、いく……えりち、えりち、だいすき……」

絵里「希……♡」

希「んっ……♡」


ピンポーン


希「んぁぁっっっ!!!!???誰じゃぁぁ!!」
58: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 07:03:54.48 ID:qvduzJQh.net
希「あっ、警察の方ですか」ハァハァ

「ご協力お願いします(なんで汗だくなんだ?)」

希「そうは言っても、何も……」

「どんな些細なことでも構いません、南さんと最近話したことなどはありませんか?」

希「ここ最近はありませんね」

「全く無いですか?」

希「ええ、全くと言っていいほど」

「あるにはあるんですか?」

希「部活動に関することでちょっぴり……」

「……そうですか、ありがとうございました」

希「はいはーい、頑張って下さい」

ガチャン

希「さぁ、つづきやるでぇ♡」

絵里「んん、希ぃ♡」
59: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 07:08:20.58 ID:qvduzJQh.net
「大丈夫ですか?」

ことり「はい……」

「私たちも全力を尽くします、今は辛いですが、どうか気をしっかりと持って下さい」

ことり「ありがとうございます……」

「では、今日はここまで……」

ことり「あの」

「……何でしょう」

ことり「何か、分かったことはありますか?」

「……こちらからは何とも申し上げようが無いです、もうしばらくお待ちください」

ことり「……お母さん、何か悩みでもあったんでしょうか?」

「……何とも言えません」

ことり「そうですか、ありがとうございました……」


ガチャン
60: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 07:13:03.74 ID:qvduzJQh.net
ことり(……)

ことり(あの日……あの日のことを思い出すんだ)

ことり(あの日は土曜日……私は穂乃果ちゃんや海未ちゃんと遊ぼうと思って、メールを送った)

ことり(でも2人ともに断られて……それで、他の6人にも聞いてみたけど、みんな予定が入っていてて……)

ことり(……こんなこと、無かったのになぁ?誰か一人くらいは暇な人がいたのに……)

ことり(……穂乃果ちゃんたちも、μ's存続のことでお母さんと揉めてた)

ことり(それで、私たちはちょっぴりピンチになって……)

ことり(でもお母さんがちょどよくいなくなって、そのピンチも乗り越えて……)

ことり(……グッドタイミング?都合が良すぎる気も……)
61: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 07:19:23.77 ID:qvduzJQh.net
ことり(みんなはあの日たまたま用事があって、たまたま良いタイミングでお母さんが居なくなった?)

ことり(……偶然が二つ重なってる。それって、偶然なのかな?)

ことり(いや、この二つだけじゃまだまだ……でも、もう一つ、おかしいことが……)

ことり(後で穂乃果ちゃんから聞いたけど、あの日穂乃果ちゃんは『海未ちゃんと遊んでいた』)

ことり(……なんで?私を誘えない理由でもあったの?)

ことり(……こうなったら、答えが絞られてきちゃうんだけど……)

ことり(もしかして、あの日、穂乃果ちゃんはお母さんに会いに行ってたんじゃ……)

ピンポーン

ことり「は、はい!」

穂乃果「やっほー、ことりちゃん!体調いかが?」

ことり「ほ、穂乃果ちゃん」

穂乃果「おみまいにきたよ、はい、おまんじゅう」

ことり「わぁ、ありがとう……」

ことり(……)
62: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 07:26:28.70 ID:qvduzJQh.net
穂乃果「はやく元気になって、練習しようね」

ことり「う、うん……」

穂乃果「あっ……でも、無理しなくてもいいんだよ、ことりちゃんが行きたいと思った時でいいから、いつでも待ってるからね」

ことり「ありがとう、穂乃果ちゃん」

穂乃果「うんうん、とりあえず、今はゆっくり休むべきだよ」

ことり「……あのね、穂乃果ちゃん」

穂乃果「どうしたの?」

ことり「聞いていいかな……あの日、海未ちゃんと二人で……遊んだんだよね」

穂乃果「そうだよ」

ことり「……何してたの?」

穂乃果「遊んでたんじゃなくて、勉強させられてたの!ほら、期末テスト悪かったから、しごかれてたんだ」

ことり「……そうなんだ」

穂乃果「ことりちゃんも呼びたかったんだけど、海未ちゃんがダメだっていうから!もー!」

ことり「……」

穂乃果「ど、どうしたの?」

ことり「ううん、そうだったの?勉強かぁ……頑張ってね、穂乃果ちゃん!」

穂乃果「う、うん頑張るね……じゃあ、そろそろ……おじゃましましたー」

ことり「ばいばーい」
75: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 07:45:02.73 ID:hvkSBbhQ.net
ことり(……海未ちゃんと穂乃果ちゃんは二人であの日、勉強を……)

ことり(……べつに、変じゃないよね)

ことり(何もおかしくないよね)

ことり(私、どうかしてたよ……大切な友達を疑いかけて……)

ことり(……はぁ)
76: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 07:53:10.85 ID:hvkSBbhQ.net
ことり(私も自分の仕事しないと……)

ことり(μ'sが解散しても、アイドルは続けるもんね)

ことり(……だから、お母さんもそこまでμ'sにこだわる必要なんてなかったのになぁ)

ことり(とりあえず、新入生の勧誘ライブに向けて衣装を作らなきゃ)

ことり(……あっ、でもみんなに試着してもらって、学校に置いてきたんだった)

ことり(……よし、じゃあ、学校いこっと)
77: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 07:57:00.87 ID:hvkSBbhQ.net
にこ「見なさい花陽!これ!」

花陽「むほぁ~~~!初回限定版しかもサイン入り!?」

にこ「そうよ!このために雨の中徹夜して……」

花陽「に、にこちゃん、徹夜は禁止されてるんじゃ……」

にこ「し、仕方ないでしょ……早朝一番に行っても買えないんだから……徹夜するしかないじゃない」

花陽「いやぁ、でもいいなぁ、いいなぁ」

にこ「ふっふ~~ん、でしょぉ、でしょぉ」

花陽「はぁ~~……」
79: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:03:05.77 ID:hvkSBbhQ.net
ことり「あっ、にこちゃんと花陽ちゃん」

にこ「あ、ことり、もう体調は良いの?」

ことり「うん、大丈夫」

花陽「はぁ~~……」

ことり「二人で何してるの?」

にこ「花陽にこれを自慢しに来たのよ、これ」

ことり「へぇ~、そうなんだぁ」

花陽「……ってそうじゃありません!にこちゃんは残った私物の整理に来たんです!」

にこ「えー、でも、こんなに持って帰れないわよ。しかも私のものが無くなったらものすごく殺風景になるわよ?」

花陽「じゃあ……」

にこ「この部室に置いといていい?大事なものは持って帰るけど……あとはもう置いていくわ」

花陽「ええっ!くれるんですか!?」

にこ「あげないわよ!!置いとくだけ!見てもいいけどね」

花陽「はぇ~~……ありがとうにこちゃん!」

にこ「ふふん、いいのよいいのよ」

ことり「……」
80: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:11:09.60 ID:hvkSBbhQ.net
ことり「ねぇ、二人とも」

にこ「?」

ことり「いや……私がこの前……春休みの初日に遊びに誘った日……何やってたのかなぁー……って……」

にこ「……あの日?あの日は私と一年生の三人で遊んでたわ」

ことり「四人で?」

花陽「はい、にこちゃんが私たちに今後のアイドル研究部の活動についてレクチャーを」

にこ「実際はお菓子食べて凛が暴れてただけだけどね」

ことり「そうなんだ」

にこ「あの日は誘いを断わって悪かったわね、でも今度は二年組も集めて色々言おうかと思うわ」

ことり「うんうん、よろしくお願いします~」

花陽「ことりちゃんは、あの日は何してたの?」

ことり「ちょっとお出かけして、衣装デザインを考えてたよ」

花陽「あ、新歓ライブの衣装?ああ、いつもありがとうございますっ」

にこ「もうあんたの衣装を着られないのも寂しいわねー」

ことり「にこちゃんのためならいつでも作るよ!」

にこ「はは……ありがと、じゃあ私はそろそろ行くわ」

花陽「あ、私も」

ことり「うん、またね」
81: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:19:34.30 ID:hvkSBbhQ.net
ことり(……ふぅ)

ことり(にこちゃん、元気そうでよかったなぁ)

ことり(私も早く元気にならないとね)

ことり(みんなに迷惑かけちゃうし)

ことり(さてと、衣装衣装……)

ことり(ここに確か……あったあった)

ことり(ミシン出して……よいしょ)

ことり(よぉし、やろっと)
82: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:27:09.01 ID:hvkSBbhQ.net
トトトトトトトトト

ことり(はぁ~~……ミシンしてると、心が落ち着くよ)

ことり(よし、真姫ちゃんのやつはこれで完成……あとは小物………手袋、ブレスレット、シュシュ……)

ことり(……シュシュ……)

ことり(…………なに、これ)

ことり(……何か付いてる……黒いシミ)

ことり(……いや、赤い?……ほんのわずかに……)

ことり(これって…………血?)

ことり(……どこで付いたんだろ、真姫ちゃん、ケガしたのかなぁ)
83: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:33:02.79 ID:hvkSBbhQ.net
ことり(……何を考えてるんだろう、私)

ことり(……この血を誰の血だと考えてるんだろ)

ことり(……どうしてこんなに恐ろしいことが考え付くんだろう)

ことり(……やってしまったらもう引き返せない、でも……知らなきゃ)

ことり(……ううん、大したことじゃないよ、きっと、何事もなく……何事もなく終わるはずだから)

ことり(何も心配はいらないよね。だから、調べてみても……何も起きないよね?)
84: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:43:02.42 ID:hvkSBbhQ.net
「ことりさん」

ことり「はい」

「何度も繰り返しますが、お母さんのことについては、もう少しお時間を下さい、我々が総力を挙げて捜索中です」

ことり「ありがとうございます……」

「では、今日はこの辺りで……」

ことり「ま、待ってください!」

「……どうしましたか?」

ことり「この間、私が渡した、あの布……あの布に付いた血痕の……」

「DNA鑑定ですか?」

ことり「……そうです、結果は!どうだったんですか!」

「……申し訳ありませんが、捜査の証拠の一般の方への公開は出来ません、ご協力には大変感謝しておりますが……」

ことり「……お願いします!……教えてくれるだけで良いんです!……聞かせてください!」

「…………」

ことり「……どうしても知りたいんです、教えて下さい……」

「……誰にも言わないでくださいね、私の職が危ういので」

ことり「……はい、言いません」

「……鑑定の結果、例の布から検出されたDNAは……99.9パーセントで……ことりさんとの血縁関係を持つ人物のものだと断定されました」

ことり「血縁……関係……」

「はい、そうです」

ことり「……わかりました、……はい、わかりました……はい」

「あの布は自宅にあったもので間違いありませんね?」

ことり「はい……私の家にあった……もの……です……」

「……内密にお願いします……それでは」

ガチャン
85: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:46:03.86 ID:hvkSBbhQ.net
ことり(…………)

ことり(…………本当に?)

ことり(真姫ちゃんのシュシュに付いていたのは……)

ことり(真姫ちゃんの血でも私の血でもなく……)

ことり(『私と血縁関係にある人』の血……?)

ことり(……それって、お母さんの?)

ことり(……うそ)

ことり(……なんで?)

ことり(なんで真姫ちゃんが?)

ことり(なんで真姫ちゃんがお母さんの?)

ことり(どうして?)

ことり(おかしいよ)

ことり(あり得ない)

ことり(変だよ)

ことり(間違いじゃなくて?)

ことり(なんで?)
86: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 08:50:29.44 ID:hvkSBbhQ.net
ことり(……あのシュシュは一度も家に持って帰ってない)

ことり(お母さんがあれに触ってるはずが無いんだ)

ことり(……じゃあ、絶対にあり得ない、絶対に、あんなところにお母さんの血が付くわけがない……)

ことり(…………)

ことり(……言わなくちゃ)

ことり(……誰に?)

ことり(……お父さんに?警察の人に?真姫ちゃんに?)

ことり(……どうすればいいの?)

ことり(……お母さん……帰ってきてよ)

ことり(……そのドアから、ひょっこり出てきてくれるだけでいいのに……)

ことり(……助けてよ……)
97: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:13:33.62 ID:bmLJEuhe.net
凛「にゃあああああ!!!」

花陽「凛ちゃん!!大丈夫!?」

穂乃果「ワシワシやん?揉んだら大きくなるで~~(都市伝説)」

凛「あっ、あっ、あっ大きくなるなら、あっ、あっ」

真姫「まったく、いつも同じことばかりして飽きないわけぇ?」

凛「むぅ!じゃあ、真姫ちゃん、今度から一緒に帰ってあげないもんね!」

真姫「えっ、えっ」

凛「凛とばっかり帰ってて飽きたでしょ!ふん!」

真姫「や、やめて……やめてよ凛、一人は嫌なの……うぇぇん」

凛(むふふ、かわいいにゃ~~)
98: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:14:22.44 ID:bmLJEuhe.net
海未「はい、はい!そろそろ練習始めますよ!」

ことり「…………」

海未「どうしましたか、ことり?疲れたなら無理して練習に参加しなくても……」

ことり「ううん……なんでもないよ」

穂乃果「大丈夫?」

ことり「……じゃあ、見学しておくね、今日は」

海未「はい、ゆっくり休んでくださいね」

ことり「…………」

海未「では柔軟からいきましょう、ペアを組んで……」

ことり(…………真姫ちゃんのカバン)

ことり(……練習中なら、この角度は誰からも見えない)

ことり(真姫ちゃんの手帳にはスケジュールが書いてあるはず……)

ことり(……もう後には引けない、こうなったら……)
99: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:19:12.75 ID:bmLJEuhe.net
ことり(……あった、あの日の予定は……)





16時 集合






ことり(……これだけ)

ことり(何をしたかも書いてない)

ことり(確かあの日は真姫ちゃんはにこちゃんたちと遊んでて……)

ことり(……これだけ?ちがう、これがおかしいんだ!)

ことり(休日に友達の家で遊ぶ時にこんな時間に集合にするなんて……)

ことり(しかも、私が真姫ちゃんを遊びに誘ったのは午前中だよ!)

ことり(これじゃ私と遊べない理由になってない!)

ことり(それに……16時集合……)

ことり(お母さんが家を出たのが……)

ことり(……17時前……)

ことり(……)
100: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:22:51.06 ID:bmLJEuhe.net
ことり(……真姫ちゃんたちは、16時にどこかに集まって……)

ことり(お母さんが17時前に家を出て……)

ことり(……その日、お母さんは帰ってこなくて……)

ことり(真姫ちゃんのシュシュにはお母さんの血がついていて……)

ことり(…………)

ことり(やめてよ……)

ことり(もう、わかっちゃったよ……)

ことり(何かを隠してるんでしょ、みんな……)

ことり(私に内緒で、お母さんを……)


真姫「ことり」

ことり「ぴっ!」

真姫「私のカバンからタオルとってくれない?」

ことり「う、うん……はい、どうぞ」

真姫「ありがと」
101: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:27:09.41 ID:bmLJEuhe.net
海未「ことり、そんな所にいては練習が見えません、見学になりませんよ」

凛「そうにゃそうにゃ」

花陽「大丈夫?」

穂乃果「ことりちゃん、こっちに出ておいでよ」

ことり「……」

穂乃果「こ っ ち に で て お い で よ」

ことり「……うっ、……ああ」

海未「ことり、体調が悪いなら今日はもう……」

ことり「ああああああっ!!」

バチン

穂乃果「痛っ!」

ことり「……はぁ……はぁ……」

穂乃果「ど、どうしたの……?ことりちゃん」

ことり「……ううん、何でもないよ?何でも……えへへ」

海未「……」
102: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:39:12.18 ID:bmLJEuhe.net
海未「ことりは気づいているのでは?」

穂乃果「どうやって気づくの~海未ちゃんったらぁ!私たちは完璧に口裏を合わせてるんだよぉ!」

海未「ですが……綻びは何処から生まれるか……私は不安でならないのですが」

凛「ことりちゃん、お母さんが死んじゃった……いや、いなくなっちゃったショックでちょっと動揺してるだけだにゃ~~」

真姫「そうよ、すぐに忘れるわ」

花陽「うーん、私もちょっぴり不安ですっ」

穂乃果「大丈夫だって!いつも通り!いつも通り!あの日は何もなかった!そんな風に振る舞ってれば問題ないよ!」

海未「……そうですかね」

穂乃果「もうこの話はおしまい!……ことりちゃんに聞かれてないよね?もう帰ったよね?」

海未「大丈夫です、先程校門から出て帰ったのを確認しました」



プツン



ことり(……はぁ、はぁ……屋上に、仕込んでおいたボイスレコーダー……)


ドクンドクン

ことり(私のいないときの……みんなの会話……)

ことり(……はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……はぁ)


ドクンドクンドクンドクン


ことり(なんで……なんで……酷いよ……なんで……)ボロボロ


ことり(どうしたらいいの…………?私は…………)


ことり(お母さんは……殺された……みんなに…………殺されてしまった)
103: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:43:23.07 ID:bmLJEuhe.net
ことり(うぅ……オェっ……)

ことり(っ……はぁ、はぁ)

ことり(…………言う?このことを、警察に?)

ことり(みんな、捕まえちゃう?……そうしなきゃ、ダメだよね?)

ことり(……でも、それじゃ、許せない、絶対……許せない)

ことり(…………同じ苦しみを味わわせてあげなきゃ)

ことり(……そうだよ、私一人だけがこんな辛い目に合わなきゃいけないなんて……変だよ)

ことり(……やってやる、私が、一人で……やるんだ!)
104: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 01:46:59.90 ID:bmLJEuhe.net
ことり(……8人)

ことり(全員分、全員分……8人分……)

ことり(途中で捕まっちゃいけない……8人、みんな……やり遂げてから……)

ことり(……どうすれば良いんだろ、どうすれば)

ことり(……短期決戦)

ことり(出来れば、1日で……)
117: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:01:33.31 ID:nVfZVHhU.net
ファミレス

にこ「大学生活にはまだ慣れないわね~~同級生ににこにーのファンが多すぎるっていうか~~」

絵里「私はもう慣れたわ」

希「サングラスいる?」

にこ「ええ~~サングラスじゃ私のオーラを隠しきれないわよ~~」

絵里「じゃああの……独特な帽子でも被れば?」

希「目立つと思うけどそれ……」

ことり「……」

絵里「あっ、あの外で歩いてるの、ことりじゃない?」

希「あ、ほんとや、おーい」

にこ「こっちに気づいてないわよー」
118: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:04:59.33 ID:nVfZVHhU.net
絵里「だいたい、まだ入学式も始まってないのよ……」

にこ「合格発表行っただけで囲まれちゃったの!」

希「あ、それはうちもや」ピッピッピツ……

絵里「何してるの?」

希「いや、ことりちゃんに電話」

プルルルル
119: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:10:29.97 ID:nVfZVHhU.net
ことり「もしもし」

『あ、ことりちゃん?にこっちと絵里ちで今さっき通ったファミレスにおるんやけど』

ことり「えっ、そうなの?」

『いや、お昼ごはんまだなら一緒に食べへん?』

ことり「…………」

『……あ、急やったね、ダメなら別に……』

ことり「ううん、ちょうどお昼の時間だもんね、今から行くよ」

『やった!じゃあ待ってるで~』

ピッ

ことり(…………なんで私を呼ぶんだろ)

ことり(普通、ボロが出ないように極力関わりたくないはずだけど……)

ことり(……もしかして、希ちゃんは関係ないのかな?……勝手に数に入れてたけど……)
120: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:15:02.74 ID:nVfZVHhU.net
絵里「希……なんで呼ぶのよ」

にこ「そうよ、ことりにはあまり関わらないほうが……」

希「にこっち……わしわし~~」

にこ「んがっ!何すんのよ!この!」

希「ことりちゃんは何も悪くないやろ?悪いのは理事長せんせ。そう言ったやん?」

にこ「む……確かにそうだけど」

絵里「あくまで、今まで通りね」

希「ウチら、友達やもんなぁ、それは変わらへんで?」

にこ「よく言うわよ、全く……」

希「大丈夫、大丈夫。口裏合わせは完璧やから、バレないバレない」

絵里「まぁ……私もそう思うわ。だいたい、ことりが私たちを疑うなんて考えられないもの」

にこ「どーなっても知らないわよ、もう」
121: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:20:16.00 ID:nVfZVHhU.net
ことり「……久しぶりだね」

希「もーっ、たったの一週間ぶりやん?」

絵里「でもそうね、今までずっと一緒だったから、一週間でも長い時間に感じるわ」

にこ「……」

希(にこっち、黙らないの)

にこ(むぅ……)

にこ「どーなの?私の後は上手く継いでるんでしょーね」

ことり「あはは……まだ私、ちゃんと練習参加してないから、よくわからないよ……」

希「しっかり休み。くじけたらあかんよ」

ことり「ありがとう希ちゃん……」

ことり(にこちゃんは多分加担してるけど……)

ことり(絵里ちゃんと希ちゃんは確定してない……)

ことり(最後に、裏付けが欲しいよ……)

ことり(安心して、殺せるように……)
122: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:24:09.45 ID:nVfZVHhU.net
希「ことりちゃん、何頼む?」

ことり「えっと…じゃあ、サンドイッチにしようかな?あと、デザートにチーズケーキ……」

にこ「ふふふ、よく食べるじゃない、元気になってきてるんじゃないの?」

ことり(…………にこちゃんのバカ)

絵里「ふぅ……まだことりは続けるんだもんね」

ことり「んー……何を?」

絵里「部活よ」

ことり「あ、部活。あはは……そうだね」

ことり(……続けられる訳ないのにね、もうすぐ終わるよ、全部終わる)
123: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:29:33.04 ID:nVfZVHhU.net
ペチャクチャ……

絵里「もうっ、希ったら……ふふふ」

にこ「あー!それ言ったら私はどーなるのよ!」

希「あ、そうとも言えるなぁ、ごめんなにこっち!」

にこ「むきー!」

ことり(…………)

ことり(ケーキ、おいしい……)

ことり(捕まっちゃったらもう食べられないんだよね)

ことり(このまま私が何もしなかったら……)

ことり(好きな時にケーキを食べにいける、そんな生活を続けられるんだね)

ことり(穂乃果ちゃんや海未ちゃんともずっと一緒にいられるんだよね)

ことり(……なんでだろう?)

ことり(どうして、人を殺しておいて、笑って暮らせるんだろう)

ことり(多分、案外……やっちゃえば大したことじゃないんだろうなぁ)

ことり(嫌いな人なら、なおさらスッキリして、逆に元気になれるのかな……)
124: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:35:47.84 ID:nVfZVHhU.net
希「ことりちゃんはどう思う?にこっちのファッションセンスが……」

ことり「あ、あはは、にこちゃんらしくて良いと思うよ」

にこ「なによそれっ!」

ことり(……あれ?)

ことり「希ちゃんの髪どめ……シュシュ……、新しいのになってるね」

希「あっ、さすがことりちゃん!ファッションについては鋭いなぁ」

ことり「かわいいね、水玉模様」

希「……実は、いつも使ってたやつ、失くしちゃって」

ことり「そうなの?」

希「そうそう、だからちょっとの間真姫ちゃんが貸してくれてたんよ」

ことり「真姫ちゃんが?」

希「真姫ちゃん、シュシュなんて持ってたんね、使ってるの見たこと無いけど……」
125: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:41:40.91 ID:nVfZVHhU.net
ことり「……たぶん、それ、真姫ちゃんの衣装のやつだね」

希「あ、そうそう!そんなこと言ってたなぁ」

ことり「どのくらい借りてたの?」

希「ん?どうしたん?たしか……春休み入る前くらい……」

ことり「……新しいのを買ったのは、春休みに入ってから?」

希「そうそう、休みになってから部室に返しにいったもん」

ことり(……)

ことり(じゃあ、あのお母さん血がついたとき……)

ことり(シュシュをつけていたのは、希ちゃん……)

ことり(……希ちゃんも……)

ことり(あの場所にいた……)
126: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:45:19.74 ID:nVfZVHhU.net
ことり(そして絵里ちゃんは……)

ことり(確かに言ってた)

ことり(あの日、絵里ちゃんは『昼から遊んで、そのまま希ちゃんの家に泊まった』って……)

ことり(ずっと一緒にいたってことだよね……)

ことり(片方だけ、嘘をついてるなんて、あり得ないもんね……)

ことり(じゃあ……二人とも、あの日はお母さんを……)

ことり(これで……8人全員……間違いないよ)

ことり(間違いなく……8人とも、私の敵なんだ)

ことり(……あと、やることは……)
127: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:49:28.68 ID:nVfZVHhU.net
ことり「ねぇ、みんな、入学式はいつなの?」

にこ「4月の……6日よ」

希「おっ!うちも一緒やん♡」

絵里「私もね」

にこ「えっ、全員同じなの?」

希「まぁうちと絵里ちは同じ大学やし」

にこ「はいはい、わかったわかった」

ことり「……みんな、お母さんは見にくるのかなぁ」

希「そやね、ウチのお母さんも、入学式は見にくるみたい……」

絵里「そうね、私も来るわ」

にこ「私のマ…………ゴホン、私の家は来れるかわからないわ、忙しそうだから」

ことり(……ふぅん)
128: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:52:22.49 ID:nVfZVHhU.net
ことり(人のお母さんを殺しておいて……)

ことり(よく、そんなにハッキリ答えられるね)

ことり(やっぱり……みんな、ダメだね……)

ことり(どうしても、許せそうにないよ……)

ことり(とにかく、良い情報が手に入ったよ)

ことり(希ちゃんのお母さんだけは家に行っても会えないからね……)

ことり(グッドタイミング……4月6日、入学式。その日に……)

ことり(……全員……)
129: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 02:56:57.13 ID:nVfZVHhU.net
ことり「あっ……そうだ、衣装の布を買いに来たの。ごちそうさま。そろそろ帰るね」

にこ「寂しくなるわね、またいつでも会いに来なさいよ~」

希「バイバーイ」

絵里「またね、ことり」


ことり「うん」


ことり「またね」
130: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 03:01:25.20 ID:nVfZVHhU.net
ことり(……準備をしなきゃ)

ことり(大丈夫、時間はある)

ことり(ひとつづつ、こなしていかなきゃ)

ことり(大丈夫……落ち着いて……)

ことり(難しいのは、人を殺すことじゃない)

ことり(殺人で難しいのは……殺して、バレないようにすること……そして、罪の意識に耐えること)

ことり(……どうせバレるとわかってたら、半分くらい気持ちは楽だね、ふふふ……)

ことり(たぶん、罪の意識なんかも私には湧かないと思うけどね)

ことり(お母さん……最後にしゃべったの、喧嘩しちゃったときだったね)

ことり(あれが……最後の)

ことり(もう一度会って、ごめんなさいって言いたかったよ……)

ことり(私は親不孝者です、ごめんなさい。今までも……そして、これからも……)
153: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 05:37:01.09 ID:AWROXpcJ.net
4月6日

穂乃果「うう~~ん……むにゃむにゃ……」

雪穂「お姉ちゃん、今日店番よろしくね」

穂乃果「ふわあああ……えっ、私……?なんでー……?」

雪穂「何でって……もう3回分もお姉ちゃんの分、代行してるんだよ、そろそろ働いてよ……」

穂乃果「仕方ないじゃん、3月は今までで一番μ'sが忙しくて……」

雪穂「その分お客さんも増えて店番も大変だったんだよっ!」

穂乃果「むーっ……それじゃ、お互いさまじゃん……」

雪穂「お父さんも、お姉ちゃんが店番した方がお客さんの入りが良いって言ってるから、ね」

穂乃果「お父さんまで?わかったよぉ、もう……」

雪穂「ちょっと私、出掛けてくるからよろしくー」

穂乃果「ふわああ……こんな朝早くから店開ける必要なんてあるのかなぁ……」
154: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 05:47:43.79 ID:AWROXpcJ.net
ことり「……穂乃果ちゃん?」

穂乃果「あっ、ことりちゃん、おはよう!」

ことり「今日、店番なんだね」

穂乃果「朝の8時だよっ……こんな時間に開けてる店、近所に無いよ……」

ことり「お仕事、頑張ってね」

穂乃果「えへへ、ことりちゃんが言うなら……」

ことり(……)

ことり「あっ、そうだ」

穂乃果「どうしたの?」

ことり「店番ってことは……お母さんはいないの?」

穂乃果「4月の初めは色んな式典があったりするから、会場までいって、お菓子を出す機会も多いんだよ……まあ、いわゆる出張売り子ってやつだね……」

ことり(……うん、調べてた予定通り……)

穂乃果「偉い人が沢山集まるし……ほら、うち、一応老舗だから……それで、お父さんのお手伝いで、お母さんも行ってるんだ」

ことり「へぇ~、そうなんだ、どこの式場かなぁ?」

穂乃果「うーん、私にはちょっとわかんないや……」

ことり(……ま、いいや、ちゃんと知ってるからね、確認確認)

ことり(それよりも、今、この何の不幸も無さそうな穂乃果ちゃんの顔を見に来たかったからね)

ことり(突然なんだよね……穂乃果ちゃんは、穂乃果ちゃんのお母さんと、最後に何を喋ったのかなぁ?)

ことり(最後の会話って、ずっと忘れられ無いんだよね……穂乃果ちゃん、ケンカして無かったらいいのにね?)
155: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 05:50:10.68 ID:AWROXpcJ.net
穂乃果「ことりちゃんどうしたの?こんな時間に……ごめんね、今日は遊びに行けなくて……」

ことり「ううん、ちょっと、元気かなぁ……って思って覗いただけだよ」

穂乃果「そっかぁ、はぁ」

ことり「それじゃあ、私、用事あるから……」

穂乃果「うん、またね」


ことり「ばいばい」
157: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 05:52:47.08 ID:AWROXpcJ.net
ことり(……)

ことり(急がなきゃ)

ことり(大丈夫、ちゃんと計画したんだ、この日のために、全部!)

ことり(この日を完璧に終わらせるために、出来ることは全部やったんだ!)

ことり(……あとは、一つ一つ……何も考えずに……こなしていく、それだけ……)
158: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 06:11:49.23 ID:AWROXpcJ.net
ピンポーン

ことり「南ことりです~」

「あら、ことりちゃん?ちょっと待っててね」

ことり「はい~」

「ごめんなさいね、今、真姫は花陽ちゃんのお家にお泊りに行ってるの」

ことり(うん、オッケー……真姫ちゃんのお母さんだね……お父さんは、今日は病院の方にいるはず……車も無かったし、間違いない)

「何か伝言があるなら伝えておくけど……」

ことり「えっと、伝言ってほどじゃないんですけど、お菓子を……あの、作って来たので」

「お菓子……?」

ことり「いっぱい作りすぎちゃって、真姫ちゃん、食べてくれるかなぁ、って思ったんです……」
160: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 06:17:15.24 ID:AWROXpcJ.net
「あら、クッキー……真姫、クッキー好きなのよ、ありがとうね、渡しておくわ、ことりちゃん……」

ことり(……クッキーが好きなのは、真姫ちゃんだけじゃなくて……)

ことり「あっ、焼きたてなんです、今日の朝に作って……」

ことり(朝からクッキー作り……ちょっと無理があるかな……?でも、多分そんなの気にしないと思うし……)

ことり「良かったら、今、はい……一枚、どうぞ、美味しいですよ」

ことり(……真姫ちゃんのお母さんも、クッキーは好きだったはず……差し出されて、食べないはずが無い……はず……)

「あら、いいのかしら……」

ことり「良かったら、感想を教えてください♡」

ことり(食べて、食べて、食べて、食べて、今すぐ!今すぐ!今すぐ!)

「それじゃあ……」

パクッ

ことり(……)
161: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 06:29:08.76 ID:AWROXpcJ.net
ことり(……っ!食べたっ……!)

「美味しいわよ、ことりちゃん、上手ね……真姫もこんな風に作れたらいいんだけど……」

ことり「えへへ、ありがとうございまぁす……」

「…………」

ことり(適切な治療を行わなければ、死亡まで15分以内ーー……!)

「…………??」

ことり「どうしましたかぁ?」

「いや、なんでも……あ……?あっ………あ……う、ぐ」

ことり(倒れて……!すぐに!その場で……!)

「……な、に……」

ことり「真姫ちゃんのお母さん」

ことり「あなたの娘は、人殺しです」

ことり「私のお母さんは、真姫ちゃんに殺されました」

ドサッ

「……」

ことり「……だから、私のこと……恨まないでくださいね……ごめんなさい」

ことり「……」

ことり(……真姫ちゃんの家にお手伝いさんがくるのはお昼から)

ことり(……今、この家には真姫ちゃんのお母さんが一人だけのはず……)

ことり(……ポケットに携帯電話は入ってないね……意識は無いけど、もしも通報されたら厄介だからね……)

ことり(あとは、ゆっくり出て行くだけ……普通に、何気なく……ね)
162: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 06:32:57.76 ID:AWROXpcJ.net
ことり(……)

ことり(とりあえず玄関の中に押し込んだけど……いずれ、死体は発見されて、警察にはバレる……)

ことり(でも、それは今日じゃない……私を今日中に捕まえるのは絶対に間に合わない……)

ことり(今日だけ捕まらなかったら……それでもう成功なんだよ……)

ことり(そして、真姫ちゃんはもうお母さんには会えない)

ことり(私と同じ……かわいそう、かわいそうな真姫ちゃん……)
163: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 06:37:18.55 ID:AWROXpcJ.net
ことり(みんなのお母さんとはこの日のために仲良くなっておいた)

「……」

ことり(そして、情報は引き出しておいた)

「……」

ことり(毒入りクッキーは、一番お手軽……一人だけの人を呼び出して、食べさせればこっちの勝ち……)

ことり(もちろん、完全犯罪には全然向いて無いけどね……捨て身の私だから出来ることだよ)

ことり「凛ちゃんのお母さんも、まだ聞こえますか?」

ことり「私のお母さんは、凛ちゃんに殺されました」

ことり「だから私も、一緒のことをしにきました」

ことり「悪いのは凛ちゃんなんです……ごめんなさい、ごめんなさい……」
164: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 06:40:13.04 ID:AWROXpcJ.net
ことり(真姫ちゃんと凛ちゃんは花陽ちゃんの家でお泊りして……まだ帰ってきてない)

ことり(じゃあ、花陽ちゃんは後回し……お昼になるから、希ちゃんと絵里ちゃんのお母さんのところへ……)

ことり(電車で2駅……近くて良かった……)

ことり(間に合うかなぁ……あと6人……途中で、捕まっちゃわないかなぁ……)

ことり(まぁ……ダメならダメで、仕方ないよね……)

ことり(8人分、うまく行けばラッキー……うん……やっぱりそのくらいの気持ちでいかなくちゃ……)
166: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 06:46:11.14 ID:AWROXpcJ.net
ことり(殺人は……これからの自分を捨てる覚悟があれば、案外、なんてことないものなんだね……)

ことり(もちろん……私は、人間の未来を奪ってるんだから……自分の未来を差し出す覚悟だって出来てる……)

ことり(だから、つらくなんか無いよ、お母さん……見ててね)

ことり(私、頑張るから……最後まで、頑張るからね……)
182: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 00:22:47.11 ID:idqwF4lu.net
凛「……はい、はい」

花陽「どうしたのかな、凛ちゃん?」

真姫「なにやら口調が重いわね」

凛「わかりました……はい、すぐ行きます、はい」ピッ

花陽「……どうしたの?」

凛「……うっ、うぐ、うっ」ポロポロ

真姫「凛?」

凛「お、お母さんが、家で倒れてて、病院に、運ばれたけど、もうだめだって、それで、すぐに、いかなきゃいけなくて」

真姫「えっ」

凛「あ、あ、あ、あ」

花陽「凛ちゃん……」

凛「やだよ、おかあさん、おかあさん、おかあさん……なんで、なんで」

真姫「凛!……いや、なんでも無いわ、なんでも……」

花陽「と、とにかく、凛ちゃん、今日はもう、帰ったほうが……」

凛「あ、あ、うぅ、うっ」
183: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 00:28:49.44 ID:idqwF4lu.net
少し時は遡る

ことり(さて、と……凛ちゃんのお母さんはいつ発見されるかわからない)

ことり(ここからは時間との戦い……)

ことり(えーっと、ここが希ちゃんと絵里ちゃんの入学式場かぁ)

ことり(ここが一番難しいんだよね……とにかく!迅速かつ、慎重に……)

ことり(帽子とメガネ……カモフラージュは大丈夫)

ことり(さて、と……タイミング的に毒クッキーは使いづらいし……)

ことり(今度は、このナイフで……)
184: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 00:34:48.62 ID:idqwF4lu.net
ザワザワザワザワ

ことり(もう少しで式が終わる)

ことり(シアター会場での入学式……保護者席は二階、生徒席は一階)

ことり(式が終わると絵里ちゃんも希ちゃんもそれぞれのお母さんと合流するはず)

ことり(大きな人混みができる……階段前の細い通路に、必ず!)

ことり(通路後ろのトイレで機会を待つんだ……)

ことり(大丈夫、希ちゃんのお母さんの顔は、希ちゃんの家の写真で確認した)

ことり(絵里ちゃんのお母さんは、見ればわかる)

ことり(やっぱり、二人同時に行動してるかな……そうすると、少し難しいけど、なんとか……!)
185: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 00:52:45.70 ID:idqwF4lu.net
ザワザワザワザワ

ことり(出てきた、どこに、どこにいるの!)

ことり(……大丈夫、落ち着いて、扉から出てくる人を一人ずつチェック!)

ことり(…………)

ことり(……いたっ!!二人でいる!)

ことり(姿勢を低くするんだ、人混みに入って……!)

ことり(……んっ、はぁ、もう少し!あと少し!)

ことり(……腹側部ーーッ!)

ドスッ

「あっ」

ことり(刺さった!抜かずに、もう一本!)

「東條さん?どうし……」

ドスッ

「えっ」

ことり(あっ、まずい、浅いよっ)

「ああああああああああああっっ!!」

ことり(駄目だ、これ以上駄目だよっ!早く離れないと、この場を!!)

「なんだ?」

「人が刺された!!」

「早く、救急車を!」

ザワザワ

ことり(会場がパニックになってる内に逃げ出すんだ!)

「あいつだっ!!」

ことり(……かすかに聞こえた、その声)

「あの女だっ!あの女が刺したっ!」

ことり(身を低くしして……人の間を……走れっ、走るんだ!!)

ことり(出口まで、早く!早く!)
187: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 00:58:05.80 ID:idqwF4lu.net
ことり(外だ、まだ人混みは溢れてる!ホール裏の階段まで行かないと!)

タタタタ

ことり(はぁ、はぁ……大丈夫、誰も追ってきてない)

ことり(もうすこし、深い路地へ……下見した場所へ……)

ことり(よし、誰もいない……)

ことり(とにかく、服を変えなきゃ、手袋も外して……)

ことり(全部まとめて、カバンごと池に捨てる……)


ザブン



ことり(……これで私がやったことはわからない、ひとまずは……)

ことり(だけど……すぐにバレる、希ちゃん、絵里ちゃん、真姫ちゃん、凛ちゃんの関連を考えれば、すぐにバレる……)

ことり(急がないと……今まで以上に!!)
188: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:02:28.55 ID:idqwF4lu.net
ことり(あは、あはははは……)

ことり(思った以上に、上手くいった……)

ことり(取り押さえられずに、二人とも……)

ことり(この手で、私が……!)

ことり(……だけど、死ぬかなぁ……本当は頸動脈を刺したかったけど、位置も高いし、狙えない……)

ことり(脇腹だからなぁ……救急車をすぐに呼ばれたら、多分手術で助かるんだろうなぁ……)

ことり(……不本意だよ、でも私の力じゃ背中に刺しても……)

ことり(仕方ないか……諦めよっと……運良く死んでくれたら、ラッキーってことで……)

ことり(さて、移動移動……駅も近いし、早く行かないとね……)
190: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:06:17.21 ID:idqwF4lu.net
絵里「おかあさん……?」

希「いや、いやあああああっ」

絵里「希、落ち着きなさい、希!!」

希「あ、あ、そんな、そんな」

絵里「……はぁ、はぁ」

希「なんでなん?なんでこんなときに……」

絵里(……)

絵里(……なんなの?心当たりがまるで無い……)

絵里(偶然……?偶然、希と私の母親が狙われた……?)

絵里(……違うとしたら?)

絵里(誰かが意図的にしたとしたら……?)

絵里(誰かが言ってた、犯人は女……)

絵里(……それじゃあ、もしかして……)

絵里(もしかして、あなたなの……?ことり……)
192: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:11:47.43 ID:idqwF4lu.net
ことり(……)

ことり(……Twitterでもう大きな騒ぎになってる)

ことり(……)

ことり(……やっぱり、間違えたかな)

ことり(こんな派手な方法は最後に回すか、そもそもやらない方が良かったかも……)

ことり(……いやいや、だからね……うん、まぁ……8人全員の成功確率は、10%も無いから……)

ことり(仕方ないよね……このままじゃ、失敗するかもしれないけど……)

ことり(出来る出来ないじゃない、やらなきゃ駄目なんだ……!やらなきゃ、やらなきゃ、やらなきゃ……!)

カタカタ

ことり(震えてる、手……怖くなんかないっ!止まって!止まって!)

カタカタ……

ことり(はぁーっ、はぁーっ、はぁーっ…)
193: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:16:45.89 ID:idqwF4lu.net
次はー◯◯、◯◯です

プシュー

ことり(気分が……悪くなってきた……)

ことり(……やらなきゃ、最後まで……私が始めたんだ……最後まで……)

ことり(勇気を出すんだ……もうすこし、もう少しだけ……)

ことり(はぁ、はぁ、はぁ)

ことり(次は、にこちゃんのお母さん……)

ことり(やっぱり、クッキー……かな?こっちの方が殺傷力が……)

ことり(いやいや!……でも、もう私が怪しいことは誰かから伝わってるかも知れない……)

ことり(普通に顔は合わせられない……かも……)
194: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:19:37.99 ID:idqwF4lu.net
真姫「ママっ、ママっ!!!嘘でしょ、嘘でしょ!!なんで!なんでなのっ!?ふざけないでよっ!!なんで!!」

「真姫、落ち着きなさいっ」

真姫「なんでなのよっ!なんで私のママが死ななくちゃいけないのっ!!嫌よ、嫌よ、嫌よ!」

「真姫!」

真姫「パパ……なんでなの、どうして?」

「……」

真姫「ママを治してあげて……生き返らせてあげて……」

「……」
195: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:22:16.54 ID:idqwF4lu.net
花陽「……お母さん」

「どうしたの?花陽」

花陽「……お母さんに、ことりちゃんが会いに来るかもしれない」

「ことりちゃんが?どうして……?」

花陽「絶対、会わないでね……喋ったり、何か貰ったり、しないでね……近づかないでね……」

「……どうしたの?変よ、花陽」

花陽「お願い!お願いだから……絶対に会わないで!お願い!」

「……」

花陽「お願いだから……お願いだから……」
196: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:29:53.15 ID:idqwF4lu.net
ことり(……)


ドスンッ




「えっ?……あ、あっ、あ」


トコトコトコ……

ことり(…………)

ことり(にこちゃんのお母さんも、さよなら……)

ことり(……一人なら、人混みで……すれ違うように……それなりに、簡単に……)

ことり(同じように……この場を去って……)





にこ「ことり!」





ことり「……」



にこ「やっぱりそうじゃない、何しに来たの?私の入学式、見に来てくれたわけ?」

ことり「……」


にこ「何無視してんのよ」


ことり「……さよなら」

にこ「……なんなのよ」

にこ「あれ、向こうが騒がしいわね」

にこ「何かあったのかしら、知らない?」

ことり「……知らない。私、もう行くね、バイバイ」

にこ「……あっそ、じゃあね」

ことり(……)
197: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:36:26.86 ID:idqwF4lu.net
ことり(返り血、付いてないかな?タオルで包んで刺したから大丈夫みたいだね)

ことり(……さて、と……あと三人……)

ことり(……もう5時かぁ、そろそろ暗くなってくる頃だね……)

ことり(あとは、花陽ちゃん、海未ちゃん、穂乃かぁちゃんの三人分……)

ことり(ふぅーっ……)

ことり(もう多分、相当危ないところまできてる……)

ことり(いつ捕まってもおかしくないくらいに)

ことり(それでも、私が犯人とわかるのは……)

ことり(μ'sの誰かだけ…)

ことり(私からの復讐を恐れてたみんなだけ……)

ことり(ほら……怖いでしょ、みんな……)

ことり(わたしが捕まって、動機を喋るのが怖いでしょ……)

ことり(そうだよ、みんながわたしのお母さんを殺したのがバレるんだよ……)

ことり(だったら、むしろ、わたしには協力した方が良いよ……そう思うなぁ)
198: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:39:38.32 ID:idqwF4lu.net
ブーッブーッブーッ


着信

矢澤 にこ



ことり(……またかかってきた)

ことり(話したいことなんて無いよ、拒否っと……)

ことり(……はぁー……)

ことり(……)

ブーッブーッブーッ


着信

小泉 花陽




ことり(……?)

ことり(花陽ちゃん……?)

ことり(まずいなぁ、これから行くところだったのに……感づかれちゃったかぁ)

ことり(通話はしないけど……拒否っと……)

ことり(ふぅ……次はもう上手くいかないかもね……)

ことり(……どうなるかなぁ) 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
199: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:42:56.50 ID:idqwF4lu.net
ことり(うーん、どうしよっかな)

ことり(花陽ちゃんは飛ばして、先に穂乃果ちゃんの方に)

ことり(たぶん、そっちの方がいいね)

ことり(計画変更、そうしよっと)

ことり(……まぁ、変更しても上手く行く自信はそれほどないけどね)
200: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:47:19.97 ID:idqwF4lu.net
ことり(……穂むらに着いた)

ことり(まだ帰って来てないかな……)

チラッ

ことり(……!穂乃果ちゃんがカウンターにいない)

ことり(……トイレかな?……もうちょっと待ってみよう……)

ことり(……)

ことり(……あっ)

ことり(お母さんが出てきた)

ことり(穂乃果ちゃんも一緒だ)

ことり(むぅ……どいてよ、穂乃果ちゃん、店番はおしまいで、奥にひっこんでおいてよ……)

ことり(ちょうどいい、チャンスなのに……)
201: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:50:17.76 ID:idqwF4lu.net
穂乃果「あー、疲れた疲れた……お母さん、店番交代ね……」

「もう、もうすぐお店しめるのよ我慢しなさい」

穂乃果「もう疲れちゃったよぉ~……携帯電話触っちゃダメとか言うし……」

「店員が携帯触りながら店番なんて、信用問題よ」

穂乃果「……ふぇぇ、へとへと……もうだめ……」

「仕方ないわね……最後の一時間だけ、わたしがやるから、もう上に上がっときなさい」

穂乃果「わーい、やったあ……」

「まったく……」
202: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 01:56:09.74 ID:idqwF4lu.net
穂乃果(ふぅ……疲れたぁー……)

穂乃果(やっぱり、自分の部屋がいちばんだよね~)

穂乃果(ベッドにどさーっ……気持ちいい~……)

穂乃果(あっ、そうだ、携帯携帯……)

穂乃果(わわっ、なんかいっぱいメッセージたまってる)

穂乃果(……あれ、何かな、これ)

穂乃果(花陽ちゃん?)

穂乃果(……ことりちゃんに気をつけて?)

穂乃果(……『穂乃果ちゃんのお母さんが、狙われて』……)

穂乃果(『………目を離さない、ように』……)

穂乃果(…………)

穂乃果(……『真姫ちゃんと凛ちゃんのお母さんは、もう……』)

穂乃果(えっ?)



ガラガラガラ……



穂乃果(……下の階から音……お客さんが来た?)

穂乃果(……目を離さない……ように……)

穂乃果(……!!)



穂乃果「おかあさん!!!」

穂乃果「だめっ!!!」
203: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:01:45.60 ID:idqwF4lu.net
「……ほ、の……か」

ことり「……」

「……」

ことり「あれ?……穂乃果ちゃん」

穂乃果「お母さん……?」

穂乃果「何してるの……?倒れて……」

穂乃果「それに……何してるの……?ことりちゃん」

ことり「……」

穂乃果「何したの!?ことりちゃん!!」

ことり「……」

穂乃果「おかあさんに何をしたの!!!」

ことり「……同じことを、したの」

穂乃果「ふざけないでよっ」

ことり「穂乃果ちゃんたちにやられたことと、同じことをしたの!!」

穂乃果「ふざけないでよ!!私のおかあさんは悪くないでしょ!!」

ことり「そんなの、こっちが言いたいよっ!!なんで、おかあさんが殺されなきゃいけなかったの!!なんで!?」

穂乃果「……」

ことり「……じゃあね」

穂乃果「……」

ことり「……さよなら」

ガラガラガラ

穂乃果「逃げないでよっ!!」

ことり「来ないで」

穂乃果「逃げないでよっ!!」

ことり「……来ないでっ!!!」
204: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:07:05.81 ID:idqwF4lu.net
タッタッタッタ

ことり(はぁ、はぁ、はぁ……)

ことり(毒入りクッキー……あれが最後の一枚)

ことり(もうダメだよ、もうダメだよ、間に合わない、時間がない、時間がない)

ことり(穂乃果ちゃんは……追ってこない)

ことり(……もう、こうなったら、こうなったら!)



ドンドンドンドン


ことり「開けて下さいっ、開けて下さいっ!」

ことり(早く、開けて、早く、早く!!)


ガチャッ……


海未「……ことり!」

ことり「どいて!海未ちゃん!」

海未「ダメです!!今のあなたには……」

ことり「どいてっ!」

ドンッ

海未「あっ」

ことり「はぁ、はぁ……」

タタタタ

海未「やめなさいっ、ことり!!やめなさい!!」
206: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:13:20.49 ID:idqwF4lu.net
ことり(台所…いない、応接間、いない……居間…………いた!)

「……どなたですか……?……ことりちゃ……」

ことり「あああああああっ!!」

ドスッ

「あっ……」

ことり「死ねっ死ねっ!死ねっ!死ねっ!死ねっ!」

ザクッザクッザクッ

「かっ……か……」

ことり「死ねっ!死ねっ!死ねっ……」

ザクッザクッ

海未「ことり!!」

ことり「……はぁ、はぁ、はぁ…」

海未「何を持ってるんですか、そんな危ないものを振り回して、何をしてるんですか」

ことり「はぁ、はぁ、はぁ……」

海未「私の……母に……何をしたんですか……?どうして、私の母が……身体中から血を流し……動かなくなっているんですか……?」

ことり「どいて、海未ちゃん」

海未「説明してください、説明してください……」

ことり「そこをどいて!!……お願い」

海未「ああ、あああ、ああ……」
207: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:17:55.09 ID:idqwF4lu.net
ことり(……逃げなきゃ!逃げなきゃ!逃げなきゃ!)

ことり(……玄関をから出なきゃ、すぐに逃げなないと!!)

ことり(はやく、はやく!!)

ことり(あと一人!!あと一人だけなんだ!!)

ことり(間に合って、お願い!お願い!)


ピーポーピーポー……


ことり(救急車っ……穂乃果ちゃんが呼んだんだ、なら、パトカーは……?今の所、来てないみたいだけど……)

ことり(なら、はやく、家から自転車をとって……!急ぐんだ!!)
208: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:20:38.69 ID:idqwF4lu.net
ことり(服が血まみれだ、用意しておいた着替えがもう一枚ある、着替えないと)

ことり(はぁ、はぁ、はぁ)

ことり(……よし、いけるっ)

ガチャン

ことり(全速力で花陽ちゃんの家に!……全速力で!!)

ことり(間に合えっ、間に合えっ!間に合えっ!)
209: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:22:52.27 ID:idqwF4lu.net
穂乃果「海未ちゃん、海未ちゃん」

海未「……」

穂乃果「ことりちゃんが、ことりちゃんが、私のおかあさんを」

海未「……私の母もです……ナイフで全身を刺されて……おそらく……もう……」

穂乃果「ひどいよ、こんなのひどいよ、ひどいよ、うぐぅ、えぐっ……ひぐっ……ひどいよ……」

海未「……何も言えません、私からはもう……」

穂乃果「…………ひどいよ、ひどいよ……」
210: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:26:26.28 ID:idqwF4lu.net
花陽「お母さん、お願いだから、外に出ないで」

「これじゃ、晩御飯、買いに行けないじゃない……」

花陽「お願い、お願い、やめて、外に出ないで、殺されちゃう」

「殺される……、誰に?」

花陽「とにかく、やめて!……私の言うことを聞いてよ、お願い、お願い……」

「……もう、泣かないでよ……花陽」

花陽「おかあさん……」

「わかったわ、よくわからないけど、あなたがそういうなら……」



ピンポーン

「……誰かしら」

花陽「……」
211: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:29:29.79 ID:idqwF4lu.net
ピンポーン

ピンポーン

ピンポーン

ピンポーン

花陽「……はぁ、はぁ」

「……誰?玄関のカメラ、調子悪いわね……?モニターに何も映らないわ」

花陽「きっと、壊されたの……おかあさん、出ちゃだめ」

ピンポーン

ピンポーン

ピンポーン

「……」

花陽「私が向こうの窓から誰が来たか見てくるから、そこでいて」

「……」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
212: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:34:15.58 ID:idqwF4lu.net
ことり(……開けてくれないなぁ)

カラカラカラ

ことり(あっ)

花陽「……」

ことり「早く開けてよ、花陽ちゃん」

花陽「……開けられません、絶対に」

ことり「……早く、開けてよ」

花陽「ダメです……絶対、ダメです」

ことり「……うん、わかったよ……わかった……」

花陽(……?帰っちゃった……?)

花陽(……あれ、でも自転車で来たのに……)

花陽(……乗らないで、どこに……)

花陽(あっちは、庭の方……)

花陽(……庭)

花陽(庭……の……ウッドデッキに出られる、ガラス戸……!)
213: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:40:02.41 ID:idqwF4lu.net
ガシャアアアアン!

「ああっ!」

花陽「お母さんっ!!」

ことり「……」

花陽(庭の植木鉢を投げて……ガラスを……!)

花陽「逃げて!お母さん!早くっ!」

「あっ、あっ……」

花陽「やめて!ことりちゃん!理事長のことは、わたしたちが……」

ことり「……知ってるよ」

花陽「悪いのは、私だよね……?お母さんを殺さないで、お母さんは、何も悪くないの、やめて、やめて」

ことり「……」

「あ、あっ」

ドスッ

「きゃあああああっ!!!」

花陽「やめて、やめて……」

ドスッ

「ああ……」

ことり「……」

ドスッ

「……」

花陽「……」

ドスッ
214: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:43:14.73 ID:idqwF4lu.net
花陽「ううっ、ああっ、うっ」

ことり(……)

ドスッ……

花陽「……ああ、あああ、ああああ」

ドスッ

花陽「もう、もう、お母さん、死んでるよ……やめてあげて、もう刺さないで」

ことり(……)

ドスッ

ことり(……終わった)

ドスッ

ことり(……終わったんだ)

ドスッ

花陽「やめてよっ!!!!」

ことり(……このナイフも、もう握る必要はないんだ)

カランカラン……

ことり(……)
215: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:48:02.74 ID:idqwF4lu.net
花陽「ううー……うっ、うっ、うっ」

ことり(……)ピッピッ

ことり「もしもし、絵里ちゃん?」

「ことり!!何をしたのよ!!」

ことり「うーん……しかえしだよ、しかえし……」

「許さないわ、絶対に許さない」

ことり「……私はもう、みんなのことを許してあげるよ」

「ふざけないで」

ことり「ふざけてるのはどっち!?よくそんなことが言えるね、人殺しのくせに!!」

「……」

ことり「ひとつだけ聞かせて」

「……何よ」

ことり「絵里ちゃんのお母さん、ちゃんと死んだ?」

「……間に合わなかったわ」

ことり「そっかぁ、良かった……」

「……!!」

ことり「希ちゃんのほうは?」

「……ええ、お陰さまで、もう二度と目を覚まさないわよ……!」

ことり「ありがとう、教えてくれて」

ピッ
216: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:52:07.46 ID:idqwF4lu.net
ことり(次はっと……)

ピッピッピッ

ことり「もしもし、にこちゃん?」

「……」

ことり「ちゃんとお母さん、死んだかな?」

「……なにがちゃんと、よ……」

ことり「どっちか答えてよ」

「……ええ、あんたの望み通りになったわ」

ことり「良かったぁ……にこちゃんと希ちゃんと絵里ちゃんのお母さんはね、傷が浅かったから、心配だったの」

「……」ピッ

ことり(ありゃりゃ……切られちゃった)
217: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 02:55:23.23 ID:idqwF4lu.net
花陽「……」

ことり「大成功!だよ」

花陽「……」

ことり「……あれ、どうしたの?」

花陽「……」

ことり(……気を失ってるね)

ことり(うーん、じゃあ、帰ろっと……)

ことり(もう、することがないなぁ)

ことり(私の人生、もう終わっちゃうしなぁ)

ことり(はぁー……虚しかった……)

ことり(もう一度、お母さんに会いたい……)

ことり(……)

ことり(お母さんの死体、どこにあるんだろ?)

ことり(……どこに隠されたのかな……)
219: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:00:36.07 ID:idqwF4lu.net
ピッピッピ

ことり「もしもし、海未ちゃん」

海未「ことり」

ことり「お母さんの死体はどこに隠したの?」

海未「……教えませんよ、そんなの」

ことり「……どうせ私が捕まって、そのこと言ったらバレるのに……このまま隠しても仕方ないでしょ?」

海未「……」

ことり「証拠もあるんだよ、ボイスレコーダー」

海未「……」

ことり「最後にもう一回だけ会いたいの、どこにいるの?」

海未「……もう、死後2週間以上になります、今更、会ってもどうしようもありません」

ことり「……」

海未「……ことり」

ことり「……」

海未「……ごめんなさい、私たちが……」

ことり「ううん?もう怒ってないんだよ、私」

海未「そんなはずが……」
220: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:04:41.61 ID:idqwF4lu.net
ことり「もうこれでみんな一緒だもん!みんな、お母さんがいなくなっちゃった……だから、私たちはもう一回、対等の友達!……そうでしょ?」

海未「……やめて下さい、もう無理です」

ことり「私はみんなとこれからも仲良くしたいんだよ」

海未「出来るはずがありません」

ことり「どうして?そのために私、頑張ったんだよ」

海未「もう終わりです、全部終わりです」

ことり「……海未ちゃんのバカ」

海未「……」

ことり「だったら、最初からお母さんのこと、殺さないであげてよ……」

海未「……」

ことり「もう一回聞くね、私のお母さんは今、どこにいるの?」

海未「……本当に、教えていいのですか?」
221: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:06:53.21 ID:idqwF4lu.net
ことり「えーっとどこかなぁ……あ、あったあった……」

ことり「花陽ちゃん、懐中電灯、借りるね」

花陽「……」

ことり(すっかり日も沈んじゃったけど……)

ことり(よし、行こう……)

ことり(最後の仕上げだよ……)

ことり(……)
222: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:10:58.57 ID:idqwF4lu.net
ことり(……もうすぐで着くはず)

ことり(パトカーの音は聞こえない、まだ時間はある)

ことり(……この川を越えた……あの茂みの奥だね)

ことり(……)

ことり(なんでかな)

ことり(今になって、涙が……)

ことり(ここ最近、ずっと泣かなかったのに、どうして今……)

ことり(……お母さん)

ことり(私、頑張ったよ)

ことり(最後までやりきったよ)

ことり(……お母さん、どんな顔をしてるのかなぁ)

ことり(……ふふふふ)
223: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:13:07.01 ID:idqwF4lu.net
ことり(ここが射的場……高いフェンスだけど……海未ちゃんが言うには正面の門は低いって……)

ことり(あ、ここか、自転車の上に乗れば登れそう……よいしょっと)

ことり(もう真っ暗だなぁ……使われなくなった女子トイレは……)

ことり(あ、ここかぁ)

ことり(えっと、これの一番入り口から遠い壁際の床……)
224: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:15:21.10 ID:idqwF4lu.net
ことり(ここの床板を外して……)

ガタン……

ことり(掘り起こせば……)

ことり(……)

ことり(……この土の中に……)

ことり(……お母さんが)

ことり(……)

ことり(……うん、やろう)

ことり(スコップが掃除用具箱に隠してるらしいから)


ことり(これを使って……)




ザクッ

ザクッ

ザクッ
225: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:18:14.95 ID:idqwF4lu.net
ことり(……)

グニッ

ことり(……何かの塊に当たった)

ことり(感触がおかしい)

ことり(肉が剥がれて、骨が見えてる)

ことり(……これは、首、かな?)

ことり(首の骨が折れてる……ひどい……)

ことり(丸まってるところを見ると、三角座りの形で埋められてるのかな)

ことり(顔を……)

ザクッ

ザクッ
227: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:21:37.14 ID:idqwF4lu.net
ことり(顔を……お母さんの顔を、もう一度……)

ことり(……)

ことり(このうなだれた首を起こせば、そこに……)

グイッ

ことり(……)

ことり(……あはは……ぐちゃぐちゃになってる……誰の顔かわからない…)

ことり(……あははは……ははは……そりゃあ、そうだよね……)

ことり(あははははは……)

ことり(うっ)

ことり「むぐ……うぷっ」

ことり「おえぇぇ……」

ビチャビチャビチャ……

ことり「はぁーっ、はぁーっ……」

ことり「さようなら…さようなら、お母さん……」

ことり「さようなら……さようなら……」
228: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:25:19.42 ID:idqwF4lu.net
ことり「ありがとう、お母さん」

ことり「こんな私を、育ててくれて」

ことり「こんなに元気に、育ててくれて……」

ことり「ありがとう、お母さん、本当にありがとう」

ことり「……それに……ごめんね、最後にケンカして、謝れなくて……」

ことり「私が、私があの時お母さんの言った通りにしてれば……」

ことり「こんなことにはならなかったかもしれない」

ことり「ごめんね、ごめんね……こんなところで一人、埋められて……」

ことり「寂しかったよね、お母さん、私も寂しかったんだよ」

ことり「ううっ、うっ、うっ……」

ことり「あああっ……あっ……」

ことり「お母さん……お母さん……」
229: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:29:26.93 ID:idqwF4lu.net
ピッピッピ

ことり「もしもし……」

ことり「はい、すみません」

ことり「死体を見つけました」

ことり「私の母親の死体です」

ことり「場所は、園田射的場裏の女子トイレの床下です」

ことり「ええ、今は一人です」

ことり「それと、もう一つ」

ことり「私は今日8人の人を殺しました」

ことり「ええ、そうです、殺人です」

ことり「自首の手続きをしたいので、ここで待っています」

ことり「大丈夫です、動きません」

ことり「名前は南ことりです、音ノ木坂の二年生です」

ことり「はい……はい……お待ちしてます」
230: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:37:39.17 ID:idqwF4lu.net
私は身柄を拘束された

手錠をかけられ、パトカーに乗せられた

取り調べでは、一切の嘘をつかずに全てを喋った

文字通り、全てを喋ることになった

それは、μ's全員分の罪の告白だった

メンバーの一人一人の説明をするたびに、顔が思い浮かんで、泣きそうになった

そして、お母さんの顔を思い出した

本当に涙が止まらなくなって、言葉が出せなくなってた

何度やり直しても、同じところで詰まって、最後まで話せなかった

でも、もう全部終わったのだから

これからのことを心配する必要はなかったのだった

もう全部が終わってしまったのだから

今までやったことを、後悔する意味もなかったのだった
231: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:39:10.08 ID:idqwF4lu.net
「高坂穂乃果さん」

穂乃果「……」

「あなたを殺人の容疑で逮捕します」

穂乃果「……はい」

「……」

穂乃果「……」

「……」




ガシャン……
232: 名無しで叶える物語(舞妓 どすえ)@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 03:39:23.31 ID:idqwF4lu.net
おわり
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『理事長「かぁ~~っ!!」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。