にこ「黒髪人魚とハロウィン」

シェアする

にこ-アイキャッチ59
1: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:14:12.92 ID:3B19Bq+k
にこ「........」

『zzzzzzzzzzz』

にこ「はぁ...全く、いっつもいっつも」

『zzzzzzzzzz』

にこ「起きなさい、ご飯できたわよ」

『zzzzzzzzz』

にこ「っ...起きなさいっていっての!!このねぼすけ姫!!」ガタン!!

『!?』

※ 前作記事へのリンクです(管理人)

絵里「金髪妖狐と赤髪吸血鬼のデュオ」

元スレ: にこ「黒髪人魚とハロウィン」

スポンサーリンク
3: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:18:03.40 ID:3B19Bq+k
にこ「全く、いつもいつも真姫ちゃんは」

絵里「まぁまぁ」

真姫「.........」ボー

希「なんか真姫ちゃん見てたらうちも眠くなってきた...」

にこ「じゃあ、あんたは飯抜きね」

希「寝るなら食後かなー?」

絵里「食べてすぐ寝たら牛になるわよ」

希「はーい」

にこ「もう牛でしょ、あんた」

希「....は?」

にこ「.........」
4: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:20:40.21 ID:3B19Bq+k
絵里「..........」

希「そうやね、にこっちは牛にもなれないもんね、特にこことか!」

にこ「あ?」

希「あー...肩がこるなぁ」

にこ「っ....喧嘩売ってんの?」

希「そっちが先やん」

真姫「...zz.......」コックリコックリ

希 にこ「.........」

絵里「...二人共」

希 にこ「!!」ビクッ

絵里「食事前に騒ぐのはやめてくれない?」ギロッ

希 にこ「は、はい....」
5: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:24:45.27 ID:3B19Bq+k
真姫「~♪」モグモグ

にこ「.........」

絵里「真姫、随分とご機嫌みたいね」

真姫「今日のご飯が美味しいんだもん」

にこ「で、でしょ!?にこが作ったのよ」

真姫「さすがにこちゃんね、とっても美味しいわ」

にこ「えへへ...」

絵里「ふーん....まぁ、たしかに美味しいけど....」

にこ「なによ」

絵里「!いえ...なんでもないわ」
6: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:28:18.93 ID:3B19Bq+k
絵里「......」

希「んー?あ!もしかしてエリチ焼きもちを焼いてるの?」

絵里「な!そ、そんなことないわよ!!」

にこ「あー...そういうこと」

絵里「だから違って....」

にこ「美味しい?真姫ちゃん?」

真姫「うん」

にこ「えへへ...」

絵里「っ.......」

希「やっぱり、焼きもち焼いてるやん」
7: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:31:17.24 ID:3B19Bq+k
真姫「にこちゃん、今日は美味しいご飯をありがとう」

にこ「喜んでもらえて何よりだわ」

希(めっちゃ嬉しい癖にクールぶっちゃって)

真姫「今日はなんかにこちゃん機嫌がいい?」

にこ「そう?」にこにこ

絵里(いつも眉間にしわが寄ってるのに今は顔が緩みきってるじゃない)

真姫「またお願いするわ」

にこ「喜んで」

希(うちは料理できないからなー...)

絵里(.........)
8: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:33:29.48 ID:3B19Bq+k
希「そういえば世間はハロウィンシーズンみたいやね」

真姫「ふーん....」

絵里「普通の人間達が私達みたいな恰好をするなんてあれよね」

にこ「ようはただ騒ぎたいだけでしょ」

希「かもねー、でも、ちゃんとお祝いをしてる人もいるかもよ」

にこ「どうだか」

絵里「たしかになんでもかんでも西洋にかぶれるのはどうかと思うわね」

希「その見た目で言われるとギャグにしか聞こえないよ」

絵里「真面目に言ってるつもりなんだけど、それにロシアは東洋よ...たしか」

希「すまねぇ、ロシアのことはさっぱりわからないんよ」

にこ「ここは日本よ、よく来たわね」

絵里「もう、私は昔から日本には住んでるわよ!」
9: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:36:31.05 ID:3B19Bq+k
真姫「トリックオアトリート」

希「ん?真姫ちゃん、ハロウィンをしたいの?」

真姫「パーティとかはやってみる?」

絵里「!真姫が珍しく積極的だわ」

真姫「なによ、悪い?」

絵里「別に悪くはないわ、ただちょっと珍しいなって思って」

真姫「少し羽目を外しても街の人間がハロウィンの格好なら私達が見られても問題ないだろうし」

にこ「成程ね」

絵里「.........」

希「どうしたん?エリチ、難しい顔をして」

絵里「え?あぁ...ちょっとね」

真姫「........」
10: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:39:52.66 ID:3B19Bq+k
にこ「絵里のやつは心配してるんでしょ、ハロウィンに乗じて変な奴らが街に入り込まないかってね」

希「あー...」

絵里「そうなのよねー...真姫とのパーティは楽しみなんだけど」

真姫「たしかに言われてみればそうね、じゃあ...パーティはやめとく?」

希「えー!!!!」

にこ「!」

絵里「希、ちょっと大きな声を出さないでよ」

希「パーティしようよ、パーティ!」

にこ「子供か」

希「ねー、パーティー」

絵里「...真姫はどう思う?」

真姫「え?私?」

絵里「えぇ、やるかやらないか」

真姫「.......」
11: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:44:05.85 ID:3B19Bq+k
真姫「私は皆に任せるわ」

希「じゃあ!はい!やりたいです!!」

絵里「私は.....」

にこ「.......」スッ

絵里「え?にこ?」

にこ「いや、私もたまには羽目を外したいっていうか」

絵里「で、でも....」

真姫「.........」

希「やろうよーエリチ」

絵里「...じゃあ、私だけはいいから皆で」

真姫「ダメよ、やるなら皆でよ」

絵里「真姫?」
12: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:47:30.00 ID:3B19Bq+k
真姫「3対1よ」スッ

絵里「!!」

真姫「皆やりたそうだし、やりましょう」

希「さすが真姫ちゃん、話がわかる」

絵里「真姫...」

真姫「それに私もやりたいし、いいでしょ?」

絵里「はぁ...わかったわよ」

真姫「エリーもちゃんと参加するのよ」

絵里「はいはい」

希「やった!パーティーや、パーティー!」
13: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:49:44.47 ID:3B19Bq+k
にこ「それにしても真姫ちゃんも素直じゃないわね」

真姫「どういう意味よ」

にこ「やりたいなら始めから言えばいいのに、真姫ちゃんがやりたいって言えば皆やるのに」

真姫「だからよ」

絵里「成程ね」

真姫「私がやりたいって言えば皆、どうせ乗り気じゃなくてもやるでしょ?」

希「そんなことはないよ、多分?」

真姫「私は皆に自分の意思で決めて欲しかったの」

にこ「そんな回りくどいことをしなくてもいいのに」

真姫「...たまには皆に楽しんで欲しかったから、いつもお世話になってるし」

絵里「真姫...」

真姫「あと...私も皆と一緒に...」

希「真姫ちゃん....」

にこ「.......」
14: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:53:11.72 ID:3B19Bq+k
希「よし!そうと決まったら色々準備しないとね!」

にこ「そうね、料理はこのにこにーに任せなさい」

絵里「わ、私だって!美味しいお菓子を!!」

希「うちは...そうだ!演出は任せて!」

真姫「皆...」

絵里「今年のハロウィンはいいハロウィンになりそうね」

希「そうやね」

にこ「なりそうじゃなくてするのよ」
15: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/26(金) 23:57:37.84 ID:3B19Bq+k
真姫「結局、皆に気を使わせちゃったわね」

絵里「別に気なんて使ってなんか言わないわ、真姫」

希「そうそう、うちらが好きでやってるんだから」

にこ「たまにはね、真姫ちゃんも楽しまないとね」

真姫「.......」

希「今年のハロウィンは特別なハロウィンにしようね」

絵里「もちろん」

にこ「当然よ」

真姫「...ありがとう、皆」
16: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:05:44.63 ID:/wLBxlhE
絵里「まさか真姫がパーティをしようなんて言うとは思わなかったわ」

希「そうやね」

にこ「真姫ちゃんは相変わらず甘いわよね、私達に」

絵里「私達も甘いけどね」

希「お互い様ってところやね」

にこ「にこは忠義を尽くしてるだけよ」

絵里「もう、にこは素直じゃないわね」

にこ「.........」

希「さてと!うち、頑張っちゃうぞ!」
17: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:09:02.00 ID:/wLBxlhE
希「お、重い...」

にこ「あんたは私達の中で一番馬鹿力なんだからこれくらい大したことはないでしょ」

希「昼間でしかも外だから力を抑えてるのに....」

にこ「絵里から言われてるんだからしっかり働く」

希「エリチめ....」

にこ「というかあんたが無駄なものをたくさん買うから荷物が増えたんでしょうが」

希「無駄じゃないよ」

にこ「じゃあ、その無駄に買った小道具はなによ」

希「これは演出に必要なんよ」

にこ「あんた魔女なんだから魔法でいいじゃない」

希「あ!」

にこ「あんた...大丈夫?」
18: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:11:26.50 ID:/wLBxlhE
にこ「!」

希「どうしたん?にこっち?」

にこ「あんたトマト買った?」

希「あ」

にこ「まずいわね、真姫ちゃんトマトを切らすと機嫌が悪くなるから」

希「戻るの?」

にこ「はぁ...あんた荷物が重い重いって言うし、あんたは先に帰ってもいいわよ?」

希「え?本当?」

にこ「えぇ、その代わりにこの荷物よろしく」スッ

希「え」

にこ「じゃあ、よろしく」

希「ちょっと!!にこっち!!」
19: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:14:03.67 ID:/wLBxlhE
にこ「ふぅ...これで買い忘れはないわね、真姫ちゃん喜んでくれるといいな....」

ピヤァ!!ドサッ

にこ「ん?」


「あぁ...買ったお野菜が!」

にこ「あの制服は...うちの制服ね、派手に転んだみたいね」

「うぅ....」

にこ「...........」

「はぁ....ついてないなぁ」
20: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:16:51.21 ID:/wLBxlhE
にこ「........」スッ

「え?」

にこ「こっちの足元まで転がってきてたわよ」

「あ!す、すいません....」

にこ「........」

「す、すぐに全部拾いますから!」ワタワタ

にこ「.........」

「っ..........」ワタワタ

にこ(全く...にこも甘くなったものね)

にこ「仕方ないわね」スッ
21: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:18:09.09 ID:/wLBxlhE
「かよちん!!」

「凛ちゃん!?」

「怪我してるじゃん!どうしたの!?」

「あ、えっと...これは」

「!もしかして、貴方はかよちんに何かしたの?」

にこ「は?」

「凛ちゃん!その人は私が転んで落としたお野菜を拾うのを手伝ってくれたの!!」

「え!」

にこ「全く...失礼なやつね」

「あ、その....ごめんなさい!!」

にこ「.......」
22: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:20:53.06 ID:/wLBxlhE
「拾うのを手伝ってくれて本当にありがとうございました!」

にこ「別に」

「えっと...その....凛...」

にこ「別に気にしてないからいいわよ」

「!かよちんを助けてくれてありがとうございました!」

にこ「助けたって大したことはしてないわよ」

「ちょっとカッコイイかも....」

「かよちん?」

「!な、なんでもないよ!!」

「.........」
23: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:23:03.11 ID:/wLBxlhE
花陽「私は小泉花陽って言います」

凛「凛は星空凛」

にこ「...そう、私、買い物の帰りだからこれで失礼するわ」

花陽「あ、待ってください!」

にこ「なに?これから夕飯の準備で忙しいんだけど」

花陽「えっと...その、名前だけでも教えてもらえますか?」

にこ「.......」

凛「.......」

にこ「にこ」

花陽「にこ...さん」

にこ「じゃあ、失礼するわね」
25: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 00:25:46.63 ID:/wLBxlhE
にこ「ただいまー」

希「遅い!!!遅いよにこっち!!」

にこ「!な、わ、悪かったわよ」

絵里「にこのことだから希みたいに寄り道はしないはずだから、なにかだけでしょ」

にこ「まぁ、ちょっと野菜をね」

希「ちょっとエリチ!うちみたいってどういう意味!」

絵里「この間、買い物に行って持っていたお金を全部使って頼んでもいないのに色んなお肉を買ってきたのは誰だったかしら?」

希「あー.....」

絵里「だから今回はにこと行かせたのよ、荷物としてね」

希「でも楽しかったでしょ?焼肉パーティ」

にこ「あれはあんたがただ食べたかっただけでしょうが」
31: 訂正(笑) 2018/10/27(土) 20:13:21.76 ID:/wLBxlhE
>>25
にこ「ただいまー」

希「遅い!!!遅いよにこっち!!」

にこ「!な、わ、悪かったわよ」

絵里「にこのことだから希みたいに寄り道はしないはずだから、なにかあったんでしょ?」

にこ「まぁ、ちょっと野菜をね」

希「ちょっとエリチ!うちみたいってどういう意味!」

絵里「この間、買い物に行って持っていたお金を全部使って頼んでもいないのに色んなお肉を買ってきたのは誰だったかしら?」

希「あー.....」

絵里「だから今回はにこと行かせたのよ、荷物持ちとしてね」

希「でも楽しかったでしょ?焼肉パーティ」

にこ「あれはあんたがただ食べたかっただけでしょうが」
32: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:16:22.34 ID:/wLBxlhE
真姫「.........」モグモグ

絵里「落とした野菜を拾うのを手伝ってた?」

にこ「まぁね」

希「人の手伝いを進んでやるなんて珍しいやん」

にこ「別にいいでしょ、ただの気まぐれってやつよ」

絵里「へー」

希「気まぐれねぇ....」

にこ「だから大した意味はないわよ」

絵里「まぁ、街を守るって意味では人を助けるっていうのも間違いじゃないわね」
33: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:20:59.57 ID:/wLBxlhE
希「ふーん....人ねぇ...」

にこ「なによ、希」

希「うちは人はそんなに好きじゃないから、にこっち」

にこ「私も好きじゃないわよ」

希「じゃあ、なんで手伝ったん?」

にこ「だからなんとなくだって」


真姫「いいことじゃない、悪いことをした訳じゃないんだから」

にこ「真姫ちゃん」

真姫「私は人とは自分からは関わりをそんなに持ちたくはないけど、貴方達が関わりを持ってはいけないとは言ってないし」

真姫「いいんじゃないの?たまには交流をしても」

にこ「.........」
34: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:23:17.82 ID:/wLBxlhE
絵里「人が苦手な真姫があんなことを言うなんてね」

希「にこっちが余計なことをするから」

にこ「はいはい、悪かったわよ」

絵里「真姫、私達に気を使ってるのかしら?」

にこ「多分ね」

希「うちらに気を使わなくてもいいのに、むしろこっちが真姫ちゃんに気を使いたいのに」

絵里「...遠回しに私達は人の世界で生きてっていう感じも取れてしまうわね」

希「...エリチ」ギロッ

絵里「!ご、ごめんなさい...言葉は過ぎたわ」

にこ「にこは真姫ちゃんとこの世界で生きていくわ」

希「うちだって」

絵里「もちろん、私もよ」
35: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:28:51.48 ID:/wLBxlhE
にこ「真姫ちゃんが何を考えてるかはわからないけど、にこは命が尽きるまで離れるつもりはないわ」

希「うちだって!真姫ちゃんに忠誠を尽くすよ!」

絵里「皆、同じ気持ちみたいね」

にこ「当たり前よ、あの日私達は誓ったじゃない」

希「そう、主に仕え、いつも主と共に」

絵里「我ら3人、生涯この身を主に捧げる」

にこ「例え真姫ちゃんが駄目だって嫌だって言ってもね」

希「たとえ奴らになにか言われてもね」

絵里「...そうね」
36: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:32:33.38 ID:/wLBxlhE
ヒュー....

「かすかに感じるわ...魔力の気配を....」

「しかしこの街は素晴らしいわね、餌場がたくさんある...」

「この街を拠点に魔力を補給するのもありね....とりあえず、少し様子を見てみましょうか」

「...........」


絵里「.........」スッ

にこ「相変わらず禍々しい刀ね」

絵里「!.....にこ」

にこ「いいわね、あんたにはいい武器があって」

絵里「そうね、でも..この妖刀は使い方を間違えれば私自身の身を滅ぼす代物」

にこ「.....」

絵里「これを完璧に使いこなせるようにならないとね」
37: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:33:45.90 ID:/wLBxlhE
希「zzzzzzzzzz」

にこ「希のやつ...こんなとこで寝てるわ」

絵里「はぁ、真姫もだらしないけど、希もね」

にこ「全く....」

希「んー....zzzzz」

絵里「...寝る子は育つってやつかしら」チラッ

にこ「どこを見て言ってんのよ」

絵里「別に何も見てないわよ」

にこ「怒るわよ」

絵里「もう怒ってるじゃない」
38: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:41:48.13 ID:/wLBxlhE
にこ「あんたの式神を一体貸しなさい」

絵里「にこも特訓するの?」

にこ「まぁね、努力はしておいて損はないはずだから」

絵里「意外、にこって泥臭いことは嫌いだと思っていたわ」

にこ「嫌いよ、はっきり言って」

絵里「やっぱり」

にこ「でもそれ以上に守りたいものがあるから」

絵里「...奇遇ね、私もよ」

にこ「それに努力っていうものは隠れてやるものだとにこは思ってるわ、だからあんまり人には見せないし」

絵里「あら、かっこいい考え方ね」

にこ「馬鹿にしてるの?」

絵里「してないって」
39: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:47:14.67 ID:/wLBxlhE
希「んー....よく寝た!!」

希「あれ?うちベッドで寝てたっけ?」

絵里 にこ「zzzzzzzz」

希「あー...二人が運んでくれたのかな?おおきにー」


希「...4時半か...よし!特訓や!!」

希「この結界の中ならいくら暴れても色々と面倒なことにならないから便利やね」

希「さてと...今日の運命のカードは....」スッ

希「成程、今日もいい一日なりそうやね!」
40: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:55:50.73 ID:/wLBxlhE
にこ「おはよ」

絵里「おはよう、にこ」

にこ「希のやつの姿が見えないんだけど」

絵里「そうね、私が起きた時にはもう姿が見えてなかったわ」

にこ「散歩?」

絵里「さぁ?」


希「あ、おはよう二人共ー」

にこ「希」

絵里「おはよう...って髪の毛ボサボサじゃない」

希「んー...眠い」

にこ「だらしないわね」

希「ふわぁ....」
41: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 20:56:27.41 ID:/wLBxlhE
絵里「そういえば、前に襲ってきた鎌鼬がいたじゃない」

希「鎌鼬?」

にこ「絵里の妹が来た時に出てきたやつね」

絵里「そうよ、しかも真姫を狙ってたみたいだし」

希「あー!詳しく聞こうとしたら爆発しちゃったよね」

にこ「一体、どこの馬鹿の差し金なのかしら」

絵里「さぁね、でも...いずれまたこの街に現れると思うわ」

希「次は口をちゃんと割らせないとね」

にこ「私達に喧嘩を売ったことを後悔させてやるわ」
42: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:00:49.01 ID:/wLBxlhE
真姫「~♪」

絵里「随分とご機嫌ね、真姫」

真姫「そう?」

希「今日はハロウィンだもんね!パーティや!」

にこ「パーティは夜になってからよ、気が早いっての」

絵里「って言って学校をサボってる私達も私達だけどね」

希「生徒会長と副会長は本日有給です」

にこ「終わってるわね、あの学校」

絵里「ちゃんと式神達が代わりに学校行ってるから大丈夫よ」

希「式神って便利やね、本当に」
43: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:07:32.95 ID:/wLBxlhE
絵里「仕込みを始めちゃいましょうか!」

にこ「そうね」

希「飾りつけは任せて」

真姫「じ、じゃあ!私も!」

絵里「真姫は待ってて頂戴、とっびきりのやつを作るから」

にこ「そうそう、にこ達に任せて」

真姫「.....うん」

希「.........」
44: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:09:32.02 ID:/wLBxlhE
真姫「...はぁ......」

希「真~姫ちゃ~ん♪」

真姫「希...」

希「うちと一緒に飾り付けしない?」

真姫「え?」

希「たくさん買ってきたんはいいんだけど...いっぱい買いすぎちゃって」ガサッ

真姫「たくさん買ったわね...」

希「手伝ってくれない?お願い!真姫ちゃん!」

真姫「...えぇ!いいわよ!!」

希「よし!いっぱい飾りつけしよう!!!」

真姫「うん!」
45: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:18:21.50 ID:/wLBxlhE
希「よし、こんなもんかなー?」

真姫「たまにはこういうのもいいわね」

希「そうやねー」

真姫「.........」


『真姫ちゃん、お客様のご案内をお願いしてもいいかしら?』

『わかったわ!』

『真姫、一人でちゃんとできるのか?』

『できるもん!!』

『そうか、じゃあ頼んだぞ』

『任せて!パパ!ママ!』

真姫「っ........」

希「..........」
46: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:24:03.16 ID:/wLBxlhE
希「昔を思い出すね」

真姫「!」

絵里「そうね、あの頃はよく喧嘩をしてたわね」

にこ「それはあんたと真姫ちゃんでしょ?」

絵里「あら?そうだったかしら?」

真姫「エリー...にこちゃん...」

絵里「...やっぱりやらない方がよかったかしら?」

にこ「真姫ちゃん、辛いなら辞めてもいいのよ?」

真姫「.......」
47: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:29:03.79 ID:/wLBxlhE
真姫「辛くはないって言ったら嘘だから、辛く思う部分もあるわ」

にこ「......」

真姫「でも、だからと言って今を生きることを捨てることはしたくはないの」

絵里「真姫....」

真姫「こんな私でも...慕ってくれる素晴らしくも大切な3人がいるんだから」

希「真姫ちゃん....」

真姫「だから今日は3人と楽しく過ごしたいわ!...いえ、今日だけじゃないわ...これからも...私の勝手な願いだけどね」

絵里「そんなことはないわ!!!」

真姫「エリー...」

にこ「そうよ、真姫ちゃん」

希「そうそう、うちらはずっと一緒だよ」

真姫「にこちゃん...希.....私は本当に...素敵な仲間に会えてよかったわ」
48: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:31:33.07 ID:/wLBxlhE
にこ「...あ!いけない!!」

希「どうしたん?にこっち?」

にこ「材料が足りなかったんだわ!買いに行かないと!!」

真姫「じゃあ、私も行くわよ」

にこ「大丈夫!一人で持って帰れるぐらいだから」

真姫「そ、そう?ならいいけど...」

にこ「いざって時は希を呼ぶから」

希「えー!また!?荷物持ち?」

にこ「すぐ戻るから!!」ダッ

絵里「もう...落ち着きがないんだから....」
49: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:36:33.86 ID:/wLBxlhE
希「じゃあ、うちらも飾りつけの続きしよっか?真姫ちゃん」

真姫「え?あ、うん」

希「豪華にきらびやかにね」

真姫「OK」

絵里「じゃあ、私もお菓子の仕上げをしてくるわ」

希「期待してるからね」

絵里「えぇ、期待していいわよ」

真姫「~♪」

希 絵里「..........」


希(全く、白々しいんやから...にこっち)

絵里(さすがにこね)
50: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/27(土) 21:38:59.49 ID:/wLBxlhE
にこ「ちょっと露骨すぎたかしら?」

にこ「....でも、せっかく真姫ちゃんが楽しく過ごそうなんだから」

にこ「しっかりと楽しんでもらわないとね」



花陽「な、なんなんですか!?さっきから」

「..........」

凛「これ以上近づくならけーさつ呼びますよ!」

「いい魂ね....これは味わい深そうね」

花陽「!?」ビクッ

凛「っ!!」スッ

「ふふふ.....」
54: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:25:11.83 ID:LtCo1oHD
にこ「......!この気配は!?」

にこ「っ....ごめん、真姫ちゃん、ちょっと寄り道をしていくわ!」ダッ


凛「かよちん!!逃げよう!この人おかしい!」ダッ

花陽「う、うん!!」ダッ

「ふふふ」

ドン!!

凛「痛たた....な、なに?」

花陽「だ、大丈夫!?凛ちゃん?」
55: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:33:04.75 ID:LtCo1oHD
凛「あれ?なにこれ?壁?」トントン

花陽「な、なんで進めないの?」

「結界だよ」

凛「!」

花陽「結界?」

「もう、貴方たちは逃げれない」

凛「そんな...貴方は一体何者なの!!」

「さぁ?何者でしょうか?」

凛「ふざけないで!!」

「うふふ」
56: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:36:43.15 ID:LtCo1oHD
凛「がっ!!」

ドサッ!

花陽「凛ちゃん!!!」

凛「ぐっ.....」

「ただの人間が私に敵うはずないじゃない」

花陽「だ、大丈夫!?凛ちゃん!!」

凛「大丈夫....」

「トリックオアトリート...なーんてね」

花陽「っ......」

「美味しい美味しい魂をいただくわ」
57: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:39:11.33 ID:LtCo1oHD
凛「っ、させない!!」フラッ

「これ以上にボロボロになったら危ないわよ?貴方」

花陽「凛ちゃん!」

凛「かよちんは...凛が守ってみせる!!」

花陽「なら、私も!!」

凛「かよちん!?」

花陽「私だって!凛ちゃんを守りたい!傷ついてほしくない!」

凛「かよちん...」

花陽「私だって凛ちゃんが大切なの!だから守るの!!!」

「美しい愛のカタチってやつかしら?」

凛 花陽「.........」

「なら一緒に糧にしてあげるわ!!」
58: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:41:45.90 ID:LtCo1oHD
「~♪」

「!?」

ドン!!

凛「!?」

花陽「な、なに!?」

「これは.....」


にこ「あんた、人の街でなにしてくれてんのよ」

「....さぁね?」

にこ「...........」

凛「あ、あれは....」

花陽「にこさん?」
59: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:44:47.94 ID:LtCo1oHD
にこ「........」

「私の結界の中に入ってこれるってことはただの人間じゃないってことね」

にこ「あんた何者よ」

「人の名前を聞く前に自分が名乗るのが礼儀じゃないの?」

にこ「人の街に勝手に入って好き勝手にしてるやつに礼儀もなにもないわ」

「...たしかに言われてみればそうかもね」

にこ「排除するだけよ、あんたを」

「ふ~ん...」


花陽「にこさん?」

にこ「話は後よ、怪我をしたくなければそこから動かない事ね」

花陽「は、はい....」

にこ「さてと、お仕事の時間ね」
60: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:49:47.80 ID:LtCo1oHD
「貴方を倒せば、ターゲットと接触できるかもね」

にこ「ターゲット?」

「ちょっと探し物をしてるのよ」

にこ「あんたが探してるものはこの街にはないわ」

「それは嘘ね、以前に私と同じようにこの街に探し物を探しに行ったやつが消えたからね」

にこ「....消えた?」

「えぇ、逃げたって可能性もなくはないけど...」

にこ「......」

「私が探してるのは吸血鬼、この地で滅んだと言われている吸血鬼の末裔」

にこ「...吸血鬼ねぇ...」

「知らない?」

にこ「知らないわね」
61: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:53:19.99 ID:LtCo1oHD
「ふ~ん...じゃあ、ただの噂だったのかしら?」

にこ「そうなんじゃないの?この街では吸血鬼なんてもう...しばらくは見てないわ」

「そう...それは残念ね、にこちゃん♪」

にこ「気安く呼ばないでくれるかしら?」

「いいじゃない、これから長い付き合いになるかもしれないわよ」

にこ「はっ、あんたとそんな付き合いになる気にないわ」

「真姫ちゃん....だっけ?」

にこ「!」

「あとは絵里と希、亜里沙って子もいたかしら?」

にこ「...なんの話?」

「とぼけてなくてもいいわよ、知ってるから」

にこ「.......」
62: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 22:59:04.84 ID:LtCo1oHD
「私は真姫ちゃんに会いに来たのよ」

にこ「なんのために」

「色々とね、私達に協力してほしいのよ」

にこ「断るわ」

「それを決めるのは真姫ちゃんなんじゃないの?にこちゃん?」

にこ「気安く呼ぶなって言ってるでしょ!!!」ダッ

パシッ!

「吸血鬼は貴重だからね、欲しいのよ、材料としてね...」グッ

にこ「っ...この!!」グッグッ

「貴方を倒して、吸血鬼を誘き出させてもらうわ」

にこ「そんなことはさせないわ!!」ブン!!

「おっと」スッ

にこ「....あんたはにこが倒す.....」
63: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 23:01:36.26 ID:LtCo1oHD
「倒す?」

にこ「えぇ」

「あの程度の攻撃しかできないのに?」

にこ「御託はいいから、さっさと始めましょう」スッ

「...まぁ、いいわ...ならお望み通りにしてあげるわ!!」

にこ「...ライブ...スタンバイ...」

パー....

「!?」

にこ「...にこのステージについて来れるかしら?」

「あれはマイク?...一体、何を...」

にこ「ミュージックスタート!」
64: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 23:03:42.77 ID:LtCo1oHD
にこ「曲はにこぷり女子道!!」

「!?曲?」

にこ「~♪」

「何を歌ってるのよ」

にこ「にこ♡」

「お遊びならお家でやってなさい!!お嬢ちゃん!」ダッ

にこ「ぴょんこぴょんこぴょんぴょん!かーわいいっ~♪」ピョン

「!」

凛「なっ!...すごい...なに、あのジャンプ」

「まるで兎みたいね」

花陽「いい曲...」

凛「え?」
65: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 23:07:38.06 ID:LtCo1oHD
(この子の能力は一体....)

にこ「それがにこの『女子道』~♪にこ♪」

「随分と痛くて寒い曲ね...」

にこ「痛さも本気、寒くて上等よ」

「たしか貴方はなんだったかしら?吸血鬼と妖狐がいるのは知ってるけど」

にこ「なんだっていいでしょ」

「随分ともったいぶるのね」

にこ「あんたには話したくないだけよ」

「ふ~ん....」

にこ「さぁ、第二ラウンドを始めましょうか?」

「.........」
66: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 23:11:13.02 ID:LtCo1oHD
にこ「来ないならこっちから行かせてもらうわ」ダッ

「...早い!!」

にこ「さっきまでのにこと同じだと思ったら大間違いよ!」

「ぐっ!!....」

にこ「防がれちゃったか....やるじゃない」

「ふふ...じゃあ、お礼に私の能力を見せてあげる」

にこ「..........」

「よいしょっと」ドン!!

にこ「...随分と重いものを身につけてるみたいね」

「まぁね、こうでもしないと力が上手く制御できないから」ドン!!ドン!!

にこ「........」

「私、こう見えて肉体派なのよ」
67: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 23:18:58.86 ID:LtCo1oHD
にこ「成程、馬鹿力に自信があるってことかしら?」

「そうね、今にわかるわ!!」

にこ「!!」

「反応が遅い!!はるかに遅い!!」ドン!!

にこ「がっ!!......」

ズサッー!!

「ふふふ....」

花陽「にこさん!!」

にこ「っ...うるさいわね....」

「見た目に反して意外と打たれ強いみたいね」

にこ「全く...うちの馬鹿力といい勝負よ...」
68: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 23:25:24.79 ID:LtCo1oHD
「貴方を倒して吸血鬼を手に入れる」

にこ「は?寝言は寝て言いなさいよ」

「なら目を覚まさせてあげるわ」スッ

にこ「!!」サッ

ドン!!

「上手く避けたわね」

にこ「そう何度も食らわないって」

「...ねぇ、フランケンシュタインの怪物って知ってるかしら?」

にこ「聞いたことはあるわ、本で読んでことはないけど」

「私の力はそれが元になってるのよ、ようは人造の怪物みたいなものかしら?」

にこ「........」
69: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/28(日) 23:30:08.63 ID:LtCo1oHD
にこ「っ.......」サッ

ドン!!

「避けているだけじゃ勝てないわよ!!」

にこ「はぁ...仕方ないわね....」スッ

「!なにか、また歌うのかしら?」

にこ「...『まほうつかいはじめました』」

~♪

「!な!体がう、動かない!?」

にこ「さぁ!にこのスペシャルステージに付き合ってもらうわよ!!」
73: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:35:26.44 ID:oMrYAMHZ
にこ「届け魔法♪笑顔のまほう♪」

「..........」

にこ「私の魔法であんたをにこの世界に招待してあげるわ!」

「成程...そういうことね」

にこ「なによ」

「貴方の力は貴方自身の声ってことね」

にこ「.........」

「その持っているマイクはその効果を増大、拡散するもの」

にこ「だったらなによ」
74: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:40:10.51 ID:oMrYAMHZ
「最初の曲はおそらく貴方自身の身体能力をあげる力を持つ曲」

にこ「.......」

「そしてこの曲は相手の自由を奪う力を持つ曲」

にこ「.......」

「なら、こうしちゃえばいいのよ...やぁ!!」カッ

ビュー!!

にこ「!!」

「ふぅ...これで自由に動けそうな」

にこ「その能力は....」

「言ったでしょ?私は人造の怪物みたいなものだって」
75: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:41:26.30 ID:oMrYAMHZ
「種がわかれば簡単な話よ」

にこ「.......」

「ようは風で音をかき消したってところかしら」

にこ「...その力に似たような力を見たことがあるわ」

「こういうやつかした?もしかして!」ヒュン!

にこ「!!」サッ

ドサッ!!

凛「な!木が!!」

花陽「お、折れた?」

にこ「違うわ、斬ったのよ...こいつがね」

「.......」
76: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:43:34.80 ID:oMrYAMHZ
にこ「鎌鼬の能力...以前に倒したやつの力ね」

「ご名答、私は鎌鼬の能力とフランケンシュタインの怪物の怪力の力を持っているの」

にこ「成程、人造ってそういうことね」

「どうする?音は消される、身体能力ではこちらが上...勝ち目はあるのかしら?」

にこ「お喋りなやつね」

「しかもこの状況になって人間の姿...ということは本来の姿は戦い向きではない...もしくは」

にこ「......」

「陸には不向きな体なのかしら?...ねぇ?」

にこ「さぁね?」

「いつまでそうやって余裕ぶっていられるのか楽しみね」

にこ(思ったより面倒なことになりそうね)
77: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:47:10.25 ID:oMrYAMHZ
「ほらほら!!ちゃんと避け続けないと綺麗な体に傷がついちゃうわよ!!」

にこ「っち!!この!!」

「ふ~ん、よく躱せるわね、意外と素の身体能力も高いのかしら?」

にこ「どうも...」

にこ(特訓が役に立ってよかったわ...でも避けてるだけでは勝てない...どうしたら)

「...そろそろ遊びにも飽きてきたわね」

にこ「ならさっさと帰ったら?」

「用事が済んだらね」

にこ「........」

「.....ふふふ....イイことを思いついた...」チラッ

花陽「っ!!.......」

「こういうのはどうかしら?」ブン!!

花陽 凛「!!!」

にこ「!!!!!!」
78: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:49:10.90 ID:oMrYAMHZ
にこ「っ!..........」

「へー...意外ね、庇うんだ」

花陽「に、にこさん!!」

にこ「卑怯な手を使うのね、あんた」ポタ...ポタ...

凛「血が!!」

にこ「かすり傷よ、大したことはないわ」

花陽「私達を庇って....」

にこ「別にあんた達が好きだからとか大切だからとかで守った訳じゃないから」

「.......」

にこ「この街はあの子の街、この街やこの街のモノを傷つけていいのはあの子だけ」

にこ「だから全力で勝手なことをさせないだけよ!!」
79: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:54:19.33 ID:oMrYAMHZ
「ふ~ん...成程、そういうスタイルってことね」

にこ「だからにこはあんたを排除する」

「排除するねぇ....」

にこ「.........」

「そういう台詞は優位の状況の時に使う言葉よ!!」ブン!!

ビュー!!

にこ「!」

「ふふ、その傷ついた体でどこでできるか見モノね」

にこ「.......」

「貴方を片付けたら残りのやつらも片づけてあげるわ!!」
80: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:54:56.89 ID:oMrYAMHZ
ドシン!!!!!

凛 花陽「!!!」

「な、何事!?」

にこ「けっほ!けっほ!....一体.....!!」

『........』

にこ「な、なにこれ?大きな....ゴーレム?」


真姫「貴方、私の大切なにこちゃんになにしてくれてんのよ」

凛 花陽「!?」

「あれは....これはついてるわね」

にこ「真姫ちゃん....」

真姫「.........」
81: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:58:44.79 ID:oMrYAMHZ
絵里「にこ!!」

希「おー、やられちゃってるやん」

にこ「絵里...希」

凛「すごい...今日はハロウィンだけど...魔女に吸血鬼?」

花陽「あの金髪の人はすごい立派な尻尾....魔女さんと金髪さんは優しそうな感じ?」

絵里「成程ね...随分と貴方らしくないことをするじゃない、にこ」

にこ「........」


「貴方が噂の吸血鬼ね」

真姫「だったらなに?」

「会いたかったわ!」

真姫「........」

「ここで貴方を...貴方の力をいただくわ!」
82: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 00:59:41.33 ID:oMrYAMHZ
絵里「...は?」

希「何?...寝言を言ってるん?あいつ」

凛 花陽「!?」ゾクッ

凛「な、なに?」

花陽「な、なんか震えが止まらない....」


絵里「.........」スッ

パー...

凛 花陽「!」

絵里「ただの結界よ、驚かせて悪かったわね」

希「危ないから絶対に出ないでね、わかった?」

凛 花陽「は、はい....」
83: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:00:23.96 ID:oMrYAMHZ
真姫「ようは、私が狙いってこと?」

「そうよ」

真姫「そう......」

「ふふふ」

真姫「.....不愉快だわ」

「どう思われても結構!私は自信の目的を達成するだけよ!」

真姫「...よくもにこちゃんを...万死に値するわ!!!」

「!?」

絵里「うわっ....」

希「まじおこやん、真姫ちゃん」

真姫「消してあげるわ」
84: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:02:08.67 ID:oMrYAMHZ
「成程...すごい威圧感ね、さすがね」

真姫「無駄口は結構よ」

「そう...なら、いかせてもらうわ!!」スッ

ビュン!!!


絵里「!あれは...たしか前に」

希「まさか同じ連中が?」

にこ「真姫ちゃん!!」

真姫「...くだらない」

ガキン!!

「!」

『...........』

「成程、そのゴーレムは中々に硬いみたいね...なら、こういうのはどう!?」

真姫「.........」
85: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:06:07.96 ID:oMrYAMHZ
にこ「真姫ちゃん!そいつには二つの能力があるわ」

絵里「二つの能力?」

にこ「えぇ、鎌鼬の力とフランケンシュタインの怪物の力を持ってるのよ!」

希「なんで異なる二つの力を持ってるの?」

にこ「人造の能力みたいよ」

絵里「人造?」


ドシン!!

絵里 希「!!」

「私の力は強いわよ」

にこ「真姫ちゃんのゴーレムに押し勝った!?」

真姫「..........」
86: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:06:46.44 ID:oMrYAMHZ
絵里「あいつ、やるわね」

希「あのゴーレムうちよりパワーがあるのに...」

にこ「あんたよりもあったの?あのゴーレム」

希「さっき、腕相撲やって負けた」

にこ「なにしてんのよ、あんた」


真姫「大丈夫?」

『...........』

「どう?私の力は!そんなゴーレムなんて目じゃないわ!」

真姫「本当に....むかつくやつね」
87: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:10:50.63 ID:oMrYAMHZ
真姫「にこちゃん」

にこ「!」

真姫「いける?あいつを後悔させてあげましょう」

にこ「OK....」

絵里「真姫、ちゃんとにこの治療はしておいたから」

真姫「ありがとう、エリー」

希「うちは出番なし?」

にこ「今回はにこの番よ」

真姫「私とにこちゃんの力を見せつけてあげるわ!ポゼッション!!」

にこ「........」スー...


人魚真姫「マーメイド真姫よ、貴方に素晴らしい音楽を奏でてあげる」
88: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:11:39.10 ID:oMrYAMHZ
「それが噂に聞く合体ね」

人魚真姫「これは私と皆の絆の証よ」

「絆ね...ますます貴方の力が欲しくなったわ!」

人魚真姫「貴方に私と皆との絆に立ち入れる隙はないわ」

「なら無理やりにでも奪うだけよ」

真姫「オン...ステージ」パチン!

「!!」

希「!エリチ!!」

絵里「わかってるわ!!」

ザッパーン!!!
89: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:14:58.81 ID:oMrYAMHZ
ゴポゴポ....

(成程、魔力で作った海っていったところかしら?)

人魚真姫「!」ビュン!

(!!早い!!)

「っ!!」

人魚真姫「.........」ビュン!ビュン!!

「っ....っ.....」

(さすが人魚、地の利は圧倒的に向こうにあるわね)

人魚真姫「.........」

(なら、こっちも奥の手をつかってあげるわ)
90: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:16:04.33 ID:oMrYAMHZ
「............」ゴクリ

人魚真姫(なにか...飲んだ?)

「!!!!」バン!!

人魚真姫「!!」


絵里「なによ、あれ」

希「あいつの周りだけ水が無くなっている...いや、すごい魔力で水を押しのけてる...」

「ちょっと戦いづらいから、ステージを変えさせてもらったわ」

人魚真姫「さっき飲んだのは魔力をあげるものかしら?」

「そうよ、だからさっきまでの私とは全然違うわよ!!」ビュン!

ザシュ!!!

人魚真姫「がっ!!」

「水の中にいても早さも切れ味もこの通り...でも、ちょっと浅かったかしら?」

絵里「真姫!!!」
91: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:17:48.38 ID:oMrYAMHZ
「ふふふ...このまま魚みたいに三枚におろしてあげましょうか?」

人魚真姫「っ.....」

絵里「真姫!!」ダッ

ガシッ!

希「.......」

絵里「希?離してよ!真姫が!」

希「エリチ、落ち着いて」

絵里「落ち着いてなんかいられないわよ!!真姫が!」

希「.......」

絵里「希!離して!!」

「ふふふ...お仲間も心配してるわよ、大丈夫?」

人魚真姫「.........」
92: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:23:39.66 ID:oMrYAMHZ
「さてと...時間も勿体無いから終わりにしてあげるわ」

人魚真姫「っ......」

「大丈夫よ、綺麗に楽にしてあげるから」

人魚真姫「.........」

「終わりよ!!!」ビュン!!

人魚真姫「!!」

ザシュ!!

「..........」

人魚真姫「」

「ふふふ...尾頭付きのお刺身ってところかしら?」
93: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:24:17.51 ID:oMrYAMHZ
人魚真姫「」

「さてと、死体は回収しないと、色々と調べたいことが山ほどあるから」

「誰の死体を回収するの?」

「それはもちろん......」

人魚真姫「.........」

「...どういうこと?なんで貴方が、じゃあ、向こうのあれは」

人魚真姫「貴方は夢を見てたのよ」

「.....夢?......」

人魚真姫「どうやら聴覚はそこまでよくはなかったみたいね」

「...!まさか!幻覚?でもどうやって?」

人魚真姫「水の中でも音は奏でられるわ」

「っ.......」
94: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:27:57.01 ID:oMrYAMHZ
人魚真姫「人魚はその声で人を惑わすとも言われているわ、これくらい訳ないわ」

「...なら、仕切り直しよ!」

人魚真姫「いいえ、貴方はもう終わりよ」

「!!」

人魚真姫「私は水の中で特殊な音波を出して貴方に攻撃をしたわ」

「一体、何を!体が!!」

人魚真姫「なに、難しい話じゃないわ、貴方の体を磁石にしたのよ」

「じ、磁石?」

人魚真姫「えぇ、強力なね」

「ぐっ...がっ!!」

人魚真姫「まぁ、上半身と下半身を強力なN極とS極に変えただけなんだけどね」

「っ......」

人魚真姫「貴方は体は柔らかいほうかしら?」

「ず、ずるいわよ!そんなものを隠し持ってるなんて!」

人魚真姫「magnetic today」

「ぐっ....あああああああ!!」

ゴキ!バキ!!

人魚真姫「アンコールは...いらなそうね」
95: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:30:58.92 ID:oMrYAMHZ
絵里「真姫」

人魚真姫「倒してきたわ」

絵里「もう!心配させないでよ!強力すぎて私まで幻覚を見ちゃったじゃない」

希「まだまだやね、エリチ」

絵里「っ...希にわかって私にわからないなって...」

希「ん?...うち、喧嘩を売られてる?」

人魚真姫「はいはい、話は....」


ポン!!

チビ真姫「ちょっと、はしゃぎすぎたみたいね」

にこ「あいつはどうすんの?」

チビ真姫「持って帰って調査の材料にしようと思ったけど」

ドーン!!

絵里 希 にこ「!!」

チビ真姫「あれじゃあ、木っ端みじんで無理ね」

にこ「爆発した...」

絵里「また...証拠隠滅ってことね」
96: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:33:50.39 ID:oMrYAMHZ
希「あ!この二人どうする?」

凛 花陽「..........」

チビ真姫「..........」

凛 花陽「.........」ジッー

チビ真姫「?」

凛「か、可愛い!....」

花陽「う、うん!....」

チビ真姫「え?」
97: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:34:42.03 ID:oMrYAMHZ
希「ねぇ、あの子達の記憶を消さなくて本当によかったの?」

絵里「だって真姫が消さなくていいって言うし」

希「真姫ちゃんの気まぐれにも困ったもんやね」

絵里「真姫にも考えがあるんでしょ?」

希「まぁ、定期的に献血をしてくれるみたいだし...それが目的?」

絵里「さぁね?」

希「うち、人間苦手や」

絵里「真姫の為よ、頑張って」

希「はーい.....」

絵里「......」
98: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:37:50.82 ID:oMrYAMHZ
真姫(皆の為にも私も人間に慣れないと...他にもやることがたくさんあるし
、課題が山積みね)

花陽「あ、あの......」

真姫(にこちゃんや希、エリー...大切な仲間も守らないと)

花陽「あのぉ....」

真姫(それにしても....この子...)

真姫「なに?」

花陽「ほっぺをそんなにぷにぷにしないでほしいなーって思ったり.....その、あの」

真姫「嫌よ」

花陽「えぇ...」

真姫「先にやってきたのは貴方だから」

花陽「うぅ....」

真姫(ほっぺの触り心地がなんてすばらしいのかしら?)

凛「かよちんのほっぺは日本一にゃ!」

真姫「...そうかもね」
99: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:42:48.63 ID:oMrYAMHZ
ワイワイ...ガヤガヤ

にこ「........」

にこ(にこも甘くなったけど...真姫ちゃんも少し変わったのかしら?)

にこ(人間か...いや、そんなことよりももっと強くならないと....才が足りないなら努力するしかないしね)

にこ「私はまだまだ強くなってみせるわ」


希「うちも」

にこ「!」

絵里「私だって」

にこ「希、絵里...」

希「ふふ」

絵里「.......」

にこ「最後の時まで貴方と共に....」


おしまい
100: 名無しで叶える物語(笑) 2018/10/30(火) 01:43:27.34 ID:oMrYAMHZ
これでおしまいです
最後までお付き合いいただきありがとうございました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『にこ「黒髪人魚とハロウィン」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)