(TRPG風SS)無人島からの脱出

シェアする

千歌-アイキャッチ14
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 19:14:20.82 ID:ImLG487e
千歌「フルダイブVRゲーム?」

鞠莉「そう、この機械で実際に体験してるかのようにゲームができるの」

果南「へー面白そうだね」

花丸「未来ずら~」

ダイヤ「プレイ中私たちはどうなっているの?」

鞠莉「夢の中にいる感じらしいよ。みんなで同じ夢を見てるみたいな」

梨子「それって大丈夫なの?」

鞠莉「もちろん試験はして安全は実証済みよ」

曜「感覚とかはどうなるの?」

鞠莉「現実とは違うけどある程度は反映されるみたい」

鞠莉「仮にゲーム中に死ぬようなダメージがあっても自動でログアウトするし」

ルビィ「死んじゃうの!?」

鞠莉「まあゲームだしそういうこともあるかもね」

鞠莉「中と外の時間の感覚は違うみたいだからゲーム内で数日経ってもこっちでは数時間だったりするみたいだね」

善子「これを私たちが遊ぶことができるってこと?」

鞠莉「その通り!まだ未発表の作品よ」

元スレ: (TRPG風SS)無人島からの脱出

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 19:15:01.73 ID:ImLG487e
鞠莉「タイトルは『無人島からの脱出』」

鞠莉「私も詳しくは内容は知らないんだけどね」

ダイヤ「島から脱出する方法を探せばいいということ?」

鞠莉「そうみたい」

鞠莉「ただ島にはゾンビがいて割と危ないこともあるみたいだけど」

ルビィ「ゾンビ…」ブルブル

善子「そのゾンビって襲ってきたりするの?」

鞠莉「かもね」

鞠莉「詳しいルールは中で説明してくれるからやってみればわかるって」

千歌「うん、やってみたい!」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 19:15:41.25 ID:ImLG487e
鞠莉「ただ見てのとおり機械は4つしかないのよね」

鞠莉「だからこの中から誰か4人ということになるけれど…」

果南「4人だけか…」

曜「誰が行く?」

鞠莉「くじとかでいいんじゃない?」

千歌「そうだね」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 19:17:51.48 ID:ImLG487e
TRPGっぽくプレイヤーの行動の成否はステータス+コンマ下の数値で決まります

ステータス
力 素早さ 器用さ 知識 観察眼 運
千歌 3 3 3 3 3 3
梨子 2 1 5 4 3 3
果南 5 4 1 2 4 2
ダイヤ 3 2 3 4 4 2
曜 4 5 3 1 2 3
善子 3 4 3 2 5 1
花丸 2 3 3 5 1 4
鞠莉 4 2 2 4 2 4
ルビィ 1 3 4 2 3 5

くじの結果誰がプレイする?
↓1~4Aqoursキャラ
5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/08(月) 19:20:47.92 ID:HhDQAu2T
ずら
6: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/08(月) 19:21:29.12 ID:NSSR7Wwo
果南
7: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 19:21:47.74 ID:dp5VLYY9
よしこ
8: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 19:27:21.28 ID:R7Ai3lvn
千歌
9: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 19:31:35.16 ID:ImLG487e
花丸「あたった…」

果南「お、私もだ」

善子「ゲームならヨハネに任せなさい!」

梨子「あと1人は…」

千歌「私だよ!」

曜「この4人かあ」

鞠莉「残念、私もやってみたかったのに」

ダイヤ「なかなかバランスもよさそうね」

鞠莉「じゃあ始めるわよ。準備して」

ルビィ「みんな頑張ってね♪」

鞠莉「スイッチオン!」

『ゲームを開始します』
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 19:32:49.35 ID:ImLG487e
GM『ようこそプレイヤー諸君』

GM『あなたたちはこれからある無人島に行きます』

GM『そこはかつて研究施設があった場所。施設そのものは廃棄し人は誰もいませんが、その研究の失敗で生み出されたゾンビがまだ存在しています』

GM『あなたたちはその島から脱出できればゲームクリアです』


GM『ゲーム開始時にアイテムを1人2つずつ入手することができます。お好きなものをお選び下さい』

GM『それではゲーム世界にご案内いたします』

何を選ぶ?↓1~8

選択肢
・ナイフ
・スコップ
・傘
・双眼鏡
・本
・笛
・さすまた
・ボウリングの玉
・マッチ
・小石
・木刀
・謎の薬品
・ポラロイドカメラ
・ロープ
・救急セット
・時計
・バケツ
・懐中電灯
・みかん
・鍋
11: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/08(月) 19:33:36.57 ID:vO6qTLeE
救急セット
12: 名無しで叶える物語(みかん) 2018/10/08(月) 19:34:50.71 ID:CjBbsMgn
ボウリングの玉
13: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/08(月) 19:35:25.74 ID:HhDQAu2T
さすまた
14: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/08(月) 19:37:19.41 ID:Vdkvt7nm
謎の薬品
15: 名無しで叶える物語(らっかせい) 2018/10/08(月) 19:53:03.49 ID:k61LYrAi
ナイフ
16: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/08(月) 19:53:07.60 ID:NSSR7Wwo
マッチ
17: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 19:54:56.00 ID:B+XtM1MW
ポラロイドカメラ
18: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 19:58:42.06 ID:YY6v3wiV
19: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:02:20.37 ID:ImLG487e
千歌「…っと」

花丸「ここは…」

果南「ゲームの中…なのかな?」

善子「すごい、まるで現実みたい!」

果南「感覚もあるし…ほんとにゲーム?」

千歌「ほえー、今の科学ってすごいんだね」

花丸「家…小屋の中?」

善子「何もない…殺風景なところね」

5メートル四方ぐらいの丸太を組み合わせたシンプルな小屋。
窓はなく、ドアが一つあるのみ。
明かりは中央にひとつ昔ながらの傘つき蛍光灯。
他には家具も何も見当たらない。
20: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:02:48.22 ID:ImLG487e
GM『こちらがあなたたちの拠点となります』

GM『この中と周囲3メートルの範囲は結界があるため、ゾンビやその他のものは侵入できない安全地帯となります』

GM『ただし、故意にしろ過失にしろこの建物が壊れた場合、結界の効果は無くなるのでお気をつけ下さい』

花丸「もしゾンビに追いかけられてもここまで逃げてくれば安全ってことかな」


GM『みなさんにはヒットポイント(HP)とメンタルポイント(MP)という2つのパラメーターがあります。』

GM『それぞれ肉体的、精神的ダメージを追うと減少していきます』

GM『どちらかが0になれば死亡もしくは発狂でゲームオーバーとなります』

GM『また、半分の5になると衰弱状態となり、行動はできますがすべての能力が低下します』

GM『ここでは食事や排泄の必要はないのでご心配なく』

善子「この辺はゲームっぽいわね」
22: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:05:09.45 ID:ImLG487e
GM『扉を開けて外を見てください』

千歌「このドア?」ガチャ

千歌「わっ」

果南「どうしたの!?」

千歌「あそこ…」

GM『あそこにいるのがゾンビです』

GM『見た目は普通の人間ですが、この島にあなたたち以外の生者はいないため間違えることはないでしょう』

GM『先ほど説明した通りここは結界があるため向こうから気づかれることはありません』

GM『そこに見える線を少しでも超えればゾンビの感知対象になります』

GM『ゾンビは物理手段で相手をすることは可能ですが、傷をつける、殺すなどということをすればMPダメージを負うリスクがあるでしょう』

善子「ゲームといえど相手を倒してくわけじゃないのね」

花丸「マルはゲームでもそういうのはちょっと…」
23: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:05:51.00 ID:ImLG487e
GM『説明は以上です』

GM『これよりゲームを開始いたします』

GM『見ての通り現在は夜なので1晩寝て明日の朝からの行動を推奨します』

GM『何か質問があれば答えられる範囲でお答えします』
25: 名無しで叶える物語(四国地方) 2018/10/08(月) 20:09:32.57 ID:3CVVQKuS
技能の設定は無いの?
善子ちゃん組み付き高そう
26: 名無しで叶える物語(禿) 2018/10/08(月) 20:09:50.19 ID:goSLSOsE
何らかの方法でゾンビは使役できないの?
ヨハネとかアイテムあればできそうな予感
32: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:15:10.11 ID:ImLG487e
>>25
GM『特殊能力はありません』

>>26
GM『答えられません』
27: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:11:01.76 ID:ImLG487e
果南「…というわけらしいけど」

花丸「質問…あるようなないような…」

善子「とりあえず選んだアイテムを確認しましょう」

・救急セット

花丸「あ、それマルが選んだやつ」

果南「確かにいざというときに役立ちそうだね」

・ボウリングの玉

果南「まさか…千歌?」

千歌「えへへ」

善子「いや、こんなの何に使うのよ」

・さすまた

果南「ゾンビを相手するときに使えるかなって」

花丸「果南ちゃんなら使いこなせそうだね」

・謎の薬品

善子「これぞゲームのアイテムよ!」

花丸「これ、どういう効果があるの?」

善子「…さあ?」

果南「説明も特にないし…」

千歌「使ってみればわかるのかな?」

果南「どこで?」

千歌「うーん…」
28: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:11:32.86 ID:ImLG487e
・ナイフ

千歌「サバイバルといったらこれだよね」

果南「一転まじめな選択だ…!」

千歌「失礼な。チカを何だと思ってるの」

・マッチ

果南「火も重要かなって」

花丸「料理の必要はないみたいだけど…それでも用途はいろいろありそうだね」

・ポラロイドカメラ

善子「何かを記録したいときに?」

果南「確かにメモ代わりになりそうだね」

・本

千歌「何の本?」

花丸「えっと…『サバイバル基礎』『野草』『黒魔術』の3冊?」

果南「2冊は役に立ちそうだけど…黒魔術?」

善子「よくやったわマルちゃん」

千歌「どういうこと?」

善子「ここはゲームの中。ならばこのヨハネの魔力も使えるはず」

花丸「でもいろいろ材料が必要みたいだよ?」パラパラ

千歌「ほんとだ…何か使える魔術あるのかな?」

果南「そもそもほんとに使えるのかどうかも…」
33: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:16:56.63 ID:ImLG487e
果南「さて…どうしようか…」

花丸「アナウンスは寝たほうがいいって言ってたよね?」

↓1どうする
寝るorその他(具体的な行動)
34: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 20:19:52.03 ID:YY6v3wiV
本を読み込む
38: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:42:29.20 ID:ImLG487e
千歌「寝て明日に備えよっか?」

花丸「…マルはこの本少し読んでからにするよ」

善子「じゃあ私も黒魔術の書読む!」

果南「私たちも一応読んどこっか」

千歌「そうだね」

ヨムヨム

千歌「何か役に立ちそうな情報あった?」

果南「サバイバル術は全部役には立つだろうけど使いどころがあるかどうかだね」

花丸「野草の本は聞いたこともないものばっかりずら…」

花丸「もしかしたらゲームオリジナルのものなのかも」

善子「私は…ワープの魔法を見つけたわ」

千歌「ワープ!?もしかして…?」

善子「ただ材料がね…」

善子「魔石に邪なる花ってなんのことやら」

花丸「邪なる花って確か…」ペラペラ

花丸「あった!」

花丸「この本に書いてあるよ」

果南「聖なる花の中にまれに生まれる異分子…」

千歌「聖なる花って?」

花丸「それはこっちのページに…」

善子「うーん…よくわからないわね」
39: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:42:57.66 ID:ImLG487e
千歌「あ、アナウンスの人に聞いてみる?」

善子「質問してもいいとは言ってたけどそんなことにこたえてくれるの?」

果南「ま、物は試しか」

千歌「アナウンスさーん」

GM『私をお呼びでしょうか』

GM『私のことはGM(ゲームマスター)とお呼びください』

GM『ご用件は何でしょう』

千歌「魔石とか邪なる花ってこの島にあるの?」

GM『お答えできません』

花丸「やっぱりだめか…」

千歌「でもないとは言われなかったね」

善子「ポジティブね…」
40: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:48:56.14 ID:ImLG487e
果南「本も一通り読んだしそろそろ寝る?」

花丸「GMさんこのまま寝ないとどうなるの?」

GM『翌日の日中に寝ない限りすべての能力が低下します』

GM『3日寝ないと死の危険性も生じます』

善子「睡眠は大事ってことね」

千歌「布団も何もないけど床で寝るの?」

GM『横になり、寝る意思を持てば睡眠状態になります』

↓1どうする?
寝るorその他
41: 名無しで叶える物語(もこりん) 2018/10/08(月) 20:50:29.03 ID:MhKAp6qh
私寝る、寝るったら寝る!
43: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 20:54:25.03 ID:ImLG487e
千歌「じゃあおやすみなさーい」

果南「電気消すよー」

「はーい」

観察眼+コンマ下1桁/2(端数切上)
↓1千歌
↓2果南
↓3善子
↓4花丸
44: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 20:56:15.05 ID:R7Ai3lvn
ほい
45: 名無しで叶える物語(四国地方) 2018/10/08(月) 20:59:19.56 ID:3CVVQKuS
4回か
46: 名無しで叶える物語(四国地方) 2018/10/08(月) 21:06:34.99 ID:3CVVQKuS
もっかい
47: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/08(月) 21:06:52.02 ID:vO6qTLeE
48: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 21:11:14.57 ID:ImLG487e
善子「まって、あそこ」

果南「うん」

花丸「え、え?」

善子「電灯のかさの上」

千歌「あ、何かある!」

善子「でも手は届かないし…」

千歌「肩車は?」

果南「それならいけるかも」


誰が誰を肩車?
↓1下の人(力+コンマ下1桁/2<5で失敗)
↓2上の人(失敗した場合運+コンマ下1桁/2<5でHP-1)
49: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 21:16:28.29 ID:1FIIHD01
果南
50: 名無しで叶える物語(四国地方) 2018/10/08(月) 21:19:21.30 ID:3CVVQKuS
花丸

でも下が果南で自動成功かな?
51: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 21:21:46.94 ID:ImLG487e
果南「よっと…」

花丸「わわ」

千歌「大丈夫ーマルちゃん?」

花丸「うん、大丈夫」

花丸「ん…取れたっ」

善子「何だったの?」

千歌「紙…?」

花丸「これもしかしてこの島の地図!?」

果南「そうなの?」

善子「確かにあそこにあって無関係な地図とは思えないし」

千歌「今どこにいるの!?」

花丸「多分…このマークかな?」

果南「とするとこの島は…」
52: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 21:22:33.88 ID:ImLG487e
この島は若干縦長な楕円に近い形。
現在地(拠点)は中央やや南寄りの場所。
東は高台
南は砂浜
西は小屋?と浜?
北は大きい建物


善子「ねえ、この建物って…」

花丸「うん、確かGMさんがこの島は研究所があったって言ってた」

善子「その研究でゾンビが生まれたのよね…?」

果南「そうするともしかして北の建物ってゾンビがたくさんいたりする?」

千歌「GMさん、この建物って研究所?」

GM『お答えできません』

果南「なんでも聞くんだね…」

千歌「もしかしたら答えてくれるかもしれないじゃん?」

果南「とにかく今後に役立つ情報が手に入ったから明日からの行動に役立てよう!」
53: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 21:31:50.04 ID:ImLG487e
千歌「よし、今度こそ。おやすみなさーい」

――――――

朝になりました。
全員のHP、MPが1回復しました。

HP/MP
千歌:10/10 果南:10/10 善子:10/10 花丸:10/10

果南「うーん、床で寝ても体は痛くならないとはいえ…」

千歌「何か寝た気がしないなあ」

善子「そもそも全然眠くなかったのにすぐ寝れたし」

花丸「今って本当に朝なの?」

果南「そういえば…電気がついてないのに明るいけど、窓もないのになんでだろう」

GM『現在は午前8時です』

GM『システムが時間によって自動で明るさを調整しています』

善子「あ、そうなの。無駄に凝ってるわね…」

千歌「さて、どうしようか」


↓1どうする
探索(どの方角)orその他
明確な目的やメンバーを分けるなど指定がある場合は具体的に
54: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 21:46:58.45 ID:mVYwBh6G
西を探索
56: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 22:23:23.56 ID:ImLG487e
善子「とりあえず西のほうに行ってみない?」

果南「たしかにあの家みたいなの気になるし」

千歌「誰かいるのかな?」

花丸「でもマルたち以外に人はいないって言ってたよ?」

果南「もしかしてゾンビが住んでるとか…?」

善子「えぇ…それ行っても大丈夫?」

千歌「もしゾンビがいたら逃げればいいじゃん」

千歌「よし行ってみよー」ガチャ

ドアを開けて外に出る。
正面は背の高い木がまばらに生え、適度に視界が開け、適度に日差しを遮る。

果南「ゾンビ…いたりしないよね?」

花丸「見える範囲にはいないけど…」

善子「そういえば私たちあいつらのこと何も知らないのよね…」

千歌「あ、GMさんゾンビについて教えて」

GM『お答えできません』

果南「それもダメか…」

善子「自分たちで調べるしかないってこと…?」
57: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 22:23:55.76 ID:ImLG487e
千歌「とりあえず先に進む!いざ西へ!」

千歌「……西ってどっち?」

GM『お答えできません』

千歌「あ、今のは質問したわけじゃなかったんだけど」

花丸「ええと、太陽が左のほうに見えるから右?」

果南「この家はだいたい南を向いてるのかな?」

花丸「多分…」

GM『出発の前に、結界の外では私とコンタクトをとれないことをお伝えしておきます』

千歌「えー、答えてくれないの?」

GM『情報はご自身の力でご入手ください』

GM『またこちらに戻ってくれば答えられる範囲でお答えいたします』

善子「しょうがない…か」

千歌「よし、改めて出ー発!」


西(と思われる方向に行進中)
観察眼+コンマ下1桁/2(端数切上)
↓1千歌
↓2果南
↓3善子
↓4花丸
59: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/08(月) 22:29:03.93 ID:zXLT7MEe
3
60: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/08(月) 22:39:32.43 ID:+SIJX+Tg
61: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 22:44:21.84 ID:TSk++Nl/
任せろ
62: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/08(月) 22:45:15.12 ID:vO6qTLeE
観察力の高い善子が鍵になりそうだ
63: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 23:03:50.80 ID:ImLG487e
善子「待って、あそこ」

善子が指す先は右斜め前。

千歌「え?」

果南「何か動いてる?」

数十メートル先に動くものが。

花丸「もしかして…ゾンビ?」

千歌「どうしよう…」

↓1どうする
(そのまま進む、迂回する、見えなくなるまでここで待つ、近づいて生態調査など)
64: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/08(月) 23:04:14.42 ID:s9wpaXOX
戦う
65: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/08(月) 23:27:49.22 ID:ImLG487e
千歌「戦おう」

善子「は?本気?」

花丸「MPとか大丈夫なの?」

千歌「うーん…どうなんだろう」

果南「確かに試してみなければわからないけど」


↓1~作戦(具体的に)
先手必勝、受身の構え
正面、背後、挟み撃ち
拘束、気絶、殺害
など
66: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/08(月) 23:42:51.94 ID:zXLT7MEe
果南さすまたでヒットアンドアウェイ善子投石で援護
他は数が増えたらすぐ逃げれるように周囲警戒
67: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 00:09:15.15 ID:oUjW/AMx
果南「私がさすまたで抑えるから、ヨハネはその辺の石投げて援護して。千歌とマルは周辺警戒」

善子「オッケー」

千歌「相手はこっちに向かってるみたいだね」

果南「私たちには気づいているのかな…」

ゾンビは千歌たちの方向に進んでいるようだ。
その足取りは速くなく、酔ってるかのように蛇行しながら。

善子「私の石が届く範囲まで近づいて」

花丸「こっちを見た…?」

ゾンビの顔が何かを見据えるように千歌たちのほうを向く。
そして歩く速度も速くなった。

千歌「チカたちに気づいたってこと!?」

果南「もう少し近づいてっ…」ドキドキ

果南「今だ!」ダッ

善子「えーい」ヒュッ


↓1善子の石
力+器用さ+運+コンマ下1桁>12でゾンビ命中
命中しない場合
↓2善子の運+果南の運+コンマ下1桁<8で果南命中
68: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/09(火) 00:17:20.57 ID:e4F/f5B0
任せろ!
69: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/09(火) 00:18:31.26 ID:e4F/f5B0
>>4
早見表
71: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 00:34:01.87 ID:oUjW/AMx
善子の投げた石がゾンビに当たり、ひるませる。

果南「それっ」

果南がさすまたを突き出しながら突進するとその勢いでゾンビは後ろに倒れる

善子「やった!?」

果南「さすまたってこんな使い方でいいんだっけ?」

倒れたゾンビの上からさすまたを地面に突き刺し捕獲する。
ゾンビはもがいている

↓1果南の力+コンマ下1桁/2<9で敵の抵抗により果南転倒
74: 名無しで叶える物語(きしめん だぎゃー) 2018/10/09(火) 00:38:45.60 ID:cHLTgetr
この荒らしのコンマ採用するの?
80: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 00:46:32.54 ID:oUjW/AMx
果南「わっ」ドサ

ゾンビの抵抗により果南は横に倒される。
すぐに起き上がるが、ゾンビが殴り掛かってくる。

千歌「果南ちゃん!!」


↓1果南の素早さ+コンマ下1桁/2>5で回避成功
81: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/09(火) 00:57:24.59 ID:fSriJSTA
いけるか?
83: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 01:08:22.46 ID:oUjW/AMx
果南「危なっ」

何とか攻撃をよけると果南は少し距離をとる。

果南(動きを止めようとしても力負けする…)

↓1どうする?
攻撃を続ける(具体的な作戦)
逃げる(方向)
84: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/09(火) 02:40:29.16 ID:e4F/f5B0
西の目的地まで走って逃げるか
全員素早さは3以上だし悪くない
88: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 21:38:24.97 ID:oUjW/AMx
果南「ここはいったん逃げよう!」

善子「どっちに?」

果南「とりあえず西?」

千歌「西ってどっち!?」

花丸「多分、あっち!」

タタタッ


果南たちは逃げ出した。

↓1全員の素早さの平均+コンマ下1桁/2≧4で逃走成功
↓2成功時:コンマ下1桁>3で正しく西に進む
失敗時:敵の攻撃を食らう
コンマ下1桁
0,1,2千歌
3,4果南
5,6善子
7,8,9花丸
89: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/09(火) 21:45:07.07 ID:NGs5rSdT
はい
90: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/09(火) 21:47:38.69 ID:r+77ENHh
てっ
91: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 21:57:21.32 ID:oUjW/AMx
千歌「はぁっ、はぁっ…」

千歌「ここまで逃げれば大丈夫かな…」

善子「ぜぇぜぇ……もう姿も見えなくなったね」

花丸「はあ…怖かった……」

果南「ふぅ……私も倒れた時はどうなるかと…」

善子「全然追いつかれなかったけど、走るのはあんまり早くないのかな?」

千歌「そういえば果南ちゃん簡単に転ばされてたよね」

果南「うん…あんなに力強いとは思わなかった。私も多少は力に自信あったんだけどなあ」

花丸「もしかして…リミッターが外れてるってことなのかな?」

千歌「リミッター?」

花丸「うん、人間は全力で力を使うと自分の体がもたないから普段は3割ぐらいしか使ってないって聞いたことない?」

花丸「ゾンビだからその辺制御がきかないとか」

果南「それにしては走るの遅くなかった?」

花丸「うーん…力はあってもうまく使えてないのかも…」

善子「とりあえず相手の情報を少しはつかめたんだし収穫はあったわね」

千歌「次に会った時に対処しやすくなるね」

花丸「できればあんまり会いたくないずら…」



↓1果南コンマ下1桁<5でMP-1
↓2千歌コンマ下1桁<2でMP-1
↓3善子コンマ下1桁<2でMP-1
↓4花丸コンマ下1桁<2でMP-1
92: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/09(火) 22:21:56.28 ID:NGs5rSdT
ほい
連投は無しよね
93: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/09(火) 22:23:44.51 ID:XmTTWRyY
はい
94: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/09(火) 22:46:33.94 ID:utWDrWPE
うおおお
95: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/09(火) 22:59:36.17 ID:w+RHfBB8
そい
97: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:06:16.92 ID:oUjW/AMx
千歌MP10→9

千歌「あれ、チカのMPが減ってる」

花丸「確か精神ダメージで減るんだよね」

善子「もしかしてさっきのゾンビとの戦闘で?」

千歌「うーん…言われてみればちょっと疲れた気も…」
98: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:06:47.85 ID:oUjW/AMx
千歌「あ、海が見えた!」

果南「ここまで結構時間かかったね」

花丸「この島意外と広いんだね…」

善子「小屋は?ある?」

千歌「うーん…あった!あそこ!」

海を正面に左手の方に家が1つ。
どうやら当初の目標より北寄りにずれたようだ。

花丸「ちょっと方向ずれちゃったね…」

果南「磁石もないししょうがないって。まあ見える範囲に来たし大丈夫だよ」

千歌「よし、あの家に向かって全速ぜん…」

善子「待って!」

果南「どうしたの?」

善子「あそこ、ゾンビが2人」

現在地と小屋を結ぶ線より左にずれたところにゾンビが2体。
行動を共にしているのか似たような動きで北の方向に進んでいる。

果南「どうする?2人相手だとさっきよりも大変だろうけど」

善子「隠れてやり過ごすのも手ね」


↓1どうする?
99: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/09(火) 23:11:02.42 ID:cuzg6Kz9
果南「ぶっ飛ばしてやる」
100: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:29:30.70 ID:oUjW/AMx
果南「ぶっ飛ばしてやる」

善子「あなたってそんな戦闘狂だったっけ!?」

花丸「大丈夫なの?」

果南「敵の情報を集めないとこの後大変でしょ」

果南「私と千歌で左右から攻撃、ヨハネとマルは石投げて援護して」

千歌「大丈夫、かな…」

果南「いくよみんな」

千歌「お、おー…」

果南と千歌が走り出し、左右から攻撃を構える。
千歌たちに気づいたゾンビに対して善子と花丸が石を投げると…

果南「あれ…?」

ゾンビたちは背を向けて走り出した。

千歌「逃げた…の?」

善子「ふふっ私たちに恐れをなしたようね」

花丸「ゾンビも人によって差があるのかな?」
101: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:30:11.12 ID:oUjW/AMx
千歌「目的地に着いたー」

1件の家。だいぶ古いのか壁から草が生えている。

果南「うーん…人は住んでなさそうだねえ」

花丸「誰か住んでるとしたらゾンビだと思う…」

善子「で、どうする?」


↓1どうする?(ドアを開ける、周囲を調べる、違う場所に向かうなど)
102: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/09(火) 23:35:04.63 ID:F6gARF5B
果南「燃やしてあったまろう」
104: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:43:43.75 ID:oUjW/AMx
果南「燃やしてあったまろう」

善子「ねえ、さっきからどうしたの!?」

千歌「果南ちゃん大丈夫?」

花丸「もしかしてさっきの戦いで何かあった?」

果南「私は…」


↓1
1.本気だよ。どうせこんなぼろい家には何もないだろうし。
2.冗談だって。木とかに燃え移ると大変だし。
105: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/09(火) 23:44:28.31 ID:NGs5rSdT
2
107: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/09(火) 23:50:21.05 ID:oUjW/AMx
果南「冗談だって。木とかに燃え移ると大変だし」

花丸「よかった…」

千歌「じゃあ改めて、どうしようか…」


↓1どうする?(ドアを開ける、周囲を調べる、違う場所に向かうなど)
108: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/10/09(火) 23:51:10.00 ID:QkHEI3hR
果南「善子、偵察よろしく」
112: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 20:34:13.19 ID:HrMuYdtW
果南「よっちゃん、偵察よろしく」

善子「私!?」

千歌「こういうのよっちゃんに向いてると思う」

花丸「よっちゃん、がんばって」

善子「う…こうも笑顔で言われると断りづらい…」

善子「ええい、ヨハネが行ってやるわよ」

コンコン

千歌「一応ノックするんだ」

シーン

善子「誰もいない…わよね」

ガチャ

花丸「鍵は開いてる…」

善子「失礼しま~す…」ソロソロ

善子「誰もいませんよね~」キョロキョロ

中はシンプルな間取りにして1Kサイズの普通の家。
家具はテーブルとイスが1つずつ、一人用ベッド、洋服タンスらしきもの、小さい本棚とまばらにしまわれている本。
窓は2か所、どちらにもカーテンがかかっている。
テーブルの上にはペンと白紙の紙、キッチンには食器の類は何も出ていない。
――人が住んでいる形跡もない。

善子「うーん…誰もいなさそうね…」

善子「みんなー入っても大丈夫そうよ」

果南「はーい」

4人で家の中に入る。この人数だと少し手狭にも感じる。

花丸「昔誰か住んでた形跡はあるけど、しばらく誰も出入りしていない…みたい」

善子「そうね」

千歌「ここに住んでた人は…どうなったんだろう?」

果南「待ってる間家の周り見てみたけどすぐそこから海辺に降りられるみたいだよ」


↓1どうする?
113: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/10(水) 20:44:36.69 ID:0mkIBKAw
ペンと紙回収してカーテン開けて外警戒しながらどんな本があるかチェックかな
114: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:09:55.88 ID:HrMuYdtW
善子「とりあえず何かに使えそうだしこの紙とペンは回収しておこっか」

花丸「書けるの?」

善子「どうだろう…」カキカキ

善子「無理ね。インクが乾いちゃってるみたい」

シャー

果南「窓からの眺めもいいねー」

千歌「いろいろ本あるけど見てみる?」

花丸「どんな本があるんだろう」


知識+観察眼+コンマ下1桁
↓1千歌
↓2果南
↓3善子
↓4花丸
115: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/10(水) 21:10:42.64 ID:s/kSThjT
ちかっちに期待はできない
116: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/10(水) 21:12:28.51 ID:0mkIBKAw
そい
117: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/10(水) 21:18:57.02 ID:sSq36Io0
とう
118: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/10(水) 21:20:21.84 ID:Gwfd0eni
確実にエタりそうな題材だな
120: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:24:54.11 ID:HrMuYdtW
花丸「この小説はファンタジー系だね、こっちは恋愛小説、ミステリーもある…」

花丸「数はあまり多くないけどいろんな種類読む人だったんだね」

善子「でも小説ばっかりで実用書的なものはないわね」

千歌「チカはこういう字ばっかりのは苦手だなー」

果南「私もあんまり読まないねー」

花丸「…」パラパラ

花丸「あっ!」

千歌「どうしたのマルちゃん?」

花丸「中に紙が挟まってた」

善子「何が書いてあるの?」

花丸「えっと…」
121: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:25:36.41 ID:HrMuYdtW
誰も読む人はいないだろうがゾンビについて調査した結果をここに記す


一般的なゾンビのイメージそのまま、昼間はあまり活動していないが夜には頻繁に徘徊している。
北の施設跡を拠点としているようで、昼夜問わずうろついている。
エネルギー源は不明。ただ、植物を食べている姿や動かなくなったゾンビを食べている姿は見かけた。
脳のリミッターが外れているのか力は常人以上にある。ただし、攻撃に狙いは感じられず、足も遅いため戦闘訓練を受けたものが後れを取ることはないだろう。
光や音、強いにおいに寄って来ることから五感はある程度あると推測できる。
生命力(ゾンビに対する表現として適切かどうかわからないが)は高いということはなく、殴ったり切ったりすれば普通に倒せる。が、感触は生身の人間と変わらないからいい気はしない。
奴らにも個体差があるのか、こちらを認識すると攻撃をする者、様子を見る者、逃げ出す者、色々いるようだ。
思考能力はないのか、行動に意思を感じることはできなかった。

追伸。全員がそうかはわからないが、ゾンビどもはミカンを好むようだ。1つ投げるだけでまるで餌に群がる鯉のように集まってくる。
ただ残念ながらこの島にはもうミカンはないようだ…
122: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:26:36.16 ID:HrMuYdtW
千歌「ゾンビについてこんなに詳しく…!」

果南「これはすごい役に立つ情報だね」

花丸「出会わないにこしたことはないけど…」

善子「…本棚は他に何もなさそうね」


↓1どうする?
123: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/10(水) 21:34:35.35 ID:SNIm3Q/4
周囲を警戒しつつタンスを漁る
124: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 21:41:59.73 ID:HrMuYdtW
善子「タンスの中も探してみましょう」

千歌「こういうところにはへそくりとかあったり…うぇっ男物の下着だ…」ガサゴソ

果南「一人暮らしっぽいのにそんなものあるわけ…」

花丸「というかこの島お金なんてあるの?」

果南「うーん…普通の服しかないみたいだね」


↓1どうする?
125: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/10(水) 21:45:01.72 ID:s/kSThjT
海岸に降りてみる
127: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 22:02:41.88 ID:HrMuYdtW
果南「海岸に行ってみようよ」

善子「こんなぼろい家にずっといても健康に悪いしね」

千歌「OK,周囲にゾンビなし!」

家の近くにある細い道を降りると入江のような砂浜が現れた。
左のほうには洞穴、そして右には桟橋とその先に――

果南「ねえ、あれっ!」

千歌「うん、行ってみよう!」

ダッシュ

花丸「速っ」

善子「あれならもしかして…」

小型のエンジン船があった。

果南「船だよ、船!」

花丸「確か島から脱出できればクリアのはず…」

千歌「てことはこれでっ…」

善子「早く動かしましょう」

果南「うん!」

果南「……えっと」

果南「鍵がないからエンジンがかけられないや…」

善子「鍵?」

果南「それに見たことないタイプで動かし方もわからないし…」

千歌「適当に動かせないの?」

果南「操作間違えて岩壁にぶつかったりしたら大変だし説明書的なものがないと」

善子「鍵…か…」

花丸「この船ってたぶんさっきの家の人のものだよね?」


↓1どうする?
128: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/10(水) 22:40:06.96 ID:0mkIBKAw
先にガソリンあるか確認しよう
場合によっては鍵が見つかんなくてもガソリンなら使い道あるかも
129: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/10(水) 23:01:54.91 ID:HrMuYdtW
善子「果南ちゃん、その船ってガソリン入ってる?」

果南「あ、そっか。確かにガソリンないと動かないね」

果南「……んー」

果南「エンジンかけないとわからないかも」

善子「そっか…」

花丸「この船を使うなら鍵を見つけないとどうしようもなさそうずら…」

千歌「鍵を探す?」

果南「って言ってもどこを?」

千歌「それともほかのところ行ってみるとか…」


↓1どうする?
130: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/10(水) 23:55:50.67 ID:THQhuriJ
海沿いを南に向かって進む
131: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 20:41:09.44 ID:pRP0Xl/p
果南「海沿いを南に向かってみようか。何か手掛かりがあるかもしれないし」

トコトコ

千歌「この辺は海がきれいに見えるねー」

トコトコトコ

善子「それにしても代わり映えの無い景色ね」

トコトコトトコ

花丸「あ、砂浜が見えたよ。あれが南の浜かも」

果南「ここまで特に何もなさそうだったね」

善子「ゾンビもいなかったわね。いいことだけど」

幅数百メートルありそうな広い砂浜。
波打ち際には貝殻やわかめ、流木がある。
見える範囲に違和感があるものはないようだ。

千歌「この浜に何かあるかな?」

善子「あったとしてもこんな広い中から見つけられるのかしら?」

花丸「お日様も傾いてきてるからここから他の場所に行くと夜までに拠点に帰れなくなっちゃうかも」

果南「どうしようか…」


↓1どうする?
132: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/11(木) 20:59:48.64 ID:gzgzgARL
東?海岸近くの無人の小屋を見に行きそこで休もう
133: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 23:49:21.54 ID:pRP0Xl/p
(西?)

善子「さっきの小屋に戻る?」

千歌「うーん…ここには何もなさそうだしね…」

トコトコトコトコ
134: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/11(木) 23:49:47.21 ID:pRP0Xl/p
果南「結局戻ってきたけど…」

善子「もうすぐ日が暮れそうね」

果南「電気電気……点かない…」カチカチ

善子「あー…誰もいないしこんなところ電気通ってなくてもおかしくないわね」

果南「こんなんじゃ探し物もできなくなっちゃいそうだね」

花丸「夜になるとゾンビがたくさん動き出すんだったよね」

千歌「今から動いても危ないし今日はここで休んでく?」

果南「ここ大丈夫なの?」

善子「ゾンビに荒らされた形跡はないわね」

花丸「誰か住んでたとはいえ安全地帯とは言われてないんだし、どうなんだろう…」

善子「そもそも拠点以外で寝ることはできるのかしら…」


↓1どうする?
危険を承知で寝る、危険を冒して拠点に戻る、他
135: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/12(金) 00:20:45.32 ID:2JKnkgzd
寝る
136: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 01:18:50.89 ID:aZ+hRTme
果南「今更戻ろうとしても真っ暗になりそうだし帰って危ないからここで一晩過ごそうか」

善子「そのほうがよさそうね」

千歌「えっと、寝るときは寝るつもりになればいいんだっけ?」

花丸「確かそうずら」

果南「一人起きたままでも怖いしみんなで一斉に寝ようか」

千歌「うん。せーのっ」

「おやすみなさい」

――――――

朝になりました。
体力が回復しませんでした。
全員のMPが1減りました。

HP/MP
千歌:10/8 果南:10/9 善子:10/9 花丸:10/9

千歌「ちゃんと寝れたみたい…」

果南「みんな無事だし、ゾンビも襲ってこなかったみたい」

花丸「でもMPが減っちゃってるね」

善子「襲われる恐怖があったからってことかしら?」
137: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 01:20:06.71 ID:aZ+hRTme
花丸「ちょっと昨日の情報を整理しようか」

果南「うん」

花丸「今マルたちは島の西の小屋にいます」

花丸「ここは以前誰か住んでいたけど、今は誰も住んでいません」

千歌「ここに住んでた人はどうなっちゃったんだろうね」

果南「この島から逃げ出したか、ゾンビになっちゃったか、あるいは…」

善子「考えても仕方がないわよ。とりあえず本棚とタンスは漁ったわね」

花丸「ゾンビに関する情報を手に入れたずら」

千歌「ミカンが好きだなんて千歌と気が合いs……気が合いたくないよ!」

善子「何一人で突っ込んでるのよ…で、近くの入江の浜に船があった」

果南「ただ鍵がないから動かせないし、ガソリンが入ってるかどうかもわからなかったよね」

千歌「あの船を動かせればクリアできるかもしれないのになー」

花丸「そういえばあの入り江に洞穴もあったよね?」

果南「あー、確かに」

千歌「後は南の浜辺まで行ってきたね」

果南「きれいなとこだったね。平和なとこならリゾート地になりそうな」

善子「見渡した限りじゃ何もなかったけど、何かヒントになるものが落ちてる可能性はあるはず」

花丸「あの中から探し出すのは骨が折れそうずら…」

果南「こんなところかな…」

善子「それで今日はどうするの?」


↓1どうする?
138: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/12(金) 01:23:01.79 ID:kEjKGfoy
果南「泳いでここから脱出でかないかどうか試してみるよ」
139: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 21:09:05.18 ID:aZ+hRTme
果南「泳いでここから脱出でかないかどうか試してみるよ」

花丸「そんなことできるのかな」

善子「わからないわ。どこまで行ったらこの島から脱出したことになるのか」

果南「やってみればわかるんじゃない?」

千歌「待って。もし成功したら果南ちゃんはどうなるの?」

善子「ゲームクリアだから…この空間から消える?」

花丸「そうしたらマルたち3人で脱出の方法考えなきゃいけなって事ずら?」

善子「誰か一人が脱出すればクリアってわけでもないでしょうし」

千歌「逆に失敗したら?」

善子「システム的にだめならここに戻されるだろうけど、ゴールラインにたどりつけないとかだと…」

千歌「溺れるってこと?」

花丸「死んじゃってゲームオーバー…?」

果南「不安になるようなこと言わないでよ」

千歌「行くならみんなで行ったほうがいいんじゃないかな?」

花丸「でもマルたちがそんなに泳げるかな…」


↓1どうする?
泳ぐのをやめる、果南一人で行く、みんなで行く、他

泳いでいく場合
力+素早さ+運の良さ+コンマ下1桁目+コンマ下2桁目≧25で無事脱出成功クリア
<25で25に足りない分だけHPが減りこの島に漂着
<20で溺死ゲームオーバー
140: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/12(金) 21:13:45.87 ID:Kbbxl23O
やめとく
141: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 21:26:59.73 ID:aZ+hRTme
花丸「危険だしやめとこうよ」

善子「私も同意見ね」

果南「確かに実際の海とは違うかもしれないもんね…」

千歌「じゃあ改めてどうしようか」

善子「一応言っておくと今は西の小屋にいるわよ」


↓1どうする?
142: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/10/12(金) 21:39:40.26 ID:LYJinyA+
いや、私の背中に全員乗せれば行けるよ!
144: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 22:19:23.84 ID:aZ+hRTme
果南「いや、私の背中に全員乗せれば行けるよ!」

善子「そういう冗談はいいから」

花丸「果南ちゃんならやりかねないずら…」

善子「それより南に行ってみるのはどう?あの砂浜、探せば何かあるかもしれないわよ」


↓1どうする

果南が全員を背負って泳ぐ場合
果南の力+素早さ+運の良さ+コンマ下1桁目+コンマ下2桁目≧29でクリア
失敗の場合それぞれの力+素早さ+運の良さ+コンマ下1桁目+コンマ下2桁目≧20で25に足りない分だけHPが減りこの島に漂着
<20で溺死ゲームオーバー

南に向かう
145: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/12(金) 22:21:12.60 ID:Bp6WHPwj
南やね
146: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 22:36:50.32 ID:aZ+hRTme
果南「じゃ、南にもっかい行こうか」

善子「あっさりあきらめたわね」

果南「だって普通に考えていくら海でも全員背負って泳ぐなんて厳しいし」

―――

善子「ふう…やっぱり歩くと結構距離あるわね」

花丸「ゾンビに会わなくてよかったずら」

善子「途中一人見かけたけどね」

千歌「え、うそ、どこ?」

善子「ここまでくる真ん中ぐらいかな?左の林の奥のほうに。遠いから別にいいかなって思ったけど」

果南「まあ、わざわざ私たちから近づくこともないもんね」

千歌「それにしてもやっぱりきれいな海岸だね」

花丸「今はお日様が東のほうにあるから昨日とは少し雰囲気が違って見えるね」

善子「ここまで来たけどどうするの?」


↓1どうする?
147: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/12(金) 22:47:07.19 ID:JsNLc+qr
探索する
148: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/12(金) 22:57:35.29 ID:aZ+hRTme
千歌「端から端まで探索してみようか」

果南「よーしじゃああっちまでランニングだ!」

千歌「レッツゴー」

善子「探索って言ってるのになんで走るのよー」

花丸「みんな待ってよー」

タッタッタッ


観察眼+運×2+コンマ下1桁
↓1千歌
↓2果南
↓3善子
↓4花丸
149: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/12(金) 23:08:20.92 ID:RDGAEivq
コンマ一桁なら一レスで二人取ってもいいんじゃ
150: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/12(金) 23:13:38.06 ID:oiwfM+cX
てい
151: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/12(金) 23:23:45.23 ID:Bp6WHPwj
こい
152: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/12(金) 23:43:39.60 ID:BrYWn+db
154: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 00:01:08.03 ID:uPI/yqel
キラッ

果南「…ん?」

果南「わゎっ」コケッ

ドサァッ

千歌「大丈夫!?果南ちゃん?」

善子「盛大にこけたわね…砂浜で走るから」

果南「大丈夫っ。それよりあそこ」

花丸「何かあったの?」

果南「確かこの辺で光ったのが…」

果南「あった!」

善子「これは…USB?」

花丸「ゆーえすびー…ってパソコンに入れるやつだっけ?」

善子「そう、データを持ち運ぶものだけど…でも拠点にもあの小屋にもパソコンなんてなかったし」

花丸「あとはあるとすれば北の研究所?」

果南「あそこならありそうだね…使えるかはともかく」

千歌「それ以前にゾンビがいるからあんまり行きたくはないよね」

USBを手に入れた。

善子「まだここで探してみる?それともほかのとこ行く?」


↓1どうする?
155: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/13(土) 00:04:03.81 ID:eEfLS4MQ
はにかむ
156: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 00:24:45.14 ID:uPI/yqel
千歌「それにしても果南ちゃんが砂浜で転ぶなんてね」

果南「…えへっ///」

善子「はにかんでる果南ちゃん…かわいいかも」

果南「そ、そんな…///」

花丸「そんなこと言ってないで、ほら砂だらけだよ」パタパタ

果南「ありがとっ」


↓1どうする?
157: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/13(土) 00:35:47.05 ID:gwFvmrYC
一端拠点に戻ろう


拠点じゃないとPL発言出来ないのはTRPG的にはきついかも
158: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 01:05:50.53 ID:uPI/yqel
千歌「一旦拠点に戻ろうか」

善子「次どうするかある程度作戦練る?」

花丸「そういえば拠点ならGMさんに質問できるんだよね」

果南「歩きながら質問あるか考えておこうか」

―――

GM『おかえりなさいませ』

千歌「ただいまー」

果南「お、お出迎えもあるの?」

GM『気まぐれです』

善子「あなた、機械なのよね…?」

千歌「細かいことは気にしない」

善子「さて、戻ってきたわけですが」

果南「これからどうしようかねえ」

善子「USBは手に入れたけど、パソコンはない…」

果南「北の研究所…ゾンビがいて危険だろうけど行かなきゃいけないのかな?」

千歌「東もまだ行ってないよね?」

善子「地図だと高台になってるだけで建物はなさそうだけど…」

花丸「西も調べつくしたわけじゃないずら」

果南「南はこれ以上何かあるのかな?」


↓1どうする?


他質問があればどうぞ
159: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/13(土) 01:25:43.33 ID:gwFvmrYC
行くなら取り合えず東かな?

GMに質問、今から日暮れまであと何行動くらい出来そう?
往復する時間すら無いなら安価下で
162: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/13(土) 18:02:18.50 ID:o4yYn6B8
ゾンビは夜活発というけど足が早くなったり五感が鋭くなるとか
強化されて来たりするの?
164: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 21:43:28.80 ID:uPI/yqel
>>160
GM『特にありません』

>>162
GM『ゾンビの生態調査に書いておけばよかったけど身体能力は変わりません。外を歩いているときにエンカウント率が高くなるだけです』
161: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/13(土) 16:55:10.35 ID:z8ieTy14
誰が地図描いてくんないかな
165: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 21:43:54.13 ID:uPI/yqel
>>161
こんな感じ
各ポイント間の距離はそれなりにある
sssp://o.8ch.net/1akgp.png
1538993660-レス165-画像
166: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 21:44:27.24 ID:uPI/yqel
千歌「まだ行ってない東のほうに行ってみようか」

花丸「今は多分昼過ぎぐらいかな?」

善子「今日はあと1か所…2か所回るのはきつそうね」

果南「東のほうをあまり探索しないなら2か所目も行けるかもしれないけど」

花丸「無理をせず行って調べて帰ってくるぐらいの気持ちでいけばいいかな」

―――

善子「ねえ、あそこ」

果南「ゾンビだね…寝てる?」

千歌「もしかして死んでるのかも」

花丸「そもそもゾンビは生きてないんじゃ…」

東へ向かって進む中、木に寄りかかり動かないの1体のゾンビを見つける。

果南「寝てるとして起こさないようにこっそり行こうか」

花丸「待って、安全に距離を開けて回り道したほうがいいんじゃない?」


↓1どうする?
こっそり通る、回り道する 他
167: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/13(土) 22:01:40.40 ID:MrALyZgm
よく観察する
168: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:15:20.00 ID:uPI/yqel
4人「…」ジー

善子「時々わずかに動いてるわね…死んでるわけじゃなさそう」

花丸「だからゾンビの時点で死んでるんじゃ…」

果南「やっぱり寝てるのかな?」

花丸「ゾンビに睡眠の概念はあるの…?」

花丸「…ああもう考えてもわからないずら!」

千歌「マルちゃん落ち着いて!」

果南「ゲームなんだから細かい設定は深く考えなくていいって」

善子「とりあえず起こさない方がよさそうね」


↓1どうする?
169: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/13(土) 22:21:21.69 ID:z8ieTy14
遠回りして回避
170: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 22:40:53.44 ID:uPI/yqel
果南「少し回り道しようか」

善子「そのほうが無難ね」

―――

千歌「ここが東の端…なのかな」

花丸「上が見えないずら…」

目の前には崖に近い岩場。高さは数メートル。
上からツタが何本か垂れ下がっている。

善子「もしかしてここ登れってこと?」

果南「このツタは丈夫そうだから途中で切れはしないだろうけど…」クイクイ

善子「上に何かあるかもしれないから見に行った方がいいかもしれない」

花丸「マルたちに登れるかなあ…」


↓1どうする?
全員で登る、メンバーを選んで登る 他
171: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/13(土) 22:54:10.46 ID:vdcLfnaU
果南と↓で登る
172: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/13(土) 23:06:51.62 ID:z8ieTy14
じゃあ善子
173: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/13(土) 23:24:40.39 ID:uPI/yqel
果南「全員で登るのもリスクあるし私と…よっちゃんで行こうか」

善子「ぅえ、ヨハネ?」

果南「堕天使ヨハネなら余裕でしょ?」

善子「そうね。ヨハネの翼をもってすればこの程度登るぐらい…!」


力+コンマ下1桁目(一の位)≧6で登頂成功
失敗時 コンマ下2桁目(十の位)/2-運のダメージ(端数切捨て)
↓1果南
↓2善子
174: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/13(土) 23:27:24.30 ID:0SWVUtZT
175: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 00:06:52.09 ID:XzVSEtdp
コンマ0は10扱い?
176: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 00:29:32.38 ID:CiguX5gO
>>175
GM『0です』
177: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 00:30:12.53 ID:CiguX5gO
果南「わぁっ」ドシン

花丸「果南ちゃん!?」

千歌「大丈夫!?」

果南「痛…くはあまりないかな」

果南「特にけがはしてなさそうだし」

千歌「でもまさか果南ちゃんが落ちるなんて…」

花丸「よっちゃんは無事登れたみたいだね」

千歌「おーい、よっちゃーん!」

善子「何ー?」

千歌「上には何があるのー?」

善子「えーっと…」

善子が登った先は直径数メートルの円形に近い平らな空間。
そこには青いきれいな花が咲き乱れていた。

花丸「花?」

善子「この花…見覚え…」


↓1善子の知識+コンマ下1桁

追加で誰か登るならメンバーや人数指定
178: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 00:39:19.23 ID:Nm3p1bbW
花なら花丸の出番ずら!
179: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 01:17:15.54 ID:CiguX5gO
善子「私の記憶にはないわね…」

千歌「マルちゃんも見てきてみる?何かわかるかもしれないし」

花丸「そうだね…その前に登れるかどうかわからないけど…」

果南「大丈夫!やればできるよ」

花丸「落ちた人が行っても説得力がないずら…」


↓1
力+コンマ下1桁目≧6で登頂成功
成功時 知識+コンマ下2桁目判定
失敗時 コンマ下2桁目(十の位)/2-運のダメージ(端数切捨て)
180: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/14(日) 01:29:42.67 ID:rHnHDLHm
フッ任せておけ
182: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 01:42:43.80 ID:CiguX5gO
千歌「ねえ果南ちゃん、よっちゃんもマルちゃんもちゃんと登れてたけど」

果南「わ、私だって手が滑っただけで次やれば普通に登れるし!///」

花丸「ふぅ…マルでも登れた…」

花丸「わあ…綺麗…」

善子「ねえこの花、何か見たことあるような気がするんだけど…」

花丸「この色、形…」

花丸「あっ」ペラペラ

花丸「これだよ!」

善子「聖なる花…!」

善子「これがそうなの…別に神聖さは感じないけど」

花丸「でも見た目は全く同じだし…」

千歌「マルちゃん何かわかったー?」

花丸「聖なる花があったずらー」

果南「聖なる花かー…何かに使えるんだっけ?」

花丸「それはわからないけど…」



↓1どうする?
183: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 01:46:10.57 ID:taF0tImE
邪な花を探す
184: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 15:34:31.92 ID:CiguX5gO
花丸「そういえば…」ペラペラ

善子「どうしたの?」

花丸「聖なる花があるってことはもしかして…!」

善子「…邪なる花!」

善子「探してみよう」


千歌「私たち何もすることないね…」

果南「しょうがないよ。下にいるんだもん」



↓1 2人の観察眼+コンマ下1桁目+コンマ下2桁目
185: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 15:35:17.06 ID:1MLcJ+AI
かなん
186: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 15:43:36.22 ID:CiguX5gO
善子「うーん…それっぽいものは見つからないわね…」

花丸「聖なる花ばっかり…」

善子「私たちの探し方が下手なのか…それとももともとここにはないのか…」


↓1どうする?
187: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/14(日) 16:25:10.11 ID:M8HhXCjC
取り合えず、聖なる花を可能な限り持って下に降りる
188: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 17:09:58.47 ID:CiguX5gO
善子「ひとまず聖なる花だけ持って降りましょうか」

花丸「聖なる花…名前からするとゾンビに効果がありそうだけど…」

花丸「堕天使ヨハネちゃんは平気ずら?」

善子「ふふっヨハネの魔力をもってすればこの程度何の影響もないわ」


力+コンマ下1桁目≧6で降下成功
失敗時 コンマ下2桁目/2-運のダメージ(端数切捨て)

↓1善子
↓2花丸
189: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/14(日) 17:15:34.33 ID:mWE35cFv
ヨハネ
190: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/14(日) 17:22:43.68 ID:M8HhXCjC
ずらっ!
191: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 17:41:26.32 ID:CiguX5gO
千歌「2人とも無事帰還ー」

果南「お疲れさん。どうだった?」

善子「聖なる花は持ってきたけど、邪なる花は見つからなかったわ」

千歌「わお、たくさんあるねー」

果南「邪なる花って確かワープの魔術が使えるんだっけ?」

善子「魔石とそろえれば使えるらしいけど…本当に出来るのかどうか…」

花丸「見つからないものはあきらめるしかないよね…」

果南「さて、そろそろ拠点に戻らないと日が暮れそうだけど…」


↓1どうする?
192: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 17:57:56.79 ID:+MF7LSW7
もう帰る
193: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/14(日) 20:06:58.12 ID:D3IPZ5UI
ステータス+コンマ下1桁 って書き方しかしてないときってその合計値がいくつだったら行動が成功するの?
196: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 21:03:17.39 ID:CiguX5gO
>>193
GM『>>194の通り意図的に伏せているところもあります。出目が低くて失敗なのか、元々意味のないことなのか隠すためなどです』
197: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 21:03:43.49 ID:CiguX5gO
千歌「拠点に帰ろう」

―――

花丸「だいぶ薄暗くなっちゃったね」

善子「この時間でこんなだったら夜だと真っ暗ね」

千歌「あ、見えてきた」

果南「まって!」

花丸「え?」

善子「暗いから気づくのが遅れた…!」

約10メートル先に1体のゾンビ。こちらに気づいたようで向かってくる。

千歌「拠点はすぐそこだよどうする?」

果南「ダッシュで横を駆け抜けるのが手っ取り早いかな?」


↓1どうする?
198: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 21:39:47.40 ID:RMfsSQq0
突っ切る
199: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 21:51:30.38 ID:CiguX5gO
千歌「突っ切ろう」

果南「よし行くよ」

タタッ



素早さ+コンマ下≧5で突破成功
↓1千歌(一の位) 果南(十の位)
↓2善子(一の位) 花丸(十の位)
200: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/14(日) 22:03:42.50 ID:V0MmK4es
はい
201: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 22:20:11.92 ID:Sf+ZJ5Q4
果南ちゃんはいいところないな
202: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 22:33:06.38 ID:CiguX5gO
千歌「っぁ」ザザッ

果南「千歌!」

ゾンビがルートを遮るように移動し、駆け抜けようとした千歌に当たる。
千歌は倒れ、反動でゾンビも2,3歩後ずさる。
前を行く果南たちと千歌の距離は約5メートル。千歌とゾンビの距離は約2メートル。


↓1どうする?
助ける(具体的な方法)、自力で頑張って逃げてもらう 他
コンマ下1桁≧5で千歌のHP-1
203: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/14(日) 23:00:55.37 ID:cA5rHqxn
果南がゾンビを蹴り飛ばし怯ませた隙に千歌を回収する
204: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:18:50.99 ID:CiguX5gO
果南「はっ」

ドン


↓1果南の力+素早さ>コンマ下1桁で救出成功
205: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/14(日) 23:25:02.29 ID:Sf+ZJ5Q4
あ、コンマ逆だったか
勘違いしてた
206: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:33:30.46 ID:CiguX5gO
果南「今のうちに千歌っ」

ゾンビ「…」ブン

果南「っやぁ!」

ドサ

果南の攻撃はゾンビにあまり効かず、逆に反撃を食らってしまう。
そのすきに千歌は安全圏に移動。


↓1どうする?
助ける(具体的な方法)、自力で頑張って逃げてもらう 他
コンマ下1桁≧5で果南のHP-1
208: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/14(日) 23:44:16.38 ID:iYFzSpKu
すまん安価踏んでた
しゃーないSAN減らすか

残り三人でゾンビに不意打ち
果南に注意が向いてるから自動成功にならないですか?
210: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/14(日) 23:53:21.25 ID:CiguX5gO
善子「みんなで助けるわよ」

花丸「うんっ」

千歌「えいっ」


↓1 3人の力+素早さ>コンマ下1桁で救出成功

コンマ下<2でMP-1
↓1千歌(一の位) 果南(十の位)
↓2善子(一の位) 花丸(十の位)
211: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/14(日) 23:53:56.77 ID:3TIfNvwZ
ファイトだよっ!
212: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/14(日) 23:57:30.17 ID:iYFzSpKu
救出は自動成功かな
213: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:01:40.90 ID:yBXYFYNR
千歌HP10→9 果南HP10→9 花丸MP9→8

果南「ふう…無事逃げきれたね」

千歌「私たちはちょっと怪我しちゃったけどね」

善子「2人とも大丈夫なの?」

果南「まあこれぐらい大したことないよ」

千歌「マルちゃんこそMP減ってるけど」

花丸「怖かったずら…」

果南「よしよし、もう大丈夫だよ~」ナデナデ

果南「それより今日はこれからどうする?もう外は危ないから出ないほうがいいだろうけど」

善子「ちょっと早いけど寝る?」


↓1どうする?
214: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/15(月) 00:12:57.28 ID:h5JrlhbN
寝る前に拠点に目星
215: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:16:43.11 ID:yBXYFYNR
>>214
GM『目星とはどういうことでしょう?』
216: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/15(月) 00:25:14.03 ID:IZrmjycS
>>215 すみません、拠点周囲で何か手がかりや変わったところが無いかの観察で
217: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 00:39:31.00 ID:yBXYFYNR
千歌「ちょっと周辺見てこようよ」

花丸「暗いけど平気なの?」

千歌「すぐ戻れる範囲なら平気でしょ」

果南「もうすっかり夜だねえ」

善子「明かりもないから全然先が見えないわね…」

4人は拠点の周囲を観察してみた。しかし暗いこともあり何も変わったところは見つからなかった。
先ほどのゾンビもどこかに行ったようだ。


↓1どうする?
219: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/15(月) 00:42:25.15 ID:JfpCKXub
悪い踏んだ
次に備えて寝る
220: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 01:31:12.27 ID:yBXYFYNR
花丸「特にすることもないから寝ようか」

善子「そうね」

果南「お休み」

――――――

朝になりました。
全員のHP、MPが1回復しました。

HP/MP
千歌:10/9 果南:10/10 善子:10/10 花丸:10/9

花丸「今日で3日目…だね」

果南「何か脱出の手掛かりが見つかればいいけど…」

千歌「昨日は南の浜でUSB、東の高台で聖なる花を見つけたよね」

善子「どっちも今のところ使い方がわからないけどね…」

花丸「この2か所は一通り探したと思うけど、まだ見つけられてないものもあるかもしれないし」

果南「北の研究所にはまだ行ってないけど、ゾンビの住処らしいから行くなら遭遇は覚悟しないとね」

千歌「西の家と浜はまだ調べてないとこがあったような…」


↓1どうする?
221: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/15(月) 01:40:52.49 ID:IZrmjycS
取り合えず、拠点周囲の観察

初日と比べて変わったところやその他手がかりはあるかどうか
222: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 02:24:48.40 ID:yBXYFYNR
千歌「明るくなったしもう一度この辺を見てみよう」


善子「見渡す限りゾンビはいないわね」

果南「こうして見ると風通しもよくていいところなんだけどねえ」

花丸「ゾンビが住んでなければバカンスに最適かもしれないね」

千歌「特に何も落ちてたりはしてないなあ」


善子「さてどっちに行こうか」

果南「二手に分かれて探索するのもありかな?」

善子「うーん…距離も遠いし、連絡手段もないから合流考えるとある程度固まって行ったほうがいいんじゃないかしら」

花丸「マルも分かれるのは不安ずら」

果南「やっぱそうだよねぇ…」


↓1どうする?
223: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 02:29:24.76 ID:yBXYFYNR
GM『少し言葉足らずでしたが拠点周辺は特に変化なし、手がかりなしということです』


↓1どうする?
224: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/15(月) 02:46:35.37 ID:+D5WxKQ4
全員で西の洞穴へ
229: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 21:33:24.77 ID:yBXYFYNR
花丸「そういえば西の洞穴ってまだ見てないよね」

果南「ああ、浜の近くにあったやつ?」

善子「どのぐらい深いのかもわからないわね」

千歌「とりあえず行ってみようか」

―――

果南「うーん…やっぱりこの船は動かせないよね…」

花丸「船のカギ…どこにあるんだろう」

善子「2人とも今の目的はそこじゃないでしょう。こっちこっち」

洞穴は入口の幅は約1.5メートル。光が差し込まず奥が見にくいが、数メートルほどで行き止まりのようだ。

千歌「そんなに大きくないね」

花丸「どこかにつながってるってわけでもなさそうだし」

果南「ねえ、奥。何かない?」

善子「ええ、何かしら」


↓1どうする?
見に行くならメンバー指定(何人でも可)
230: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/15(月) 21:52:22.57 ID:qBDwC9dm
全員でいく
が明かりあんの?
231: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:17:20.72 ID:yBXYFYNR
千歌「何かあってもいいように全員で行こう」

善子「4人でこの空間だとさすがに狭いわね」

花丸「見えないからゆっくりと…」

果南「下手に動くと壁に頭ぶつけそう…」

得体のしれないものに向かい、狭いこともありゆっくりと進む4人。
暗さに目が慣れてきたとともに、何かの目前にたどり着く。

千歌「わっ!」

果南「ひっ!」

花丸「きゃっ!」

善子「やっ!」

――そこにあるのは1体の骸骨だった。


コンマ下一の位<3でMP-1
コンマ下十の位<5で壁に頭をぶつけHP-1
↓1千歌
↓2果南
↓3善子
↓4花丸
232: 名無しで叶える物語(おいしい水) 2018/10/15(月) 22:22:03.15 ID:mvKIQuWi
ほい
233: 名無しで叶える物語(わたあめ) 2018/10/15(月) 22:28:08.58 ID:ILXIyQJg
∬( c||^ヮ^||
234: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/15(月) 22:39:30.41 ID:2nDTqvCt
¶cリ˘ヮ˚)|
235: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/15(月) 22:41:49.25 ID:eaFf6txv
ずら
236: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 22:58:58.67 ID:yBXYFYNR
千歌HP10→9 善子HP10→9 MP10→9 花丸HP10→9

千歌「っだ」ゴン

善子「きゃん」ガン

花丸「きゅぅ」ドン

千歌「ったー、頭ぶつけたー」

善子「狭いところに4人で行くとまあこうなるわよね…」

花丸「でもみんながいたから怖さも和らいだずら…」

果南「あれ…人の骨だったよね?」

善子「そうね…服も着てたし」

千歌「誰なんだろう…もしかして…」

花丸「あそこの家の…人?」

果南「まさかこんなところで…」

千歌「この穴はもうあんまり入りたくないけど何か手掛かりあるのかなあ…」

花丸「マルは他のところ行きたいずら…」


↓1どうする?
237: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/15(月) 23:02:21.55 ID:eaFf6txv
警戒しつつもう少し進んでみる
238: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 23:17:28.47 ID:yBXYFYNR
暗闇に目が慣れて骸骨をしっかり確認できるようになった。
4人に恐怖はあるもののみんなでいるおかげか安心感のほうが勝っている。
骸骨は壁に寄りかかるような形で座っている。生前着ていたであろうTシャツとオーバーオールはそのまま残っている。

善子「あの人…何かヒント持ってたりしないわよね…」

花丸「よっちゃん…墓場荒らしみたいなことは…」

善子「だってゲームではよくあるじゃない。手に何か握ってるとか、後ろの壁に何か書いてあるとか」

千歌「でもこれ触るのは…」


↓1どうする?
239: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/15(月) 23:27:01.42 ID:6FpblAvm
はにかむ
241: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 23:36:43.58 ID:yBXYFYNR
善子「何か改めて見るとこの程度でこの私が驚いて頭までぶつけるなんて恥ずかしいわ///」

千歌「よっちゃん、強がらなくてもいいんだよ」

善子「別に強がってなんて…///」


↓1どうする?(調べるなら具体的な箇所や方法を)
242: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/15(月) 23:37:39.30 ID:58MbIv5X
動いたら怖いからバキバキに粉砕してから調べる
245: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/15(月) 23:56:12.21 ID:yBXYFYNR
千歌「これ動き出したりしないよね…」

善子「へ、平気よ、もう骨だけなんだし」

果南「でもよっちゃんのゲームで骨だけで動くモンスターとかいなかった?」

善子「そういえば…」

花丸「……こわしちゃおう」

千歌「…そうだね」

善子「…動き出さないように」

果南「…粉々に」

バキバキバキ


千歌MP9→8 果南MP10→9 善子MP9→8 花丸HP9→8

骸骨を壊しているとポケットから何かが出てきた。
それ以外に骸骨の持ち物はなく、メッセージのようなものもない。

千歌「これは…」

花丸「鍵だね…」

善子「もしかして!」

果南「行ってみよう!」


カチャ

ブゥン

果南「動いた!」

千歌「じゃあ!」

果南「あー…でもガソリンが全然入ってないや…」

千歌「残念…」

花丸「ガソリン…どこにあるんだろう」

船の鍵を手に入れた。

果南「あとは操作マニュアル的なものもないと」

善子「マニュアルねえ…持ち主がすぐ見れるところにありそうなものだけど」


↓1どうする?
246: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/15(月) 23:58:35.01 ID:IZrmjycS
他に何か手がかりがないか、観察を振りたい
248: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 00:01:18.69 ID:5bxIOtgg
GM『ミス』

花丸MP9→8


>>246
GM『どこを調べますか?』

GM『見える範囲ならば何もありません』
249: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 00:24:26.16 ID:dXDbUSrC
なさそうなら進めて良いんじゃない?
251: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/16(火) 00:30:56.32 ID:63vVDn2q
GMに質問

見える範囲って今みんなは船や桟橋にいるとの認識でおk?
あと船ってどんな感じ?(大きさとか形)
253: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 00:52:19.20 ID:5bxIOtgg
>>251
GM『今は船にいます。浜は見渡せますが周囲が少し高台になっているため家は一部しか見えません』

GM『船は小型のクルーザーや釣り船みたいなものを想像してください。4人なら十分乗れます』
254: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 00:52:30.77 ID:5bxIOtgg

sssp://o.8ch.net/1an5p.png
1538993660-レス254-画像
255: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 00:53:31.12 ID:5bxIOtgg
善子「マニュアルを探すか、それともほかの手掛かりを探すか…」

花丸「今日はあと行けても1か所だね」

果南「何しよう」


↓1どうする?
256: 名無しで叶える物語(わたあめ) 2018/10/16(火) 00:58:48.67 ID:mjc13x82
普通に船の内部にマニュアルとかありそうなんだけどねー…細かく調べないと見つからないのかな
260: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 01:02:12.40 ID:5bxIOtgg
善子「船の中にマニュアルおいてないか調べてみましょう」

千歌「後、家の本棚とかももう一度調べてみようか」


全員の観察眼+コンマ下1桁目+コンマ下2桁目

↓1船
↓2本棚
261: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/16(火) 01:10:13.74 ID:63vVDn2q
成否表示無しか…
262: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/16(火) 01:40:02.59 ID:63vVDn2q
見つかるかな?
263: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 01:49:40.85 ID:5bxIOtgg
花丸「どっちも何も見つからなかったね…」

千歌「どこにあるんだろう」

果南「この家は本棚とタンスは調べたよね。この2か所にはもう何もないんじゃないかな?」


↓1どうする?
264: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 01:51:46.10 ID:lW/NC5m0
移動するかー
266: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 02:14:01.49 ID:5bxIOtgg
善子「他の場所に移動する?」

果南「あと北か南なら1か所ぐらいは行けそうだね」

花丸「でも、本格的に探索する時間はないかも」

千歌「そういえばベッドとキッチンはまだ探してないよね」


↓1
移動先orベッド、キッチンを探す
267: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/16(火) 02:23:58.97 ID:p9ucvcDB
ベッド、キッチン
268: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 02:32:15.33 ID:5bxIOtgg
果南「ベッドとキッチンを探してみよう」

善子「これで見つからなかったらもうこの家はあきらめるしかないかもしれないわね」

花丸「家のどこかにあってもよさそうなんだけど…」


観察眼+コンマ下/2
↓1千歌(一の位) 果南(十の位)
↓2善子(一の位) 花丸(十の位)
269: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 02:39:14.79 ID:dXDbUSrC
270: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 02:39:27.83 ID:OFiUbtEp
そーりゃさ
273: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/16(火) 09:19:49.80 ID:cEdh2ADk
複数人のステータス+コンマの場合は複数人のステータスの合計値なのか平均値なのか教えてほしい
274: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 21:18:31.13 ID:5bxIOtgg
>>273
GM『基本的には合計値です。平均の場合は平均と書きます』
275: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 21:18:57.05 ID:5bxIOtgg
千歌「あったーー」

善子「どこ!?」

千歌「ここ。キッチンの引き出しの中、料理本の下に」

花丸「何でそんなところに…」

果南「でもこれで船が動かせるね!…ガソリンがあれば」

船操作マニュアルを手に入れた。

善子「さて、他どこか行きましょうか。それとも安全なうちに拠点に戻る?」

花丸「ここはもう探しつくした気もするけど、まだ気になるところがあるならそれでもいいずら」


↓1どうする?
276: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 21:21:42.12 ID:dmrS9fhx
拠点に戻る
277: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 21:24:45.55 ID:dmrS9fhx
あっ、待った

GM、キッチンに調理器具は一通りありますか?
278: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 21:29:14.31 ID:5bxIOtgg
>>277
GM『一人暮らしに困らない程度のものはあります』

GM『ただし食料はありません。食べる必要もないですが』

GM『何か持ち帰りますか?』
279: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/16(火) 21:31:41.89 ID:rajLCfOd
ヘルメットの代わりに鍋でも持っていこう
紐通して果南ちゃん(前衛)にかぶらせる
280: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 21:33:17.06 ID:dmrS9fhx
ゾンビってことは一度死んでるから包丁はあまり効果無さそうだよな…

打撃武器がわりにフライパンで

武器装備のメリット、デメリットはありますか?
281: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 21:41:11.46 ID:dmrS9fhx
小麦粉とか無いよなぁ(粉塵ばくはry)

あっ、調理器具あるってことは詰め替えようガスとかあるかな?
それとマッチ投げれば即席の爆弾になるかも

あとはライターかチャッカマンはありますか?
282: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 22:07:20.74 ID:5bxIOtgg
>>280
GM『出血や神経切断による能力低下は考えたので斬撃武器も効果はありますが…』

GM『1個2個の装備ならいいですが、数が多いなら戦闘中の素早さを下げます』

>>281
GM『小麦粉、ガスはありません。ライターぐらいならありますが、マッチでは不十分ですか?』


GM『一応警告しておきますが、ゾンビへの物理攻撃はMPダメージのリスクがあるので気を付けてください…』
283: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 22:07:47.46 ID:5bxIOtgg
果南「この辺の調理器具、武器や防具になりそうじゃない?」

千歌「確かに。この鍋とかヘルメット代わりにいいかも」カポ

千歌「あーでも不安定だ。紐かなんかないかなあ…」

花丸「それなら確か…タンスのお洋服からちょっと借りてきたよ」

善子「これ誰が装備するの?」

果南「ヨハネかマルあたりがいいんじゃないの?」

千歌「チカは果南ちゃんが持ったほうがいいと思う」

果南「え?私割と丈夫なほうだと思うけど」

果南「…あ、もしかして盾にするつもり?」

千歌「そういうわけじゃないけど…でもゾンビと戦うとかなったら果南ちゃん前に行くよね?」

果南「うーん…まあこのメンバーならそうするだろうね」

千歌「だから攻撃くらいやすいから少しでもガード出来たほうがいいと思うんだ」

果南「なるほど…」

果南「2人はそれでいいの?」

善子「私はいいと思うわよ」

花丸「マルも」

千歌「あとはフライパンとか武器になるかな」

善子「ライター…何かに使えるかも?」

鍋の兜、フライパン、ライターを手に入れました。


↓1拠点に戻るでよろしいですか?
↓2他に持ち帰るアイテムはありますか?
284: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 22:10:32.21 ID:hY7NrfOl
よろしい
285: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/16(火) 22:12:04.43 ID:63vVDn2q
拠点に戻っても良いかな?

武器は…斬るのが有効なら包丁もありだな
287: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 22:40:24.53 ID:5bxIOtgg
花丸「包丁…これならマルでも身を守れるかも…」

善子「おーい、マルちゃーん。考えがちょっと危険なほうに行ってるわよ」

花丸「はっ…おらはこれで何を…」

善子「まあいざというときのために持っておくのはいいかもしれないけど」

包丁を手に入れました。

果南「一旦拠点に戻ろうか」

―――

善子「ふう…なんか一気に進んだ近づいた気がするわね」

花丸「鍵とマニュアル。クリアは遠くなさそうずら」

果南「でもあと1つが大変そうだよね」

千歌「後調べてないのは北の研究所だけど、そこにガソリンあるかなあ」

善子「ある可能性は高いと思うけど…ハードになりそうね」

花丸「時間的に遠出すると夜までに戻ってこれなさそうだけどこれからどうする?」


↓1どうする?

スリングを知っているか
知識+コンマ下≧9
↓1千歌(一の位) 果南(十の位)
↓2善子(一の位) 花丸(十の位)
288: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/16(火) 22:49:16.31 ID:N66M4M9F
はい
289: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 22:52:35.10 ID:hY7NrfOl
とりあえず遠出するのはやめておこう
290: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:02:53.96 ID:5bxIOtgg
果南「まあ遠くには行けないよね」

千歌「かといってこの近くですることもなさそうだし…」

花丸「今のうちに何か調べておきたいことは…」

善子「明日に備えて早めに寝ましょうか?」


↓1寝るorその他(具体的に)
291: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/16(火) 23:14:15.37 ID:XV8J/S2i
所持している道具の使い道を改めて考えてみる
特になければ就寝
292: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/16(火) 23:29:11.61 ID:63vVDn2q
MPの性質上戦闘は極力控える方針だな

"慣れ"が存在しないから戦闘の度に数値減るし

しかも5減るだけでマイナスかかるのがつらい
293: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:50:12.54 ID:5bxIOtgg
>>292
GM『一応慣れはあります。最初は接近だけでMP減のリスクがあったけど、現在は接近、逃走程度ならば減りません』

GM『もう少し戦闘をすればお互いが軽傷する程度なら減らなくなるでしょう』

GM『仮に大量虐殺をしてもし正気を保っていたとしたら――それ以降ゾンビ戦でMPが減らなくなるかもしれません…』
294: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:50:38.09 ID:5bxIOtgg
善子「一旦持ってるアイテムを整理しましょう」

・救急セット
・ボウリングの玉
・さすまた
・謎の薬品
・ナイフ
・マッチ
・ポラロイドカメラ
・本(サバイバル基礎、野草、黒魔術)
・紙とペン
・USB
・聖なる花
・船のカギ
・船操作マニュアル
・鍋兜
・フライパン
・ライター
・包丁

花丸「いろいろあるねえ」

善子「アイテムは共通の道具袋みたいな物に入っていて、普段はかさばらないけど誰でも好きな時に取り出して使えるわよ」

千歌「誰に行ってるの?」

善子「いやなんとなく」

果南「ボウリングの玉とか何に使えるんだろうねー」

千歌「えーと…投げて武器にするとか?」

果南「こんな重いの投げられる?」

善子「多分持ったまま殴ったほうがよさそうね」

花丸「この薬品もまだ使い道はわからないよね」

善子「どんな効果があるのかしらね」

千歌「もしかして毒だったり?」

果南「最初にもらえるのに?まさかぁ」

善子「…でも逆に回復薬って可能性はあるかも」

千歌「よっちゃん試してみる?」

善子「…遠慮しておくわ」

果南「聖なる花もたくさん持ってきたよね」

花丸「たくさんあって困るものじゃないと思うし」

果南「問題は何の役に立つのか…だね」

善子「そういえばマッチあるのにライターまで持ってきちゃったわね」

花丸「火は使い方間違えると危ないから慎重に扱わないとね」
295: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/16(火) 23:51:03.97 ID:5bxIOtgg
千歌「こんなものかな…」

果南「アイテムも確認したからまた明日頑張ろうか」

善子「おやすみなさい」

――――――

朝になりました。
全員のHP、MPが1回復しました。

HP/MP
千歌:10/9 果南:10/10 善子:10/9 花丸:10/9

果南「さて、今日はどこに行こうかな」

善子「いよいよ北かしら…それとも…」


↓1どうする?
297: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/17(水) 00:01:02.40 ID:5y27cVt0
そういえば小屋で回収した紙とペン調べてないよね
ペンになにか細工ないか調べる
紙になにか書かれてないかあぶりだししてみる
298: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 00:14:22.59 ID:nJVCqjm4
花丸「そういえばあの家から持ってきた紙とペンって普通のやつかな?」

善子「ペンは確か書けなかったわよね」

花丸「うん、それ以外に何か手掛かりないかなあって」

果南「ただの白い紙にしか見えないけど」

善子「…例えばあぶり出しとか?」

果南「やってみる?」


↓1キャラ指定
器用さ+コンマ下1桁<6で紙が燃える
299: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/17(水) 00:18:43.69 ID:F0IFZ7bM
千歌
300: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 00:32:47.47 ID:nJVCqjm4
千歌「もえないようにそ~っと…」ボゥ

千歌「…何も出てこないね」

善子「ペンも分解してみたけど何もなさそうね」

果南「どこにでもありそうなボールペンだね」

花丸「うーん…考えすぎだったのかな」


↓1どうする?
301: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/17(水) 00:38:23.16 ID:F0IFZ7bM
北に行く準備をする

具体的には装備の確認
302: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/17(水) 00:39:37.54 ID:lrJ6BYMk
紙にペンの跡がないか観察
303: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 01:01:20.01 ID:nJVCqjm4
千歌「えっと、武器としてさすまたとフライパンはすぐ取り出せるし、お鍋も紐がついててすぐかぶれる」

千歌「一応包丁とナイフも備えとく?」

千歌「ボウリングの玉も磨いて…」

善子「何でよ!」

千歌「あはは、冗談だって」

千歌「うん、持ち物確認OK!」

善子「念入りね」


花丸「う~ん…」

果南「紙透かしてどうしたの?」

花丸「うん?ペンの跡とかないかなあって」

果南「さっきから気にしすぎじゃない?」

花丸「この紙が何であそこにあったのか気になるんだよね…」


↓1研究所に向けて出発しますか?
はいorその他行動(具体的に)
304: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/17(水) 01:06:46.83 ID:F0IFZ7bM
紙に関してはメモの存在を示すヒントだと思うんだよなぁ、だからそれ以上は無さそう

安価は、北に向かう
305: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 01:44:38.67 ID:nJVCqjm4
果南「いよいよ北の研究所に出発だね」

花丸「うぅ…緊張してきたずら…」

善子「あそこからガソリンを持って帰れれば多分クリア…」

千歌「ガソリンがなかったら?」

果南「その時はまた考えるしかないよ」

果南「みんなゾンビには気を付けていこうね」

―――

善子「研究所が近いせいか遠目だけどゾンビがいるわね…」

千歌「うん、右と左に1体ずつ」

花丸「気づかれないようにこっそりと…」
306: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 01:45:06.88 ID:nJVCqjm4
千歌「着いた…!」

花丸「ここが研究所…」

研究所は周囲を塀に囲まれていて、出入り口は正面に一つ。門は開いている。
背後には海が見えるが、崖になっているため、そちらに逃げることはできなさそうだ。
4人が今いる場所は研究所の門から30メートルほど離れたところ。研究所よりは高いところにあるので、様子を観察することはできる。
また、木が茂っているので遠くから見つかることもないだろう。
建物はL字型の2階建てが1つ、体育館のような3階建て相当が1つ。
2つ合わせてコの字に近い形に並んでいる。

果南「何か…学校みたいな形だね…」

善子「そうね…真ん中のグラウンドみたいなところにゾンビが2匹…」

善子「見える範囲はこれぐらいかな?」

花丸「建物の中にはどれだけいるんだろう…」

千歌「やっぱり探すのは建物の中だよね…?」

果南「うん…ガソリンっぽいものは見えないし」

千歌「中にはどれぐらいゾンビがいるんだろう…」

果南「さあね、行ってみないことには」

千歌「だよね…」

善子「入口は正面と右手前かな?」

花丸「体育館みたいなところも正面だね」

果南「遠くてよく見えないけどどれも半開きっぽい?」

善子「うん、私もそう見える」

花丸「ゾンビがわざわざドア閉めたりはしないってことかな?」


↓2どうする?
307: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 01:46:07.77 ID:nJVCqjm4
イメージ
sssp://o.8ch.net/1ao4l.png
1538993660-レス307-画像
308: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/17(水) 01:57:39.42 ID:F0IFZ7bM
ゾンビに気づかれないように体育館みたいな建物の方に近づく
310: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 21:58:16.00 ID:nJVCqjm4
千歌「あのでかい建物のほうから行ってみよう」

花丸「大丈夫?ゾンビに見つからない?」

果南「門のところから走っていけば運次第かな」

善子「運…」

―――

果南「入口到着。右ゾンビなし」

千歌「同じく左ゾンビなし」

花丸「後ろも見えないよ」

善子「後は中の奴らの注意がそれてるうちに…」

善子「今っ」


↓1 4人の(素早さ+運)の平均+コンマ下1桁目>10で気づかれない
↓2 上の結果を受けて高いほうの建物の入り口前でどうする?
311: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/17(水) 21:59:00.41 ID:Da7XWlp9
とりまダイス コロコロ
312: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/17(水) 22:02:13.18 ID:Da7XWlp9
気づかれたか…となると入り口閉めてそのまま突入した方が良いかもな

コンマ踏んでるから安価下
314: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 22:43:07.30 ID:nJVCqjm4
果南「やばい!気づかれた」

善子「こっち来てるっぽいわ。どうする?」

千歌「この中に入ってドア閉めちゃおう。そうすれば入ってこれないんじゃない?」


花丸「お、重い…」

善子「何でこんなにでかい扉なのよっ…」

高さは約5メートル、完全に開くと幅10メートル近くなるであろう両開きのスライド式扉。みんなで力を合わせて何とか閉じた。

果南「ふぅ…無事に閉じれた…」

千歌「そもそもここって何なの?」

4人はようやく中に注意を向ける。
上部に何か所かある窓から光が入ってくるため、薄暗いながらもある程度は見える。

花丸「これは…」

善子「飛行機!?」

目の前にあったのは小型の飛行機。4人乗ろうと思えば乗ることはできそうだ。

果南「ここは格納庫だったんだ」

千歌「これって動くの?」

善子「わざわざ展示品を置くとも思えないし動くんじゃない?」

花丸「でも飛行機なんてどうやって操縦すれば…」

善子「テレビゲームならやったことあるけど、さすがにこういうのは…」

千歌「これももしかしてどこかに操作マニュアルがあったりして」

果南「仮にあったとしてもそう簡単に動かせるものじゃないでしょ」

善子「っ!」

善子「…迂闊だった」

千歌「え?…あっ」

花丸「中にいる可能性考えてなかった…」

飛行機の後ろから動く影、3体。


↓1どうする?
315: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/17(水) 22:46:55.31 ID:le+Trl4d
戦う
317: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/17(水) 23:03:53.37 ID:nJVCqjm4
善子「2人、向かってくるわよ」

千歌「あと1人は様子見?」

花丸「非好戦的なのかも」

果南「後ろには逃げられないから戦うしか!」


↓1誰が何を装備する?
↓2誰がどう攻撃する?
318: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 00:51:33.02 ID:z1MlmGTx
果南になべとさすまた
善子にナイフ
千歌にフライパン
花丸に包丁

あとは全員に聖なる花を一輪ずつ持たせておく
聖なる花は何輪持ってますか?上限無しでおk?
319: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 01:25:47.15 ID:k12N7Ih0
>>318
GM『聖なる花は無限と考えて構いません。採取時に持てるだけと指定されたので』
320: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 01:26:13.14 ID:k12N7Ih0
果南「とおっ」シュッ

果南はさすまたを突き出した。
↓1果南の力+コンマ下一の位≧7で相手転倒

千歌「えーい」ブン

千歌はフライパンを振り回した。
↓1千歌の力+コンマ下十の位≧7で相手がひるむ

善子はナイフを持ち警戒している。
花丸は包丁を持ち警戒している。


↓2どう攻めるor守る?
321: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 01:27:35.41 ID:z1MlmGTx
まずはコンマから
324: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 01:38:43.76 ID:z1MlmGTx
この時間だし人少なさそうだな
連取りダメなら安価下で

千歌側のゾンビに気づかれないように花丸が不意打ち狙いで首に包丁を刺す

善子は果南のフォローに入る
325: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 02:08:16.86 ID:k12N7Ih0
千歌「っとと…フライパン振るのも案外大変…」

花丸「……」

花丸「えいっ」グサ

千歌「マルちゃん!?」


↓1花丸の力+器用さ+コンマ下1桁≧10で首に直撃、ゾンビ行動不能
<10で肩に刺さりひるませる
包丁はゾンビに刺さったままで花丸の手から離れる

↓2首直撃時コンマ下でMPダメージ判定
花丸(一の位) ≧3でMP-1 <3でMP-2
千歌(十の位) ≧7で減少なし <7でMP-1

肩の場合は花丸はMP-1、千歌は減少なし


果南「くっ」

ゾンビの勢いを止められず、果南の手からさすまたが滑る。
そのままゾンビは果南に向けてこぶしを突き出し――

善子「果南ちゃん!」

↓3コンマ下1桁≧5で果南のHP-1
レスで善子の行動が指定されていれば内容次第で再安価
326: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 02:14:38.81 ID:z1MlmGTx
今度こそ!
327: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 02:18:04.64 ID:z1MlmGTx
出目死んでる…

善子は…ナイフを突きつけるながら果南側のゾンビの横っ腹に思いっきりタックルする
とか、どうかな?
330: 名無しで叶える物語(禿) 2018/10/18(木) 08:44:28.65 ID:Opu0hiBa
5感に反応するなら一度離れた所でわざと大声をあげてみる
こっちに来ても距離とってからだから隙は作れるはず
331: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 21:51:40.65 ID:k12N7Ih0
花丸MP9→8

花丸「刺しちゃったずら…」

花丸「人を…」

千歌「落ち着いてマルちゃん!」

花丸「あぁ…マル、マルは」

千歌「大丈夫だよ!相手はゾンビなんだし、ここはゲームなんだから!」

花丸に刺されたゾンビは少しふらついている。

善子「こっちよっ!」

果南「きゃぁっ!」ドサ

果南HP10→9

善子の声は間に合わず、ゾンビのこぶしが果南に直撃し、果南はそのまま後ろに倒れこむ。
それからゾンビは声のする方向を向き歩みを進める。


↓1どうする?
千歌、善子のみ行動可能
332: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 22:00:30.15 ID:z1MlmGTx
千歌→ふらついてるゾンビの頭に全力でフライパンをたたきつける

善子→逃げつつ聖なる花をみせて反応をみる
333: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:16:54.00 ID:k12N7Ih0
千歌「とりゃーっ」ブン

↓1千歌の力+器用さ+コンマ下1桁≧10で首の骨を折る、ゾンビ行動不能
<10でゾンビ転倒

↓2首直撃時コンマ下でMPダメージ判定
千歌(一の位) ≧3でMP-1 <3でMP-2
花丸(十の位) ≧5で減少なし <5でMP-1

転倒の場合減少なし


善子「ここまで追ってきてみなさい」

善子(果南ちゃんが立て直す時間を稼がないと…!)

善子「そういえばこれ効果あったり?」サッ

善子は聖なる花を見せた。しかしゾンビに変化はないようだ。

善子「見せるだけじゃ効果なし?見た目はただの青い花だから?」

善子「それとも、名前だけでゾンビに対して役に立たないってことなの…?」
334: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 22:19:58.96 ID:z1MlmGTx
戦闘のMP減少激しすぎる・・・

みかんみつからないのが痛い
335: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 22:25:19.32 ID:z1MlmGTx
コンマも一応踏んでおこう
336: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 22:39:12.24 ID:k12N7Ih0
ボキッ

何かが折れる音がして、ゾンビは倒れこんだ。

千歌「ぅわっ決まった…」

千歌「もしかしてチカ、やっちゃった…?」

千歌「首が変な方向に…ぉぇ」

花丸「ち、千歌ちゃん…」

千歌MP9→7
花丸MP8→7



果南「いたた…」

果南「ヨハネは…逃げるだけなら何とかなりそう…」

果南「千歌たちは…ゾンビは倒れてるから大丈夫そうかな…」


↓1果南はどうする?
↓2善子はどうする?
337: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 22:50:06.38 ID:z1MlmGTx
後ろからさすまたでとりおさえる
338: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/18(木) 23:09:51.68 ID:z1MlmGTx
安価まだ来てないっぽいから連投(ダメなら安価下で)

一定の距離を保ちつつ気を引き付けながら逃げる

連投って>>1的には何分経ったらOKにしてますか?
340: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/18(木) 23:52:33.24 ID:k12N7Ih0
善子「ほらこっちきなさい」パンパン

善子(落ち着いて。距離をとりながら逃げるのよ)

善子(そうすれば…)

果南「はっ」

果南の後ろからの攻撃によりゾンビは倒れこむ。

善子「ありがとう果南ちゃん」

果南「こいつ、どうしよう?長時間抑えるのは無理っぽい」

ゾンビはもがいている。


↓1どうする?
341: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/19(金) 00:08:07.08 ID:7XBIxEGa
格納庫内部だししょうがないから止め刺しておこう
フライパンでフルスイング
342: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 00:20:15.55 ID:T8cHSWZ5
千歌「果南ちゃんまかせて」

果南「わっ、千歌いつの間に」

千歌「とりゃっ」

ガン

善子「躊躇なく…」

千歌が振り下ろしたフライパンがゾンビの頭に直撃する。
ゾンビはピクピクと震えているが、抵抗する力はほとんどなくなったようだ。

千歌「あはは…1人も2人も変わらないよね…」

果南「千歌…もしかして…」

果南と善子は倒れているもう1体のゾンビのほうに視線を向ける。

善子「うっ…あれって…」

果南「首がっ…まさか…」

↓1コンマ下1桁目<6で千歌MP-1
↓2コンマ下1桁目<4で果南MP-1 コンマ下2桁目<4で善子MP-1
343: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 00:21:02.35 ID:bHy4GNG9
344: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/19(金) 00:21:32.42 ID:oVg0/L8T
347: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 00:51:27.46 ID:T8cHSWZ5
千歌MP7→6 果南MP10→9

善子「千歌ちゃん!MPヤバイわ」

果南「行動に気を付けないと」

千歌「うん、そうだねー」

果南「千歌?大丈夫?」

千歌「もちろんチカは大丈夫だよー」

善子「何か…怖い…」

花丸「みんな無事でよかった…」

果南「マルも血がついてるけど怪我無い?」

花丸「うん、これゾンビの血だから…」

善子「そういえばあと1体…!」

残りのゾンビは格納庫の隅で座り込んでいる。

果南「戦う気は…ないのかな?」

花丸「だったら下手に手出しはしないほうがいいよね」

善子「はぁ~…ようやく緊張の糸が切れた…」

果南「私たち…というか千歌だけど、2体も倒しちゃったんだよね…」

花丸「もうこんな戦いは嫌ずら…」

千歌「それでここで何をするの?」

善子「は、そうだった…!」


↓1どうする?
348: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/19(金) 01:19:29.20 ID:Tj4/0tZG
ゾンビに聖なる花を渡して反応を見る(渡すのは果南で)


おかしいこれクトゥルフじゃないのにちかっちが不定の狂気入りそうなんだが
349: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 02:02:57.73 ID:T8cHSWZ5
果南「そういえばさっき聖なる花取り出してたよね?」

善子「ええ。効果あるかなって思ったんだけど見せるだけじゃダメみたい」

花丸「もっと近づけたら効果あったのかな?」

果南「やってみようか?」

善子「え?」

果南「あっちに1人いるし」

善子「でも、もしそれで襲われたら…」

果南「最悪倒せばいいよ。私はまだ余裕あるし」

千歌「チカも手伝うよ」

果南「千歌はおとなしくしてて」

果南「とりあえずあのゾンビにこの花渡してみるね」

花丸「気を付けてね」

果南は奥で座っているゾンビの元に向かい、警戒しながら聖なる花を放った。
ゾンビは大きく震え、鈍い動作で逃げるように動き出した。

果南「もしかしてこの花の効果かな?」

善子「やっぱりゾンビはこの花が苦手なの?」


↓1どうする?
350: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/19(金) 03:04:05.89 ID:hWKA4LU5
千歌→待機
果南→さすまたでゾンビを取り押さえる
よしまる→ゾンビに花を擦りつけたり食わせたり効果を試せる限り試す
355: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 21:29:24.44 ID:T8cHSWZ5
善子「果南ちゃんそのゾンビ抑えてっ」

果南「はいよ」カシャ

善子「あの反応なら顔とかにやれば…!」

果南にさすまたで抑えられたゾンビの顔に善子が聖なる花を押し付ける。
ゾンビは抵抗するが、力は弱弱しい。
やがて――動かなくなった。

果南「えーと…倒せた?」

善子「…みたい」

花丸「まさかこの花がこんなに効くなんて…」

善子「試してみるものね」

果南「これでこの中にゾンビはいなくなったかな」

果南「ってあれ、千歌は?」

千歌「ん?呼んだ?」

果南「あ、いた。よかった無事で」

千歌「もー心配しすぎだよ。チカは元気元気」

果南「ならいいけど…」

善子「じっくりこの中を見て回れるようになったけど…」


↓1どうする?
356: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/19(金) 21:33:26.52 ID:jFymrGG1
構わん、進め
357: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 21:41:45.25 ID:T8cHSWZ5
>>356
GM『どこに進むのでしょうか?』
358: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/19(金) 21:46:38.01 ID:LK7EMHot
マニュアルやガソリン、他にも何かないか捜索する
360: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:22:40.46 ID:T8cHSWZ5
果南「まずはガソリンだよね」

善子「ついでにあの飛行機の操作マニュアルがないかも探してみましょう」

花丸「鍵も必要じゃない?」

果南「そっか、開いてるか見てくる」タタタ


果南「やっぱりロックかかってて入れなかったよ」

花丸「飛行機動かすなら鍵とマニュアルの2つが必要だね」

善子「で、この中にはそれらしきものはなしね」

花丸「まあそういうものは普通他のところに保管しておくよね」

格納庫を見て回ったがあるのは脚立、工具、鉄板、台車、ロープ程度で物は少ない。
ただ、飛行機の他に4人の目を引くものが1つ。

千歌「ほえー何だろうこれ」

大きな四角いタンクのようなものと、それに接続されたホースのようなもの。そしてホースの根元にはバルブついている。

果南「これは…まさかね」

善子「期待通りのものだといいんだけど」

花丸「開けて出してみる?」


↓1キャラ指定(1人か2人)
指定キャラの力(合計)+コンマ下1桁目≧10でバルブが開く
361: 名無しで叶える物語(プーアル茶) 2018/10/19(金) 22:26:53.79 ID:FiVYtExx
ちかなん
362: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:33:34.02 ID:T8cHSWZ5
果南「ふぬっ」

千歌「うにぃ」

2人が力を入れて回すとバルブが緩み、タンクの中のものがホースを通り出てきた。

花丸「わっ。ストップストップ」

善子「この臭い…やっぱり!」クンクン

善子「ガソリンだっ!」

千歌「やったあ!やっと見つけた」

花丸「後はこれを持って行けばクリア…」

花丸「持って…?」

花丸「ってどうやって!?」

果南「この建物には入れ物になりそうなものはないし…」


↓1どうする?
363: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/19(金) 22:43:23.04 ID:Tj4/0tZG
鍋にいれる!
367: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 22:56:59.13 ID:T8cHSWZ5
善子「そこにちょうどいいのがあるじゃない!」

果南「どこに?」

善子「あなたがかぶってるそれよ」

果南「そうだ、私お鍋かぶってたんだった!すっかり忘れてたよ」

千歌「果南ちゃんにお鍋かぶせたチカのおかげだね」エヘン

果南「はいはいすごいすごい」

善子「じゃあ入れるわよ」

ジャー

鍋「」タプン

花丸「これをアイテムとしてしまって…」

花丸「しまえないずら!?」

果南「そんなこともあるの?」

善子「もしかして…状態が安定してないからとか?」

千歌「じゃあ誰かが持ってくしかないってこと?」


↓1誰がもつ?
持ってる間は素早さ-2、手を使う行動ができなくなる
370: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/19(金) 23:15:05.89 ID:hWKA4LU5
格納庫内にある脚立、工具、鉄板、台車、ロープを駆使して、ガソリンの形状を固定して持ち運べないか試みる
無理なら千歌が鍋を持つ
371: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 23:33:01.45 ID:T8cHSWZ5
果南「ここにあるもので安定させることは…」

善子「無理そうね」

果南「だよね…」

果南「じゃあ千歌に持ってもらうか」

千歌「チカが?」

果南「で、みんなで守りながら進む」

花丸「うん、協力してガソリンを運ぼう」

善子「よし、ここを出て船のところに向かう、でいいのよね?」


↓1どうする?
船に向かう、格納庫内で何かをする、研究所を調べる 他
372: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/19(金) 23:36:37.33 ID:CbuyBymC
袋?には、通常アイテムなら無限に収納できるんだよね?
倉庫内の台車やロープみたいに使えそうなものを全て回収してからゆっくり拠点へ戻ろっか
一度回復もしたいし船はそれからで
374: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/19(金) 23:39:39.87 ID:Tj4/0tZG
そういえば、”アイテムなら”すべて、容量を無視して入るんだよな

GM、ガソリンタンクを”アイテム”と認識することはできますか?
375: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 23:57:27.63 ID:T8cHSWZ5
>>374
GM『持てないものはアイテムにできません』
376: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/19(金) 23:57:53.12 ID:T8cHSWZ5
果南「一応この辺のもの回収しておこっかな」

千歌「今更そんなの必要?」

花丸「まあ備えあれば憂いなし言うし…」

脚立、工具、ロープ、台車を手に入れた。

果南「鉄板は…さすがに持てないから無理か」


善子「確認するわよ」

善子「これ以上の物理戦は私たちが危ないから避けたほうがいい」

善子「聖なる花はゾンビに効くけど直接触れるのはリスクがある」

花丸「ぶつけるだけでも牽制にはなるだろうしね」

果南「私たちは千歌を守りながら一旦拠点に向かう」

千歌「了解だよ」

果南「さあ、扉を開けよう」

千歌「ゾンビいないといいなぁ」


↓1研究所敷地を出るまでに遭遇するゾンビの数(最小は0)
(コンマ下1桁目+コンマ下2桁目)-全員の運の合計
377: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/19(金) 23:59:12.43 ID:icpWvR9W
てい
378: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 00:07:02.92 ID:oJK0nLyG
善子「ゾンビは…いない」

花丸「ラッキーだね」

果南「今のうちに急ぐよ」

タッタッタッ

花丸「無事に研究所を抜けられた…」

善子「このまま拠点に戻るわよ」

果南「がんばれ千歌」

千歌「ふぇ~」
379: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 00:07:29.38 ID:oJK0nLyG
果南「このまま遭わずに済めばよかったんだけど…」

花丸「そううまくはいかないみたいだね」

善子「これも私の運が悪いかしら…」

千歌「そろそろ疲れたよ~」

進行方向にゾンビが1体現れた。


↓1どうする?
逃げるorその他行動
380: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 00:08:31.35 ID:vvjbuV2z
逃げ
381: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 00:25:08.87 ID:oJK0nLyG
善子「逃げるが勝ちっ」

果南「みんな、捕まらないように」


素早さ+コンマ下≧4で逃走成功
千歌は現在素早さ-2で1
↓1千歌(一の位) 果南(十の位)
↓2善子(一の位) 花丸(十の位)

↓3誰か失敗時ダメージ判定
運+コンマ下1桁目<6でHP-1
(2人いれば運+コンマ下2桁目も判定)
レスにキャラ指定でそのキャラがかばって攻撃を受ける
382: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/20(土) 00:27:32.46 ID:4g/4YRKR
たあ
383: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/20(土) 00:33:33.71 ID:wZQpZ7Os
ろろ
384: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 00:34:18.68 ID:vvjbuV2z
どや
385: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 00:48:44.36 ID:oJK0nLyG
千歌「拠点とうちゃーく」

果南「お疲れさん。重かったでしょ」

千歌「うん、もう手がくたくただよ」

果南「ちょっとこぼれて服にガソリンついちゃったね」

善子「燃えちゃわないように気を付けてよ」

千歌「ちょっと怖いこと言わないでよー」

花丸「日が出てるうちに西の船まで行って帰ってこれそうだけど、少し休んだら出発する?」


↓1どうする?
386: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/20(土) 00:50:43.29 ID:ojYU1e+4
クリア日数に制限ないなら回復してこ
387: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 01:08:01.16 ID:oJK0nLyG
善子「回復したいし一晩休んでからにしない?」

花丸「それもそうだね。千歌ちゃんとか危ないし」

千歌「まだまだ平気だって」

果南「はいはい、おやすみ」

――――――

朝になりました。
全員のHP、MPが1回復しました。

HP/MP
千歌:10/7 果南:10/10 善子:10/10 花丸:10/8


千歌「何か寝たらだいぶ楽になった気がする」

花丸「マルも昨日の気分悪いのが治まったかも」

善子「それでも油断は禁物よ。なるべくゾンビとかに近づかないようにしたほうがいいかも」

果南「さて、ガソリンを船に入れに行こうか?」


↓1どうする?
388: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/20(土) 01:12:02.10 ID:pluAnhHc
花丸…………ガソリン持つ
果南…………さすまたと花を装備
ちかよし……花と工具or包丁(強い方)を装備

これで船に向かうかー
390: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/20(土) 01:13:09.79 ID:pluAnhHc
あと可能であればでいいんだけど全員服の至る所に花くっつけるのアリ?
391: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 01:37:11.42 ID:oJK0nLyG
>>390
GM『ポケットに入れたりズボンに挟むぐらいならできますが、くっつくような形ではありません』
392: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 01:37:38.23 ID:oJK0nLyG
千歌「いよいよだね」

花丸「今日はマルがこれ持つよ」

善子「大丈夫なの?」

花丸「多分大丈夫ずら」

果南「念のために聖なる花をつけられるだけ服につけておこうかな」

善子「私も一応包丁でも持ってようかしら」

千歌「チカは…金づちにしようかな。扱いやすそうだし」

―――

千歌「何も出ないね」

果南「平和が一番」

花丸「…」
393: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 01:38:27.23 ID:oJK0nLyG
善子「あっさりついたわね」

千歌「ゾンビも朝だから休んでるのかな?」

果南「じゃあ入れるよー」

トクトク

千歌「よし、これでクリアに…!」

花丸「この量で大丈夫なのかな?」

果南「ちょっと待って。マニュアル読んでみる」ヨミヨミ

果南「うーん…」

千歌「足りない?」

果南「…多分微妙」

果南「動かすことはできるだろうけど、どこまで持つか…」

花丸「もう1回ガソリン持ってきた方がいいのかも?」

善子「このまま運を天に任せて船を動かす手もあるけど…」


↓1どうする?
394: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/20(土) 01:50:16.06 ID:ojYU1e+4
運任せでこのままクリアしてもつまんねーし北へもう一度行こう
399: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 02:16:20.21 ID:oJK0nLyG
千歌「もう1回ガソリン取りに行こうか」

果南「ゾンビ対策もできたしまあ大丈夫でしょ」

善子「運任せも怖いしね」

花丸「特にヨハネちゃんはね」

―――

善子「やっぱり遭っちゃうのよね…」

ゾンビはまごまごしている。
ゾンビは逃げだした。

千歌「あ。逃げた」

花丸「好戦的なゾンビじゃなくてよかったずら」

―――

4人は昨日と同じ施設全体が見渡せる丘に着いた。

善子「うーん…今日は外には1体も見えないわね」

千歌「みんな中にいるのかな」

果南「よし、今のうちに行こう」

果南「向かうのは格納庫入口でOK?」


↓1どうする?
402: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/20(土) 02:35:41.01 ID:rGOnEqbQ
研究所に行く(いってほしい)
407: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 17:19:27.43 ID:oJK0nLyG
善子「研究所のほうも見てみない?」

花丸「右の建物?どんなところか気にはなるけどでも…」

千歌「今のチカたちならゾンビも平気だよ」

―――

研究所の門のところからL字の建物を観察する。
入口は正面と右の2か所あり、どちらも開いている。
正面は入口以外に窓もなく、右側は1階にいくつかの窓、2階には均等に窓があるがどれもカーテンがかかっているため中の様子はうかがえない。

花丸「どっちの入り口から入る?」

果南「どっちから入っても外にいなけりゃ中にいるよね…」


↓1どうする?
正面の入り口、右の入り口、格納庫へ 他
408: 名無しで叶える物語(禿) 2018/10/20(土) 17:30:11.54 ID:+kAlkOFw
窓に石でも投げて反応を伺う。
カーテンでもゾンビが動く音は聞こえるやろし
409: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 17:54:30.43 ID:oJK0nLyG
果南「窓に石でも投げて様子を見てみようか」

花丸「大丈夫?襲いかかってきたりしない?」

果南「もしそうなっても距離あるから対処できるでしょ」


力+器用さ+コンマ下≧10で窓に命中
↓1千歌(一の位) 果南(十の位)
↓2善子(一の位) 花丸(十の位)

窓に向かって小石を投げていると、4人の姿を見つけたのか右の入り口からゾンビが1体出てきた。

千歌「その前にこっちから出てきちゃったよー」

善子「石投げてる場合じゃないわね」


↓1どうする?
410: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/20(土) 18:01:16.72 ID:ojYU1e+4
石の音で増援が来る前に速攻で倒すっきゃないかな
果南さすまたで取り押さえ
他3人花で攻撃
411: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 19:50:54.26 ID:oJK0nLyG
千歌「さすがに相手が攻撃態勢に入る前に押さえつけて3人がかりで攻撃したら判定も何もないね」

花丸「何か…躊躇なくなってきたね」

善子「こんだけ相手にしてればね。それに倒すというか眠らせるって感じだし」

果南「そういえば窓のほうは…」

果南「うーん…カーテンが空いた様子はないけど…」


↓1どうする?
412: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/20(土) 20:02:18.50 ID:lkk/f9cJ
まあ、ゲームって設定だし、謎をクリアしたいってRPでも問題無いかな?

というわけで、右の入り口から入る
413: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 20:22:25.93 ID:oJK0nLyG
千歌「さっきのゾンビが出てきたこっちから入ってみようか」


善子「ねえ、これ」

果南「この建物の地図?」

入口を入ってすぐの壁に貼ってある見取り図を見つける。
1階は食堂、浴場、医務室、トレーニングルームがあり、近くにある階段から登れる2階は端から201、202などの部屋番号がついている。

千歌「2階の数字はホテルとかの客室の番号みたいだね」

花丸「こっちの方は生活施設なのかな?」

廊下を進んで左に曲がった先は1階が事務室、会議室、資料室、正面の入り口付近の階段から上がった2階に研究室1、2がある。

善子「あっちが本体みたいね…」

善子「とするとこの辺はあんまり重要な情報はなさそうだけど、どこか調べてく?」


↓1どうする?
414: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/20(土) 20:24:16.53 ID:YBlQUPBW
浴場いく
416: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 20:52:41.22 ID:oJK0nLyG
千歌「お風呂に行こう」

善子「何で?」

千歌「なんとなく?」

果南「また適当な…」

花丸「まあ意外なところに何かあるかもしれないし…」

浴室のドアを開け、中を覗いてみる。
2体のゾンビが横たわっている。

善子「寝てる…のかしら」

花丸「下手に突っ込んで起こさないほうがいいかも」


↓1どうする?
417: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/20(土) 20:56:35.79 ID:dpyNXrz7
聖なる花を投げ入れる
419: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 21:06:48.41 ID:oJK0nLyG
果南「これ投げてみよっか」ポイ

聖なる花を投げ入れた。
聖なる花はゾンビから2、3メートルのところに落ちた。
ゾンビは眠っている。

果南「ちょっと遠かったかな?」

善子「後ろ!来るわよ」

食堂から出てきた1体のゾンビが襲い掛かってきた。


↓1どうする?
421: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/20(土) 22:55:40.57 ID:dpyNXrz7
果南がさすまたでとりおさえながら三人で聖なる花をおしつける


ゾンビの出現ってシークレットダイス振ってるのかな?
422: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/20(土) 23:47:53.06 ID:oJK0nLyG
果南「さっきと同じやり方で!」

千歌「おっけー」


↓1果南の力+コンマ下1桁目≧9で抑え込み聖なる花攻撃成功
失敗時コンマ下2桁目≧5でHP-1
その後聖なる花攻撃成功
423: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/20(土) 23:58:16.63 ID:dpyNXrz7
今度はコンマあるのか
424: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 00:39:09.08 ID:RShhCQ2B
果南HP10→9

果南「ったぁ~…」

花丸「大丈夫?」

果南「うん…やっぱり相手から襲ってこられるとこういうリスクあるよね」

善子「…お風呂のほうは出てくる気配はないわね…」

花丸「食堂は広そうだからまだいるかもね」

千歌「このまま研究室とかの方まで行っちゃったほうがよくない?」

果南「私たちはゾンビ退治に来たわけじゃないから攻撃してこない相手まで倒す必要もないしね」


↓1どうする?
425: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/21(日) 00:48:26.98 ID:vAPhpQzz
んじゃとりあえず研究室探索しに行きましょ
426: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 01:46:11.87 ID:RShhCQ2B
千歌「あっちに行こう!」

果南「待った!」ギュ

千歌「わっ…とと」

果南「曲がり角飛び出してあっちにゾンビいたらどうするの」

千歌「戦う?」

果南「戦うにしてもこっちの準備ができてるかどうかは大事なんだから」

善子「2人とも声大きいわよ。その先にいたら気づかれてる」

果南「ごめん」

千歌「ってことは…」チラリ

千歌「うん、この通路にはいないね」

花丸「確かこっちは事務室、資料室、会議室だっけ」

善子「上が研究室ね」

千歌「階段はこっちだっけ」

階段のところまで行き、見上げると、踊り場にゾンビが2体。

果南「…ここにいるんだ」

善子「また戦い?」

果南「階段下だと私たちが不利かも…」

花丸「…でも襲ってはこないね」

千歌「立ってるだけ…?」

千歌「このまま横通らせてくれたりとか…しないよね?」


↓1どうする?
427: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 02:51:35.33 ID:UFSB84As
あとでどくかもしれないし、まずは事務室から行ってみよう

直接研究室に行っても手がかり不足だろうし
428: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 16:51:00.49 ID:RShhCQ2B
善子「一旦他のところに行きましょう」

善子「戻ってきたらいなくなってるかもしれないし」

千歌「事務室って何があるんだろう」

果南「そりゃあ事務的なものでしょ」

千歌「具体的には?」

果南「えっと…」

花丸「中を見てみればわかるずら。それより開けるよ。気を付けて」

ガチャ

事務室の扉を開けると、机に向かって紙に何かを書いているゾンビが1体。ドアが開く音によって千歌たちの方を見たが、すぐに視線を手元に戻し作業を続ける。

花丸「もしかして…仕事でもしているの?」

果南「う~ん…ここから見る限り文字には見えないけど…」

千歌「邪魔しなければ襲い掛かってこないよ…ね?」


↓1どうする?
429: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 16:54:17.77 ID:3GS7QDAL
恐る恐る近付く
430: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 17:07:54.62 ID:RShhCQ2B
千歌「あのー…何してるんですか?」

ゾンビ「…」チラッ

花丸「千歌ちゃん!?」

千歌「この部屋見てもいいですか?」

ゾンビ「…」トントン

善子「これ以上邪魔しないほうがいいわよ」

千歌「もしかして私たち邪魔ですか?」

ゾンビ「…」フルフル

果南「首を振ったってことは邪魔じゃないってこと?」

善子「そもそも私たちの言葉がわかるの?」

花丸「言葉がわかるかどうかはともかく襲われる心配はあんまりしなくていいかも」


↓1どうする?
431: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 17:15:01.16 ID:Q8joh4tk
誰か一人にゾンビを見張らせて中を調べる
432: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 17:29:41.32 ID:RShhCQ2B
善子「とりあえずこの部屋調べましょうか」

果南「一応このゾンビも注意しておいたほうがいいよね」

千歌「じゃあチカが見とくよ」


果南「ここ…鍵がたくさん置いてあるよ」

花丸「ほんとだ。研究室のカギや資料室のカギ…飛行機のカギもある」

善子「一応全部持って行っときましょ。どこか鍵がかかってるところもあるかもしれないし」

飛行機の鍵を手に入れた。その他施設の鍵を手に入れた。

善子「この部屋はこれくらいかしらね…」


↓1どうする?
433: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 17:43:55.11 ID:yPYmZ4yU
ゾンビの書いている字を見てみる

対話が可能そうなら筆談を試みる
435: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 17:51:30.43 ID:RShhCQ2B
千歌「このゾンビさん何書いてるんだろうね」

果南「千歌ずっと見てたよね?読めなかったの?」

千歌「うん、なんかふにゃぁ~ってした感じだった」

善子「そもそもあのゾンビに何か意図があるのかしらね」

千歌「話しかけてもこっちを見ることはあっても何か答えてくれたりはないし」

花丸「まあゾンビだからね。コミュニケーション取るのは難しいかも」


↓1どうする?
436: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 17:59:27.68 ID:dntqq4UX
もう用は無いかな?

資料室へ行く
437: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 18:14:52.87 ID:RShhCQ2B
果南「次は資料室かな」

ガチャ

千歌「この部屋は…ゾンビはいないみたいだね」

花丸「難しそうな本がいっぱい…」

善子「こっちは研究記録か何か?」

善子「こんなたくさんの中から役に立つもの見つけられるのかしらね」


↓1どうする?
探索系の指示なら
観察眼+コンマ下判定
↓2千歌(一の位) 果南(十の位)
↓3善子(一の位) 花丸(十の位)
438: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/21(日) 18:18:16.53 ID:1+EmfPHe
探索探索ぅ
439: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 18:33:00.64 ID:dntqq4UX
ダイスロール
440: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 18:36:52.65 ID:dntqq4UX
もういっちょ
441: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 19:03:30.15 ID:RShhCQ2B
果南「うーん…何が書いてあるのかさっぱり」

千歌「こんなの読んでたら寝ちゃうよぉ」

花丸「これ読んでもマルたちが役に立たせることは出来なさそう…」

花丸「よっちゃんは?」

善子「こんなの見つけた」

果南「これって…飛行機のマニュアル?」

千歌「これであの飛行機の動かし方もわかるんだ!」

善子「書いてはあるけど…実際にできるかはわからないわね」

果南「空飛ばすんだもんね…ぶっつけ本番で勝負するしかないのかな」

千歌「これ以上ここにいると何か肩こりそうだよ」


↓1どうする?
442: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 19:19:11.48 ID:UFSB84As
クリアするだけならもう十分なんだよな

じゃあ次は会議室に行ってみよう
443: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 19:40:49.71 ID:RShhCQ2B
善子「後は会議室かしらね」

花丸「あまり情報はなさそうだけど…」

果南「扉に小窓あるから覗いてみようか」チラ

小窓から見える範囲では長机と椅子がいくつかとホワイトボードが一つ、モニターとプロジェクターがある。
中にはゾンビが合計3体、全員寝ているようだ。

果南「手前の隅のほうは見えないけど、大したものはなさそうだね」

果南「ゾンビの数多いけど入る?」


↓1どうする?
444: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 19:51:04.62 ID:5SWUaBGG
うーん、じゃあ研究室にむかうか

戦闘の可能性は減らしたいし
445: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 20:12:30.10 ID:RShhCQ2B
善子「メリットの少なそうな戦闘は避けたほうがいいわね」

善子「2階のほう行きましょう」

花丸「さっきの階段のゾンビ…どうなんだろう」

千歌「まだいるね…」

果南「やっぱり向こうから攻撃する気はないみたいだけど…」

善子「向こうが私たちの行動を邪魔する気があるかどうかね…」


↓1どうする?
446: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/21(日) 20:34:16.38 ID:jEznrxX+
遠くからゾンビの近くに使わなさそうなカギを投げて反応をうかがう
447: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 20:42:16.92 ID:RShhCQ2B
果南「何か投げて反応を見てみようか」

善子「何投げるの?」

千歌「さっきゲットした鍵の中でいらなそうなのとか?」

果南「例えば…この204の鍵とかかな」ポイ

鍵はゾンビの足元に落ちた。ゾンビは足元を一瞥しただけでそのあと特に何か動く様子はない。

善子「いまいちな反応ね」

花丸「マルたちに気づいてないわけじゃなさそうだけど…」


↓1どうする?
448: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 20:43:04.33 ID:Xb8Kgdwu
後頭部に一撃を加えて絶命させる
449: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 21:05:00.40 ID:RShhCQ2B
GM『一撃で仕留めるとなると現在千歌が持っている金づちが最適と思われますが、千歌が突撃でいいですか?』

↓1
450: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/21(日) 21:09:33.89 ID:0ZsI0krk
やめるのってあり?流石に何かありそうなのを無視して倒すのはアレだと思うんだが
451: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 21:13:08.68 ID:RShhCQ2B
GM『やめるならどうしますか?』

↓1
452: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 21:50:21.13 ID:UFSB84As
果南が金槌で頭を狙う、千歌がさすまたで取り押さえる、他二人は聖なる花を用意して追撃体勢

ただし、千歌がこれ以上ゾンビ倒してもNP減らないなら、千歌と果南の役割を入れ換える
454: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:13:08.18 ID:RShhCQ2B
果南「倒そう」

千歌「え、果南ちゃん?」

果南「こっちに集中してるわけじゃないっぽいし、いけるんじゃないかな」

善子「ちょ、ポジショニング的に危険よ」

果南「千歌、さすまたでアシストお願いっ」


↓1千歌の力+コンマ下一の位<8で力負け
千歌の行動の成否にかかわらずゾンビの行動をある程度抑えられるので
↓1果南の力+器用さ+コンマ下十の位≧7で頭部にクリーンヒット

千歌の行動失敗時
↓2コンマ下一の位≦9で千歌のHP-1
レスにキャラ指定(善子or花丸)があれば(受止役)そのキャラの力の分だけコンマ数値に加算
ただし失敗時にコンマ下十の位+運≦5でそのキャラのHP-1
455: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 22:15:00.55 ID:UFSB84As
殴ッ血KILL!
456: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 22:24:02.25 ID:UFSB84As
まずは一体討伐かな?
457: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 22:54:40.61 ID:RShhCQ2B
千歌がさすまたで押さえつけ、そのすきに果南が金づちで殴りかかる。
グシャっという音とともにゾンビが倒れた。

果南「うぇ…思いっきり入っちゃった…」

果南MP10→9

隣で見ていたもう1体のゾンビは上に逃げ出した。

千歌「これでここは通れるようになったかな…」

花丸「あのゾンビさん倒す必要あったのかなあ…」

階段を上がり、2階の廊下にたどり着く。
研究室入り口付近に敵意を持ったゾンビが2体。
その奥、おそらく生活棟につながっている通路の先には誰もいない。

善子「さっき逃げてったのとは違うやつ?」

千歌「顔覚えてないけどそんな気がする」

果南「どっちでもいいから、来るよ!」


↓1どうする?(2体同時に接近中)
459: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/21(日) 23:00:26.54 ID:vAPhpQzz
一体に向かって以前ゲットした台車を突っ込ませる
ひるませた隙にもう一体を、先程と同じ方法で瞬殺
458: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 23:00:11.54 ID:UFSB84As
GM、さっき投げた鍵はちゃんと回収してるってことでおk?

安価下
464: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 23:53:01.76 ID:RShhCQ2B
>>458
GM『回収してるで構いません。まだ余分な鍵はたくさんありますが』
460: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 23:24:14.27 ID:RShhCQ2B
善子「そういえば昨日手に入れた台車があったわねっ」カー

果南「千歌、さっきと同じで行くよ」

千歌「うん!」


↓1コンマ下1桁目≧5でひるませる
失敗時善子花丸のほうに攻撃
↓2どうする?

↓2千歌の力+コンマ下一の位<8で力負け
失敗時千歌HP-1

千歌の行動の成否にかかわらずゾンビの行動をある程度抑えられるので
↓2果南の力+器用さ+コンマ下十の位≧7で頭部にクリーンヒット
461: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 23:24:53.03 ID:UFSB84As
ダイスロール
462: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/21(日) 23:27:56.26 ID:UFSB84As
花丸に鍋を持たせて盾変わりにし、善子はその隙に聖なる花をあてる

一応コンマの方とったから連取りになるなら安価下で
465: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 23:53:27.59 ID:RShhCQ2B
果南「はぁっ」グシャ

果南「う…やっぱり壊れる感触気持ち悪い…」


↓1コンマ下1桁目<7で果南MP-1


善子「やばい、来るわよ!」

花丸「おらがこれで」


↓1花丸の力+コンマ下2桁目≧7でガード成功
失敗時HP-1
ガード成功時聖なる花攻撃成功
466: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/21(日) 23:54:32.20 ID:ztlYVQh9
468: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 00:11:49.03 ID:nsHdO9Qo
果南MP9→8

花丸「ぃやあっ」ザッ

善子「マルちゃんっ!」

花丸はゾンビの攻撃を防ぎきれず、弾き飛ばされてしまう。
そしてゾンビは善子に狙いを定める。


↓1どうする?(花丸以外)
469: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/22(月) 00:17:15.11 ID:SiiPOA5j
果南がさすまたで取り押さえる
千歌は聖なる花を用意
善子はゾンビを引き付ける
470: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 00:29:18.99 ID:nsHdO9Qo
花丸HP10→9

果南「千歌、さすまた貰うよ」

善子(千歌ちゃんと果南ちゃん…来てくれる)

善子(だめ…相手に気づかれないようにっ)

善子「くっ…マルちゃんのかたきよ」

花丸「死んでないから」

善子「あんたは黙ってなさい」

果南「はっ」トン

背後から果南の攻撃が命中し、ゾンビは倒れこむ。
そこに千歌が顔に向かって聖なる花を押し付ける。

果南「ふう…これで何人目だろう…」

千歌「大丈夫、マルちゃん?」

花丸「うん…ありがとう千歌ちゃん」

善子「これで研究室に入れるわね…」

善子「どっちに入る?」


↓1どうする?
研究室1、研究室2 他
471: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 00:32:17.83 ID:kgVW70Jy
研究室1
472: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 00:47:28.38 ID:nsHdO9Qo
果南「悩むぐらいなら1からが普通かな」

千歌「だよね」

千歌「あれ、開かない」

果南「ここは鍵かかってるんだ。さっき鍵手に入れといてよかったね」

花丸「何でここだけ…?」

研究室の中は科学実験に使うと思われるよくわからない装置がたくさん置いてある。そして端にはパソコンとモニターが1つ。
ゾンビはいないようだ。

善子「何かこういうの見るとワクワクするわね」


↓1どうする?
473: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/22(月) 00:52:38.54 ID:vsFe3k22
USBが使えそうならパソコンに挿入
中身がないか見る
475: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 01:19:06.52 ID:nsHdO9Qo
善子「とりあえずパソコンを付けてっと」

花丸「電源入るんだ」

千歌「電気がどこから来てるのかとかはメタい話になるからしないでね」

果南「その発言がメタいよ…」

善子「だめ…中にデータはなさそうね…」

果南「私たちUSB拾ってたよね?それ使える?」

善子「そうか、それがあったわね」

USBをパソコンに差し込むと自動でデータが読み取られた。
しかし中身は専門的な内容も多く、大半は誰も理解できなかった。
読み取れた部分だけを集めると…

私たちは寿命を延ばす方法を研究していた。しかしいざ人体実験に取り掛かったら失敗してしまった。これは人をゾンビにする方法だ。
ゾンビ化した人を元に戻す方法は見つからなかった。しかし、ゾンビを浄化する装置を開発することはできた。ここに聖なる花と―――を入れれば完成するのだが…残念ながらその薬品はこの島にはもう残っていない。


花丸「ゾンビを浄化できる…」

善子「でも肝心の薬品がないんでしょ?こんな名前のもの聞いたことないわよ」

果南「この島にないっていうんじゃ…」


↓1どうする?
476: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/22(月) 01:23:45.27 ID:SiiPOA5j
謎の薬品が"それ"なのでは、と提案してみる
477: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 01:29:19.64 ID:nsHdO9Qo
千歌「もしかして…最初にもらった謎の薬品がそれだったりしない?」

善子「確かに…試してみる価値はあるかもしれないわね…」

花丸「でも、もし違ってたら、変な反応起こしちゃうかもしれないよ?」

果南「確かに。何も起こらないならいいけど、例えば毒とかできちゃったらまずいかも」


↓1謎の薬品を使いますか?
479: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/22(月) 01:32:57.45 ID:oyVBhY5l
じゃあ保留で探索続行
481: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 01:40:55.24 ID:nsHdO9Qo
善子「そう言われると、怖いわね…」

善子「一旦やめときましょう」

果南「この研究室はこれ以外に調べて分かるものはなさそうだけど…」


↓1どうする?
482: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/22(月) 01:42:29.44 ID:SiiPOA5j
じゃあ今度は2の方に行ってみよう
483: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 01:56:31.17 ID:nsHdO9Qo
千歌「順番に研究室2の方だね」

千歌「ん、こっちも鍵かかってる」

花丸「ここだけは最後にいた人が鍵かけたのかな」

善子「研究室は重要だしね」

中は細かいモニターやボタンがたくさんついた機械の盤面がある小さな部屋と、ガラス板を挟んで向こう側に何もない部屋がある。
2部屋は左端の扉で行き来できるようだ。
機械は壊れているのか押しても何も反応はない。

果南「収録ブースみたいな感じ?」

花丸「果南ちゃん見たことあるの?」

果南「直接はないけどこんな感じかなって」

善子「この機械壊れてるのかしらね…」ポチポチ

千歌「ふんっ」ガシャガシャ

千歌「このドアも開かないね」

善子「鍵がかかってるんじゃないの?」

千歌「ううん、ゆがんでるとかそんな感じだと思う」

果南「まあ向こうの部屋はこっちから見えるんだし」

花丸「なにもなさそうだよね」


↓1どうする?
485: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/22(月) 02:43:06.04 ID:gVs5jV2R
歪んでて開かないってことは正攻法では侵入不可なんでしょ?
戦闘も安定してきたし音でゾンビ来てもええやろ

善子は見張り
他3人で工具やさすまたを駆使してガラス板を割り、室内を細部まで調べる
489: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 21:48:18.40 ID:nsHdO9Qo
千歌「でも、一応向こうの部屋見てみない?」

善子「ドアが開かないんじゃ…」

千歌「えーい」ガーン

千歌「ったた…びくともしない」

善子「いきなりガラスぶったたかないでよ!びっくりしたじゃない」

花丸「そんなに気になるの?」

千歌「危険はなさそうだからやれるだけやってみようかなって」

果南「貸して」

果南「はぁっ」ゴーン

果南「手がしびれる…」

千歌「すごい硬いよね」

果南「何でできてるんだろう」

善子「ガラスだと思うけど」

善子「強化ガラスっていうの?なんか丈夫なのあるんじゃない?」

千歌「果南ちゃんでもだめならガラスは割れなさそうだね…」

花丸「ねえ、たしか工具箱にバールのようなものあったよね?」

果南「あったけど、それでも割れないと思うよ?」

花丸「じゃなくて、ここ。この隙間からてこの原理でドア開けられないかな?」

果南「なるほど…」

果南「せりゃっ」ガキン

千歌「開いた!」

善子「…はいいけどやっぱり何もないんじゃない?」

4人は部屋を隅から隅まで見てみた。
しかし何も見つからなかった。

花丸「驚くほど何もないずら」

千歌「何に使ってたんだろうね」

善子「知らないけど向こうの部屋から観察でもしてたんじゃないの?」

果南「ともかくこれ以上は何もないかな」
490: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 22:04:06.64 ID:nsHdO9Qo
↓1どうする?
493: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/22(月) 22:15:30.61 ID:Ocx3aZeU
あ、ごめん
今既に2だったのか

んじゃ他のまだ行ったことのない場所へという曖昧な指示はあり?
494: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 22:34:31.52 ID:nsHdO9Qo
千歌「後行ってないところは向こうの医務室と2階の部屋番号がついた部屋ぐらい?」

果南「もう端から全部回ってみる?」

花丸「待って。その前にもう1回資料室に行ってみない?」

善子「何か気になることでもあるの?」

花丸「浄化に使う薬品…何か調べられるかもしれないずら」

果南「なるほど。いったん行ってみようか」

―――

花丸「薬、薬…これとか?」パラパラ

花丸「…」

千歌「何かわかった?」

花丸「…あった」

善子「ほんと?」

花丸「ただこの説明見てもマルにはさっぱり…」

花丸「でも写真はあるよ」

果南「黄緑色…」

善子「確か謎の薬品も…黄緑ね」

千歌「でも何か少し違わない?」

善子「そりゃあ印刷とか光の加減とかあるでしょうけど…」

花丸「色は似てるけど同じとは断定できないずら…」

果南「切り替えて2階の部屋でも順に見てく?」


↓1どうする?
495: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/22(月) 22:36:39.95 ID:gVs5jV2R
薬品は探索終わってから試そっか
まずは部屋を順に見てく
496: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 22:52:29.13 ID:nsHdO9Qo
千歌「さーて、片っ端から見てみるかー」

善子「ゾンビがいるかもしれないってこと忘れないでよね」

千歌「おっとそうだった…開けるときはそーっとね」

カチャ

千歌「…」

パタン

花丸「どうしたの?」

千歌「ゾンビが寝てた」

果南「じゃあひとまず隣の部屋行ってみようか」

廊下の左右に合わせて20ほどの部屋。各部屋はベッドと小さな引き出し付き机が1つのシンプルなワンルームだ。
そのうちの半分ほどの部屋でゾンビが寝ていた。
それ以外の部屋は一通り中を見てみたが、何も見つからなかった。

千歌「ここはみんなの寝室だったんだろうね」

花丸「特に何も見つからなかったね」

善子「あとはゾンビが寝てる部屋だけど…多分同じでしょうね。わざわざ起こして倒すこともないし」

果南「あとは医務室かな?」


↓1どうする?
497: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/22(月) 22:55:38.10 ID:iBTTfCSZ
医務室に行ってみよう
498: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:18:25.08 ID:nsHdO9Qo
千歌「さすがに医務室にゾンビなんてギャグみたいなこと…」

千歌「っていたー!」

果南「千歌うるさい」ポコン

医務室に入ると1体のゾンビが驚いたように振り向き、そのまま部屋の隅に走っていった。
こちらを向き、震えながら丸椅子を構えている。
部屋の中はベッドが2つ、机と椅子、棚、姿見がある普通の保健室のようだ。

果南「もしかして私たちに怯えてる?」

善子「あれってもしかしてさっき階段のとこで逃げ出してやつ?」

千歌「そうなの?」

善子「あんな髪型だったような…気のせいかもしれないけど」

果南「怯えてるならいったん外に逃がしてあげる?無駄に戦うのもリスクあるし」

花丸「こっちの意図通り出てってくれるかな?」


↓1ゾンビをどうする?
↓2そのあと医務室でどうするorどこに行く?
499: 名無しで叶える物語(禿) 2018/10/22(月) 23:21:23.12 ID:Tx3yqyPq
敵意がないことをアピールして仲間に引き込んでみよう。
言葉が通じなくてもアクションはあるかもしれない
500: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/22(月) 23:25:16.42 ID:nrmQHkCh
医務室を調べる
主に薬品関係を要チェック!
501: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:35:53.54 ID:nsHdO9Qo
善子「とりあえず敵意の無いことをアピールかしらね」

千歌「ほら~私たち攻撃する気はないよ~」

果南「子供相手じゃないんだから…」

ゾンビは持っている椅子を投げて一目散にドアから逃げ出した。
椅子命中
↓1コンマ下1桁目
0、1 千歌
2、3、4 果南
5、6、7、8 善子
9 花丸
コンマ下2桁目≧6でHP-1
502: 名無しで叶える物語(新疆ウイグル自治区) 2018/10/22(月) 23:40:42.46 ID:M4WQi3/z
あい
503: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:45:10.70 ID:nsHdO9Qo
花丸「危ないっ」

善子「っつ」ガン

千歌「大丈夫!?」

善子「平気よ…」

果南「あのゾンビ、逃げてったね」

花丸「もしかして必死の攻撃だったのかな?」

善子「うかつに近づきすぎたわね」

果南「気を取り直してこの部屋も調べるとしますか」

善子「この棚に何かいい薬とかないかしら?」

棚の中身は消毒液、絆創膏、軟膏、湿布、ガーゼ、包帯、目薬、かゆみ止め、三角巾、体温計、ピンセットなど

善子「よくある応急処置グッズしかないわね…」

花丸「これぐらいならマルたちが持ってる救急セットに入っているよ…」

果南「この机も何も置いてないし」

千歌「ベッドの下に担架と毛布があったよ」

善子「まあ当然ながら例の薬品に関する情報はないわね」
504: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/22(月) 23:52:12.15 ID:nsHdO9Qo
↓1どうする?
506: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/23(火) 00:17:19.47 ID:8YpJGdvv
取り合えず見れるところは見るか

まずは食堂から
507: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 00:26:36.78 ID:DCwC9u8K
果南「そういえば食堂も行ってないんだっけ」

善子「ああ、ゾンビが出てきたからそれだけで役目終わった気でいたわね」

食堂に入るとゾンビが2体、警戒するようにこちらを見て構える。
奥の厨房にも1体、歩いているようだ。

千歌「もう戦いは疲れたんだけどなあ…」

花丸「向こうから先に攻撃はしてこなさそうだからこのまま出てけば平和に終わりそうだけど…」


↓1どうする?
508: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 00:31:53.63 ID:sdSXAQso
大人しく出ていこう

次はトレーニングルームへ
509: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 00:56:39.40 ID:DCwC9u8K
善子「食堂も何もなさそうね。戦闘は避けて他行きましょう」

千歌「チカたち出ていくので攻撃しないでくださいね~」


果南「まあトレーニングルームは予想通りだね」

花丸「ランニングマシン、ダンベル、ストレッチマット、バイク」

千歌「あの座って腕や足鍛える奴なんて言うんだっけ?」

善子「名前なんてなんでもいいじゃない。ここで筋トレしてくわけじゃないんだし」

果南「私はやってみたいと思ったけど。こんな道具使える機会めったにないし」

善子「仮にも敵陣内部なのよ…?」

花丸「果南ちゃんは置いといて、ここも情報はなさそうだけど…」

果南「マルひどい」


↓1どうする?
510: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/23(火) 01:01:00.50 ID:8YpJGdvv
探索可能箇所は一通り回ったかな?

入り口にバリケードをつくってこれまでの情報をまとめ、考察する
511: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 01:37:42.12 ID:DCwC9u8K
花丸「これでこの建物も一通りは見て回ったけど…」

善子「今日1日でどれだけゾンビを見てきたのかしら…」

千歌「ゾンビもいろいろ個性があったよね」

花丸「いきなり襲い掛かってくるのは怖かったずら…」

果南「でもまさか私たちを見て逃げ出すのもいるとはね」

善子「まあ私たちもゾンビ側から見てみれば殺人鬼だったりするわけで」

千歌「何人倒したんだろうね…」

果南「割と慣れちゃった自分が怖い」

花丸「…暗い話をしてないで情報をまとめよう」

千歌「見つけたのは飛行機の鍵とマニュアルだっけ?」

果南「これで飛行機を動かすことはできそうだけど…」

千歌「船のほうが安全そうだよね」

花丸「脱出方法は今のところこの2種類かな?」

善子「そうね…って一応まだあったわ」

千歌「何かあったっけ?」

善子「ワープの黒魔術よ」

千歌「ああ、あのうさん臭いやつ」

善子「試してみなけりゃわからないじゃない!」

花丸「といっても魔石だっけ?がないんだよね?」

善子「そうなのよ。この島は一通り見たけど見つからない。そもそも実現できない方法なのかもね」

果南「無理そうなのはあきらめて最終的には船か飛行機を選んで脱出だね」

善子「あとはゾンビ浄化装置ね…」

花丸「必要な薬がマルたちの持ってる謎の薬品で正しいのかどうか…」

千歌「色は似てるんだけど…」

善子「これの名前がわからない以上正解を確信することはできないわね」

果南「危険もあるけど使ってみるかどうか…」

花丸「もしはずれだった時のリスクが読めないのも不安ずら」

果南「何が起こるか…この薬品を浄化装置に使うなら覚悟を決めないとね」

善子「これぐらいかしら」


↓1どうする?
512: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/23(火) 01:49:12.78 ID:8YpJGdvv
GM、薬品が正解かどうかの判別をダイス振ることは出来ますか?
クトゥルフで言うアイデアみたいな感じで、正解の薬品の特徴自体は資料室で詳細がわかってるはずだし

人いるかわからないけど、連取りになるから安価下
513: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 01:55:33.19 ID:DCwC9u8K
>>512
GM『できません。見た目が似ているというところまでしかわかっていません』

GM『正誤は浄化装置に入れて初めて分かります』


↓1どうする?
515: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/23(火) 02:53:40.09 ID:uaxk1ojt
食堂及び医務室に存在しているであろう鍋・ヤカン・ビーカー・ボトル等を駆使し、いつでも船で確実に脱出できる状態(ガソリンのストレイジ化)を作る

その後一か八かで浄化装置使うか否かは次の安価取った人に委ねるわ
516: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 12:37:16.80 ID:Gg7eh2JY
飛行機にガソリン入れたあとガソリン持って帰って船にいれて、いつでも脱出できる状態にしてから浄化装置を使う
失敗したらダッシュで飛行機か船に乗る感じで
517: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 21:43:01.90 ID:DCwC9u8K
千歌「せっかく可能性があるんだからやっぱり浄化装置使ってみようよ」

果南「失敗したらその時はその時だね」

花丸「でも一応最後の最後にしとこう?ガソリンとか入れてすぐに脱出できる状態にして」

善子「そのガソリンだけど、もう少し運びやすい方法はないのかしらね」

千歌「確かに、すぐこぼれちゃいそうだよね」

花丸「密閉できる入れ物があればいいんだけど…」

果南「医務室…にはなかったよね」

千歌「食堂のキッチンなら何かあるかも。なんかこう…蓋できるお鍋とか」

花丸「でもあそこゾンビいたよね」

果南「また戦闘?」


↓1食堂の厨房に行きますか?(ゾンビとの戦闘になります)
518: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/23(火) 21:45:07.07 ID:lhGoi9fR
イクゾー
519: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/23(火) 22:01:47.78 ID:zBG8viuK
そう言えば今何時なんだろう?

夜になるならどこかで休む場所探した方が良さそうだけど
520: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 22:10:39.32 ID:DCwC9u8K
>>519
GM『用が済んだら拠点直帰したほうがいい程度の時間です』
521: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 22:11:05.92 ID:DCwC9u8K
千歌「まあ目的のためにはしょうがないよね」

善子「今更1人も2人増えても変わらないわよ」

花丸「よっちゃんの発言が殺し屋だよ…」

善子「あんたもたいがい手を汚してるじゃない」

花丸「まあそうだけど…」

食堂に入るとさっきのゾンビが再び振り向く。千歌たちが近づくのに合わせて2体とも臨戦態勢に入る。厨房の1体は変わらずうろついているようだ。
長机が2列あり、それを挟み通路が3列。ゾンビは左と真ん中の通路に1体ずつ。

果南「2手に分かれるか、1体を集中攻撃か…かな?」


↓1どうする?(戦略)
523: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/23(火) 22:13:56.75 ID:IwSDnjHe
ヨハネおとりで一体ひきつける
果南さすまた、千歌工具、マルは花を持って残り一体フルボッコ
524: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 22:34:35.15 ID:DCwC9u8K
果南「誰かが1人引き付けてる間にさっさと片方片付けるのがいいかな」

善子「私がおとりになるわ」

花丸「え、でも…」

善子「どうせ接近戦ではあまり役に立たないし、逃げるぐらいなら私でもできるしね」

果南「わかったなるべく早く助けに行くから」


善子「そこの生ける屍よ。この堕天使ヨハネが相手してあげるわ」

善子「ここまで来てみなさい」

千歌「今のうちにっ」

果南「私が抑えるからそのすきに千歌とマルは攻撃を」

善子「きゃーこないで~」


↓1果南の力+コンマ下1桁目≧7で動きを止める
  コンマ下2桁目≦0で善子がこける

↓2
果南の攻撃成功時 千歌の力+器用さ+コンマ下1桁目≧8で頭部直撃
失敗時 コンマ下1桁目≧5で千歌が攻撃を受けHP-1
525: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 22:35:41.77 ID:F5xiSt/G
ダイスロール!
526: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 22:40:33.20 ID:F5xiSt/G
もひとつ!
527: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 22:49:24.87 ID:DCwC9u8K
果南「はっ」

千歌「とおっ」カスッ

千歌「外れた!?」

果南「でも肩に当たって効いてるよ!」

花丸「マルがっ」ポフ

善子「早く助けて―」

果南「よし1体完了。ヨハネのとこ行くよ」


↓1果南の力+コンマ下1桁目≧9で動きを止める
  コンマ下2桁目≦0で善子がこける

↓2
果南の攻撃成功時 千歌の力+器用さ+コンマ下1桁目≧8で頭部直撃
失敗時 コンマ下1桁目≧5で果南が攻撃を受けHP-1、千歌の力+器用さ+コンマ下2桁目≧8で千歌の攻撃がゾンビの頭部直撃
528: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 22:52:11.47 ID:OBr4IRTC
フッ任せておけ
529: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 22:52:54.98 ID:F5xiSt/G
ダイスロール
530: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:07:52.75 ID:DCwC9u8K
千歌「はぁぁ」ガン

ドサ

善子「助かったぁ」

花丸「後は厨房の1人…」

厨房のゾンビはこちらを見ると歩いて食堂から出て行った。

善子「またわけわからない人ね…」

果南「ともかく厨房の中探せるね」


↓1コンマ下1桁目≦7で千歌MP-1
531: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 23:10:40.77 ID:F5xiSt/G
流石にちかっちは"慣れた"と思ったんだがなぁ
532: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:18:26.96 ID:DCwC9u8K
GM『慣れたからこそ減らない可能性もありました』
533: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/23(火) 23:18:53.78 ID:DCwC9u8K
千歌MP7→6

善子「さすがに立派なのがそろってるわね」

千歌「わあ中華鍋。こっちには寸動鍋も」

果南「包丁もいろんな種類が…こんなに何に使うの?」

花丸「消火器もあるずら」

善子「お皿もたくさん。箸にスプーン、フォーク、ナイフ…」

千歌「炊飯器にやかん、ホットプレート。割と何でもあるね」

果南「おたま、菜箸、フライ返し、しゃもじ…使い道はともかく候補はたくさんだ」

花丸「冷蔵庫…はやっぱり空だよね」

善子「タッパー!これ使えるかも!」


↓1何か持っていきますか?
534: 名無しで叶える物語(はんぺん) 2018/10/23(火) 23:21:08.00 ID:IwSDnjHe
鍋系全てと包丁ナイフ炊飯器ヤカン消火器を持っていこう
536: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/23(火) 23:35:25.29 ID:51oxjp90
音鳴らすようにお皿持っていきたいけどもう無理かな?
537: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 00:05:10.28 ID:/l389f0A
鍋類一式、包丁類一式、炊飯器、やかん、消火器、お皿を手に入れました。

果南「持ってくものはこれぐらいかな」

千歌「次はまた格納庫だね」

―――

善子「そういえば昨日入口開けっぱなしだったわね」

千歌「またゾンビ入ってたりしないよね?」チラー

千歌「よかった。いないみたい」

果南「じゃあガソリン入れちゃおう」

花丸「飛行機の給油口ってどこだろう…」ペラ

花丸「このボタンで開けて…」

千歌「入れるよー」

ジャー

善子「これで使おうと思えば飛行機動かせるわね」

果南「次は船用に持ち帰りだね」

花丸「お鍋はたくさんあるけど…」

千歌「念のため多めに持っていっとこっか」

―――

果南「いそいで帰らないと暗くなっちゃいそうだね」

花丸「足元も見にくくなるけど気を付けて」

千歌「よっちゃん転ばないようにね」

善子「私だけ!?」


運<コンマ下/2で転んでガソリンをぶちまける
↓1千歌(一の位) 果南(十の位)
↓2善子(一の位) 花丸(十の位)
538: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/24(水) 00:25:22.96 ID:nv19vWem
アレ?以外とハードル高い
539: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/24(水) 00:33:34.04 ID:nv19vWem
こぼれないでー
540: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 00:51:48.88 ID:/l389f0A
果南「み"ゃん」ドテッ

善子「や"んっ」ドテッ

千歌「だから気を付けてって言ったじゃん」

花丸「果南ちゃんも…」

果南「ごめん2人とも…」

善子「面目ないわ…」

果南「多めに持って行ってよかったぁ」

―――

千歌「ふぃ~疲れた~」

善子「無事ガソリンを運べたわね」

花丸「まだ半分だけどね。ここから船まで運ばないと」

千歌「まあ明日は明るい朝に行けば転んだりもしないでしょ」

善子「しかし今日は研究所でひたすら神経と体力使ったわね」

果南「何体ゾンビ倒してきたんだろう…」

花丸「今日はもうゆっくり休もう」

――――――

朝になりました。
全員のHP、MPが1回復しました。

HP/MP
千歌:10/7 果南:10/9 善子:10/10 花丸:10/9


果南「まずは西にガソリン入れに行くでいいのかな?」


↓1どうする?
541: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/24(水) 00:55:09.69 ID:nv19vWem
それでおk
542: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 01:19:12.43 ID:/l389f0A
善子「やっとここまで持ってこれたわね」

千歌「ゾンビもなく平和に」

果南「今更出てきてもガソリン持ってない人たちで倒すだけだしね」

千歌「このガソリンを船に入れてっと…」

千歌「これでもう動かせるよね?」

果南「うん、大丈夫だと思う」

善子「すぐにでも船に乗って脱出を試せるわね」

花丸「脱出の前に謎の薬品を使って浄化装置を動かしてみるんだったよね?」


↓1どうする?
543: 名無しで叶える物語(庭) 2018/10/24(水) 01:21:55.09 ID:kOCh8Tzy
まずは船と飛行機のマニュアルを全員でチェック
その後浄化装置にGO
544: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 01:42:23.17 ID:/l389f0A
善子「一応全員でマニュアルを読んどきましょ」

ヨミヨミ

千歌「これで船の操縦はばっちりだね!」

花丸「飛行機は…頭では分かったけど、本物は試してみないとね…」

果南「安全に行くなら船だろうね」

―――

花丸「いよいよこの装置を使う時だね…」

千歌「あれ、なんか一気に場所飛んだ?」

善子「1、2戦入れてもいいけどどうせ大した消耗もなく終わるから省いたそうよ」

果南「どこからの情報さ…」

花丸「ここに聖なる花と謎の薬品を入れてスイッチを押す…」

善子「謎の薬があの説明に書いてある薬品ならばゾンビを浄化できるらしいけど…」

千歌「ドキドキするね…」

果南「入れるよ。いい?」


↓1謎の薬品を入れて浄化装置を起動しますか?
545: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/24(水) 01:44:39.02 ID:nv19vWem
やっちゃえ!
549: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 21:47:06.42 ID:/l389f0A
千歌「スイッチ、オン!」ポチ

モクモクモク

果南「何かこの煙!?」

善子「まさか失敗…?」

花丸「でもなんかいい匂いずら…」

浄化装置のスイッチを入れると煙を吐き出した。

果南「何だろう…懐かしい感じ…」

善子「ああ、わが魂が浄化されてしまう…って浄化よ!」

千歌「これがもしかして浄化の力?」

果南「いったん外に出てみようか」

4人が外に出ると周囲は霧がかかったようになっていた。

千歌「すごい…真っ白」

善子「あそこからね」

研究室の外にある排出口からどんどん煙が出てくる。そして煙は島全体を覆うかのように広がっていく。
煙に包まれている4人は安らいだ気分になっていた。

全員のMPが1回復しました。
千歌:10/8 果南:10/10 善子:10/10 花丸:10/10

花丸「これならゾンビも浄化できそう…」

しばらくすると煙の排出が止み、辺りの視界も晴れてきた。

千歌「ゾンビが浄化されたか確認してみようか」

4人は研究室内を回り、ゾンビの様子を見てきた。
寝ていたゾンビはそのまま、動いてたであろうゾンビは糸が切れたように倒れこみ、どのゾンビも声をかけても揺さぶってもピクリともしない。

花丸「ほんとに…浄化されたみたい」

善子「これでもうゾンビに襲われることもなくなるのね…」

果南「私たちがゾンビを倒しちゃうこともね」

千歌「これでこの島にはもう用はないよね」

果南「あとは脱出だけかー」

善子「船と一応飛行機も候補にあるけど」


↓1どうする?
550: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2018/10/24(水) 22:44:17.39 ID:nv19vWem
時間をかけて船に予備のガソリンを積んでから船で脱出
551: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:01:32.50 ID:/l389f0A
千歌「よし、船のところまで行こう」

果南「一応ガソリンも追加で運んでおこうかな」

善子「もうゾンビもいないし慎重に運びましょう」

―――

果南「エンジン起動確認。ガソリン残量OK」

花丸「いよいよ…だね」

千歌「みんな乗ったー?」

善子「もうこの島に用はないわね?」


↓1船で脱出を試みてよろしいですか?
553: 名無しで叶える物語(茸) 2018/10/24(水) 23:11:27.41 ID:wr4GZCvg
脱出しよう
554: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:21:38.66 ID:/l389f0A
果南「発進!」

千歌「わわっ」

果南「最初は掴まってないと危ないよー」

善子「入江の入口の岩にぶつけないようにね」

果南「このぐらいなら大丈夫だよ」

花丸「抜けた!」

千歌「海に出たけど、どこまで行けばいいんだろう」

善子「とりあえずまっすぐ遠くまで行ってみる?いざとなればまた戻ってくればいいし」

花丸「燃料に余裕があると気が楽だね」
555: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:22:09.78 ID:/l389f0A
――――――

千歌「ここは…」

果南「私たち船に乗ってたはずじゃ」

善子「何もない空間ね…」

花丸「脱出できた…ってことなのかな?」

GM『おめでとうございます。高海千歌、松浦果南、津島善子、国木田花丸。あなた方4人は見事ゲームをクリアしました』

GM『また、エクストラミッション:ゾンビの浄化も同時にクリアしました』

GM『これより現実世界に戻ります』
556: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:22:37.30 ID:/l389f0A
千歌「…ん」

ルビィ「あ、目が覚めた?」

花丸「おらたち、戻ってきたんだ…」

果南「何か長い夢を見てた気分…」

鞠莉「どうだった?ゲームの世界は。まさか隠しミッションまでクリアするとは思わなかったけど」

善子「それはもちろんヨハネの活躍で」

ダイヤ「あなたそれほど目立ってなかったでしょう」

曜「私たちもダイジェストで様子は見れたからね」

梨子「千歌ちゃんとかだいぶMP減ったりしてたけど大丈夫?」

千歌「うーん…なんともない。と思う」

鞠莉「それはゲーム内のダメージが現実に反映されないよう処理を入れてるからね」

花丸「マルたちがゲームを始めてからどのくらい時間がたったの?」

ダイヤ「3時間ってとこかしら」

果南「思ったより時間かかってないんだね」

善子「3時間であれだけいろいろできる…すごいわね」

ルビィ「ゾンビさん怖そうだったよぉ」

花丸「マルたちも最初は怖かったけど、やってるうちに慣れちゃって」

曜「でも面白そうだよね!曜もやってみたい!」

鞠莉「いつか機会があったらね♪」
557: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:23:52.27 ID:/l389f0A
おしまい


以下自己満解説


おおまかなストーリーは決めていたけど、細かいところは基本後付けです。矛盾がなければいいですが…

脱出方法は一応5種類考えていました。ただ想定外の手段でも脱出できると思えば認めました。

1.船
・西の浜で船を見つける
・マニュアル、鍵を手に入れる
・研究所でガソリンを手に入れる
一番わかりやすく、実行しやすい方法。リスクも低く、普通にやればこの方法になるはず。

2.飛行機
・研究所で飛行機を見つける
・マニュアル、鍵を手に入れる
研究所に果敢に乗り込めば見つかる方法。みかんや聖なる花などゾンビへの対抗手段がないときつい。最後の離陸時に多少運が絡む。

3.黒魔術
・本を初期アイテムに選び、ワープの魔術を見つける
・小石(魔石)を初期アイテムに選ぶ
・東の高台で邪なる花を手に入れる(4人で調べれば高確率で見つかります)
条件さえ整えば一番簡単な方法。ただしアイテム選択次第で実現不可能な方法。

4.いかだ
・拠点を壊して南の浜でいかだを作る
・初期アイテムでロープを選ぶ(研究所で手に入れたり東の高台のツタでも可)
運搬、作成に2日。拠点がなくなるので夜にゾンビとの戦闘が発生するためHPMP勝負。ゾンビへの対抗手段がないときついかも。探索の面白みはない。

5.泳ぐ
・南か東の浜に行く
ハイリスクの運勝負。出来ればやってほしくない。


できればゾンビとの戦闘は避けてほしかったので殺傷力の高い道具は用意せず、序盤でゾンビの足の遅さを見せ、MPをあっさり減らしました。
ただ意外と好戦的な人が多かったようで…

謎の薬は最初に選んでないとエクストラミッションがクリアできないけど、もし選んでなくてもどこかで入手イベントを作っていたかもしれません。

ちなみにガソリン引火で研究所を爆破すると林に燃え移って島中燃える全滅ENDなので止めるよう誘導します。
558: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/10/24(水) 23:24:23.07 ID:/l389f0A
以上
参加してくれた皆さんありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『(TRPG風SS)無人島からの脱出』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)