千歌「よっ!賢い!」愛「可愛い!」絵里「…」

シェアする

絵里-アイキャッチ24
1: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 22:48:32.47 ID:zvv+g3/J
千歌「こんにちは~Aqoursの高海千歌で~す」

愛「ちっすー、虹の浦…じゃなかった。虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の宮下愛で~す」

千歌「そして~すっごく賢い!」

愛「すっごく可愛い!」

絵里「凄くやりにくいんだけど…」

元スレ: 千歌「よっ!賢い!」愛「可愛い!」絵里「…」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 22:54:12.04 ID:zvv+g3/J
千歌「あれ?絵里さんのコールってこんなんじゃなかったっけ?」

愛「アタシの記憶だと…千歌っちの言う事は間チカいない!千歌っちだけに!」

千歌「だよね!間チカいなよね!」

絵里「いや…間違いだらけよ…」

愛「え~そうだっけなぁ」

千歌「じゃあ何でしたっけ?」
7: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 22:59:53.77 ID:zvv+g3/J
絵里「かしこいかわいいエリーチカよ…」

千歌「え?」

絵里「だから…かしこいかわいいエリーチカだって…」

愛「あ~そっかぁ。凄くが余計だったんだ」

千歌「なるほど。でも…凄く賢いし凄く可愛いですよね?」

絵里「え?私に聞いてるの?」

千歌「はい」

絵里「物凄い答えづらいんだけど…」

愛「否定しない所を見るとあながちそう思ってない訳でもなさそうだね」

絵里「うっ…それは…」

千歌「まあ、でも確かにすっごい美人だもんね。絵里さん」

絵里「やめてよ…」
11: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:08:21.09 ID:zvv+g3/J
千歌「そうですか?」

絵里「ええ…って言うかまだ開始数分で凄いじって来るわね…」

愛「あ~もしかしてそう言うのNGな感じ?あれ?NGな感じってちょっと韻を踏んじゃってる?」

絵里「別にNGではないし何にも上手くないし。違うのよ。せっかく普段ない組み合わせなんだから普通にお話ししましょうよ」

千歌「ん~今のって普通じゃなかったですか?」

絵里「普通ではなかったわ」

愛「そっかぁ。えりちはいじられるのとか慣れてなさそうだもんね。よしっ!普通に話ししようか!」

千歌「世間話的な?」

愛「そうだね!」

千歌「あっ!昨日のドラマ観た?」

愛「あ~観た観た!あれでしょ?」

千歌「そうそう。あれあれ」
13: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:12:09.63 ID:zvv+g3/J
愛「あれは泣けたよね」

千歌「だよね~テレビの前でお腹抱えて笑っちゃったよ」

絵里「ちよっ、ちょっと待ちなさい」

愛「え?どったの?」

絵里「おかしくない?」

千歌「何がですか?」

絵里「会話の内容」

愛「ちゃんと普通の会話してるけど?」

絵里「こう言う時にする会話ではないわよね?昨日のテレビの話って…昨日のテレビの話ってぇ」

千歌「そ、そうですね」

愛「何で二回言った?」
14: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:18:26.66 ID:zvv+g3/J
絵里「大事な事だからよ。滅多にない組み合わせなのよ?それを昨日テレビの話で終わらせる気?」

愛「な、なるほど…」

千歌「凄いツッコミますね…」

絵里「あなた達がそうさせてるの…私だって出来ればやりたくないわよ」

千歌「あっ…でも貴重ですよ?ツッコミ出来る人って。ね?」

愛「う、うん。千歌っちの言う通り。よっ!ツッコミ名人!」

千歌「よっ、銀幕スター!」

愛「それ違くない?」

千歌「あれ?」

絵里「…………はあ」

千歌「うわっ。ため息つかれた!?」

愛「それも凄い溜めて。ため息だけに」
15: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:27:04.92 ID:zvv+g3/J
絵里「あの…さっきから無理矢理ダジャレ言おうとしてるけど…」

千歌「誰じゃ?ダジャレを言うのは誰じゃ?愛ちゃんか?」

絵里「二人に言ってるのよ」

千歌「あっ…まさかの私も?」

絵里「なんで自分はセーフだと思ったの…」

千歌「えへへ~」

愛「いや~ダジャレは趣味って言うか?皆んなが笑顔になればいいかな~と思って?ほら?アイドルは皆んなを笑顔にするのが仕事って言ってたじゃん?」

絵里「誰が?」

千歌「にこさんじゃない?」
16: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:34:23.45 ID:zvv+g3/J
絵里「そう…にこがね。でも、ほら?別にダジャレじゃなくてもね?私達お笑い芸人じゃないから…」

千歌「別にお笑い芸人じゃなくてもダジャレは言うと思うけど…」

愛「ねえ?」

絵里「そう…はあ…もう好きにして…」

愛「疲れるの早いなぁ」

絵里「あなた達のせいよ…」

千歌「え~…じゃあ、なんか今度こそ普通に会話しようか?」

愛「普通に…お互いの印象とか聞いちゃう?」

絵里「そうよ。私が言いたいのはそう言う事なの」

千歌「だったら最初から言ってくれればいいのに…」

絵里「何度も言ってるじゃない」
17: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:39:21.46 ID:zvv+g3/J
愛「じゃあ、お互いの印象話しちゃう?」

千歌「うん。印象かぁ…そうだなぁ…愛ちゃんの印象は…って言うかね。私ギャルの人初めてかも」

愛「え?そうなの?」

絵里「随分率直な感想ね…」

千歌「だって浦の星に居なかったもん。愛ちゃんみたいなギャルの人。流石東京の学校だなって」

愛「へ~そっかぁ」

絵里「東京は関係ないと思うけど」

千歌「でも、私が思ってたギャルってイメージとちょっと違ったかも」
18: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:44:02.89 ID:zvv+g3/J
愛「え~どんなイメージ持ってたの?」

千歌「なんだっけ?ルーズソックス?みたいなの履いてて肌が黒い…」

愛「それってコギャルじゃない?」

絵里「今時居ないでしょ…そんな人…」

千歌「へ~そうなんだぁ」

絵里「そうなんだって…まあいいけど。で?私のイメージは?」

千歌「ん~チカッチカさんのイメージは…あっ、間違えたエリーチカさんのイメージは…」

絵里「どうすれば自分と人の名前を間違えるのよ…」
19: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:49:12.09 ID:zvv+g3/J
千歌「いや~えへへ…」

絵里「えへへ、じゃないわよ」

千歌「まあ、絵里さんはほら?凄い美人だなぁって」

絵里「だからやめてよ…」

千歌「いやぁ、本当ですよ?美人でスタイルよくて何より大人っぽい!」

絵里「そ、そう?」

千歌「はい」

絵里「ま、まあ…やぶさかではないわね」

千歌「愛ちゃんは?」

愛「アタシ?まあ、そうだね。取り敢えずえりちも千歌っちもアニメ化してていいなぁってのが最初の印象かな」

絵里「え?」

千歌「え?」
20: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:56:23.79 ID:zvv+g3/J
千歌「や、やめようよ。そう言う話は…ね?」

絵里「そ、そうね。何の事言ってるか分からないし」

愛「そっかぁ。こう言う話はNG?」

絵里「そ、そうそう。NGな感じー?」

千歌「わ、わあ!絵里さん上手い!」

絵里「じゃあ、えっと…私の二人の印象は…そうねぇ…千歌ちゃんはなんか…それこそ主人公っぽいなと言うか…」

千歌「絵里さん…」

絵里「え?あっ…しまった。つい引っ張られて…」
21: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/17(月) 23:59:44.32 ID:zvv+g3/J
絵里「愛ちゃんはあれね?うん、よく言えばノリのいい子だなぁって」

愛「悪く言うと?」

絵里「軽そうな子だなぁって」

愛「本当に悪く言った」
29: 名無しで叶える物語(公衆) 2018/09/18(火) 07:29:59.35 ID:YK8O2LQy
絵里「いや…そう言うつもりじゃ…」

愛「って冗談だって。エリチカは真面目だなぁ」

絵里「あ、あはは…」

千歌「絵里さんってロシアのハーフなんですよね?」

絵里「え?ええ…正確にはクウォーターだけど。急にどうしたの?」

千歌「あっ、そうなんですか。へ~」

絵里「え?終わり?」

千歌「ん~…エリーチカのチカってどっから来たんですか?まさか私の名前じゃないだろうし」

絵里「今質問捻り出さなかった?当然だけど千歌ちゃんの名前ではないわね」
35: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/18(火) 23:35:08.21 ID:HFfKZt3Z
千歌「へ~それじゃあなんのチカなんですか?」

絵里「ロシアでは子供に親しみを込めてチカって付けるの」

愛「へ~じゃあ、アタシの場合はアイーチカ?」

絵里「ん~…そうね」

千歌「じゃあ、やっぱり私はチカッチカ?」

愛「チカーチカじゃない?」

絵里「どっちにしても締まらない愛称ね…」
36: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/18(火) 23:45:10.78 ID:HFfKZt3Z
千歌「えへへ。やっぱりでもあれですよね?」

絵里「全然伝わって来ないんだけど…」

千歌「意識してるんですか?」

絵里「何を?」

千歌「ロシアキャラ!」

絵里「別に…してないけど?」

愛「千歌っちって結構キツイ事いうよね」

絵里「いや…本当に意識なんてしてないからね?」

千歌「え~勿体ない」

絵里「勿体ないって…」

千歌「だって羨ましいよね?キャラが立ってて」

愛「まあねぇ」

絵里「私からすれば二人も凄くキャラ立ってると思うわよ?」
37: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/18(火) 23:52:24.37 ID:HFfKZt3Z
千歌「私はそんな事ないけどなぁ。私は普通怪獣だし」

絵里「何よそれ…」

愛「あ~そう言えば言ってたもんね」

絵里「知ってるんだ…」

愛「ちゃんと一期一話から観てれば知ってる筈だよ」

絵里「またそんな事を言う…」
44: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/19(水) 21:45:35.00 ID:HVwt8INA
千歌「えへへ…でも、本当にそうなんだ。普通怪獣ちかちーだったんだ、私…」

愛「千歌っち…」

絵里「でも、一緒懸命に輝こうとしてる。その姿は世界で一番美しいと思うわ。普通怪獣だっていいじゃない。あなたは高海千歌だわ」

千歌「絵里さん…」

絵里「ふふっ」

千歌「どう言う事ですか?」

絵里「え?」
45: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/19(水) 21:51:25.10 ID:HVwt8INA
千歌「えっと…イマイチ言いたい事が…」

絵里「いや…だから…ええ…伝わらない?」

愛「アタシもちょっと…」

絵里「ど、どこら辺が?」

千歌「高海千歌だわの件…ですかね?」

絵里「何となく分からないかしら…」
46: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/19(水) 21:59:27.48 ID:HVwt8INA
千歌「あの…なんかすいません…」

絵里「いえ…」

愛「え?何この空気?」

絵里「あはは…」

愛「変えよう。この空気変えよう」

絵里「そ、そうね」

愛「ここに!絵里さんが書いた活動日誌があります!」
47: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/19(水) 22:07:53.03 ID:HVwt8INA
絵里「は?」

千歌「絵里さんが書いた活動日誌?」

愛「μ'sは交代で活動日誌を付けてるんだってさ」

絵里「え?何?どこで手に入れたの?」

愛「ちゃんと正規のルートで入手したよ」

千歌「へ~、そうなんだ」

絵里「入手ルートがある事自体驚きよ。まあ、別に読まれても恥ずかしい事は書いて…」

愛「うわぁーん!もう今日はやる気なくなった!!エリチカ、おうちに帰る!!!」

絵里「へ?」
48: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/19(水) 22:13:36.51 ID:HVwt8INA
千歌「え?今のって?」

愛「エリーが書いた活動日誌の内容の一部だよ」

絵里「違っ…違うのよ。あの…文書の前後を読まないから」

愛「ん~前後を読んでも対して変わらないと思うけど?」

絵里「そ、それは…」

千歌「なんか…絵里さんのイメージが少し変わった…」

愛「でしょ?多分この頃からだよ」

絵里「な、何が?」

愛「うん」

絵里「え?」

千歌「でも…あれですよ?いい意味でですよ?いい意味でイメージが変わったって」

絵里「そ、そう…いい意味で…」
55: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/21(金) 02:02:08.10 ID:D5J1JJe9
愛「どう言う心境で書いたの?」

絵里「な、何が?」

愛「エリチカお家帰る」

絵里「だ、だから…違うのよ」

愛「何が?」

絵里「いや…もういいじゃない。私の話は終わりで」

愛「だって?」

千歌「ん~…他の話?」
56: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/21(金) 02:10:10.64 ID:D5J1JJe9
絵里「はあ…こんな姿亜里沙には絶対に見せられない…」

愛「自分で書いたのに」

千歌「亜里沙さんって妹さんですよね?」

絵里「え?うん、そうよ」

愛「へ~えりちはお姉ちゃんなんだ。長女?」

絵里「ええ。うちは二人姉妹なの」

千歌「やっぱり亜里沙さんもロシアのクウォーターなんですか?」

絵里「そりゃあね…」

千歌「へ~絵里さんとそっくり?」

絵里「そう言えばあまり似てるって言われた事ないわね」

愛「ふ~ん。でもえりちの妹ならやっぱり凄い美人なんでしょ?」

絵里「亜里沙は美人って言うよりも可愛いって感じね。まだ中学生だし」

千歌「お~そうなんだ」

愛「今ので何となくえりちが妹ちゃんを溺愛してるんだろうなって事がわかったよね」
57: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/21(金) 02:19:07.11 ID:D5J1JJe9
絵里「え?そう?」

愛「うん。千歌っちは一人っ子だっけ?」

千歌「私は三人姉妹の末っ子だよ~」

愛「末っ子なんだ!?」

絵里「確かに末っ子っぽいかも」

千歌「一番上のお姉ちゃんが志満姉で二番目が美渡姉。うちもあんまり似てないかもしれないなぁ」

愛「あ~でもそれって自分じゃ分からないだけかもしれないよ」
60: 名無しで叶える物語(茸) 2018/09/21(金) 23:42:37.52 ID:xXOlZXlp
千歌「そうかな?」

絵里「それはあるかもね。案外人って自分の事はよく見えないものね。色んな意味で」

愛「鏡で見てる自分の姿と本来の姿も違って言うしからね。鏡だけに本来の姿はミラーれないってね」

千歌「え?じゃあ、毎朝見てる私の顔は…偽物?」

絵里「また駄洒落を…。大丈夫よ。私から見ても千歌ちゃんは可愛いから」
62: 名無しで叶える物語(茸) 2018/09/21(金) 23:55:36.00 ID:xXOlZXlp
千歌「えへへ~。絵里さんに言われるとなんか嬉しいな」

絵里「そう?」

千歌「はい。ちなみに絵里さんは私から見て…」

絵里「千歌ちゃんから見て?」

千歌「果南ちゃんの2Pカラーが居たらこんな感じなのかなって」

絵里「は?」

愛「2Pカラー?ゲーム的な?」

千歌「そう!ゲーム的な!そんなゲームやらないけど」

絵里「共通点ポニーテールだけじゃない…」

千歌「絵里さんに会ったら絶対に言おうって決めてたんだ」

絵里「へ~そう」
74: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/22(土) 17:48:16.14 ID:RBwHN/Og
千歌「はいっ!」

絵里「そんなハキハキと返事をされても…」

千歌「まあ、元気が取り柄なんで。えへへ~」

絵里「そう…」

愛「でもさぁ、意外なのが千歌っちってプロフィールの特技の欄に習字って書いてあるんだよね」

千歌「うん。そうだよ」

愛「全然見えないけどね?習字が得意そうに」

千歌「そうかな?」

愛「習字が得意な人ってこう…落ち着いてる的な?」
75: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/22(土) 17:51:53.20 ID:RBwHN/Og
千歌「私騒がしい?」

愛「少なくとも落ち着いては見えないかな」

千歌「絵里さんから見ても?」

絵里「えっと…う~ん…身近にもっと騒がしいのが数人いるから…大丈夫よ!」

千歌「へ~」

愛「別に大丈夫な理由にはなってない様な気もするけど」

千歌「誰の事なんですか?落ち着きがないって」

絵里「それこそ穂乃果とか凛とかにことか…」

千歌「へ~穂乃果さんも」

絵里「ええ…筆頭よ」
76: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/22(土) 17:57:45.95 ID:RBwHN/Og
愛「えりちはまあ落ち着いてる様に見えるもんね」

絵里「まあ…どちらかと言えば…そうかもしれないけど」

千歌「どうすれば落ち着いて見えるのかな?」

愛「やっぱり声じゃない?」

千歌「声?」

愛「あと喋り方。ほら?アタシとかも超~バカっぽく見えるでしょ?」

千歌「確かに!え?じゃあ、私もバカっぽく見えるんだ」

絵里「そんな事は…えっと…」

千歌「絵里さんはゆっくり喋るし凄く頭が良さそうに見えるもんね。そっか、声と喋り方かぁ」

絵里「確かに声と喋り方は人の印象の大半を占めてるかもしれないけどそれだけじゃないでしょ?」

千歌「例えば?」

絵里「え?そうねぇ……」
77: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/22(土) 18:02:13.96 ID:RBwHN/Og
絵里「……」

千歌「やっぱりないですか?」

絵里「あの…服装とか…かしら?」

愛「そろそろ時間だね」

絵里「え?」

千歌「もう終わり?」

愛「そうなるねぇ」

絵里「ちょっと…」

千歌「じゃあ、皆んなであれ行きましょう!」

愛「あれだね?」

千歌「せ~の」

ちかあい「ヨーソロー」

絵里「本人いないのに…」
78: 名無しで叶える物語(しうまい) 2018/09/22(土) 18:02:35.72 ID:RBwHN/Og
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「よっ!賢い!」愛「可愛い!」絵里「…」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)