穂乃果「絵里ちゃん、好きって10回言ってみて?」 絵里「(10回クイズかしら?)好き、好き、好き、好き…」

シェアする

ほのえり-アイキャッチ4
1: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 20:22:29.16 ID:0CvjrGWj.net
絵里「…好き、好き」

穂乃果(今だっ!)

穂乃果「絵里ちゃんは穂乃果のこと…!?」

絵里「うーん…愛してる?」

穂乃果「ぅえりちゃん…///」

※ ほのえり短編集です(管理人)

元スレ: 穂乃果「絵里ちゃん、好きって10回言ってみて?」 絵里「(10回クイズかしら?)好き、好き、好き、好き…」

スポンサーリンク
7: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 20:47:16.42 ID:0CvjrGWj.net
穂乃果「絵里ちゃん絵里ちゃんっ!」

絵里「なーに?」

穂乃果「月が綺麗ですね!!」

絵里「え…?」

穂乃果「えへへ…///(絵里ちゃん知らないんだ…秘密の告白だよ)」

絵里「…死んでもいいわ」

穂乃果「え、え?」

絵里「だから、死んでもいいわって言ったの」

穂乃果「ど、どうしてそんなこと言うの!?死んじゃヤだよ絵里ちゃぁんっ!!」ギューッ
9: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 21:29:01.74 ID:0CvjrGWj.net
穂乃果「暇だねぇ」

絵里「そうねぇ」

穂乃果「…よし!じゃあ今から日本語喋っちゃダメだよ!」

絵里「と、唐突ね…」

穂乃果「よーい…スタート!」

穂乃果「アー…エリチャン!ハウアーユー!アンドアイムファインセンキュー!」

絵里「???」

穂乃果「」

穂乃果「(え、えっと…)ア、アイラブユー!!」

絵里「……」

絵里「…Я тоже」

穂乃果「え、え…?」

絵里「Я тоже люблю тебя」

穂乃果「な、何言ってるか全然わかんないよ~!ロシア語も無し~っ!!」

絵里「…Солнце」クスクス

穂乃果「も~っ!」プンプン
10: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 21:52:48.39 ID:0CvjrGWj.net
絵里「ごめんくださーい」

穂乃果「あっ、絵里ちゃんいらっしゃい!おつかい?」

絵里「ええ、おばあ様に頼まれて…ほむまんくださいな」

穂乃果「まいどありー!他には?」

絵里「うーん、揚げ饅頭がおいしそう
ね。栗饅頭も捨てがたいわ」

穂乃果「どれも絶品だよ~!なんてたってお父さんの手作りだからね!穂乃果のオススメはね~♪」

絵里「……」

絵里「えい」ムニュ

穂乃果「ほへ…はにするのえいひゃん…」

絵里「なんだか、穂乃果のほっぺたがお饅頭みたいでおいしそうだなって」クスッ

穂乃果「えー!どういう意味ー!?」

絵里「えいえいっ」ムニュムニュ

穂乃果「はなひてお~っ!」
12: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 22:16:36.33 ID:0CvjrGWj.net
穂乃果「絵里ちゃん、これから穂乃果がする質問全部に『YES』って答えてね!いい?」

絵里「NO」

穂乃果「第1も…え?」

絵里「イヤよ」

穂乃果「い、いやいや…」

絵里「いーや」

穂乃果「いやいやいやっ!それじゃあ何も始まらないよ!とりあえず最初はオッケーしてくれなきゃ…!」

絵里「NO!」

穂乃果「絵里ちゃーん!」
14: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 22:34:11.54 ID:0CvjrGWj.net
穂乃果「絵里ちゃん!!おっぱいワシワシさせて!!」

絵里「また唐突ね…」

穂乃果「ひっひっひ…逃げても無駄だよ、今日は絵里ちゃんのワガママぼでぃをめいっぱい堪能するのだ…!」ワキワキ

絵里「別にいいわよ」

穂乃果「ふへへ…良いではないか、良いでは……え?」

絵里「別に揉んでもらっていいわよ?」

穂乃果「あっ、いや…」

絵里「ほら、手を貸して?」スッ

穂乃果「え、絵里ちゃんっ!?///」モニュン

絵里「ウフフ…どうかしら?」

穂乃果「あ、あぁ…///」

絵里「…直線触ってみる?」ポソッ

穂乃果「…ぅえりちゃんのえっちぃーーーーーっ!!!///」ダーッ

絵里「そっちから言ってきたんじゃない…」
17: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 23:04:29.90 ID:0CvjrGWj.net
穂乃果「ねぇねぇ、高坂絵里ってよくない?なんかこう…あったかい感じ!」

絵里「そうかしら…」

穂乃果「そうなのっ!」

絵里「じゃあ、絢瀬穂乃果は?」

穂乃果「うーん…すごく美少女っぽい!『絢』のおかげかな?」

絵里「『絢』の…?」

穂乃果「この字が名前についてる子は、みんな美少女のイメージ!」

絵里「みんなって…私以外に誰か名前に『絢』がついてる美少女を知ってるの?」

穂乃果「おやぁ?その発言…絵里ちゃんは自分が美少女だと思ってるってことですかな?」ニシシ

絵里「…言葉の綾よ」ムッ

穂乃果「うまい!でも、絵里ちゃんはホントに美少女だよ?穂乃果のクラスにも絵里ちゃんに憧れてる子がたくさんいるし!」

絵里「…穂乃果も私に憧れてくれてる?」

穂乃果「もちろんだよ!!見た目だけじゃなくて中身も、全部!!」

絵里「…私も、穂乃果に憧れてるわ」

穂乃果「えぇー!?穂乃果のどこに!?」

絵里「フフ…私も全部、よ…」ギュッ
20: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/16(木) 23:29:55.52 ID:0CvjrGWj.net
穂乃果「花占いするよ!」

絵里「花占いって…好き、嫌い、好き、嫌い…ってやつ?」

穂乃果「そう!これ、さっき摘んできたんだっ!いっくよ~」

穂乃果「絵里ちゃんは穂乃果のことが……

絵里「ストップストップ。花びらを千切ったりしたら可哀想よ」

穂乃果「でも…」

絵里「そうだ!ほら、こうやって髪に差してあげる」スッ

穂乃果「わ…!」

絵里「フフ…とってもかわいいわ、穂乃果」ニコッ

穂乃果「うぅ…絵里ちゃん、穂乃果のこと好き…?」

絵里「…言わないとわからない?」

穂乃果「…わかるけど、言ってほしい……///」
25: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 00:29:26.73 ID:gm53Lh0C.net
穂乃果「……」カリカリ

絵里「穂乃果?何してるの?」

穂乃果「宿題」カリリ

絵里「……」

絵里「穂乃果、ちょっとこっち向いて」

穂乃果「…んー?」

ピトッ

穂乃果「!?」

絵里「ふむ…?」

穂乃果「え、えええ絵里ちゃんっ!?///お、おでっ!?おでこ!?いきなり…

絵里「うーん…」

絵里「熱はないみたいね」

穂乃果「ってそれどういう意味ー!?」

絵里「だって穂乃果が勉強だなんて…」

穂乃果「失礼な!穂乃果だってやるときはやるんだよ!」プンプン

絵里「ごめんごめん…お詫びに手伝ってあげるから、機嫌直して?提出はいつ?」

穂乃果「…昨日」

絵里「……」

穂乃果「……」

絵里「…どうりで平熱なわけだ」

穂乃果「うわぁーん!!絵里ちゃん助けてよ~!!」

絵里「まったくもう…ヒントだけよ?」
29: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 00:49:37.59 ID:gm53Lh0C.net
穂乃果「じゃーんっ!!これはいったい何でしょう!!」

絵里「果たし状?」

穂乃果「ラブレターだよ!!ファンの子にもらっちゃったー♪」

絵里「そう、良かったわね。ちゃんとお返事書いてあげるのよ?」

穂乃果「あっ!絵里ちゃん嫉妬してる?嫉妬してるでしょ!」

絵里「別に」ガチャ

穂乃果「うんうん、いいんだよわかってるから!大丈夫、ちゃんとごめんなさいす

バサバサバサバサッ

絵里「……」

穂乃果「……」

絵里「…さて、これらはいったい何でしょう」

穂乃果「…果たし状だよ」

絵里「残念…ラブレターみたいね」

穂乃果「……」

絵里「…嫉妬してる?」クスッ

穂乃果「してないも~~~んっ!!」
32: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 01:09:39.76 ID:gm53Lh0C.net
穂乃果「絵里ちゃん、穂乃果とケンカしようよ!」

絵里「け、ケンカ…?」

穂乃果「うん!思えば、絵里ちゃんと穂乃果はケンカしたことないなって」

絵里「どうして自分たちからそんなことしなくちゃいけないのよ…」

穂乃果「ほら、ケンカするほど仲がいいって言うでしょ?きっとこれを機にもっと仲良くなれるはずだよ!」

絵里「そういうものなのかしら…」

穂乃果「じゃあケンカ売るから、ちゃんと買ってね!」

絵里「買ってねって…そんな勝手な…」

穂乃果「…こほん。あー…」

穂乃果「え、絵里ちゃんの…」

穂乃果「絵里ちゃんの……!」

穂乃果「…ぅ絵里ちゃんのアホーーーーーーっ!!!」

穂乃果「……っ」

穂乃果「……」

穂乃果「……?」オソルオソル

絵里「ぷっ…くく…!」

穂乃果「へ?」

絵里「穂乃果って、ホントに可愛いわね…!ふふっ…!」

穂乃果「ど、どうして笑うの!アホ!絵里ちゃんのアホ!あんぽんたん!」

絵里「それっ!」ギュッ

穂乃果「むぐー!?は、離してよーっ!!絵里ちゃんなんて嫌いー!!」ジタバタ

絵里「私は大好きだから離さないー!」モッギュー
47: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 20:06:19.00 ID:gm53Lh0C.net
穂乃果「……」スタスタ

絵里「あら穂乃果、どうし…

ドンっ

絵里「へ?」

穂乃果「好きだよ、絵里」キリッ

絵里「えっと…」

穂乃果「……」キリリッ

絵里「…何これ?」

穂乃果「知らないの!?壁ドンだよ、壁ドン!」

絵里「ああ…そういうこと」

穂乃果「ねぇねぇ、ドキドキした?クールな穂乃果にメロメロ?」

絵里「んー…全然」

穂乃果「」ガーン

絵里「だって、自分より背の低い人にやられてもね…」

穂乃果「」ガガーン

絵里「…それに」

ドンっ

穂乃果「えっ…?」

絵里「穂乃果が私を呼び捨てなんて…ちょっとナマイキじゃない?」コツンッ

穂乃果「ひ、ひゃぁぁぁぁぁ……///」
50: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 21:03:07.25 ID:gm53Lh0C.net
穂乃果「あっ!絵里ちゃーん!これ、チョコレート食べる?」

絵里「! もちろん食べるわ!」

穂乃果「それじゃあ…」スッ

穂乃果「はいっ!ど~っちだっ!」

絵里「てい」ビシッ

穂乃果「あだっ!?」ポロ

絵里「いただきます」パク

穂乃果「ひどーい!!絵里ちゃんが暴力ふるったー!!」

絵里「手で握ったりなんかしたら、せっかくのチョコレートが溶けちゃうじゃない」モキュモキュ

穂乃果「だからって……あっ、せんせー!絵里ちゃんに力ずくでチョコレートを奪われましたぁ!!」

先生「高坂…生徒会長が学校にチョコレートなんて持ってきたのか?」ニッコリ

穂乃果「」

絵里「ええ、ちょうど私が注意していたところなんです」

穂乃果「んなっ!?」

絵里「ですから、ここは前生徒会長である私に一任してくれませんか?ちゃんと反省させますから」

先生「ふむ…そうか。なら絢瀬に任せるとしよう。いい先輩を持ったな、高坂」スタスタ

絵里「……」チラッ

穂乃果「……」プルプルプル

絵里「………ぷっ…!」

穂乃果「…絵里ちゃぁーーーんっ!!穂乃果は怒ったぞぉーーーー!!」ダッ

絵里「なによ~!怒られるのを防いであげたんだから、感謝してほしくらいね~~~っ!」ダッ
60: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/17(金) 22:50:46.73 ID:gm53Lh0C.net
>>14
×直線 ○直接

>>50
×してほし ○してほしい



穂乃果「いただきまーす!」

絵里「はい、召し上がれ」

穂乃果「ん~~~っ!やっぱり絵里ちゃんの餃子は最高だよ!」

絵里「餃子じゃなくてペリメニよ。何度も言ってるでしょう?」

穂乃果「あはは、そうだっけ…それにしても、こんなに美人で優しくて頭が良くて、おまけに料理も上手だなんて…絵里ちゃんはいいお嫁さんになるねぇ」

絵里「誉めても何も出ないわよ。あ、ボルシチのおかわりなら出るけど」

穂乃果「ふおぉぉぉ…!これも美味しいぃぃ…!よし、決めたっ!」

穂乃果「絵里ちゃん!毎朝穂乃果のために、ボルシチを作ってくださいっ!!」バッ

絵里「えー…イヤよ」

穂乃果「が、がーん…フられた…」

絵里「こんなに手間のかかるもの、毎日毎日作ってられないわ。それに、私ばっかりに任せるのはちょっと不公平だと思わない?」

穂乃果「…え?」

絵里「お料理は当番制にしましょう?ね、旦那様…♪」

穂乃果「ぅ絵里ちゃん…!もうっ!それならいっそのこと、毎朝いっしょに作ろうよ!」

絵里「でも穂乃果、毎朝早起きなんて出来ないでしょう?」クスクス

穂乃果「え~、出来るよ~!」
65: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 01:23:59.19 ID:mhsrvqM3.net
穂乃果「絵里ちゃん見て見て!」クイッ

絵里「どうしたの?眼鏡なんてかけちゃって…」

穂乃果「えへへ…花陽ちゃんに借りたの!どう?かしこそう?」キラーン

絵里「ええ、とっても知的に見えるわ」

穂乃果「本当!?絵里ちゃんにそう言われると、ホントに頭が良くなった気がする…!今ならどんな難問も解けちゃいそうだよ!」

絵里「じゃあ私が問題を出してあげるわ。かしこいかわいいホノーチカなら、もちろん全問正解出来るわよね?」

穂乃果「むむっ!望むところだよ!こいっ!」

絵里「いくわよ…?」

絵里「…3×7(さんしち)?」

穂乃果「21!」

絵里「犬は英語で?」

穂乃果「dog!」

絵里「夏目漱石の長編小説、『我輩は…』?」

穂乃果「犬…と見せかけて、『猫である』!」

絵里「『ニュートンの運動の3法則』を発見したのは?」

穂乃果「ニュートンさん!」

絵里「いいくにつくろう?」

穂乃果「鎌倉幕府!」

絵里「すごい…!穂乃果、あなたは天才よ!!」

穂乃果「へへ~ん!!どんなもん

穂乃果「…ってバカにしてるでしょーーーっ!!」

絵里「…バレたか」ペロッ
70: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 05:27:14.93 ID:mhsrvqM3.net
穂乃果「絵里ちゃん…大事な話があるの…」

絵里「改まっちゃって、どうしたの?」

穂乃果「驚かないで聞いてね?実は、穂乃果と絵里ちゃんは……生き別れの姉妹だったんだよ!!!!」バーン

絵里「……」

穂乃果「……」

絵里「…へぇー」

穂乃果「あれぇ!?反応薄くない!?もっとこう…『な、なんですってーーーっ!?』みたいなリアクションを期待してたのに!!」

絵里「穂乃果が驚かないでって言ったんじゃない…」

穂乃果「それはそうだけど…ショックじゃないの!?」

絵里「そうね…私はもっと前に知らされていたから…」

穂乃果「…え?」

絵里「そのときはすごく驚いて、一晩中涙を流し続けたけど…今はもう気持ちの整理がついたわ。そう…穂乃果のお母様も、ついに話されたのね…」

穂乃果「えっ…ちょっ…えぇ…?」

絵里「穂乃果…たとえ血が繋がっていようとも、私の想いは変わらない…あなたを1人の女性として愛しているわ。穂乃果はどう?」

穂乃果「ど、どうって…」

絵里「姉妹だと知ってなお、私のことを変わらず愛してくれる…?」

穂乃果「ちょ、ちょっと待ってよ!!穂乃果と絵里ちゃんはホントに生き別れの姉妹だったのっ!?冗談のつもりだったのに……ねぇ、嘘だよねっ!?嘘って言ってよ絵里ちゃぁぁぁん…!!」

絵里「ウソよ♪」

穂乃果「くぁあぁあぁぁぁーーーっ!!!!」
76: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 11:00:16.92 ID:mhsrvqM3.net
穂乃果「え~りちゃんに頭撫でら~れた~♪あったかいんだからぁ~♪」

絵里「なぁに、それ」

穂乃果「知らないの!?今話題のお笑いコンビのネタだよ!動画見る?」スマホポチー

絵里「ふーん、今はこんなのが流行ってるのね…」

穂乃果「絵里ちゃんはお笑いに興味ない?」

絵里「そんなことないわよ。ただ、こういうコント形式のネタよりも、普通のしゃべくり漫才の方が好きね」

穂乃果「あー、今はそういうのやる若手芸人さんって少ないよね」

絵里「コントの方が人気だから、いてもなかなか表舞台には出てこれないのかもしれないわね。落語とか漫談とか、日本が世界に誇る素晴らしい文化だと思うのに」

穂乃果「なるほどねぇ…そうだ!ちょっと2人で漫才やってみようよ!」

絵里「穂乃果と私で?無理じゃないかしら…」

穂乃果「いいからいいから!…どうもー!ほのかでーす!」

絵里「あやせでーす」

穂乃果「い、いや、そこは名前にあわせようよ」

絵里「えりでーす」

穂乃果「2人そろってほのえりでーす!よろしくお願いしまーす!」

絵里「聞いてくださいよ。昨日ちょっと近所を散歩していたら、友人の家の庭に牛がいるのを見かけたんですよ」

穂乃果「庭に牛が!」

絵里「ええ。それで、さっきそのことを友人に伝えたらこう言われたんです」

絵里「『何言ってるんだエリー!昨日庭には、俺のワイフしかいなかったぜ!』ってね」


ほのえり「HAHAHAHAHAHA!!!」


穂乃果「…ってこれアメリカンジョークじゃんっ!日本が誇る文化はどこにいったの!?」

絵里「どうも、ありがとうございましたー」

穂乃果「あっ、ここまでがネタだったんだ!!」
83: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/18(土) 16:01:19.60 ID:mhsrvqM3.net
穂乃果「絵里ちゃん、映画レンタルしてきたんだ、いっしょに見よう?」

絵里「穂乃果が映画鑑賞なんて珍しいわね。いいわよ」

穂乃果「じゃあセットするね!」

穂乃果(かかったね絵里ちゃん!これは怖すぎてお漏らしする人が後を絶たないと話題のホラー映画!いつも余裕たっぷりの絵里ちゃんが恐怖におののの…おの…おのく?おの……恐怖する姿をじっくり堪能させてもらうよ!)




ズ…ズズズ…

穂乃果「あ…うぁ…」ガシィィィィ

絵里「ちょ、ちょっと穂乃果…」

ダ、ダレカイルノ!?

穂乃果「く、くるよぉ…絶対後ろから…」

絵里「苦しい…離し

キノセイ…キャァァァァァァァァ!!!

穂乃果「んぎゃぁぁぁ前だぁぁぁぁぁぁ!!!!」ビクモッギュー

絵里「ぐぇぇっ!?」

穂乃果「ふぇっ…ふぇぇぇ…もうやだぁ…なんで絵里ちゃんは平気なのぉ…」

絵里「あなたに締め付けられて内容が頭に入って来な

穂乃果「きゃぁぁぁぁーーーーーっっ!!!?」ビッギュー

絵里「おふぅぅっ!?」

穂乃果「あ…」

絵里「お、落ち着いた?」

穂乃果「チビったぁ……」グスッ

絵里「」

穂乃果「うぅ…こんなはずじゃなかったのにぃ…」

絵里「ハァ…お風呂沸かしてくるから待ってなさい」

穂乃果「だ、だめーーーっ!!いかないで!側にいてぇーーーーっ!!」
93: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 03:41:59.98 ID:KzcQ2ONa.net
穂乃果「……」ジッ

絵里「な、なぁに?そんなにジッと見つめて…」

穂乃果「穂乃果と絵里ちゃんの関係なら、言葉にしなくても伝わるかなって。穂乃果の考えてること当ててみて!」

穂乃果(絵里ちゃん好き!絵里ちゃん好き!)

絵里「うーんそうねぇ、穂乃果のことだから、『絵里ちゃん好き好き大好き♡』ってところかしら」

穂乃果「す、すごい…当たってる!じゃあ次は穂乃果が絵里ちゃんの考えてることを当ててあげる!」

絵里「はいはい…」

絵里「……」ジッ

穂乃果「ふむふむ、なるほど…」

穂乃果「照れるなぁ、『私も穂乃果のことが大好き…いや、愛しているわぁ!』だなんてっ///」

絵里「残念。正解は『穂乃果ったらほっぺたにご飯粒ついてる…』でした」

穂乃果「そ、そういうことは早く言ってよ!!」バッ
100: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 16:33:20.22 ID:KzcQ2ONa.net
穂乃果「またまた暇だねぇ」

絵里「そうねぇ」

穂乃果「…よし!じゃあしりとりでもしようか!」

絵里「うーん、しりとりか…」

穂乃果「ただのしりとりじゃつまんないから…うん、『相手の好きなところ』縛りでやろう!負けたら愛が足りないってことで、罰ゲームだよ?」

絵里「いいわ…おもしろそう」

穂乃果「じゃあ穂乃果から…優しい!」

絵里「いつも元気」

穂乃果「きれい!」

絵里「一生懸命」

穂乃果「いい匂い!」

絵里「い…い…イチゴ好き」

穂乃果「気配り上手!」

絵里「(ホッ…)濁点取るのはありよね?素敵な笑顔」

穂乃果「んー…」

穂乃果「おっぱい!!」

絵里「な…こ、こらっ!!」

穂乃果「ひっ…『い』攻めしてごめんなさいっ」

絵里「そこじゃないわよ!いや、そこも困ってたけど…なによおっぱいって!」

穂乃果「あはは…ホントに絵里ちゃんのおっぱい好きだし、セーフセーフ…それよりほら、絵里ちゃん『い』だよ!」

絵里「……」

穂乃果「……」ワクワク

絵里「ごめんなさい…もう浮かばないわ」

穂乃果「えっ」

絵里「降参よ」

穂乃果「い、いいの?罰ゲームになっちゃうよ?ほら、『インテリ』とか、『色っぽい』とか…たくさんあるでしょ?」

絵里「…ないわね」

穂乃果「ひどーい!!」
105: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/19(日) 18:59:39.37 ID:KzcQ2ONa.net
絵里「……」~♪

穂乃果「絵里ちゃん、何聞いてるの?」ヒョコッ

絵里「んー?穂乃果と海未、ことりの3人が歌うSTART:DASH!!よ」

穂乃果「うわぁ懐かしい!でも、そんな風に改まって聞かれるとちょっと恥ずかしいなぁ…スクールアイドル始めたばっかりで、歌もダンスもよれよれだし…」

絵里「そうね…でも、これはこれで初々しくて、一生懸命で…とっても素敵だと思うわ」

穂乃果「絵里ちゃん…」

絵里「…なんて、今さら虫が良すぎるかしら…」

穂乃果「…えいっ!」ダキッ

絵里「きゃっ…ほ、穂乃果…?」

穂乃果「えへへ…なんだか穂乃果も久しぶりに聞きたくなっちゃった!…いっしょに聞いてもいい?」

絵里「…ええ、もちろん。じゃあ最初から再生し直そうかしら。…はい、イヤホン半分こ」

穂乃果「うんっ!よーし、ミュージックぅ~……」

絵里「…スタートっ!」

ウブゲノコトリ~タチモ~♪

穂乃果「おお…!ことりちゃんの声はこの頃から可愛いなぁ…」

絵里「そうね…あっ、もうすぐくるわよ……ほらっ!穂乃果の声が裏返った!」

穂乃果「も、もうっ!いいよ、いちいちそんなこと言わなくて!」

絵里「次は海未のミスね…今となってはかなり貴重よ。穂乃果は今でもさっきのところで…」

穂乃果「あぁ~んっ!やっぱりいっしょに聞くのやめる~~っ!」

絵里「フフフっ…ごめんごめん、もう何も言わないから…!」
110: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 00:23:43.77 ID:qzAFpSnB.net
絵里「……」ペラ

穂乃果「絵里ちゃん、何読んでるの?」

絵里「ん…」スッ

穂乃果「ハリー・ポッターだ!昔読んだな~!読書は苦手だけど、これだけは特別だったよ!」

絵里「亜里沙がハマっててね。私も読み始めたんだけど、世界中で人気なだけあって面白いわね」

穂乃果「ね~!穂乃果、ダンブルドア校長が大好きだったな~」

絵里「フフ、こんな先生がいたら楽しそうよね」

穂乃果「うんうん!それだけに、スネイプ先生に殺されたときは、思わず泣いちゃったよ…」

絵里「え?」

穂乃果「でもそれには裏があったんだよねぇ。あ~、穂乃果もまた読み返したくなっちゃった!」

絵里「……」

穂乃果「…絵里ちゃん?」

絵里「穂乃果…それって、何巻の話…?」

穂乃果「ダンブルドア先生が殺されちゃう話?たしか最終巻の前だから…第6巻だね!」

絵里「…さて」

絵里「私が今読んでいるのは第何巻でしょうか?」スッ

穂乃果「えっと…炎のゴブレットは4か…」

穂乃果「……」

穂乃果「……あ゙っ…」

絵里「…ウフ♪」ニッコリ

穂乃果「…姿くらましの術っ!!」ダッ

絵里「待ちなさいっ!!ネタバレは重罪よ!!アズカバン送りにしてあげるわぁ!!」
117: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 22:15:00.42 ID:qzAFpSnB.net
キミノコトヲアイシテルンダ…ケッコンシヨウ
バカ…!ズットマッテタ…!

~♪


絵里(なんて素敵なラブストーリーなの…)ウルウル

絵里(ねぇ、ほの…)

穂乃果「…zzz」

絵里「……」

穂乃果「…フガッ!……んぁ…?」ゴシゴシ

客「……!!」ギロッ

絵里(スミマセンスミマセンっ!!)ペコペコ





穂乃果「…ごめんなさい」

絵里「……」ツーン

穂乃果「ほ、ほら、メニュー見て!プリンセスチョコレートパフェだって!穂乃果が奢るから…その…」

絵里「……」フンッ

穂乃果「うぅ……」シュン

絵里「……フゥ」
118: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/20(月) 22:18:19.35 ID:qzAFpSnB.net
絵里「…もういいわよ。そもそも、私がどうしても見たいって言って連れてきたんだし。穂乃果はこういう映画が苦手だって知ってたのに…ごめんね?」

穂乃果「そ、そんなっ…絵里ちゃんは全然悪くないよ!!せっかくデートに誘ってくれたのに、穂乃果…本当にごめんなさいっ!!」

絵里「フフっ…ほら、もう怒ってないから…顔あげて?」

穂乃果「でも…」

絵里「い・い・の!それに…かっこつけて映画館デートなんてするよりも、家でくつろぎながら借りてきたアニメ映画やファンタジー映画を観てた方が私たちらしくていいわよ」クスッ

穂乃果「絵里ちゃん…」

絵里「あっ!でもせっかくだし、チョコパフェはご馳走になろうかしら?」パチンッ

穂乃果「う、うんっ!店員さーん!」ブンブン

絵里「フフフ………あ」

穂乃果「どうしたの?」

絵里「穂乃果と私、2人とも楽しめるジャンルがもう1つあったわ」





『ワンワンッ』
…ポチ?
コタロウ?ドウシタノ?
イマ…ポチノナキゴエガキコエタキガシタンダ…
ソウ…ポチハテンゴクカラ、アナタヲオウエンシテイルノカモネ
ウンッ!!

~♪


穂乃果「うぇっ、えっ…ぶぇぇぇ…ポチ…ポヂぃぃいぃぃぃ……」ポロポロ

絵里「ぐすっ…ハラショー…ハラショーよぉぉぉぉ……」シクシク

客(うるせぇ………)
124: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 20:03:08.78 ID:AvOI/ScL.net
穂乃果「うーん…」

絵里「穂乃果?まだ帰ってなかったの?」

穂乃果「あ、絵里ちゃん。いやぁほら、雨が…」

絵里「あら…思ったより降ってるわね…」

穂乃果「うん…穂乃果、傘持ってきてなくて…」

絵里「ニュース見てなかったの?降水確率80%とかだったわよ」

穂乃果「お母さんにも言われたけど、朝はあんなに晴れてたし、その…急いでたし」

絵里「…寝坊したんでしょ」

穂乃果「うっ…」

絵里「フフ…『雨やめー!』でも試してみたら?」

穂乃果「もうやってみたよぅ!でも全然効果なくて…」

絵里「やってみたのね…まぁ心配しなくても、傘なら………」

穂乃果「? 傘なら?」

絵里「…仕方ないから、私のに入れてあげる。さ、帰りましょう?」

穂乃果「本当!?ありがとう絵里ちゃんっ!えへへ…相合い傘だ♪」ギュッ

絵里「もう…そんなにくっつかれたら歩きにくいわよ」

穂乃果「こうしないと絵里ちゃんが濡れちゃうもん!」

絵里「はいはい…今日は遅くまで1人で生徒会の仕事?」

穂乃果「うん、今ね……







(傘なら…職員室に貸し出し用のがあるんだけどね)
144: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 23:00:28.35 ID:fpi8RA0g.net
穂乃果「よーし!滑るぞー!」

絵里「スケートなんて初めてやるわ…大丈夫かしら」

穂乃果「穂乃果に任せて?手取り足取り教えてあげる!小学生のときは『オトノキの羽生』なんて呼ばれてたんだから!」

絵里「ウソ。羽生選手が有名になったのって最近じゃない」

穂乃果「まぁまぁ…穂乃果の滑りを見ててよ!」

穂乃果(ふふふ…スケート初心者の絵里ちゃんにカッコいいところを見せて、そして…)



絵里『きゃっ』ツルッ

穂乃果『おっと…大丈夫かい?絵里ちゃん…』ガシッ

絵里『穂乃果…ありがとう////』キュン

穂乃果『さぁ、ゆっくりやってみようか…ワン・トゥー、ワン・トゥー…』

絵里『(やだ…穂乃果ってば王子様みたい…///)』トゥクン…



穂乃果(絵里ちゃんの乙女心を鷲掴みだよっ!!)スイッ


ツルッ


穂乃果「!?!?!?」

穂乃果「あ゙っ…」ステーン

絵里「……」
145: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/22(水) 23:01:35.81 ID:fpi8RA0g.net
穂乃果「うへぇぇ…ちべたい…お尻いたーい…」

絵里「あー…もしかして、羽生って将棋の方?」

穂乃果「違うよ!!そんな…小学生のときは滑れたのに…」

絵里「そういうこともあるわよ…それっ!」スイッ

穂乃果「!?」

絵里「おっとと…なかなかバランスとるのが難しいわね…」

客「……」スイーッ

絵里「なるほど、あんな風に重心を移動させて…」スイッスイーッ

絵里「あはっ!見て穂乃果!スケートって楽しいっ!!」クルクルシャーッ

穂乃果「うわぁーーーんっ!!」







穂乃果「え、えええ絵里ちゃん…まだ手を離しちゃダメだよ…?」プルプル

絵里「わかってるってば。ほら、1・2、1・2…」
157: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/23(木) 21:53:32.51 ID:TgHJrrQ0.net
穂乃果「はむはむ…ん~っ♪学校帰りに食べるクレープは最高だね!」

絵里「もう…穂乃果ったら…」スッ

穂乃果「?」モグモグ

絵里「ほっぺたにクリームがついてるわ。ほら、ジッとしてて?」フキフキ

穂乃果「ん……えへへ、ありがとう絵里ちゃん。それでね、…」

絵里「はいはい、私のも一口欲しいんでしょう?」スッ

穂乃果「さっすが絵里ちゃん、わかってるぅ!はむっ♪……うんっ、ブルーベリーの方もとっても美味しい!絵里ちゃんも穂乃果の食べて食べて!」

絵里「じゃあ……ん。もぐもぐ…酸味のきいたイチゴソースが生クリームと絡み合い、絶妙なハーモニーを醸し出しているわね。おいしい」

穂乃果「あははっ、絵里ちゃんレポーターさんみたい!…あっ」

絵里「?」

穂乃果「絵里ちゃんもほっぺにクリームが…♪」

絵里「あら、ホント?」スッ ペロ

穂乃果「ってあーっ!!何で自分でとっちゃうの!?」
158: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/23(木) 21:55:07.46 ID:TgHJrrQ0.net
絵里「だって穂乃果に任せたら直接舐めとられかねないもの」

穂乃果「うっ…行動が読まれてる…。いいじゃんっ、ほっぺについたクリームはそうやって舐めとるものなんだよ?」

絵里「聞いたことないわよ…それに、周りに人がいるのに恥ずかしいじゃない」

穂乃果「むぅ…!絵里ちゃんは穂乃果と一緒にいるのが恥ずかしいんだね」プイッ

絵里「もう、誰もそんなこと…」

穂乃果「ふんっ、いいもんね。あーおいし」パクパクモグモグ

絵里「ハァ……」

絵里「…穂乃果?」スッ

穂乃果「…なぁに、絵里ちゃ……

絵里「またほっぺたに、クリームついてる…」スッ

穂乃果「え…?」


ぺろっ


穂乃果「…………!!」

絵里「……ね?」






絵里「恥ずかしいでしょ…///」フイッ

穂乃果「ソダネ……///」カァァァ
166: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 03:20:51.48 ID:FPu91cbN.net
穂乃果「……ふふ」ペラ…

絵里「おまたせ穂乃果、お茶菓子持ってきたわよ…って何見て……!」

穂乃果「あぁごめん、絵里ちゃんの子どもの頃の写真を綴じたアルバムを見つけちゃって。小さい絵里ちゃんも…」

絵里「……」

穂乃果「…絵里ちゃん?」

絵里「…それ、最後まで見た?」

穂乃果「ううん、まだ半分くらいまでしか見てないけど…」

絵里「なら、そこから先は見ないで欲しいかな…」

穂乃果「え?どうして…?」

絵里「…その先で、私がバレエを始めるからよ」

穂乃果「……」
168: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 03:24:09.57 ID:FPu91cbN.net
絵里「始めたばかりの頃はいいんだけどね…だんだん笑顔の写真が減って、苦しんだり、悔しがったり、泣いたり…情けない表情のものばかりになるの」

絵里「それからは写真を撮られるのも好きじゃなくなっていって…」

絵里「できれば、穂乃果にはそんな私を知ってほしくないな…」

穂乃果「絵里ちゃん…」

穂乃果「…えーいっ!えいえいっ!え~~~いっ!!」ペラッ…ペラペラペラペラペラッ

絵里「ほ、穂乃果!?どうして……」

穂乃果「…ふぅ、最後まで見ちゃった!」パタン

穂乃果「…でもね」

穂乃果「情けない絵里ちゃんなんて、どこにも写ってなかったよ」

絵里「え…」

穂乃果「代わりに写ってたのは…今よりずっと小さいけれど、やっぱり穂乃果の大好きな…かっこよくてかわいい絵里ちゃん」

絵里「ウソよ…泣いた跡が残っちゃって、カメラからそっぽ向いた…滑稽な姿しか…」

穂乃果「そんなことないよ。うまくいかなかったり負けたりして泣いちゃうのは、それだけ踊るのが大好きで、本気だったからでしょ?これはそういう本気の顔なんだよ」

穂乃果「一生懸命何かを頑張ってる人は、それだけでとってもかっこいいと思うな」

絵里「……」

穂乃果「それにほら!踊ってる最中はすごく楽しそうで、笑顔もぷりてぃー!」

穂乃果「だからね…子どものころの絵里ちゃんも、穂乃果が大好きな、憧れの絵里ちゃんに変わりはないよ」 

絵里「……………」
169: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/25(土) 03:27:03.17 ID:FPu91cbN.net
穂乃果「えへへ…」

絵里「……」

絵里(…ああ……)

絵里「…穂乃果」ギュッ

穂乃果「わわっ!?どうしたの絵里ちゃん…?」

絵里「ねぇ…」

絵里「私、ずっと穂乃果といっしょにいたいなぁ…」

穂乃果「と、唐突だね…?」

絵里「だって、今無性にそう思ったんだもの…それに穂乃果といっしょなら、私にも笑顔の写真が増えていきそう…」

穂乃果「……」

穂乃果「…どんな絵里ちゃんも好きだけど、やっぱり絵里ちゃんにはずっと笑っていてほしい」

穂乃果「穂乃果なんかに、そのお手伝いができるなら…」

絵里「…穂乃果にしかできないわ」

穂乃果「なら…穂乃果もずっと、絵里ちゃんの笑顔を一番近くで見ていたいよ」ギュッ

絵里「…本当?約束よ…ずっとそばにいてくれるって…」

穂乃果「うん、約束」

絵里「…ありがとう……」
185: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 00:59:28.95 ID:OeOkOBsJ.net
穂乃果「絵里ちゃん、心理テストやろうよ!面白そうなサイト見つけたんだっ」

絵里「別にいいけど…」

穂乃果「じゃあ…これ!あなたは今誰かと2人きりで空を見上げています。さぁ、その相手とは!?」

絵里「うーんそうねぇ…」

穂乃果「……」ワクワク

絵里「パッと浮かんだのは…」

穂乃果「……!」チラッチラッ

絵里「亜里沙とお散歩に行くことが多いから…」

穂乃果「……」シュン

絵里「……」

絵里「…やっぱり穂乃果かな」

穂乃果「ホントにっ!?えへへ…それはあなたの好きな人なんだって!」パァァ

絵里「思いっきり誘導されたような…まぁいいか、次は私が出すわね」

穂乃果「うん!」

絵里「なになに…あ、これなんて良さそうね。あなたは誰かと喫茶店で抹茶ラテを飲んでいます。その相手とは?」

穂乃果「ふむふむ…そうだねぇ…なんとなくだけど、絵里ちゃんかなぁ…ホント、なんとなくだけどね?」

穂乃果(な~んちゃって!こういうのはたいてい、好きな人とか頼りにしてる人を当てるためのものなんだよ!)

絵里「それはあなたの苦手な人です」

穂乃果「うわぁぁぁあぁぁ!?」ガーン

絵里「あーあ、エリチカショックだな~」クスッ

穂乃果「ち、違うよ、全然そんなことないよ!!信じて絵里ちゃ~~~んっ!!」
189: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 14:32:45.73 ID:OeOkOBsJ.net
絵里「はっ!」

カコーン!

絵里「やった!またストライクよ!見た?穂乃果っ」

穂乃果「……」ムスッ

絵里「お昼は負けた方の奢りって約束、忘れてないわよね?」

穂乃果「…うがー!もう穂乃果の奢り確定だよー!!」

絵里「なによ…最初は『絵里ちゃんすごーい!かっこいいー!』なんて目をキラキラさせてたくせに」

穂乃果「上手すぎて勝負にならないんだもーんっ!もう穂乃果が残り全部ストライクをとって、絵里ちゃんが全部ガターとかじゃないと…それっ!」

カコーン!

絵里「おぉっ、やるじゃない穂乃果!ストライクよ!」

穂乃果「よしよし…これで絵里ちゃんがミスを連発すれば…!」

絵里「悪いけどそうはいかないわ。ターキーを取ると景品でチョコレートがもらえるみたいだし…いくわよっ!」タタタッ

穂乃果「…あーっ!亜里沙ちゃんがチャラチャラしたお兄さんと手を繋いで歩いてるー!!」

絵里「…!? 」ズルッ

ガコッ

絵里「な、何ですって!?認められない…」クルッ

穂乃果「……」テヘッ☆

絵里「穂乃果……?」ピキピキ
190: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/26(日) 14:35:43.90 ID:OeOkOBsJ.net
穂乃果「ふっふっふ…騙し騙され、勝負の世界とは非情なものなのだよ…ほら、2投手目きたよ絵里ちゃん!」

絵里「……」ブンッ

カコンッ

穂乃果「6本か…集中力が切れてきたかな?」ウププ

絵里「…穂乃果がそういうつもりなら、私も穂乃果を邪魔したって文句は言えないわよね?」

穂乃果「どうぞどうぞ、ご自由に~♪」スッ

絵里「……」

穂乃果(もう遅いよ絵里ちゃん…初めから邪魔が入ると分かっていれば、何を言われても平気だもんね!)

穂乃果(ここから一気に…逆転だっ!!)タタタッ

絵里「…そういえば」


絵里「昨日の夜の『アレ』…跡が残ったりしてなかった?」


穂乃果「」ズルステーン


コロコロコロ…ガコン








穂乃果「~~~~~っ!!///」ポカポカポカ

絵里「……」ナデナデ
207: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 22:38:59.04 ID:MOAnQO4r.net
穂乃果「じゃーんっ!絵里ちゃん、ほむまん作ってきたよ!一緒に食べよ?」

絵里「へぇ…これ全部穂乃果の手作りなの?」

穂乃果「まぁね!しかもただのほむまんじゃないんだなー、これが!名付けて『ロシアンほむまん』!!」

絵里「ロシアンほむまん…?」

穂乃果「そっ!3つのうち1つは普通のほむまんなんだけど、ハズレのほむまんにはた~っぷりからしが入ってるの!さっそく2人で…」

絵里「ストップストップ。イヤよ、どうしてそんな危険を冒して食べなくちゃならな…

穂乃果「…当たりは穂乃果特性・『チョコレートほむまん』だよ?」

絵里「……」ピクッ

穂乃果「あの厳しいお父さんお墨付きの逸品なんだけどな~。それに、ロシアの血が流れてる絵里ちゃんがこのゲームから逃げるなんて…お祖母ちゃんが泣いてるよ~?」

絵里「言うじゃない穂乃果…いいわ、やりましょう」ドン

穂乃果「そうこなくっちゃ!じゃあ穂乃果が先攻ね!…」

穂乃果(ひひひ…かかったね絵里ちゃん!さっきのはちょっと嘘で、実は3つのうち2つがからし入りほむまんなんだよ!当たりのチョコレートほむまんは穂乃果から見て右端の…)

穂乃果(……)

穂乃果(…あれ?)

穂乃果(『穂乃果から見て』だっけ?『絵里ちゃんから見て』だっけ?)ダラダラダラ

絵里「穂乃果?取らないなら私から選ぶわよ?そうね、この右端のほむまんを…」

穂乃果「ぅあっ!?だ、ダメ!ちょっと待って!?」

絵里「? どうかした?」

穂乃果「い、いやそのぉ…端っこのほむまんより、真ん中のやつがいいんじゃないかなー…なんて…」ハハハ…

絵里「……」

絵里「穂乃果…もしかして何か細工をしたんじゃないでしょうね……」

穂乃果「え、ええっ!?や、やだなぁ絵里ちゃん、穂乃果がそんな卑怯なことするわけないでしょ?うん、穂乃果はこっち端のを選ぶよ!じゃあせーので……」







絵里「んっ…お饅頭にチョコレートって合うのね…」モグモグ

穂乃果「み、水ぅぅーーーーーー!!誰かぁぁあぁーーーーっっ!!!!」
213: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/28(火) 22:13:10.61 ID:ZmgL4dhh.net
絵里「……」ガチャ

絵里「!」

穂乃果「…zzz」スピー

絵里「……」

絵里「……」スタスタスタ

絵里「……フゥ」ストン

絵里「……」チラ

穂乃果「…zzz」ムニャムニャ

絵里「……」

絵里「……」ツンツン

穂乃果「んぅ…」

絵里「……ウリウリ」プニプニ

穂乃果「ん…んんー…っ」イヤイヤ

絵里「……」クスクス

穂乃果「…むぅ……zzz」

穂乃果「…あむっ」パクッ

絵里「!?」

穂乃果「ちゅぱちゅぱ…zzz」

絵里「……!!……っ!?」ピクンッ

穂乃果「…♪」レロレロレロレロ

絵里「~~~~~~~~っっ!!!?///」






穂乃果「んぁ…?うわっ!?穂乃果寝てた!?」ガバッ

穂乃果「…って絵里ちゃんどうしたの?そんなに息を切らして…」

絵里「な、なんでも…ないわ…」ハァ…ハァ…
222: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/29(水) 14:46:44.94 ID:4Eg6IYze.net
先生「次の問題は仮定法だな。解説入る前に要点だけ復習しとくぞ────」

絵里「……」カリカリ

絵里(……ふぅ)チラ

絵里(あ。2年生が体育やってる…ということは…)

絵里(…いたいた)


穂乃果『───!』ムキーッ
海未『………』フフン
ことり『~~…』マァマァ…


絵里(フフ…海未に100m走で負けた穂乃果をことりがなだめてる…ってところかしら)

絵里(なんて言うんだろ…ああいうの、すごく……いいな…)ボーッ


穂乃果『!』


絵里(あ…)


穂乃果『~~~~!!』ブンブンブン


絵里(……)チラ

先生「過去完了の場合は過去の事実と反対の仮定を行い────」

絵里(…もう、穂乃果ったら……)フリフリ


穂乃果『…!!」

穂乃果『~~~~っ♪』ブンブンブンブン!!


絵里(フフフ……あ、ヤバ…)


体育教師『─────!!』ドカーン
穂乃果『~~~~~っ!!』ウヒーッ


絵里(…あちゃー)

先生「以上を踏まえて…そうだな…絢瀬、答えは?」

絵里「…はい。3番の─────」



絵里(もしも私が穂乃果と出会えてなかったら…)

絵里(…少なくとも、穂乃果は先生に怒られずに済んだかな?)クス
234: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 22:53:11.08 ID:DqTAzxL3.net
穂乃果「ふっ…ふっ…!!」

絵里「お邪魔しま……何やってるの?」

穂乃果「見たら…わかるでしょ…?腹筋…だよ…!」

絵里「それはわかるけど…もしかして、またダイエット?」

穂乃果「そうなの…海未ちゃんに『今度は余分な脂肪を全て筋肉に変えるまでです!』なんて言われちゃってさ…そうだ!絵里ちゃんも手伝ってよ!」

絵里「手伝うって…」

穂乃果「次は腕立て伏せだから…うん、穂乃果の背中に乗っかってくれない?」

絵里「えぇ…?」

穂乃果「さぁ絵里ちゃん!早く!」

絵里「乗っかるって…腰掛けるってことでいいの?そう簡単には持ち上がらないと思うけど…」

穂乃果「だからいいんだよ!さっさと痩せて、またクレープをお腹いっぱい食べるんだ…!」

絵里「ダイエットの意味…」

穂乃果「ほら絵里ちゃん!カモーン!」

絵里「もう…わかったわ。じゃあ座るわよ…?」

トス
235: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/04/30(木) 22:55:42.56 ID:DqTAzxL3.net
穂乃果「おぅふ…よし!このまま腕を曲げて……!」グッ

穂乃果「……あぅっ」ベチャ

絵里「穂乃果っ!?大丈夫!?」

穂乃果「だ、大丈夫、ここから持ち上げるから…!ふぬぬぬぬぬ…!!」グググ

絵里「あ、危な…無理しない方がいいわよ、重いでしょう?」ユラユラ

穂乃果「え、絵里ちゃんは重くなんかないよ!ふんぬぅぅぅぅ…!!」ググッ

絵里「別に私は体重を気にしてなんか…わわっ!?」

穂乃果「どうだっ…!!」テーン

絵里「ってイスみたいになってるじゃない!どうして膝ついてるのよっ!?」

穂乃果「い、意外ときつくて…」プルプル

絵里「なら今降りるから…こんな所を誰かに見られたら、変な誤解をまね



雪穂「……」

亜里沙「…ハルァショー」



絵里「」

穂乃果「え、絵里ちゃん…もう限界ぃ…許してぇ…」カクカク

絵里「ちょ…何口走って


雪穂「…お邪魔しました。いこ、亜里沙」

亜里沙「う、うん…お姉ちゃんと穂乃果さんは何をしていたの?」

雪穂「あれは女王様プレイと言って…」

絵里「違うわよ!!亜里沙に変なこと教えないでちょうだいっ!!」
239: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/01(金) 23:55:37.44 ID:gbQlXfsq.net
穂乃果「え~りちゃんっ!」ガバッ

絵里「わっ!?」

穂乃果「えへへ…だ~れだっ♪」

絵里「もう…こんなことするのは…」

絵里「……」

絵里「凛ね?」

穂乃果「えっ」

絵里「違った?」

穂乃果「ち、違うよ!凛ちゃんじゃありませーん!」

絵里「じゃあ…にこ?」

穂乃果「にこちゃんでもないよ!」

絵里「まさかの海未?」

穂乃果「まさか過ぎるよ!」

絵里「希」

穂乃果「違う!」

絵里「ことり」

穂乃果「違う!!」

絵里「花陽」

穂乃果「違ーう!!!絵里ちゃん、ホントに…」

絵里「ごめんごめん…でも、嬉しいわ」

穂乃果「えりちゃ…!

絵里「あの真姫がこんな風に

穂乃果「うわぁぁ~~~んっ!!ぅ絵里ちゃんのばかぁ~~~~っ!!」ダッ

絵里「…やりすぎたかしら」
243: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/02(土) 13:02:08.69 ID:FFZsbFJa.net
「…ちゃん……絵里ちゃん…」

「ん…穂乃果…?どうしたの?こんな時間に…」

「…今日は絵里ちゃんにお別れを言いに来たんだ」

「お別れ…?何を言ってるの…?」

「絵里ちゃん、今まで本当にありがとう。穂乃果がいなくなっても…元気でね」

「待ってよ…わけがわからないわ…!!」

「さよなら……」

「イヤ…そんなのイヤよ…!私を1人にしないで…!穂乃果…穂乃果ぁ…!!」




絵里「ほの……!!」ガバッ

絵里「……」

絵里(ゆ、夢……?)






絵里「……」モギュー

穂乃果「え、絵里ちゃん…ちょっと苦しいよ。もう少し力を緩めて…」 

絵里「…やだもん」

穂乃果「…どうしたの?今日の絵里ちゃんはずいぶん甘えんぼさんだね」

絵里「う…いいじゃない、私だって誰かに甘えたくなるときもあるわ…」

穂乃果「絵里ちゃん……そうだよね。穂乃果でよかったら、いつでも甘えさせてあげる」キュッ

絵里「…これからも、ずっとよ?私を置いてどこかに行っちゃったりしないでね…?」

穂乃果「しないしない」ポンポン

絵里「うん……」
248: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/03(日) 15:22:26.20 ID:FSRO6nu/.net
穂乃果「……」ゴゴゴゴゴゴ

絵里「……」ゴゴゴゴゴゴ

穂乃果「…絵里ちゃんのお祖母ちゃんから送られてきた最高級チョコレート」

絵里「残るは…あと1つ」

穂乃果「…ここは年下の穂乃果に譲るべきじゃないかな?」

絵里「先輩後輩はなしでしょう?それにこれは元々私に送られてきたものよ。ちょっと考えればどちらが食べるべきかわかりそうなものだけど」

穂乃果「『穂乃果と一緒に食べた方が美味しいから』なんて言ってたのに、今さらそういうこと言っちゃうんだ」

絵里「…わかったわ。ここは公平に…」

ほのえり「…じゃんけんよ(だ)!!!!」バッ

穂乃果「……」ジリッ

絵里「……」ジリッ

穂乃果「…穂乃果、パーを出そうかな」

絵里「へぇ…なら私はチョキを出すわね」

穂乃果「…絵里ちゃん、穂乃果のこと疑ったりしてないよね?」

絵里「もちろんよ…私は穂乃果を信じているわ」

穂乃果「…そっか」

ほのえり「……………じゃんけんっ…!!!!!」ズアッ

穂乃果「ほいっ!!!!」グー

絵里「ぽいっ!!!!」パー

穂乃果「…うっわぁぁぁーーーーーっ!!!絵里ちゃ…絵里ちゃんうわぁーーーーーーーっ!!!」

絵里「はい、私の勝ち」パク

穂乃果「ひどー!!穂乃果のこと疑わないって言ったのにぃ!!」

絵里「疑ってないわよ。私は穂乃果がグーを出すと確信していたもの」モキュモキュ

穂乃果「それ、最初から穂乃果が嘘ついてると思ってたってこと!?絵里ちゃんは穂乃果のことそんな風に見てたんだー!!」

絵里「で、実際嘘だったじゃない」ゴクン

穂乃果「うっ…そ、それでも絵里ちゃんには穂乃果の言葉を信じて欲しかったなー!!これはこれから先の関係にまで影響するんだからね!!あーあ、穂乃果、もう絵里ちゃんのこと…

絵里「…穂乃果」ギュッ

穂乃果「!! 絵里ちゃ……///


絵里「最後のが一番おいしかったわ…」フッ

穂乃果「むっきぃぃぃぃーーーーーーっ!!!」ダンダンダン
263: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/04(月) 21:36:28.52 ID:4tRU8xD+.net
穂乃果「えり…ちゃ…ひゃんっ」

絵里「ごめんなさい…痛かった?」

穂乃果「ううん…穂乃果は、大丈夫だから…」

穂乃果「そのまま…奥までっ…」

絵里「わかったわ」

穂乃果「はぅぅっ…絵里ちゃんの…入ってくるぅ…!」

絵里「……」

穂乃果「あんっ!そこっ…気持ちいい…っ」

絵里「……」

穂乃果「はぁ…はぁ…絵里ちゃん、もっと…もっとちょうだい…!」

絵里「…穂乃果」

穂乃果「あぁっ…!絵里ちゃん…絵里ちゃ





絵里「こら」ビシッ

穂乃果「あうっ」

絵里「耳かきしてるだけなのに変な声出さない」カキカキ

穂乃果「ちぇー」

絵里「まったく…ほら、ジッとしてて?間違って刺しちゃったりしたら大変よ」カキカキ

穂乃果「たははっ!くすぐったい、くすぐったいよ絵里ちゃんっ!」

絵里「がまんがまん。もうすぐ終わるから…」カキカキ

穂乃果「う、うん…あは…あははっ…!」

絵里「ふ~~~~~~~っ…」

穂乃果「わひゃっ!?…そ、それダメって言ってるのにぃ~っ♡」ジタバタ
268: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:03:02.18 ID:cDVXMZJo.net
穂乃果「……」ムスッ

絵里「どうしたの?穂乃果…」

穂乃果「絵里ちゃん…これは何?」

絵里「何って…」


ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂ぽのか「」デーン


絵里「ぬいぐるみだけど…」

穂乃果「…このぬいぐるみ、穂乃果に似てない?」

絵里「あ、やっぱりそう思う?アーケード内で見かけて思わず取っちゃったのよね」

穂乃果「……」

絵里「飾っておくだけでも和むのだけれど、こうやって膝に置いて勉強したり…」

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂ぽのか「」ポス

穂乃果「……」

絵里「抱きかかえながら読書したり…」

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂ぽのか「」モフッ

穂乃果「……」

絵里「頭を撫でながらスマホを操作するのがお気に入りなの」

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂ぽのか「」ナデリ

穂乃果「……」


ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂ぽのか(穂乃果ビジョン)『うらやましい?』ニヤ


穂乃果「…うがーーーっ!!」ポイー

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂ぽのか「」ボムッ

絵里「ちょぉっ!?」
270: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:10:25.89 ID:cDVXMZJo.net
絵里「何するのよほの

穂乃果「てぇーいっ!」ダイブッ

絵里「きゃっ……ほ、穂乃果?いったい…」

穂乃果「…穂乃果、最近絵里ちゃんにナデナデされてない」プクッ

絵里「え?」

穂乃果「ましてや、抱っこなんて…」

絵里「……えっと…」

絵里「もしかして穂乃果…ぬいぐるみに嫉妬してる…?」

穂乃果「わ、笑いたいなら笑えばいいじゃんっ!」

穂乃果「でも、ホントに穂乃果…」

絵里「……」

絵里「…フフっ」

絵里「まったく…仕方ないわね…」ナデッ

穂乃果「あ…」

絵里「寂しい思いをさせてごめんね?許して?」ナデナデ

穂乃果「……」

絵里「…ね?」ナデナデ

穂乃果「……一日中めいっぱい甘やかしてくれたら、許す…」ギュッ

絵里「仰せの通りに」クスッ

穂乃果「……えへ///」
272: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:16:37.71 ID:cDVXMZJo.net
後日


穂乃果「……」テクテク

穂乃果「!」

【新登場!!】ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ絢瀬える「」ズモモモモモモ

穂乃果「…………」






絵里「穂乃果…これはどういうことかしら?」ゴゴゴゴゴ

穂乃果「ん?……あ゙っ」

ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ絢瀬える「」

絵里「最近穂乃果からのスキンシップが減ったなーと思っていたら…こういうことだったの…」

穂乃果「い、いやぁ…これはその…」

絵里「私にはあんなこと言っておいて、自分はぬいぐるみとよろしくやっていたのね…」

穂乃果「ちがっ…その、一時の気の迷いで…だから…!」

絵里「いいわよ…私もあの子(ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ高坂ぽのか)とよりを戻すから。さよなら」ツンッ

穂乃果「ご、ごめんなさぁ~いっ!!もう浮気はしないから~~~っ!!」モッギュー
273: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:18:14.30 ID:cDVXMZJo.net
※その後、もう一体ずつ手に入れお互いの部屋に並べて飾ることになりましたとさ
308: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 23:14:30.35 ID:4oQElM28.net
穂乃果「ひょえー!絵里ちゃん、浴衣すっごく似合ってる!」

絵里「ありがとう…穂乃果もとっても可愛らしいわよ」

穂乃果「えへへ…そうかな?さ、今日は待ちに待った夏祭り!初めての絵里ちゃんをしっかりエスコートしてあげるからね!」

絵里「お祭りにエスコートなんてあるのかしら…」

穂乃果「ほら、いこっ!」ギュッ

絵里「ちょっ…急に走り出さないでよ…!」
309: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 23:15:53.71 ID:4oQElM28.net
穂乃果「せいっ!」ヒョイッ

金魚「」ダレカタスケテー

絵里「ハラショー…!うまいのね、金魚すくい…」

穂乃果「小さい頃からずっとやってるからね!ほら、絵里ちゃんも!」

絵里「じゃあ…それっ」

金魚「」ムリヨムリヨ

絵里「あ…」ポチャン

穂乃果「ただすくおうとしてもダメだよ。こう…シュッと入れてパッとしてサッて感じ!」

絵里「ぜんっぜんわからないんだけど…あ、破けちゃった」

穂乃果「ありゃりゃ…穂乃果の分使う?」

絵里「ううん、もう充分。私は穂乃果がやってるのを見てたいな」

穂乃果「そう?じゃあ張り切ってすくっちゃうからね!えいえいっ!」ヒョイヒョイ

絵里「すごいすごい!テレビに出てる名人さんみたい!」

穂乃果「えへへへ…まだまだいくよ~っ!」

金魚すくいのおっさん「も、もう勘弁しとくれ穂乃果ちゃん…!」
310: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 23:17:27.76 ID:4oQElM28.net
絵里「これは何?」

穂乃果「型抜きだよ!こうやって、爪楊枝で真ん中の絵柄をくり抜くの!割らないで上手くくり抜けたら景品が貰えるんだ~!」

絵里「なるほど…やってみるわね」



穂乃果「…じゃーん!完成!」

絵里「へぇ…意外ね、穂乃果ってこういう作業は苦手そうなのに」

穂乃果「どういう意味?」ジトッ

絵里「さぁ?…よし、私も出来たわ」

穂乃果「わぁ!初めてなのに上手!流石絵里ちゃん!」

絵里「簡単そうなのを選んだからね」

穂乃果「ちなみに、これは食べられるんだよ?」

絵里「えー、嘘?」

穂乃果「本当だよ~!ほらっ」パクッ

絵里「あ」

穂乃果「…ごくん。ね?味はあんまりだけど…ってどうしたの?」

絵里「いや…せっかく上手にくり抜いたのに、景品もらう前に食べちゃったから…」

穂乃果「……」

絵里「……」

穂乃果「…あーーーーーっ!!」ガーン

絵里「もう一回ね」クスッ
312: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 23:20:46.55 ID:4oQElM28.net
穂乃果「ラブアロー…シュートっ」パコンッ

絵里「また当たった…ホント、何でも出来るのね」

穂乃果「えへへ、射的は海未ちゃんの方が上手なんだけどね。簡単なやつなら穂乃果でも倒せるよ!」

射的のおっさん(ぐぬぬ…調子に乗りやがって…だが…)

穂乃果「お次は隣のお菓子の箱を…!」パコンッ

シーン

射的のおっさん「……」ニヤリ

穂乃果「…あれ?おかしいな、当たったはずなのに…もう一度!」パコンッ

シーン

穂乃果「あれれぇ?当てる場所が悪いのかな?」

絵里「……」

射的のおっさん(悪いなお嬢ちゃん…毎年やられっぱなしじゃ

絵里「ねぇ…もしかしてだけど…」ジーッ

絵里「倒れないように何か細工がしてあるんじゃ…」

穂乃果「えっ!?」

射的のおっさん「」ギクッ

絵里「ちょっとお店の人と話をして…」

穂乃果「絵里ちゃんっ!おじさんはそんな卑怯なことしないよ!」

射的のおっさん「」グサッ

絵里「可能性の話をしているだけよ。いい?世の中、穂乃果が思ってるような良い人ばかりじゃないのよ?」

穂乃果「そんなのわかってるよ!でも、穂乃果はおじさんのこと信じてるもん…」ウルウル

射的のおっさん「」グサグサッ

絵里「…そうよね。悪かったわ、変なこと言って。後で海未に挑戦して

射的のおっさん「…負けたよ、穂乃果ちゃん」スッ

穂乃果「へ?おじさん、これ…」

射的のおっさん「持って行きな…おじさんは一から出直してくらぁ」

穂乃果「???」

絵里「……」ジーッ

射的のおっさん「と、というわけで今日は店じまい…」スタコラ
313: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 23:22:58.16 ID:4oQElM28.net
穂乃果「あむっ!ほふほふ…ん~、おいひー♪」

絵里「たこ焼き5個入りでその値段はぼったくりじゃないかしら…」

穂乃果「もぐもぐ…絵里ちゃんは何を買ったの?」

絵里「焼きそばよ。焼いてるところを見て美味しそうだなーって思ったんだけど…」パサパサ

穂乃果「…ごくん。もう、雰囲気だよ雰囲気!こういうのは食べ物の味だけじゃなく、お祭りの雰囲気も合わせて楽しむものなのっ!ほらっ!」スッ

絵里「え?」

穂乃果「一個あげる!あーんして♪」

絵里「い、いいわよ別に…」

穂乃果「え・り・ちゃんっ!」

絵里「あぁもう…わかったから…あ、あーん…」

穂乃果「…どう?おいしいでしょ!」ニコッ

絵里「……」モグモグ

絵里「…そうね。悪くないかも…」

穂乃果「えへへ…よーし!わたあめにりんご飴、たい焼き、焼きトウモロコシ、チョコバナナ、クレープ…全制覇するぞ~っ!」

絵里「また太るんだから…それに、お金はあるの?」

穂乃果「お盆に親戚の人たちにお小遣いもらったから大丈夫!」ドヤッ

絵里「呆れた…」クスッ
314: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 23:26:41.43 ID:4oQElM28.net
ヒュルルルル…ドンッ

穂乃果「た~まや~っ!」

絵里「花火大会までやってるなんて…すごいわね…」

穂乃果「ねーっ!」キラキラ

絵里「……」

絵里「穂乃果…」

穂乃果「ん?」

絵里「…今日は誘ってくれてありがとう。とっても楽しかったわ」

穂乃果「絵里ちゃん…うんっ!楽しんでくれたなら良かったよ!」

絵里「不思議ね…穂乃果とこうやってお祭りを楽しんで、一緒に花火を見上げる日が来るなんて…少し前まで思ってもみなかった…」

穂乃果「そうだね…」

絵里「…フフ」

穂乃果「!」

絵里「本当にキレイね、花火…」

穂乃果「……」ポケー

絵里「…ん?どうかした?私の顔に何かついてる?」

穂乃果「あっ…いや、その…」

絵里「?」

穂乃果「花火もキレイだけど…それよりも、絵里ちゃんの横顔に見とれちゃって…たはは///」

絵里「穂乃果…」

穂乃果「あ…花火ね!花火見よっか!いやぁ、日本の夏はやっぱりこれだよねぇ、うん」

絵里「……」クスッ

絵里「ねぇ穂乃果…」

穂乃果「な、なぁに?」

絵里「キス…したいな」

穂乃果「……」



穂乃果「………へっ!?///」
317: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 23:40:41.22 ID:4oQElM28.net
絵里「いいでしょう?」

穂乃果「なっ…だ、ダメに決まってるよ!こんなに人がたくさんいる中で…!」

絵里「みんな花火に夢中で、私たちのことなんて誰も見てないわよ」

穂乃果「え、絵里ちゃんっ…ちょっと…!」

絵里「穂乃果がいけないのよ?あんなに可愛いこと言うから…」

穂乃果「そんな…穂乃果は…」

絵里「それとも…」



絵里「穂乃果は私とするの…嫌?」

穂乃果「っ…」

絵里「穂乃果…」

穂乃果「……」

穂乃果「…もぉ」



穂乃果「……1回だけ…だよ…?」

絵里「…ええ」

絵里「善処するわ……」スッ



ヒュルルルルルル…ドンッ ドドンッ パラパラパラ…
328: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:21:41.29 ID:AfJOsMtm.net
穂乃果「ワ~レ~ワ~レ~ハ~ウ~チュ~ウ~ジ~ン~ダ~~~~」

絵里「人の家の扇風機に向かって何してるのよ…」

穂乃果「いやぁ、あはは…扇風機を見ると無性にやりたくならない?あ゙~~~~♪」

絵里「高校生にもなって…子どもなんだから」クスッ

穂乃果「どうせ穂乃果は子どもですよ~っだ!あ、ちょっとお手洗い貸りるね!」パタパタ

絵里「はいはい、いってらっしゃい」

絵里「……ふぅ」

絵里「……」

絵里「……」チラ



扇風機「」ブフォー



絵里「……」



穂乃果『あ゙~~~~♪』



絵里「……」

絵里「……」ススス

絵里「……」

絵里「……あ…」



絵里「あ゙~~~~…」

絵里「……!」



絵里「…ワ~レ~ワ~レ~ハ~♪」

絵里「ウ~チュ~…………………!!!」ハッ





穂乃果「……」ポカーン

絵里「」
330: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 22:24:50.27 ID:AfJOsMtm.net
穂乃果「……」

絵里「……」

穂乃果「……」

絵里「……」

穂乃果「……」スッ

絵里「……」



パシャー



穂乃果「…………」

絵里「…………」



穂乃果「……」クルッ

絵里「……」スクッ



穂乃果「…っ!!」ダッ

絵里「…っ!!」ダッ






穂乃果「あはははははっ!!見~ちゃった~♪見~ちゃったぁ~~~っ♪」ダダダダダ

絵里「穂乃果ぁーーーっ!!待ちなさぁぁーーーーいっ!!!」ダダダダダ

穂乃果「やだよ~~~っ!!さっきの写真、μ'sのグループLINEに載っけちゃうもんね~~~~~っ!!」ポチポチ

絵里「あぁぁぁっ!!そんなことしたらぜぇっっったい許さないんだからぁーーーーーっ!!!!///」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)
338: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 00:07:23.86 ID:YPDp+i7x.net
穂乃果「いやぁ、今日はスイカがうまいっ!」

亜里沙「ハルァショー!塩をかけたらホントに甘くなりました!」

穂乃果「ね?言ったでしょ?」

亜里沙「不思議…どうして塩をかけたのに甘くなるんですかっ?」

穂乃果「え゙っ…そ、それは…」

絵里「対比効果って言って、塩がスイカの甘味を引き立たせるから甘くなったように感じるのよ」

穂乃果「…というわけだよ!」

亜里沙「へぇ~!」

雪穂「お姉ちゃんは知らなかったくせに」

穂乃果「うぐっ…さ、さぁ亜里沙ちゃん!スイカを食べ終わったら必ずやることがあるんだよっ!」

亜里沙「オー!ジャパニーズスイカ割り!?」

絵里「もう割った後でしょう?」

亜里沙「そっか…じゃあ何を…?」

穂乃果「ふっふっふ、それはね…『種飛ばし』だよ!!」

亜里沙「種飛ばし…!?」

雪穂「えぇー…」

穂乃果「口からスイカの種を飛ばして、飛距離を競うんだっ!」

亜里沙「わぁ…楽しそう!」

穂乃果「よし、勝負だ亜里沙ちゃんっ!」ダッ

亜里沙「はいっ!」ダッ

絵里「……」

雪穂「……」



えりゆき「…………」
339: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 00:10:34.67 ID:YPDp+i7x.net
キャッキャッ♪



雪穂「はぁ…変わらないなぁ、お姉ちゃんは…」

絵里「フフっ…でも、子どもの笑い声やセミの鳴き声を遠くに聞きながら縁側でスイカを食べる…これって、まさに日本の夏って感じじゃない?」

雪穂「その子どもが実の姉と親友じゃなかったら、さぞかし穏やかな気持ちになれたんでしょうねぇ」

絵里「そんなこと言って…」クスッ

雪穂「な、何ですか?」



穂乃果「お~い!絵里ちゃんと雪穂もやろうよ~っ!」

亜里沙「お姉ちゃーん!雪穂ーっ!」



雪穂「…やれやれ、私たちがそんなことするわけ

絵里「はいはーい。今行くわー」

雪穂「…ってやるんですかぁぁぁぁっ!?」

絵里「そんなに驚く?」

雪穂「いや…だって絵里さん、そんな子どもみたいな…」

絵里「私たちはまだまだ子どもよ」

雪穂「そういうことじゃなくてですね…」

絵里「いいじゃない。2人を見てたらちょっとやってみたくなったんだもの。雪穂ちゃんだって羨ましそうに見てたでしょう?」

雪穂「な…わ、私はそんな…っ」

絵里「フフフ…そうやって意地ばかり張ってると、後悔するわよ?」

絵里「…誰かさんみたいにね♪」

雪穂「え…?」

絵里「今どっちが勝ってるのー?」テクテク

雪穂「……」
340: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/12(火) 00:15:26.87 ID:YPDp+i7x.net
オネエチャンスゴーイッ!
マァネー
ウワーン、ホノカノキロクガー!



雪穂「……」ポケー

雪穂(…そういえば)


絵里「あははははっ…!」


雪穂(絵里さんって、あんなに楽しそうに笑う人だったっけ…)


穂乃果「なはははははっ!!」


雪穂(…お姉ちゃんに毒されたんだな、きっと)

雪穂(スクールアイドルをやるなら、私は絵里さんみたいなクール系かなと思って、密かに目標にしてたんだけど…)

雪穂(でもまぁ)

雪穂(亜里沙もよく言ってるけど…今の絵里さんの方が、ずっと……)



穂乃果「雪穂も早くおいでよ~っ!絵里ちゃんに勝てるの、もう雪穂しかいないんだから~~~っ!」

絵里「……」ニコッ…



雪穂(…やれやれ)クスッ

雪穂「しょーがないなー…!」
354: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 00:14:57.21 ID:oYba6GXW.net
穂乃果「ねぇ絵里ちゃん、『熱中症』ってゆっくり言ってみて!」

絵里「なによ突然…」

穂乃果「いいからいいからっ!」

絵里「暑いのに元気ねぇ……ねーっちゅーしょー…」

穂乃果「えへへ…んちゅ~……♡」

絵里「こら、ストップ。何しようとしてるのよ」ガシッ

穂乃果「うぐ……だ、だって絵里ちゃん、今『チューしよう』って言ったじゃんっ!」

絵里「言ってないけど…」

穂乃果「『熱中症』ってゆっくり言うとそう聞こえるのっ!」

絵里「私には聞こえないもの」

穂乃果「聞こえるよー!ねーっちゅーしょー!…ほらぁ!」

絵里「えー?」

穂乃果「ねーっ!ちゅー!しょー!」

絵里「んー」

穂乃果「ね~っ!ちゅ~~っ!!しょ~~~っ!!!」

絵里「おー?」

穂乃果「ねぇ~~っ!!ちゅぅ~~っ!!しよ………………



ちゅっ



穂乃果「……………んんっ!?///」

絵里「♪」チゥ



穂乃果「…っ、ぁ………」

穂乃果「え、えりちゃ…」

絵里「……フフっ♪」



絵里「たしかに聞こえたわ♡」

穂乃果「……ズルい~~~~~っ!!///」ポカポカポカ
365: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/14(木) 23:32:22.85 ID:oYba6GXW.net
穂乃果「絵里ちゃん見てっ!どーん!」

絵里「これ…かき氷機…?」

穂乃果「そう!フリーマーケットで見つけて衝動買いしちゃった!」

絵里「また無駄遣いして…」

穂乃果「無駄じゃないもんっ!そんなこと言う絵里ちゃんにはかき氷作ってあげないよ~っだ」プイ

絵里「はいはい……私も冷た~いかき氷が食べたくて仕方ないんです。どうぞ私にもご馳走してください、買い物上手な穂乃果さん?」

穂乃果「…うむ、くるしゅーない!最初からそう言ってくれればいいのに!夏はやっぱりかき氷だよねぇ~♪」

絵里「フフ…現金なんだから…」

穂乃果「シロップもたくさん買ってきたんだよ?イチゴにブルーハワイ、メロン、マンゴー…」ヒョイヒョイ

絵里「…?」

絵里「ねぇ穂乃果…」

穂乃果「なぁに?」

絵里「その……肝心の氷は?」

穂乃果「? 冷凍庫にあるでしょ?」

絵里「いや…これ業務用の古いタイプだから、ブロックの氷がないと…」

穂乃果「……」

絵里「……」

穂乃果「……」ゴリゴリ…

絵里「……」フルフル

穂乃果「……」ゴリリ…

絵里「……」



絵里「…かき氷はまた今度にして、コンビニにアイスでも買いに行く?」クスッ

穂乃果「うん…」
378: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/16(土) 16:59:10.35 ID:3EkyNZj4.net
絵里「……」

絵里「……」カイカイ

絵里「っ…」

蚊「^^」プーン

絵里「……」イラァ

蚊「…」プーン

絵里「!」

穂乃果「……zzz」

蚊「♪」チュー

絵里「…穂乃果、ちょっとジッとしてて」ガタッ

穂乃果「……ほぇ?どうかし


スパァーーーン!!


蚊「」チーン

絵里「ふぅ……スッキリし



穂乃果「」ブワッ

絵里「」
379: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/16(土) 17:00:32.36 ID:3EkyNZj4.net
穂乃果「ひぐっ…な、なんで…えりちゃ…」ポロポロ

絵里「ちょっ…」

穂乃果「暑いって言ってるのに、何度も抱きついてたから…?それとも、昨日勝手に絵里ちゃんのプリンを食べちゃったから…?」ポロポロ

絵里「違うの!蚊よ!蚊がとまってたから…!」

穂乃果「蚊…?」

絵里「ええ、それで思わず…ごめんなさい…」

穂乃果「じゃあ、別に穂乃果のことが嫌いになったわけじゃないんだね…?」

絵里「当たり前じゃない…大好きよ、穂乃果…」ギュッ

穂乃果「そっか…よかったぁ…」ギュッ

絵里「本当にごめんね?痛かったでしょう?」サスサス

穂乃果「ううん、もう大丈夫。蚊から守ってくれてありがとう…」

絵里「穂乃果…」

穂乃果「えへへ…♡」





絵里「…ところで、私が楽しみにしていたプリンを食べちゃったの…穂乃果だったのね?」ゴゴゴゴゴゴ

穂乃果「……」ダラダラダラ
389: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:04:19.08 ID:FT0lgdJT.net
パチ…パチパチッ


絵里「……」ジッ

穂乃果「……」ウズッ…


ぽとっ


穂乃果「あーーーっ!!」

絵里「えー…またすぐに落としちゃったの?」バチバチバチッ

穂乃果「うぅ…絵里ちゃんはすごいねぇ、こんなに線香花火を長持ちさせる人、初めて見たよ…」

絵里「海未やことりもうまそうだけど?」バチ…バチッ パチッ

穂乃果「穂乃果が毎回邪魔してたからね!」

絵里「ああそう……あ」


ぽとっ


絵里「…私も落ちちゃった」

穂乃果「じゃあもう一度……あれ、もう残り2本しかないや…」

絵里「そう…じゃあ次でお終いね」

穂乃果「よーし!最後は絵里ちゃんよりも長持ちさせるんだからっ!」

絵里「フフ…そうやって力が入るからダメなのよ…」


ジ……ジジジ……


穂乃果「……」

絵里「……」



絵里「この線香花火が消えたら…夏休みも、もう終わりね」

穂乃果「…そうだね」


パチ…パチチッ
391: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:08:07.81 ID:FT0lgdJT.net
絵里「あのね、穂乃果…」

絵里「今年の夏休みは、これまでの私の人生の中で、一番の夏休みだったわ」

絵里「今まで無為に過ごしてきた分全部の楽しさが、この夏に詰まってた」

絵里「穂乃果と…μ'sのお陰ね」

穂乃果「絵里ちゃん…」

穂乃果「…穂乃果の方こそ、絵里ちゃんと皆のお陰で最高の夏休みになったよ。だから…」


パチパチパチッ…バチッ…


穂乃果「ありがとう、絵里ちゃん…」

絵里「………それ、私のセリフだったのに」

穂乃果「えへへ、先に言った方の勝ちだよ」

絵里「フフっ…私、いつも負けてばっかりな気がするわね」


パチッ…パチパチッ
392: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:10:20.15 ID:FT0lgdJT.net
絵里「ねぇ…夏って、どうして特別な感じがするのかしら」

穂乃果「うーん…そうだなぁ…」

穂乃果「やっぱり、『夏休みがあるから』…かな」

絵里「じゃあ、大人になって働くようになったら、特別じゃなくなっちゃうのね…」

穂乃果「ううん…」

穂乃果「きっとその時は、『夏休みがあったから』特別になるんだよ…」

絵里「……」


パチッ…パチ…


穂乃果「な、なんか変かな?」

絵里「……いえ、その通りかもしれないなーって」

絵里「だって私…この夏休みのこと、一生忘れないもの」

穂乃果「…うんっ!穂乃果も!」

絵里「…フフフフっ」

穂乃果「えへへへっ」


パチチッ…


ぽとっ……
393: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:15:14.65 ID:FT0lgdJT.net
絵里「……はい、夏休み終了ー…」

穂乃果「……」

絵里「良かったわね、最後は私とほぼ同時だったんじゃない?」クスッ

絵里「さて、もう遅いし、私は…」



穂乃果「……絵里ちゃんっ!!」



絵里「…穂乃果?」


穂乃果「あの…あのね…?」


穂乃果「穂乃果……」


穂乃果「最後にもうひとつだけ、夏休みの思い出……ほしい」


絵里「…え……」ドキッ
396: 夏ネタ切れた(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 01:40:56.08 ID:FT0lgdJT.net
穂乃果「ダメ……かな……」

絵里「それは……ほら、私たち、まだ高校……


穂乃果「ぅ絵里ちゃぁん……」ウルッ…


絵里「……」ゴクッ

穂乃果「……」キュッ

絵里「…本当に、いいのね……?」

穂乃果「……うん」

絵里「……わかった」

穂乃果「……じゃあ」

穂乃果「穂乃果の、部屋に……





「いい雰囲気のところ悪いけど」


ほのえり「!!!!???」ビクッ





ほのママ「あなたの夏休み、まだ終わらないわよ?」

穂乃果「おおおお母さんっ!?どうしてここに……」

ほのママ「穂乃果、あなた…」



ほのママ「夏休みの宿題、終わったの?」ニッコリ



穂乃果「…………………………あっ」

絵里「えっ、嘘でしょう?」






絵里「あー違う違う、ここは判別式を利用して…」

穂乃果「うわぁぁぁ~~~んっ!!こんな思い出いらないよぉ~~~~~っ!!」
406: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 22:42:42.15 ID:yhyauQIo.net
穂乃果「あっ!おーい絵里ちゃーん!」

犬「わんわんっ!」

絵里「あら、犬のお散歩中?よしよ~し」ナデナデ

犬「くぅ~ん」

穂乃果「絵里ちゃんになでられるの好き、だってさ!」

絵里「穂乃果、わかるの?」

穂乃果「この子のことなら何でもわかるよ!家族も同然なんだから!」

絵里「へぇー…なんだかいいわね、ペットって」

穂乃果「…そうだ!絵里ちゃんも犬飼おうよ!」

絵里「えー?私も?」

穂乃果「ペットと一緒だと楽しいし、癒されるし、穂乃果とお散歩デートも出来るし…うん、絶対飼うべきだよ!」

絵里「そうは言ってもねぇ」

穂乃果「えーっ!飼おうよ絵里ちゃぁ~んっ!ね~え~っ!」ギューッ

絵里「……」

穂乃果「えーりーちゃーん」グイグイ

絵里「……やっぱり、私はいいかな」

穂乃果「ぶー、なんでぇー」

絵里「だって、もう既に手の掛かる犬を飼ってるようなものだし」ポンポン

穂乃果「…? あっ、もしかして、それって亜里沙ちゃんのこと?」

絵里「……」ナデナデ

穂乃果「ダメだよ妹のことそんな風に言っちゃ~!亜里沙ちゃん、わんこみたいで可愛いけどさ!」

絵里「…………」ナデナデ

穂乃果「……亜里沙ちゃんのことだよね?」

絵里「…………………」ナデナデ
421: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 23:08:14.25 ID:Ac56+R1+.net
穂乃果「……よしっ」トントン

穂乃果(学級日誌も書き終わったし、早く練習に行かなきゃ!)

穂乃果「…っとと、日直の名前を書き換えるの忘れてた!明日はたしか…」

穂乃果「……」



タタタッ ガラッ キョロキョロ ピシャリ



穂乃果「……」スタスタ


穂乃果(……『个(かさ)』書いて)カッカッ


穂乃果(えり……っと)


穂乃果(あっ、これなら『高坂』じゃなくて、『ほのか』にした方が…)


穂乃果「……えへへ///相合…





絵里「ちょっと穂乃果ー?まだかかるの?」ガラッ

穂乃果「うわあぁぁぁぁーーーーーっ!!!!?」ビクーッ

絵里「ちょっ、なになに!?どうしたの!?」

穂乃果「ななな何でもないよ!?練習だよね、今終わったところだから早く行こっ!ほらほら!」グイグイ

絵里「わわ…もう、そんなに押さないでよ…!」
422: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 23:12:20.14 ID:Ac56+R1+.net
翌朝


穂乃果「…ギリギリセーフ!」バッ

穂乃果「海未ちゃんもことりちゃんもヒドいよ、穂乃果のこと置いてくなんてー!」ブーブー

穂乃果「……ん?」

クラスメイト「…………」クスクス ニマニマ

穂乃果「み、みんなどうしたの?」

フミコ「穂乃果ちゃん、昨日の放課後日直の名前書き換えて行くの忘れたでしょ…」

穂乃果「あれっ、そうだっけ?」

ミカ「今日の日直私だから、早く黒板消してね?」ニヤニヤ

穂乃果「ごめんごめん、すぐに…ってうあぁぁぁぁーーーーーっ!!!///」

クラスメイト「」ニッヤァァァ

穂乃果「け、消すの忘れて…ってなんか派手になってない!?穂乃果、ハートマークとか『2人はラブラブ!』だなんて書いてないよ!?」

ヒデコ「面白そうだから、3人でデコっといた!」ドヤッ

穂乃果「面白くないよ~~~っ!!///」ケシケシケシ


あはははははっ





クラスメイトA「撮ってきたよー!」

クラスメイトB「えーなになに?これμ'sの穂乃果ちゃんが?カワイイ~♡」クスクス

クラスメイトC「愛されてるねぇ~」ニヤニヤ

絵里(バカ穂乃果………!!///)
434: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/23(土) 23:37:36.54 ID:UyMWJ9MG.net
絵里「ふぅ…ただい……

メイド穂乃果「お帰りなさいませ、ご主人様っ♡」

絵里「……人の家でなにやってるのよ…」

穂乃果「えへへ…土日は家に誰もいないって言ってたから…今日と明日は絵里ちゃん専属のメイドさんだよ!何でも命令してね!」

絵里「へぇー…ナンデモ、ね…」

穂乃果「……うん、ナンデモ…♡」

絵里「そう…じゃあ」グイッ

穂乃果「あ……///」



絵里「夕飯の準備をよろしく」ポンポン

穂乃果「え?」

絵里「あと、お風呂沸かしておいてくれる?ぬるめで」

穂乃果「いや…」

絵里「私明日も出かけてるから、その間に家の掃除をお願いね。キッチン周りとか、特に念入りに」

穂乃果「ちょっと…」

絵里「じゃ、私は部屋にいるから、ご飯の準備が出来たら呼んで?」

穂乃果「あ、はいご主人様…」



穂乃果「……ってちっがーーう!!!」
435: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/23(土) 23:39:04.13 ID:UyMWJ9MG.net
絵里「? 何が?」

穂乃果「穂乃果、メイドさんなんだよ!?絵里ちゃん専属の!」

絵里「だから家事をお願いしたじゃない」

穂乃果「そうじゃないよ~!メイドさんって言ったら、ご主人様とイチャイチャしたり~…」

絵里「…料理も掃除も、洗濯もできないの?」

穂乃果「ていうか、やりたくない!」ドヤ

絵里「ふーん…」

穂乃果「というわけで穂乃果、絵里ちゃんの手料理が食べたいな~!あっ、でもメイドさんらしく『あーん♡』はしてあげ……


ぐいっ


穂乃果「……へ?」

絵里「ご主人様の命令に逆らうのね、この駄メイドは…」

穂乃果「え?え?」

絵里「しかも堂々と『やりたくない』ですって…?」

穂乃果「え、えりちゃ…」

絵里「ご主人様、でしょう?」ズイッ

穂乃果「!?」

絵里「ねぇ穂乃果…私思うんだけど……」

絵里「メイドといえば、『オシオキ』じゃないかしら♡」

穂乃果「」ゾワッ





穂乃果「イヤだぁーーーっ!『アレ』痛いんだも~~~ん!!」ズルズル

絵里「♪」
442: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 12:34:32.91 ID:2I1Q6hKX.net
絵里「ふわぁ…」ノビー

絵里「あら…もうこんな時間?」

穂乃果「…zzz」

絵里「穂乃果ーそろそろ起きるわよー」ツンツン

穂乃果「うぅーん…やだぁ…」

絵里「もうお昼よ、寝ぼすけさーん」ツンツン

穂乃果「むぅぅ…いいじゃん、日曜日なんだし…ぽかぽかしてて気持ちいいし…ムニャムニャ」

絵里「だからじゃないの…せっかくいいお天気なんだし、2人でお散歩にでも行かない?」

穂乃果「それもいいけどぉ……えいっ」グイッ

絵里「ちょ…!?」ドサ

穂乃果「えへへ…捕まえたぁ…」ギュー

絵里「何を…」

穂乃果「お休みの日はさ…こうやって一緒のベッドでゴロゴロ過ごすのも…いいと思わなぁい?」スリスリ

絵里「えー?」

穂乃果「ふわ…絵里ちゃんいい匂いぃ…」

絵里「…もう」クスッ

絵里「わかったわ…今日は思いっきりダラダラして過ごそっか…」ナデナデ

穂乃果「えへへぇ♡」
458: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 22:38:59.51 ID:44Ad7L/4.net
絵里「♪」ポリポリ

穂乃果「あっ!絵里ちゃんポッキー食べてる!いいなー、穂乃果にも一本ちょうだい♡」

絵里「イヤよ。あ~げないっ」

穂乃果「んなっ…一本ぐらいいいじゃんっ!絵里ちゃんのケチ!」

絵里「そんなこと言う子にはもっとあげたくなくなるわね~」

穂乃果「むー!絵里ちゃんだけズルい~~~!!穂乃果もお腹空いたぁ~!ね~え~!」ユサユサ

絵里「仕方ないわね…………ん」

穂乃果「……へ?そ、それって…///」

絵里「いらないならいいけど」

穂乃果「い、いるっ!やろうよ、ポッキーゲーム…!」

絵里「じゃあ…はい、どーぞ?」スッ

穂乃果(むぅ…!そうやって余裕ぶってられるのも今のうちだよ!どさくさに紛れてチューしてやるんだからっ!)パクッ

穂乃果(ふっふっふ…絵里ちゃんの慌てる姿が……って)

絵里「♪」ポリポリポリポリ

穂乃果(え、えりちゃっ!?…はや……!!)



ちぅ



穂乃果「……っ」バッ

絵里「フフ…残念、引き分けね♡」

穂乃果「…ホントにズルい」





穂乃果「こんなの、穂乃果の負けだよ……///」

絵里「リベンジする?」クスッ

穂乃果「もうお腹いっぱいだから、また今度……///」
468: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/27(水) 23:42:49.88 ID:K988Pimi.net
絵里「穂乃果ー、入るわよ…?」

穂乃果「あ、絵里ちゃん…こほっ」

絵里「ああ…無理して起きなくていいから…熱、まだ下がらないの?」

穂乃果「うん…でも、だいぶ良くなってきたよ」

絵里「そう…食欲はある?台所借りて、お粥作ってきたの」

穂乃果「絵里ちゃんの手づくりのお粥?食べる食べるっ」

絵里「フフ…そんなに食欲があるなら大丈夫そうね。1人で食べられる?」

穂乃果「…………むり」

絵里「…ホントに?」

穂乃果「ほ、ホントだもん。ごほっごほっ…あー、咳も止まらないんだよねぇ」

絵里「フフっ…やれやれ…じゃあちょっと待ってて?」

絵里「ふぅー、ふぅー……」

絵里「…はい。ゆっくりね」

穂乃果「あーん……」
469: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/27(水) 23:44:13.40 ID:K988Pimi.net
絵里「どう?口に合うといいんだけど…」

穂乃果「…うんっ、とってもおいしー♡これなら風邪も吹っ飛ぶよ」

絵里「調子いいんだから…」

穂乃果「えへへ…でも、こうやって絵里ちゃんに優しく看病してもらえるなら、風邪を引くのも悪くな……

絵里「こら」デコピンッ

穂乃果「いだっ…!?え、絵里ちゃん、穂乃果病人…」

絵里「バカなこと言ってないで、早く治すこと。いい?」

穂乃果「はぁーい…」

絵里「よろしい。ふぅー……ほら、あーん」

穂乃果「あーん……」

穂乃果「……」モグモグ

穂乃果「…絵里ちゃん」

絵里「なぁに?」

穂乃果「全部食べ終わったら…穂乃果が眠れるまで、手を握っててくれる…?」

絵里「…いいわよ、甘えんぼさん」

穂乃果「びょ、病気のときは人恋しくなるのっ」

絵里「穂乃果はいつもじゃない…」クスクス

穂乃果「うぅ~…///」
480: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 22:57:05.12 ID:IFZsqngS.net
穂乃果「絵里ちゃーん…起きてる…?」

絵里「コホコホ…あら穂乃果…いらっしゃい。お見舞いに来てくれたの?」

穂乃果「うん…絵里ちゃん、ごめんね?穂乃果の風邪移しちゃって…」

絵里「別に穂乃果のせいじゃないわ。最近ずっと一緒にいたから、発症するのが遅かっただけで同時に感染してたのよ、きっと」

穂乃果「そうかなぁ…」

絵里「そうなの。それで?穂乃果は私に辛気くさい顔を見せにきただけ?」

穂乃果「ち、違うよ!謝って、今度は穂乃果が絵里ちゃんを看病しようと思って…!ほら、絵里ちゃんのためにプリンも買ってきたんだよ?すっごい高いやつ!」

絵里「フフ…ありがとう、穂乃果…うれしいわ。穂乃果が元気でいてくれないと、治るものも治らなくなっちゃうんだから…」ナデナデ

穂乃果「絵里ちゃん…」

穂乃果「…って、これじゃあいつもと同じだよ!今日は穂乃果が絵里ちゃんを甘やかす番なんだから…!ほら、プリン食べさせてあげる!あ~ん♡」

絵里「自分で食べられるわよ…」

穂乃果「いいからいいからっ!甘えられるときに甘えておかないと、損しちゃうんだよ?ただでさえ絵里ちゃんはいつも1人で抱え込んじゃうんだから…」

絵里「……」

穂乃果「…絵里ちゃん?」
481: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 22:58:40.33 ID:IFZsqngS.net
絵里「あ…ううん、何でもない…」

絵里「…そうね、私もたまには穂乃果に甘えてみようかな」

穂乃果「うんうん!たまにじゃなくて、毎日でもいいんだよ?はい、あ~ん♡」

絵里「あーん……」

穂乃果「…おいしい?」

絵里「ええ…とっても。フフ、あのときの穂乃果の気持ちが分かった気がする」

穂乃果「? なんだっけ?」

絵里「たまには風邪を引くのも悪くないかな、って話よ」

穂乃果「…穂乃果も、あのときの絵里ちゃんの気持ちがわかったよ」

絵里「え?…………いたっ」

穂乃果「えへへ、お返しだよっ!早く良くなってくれないとやだもん」

絵里「フフ…はーい、すみませんでした」

穂乃果「ふふ…」クスッ

絵里「ウフフ…」クスクス
482: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/28(木) 23:04:36.56 ID:IFZsqngS.net
穂乃果「…プリンを食べ終わったら、絵里ちゃんが眠れるまで手を握っててあげるからね」

絵里「い、いいわよ、そこまでそっくり同じことをしてくれなくても」

穂乃果「だーめ!病人は大人しく言うことを聞く!」

絵里「…だって、恥ずかしいじゃない。クールで冷徹とまで言われた元生徒会長が…風邪を引いて、年下の子に手を握ってもらいながら眠るなんて…」

穂乃果「元気だけが取り柄で、バカは風邪引かないって言われ続けてきた現生徒会長がそうしてもらったんだから、お相子だよ」

穂乃果「それに、絵里ちゃんの可愛いところは、全部穂乃果が独り占めしたいから…今日のことはみんなにはナイショだもん。えへへ…///」

絵里「……」

絵里(ホント、かなわないな…)

穂乃果「?」

絵里「…私みたいなのが一度甘えだしたら、どうなるかわからないわよ?」

穂乃果「大丈夫だよ」

絵里「すごくめんどくさいかもしれないわ」

穂乃果「そんな絵里ちゃんも好きだよ」

絵里「……じゃあ、手始めにさっきの続き…プリン、食べさせてほしい」

穂乃果「うんっ!はい、あー……」

絵里「……ダメ」





絵里「口移しで、よ……///」カァァ

穂乃果「え、えぇぇっ…!?///そ、それは…すごい、ね…///」
495: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/30(土) 20:10:59.04 ID:Jg4fssNu.net
穂乃果「絵里ちゃん、今から背中に文字を書くから、何て書いたか当ててね!」

絵里「はいはい。どーぞ」

穂乃果「それでは失礼して…」

穂乃果(だ・い・す・き……っと。えへへ…♡)

穂乃果「…さ、当ててみて!」

絵里「うーん…そうねぇ…」

穂乃果「ふふふ…わかるかな…?」

絵里「最初は濁点があったような…それでその後は…あ、ダメ、どんどんこんがらがって…えぇっと…」



絵里「……『ザリガニ』?」

穂乃果「違うよ!!なんで突然絵里ちゃんの背中にザリガニ、なんて書かなくちゃいけないのっ!?」

絵里「それもそうね…」

穂乃果「もういいよ!今度は絵里ちゃんが穂乃果の背中に書いて?ぴったり当てちゃうから!」

絵里「意外と難しいわよ?」スッ

カキカキ

穂乃果「……」

絵里「……はい、なんて書いたでしょう」



穂乃果「………『ザリガニ』」

絵里「あっ、すごい。正解」

穂乃果「絵里ちゃーーーん!!」
502: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 11:51:08.21 ID:CFmU3zt7.net
絵里「……」テクテク

絵里「……ん…」


穂乃果「はい、来週までに生徒会に提出を…」キリッ


絵里「……」



穂乃果「えっと、こことここを埋めて…」

「…穂乃果?」トントン

穂乃果「! この声、絵里ちゃ……」クルッ


プニ


穂乃果「…へ?」

絵里「……ぷっ!引っかかった!あははっ!」タタタッ

穂乃果「ちょっ…今真面目な話してたのに…!あ、じゃあこの件はそういうことで……待てぇ絵里ちゃーん!!」
503: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/05/31(日) 11:52:46.51 ID:CFmU3zt7.net
次の日


穂乃果「そうそう、それが美味しくってさー!」

「穂乃果ー?」トントン

穂乃果「? 絵里ちゃ……」ハッ

穂乃果(フフン、昨日に続いてまたイタズラする気だね…!)

穂乃果(いくら穂乃果でも2日連続で同じ手に引っかかったりしないよ!反対から振り向いて華麗に指を避け……)ドヤクル…



プニ



穂乃果「…………」

絵里「まだまだね、穂乃果…フフ…!あははははっ!」

穂乃果「も、もぉー!昨日からなにー!?///」プンプン
511: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 23:16:46.89 ID:sVLKMFvB.net
穂乃果「……」ピー ポペー

絵里「ちょっと、何してるの?仕事はー?」

穂乃果「少し休憩~。来週、音楽の時間に発表会があるんだよ。それの練習」

絵里「あぁ、グループで楽器を持ち寄って合奏するやつね。私たちも去年やったわ」

穂乃果「まさか高校二年にもなってリコーダーを吹く羽目になるとは…」

絵里「楽器なら何でも良かったんじゃなかった?」

穂乃果「真姫ちゃんや絵里ちゃんとは違って、穂乃果はリコーダーしか吹けないのっ!」

絵里「にしてもだいぶ拙い感じだったわね…大丈夫?」

穂乃果「他の所はできるんだよ?でもここは難しくて…一気に高音にあがるんだけど…」ボー…ポヒー

絵里「自分の出したい音をしっかりイメージしないと」

穂乃果「うーん…やってるつもりなんだけどな…」ポペー

絵里「もう…ちょっと貸してみて?」ヒョイ

穂乃果「……へ?」

絵里「いい?こうやって……」ピー…ピロリ~

穂乃果「…あ……」

絵里「思い切りもひつよ……ってどうかした?」

穂乃果「! い、いや…」


ガチャ


クラスメイト「あっ、やっぱりここだった。絵里、理事長が呼んでるよ」

絵里「理事長…ああ、あの件ね」

絵里「じゃあちょっと行ってくるわね。あんまり休憩ばっかりしてちゃダメよ?生徒会長さん」

穂乃果「う、うん…」


パタン
512: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 23:18:44.17 ID:sVLKMFvB.net
穂乃果「……」チラ

リコーダー「」

穂乃果「…………」



穂乃果「………ん」パク



穂乃果「…………………///」





絵里「あ、そうそう…」ガチャ

穂乃果「!!!!?????/////」ピヒョーーー!!

絵里「あら?今のいい感じじゃない?私のアドバイスのおかげね」ウンウン

穂乃果「……///」ポペ~
528: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 00:05:06.16 ID:JfNighqG.net
穂乃果「じゃーんっ!見て見て、絵里ちゃんとおそろいのポニーテールにしてみたの!似合うかな?」

絵里「あら…とっても可愛いわ。よく似合ってる」ナデ

穂乃果「えへへ…///」

絵里「でも突然どうしたの?」

穂乃果「ほら、今日はこの後生徒総会があるでしょ?だから気合いを入れて…」

絵里「ちょ、ちょっと待って?まさかその格好で全校生徒の前に立つつもり?」

穂乃果「? そうだけど…」

絵里「それはやめておいた方が…また笑いの種になっちゃうし…」

穂乃果「が、がーん…笑いのタネ…そうだよね、穂乃果にポニーテールなんて全然似合わないし…笑われて当然だよね…」

絵里「あっ、いや…そうじゃなくて…!」

穂乃果「ううん、いいんだよ絵里ちゃん…じゃあ穂乃果もう行

絵里「待って!!」ガシッ

穂乃果「……」

絵里「違うのよ…穂乃果のポニーテール姿は本当に可愛いし、おそろいにしてくれてすごく嬉しいけど…」

穂乃果「…けど?」

絵里「……」

絵里「そ、そう!穂乃果のこんなに可愛らしい姿、他の誰にも見せたくないの。私とおそろいの穂乃果は私だけのモノよ」ギュッ

穂乃果「ぅ絵里ちゃん…!?///」ドキーン

絵里「だから全校生徒の前でポニーテールは無し。わかった?」

穂乃果「うん……///」

絵里「よしよし、いい子ね…」ホッ
529: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/04(木) 00:06:16.68 ID:JfNighqG.net
穂乃果「……ということがあったから、さっきみんなに見せたポニーテールはお蔵入りになったんだ///」

ミカ「ほぇー…!」

ヒデコ「絵里先輩も言うねぇ~!」

フミコ「聞いてるこっちが照れちゃうよ…///」

キャーキャー





クラスメイトA「……という話で校内は持ちきりなんだけど」

クラスメイトB「え~それホント~?」クスクス

クラスメイトC「お熱いですなぁ」ニヤニヤ

絵里(バカ穂乃果………!!///)
541: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 00:32:26.81 ID:oBolu/RU.net
絵里「はい、角とった」パチ

穂乃果「う、うわぁぁぁ!?絵里ちゃん、待っ

絵里「だーめ。待ったなし。ほら、裏返すの手伝って?」

穂乃果「うう…もう黒だらけ…」

絵里「フフフ…オセロみたいな頭脳ゲームで私に勝とうなんて、百年早いわね」

穂乃果「ぐぬぬ…次は将棋!将棋やろうよ!」

絵里「ほ、穂乃果が将棋?できるの?」

穂乃果「なめてもらっちゃ困るよ!将棋ならお父さんとだって互角に戦えるんだから…!」

絵里「まさか穂乃果にそんな特技があったなんて…いいわ、私もおばあ様に教えてもらったことがあるし…やりましょう?」





絵里「……」ソ~ッ

穂乃果「絵里ちゃん、なかなかやるね…!次は穂乃果の番っ…」

絵里「…穂乃果が将棋だなんて、何かおかしいと思ったけど」

穂乃果「そ~っと、そ~っと…」

絵里「将棋は将棋でも、将棋崩しじゃない…」

ガラッ

穂乃果「うわぁぁぁーーーーっ!?」

絵里(しかもへた!)

穂乃果「うっ、うっ…そんなぁ、小さい頃は…」

絵里「…お父様の苦労が偲ばれるわね」ハァ

穂乃果「うぅ……?」
557: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/07(日) 22:48:14.85 ID:oBolu/RU.net
穂乃果「よしよーし、ほら、ガラガラでちゅ

赤ちゃん「オギャーーーーーー!!!」

穂乃果「あわわわわ…ぜ、全然泣き止んでくれないよ~~~っ!!」

絵里「ちょっと何事?…ってどうしたのよその子!?」

穂乃果「絵里ちゃんいいところにっ!親戚の御家族から少しの間だけ預かってるんだけど、お母さんが買い物に出かけた途端に起きて泣き出しちゃって…!!とにかく大変なの~!!」

赤ちゃん「ビェエエエエエエエ!!!」バシバシバシ

穂乃果「いだだだだだ!!」

絵里「あぁもう…ほら、私に抱っこさせて?」

穂乃果「う、うん…」

絵里「…よしよーし、いい子でちゅね~」

赤ちゃん「ウェェエエエエエエエン!!!」

絵里「穂乃果、この子の名前は?」

穂乃果「──ちゃんっ!」

絵里「そう…──ちゃんっていうの?かわいいお名前ね~」ユサユサ

赤ちゃん「ヒグッ……だぁ…ぅ…」

絵里「ほーら、怖くないのよ~?ちょっとの間だけ、お姉ちゃんたちがあなたのパパとママでちゅからね~」

赤ちゃん「……あー!うー!」キャッキャッ

穂乃果「お、おおおお…!!絵里ちゃんすごぉぉぉい…!!」

絵里「フフ…まぁね。ほーら、よしよーし」

赤ちゃん「えへ…!あーぅ♪」

穂乃果「ほわぁ…もう、笑ってればこんなにかわいいのにねぇ…えいっ!つんつんっ!」

赤ちゃん「…ぅあーー!!」ムギュー

穂乃果「!? い、いひゃいいひゃいっ!!ほっへふえっひゃ…!!」

絵里「あぁぁ…ダメよ、お姉ちゃんのほっぺたとれちゃうから…!」アセアセ

赤ちゃん「だぁーーー♪」キャッキャッ
570: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 21:48:12.59 ID:4V7QAX0p.net
穂乃果「うぅ…今日は風が強いねぇ…」

絵里「そうね…」

穂乃果「髪もぐちゃぐちゃになっちゃうし、ホント……わわっ!?」


ビュォォォッ


穂乃果「……っ」バッ

絵里「穂乃果…?」

穂乃果「……見た?」

絵里「? 何を?」

穂乃果「あ…う、ううんっ、何でもない!見てないならいいんだっ!」

絵里「変な穂乃果ね」

穂乃果「あはは…」

絵里「……」テクテク

穂乃果「……」テクテク


絵里「……フフフフン…♪フフフッフッフン…♪」

穂乃果(…?鼻歌…?この曲って、森の…)

絵里「…花さくもーりーのーみーち~♪くまさんにーであった~」

穂乃果「……」

絵里「……」テクテク


絵里「……ぼくはくまっ♪くまーくまーくま~」

絵里「車じゃないよっ♪くまーくまーくま~」

穂乃果「……」

絵里「……」スタスタ



絵里「……くまモン♪くま

穂乃果「ぜっっったい見たでしょ絵里ちゃーーーーーん!!///」
582: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 20:53:44.75 ID:Ce+lZMPI.net
絵里「……」テクテク

穂乃果「…隙ありっ!」バサッ

絵里「きゃーーーー!?///」バッ

穂乃果「ほうほう…流石絵里ちゃん、セクシーな下着ですなぁ」ニヤリ

絵里「ほ、穂乃果…!またこんなイタズラして…!」

穂乃果「べーっ!昨日のお返しだよ~っ!」

絵里「私は何もしてないじゃないっ!!」

穂乃果「あーあー聞こえなーい♪」

絵里「む…!」

絵里「…あ!あんなところに焼きたてのパンが!!」

穂乃果「うそっ!?どこ!?」クルッ

絵里「はい、隙あり」ペローン

穂乃果「わぁぁぁーーーーー!?///」バッ

絵里「あら?昨日よりだいぶ気合い入ってるわね?」ニヤニヤ

穂乃果「も、もぉー!だから昨日はたまたまなのっ!!///」

絵里「にしたって昨日と今日じゃ差がありすぎない?」クスクス

穂乃果「ぶぅー!いつもはもっと普通のやつですぅー!今日は放課後絵里ちゃんちにお呼ばれしてるからで……

絵里「え?」

穂乃果「え?」

絵里「あっ…いや…」

穂乃果「?」キョトン

絵里「………///」ポリポリ

穂乃果「……?」

穂乃果「……」

穂乃果「…………はっ……!?///」





穂乃果「やっ…ちが…!!そういう意味じゃなくてっ!!///エチケット!!エチケットだよ!!親しき仲にも礼儀ありだよ!!///」アタフタ

絵里「あ、あぁー!そう!そうよね!!そういう心構えは大切よねっ!!///」アタフタ
597: 時間軸は気にしない(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 13:58:50.52 ID:ILV7oceF.net
穂乃果「映画、評判通り良かったねー」テクテク

絵里「そうね…クライマックス、ついに主人公がプロポーズするシーンは思わず泣いちゃった。女優さんの泣きにも魂がこもってたっていうか、迫真の演技だったわね。他にも、あそこは監督の演出が光って…」ペラペラペラ



絵里「……そういえば穂乃果、最近は恋愛映画も寝ずに観れるようになったわね。何か心境に変化が…」

絵里「って…あ、あれ?穂乃果?」

穂乃果「……」ジーッ

絵里「も、もう!私1人でしゃべってるみたいになってたじゃないっ!何を見て……」タタタ

絵里「……! これ…」

穂乃果「きれい…」ポケーッ

絵里「ウエディングドレス…?」

穂乃果「うん…」

絵里「本当…とっても綺麗。まさに女の子の憧れって感じ…」

穂乃果「うん……」

絵里「こんな素敵なドレスで結婚式を挙げられる花嫁さんは幸せ者ね…」

穂乃果「結婚、か…」

絵里「…穂乃果?」

穂乃果「穂乃果も、したいな……結婚」



穂乃果「……絵里ちゃんと」

絵里「穂乃果…」
598: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 14:02:17.66 ID:ILV7oceF.net
穂乃果「……えへ、な~んてねっ!さ、帰ろっか!今日の晩ご飯はな~にかなぁ~♪」

絵里「……」

絵里「あ…」

絵里「見て、穂乃果…今月は隣町の結婚式場で、ドレスの無料試着会を開催中って書いてある…」

穂乃果「? あ、ホントだ…」

絵里「ねぇ…今から、一緒に行ってみない?」

穂乃果「え、ええっ!?今から!?穂乃果と、絵里ちゃんで!?」

絵里「そ!今から、私と穂乃果で!」

穂乃果「でも、まだ高校生だしムリなんじゃ…それに予約だって…」

絵里「今日がダメならその場で予約を取ればいいし、スクールアイドル・μ'sとしての企画だって言えば、私たちにとっても式場にとってもいい宣伝になるでしょう?」
…あれ?これってかなりの名案じゃない?ホントに企画しましょうよ、ウエディングドレスの撮影会!にこやことりも喜ぶわ、きっと!」

穂乃果「あわわわ…そんな一気に言われると、頭がこんがらがって…」グワングワン

穂乃果「えぇっと…穂乃果と絵里ちゃんが、ドレスで、μ'sで、宣伝で、撮影会で…」

絵里「もう…じゃあ、もっとシンプルに……」スッ



絵里「高坂穂乃果さん、私と結婚してくれませんか?」

穂乃果「……!!」

絵里「……なんてね♡ほら、行くわよっ!」ギュッ

穂乃果「わわっ!?ま、待ってよ絵里ちゃ~~~んっ!!」
629: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 21:25:30.49 ID:VBKcJEI6.net
ガタンゴトン ガタンゴトン…

絵里「……」

こてんっ

絵里「ん…」

周りの人たち「……」チラ

穂乃果「むにゃ……zzz」

絵里(穂乃果…?)

穂乃果「すー…すー…zzz」

絵里(…疲れて眠っちゃったのね)

穂乃果「んぅ…」

穂乃果「えり…ちゃ…♡……zzz」スリスリ

絵里(! も、もぅ…///)

周り(あらあら^^)



穂乃果「ん、ぅ…」

穂乃果「んんー…らめぇ…zzz」

絵里「?」

周り(…ん?)



穂乃果「そこはらめなの…ぅえりちゃ……zzz」

絵里「!?」

周り「!?」ザワッ
630: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 21:27:07.78 ID:VBKcJEI6.net
イマノキイタ?

絵里「ちょ…」

アノフタリッテソウイウ…

絵里「いや…」

サイキンノワカイコハオサカンネェ…

絵里「…お、降りるわよ穂乃果っ!!///」ガシッ

穂乃果「んぁ…?」





穂乃果「え?さっき?えぇっと……そうだ!絵里ちゃんに耳かきされる夢をみてたんだった!それがどうかした?」

絵里「こういうことになるから、耳かき中に変な声出すのはやめなさいって言ってるのよぉ!!///」

穂乃果「?」
652: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:49:51.76 ID:fWgeamwb.net
屋上


穂乃果「じゃーんっ!今日は絵里ちゃんのためにお弁当を作ってきたんだ~!」

絵里「すごい…これ、全部穂乃果の手作りなの?」

穂乃果「うん!お母さんに見てもらいながらだけどね…」

絵里「さっそくいただいてもいいかしら」

穂乃果「召し上がれ♡」

絵里「じゃあこの玉子焼から……んっ!」

穂乃果「ど、どうかな…」

絵里「……美味しい!」

穂乃果「本当!?」

絵里「嘘なんてついてると思う?本当に美味しいわよ」

穂乃果「えへへ、嬉しいなぁ……はい、おにぎり!これも穂乃果が握ったんだよ?」

絵里「どれどれ…」スッ

穂乃果「……」ワクワク

絵里「…………ン…」

穂乃果「…絵里ちゃん?」

絵里「………ゴクン。ううん、何でもない。塩加減もちょうどいいし、とっても美味しいわ。ありがとね、穂乃果…」ナデナデ

穂乃果「わ……えへへ///」
654: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 23:56:03.76 ID:fWgeamwb.net
穂乃果「お弁当作戦は大成功だったよ!毎日…は難しいけど、たまに頑張って早起きして作ってあげよ~っと!」

穂乃果「…そういえば、絵里ちゃんってチョコレートの他に好きな食べ物ってないのかな?μ'sで作ったプロフィールの中にはチョコレートとしか書いてなかったけ?ちょっと見てみ……

穂乃果「………………あ…」





ダダダダダッ

絵里「あ、穂乃果…お昼はお弁当ありが

穂乃果「…ごめんなさいっ!!」バッ

絵里「え、ええ?どうしたのよ、突然…」

穂乃果「だって絵里ちゃん…」

穂乃果「梅干し、苦手って…」

絵里「!」

穂乃果「ごめんね…穂乃果、すっかり忘れてて…」

穂乃果「なのに絵里ちゃん…穂乃果のこと傷付けないようにって、我慢して…」

絵里「……」クスッ

絵里「…えいっ!」ギュッ

穂乃果「むぐっ!?え、絵里ちゃん…?」

絵里「穂乃果…梅干しを食べると、酸っぱくて、ほっぺたがきゅ~ってなるでしょう?私、あの感覚が苦手なの」

絵里「でもね…穂乃果の梅干しのおにぎりは、そんな風にはならなかった」

絵里「だって、穂乃果が慣れない早起きをして、私だけのためにお弁当を作ってきてくれたんだって思うと…嬉しくて、ニヤニヤが止まらなかったんだもの」

穂乃果「絵里ちゃん…」

絵里「これが苦手を克服するきっかけになるかもしれない。穂乃果のお陰よ。だから…」

絵里「ありがとう…お弁当、とっても美味しかったわ。また作ってきてくれる?」

穂乃果「…うんっ!!ありがと、絵里ちゃん…」

絵里「フフフ…そうだっ!明日は私が穂乃果にお弁当を作ってきてあげる!メニューはそうね…ピーマンの和え物なんてどう?他にもピーマンの肉詰め、ナスとピーマンの味噌炒め…」

穂乃果「ぴ、ピーマンづくし…!?いらないよ、そんなお弁当!」

絵里「ヒドい…私の手作りのお弁当なんていらないって言うのね…」オヨヨ

穂乃果「あっ…いや、そうじゃなくてっ…」

絵里「ぷっ…!冗談よ、冗談!そんなイジワルしないわよ…!」

穂乃果「! も、もー!///絵里ちゃんはー!///」
676: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:57:14.21 ID:LGN21wa4.net
穂乃果「んしょ…んしょ…」

絵里「あら穂乃果…1人で体育の授業の後片付け?海未やことりは?」

穂乃果「あっ、絵里ちゃん!いやぁ…2人ともこの後用事があったから、先に行ってもらったんだよね。でも意外と大変で…」

絵里「そう…優しいのね。手伝うわ」

穂乃果「えっ?いいよ、悪いし…」

絵里「いいからいいから。これ、どこから出したの?」スタスタ

穂乃果「あ、ありがとう…えぇっと、それはそっちの上の方から…」テテテ

絵里「あそこね…よっ」

穂乃果「届く?」

絵里「ええ、任せて……


ガチャン


穂乃果「…え?」

絵里「ちょ…今の音、まさか…!」ダッ


ガチャガチャ


絵里「か、鍵がかかってる…!ちょっとー!?まだ中にいるわよー!!」ゴンゴンゴン

絵里「ダメね…もう行っちゃったみたい…」

絵里「これって…私たち、閉じ込められた!?」

穂乃果「…………………」





穂乃果(あ、あのおまじない、本物だったの!?///)ゴーン
677: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:59:31.57 ID:LGN21wa4.net
穂乃果(資料室で見つけた本に書いてあったおまじない…まさか本当に絵里ちゃんと体育倉庫に閉じ込められちゃうなんて…)

穂乃果(ここはグラウンドの隅で、人もめったに来ないし)

穂乃果(薄暗くて、穂乃果は体操着で…ま、マットもあって…)

穂乃果(もし絵里ちゃんが、その気になっちゃったら…!!)



絵里『フフフ…逃げ場はないわよ穂乃果…』

穂乃果『ひゃんっ…』ドサ

絵里『たっぷり可愛がってアゲル…♡』



穂乃果「わ、わーーーーーっ!!ダメだよ絵里ちゃ

prrrrr

絵里「あ、もしもし?ええ、私よ」

絵里「今ね、穂乃果といっしょにグラウンド横の体育倉庫に閉じ込められちゃってて…」

絵里「はいはい、どうせドジですよ。悪いんだけど、ちょっと助けに来てくれない?…わかったわ、駅前のパフェね。じゃ」

絵里「…穂乃果、今開けに来てくれるって!!」

穂乃果「………………」





絵里「やれやれ、一時はどうなることかと思ったわね。開けっ放しの扉を閉めようとしてくれたんだろうけど、ちゃんと中を確認して…」

絵里「…って穂乃果?どうかした?」

穂乃果「もうっ!!絵里ちゃんはなんにもわかってないっ!!」プンプン

絵里「え…何が…?」
690: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 23:08:10.00 ID:vTJmkedE.net
TV<ナンデヤネン!!

穂乃果・亜里沙「あははははっ!!」

絵里「ほーーのーーかぁーー!!」バン

穂乃果「はぇ?どうしたの絵里ちゃん」

絵里「また私のプリン勝手に食べたでしょう!!」

穂乃果「ええっ!?知らないよ!?」

絵里「とぼけても無駄よ!!穂乃果はいつもいつも…」

亜里沙「あ…それ、亜里沙だ…」

絵里「え?」

亜里沙「今日のおやつかと思って…あのプリン、お姉ちゃんのだったんだ。ごめんなさい…」シュン

絵里「そ、そうなの」

絵里「まぁ、その…別にね、うん。いいんだけどね?」

絵里「…………」

絵里「じゃあ私は部屋にもど」クルッ


ガシッ


穂乃果「その前にぃ~…なぁにか言うことがあるんじゃないかなぁ~?」オォウ?

絵里(面倒なことになったわ…)
693: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 23:11:26.98 ID:vTJmkedE.net
絵里「あー…ごめんなさい?」

穂乃果「それだけ~?穂乃果はねぇ、傷ついたんだよ?ふかぁ~く、ふかぁ~く傷ついたよぉ」ベタベタ

穂乃果「そりゃさ?普段ちょっとしたイタズラをしたり、間違っちゃうこともあるよ?」グリグリ

穂乃果「でもねぇ、さっきみたいに穂乃果を犯人だと決めつけて、頭ごなしに怒鳴られたんじゃさぁ。ショックだよ、穂乃果は。あ、絵里ちゃんって穂乃果のことそんな風に見てたんだ…的な?ねぇ?」ツンツン

絵里(ものすごくイラつくけど、反論できない…!!)グヌヌ

絵里「…はぁ…どうしたら許してくれる?」

穂乃果「…その絵里ちゃんが楽しみにしていたというプリンで手を打とう」

絵里「あれいくらすると思ってるのよ……わかったわ」

穂乃果「わーい♡」パッ

亜里沙「あ、あの…!」

穂乃果「…あ、それともうひとつ」

絵里「まだあるの…?」

穂乃果「…亜里沙ちゃんのこと、許してあげて?わざとじゃないんだし。ね?」

絵里「……」

亜里沙「穂乃果さん…」
694: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 23:12:44.38 ID:vTJmkedE.net
絵里「…やれやれ」

絵里「許すも何も、最初から怒ってなんかないわよ」ポンポン

亜里沙「お姉ちゃん…!ごめんね、ちゃんと後で同じの買ってくるから…」

絵里「いいのよ。あれは亜里沙にあげる分だった、ってことで」ナデナデ

穂乃果「むぅ…穂乃果がやったらすっごく怒るくせに…」

絵里「日ごろの行いの差よ」

穂乃果「あ、そういうこと言う?傷ついたよぉ?穂乃果はふかぁ~く

絵里「うるさい」ビシ

穂乃果「うわーん!!絵里ちゃんがいじめるよ亜里沙ちゃーん!!」ダキッ

亜里沙「わぁ!?あはは…」

絵里「ほら、プリン買いに行くわよ」

穂乃果「はーい♡」ケロッ

亜里沙「あ、亜里沙も…!」



穂乃果「プリン♡プリンー♡」

亜里沙(お姉ちゃんと穂乃果さんには悪いことしちゃったけど…)



絵里「もう、そんなにくっつかないでよ…亜里沙が見てるでしょう?」

亜里沙(2人とも、なんだか楽しそう)クスッ



絵里「? どうかした?」

亜里沙「ううん、何でもない♡」
707: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 22:31:45.02 ID:4kvlEInW.net
絵里「ふぅ、お風呂ありがとう…って」

穂乃果「あ、ぅえりちゃんだぁ~♪ぅえりちゃんもおふろあがりのじゅーすのむぅ?」ポヘー

絵里「ちょっ…これ、ジュースじゃなくてお酒よ!!何本開けたの!?大丈夫!?」

穂乃果「え~?ふつーのじゅーすらったお~?」

絵里「か、完全に酔っ払ってる…」

穂乃果「むー!!ほのかよっぱらってなんかないもーん!!」ジタバタ

絵里「酔っ払いしか使わないのよ、そのセリフは!今水持ってくるから、大人しく

穂乃果「……ぐすっ」

絵里「え」

穂乃果「ひぐっ…ほのか、よっぱらってないって、ゆってるのに…」

穂乃果「えりちゃんはほのかのこときらいなんだぁーーー!!」ビエーン

絵里「なんでそうなるのよ!?」
708: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 22:34:42.12 ID:4kvlEInW.net
穂乃果「うぇぇぇぇん…」

絵里「…ハァ」

絵里(…もしかして、穂乃果って泣き上戸なのかしら)

絵里(明るく元気で、皆の前では決して弱さを見せないけれど…その分、気が緩んだときの反動が大きいのかも)

絵里(…なら、ここは私の出番ね)


ぎゅっ


穂乃果「ほぇ…ぅえりちゃん?」

絵里「私が穂乃果を嫌いなわけないでしょう?」ナデナデ

穂乃果「でも…」

絵里「穂乃果」

絵里「…大好き」モギュッ

穂乃果「! ぅえりちゃん…ホントに?」グス

絵里「私のこと、信じられない?」

穂乃果「……ううん、しんじる…」

穂乃果「…えへ、ほのかも、えりちゃんのことだぁいすき♡」スリスリ

絵里(ホッ……なんとかなったわね)

絵里「…じゃあお水とってくるから、ちょっと待って


どんっ


絵里「きゃ……!?」ドサ
709: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 22:37:37.24 ID:4kvlEInW.net
絵里「いたた…急に何を…」


のしっ


穂乃果「………」

絵里「……えっと…穂乃果?そんな風に跨がられたら、動けないんだけど…」

穂乃果「あのね…」

穂乃果「ほのか、ホントにえりちゃんのこと、だいすきなの…」

絵里「え、ええ…わかってるつもりだけど…」

穂乃果「それでね?えりちゃんのことかんがえると、カラダがカ~ッてあつくなるの…」

絵里「それ、酔っ払ってるからね、うん…」

穂乃果「だから…ね?」

穂乃果「シよ…?」

絵里「」

穂乃果「ぅえりちゃ…

絵里「い、いやいやっ!!ダメよ、あなた酔っ払ってて、自分で何言ってるか…!!」

穂乃果「あ…そうだ」

穂乃果「こういうときって、ほのかはえりちゃんにシてもらってばっかりだから」

穂乃果「きょうは、ほのかがえりちゃんにシてあげる…♡」

絵里「ひっ…!?ま、待って!隣の部屋には雪穂ちゃんだっているし、穂乃果のご両親も…!!」

穂乃果「だいじょーぶ♡」スッ

絵里(あ、あぁ……!!)

穂乃果「えりちゃんが…こえ、がまんすればいいだけだよ…♡」

絵里(あぁぁぁぁぁ~~~~~~~っっっ!!!?///)
710: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 22:40:55.17 ID:4kvlEInW.net
チュン(・8・)チュン



穂乃果「ん…」

穂乃果「……ふわぁ~~~、よく寝…

穂乃果「……」

穂乃果「………!?///」バッ

穂乃果「え、えっ!?なんで穂乃果裸なのっ!?///」


「ぐすっ…うっ…うぅぅ…」


穂乃果「!? 絵里ちゃんっ!?」

絵里「はしたない…はしたないわぁぁぁ…私ったら、あんなに…なちゃってぇぇぇ…」シクシク

穂乃果「な、何があったの~~~~っ!!!?」
753: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 01:01:09.85 ID:Bp9PQ4Hu.net
穂乃果「わぁ…!見て絵里ちゃん、キレイな夕焼け…!」 

絵里「あら…ホントね…」

穂乃果「やっぱり夏の夕暮れは最高だよね!昔の人も言ってるくらいだし!」

絵里「…もしかして、枕草子のこと?なら夏に一番趣があるのは夜で、夕暮れは秋よ?」クス

穂乃果「うっ、そうだっけ?…でもいいのっ!穂乃果は夏が好きだから、何でもキレイに見えるんだよ!」

絵里「フフ…そうね。まさに、『夏は穂乃果』って感じだもの」

穂乃果「えへへ…じゃあ、『冬は絵里ちゃん』かな?」

絵里「冬、か…」

穂乃果「? どうかした?」

絵里「ううん、何でも…」

絵里「ただ…やっぱり私って、今も冬のような冷たいイメージがあるのかな…って」

穂乃果「…もー、ちがうよ~!確かにクールでカッコいいイメージはあるけど……えいっ!」ダキッ

絵里「きゃ…!?」

穂乃果「穂乃果が言いたいのは、『冬は寒いから、あったかい絵里ちゃんが必須!』…ってことだよ~♡」スリスリ

絵里「穂乃果…」

絵里「…じゃあ、暑い夏には必要ないから、エリチカヒーターは物置行きになるのね?」

穂乃果「あっ、またそうやってひねくれたこと言うー!じゃあ『春は絵里ちゃんで夏が絵里ちゃん。秋だって絵里ちゃんで冬も絵里ちゃん。絵里ちゃんはどの季節も素敵かな』…by.紫穂乃果、だよ!」

絵里「プッ…!なぁに、それ…風情の欠片もないじゃない…!しかも、枕草子の著者は紫式部じゃなくて清少納言だし…!ぷくくっ…!あははははっ!」

穂乃果「うぅ…また自分で自分のおバカさをさらけ出してしまった…///」
780: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 16:06:33.45 ID:lFGycBvL.net
穂乃果「あっ!ねぇねぇ絵里ちゃん、短冊コーナーがあるよ!」

絵里「もうすぐ七夕だものね」

穂乃果「ふふ、色んな願い事が書いてあるねぇ」

絵里「せっかくだし、私たちも書いていく?」

穂乃果「書く書く~!」



絵里「うーん、私は…そうね…」

絵里「『ラブライブ出場&優勝』…と」

絵里「穂乃果、書けた?」

穂乃果「ちょっと待って、あと一枚…」カキカキ

絵里「って、1人で何枚書いてるのよ…」

穂乃果「い、いやぁ…次から次へとお願い事が浮かんできて…」

絵里「もう…ここは穂乃果のためだけにあるんじゃないのよ?1つにしなさい」

穂乃果「えー!」
781: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 16:07:53.98 ID:lFGycBvL.net
絵里「えーじゃないの。どうせろくでもないお願いばっかりなんでしょうに…」

穂乃果「むー!ろくでもあるよー!」

絵里「へぇ?『お小遣いが増えますように』、『お菓子を食べても太りませんように』…ほら、こんなのばっかり……」ピラ


『絵里ちゃんとずっといっしょにいられますように』


絵里「……」

穂乃果「……ろくでもあるでしょ」プイッ

絵里「…そうね」

絵里(一番後ろにあったってことは…一番最初に書いたってことか…)

絵里「でも、このお願い事はナシ」

穂乃果「えぇー!?どうして!?それが本命なのに…」

絵里「だって、このお願い事は…」

絵里「星に願わなくても、私が叶えてあげるから…」ニコ…

穂乃果「ぅ絵里ちゃん……!」

絵里「だからほら、飾るのは一番叶いそうにないのにしたら?これとか」

穂乃果「『成積があがりますように』…絵里ちゃんひどーい!!」

絵里「フフっ…だって見て?『せいせき』の『せき』は、のぎへん(積)じゃなくていとへん(績)よ?こんな書き間違いをしているようじゃぁね~♪」

穂乃果「あーん!いじわるぅ~~~っ!!」
808: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 23:40:29.90 ID:detT45x/.net
亜里沙「ここの振りが難しくて…」

雪穂「亜里沙は腕を上げすぎてるから、もうちょっと…」


「ぅ絵里ちゃんのバカーーーーー!!」


ありゆき「!?」ビクッ


「なぁっ!?おバカなのは穂乃果の方でしょう!?」

「バカって言う方がバカなんだよっ!!」

「じゃあやっぱり穂乃果がバカなんじゃない!!」


ギャーギャーワーワー


亜里沙「どどどどうしよう雪穂!上でお姉ちゃんたちがケンカしてる!?」

雪穂「あー…珍しいね」

亜里沙「止めに行った方がいいんじゃ…!!」

雪穂「放っといても大丈夫でしょ」

亜里沙「でも…」


シーン


亜里沙「…あれ?静かになった…」


トントントン…


亜里沙「わわわ…降りてきた!?お姉ちゃん、怒って家に帰っちゃう気じゃ…」


ガラッ


穂乃果「やっほー2人ともー♪頑張ってる?」ルンルン♪


亜里沙「…へ?」


絵里「ちょっと2人でお出かけしてくるわねー」

穂乃果「お留守番よろしくー♡」モッギュー


亜里沙「」ポカーン
809: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 23:42:12.36 ID:detT45x/.net
「もう…そんなにくっつかれたら歩きにくいわ」

「だって大好きなんだもーん♡」

「仕方ないわねぇ」

「えへへー♡」


亜里沙「……」

亜里沙「ゆ、雪穂……?」

雪穂「だから言ったでしょ、大丈夫だって」

亜里沙「もう仲直りしたの…?」

雪穂「ケンカなんてしてるようでしてないからねー」

雪穂「あぁでも、悪いことは言わないから、今日のお泊まりは中止にしよ?」

亜里沙「えー!?どうして!?」

雪穂「うーん…中止にまではしなくていいか…お泊まり会なら、亜里沙の家でやろうよ」

亜里沙「やだ!お姉ちゃんが穂乃果さんの部屋に泊まるなら、亜里沙は雪穂の部屋に泊まりたいっ!!」

雪穂「まぁ私はいいんだけどさ…後悔しても知らないよ?」

亜里沙「???」


………
……
810: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 23:43:27.57 ID:detT45x/.net
雪穂「…じゃ、私は寝るね」

亜里沙「え…亜里沙、もうちょっと雪穂とおしゃべりしたいな…」

雪穂「私もしてたいけどさ…今日は早く寝た方がいいよー…ふわぁ…」

雪穂「…zzz」

亜里沙「……ホントに寝ちゃった…」

亜里沙「……はぁ…」

亜里沙(今日の雪穂、なんだか冷たかった…)シュン

亜里沙(何か嫌われるようなことしちゃったかなぁ…)モンモン

亜里沙「……」

亜里沙(…ダメ、もやもやして眠れないよ~!)



ギシッ…ギシシッ…



亜里沙(……ん?)


「───?」

「────!?──///」


亜里沙(穂乃果さんの部屋から…?何の音だろ…?)キキミミ


………
……
811: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 23:45:19.18 ID:detT45x/.net
チュン(・8・)チュン



雪穂「ふわぁ…」

雪穂「……うぅん…?」

亜里沙「…………」

雪穂「亜里沙ぁ…?どしたの…?」

亜里沙「雪穂ぉ…!」





亜里沙「……亜里沙、もうどんな顔してお姉ちゃんたちに会えばいいかわかんないっ!!///」バッ

雪穂「だーから早く寝ようって言ったのに…」
836: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/10(金) 23:57:36.34 ID:kfYKMyGy.net
絵里「…ほら、また間違ってる。tanθ=sinθ/cosθよ。穂乃果のは分母と分子が逆」

穂乃果「…あーもうっ!ぜんっぜん覚えられないよー!!」

絵里「公式が頭に入ってないと問題の解きようがないじゃない…ちゃんと授業聞いて、一回で覚えようと努力してるの?」

穂乃果「してるよっ!」

絵里「じゃあこのノートの落書きは何?タヌキなんて書いてる暇があったら…」

穂乃果「タヌキじゃなくて、ネコだもん!!」

絵里「あ、そう……ってそういう問題じゃなくて。授業中に他のことをしたり、考えたりしちゃダメでしょう」コツンッ

穂乃果「うぅ…だってぇ…」

絵里「やれやれ……ちょっとお手洗い借りるわね。その間に間違った公式をそれぞれ10回ずつ書いて暗記しておくこと。戻ったらテストするわよー」

穂乃果「えぇ~!?」





穂乃果「はぁ…ここは一回やったはずなのに…授業はちゃんと聞かないとなぁ。穂乃果の数学のノート、スカスカだし…」カキカキ

穂乃果「…そうだ、参考に……」チラ

穂乃果「…ほぇー、絵里ちゃんのノートはキレイにまとまってるなぁ。字もうまいし、復習したくなるノートだ…」

穂乃果「やっぱり絵里ちゃんは真面目に先生の話を……」ペラ

穂乃果「………え?」ドキ
838: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/10(金) 23:59:54.66 ID:kfYKMyGy.net
絵里「さぁて穂乃果、ちゃんと覚えられ

穂乃果「絵里ちゃんっ!!」バンッ

絵里「わ!?ど、どうしたの?」

穂乃果「こ、ここ…絵里ちゃんのノートの端っこ…///」

絵里「……?」




               ほのか




絵里「…………!!!」

穂乃果「絵里ちゃん、人のこと言えないじゃんっ…授業中に他のこと……というか、その…」

穂乃果「……穂乃果のこと、考えてる…///」

絵里「や、違っ…これは、えっと…ちょっと、一瞬だけボーッとしてて…!」アタフタ

絵里「…そう!無意識に、だから!別に穂乃果のことを考えてたわけじゃ…」

穂乃果「…えへへ」



穂乃果「……無意識に、穂乃果の名前を書いちゃったんだ…///」ポッ

絵里「────っ!!!」





絵里「………帰る…///」

穂乃果「だ~め、逃がさないも~ん♪もっと勉強教えて、絵里ちゃん先生♡」ギュッ
861: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 12:10:47.33 ID:DcCek5Uc.net
絵里「うぅ…///いらっしゃいま…」

穂乃果「もう!絵里ちゃんてば何恥ずかしがってるの?もっと大きな声でっ!」

絵里「お店を手伝うとは言ったけど、割烹着を着せられるなんて聞いてないわよ…!」

穂乃果「大丈夫、絵里ちゃん似合ってるよ!」

絵里「そうかしら…」

おばあちゃん「ごめんくださぁい」

穂乃果「あっ!いらっしゃい!ほら、絵里ちゃんも!」

絵里「い、いらっしゃいませ…!」

おばあちゃん「あらぁ、この子が噂のうえりちゃん?べっぴんさんねぇ」

絵里「う、うえりちゃん?噂の?」

穂乃果「うえりちゃんじゃなくて、絵里ちゃん!」

おばあちゃん「うえりちゃん?」

穂乃果「ぅ絵里ちゃんっ!」

おばあちゃん「んだから、うえりちゃんでしょぉ」

穂乃果「ぐぬぬ…なぜだ…」

おじいちゃん「ほーのかちゃぁん、お饅頭、買いにきたぞぉ」

穂乃果「っと…いらっしゃーい!いつもありがとうね!」

おじいちゃん「ん…新しいパートさんかえ?」

おばあちゃん「ほら、あの子よぉ、穂乃果ちゃんがよく話してくれる…」

おじいちゃん「おぉう、あんたが噂のウェリ・ツェンさんかい」

絵里「い、いや…あはは…(誰よ!!というか何人よ!!)」

穂乃果「ウェリ・ツェンじゃなくて、ぅ絵里ちゃんっ!!」

おじいちゃん「…?」

穂乃果「ぐぬぬぬぬ…まぁいいや、おじいちゃん今日は…」

おじさん「おー、やっぱり今日の店番は穂乃果ちゃんかぁー」
862: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 12:12:30.43 ID:DcCek5Uc.net
穂乃果「…あ、○○さん!お久しぶりです!」


主婦「こんにちはー」

子ども「穂乃果ねーちゃん!」

穂乃果「いらっしゃいませ!○○くん、元気にしてた?」

子ども「うんっ!」


女子中学生「穂乃果せんぱーい!」

穂乃果「あー!○○ちゃん!合唱コンクールはどうだった!?」

女子中学生「えへへ、それがですね…!」



ワイワイガヤガヤ



絵里「……」ポカーン


穂乃果「───?───!」ニコニコ


絵里「…………フフ…」ニコ…


穂乃果「絵里ちゃんっ!レジお願い!」

絵里「あ、はいっ!」シュバッ
863: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 12:14:29.56 ID:DcCek5Uc.net
おばさん「お母さんによろしくねぇ」

穂乃果「はーい!」ブンブン

絵里「ありがとうございましたーっ」

穂乃果「…ひと段落かな」

絵里「ふー…」

穂乃果「…ごめんね?疲れたよね?」

絵里「あ、ううん、全然…」

穂乃果「そんな絵里ちゃんには…はい、これ!穂乃果が作ったお饅頭!ほのほむまんだよっ!」

絵里「…食べていいの?」

穂乃果「うん!」

絵里「じゃあ……はむっ」

絵里「………おいしい…」

穂乃果「えへへ、良かったぁ…あ、お茶もどーぞ!」

絵里「ありがとう…」

穂乃果「いやぁ、こんなに混むとは思ってなかったんだけど…みんな絵里ちゃんが店番してるって聞きつけてきたのかな?」

絵里「私がいたのはたまたまで、お客さんは穂乃果が目当てだったんじゃない?みんな穂乃果ちゃん、穂乃果ちゃんって…穂乃果は昔からご近所の…まさに、アイドルだったのね」

穂乃果「やだなー、そんなんじゃないよ~」

絵里「それで?穂乃果は私のこと、なんて噂してたのかしら?」

穂乃果「え…そ、それは…」

絵里「ん~?」

穂乃果「……かっこよくて、頼りになって…他にもたくさん素敵なところがあって…」



穂乃果「……女の子同士だけど、大好きな人がいるって…///」

絵里「そ、そう…///」

穂乃果「うん…///」

絵里「……」

穂乃果「……」

絵里「あ、あのね、穂乃果…私、今日1日、ずっと考えてたことがあるの」

穂乃果「なぁに…?」

絵里「私たちの、未来の話…」
864: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 12:16:48.92 ID:DcCek5Uc.net
穂乃果「未来の…」


絵里「…そう」


絵里「大人になったら、今日みたいに…」


絵里「穂乃果がお饅頭を作って、私が店番したり、お店を切り盛りしたり…」


絵里「そうやって、ずっと…!」


絵里「2人で、一緒に……!!!





ダァーーーーーン!!!





絵里「!!??」ビックゥ

穂乃果「あ……お父さん!新しくお饅頭できたんだねっ!」

ほのパパ「…………」ゴゴゴゴゴゴゴ

絵里「  」



ほのパパ「…………」スタスタ

穂乃果「今準備するよー!絵里ちゃん、ちょっとの間1人で店番頼める?」

絵里「も、もちろんよ…1人で、ね…ハハ…」
892: ちょいえろちゅうい(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/14(火) 22:03:06.02 ID:y5CWRKPa.net
穂乃果「……」コックリ コックリ

絵里「穂乃果ー…もうすぐ下校時間なんだから、寝ちゃダメよー」カリカリ

穂乃果「んー…」

絵里「もう…」ハァ

絵里「寝たらイタズラしちゃうわよー」

穂乃果「…………」

絵里「……?」チラ



穂乃果「…………ぐー…すぴー…///」

絵里「………ふーん…」クス…

絵里「穂乃果…私にイタズラされたいんだ…」

穂乃果「………むにゃ…///」

絵里「フフ…」ススス

絵里「……えいっ…」ツン

穂乃果「…んっ……」ピク

絵里「……♪」ツツー

穂乃果「………ぁ…ん…!」ピククンッ

絵里「ねぇ穂乃果…いいの?」

穂乃果「………?」

絵里「そろそろ起きないと…♡」スッ…

穂乃果「…………っ///」フイッ





絵里「……こ~ちょこちょこちょこちょこちょ~~~っ!!」

穂乃果「!? あは…あははははははははははははっ!!!」
893: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/14(火) 22:06:46.30 ID:y5CWRKPa.net
穂乃果「も、もうおきっ…起きたからぁ~っ!!」

絵里「あらそう?」パッ

穂乃果「んもー!!絵里ちゃんのいじわるぅー!!」

絵里「学校でそんなことできるわけないでしょう?ほら、鍵閉めて帰るわよ」

穂乃果「むー…」

穂乃果「……じゃあ、学校じゃなかったら…いいの…?」

絵里「…穂乃果」

絵里「あなたもしかして……」

穂乃果「……///」



絵里「…発情期?」

穂乃果「ちっがぁーーーう!!!」

絵里「さ、帰りましょ。ハウスよ、ハウス」

穂乃果「またそうやってわんこ扱いしてぇ…っ!!」プルプル

穂乃果「もういいよっ!!絵里ちゃんとはぜっこーだから!!」プイッ

絵里「フフっ………あ、そうだ穂乃果…」





絵里「今日は家に誰もいないんだけど……ちょっと寄ってく?」クスッ♡

穂乃果「………………///」コクン
923: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 21:19:16.64 ID:KKRRmoQ2.net
エリチカ<起きてる?

ぽのか<起きてるよ!

エリチカ<次の土曜日、私とデートしない?

ぽのか<するー!!o(≧▽≦)o

エリチカ<決まりね

エリチカ<水族館のチケットが2枚あるの

ぽのか<水族館デート♡

ぽのか<それって、今月開館したとこ?

エリチカ<そうよ

ぽのか<やった!

ぽのか<テレビで見て、行きたいなって思ってたの!

ぽのか<イルカショーがすごいんだって!!

エリチカ<はしゃぎ過ぎてプールに落ちないでね

ぽのか<ヽ(#`Д´)ノ

エリチカ<(´^ ^)/(`´#)

ぽのか<(//∇//)
924: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 21:21:45.72 ID:KKRRmoQ2.net
エリチカ<じゃあ詳しいことは明日会ったときに

エリチカ<おやすみ♡

ぽのか<待って!

ぽのか<なんだか、絵里ちゃんとお話したくなっちゃった

ぽのか<電話してもいい?

エリチカ<ダーメ

ぽのか<なんでー

エリチカ<大好きな穂乃果と電話してると
     楽しくて時間を忘れちゃうから

ぽのか<もう♡

ぽのか<なら仕方ないね♡

ぽのか<明日いっぱいお話しようね!

エリチカ<ええ♡

エリチカ<そうそう

エリチカ<デートのことは、みんなには内緒よ

ぽのか<どうして?

エリチカ<2人だけズルいーってなるでしょ?

エリチカ<あと、からかわれるし

ぽのか<そっかぁ

ぽのか<絵里ちゃんがそう言うならそうする!

ぽのか<お忍びデートだ♡

エリチカ<そうね♡

にこにー♡<まったく忍べてないのよねぇ

ぽのか<え
926: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/17(金) 21:25:58.03 ID:KKRRmoQ2.net
ぽのか<ん

ぽのか<あれ

ぽのか<どゆこと

のぞみん<ヒント:既読数

ぽのか<待って

ほのか<うわ

ぽのか<これグルチャの方じゃん!!!!!!

 【エリチカが退出しました】

ぽのか<絵里ちゃーーーーーーーーーん!!!!

 【りんがべー☆がエリチカを招待しました】

 【エリチカが参加しました】

真姫<凛に連れてこられるエリーって面白いわね

園田海未<よくあるミスです、お気になさらず

はなよ<ほら、この前私もやっちゃったし…

♪ことり♪<(´・8・)/(T-T )乙

にこにー♡<それ、煽ってるようにしか見えないわよ

ぽのか<な~んちゃって!

のぞみん<?

ぽのか<今のは全部ドッキリでした~♡( ´艸`)

エリチカ<悪かったわね、今まで騙して♡

のぞみん<白々しい…

真姫<個チャで打ち合わせしてるわね

ぽのか<どうしよう、バレてるっぽいよ

エリチカ<穂乃果!!

ぽのか<間違えた!!

にこにー♡<やれやれ…
958: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 14:49:16.60 ID:0rx6zsKU.net
絵里「どう穂乃果?進んでる?今日も手伝いにきたわよ」ガチャ

絵里「……穂乃果?」

穂乃果「……」

絵里「ちょっと、どうしたの?そんなイスの上で丸くなって…何かあったの…?」

穂乃果「…………」シーン

絵里「ねぇ、ほの…」

絵里「…!」

絵里(……これ…)ピラ



『国立音ノ木坂学院 第○○回卒業証書授与式 ー式次第ー』



絵里(…………あぁ…)
959: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 14:50:29.23 ID:0rx6zsKU.net
穂乃果「……今やってる仕事の資料を探してたらね…出てきたの」

絵里「…そりゃあ出てくるでしょうね。卒業式は、毎年生徒会を中心に準備するんだもの」

絵里「去年は、私たちが先輩方のために」

絵里「……今年は、穂乃果たちが…私たちのために」

穂乃果「……ねぇ、絵里ちゃん」

穂乃果「もう一年だけ穂乃果といっしょに…三年生、やらない…?」

絵里「……あら、ひどいわ。穂乃果は私に留年してほしいって言うの?」クス

穂乃果「…違うよ」

穂乃果「卒業…してほしくないんだよ…」ジワ

絵里「………そっか…」ナデナデ

穂乃果「……っ…」ズビ

絵里「穂乃果…」



絵里「…ありがとう」

穂乃果「…どうして…ありがとうなの…?」

絵里「…嬉しいから」

穂乃果「嬉しい…?穂乃果は…穂乃果は、こんなにっ!!」ガタッ

穂乃果「こんなに…悲しくて…寂しいのに…っ」

絵里「…私だって卒業は悲しいし、寂しいわ」

絵里「でもね、穂乃果にそう思ってもらえて…自分でも、そう思えることが…とっても嬉しくて、幸せなの」

穂乃果「幸せ…?」
960: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 14:55:11.66 ID:0rx6zsKU.net
絵里「去年の卒業式…私はどこか冷めた眼差しで会場を眺めていたわ」

絵里「送辞も、1日で書き上げたものを、ただ噛まないように注意して読むだけ」

絵里「特に親しい先輩もいなかったし、他にもやることがたくさんあったから…早く終わらないかな、とか、卒業式なんて長期休暇に入る前の終業式と変わらないじゃない、とか考えてた」

絵里「『夏休み前はあんなに浮かれてたのに、今度はそんなに学校を離れるのが嫌なのか』ってね…フフ、ホント、我ながらひねくれてるわよね…」

絵里「もちろん、入学したときからお婆様の母校ということで、この学校に愛着や誇りは持っているつもりだったけど…そこにあったのは、『お婆様の想い』で、『私の本当の想い』じゃなかった」

絵里「…だからね?どうして先輩方が、校舎内を映し出しただけのスライドショーで涙を流しているのか、わからなかった」

絵里「クラスの子たちが体育館の後片付けを放り出して、いつまでも部活の先輩を見送っていたのも、理解できなかった」

絵里「でも……今なら」



絵里「今なら、全部わかる…!」

穂乃果「絵里ちゃん…」
961: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 15:01:33.94 ID:0rx6zsKU.net
絵里「かけがえのない仲間と出逢い、かけがえのない日々を過ごして、かけがえのない思い出ができていく」

絵里「そんな大切な人や時間…そしてそれを繋いでくれた場所に想いを馳せて、わけがわからなくなって…涙が零れたり、体が勝手に動いたりする」

絵里「それは、とても人間らしくて、素晴らしいことなんだと…気づくことができた」

絵里「……あなたのお陰でよ、穂乃果…」

穂乃果「買いかぶり過ぎ、だよ…穂乃果は、何も…」

絵里「フフ、そうかもね。私、みんなが思う以上に、穂乃果を頼りにしているところがあるから…それが重荷になって欲しくはないんだけど…」

絵里「でも、最後に一つだけお願いがあるの」

穂乃果「お願い…?」

絵里「ええ…」

絵里「私ね…卒業式で、泣きたい」

穂乃果「…!」

絵里「穂乃果を残して先に卒業するのが心配で泣くんじゃないわよ?」

絵里「この学校に通えて、みんなと出逢えて、本当に良かったって…そういう涙を流したい」

絵里「だから、生徒会長として…そんな素敵な式にしてくれますか?」

穂乃果「……うん。うんっ…!!」

穂乃果「約束する…!絶対、素敵な式にする…!!」

穂乃果「卒業は、寂しいけど…ずっと、いっしょにいたいけど…」



穂乃果「きっと……笑顔で見送るからぁぁぁ……!!」ポロポロ

絵里「あらら…だからって、今泣いちゃわなくても…」

穂乃果「今の内に、思いっきり泣いとくぅぅぅ……!!」ポロポロ

絵里「もう…仕方ないわねぇ」

絵里「今日だけ…特別よ?」ギュッ

穂乃果「っ…!!」

穂乃果「…ぐすっ…!うぇぇ…!絵里、ちゃん…!絵里ちゃぁぁんっ…!!」



穂乃果「……卒業、しないでよぉぉぉぉっ!!!うわあぁぁぁぁんっっ!!!」

絵里「…うん…ありがとう…‥」ポンポン

穂乃果「ずっと…!ずっとこのままっ、高校生の、ままで…!!一緒に、いようよぉぉぉ!!うぇぇぇぇぇんっっっ!!!」

絵里「…ありがとう……」
962: エピローグ(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 15:07:10.03 ID:0rx6zsKU.net
絵里「…落ち着いた?」

穂乃果「…うん」

絵里「じゃ、帰りましょうか」

穂乃果「……うん」

絵里「こうして穂乃果といっしょに下校できるのも……あ」

穂乃果「…ふふ、もう大丈夫。泣かないよ…」

絵里「ホッ…良かった。また泣き出されたら、このまま学校に泊まり込むハメになってたわね♪」

穂乃果「……ふふふ」

絵里「…? 穂乃果?」

穂乃果「絵里ちゃんって、こういうときいつも、わざと茶化して穂乃果を怒らせて、元気づけようとしてくれるよね」クスクス

絵里「え…!?そ、そうだったかしら…?」

穂乃果「絵里ちゃんは優しいね…」ニコニコ

絵里「なんだか、調子狂うわね…」

穂乃果「えへへ…さ、ナゾナゾでも出し合いながら帰ろっか!」

絵里「…ええ」





絵里「……え?ナゾナゾ?なぜ?」

穂乃果「昨日テレビでね~……」


………
……
965: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 15:12:07.76 ID:0rx6zsKU.net
穂乃果「やっぱり夏かな?ほら、夏休みがあるし?」

絵里「残念…答えは『一年』でした」

穂乃果「へ?」

絵里「春、夏、秋、冬、『一年』の中で一番長いのは…」

穂乃果「うわっ!!ずるーい!!」

絵里「フフ、穂乃果は簡単に引っかかってくれるから、意外と楽しいわね♡」

穂乃果「ぐぬぬぬぬ…」

絵里「じゃあ次は~♪」ニコニコ

穂乃果「……」



穂乃果(…えへへ)
966: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 15:15:19.60 ID:0rx6zsKU.net
穂乃果「…ねぇねぇ絵里ちゃん、好きって10回言ってみて?」

絵里「(今度は10回クイズかしら?)いいわよ。好き、好き、好き、好き……」

穂乃果「んふふ、絵里ちゃんは穂乃果のこと…!?」

絵里「うーん…」

絵里「……愛してる?」

穂乃果「ぅえりちゃんっ…///」

穂乃果「…うぅ~っ……!」

絵里「?」

穂乃果「……穂乃果もーーーっ!!」ダキッ

絵里「ちょ…いきなり危な…きゃぁぁぁーーーっ!?」





おわり
971: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 15:22:48.88 ID:0rx6zsKU.net
900後半いくと落ちやすくなるとかだったと思うので、この辺でおしまいにします
3ヶ月もの間お付き合いくださりありがとうございました!
990: 名無しで叶える物語(ささかまぼこ)@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 15:55:18.32 ID:0rx6zsKU.net
ちなみにまたこんなん作ってたんだけど、>>1000まで残り少ないしほのえり以外のキャラも出るから、こことは別にやろうかと思う
http://i.imgur.com/29fCDoY.jpg

読んでくれた方本当にありがとう
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『穂乃果「絵里ちゃん、好きって10回言ってみて?」 絵里「(10回クイズかしら?)好き、好き、好き、好き…」』へのコメント

コメントの投稿には初回のみDisqusへのアカウント登録が必要です。Disqusの登録、利用方法を参考に登録をお願いします。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。