千歌「果南ちゃんってさ、余裕ぶってるけど意外とウブだよね」

シェアする

千歌-アイキャッチ1
2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:43:38 ID:x8wiRC82
果南「え?」


千歌「恋人とえっちする時とかすっごいグダグダしそう」


果南「すっごく失礼だね」


千歌「ちょっと想像してみてよ」


果南「いや恋人いないもん」


千歌「そこは、ほら、鞠莉さんとかダイヤさんとか」


果南「えぇ……それはちょっと」


千歌「なんなら私でもいいよ?」


果南「そうするか」


千歌「え゛」

元スレ: 千歌「果南ちゃんってさ、余裕ぶってるけど意外とウブだよね」

スポンサーリンク
3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:44:55 ID:x8wiRC82

果南「…………………………あーやっぱ無理。無理でしょ……/////やったこと無いのに…………///」モジモジ


千歌「かっ…………わ」


果南「?」


千歌「いや何でもない」


果南「そ、そう」


千歌「やっぱり果南ちゃんってウブなんですねぇ」ニヤニヤ


果南「な゛っ………あ゛………む、ムカつく……///だったら千歌もやってみなよ!絶対恥ずかしいから!!」


千歌「いいよ。
まず、果南ちゃん家に泊まりに行くでしょ。
適当に駄弁ったり一緒にお風呂入ったりするでしょ。
何となくテレビつけたらエロいシーン流れてるでしょ。
そこでムラっときた私が果南ちゃんをガバッと」


果南「ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ///////」
4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:45:40 ID:x8wiRC82
千歌「早すぎない?まだ押し倒した所までなんだけど」


果南「うるさい!!バカぁ!!もう、なんでそんなことぬけぬけと言えるかなああああああ//////」


千歌「いやー、もうその反応がウブですよね」ツヤツヤ


果南「うるさいってば////バカチカ!!」


千歌「今の妄想作詞に入れちゃえ!!」カキカキ


果南「やめろぉぉぉぉぉ!!!!//////」
5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:46:17 ID:x8wiRC82
果南「はぁ///もう……///しばらく千歌には近づかないようにするからね……」


千歌「ん?今のは『千歌』と『近づく』を」


果南「かけてないから」


千歌「はい」


果南「で?作詞終わった?」


千歌「もう十分くらい前に出来上がってる」


果南「じゃあ今の不毛な時間は……」


千歌「ウブな果南ちゃんをみたかっただけの時間」


果南「~~~っ/////」ポカポカ


千歌「ちょちょ、痛い痛い」
6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:47:07 ID:x8wiRC82
果南「さっさと梨子たちのとこ持ってくよっ////」

千歌「うん。あ、果南ちゃん、今日果南ちゃん家行っていい?」


果南「はぁ゛っっ!??」


千歌「いいよね!」


果南「いやっ……ダメダメダメダメダメ!!!」


千歌「なぜ」


果南「絶対下心あるでしょ!!絶対なんかするでしょ!!!」


千歌「しないよ!あれ冗談だからね?」

千歌「半分」ボソッ


果南「いや………///やっぱりダメ………////」


千歌「ちぇー」
7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:47:49 ID:x8wiRC82
千歌「りーこーちゃ~……いない!」


果南「あれ?帰っちゃったのかな?」


千歌「えー!作詞終わったのに……」


果南「しょうがないよ。明日渡そう……て、これ梨子と曜の鞄だよね?」


千歌「ホントだ~。忘れてったのかな?」


果南「流石にそんなわけないでしょ。きっとすぐ戻ってくるよ。まってよう?」


千歌「そっかー。じゃ、待とうか」





千歌(はぁ~~~)

千歌(果南ちゃんとえっちしたい)
8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:49:11 ID:x8wiRC82
千歌(なんかチャンスが訪れないかなあ……まぁ無いかぁ)


千歌(やっぱり自分で告白するしかないよなぁ)


千歌(………でもさっき……鞠莉さんとかダイヤさんより私を選んでくれたよね……これは………こwれwはwww)


果南「なんで笑ってるの……」


千歌「んー?w思い出し笑いぃぃw」


果南「あ、あぁそう」(引
9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:49:56 ID:x8wiRC82
千歌(あー果南ちゃんかわいい)

千歌(あー果南ちゃん)

千歌(果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃん果南ちゃ)

< くぁ♡



千歌「?果南ちゃんなんか言った?」


果南「いや?」


千歌「そっか」

千歌(やばい果南ちゃんのこと考えて過ぎて環境音ですら果南ちゃんの声に聞こえる)
10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:50:45 ID:x8wiRC82
千歌(はぁ~……えっちまでとは言わないからどうにかして近づけないかな……ゼロ距離まで)

千歌(!そうだ!)


千歌「果南ちゃん、ちょっとμ'sの動画見ない?」

果南「んー?どしたの急に」


千歌「いやー、果南ちゃん暇かなーって」


果南「まぁ暇だね。見ようか」


千歌「yes!!!」


果南「?」
11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:51:23 ID:x8wiRC82
千歌「はい、イヤホン」


果南「あ、凄いこれ。イヤホンジャックが二つある」


千歌「こういうの百均で売ってるんだよね。便利」


果南「お、この衣装かわいいね」


千歌「スノハレ選ぶとは……わかってるねぇ!」


果南「あ、これが千歌がよく言ってるやつね」


千歌「そうそうそう」

千歌(よし!果南ちゃんの警戒心はほぼゼロ……このままどさくさで顔近づけちゃお!!)


~数分後~

千歌「ここ!ここの穂乃果さんやばい!かわいいぃぃぃぃぃぃぃ」シャカシャカ


果南「落ち着きなよ……」シャカシャカ
12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:52:44 ID:x8wiRC82

果南「いやぁ……やっぱり凄いね、μ'sって。私らも頑張らなきゃね」


千歌「あぁうんそーだね」


果南「?どしたの?」


千歌(バカヤロウ……作戦だったのに……魅入ってどうするんだ魅入って!!)




梨子「なんでぇぇぇ♡♡♡」



千歌「!?今の悲鳴梨子ちゃん?」


果南「ロッカーの中から聞こえたね……」


千歌「?梨子ちゃんそこにいるの?」


ロッカー<もぞもぞ……
13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:53:38 ID:x8wiRC82
果南「……返事がないね」


千歌「開けるよー」


梨子「あっ!千歌ちゃんダメ---」ガチャ


千歌「何やっ……何やってんの?」


梨子「あ……♡あぁ……♡♡」


曜「よーそろー」


果南「えっと……///」


梨子「あの、これは違くて……♡その♡」キュンキュン


千歌「歌詞、ここ、置いとく。私、帰る」


果南「あ、ちょ、千歌……じゃ、邪魔してごめんね……ごゆっくり……////」
14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:54:42 ID:x8wiRC82

~~~~~~~~~~~

千歌「………………………」スタスタ


千歌(えっ?えっ?えっ?なに?曜ちゃんと梨子ちゃんってそんな関係だったの?)


千歌(ムラっときたら学校内で盛っちゃう猿だったの?)


千歌(うらやm……羨ましい!!!なに!?なんで?ずるくない!?ずるい!ずるいよmagnetic today!!)
15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:55:52 ID:x8wiRC82
果南「あの……あのさ……」


千歌「…………………」スタスタ


千歌(ずるいよ~ずるいよ~本音をかーくしてーるぅぅぅぅ!!!!)


千歌(実際隠してるのは性癖でしたねぇ!)


千歌(私も果南ちゃんと学校内でえっちしたいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!)


果南「その……なんというか……曜たちもわざわざ学校でしたかったからしてたんじゃ……ないと思うんだよねぇ」


千歌「…………………」スタスタ


千歌(ほら、果南ちゃんもこんなに気まずそうに……………あれ?)
16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:56:45 ID:x8wiRC82
果南「きっと何か事情が………あるわけないよなぁ」


千歌(これチャンスじゃね?)

千歌「果南ちゃん」ピタッ


果南「え?」


千歌「今日果南ちゃん家行っていい?」クルッ


果南「え」


千歌「………………」ジー……

千歌(こいっ!!こいっ!!こいっ!!こいっ!!)




果南「……………」


果南「い、良いよ……♡」

千歌(キタ────从/*゜∀゜§从───!)
17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 00:57:30 ID:x8wiRC82
千歌「おじゃまします」


果南「どうぞ……ってうわっ」


千歌「はぁ♡はぁ♡はぁ♡」


果南「こ、こら………///ちょっと……///やめて………/////」


千歌「もう大体わかってるでしょ♡」


果南「う////」


千歌「あんなの見た後に家にあげたってことは、そういう事だよね♡」


果南「そんなつもりじゃ……♡」
18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:00:11 ID:x8wiRC82
千歌「服、脱がすよ」


果南「あ……////」


千歌「いいよね?」


果南「……ぅん///////」


千歌「♡」ヌガセヌガセ


果南「な、なんか今日の千歌……♡強いね……♡」


千歌「そりゃ一世一代の大勝負ですから」パチッ


果南「う……きゅ……///」
19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:01:02 ID:x8wiRC82
千歌「やっぱり果南ちゃんっておっぱい大きいよね」モミュ


果南「ふぁぁ♡」ビクンッ


千歌「鞠莉さんが揉むのもわかるわぁ」モミュンモミュン


果南「ふっ♡くぅ……♡くぁ♡♡」ビクッ……ビクンッ


千歌「果南ちゃんって感じやすいんだね」


果南「ふぅ……////」


千歌「じゃあ……下も脱がすよ♡」ヌガセヌガセ


果南「あっ////やめて…………/////」
20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:01:54 ID:x8wiRC82
千歌「うわぁぁ♡♡♡綺麗♡♡」ジー


果南「やぁぁ………見ないでぇ/////」


千歌「さ、触るよ……♡」


果南「あっあっ……ち、ちか……ぁぁ♡♡」


千歌「んー?」
21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:02:40 ID:x8wiRC82
果南「あの……////優しく……して……///////」


千歌「~~~~~~~ッッ♡♡♡♡♡」スー……


果南「ふっ♡あっ♡♡そこぉ♡♡♡なぞっちゃ…………♡♡あぁ♡♡♡」ビクッ……ビクンッ


千歌「ほんと感じやすいね♡かわいいぃぃぃ♡♡」クチュ


果南「ひゃぅ♡」


千歌「♡」ニュププ……


果南「ぁ……♡あん、っ♡♡あっ♡」


千歌「果南ちゃんのナカ……熱いぃ……♡」


果南「そういうことは……♡くふぅ♡♡恥ずかしいから言わないでぇぇ♡♡♡」
22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:03:23 ID:x8wiRC82
千歌「んふ♡」グチュ


果南「あ゛っ♡♡♡ぁぁぁぁぁ♡♡♡♡ぁぁ♡♡待っ………んんんんん♡♡♡♡♡」


千歌「うわっ♡♡果南ちゃんここが弱いんだ♡♡」グチグチ


果南「やぁぁぁぁぁぁっっっっ♡♡♡やめっ♡♡やっ♡♡イッ♡♡♡いっ……イィィ………グぅっっ……♡♡♡♡いくぅぅぁあああ♡♡♡♡♡」ジョロロロ……


千歌「うひっ♡♡果南ちゃんお漏らししたぁ♡♡♡」


果南「だってぇぇ♡♡♡やめてっていうのにやめないから……ぁ」グス


千歌「はぁう♡泣いてる果南ちゃん可愛すぎでしょお♡♡♡」


果南「ぅぅぅぅ/////」グスグス
23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:04:40 ID:x8wiRC82
千歌「ねえ果南ちゃん、ちゅーしよ♡」


果南「ふぇぇぇえええ//////恥ずかしいよぉ………♡」


千歌「大丈夫♡大丈夫だから………♡」ズイッ


果南「ぅぅ……もう………////」


千歌(不安げに目つぶってる果南ちゃんヤバすぎでしょ)チュゥッ


果南「んくっ♡」ビクッ
24: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:06:05 ID:x8wiRC82
千歌「ちゅる……」


果南「!?ぅゃ……♡ふぁ♡ふぁぁ♡」


千歌「ぢゅ……れろっ」


果南「んんんんんっ///////」ビクンッ


千歌「んへぇ……ちゅっ……ちゅくっ ちゅばっ」


果南「///」プシュー
25: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:06:39 ID:x8wiRC82
千歌「ぷはぁ♡……って、果南ちゃん?」


果南「あひっ♡ひぃ♡ひっ♡」


千歌「意識がとんでる……え、今ので?」


果南「はっ!」


千歌「あ、起きた」


果南「ち、千歌……////あーダメ/////直視出来にゃ………出来ない///////」


千歌「いちいち可愛いなぁもう♡」


果南「もうっ……♡可愛いって言うのやめてよ……///」カオカクシ


千歌「なんで顔隠すの♡」
26: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:08:44 ID:x8wiRC82
果南「何でって……恥ずかしいから……ひゃぁっ♡♡」


千歌「ほら、顔見せてよぉ♡」グググ


果南「やっ……だ///いやっ////やめてっ////」


千歌「果南ちゃん意外と力ないんだね」グッ


果南「ひゃぁぁ///////」


千歌「うわぁ♡顔真っ赤だよ♡♡」


果南「やぁぁ///////」
27: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:09:16 ID:x8wiRC82
千歌「いっつも飄々としてる果南ちゃんがこんな顔するなんてなぁ♡カワイイっ♡♡」プニプニ


果南「もうほんとにやめて/////あんまりいじめないでよぉ////」


千歌「♡♡♡」チュッ


果南「んぐぅぅ♡」
28: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:09:55 ID:x8wiRC82
千歌「ちゅぱっ♡にゅる♡ぢゅ♡」


果南「ふーっ♡ふーっ♡んふぅぅぅ♡♡♡」


千歌「ちゅ♡ぢゅるっ♡♡ちぅ~~♡♡」クチュ


果南「んぅぅぅ!??////」


千歌「ちゅ……んはぁ♡♪はぷっ♡ちゅる♡」グチグチ


果南「んきゅっ♡ん♡♡んんん♡♡♡」ゾクゾク


千歌「ぷはぁ♡」


果南「ふぅぅ♡♡酷いよ………♡急に弄るなんて………♡」


千歌「果南ちゃんが可愛すぎるのがいけないのだ♡♡」


果南「ぅぅぅ………/////」
29: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:10:45 ID:x8wiRC82
千歌「んふ♡」ニュププ


果南「ふっああ♡♡♡」ビクンッ


千歌「果南ちゃん気持ちいい?」


果南「うっ♡ん♡♡♡きもちぃ……んぁ♡♡♡」


千歌「そっか♡」ピタッ


果南「ふっ♡………な、なんで止めるのぉ♡」


千歌「ちょっといじわるしたくなっちゃった♡」


果南「なぁっ♡」
30: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:12:22 ID:x8wiRC82
千歌「あはは♡」ニュチッ……ニュチッ……


果南「ふっ……♡そ、こじゃない……♡んっ♡」


千歌「でもちょっとは気持ちいいでしょ?」


果南「そうだけどぉぉ♡♡♡」


千歌「ちょっと速くするね♡」グチュグチュグチュグチュ


果南「えっ……あっあっ♡ぁぁっ♡♡んっ♡」
31: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:13:09 ID:x8wiRC82
千歌「イキそう?」グチュッグチュグチュグチュ


果南「ぅ……ん……♡でも………♡な、なんか変な感じ……♡」


千歌「いいよ♡そのまま力抜いて♡」


果南「ふぁ♡………んんっ♡………あっイク……♡」ピク


千歌「♡」


果南「うっ♡ぅぅ♡♡」ブルルッ……ブルッ
32: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:13:56 ID:x8wiRC82
千歌「どう?」


果南「ゃ……なんか……なんかムズムズするぅ♡」


千歌「それが甘イキってやつだよ♡」


果南「甘イキ……?」


千歌「じゃ、続けるね♡」


果南「えっ……今のを?……♡」


千歌「もちろん♡」


果南「ええええ♡♡♡」
33: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:15:39 ID:x8wiRC82
~2時間後~


果南「ぁぁぁぁぁ♡♡♡お願いっ♡♡お願いイかせてっっ♡♡♡♡♡もう無理♡♡♡焦らされすぎて………ぇぇぇ♡♡♡」


千歌「まだダメぇ♡」グチグチ


果南「お願いしますっ♡♡♡お願いっっ♡♡♡頭おかしくなっちゃうぅぅぅう♡♡♡」


千歌「だぁめ♡♡」


果南「あ゛~~~♡♡♡♡♡死ぬって♡♡♡ほんとに♡♡♡ちかぁぁぁ♡♡♡」


千歌「そんな簡単に死なないよ♡それっ♡」グチュッ


果南「ん゛ん゛ん゛っっ♡♡♡いっグ…………♡イクっ♡♡イクけどぉぉ♡♡」
34: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:16:50 ID:x8wiRC82
千歌「もうそろそろいいかな」


果南「えっ……………ん゛っっっ!??♡♡♡♡♡♡」ビクゥ


千歌「ほーら♡ここでしょ?」 ゴリュッゴリュッ


果南「あ゛っ♡♡あがぁ♡♡♡いっ♡いいいいいいぃぃいいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡」ガクガクッガクガク


千歌「うわ♡すごっ♡擦る度にお汁が溢れてくる♡♡♡」


果南「いっ♡いいいいいい♡♡♡♡イグぅぅぅぅ♡♡♡♡いくっ♡イくイくイくイっっ……………く♡♡♡♡ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ♡♡♡♡♡♡♡」


千歌「すっごい顔♡」
35: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:17:25 ID:x8wiRC82
果南「はぁぁ♡はぁぁ♡はぁぁ♡♡♡」


千歌「気持ち良かった?」


果南「う……ん♡♡♡」


千歌「えへへ♡」ナデナデ


果南「でもぉ……♡もう2度と……♡やらないでね……♡♡」


千歌「うーん、それはどうかな♡」


果南「え……ぇ………♡………………Zzz……」


千歌「あれ?寝ちゃった……寝顔もかわいいなぁ」


果南「すぅ……すぅ……」


千歌「んふふ♡おやすみ果南ちゃん♡」
36: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:18:03 ID:x8wiRC82
翌(・8・)日


梨子「あ、あの……千歌さん……?」


千歌「どしたのかしこまって」


梨子「その、昨日のアレは……まぁある意味曜ちゃんに無理やり……///」


曜「えー?」


梨子「ひっ♡よ、曜ひゃ……」


曜「アレは梨子ちゃんが悪いんでしょー?」


梨子「ま、まぁそうだけど……♡」
37: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:19:08 ID:x8wiRC82
千歌「いや!そんなことより私は2人にお礼が言いたい!!」


梨子「え?」


曜「私らなんかしたっけ?」


千歌「実は……」


果南「ちーか♡」ダキッ


千歌「あ、果南ちゃん♡」


梨子「え?」


曜「あら~」
38: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:19:51 ID:x8wiRC82
果南「んー♡ちかぁ♡♡♡」スリスリ


千歌「恥ずかしいよぉ♡」


梨子「え?」


曜「付き合うことになったんだ?」


千歌「そう!昨日2人が学校内で盛ってくれちゃったからだよ♡ありがとう!」


梨子「え?」


曜「なんかよくわかんないけど どういたしまして♪」


梨子「え?」
39: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:20:46 ID:x8wiRC82
千歌「じゃ、行こっか♡」スッ…


果南「えっ……て、手繋いでいくの……////」


千歌「だめ?」


果南「あ……ぅ~~…………♡」ギュ


千歌「えへっ♡なんだかんだ繋いでくれるから果南ちゃん好きだよ♡♡」スタスタ


果南「あ……♡ぁぅ……/////」スタスタ
40: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:21:56 ID:x8wiRC82
曜「お熱いねぇ。私らも繋いでいく?」


梨子「ええええぇぇぇ!?」


曜「そんな嫌?」


梨子「嫌……じゃないけどぉ♡」


曜「じゃあいいよねっ」ギュ


梨子「んひゃ♡ご、強引な……♡」
41: 以下、名無しが深夜にお送りします 2017/06/06(火) 01:23:19 ID:x8wiRC82
終わり

改行の数が多すぎます!(煽り)
きらい(小並感)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「果南ちゃんってさ、余裕ぶってるけど意外とウブだよね」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)