花陽「μ'sがお送りするラジオ」凛「スクールアイドル」希「放送局」

シェアする

花陽-アイキャッチ15
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 12:19:45.34 ID:lDeKxQ/YO
プップップッ ポーン

花陽「皆さんこんば…」

ガシャーン

希「凛ちゃん大丈夫?」

凛「いたたた…」

希「あ~あ~ジュースが服に溢れてるやん」

凛「あーーー!!お母さんに怒られるにゃ~」

花陽「えっと…一旦CMです」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1540696785

元スレ: 花陽「μ'sがお送りするラジオ」凛「スクールアイドル」希「放送局」

スポンサーリンク
2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 12:25:37.11 ID:lDeKxQ/YO
花陽「あの~凛ちゃん大丈夫?」

凛「うん。平気だよ…」

希「明らかにテンション落ちてるやん」

凛「そんな事ないよ。テンション上げていくにゃ。負けないなゃ」

花陽「えっと…凛ちゃんは誰と戦ってるの?」

凛「昨日の自分…とか?」

希「おっ!かっこいい!」

花陽「あっ…あはは…そうだね」

希「さて、オープニングから騒がしい感じになってしまいましたけど」

凛「けど?」

希「今日はμ'sのスピリチュアルリーダーこと、東條希と」

凛「病み上がりです。星空凛」

花陽「えっと…お米とアイドルが大好きです。小泉花陽の三人でお届けします」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 12:28:43.65 ID:lDeKxQ/YO
希「えっとな、今日のラジオのコンセプトを紹介するよ」

花陽「え?コンセプト?」

希「そう。今日のラジオのコンセプトは…」

凛「コンセプトは…」

希「疾走感」

凛「おおっ!」

希「流れる様に喋り倒す1時間」

花陽「えぇ…」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 14:54:22.12 ID:lDeKxQ/YO
希「それはそうと…凛ちゃん大丈夫なん?」

凛「喋り?」

希「ちゃうよぉ。風邪の方は大丈夫なんですかって」

凛「大丈夫にゃ!もうばっちし」

希「リスナーの方に説明しておくと…前回の放送は本当はウチと凛ちゃんと海未ちゃんの三人で収録する予定だったんですけど。凛ちゃんが体調を崩してしまいまして急遽、絢瀬絵里と園田海未の二人で収録を行ったという経緯が…」

花陽「本当は今日、絵里ちゃんと私だったんだよね」

希「うん。ウチ思ったんやけどな。ウチは風邪引いてないから先週収録出来たんじゃないかって思うんやけど」

花陽「そうだよね?」

凛「今日は嫌なの?」

希「嫌ではないよ?でも…ウチと海未ちゃんの二人じゃあかんの?」

花陽「たしかに…」

凛「海未ちゃんがNG出したのかな?」

希「え?ウチと?」
5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 14:58:50.62 ID:lDeKxQ/YO
凛「うん」

希「え?何?海未ちゃんなんか言ってたん?ウチと二人は嫌とか言ってたん?」

凛「凛は特に聞いてないけど」

希「じゃあ、どこ情報?」

花陽「大丈夫だよ。海未ちゃんからそんな話一度も出てないよ」

希「本当?」

花陽「うん。海未ちゃんがそんな事言う訳ないし」
7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 22:46:38.29 ID:aVzQzkGj0
希「信じて…良いんやね?」

花陽「うん」

凛「裏は…取ってあるの?」

花陽「それは…」

希「あーーー、やっぱりやぁ」

凛「希ちゃん!ドンマイにゃ」

希「可哀想なウチ…」

花陽「……」

凛「かよちん?」

花陽「あのね…凛ちゃん?希ちゃん?」

希「どしたん?」

凛「何かあったの?」

花陽「今の二人は…穂乃果ちゃんもそうだったんだけど…」

希「ん?」

花陽「二人の悪い所が全面的に出ちゃってる…」

凛「え?凛達の?」

希「悪い所が?」
8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 22:51:31.95 ID:aVzQzkGj0
花陽「なんだろう…穂乃果ちゃんと凛ちゃんと希ちゃんはラジオだとテンション上がっちゃうのかな?」

凛「え?テンション上がると凛達ダメ?」

花陽「あの…違うんだよ?ダメって言うか…少し…大変かなぁ」

希「それは面倒くさいって事?」

花陽「えっと…」

希「やっぱり面倒くさいや?」

凛「面倒くさいの?凛、ラーメンは好きだけど面倒くさいって言われるのは嫌にゃ」

花陽「うん…なんか…もう、それでいいかな…」

希「ええ…まさかの…花陽ちゃんに見放されるのはマズイなぁ」

凛「あんなに優しいかよちんがこんな厳しい事を言うなんて…凛達よっぽどなんだよ」

花陽「あの…穂乃果ちゃんも全く同じ事言ってたよ」
9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 22:55:15.90 ID:aVzQzkGj0
凛「え?穂乃果ちゃんと一緒?」

花陽「あの…答えづらいよぉ」

希「それもう言ってる様なものやん」

花陽「え?うぅ…あのね、いつも通りで良いんだよ?希ちゃん」

希「いつも通り?」

凛「凛は?」

花陽「うん。あの…希ちゃんっていつもはもっと…落ち着いてるし…」

希「確かに…ラジオだからテンションを無理矢理上げてるのは否めない…」

凛「凛は?」

花陽「うん…。凛ちゃんもいつも通りが良いかな…」
10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 23:05:54.47 ID:aVzQzkGj0
希「あの…率直に聞くけどね」

花陽「うん」

希「ウチ等…もしかして開始からスベってた?」

花陽「スベってたって言うか…私達はお笑い芸人さんじゃないし…。でも…うん。普通にやろうよ」

希「やっぱりウチ等スベってたんや…。面白いつもりでやってた感がめっちゃ恥ずかしいわぁぁぁ」

凛「やめて、希ちゃん。それ以上はやめるにゃぁぁ」

花陽「あの…普通にやろうよ」

希「花陽ちゃんって結構厳しいね?」

凛「凛はこう言うかよちんも好きだよ」
11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 23:18:19.80 ID:aVzQzkGj0
花陽「あの…今回新コーナーって訳ではないんだけどね」

希「花陽ちゃんが進行し始めた…」

花陽「だって…二人とも全然普通にしてくれないんだもん。私がやらなきゃ…」

凛「かよちん…もしかして怒ってる?」

希「え?嘘やろ?ウチ等そんなにあかん?」

花陽「怒ってないよ。全然怒ってないけどね。あの…μ'sに対してリスナーの方達が質問だったり思ってる事をハガキに書いて送ってきてくれてるの」

希「うん。それ、いつもやってない?」

凛「だいたい番組の後半でやってるよね?」

花陽「そうなんだけどね。今回はμ'sに対する事だけ絞ってみたの」
12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 23:31:11.67 ID:aVzQzkGj0
凛「ふ~ん。そうなんだ」

花陽「うん。それじゃあ、行くね?ラジオネーム、恋したハニカミさん。あれ?この人前にも送ってくれたね」

希「毎回聞いてくれてんかな」

花陽「え~μ'sの皆さん、こんばんは」

希「こんばんは」

凛「こんばんは~。実は今お昼なんだけどね」

希「高校生は深夜出演出来ないからね」

花陽「……自称、賢い可愛いエリーチカ事、絢瀬絵里さんのプロフィールの覧に一部改ざん疑惑が見つかりました。特技はロシア語と衣装製作と書いてあったのですが衣装はことりちゃんが担当。ロシア語は取ってつけた様なハラショーだけ。彼女は本当に得意なのでしょうか?とても疑問です」

希「めっちゃいじられてるやん」

凛「どうしてだろうね?」

希「さあ?特にイジられる要素が…あるんかなぁ?」
13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 23:38:39.63 ID:aVzQzkGj0
花陽「あの…二人は絵里ちゃんのロシア語…聞いた事ある?」

希「う~ん…ハラショーぐらいしかないかなぁ」

凛「あっちの生活長かったんだよね?」

希「うん。そのはずやけどね」

凛「不意にロシア語が出ちゃったりしないのかな?」

花陽「それがハラショーなんじゃ…」

凛「他の言葉は出ないの?」

花陽「う~ん…」

凛「本当は生粋の日本人だったりして」

希「でも…亜里沙ちゃんは本当に帰国子女って感じだしなぁ。えりちだって結構日本について知らない事多いよ」

凛「常識がないだけとか…」

花陽「それはないと思うけど…むしろμ'sで一番の常識人だよ」

希「まあなぁ。真面目やしなぁ…えりちは」

花陽「それに衣装作りに関してはことりちゃんの衣装作りを手伝って所見た事あるよ?」

希「そうやね。器用やしね」
14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 23:47:08.38 ID:aVzQzkGj0
花陽「だよねぇ。絵里ちゃんに対してどんなイメージを持ってるのかな…次行っても大丈夫?」

凛「うん」

花陽「ラジオネーム、ハクション大魔神佐々木さん」

希「色々混ざってるけど…」

凛「シンプルベストだよね」

希「isが抜けてるけどな」

花陽「銀髪ハーフで良い女風の絢瀬絵里が…」

希「いや、またえりち?良い女風って…100歩譲ってもえりちは良い女やろ。なんで、えりちをイジるんや?他に居るやろ…」

凛「普段にこちゃんとか真姫ちゃんの方がイジられてるのにね?」

希「リスナーからしたらちゃうのかな?」

花陽「あの…続き読んで良い?」

希「あ~ごめん、ごめん」
15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/28(日) 23:58:25.16 ID:aVzQzkGj0
花陽「え~銀髪…銀髪?金髪だよね?金髪ハーフで良い女風の絢瀬絵里がμ'sの自己紹介VTRにてこんな事を言ってました。アピールポイントは、ロシア生まれのおばあちゃん譲りのこのグッドスタイルと、明るい性格。それに、結構なんでもできちゃう器用なタイプ。彼女は自信家なのでしょうか?」

希「あ~…そう言えば撮ったなぁ」

凛「言ってたっけ?こんな事」

希「言ってた言ってた。なんか色々頑張って答えた結果こうなったんやない?えりちの事やし」

花陽「でも…嘘じゃないもんね?」

希「まあな。スタイルはめっちゃええしな。性格も…一時音がノ木は廃校問題やらなんやらで気を張り詰めてたけど今なんて気の良いお姉さん的感じなんやない?二人からして。どう?」

花陽「そうだねぇ。今は凄い優しいよね」

凛「真面目だけどノリも良いしね。冗談も言ったりするし」

希「それこそが本来の性格だったんやろうな」
16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 00:23:17.50 ID:3CJDoDuZ0
花陽「なんで…リスナーのみんなは絵里ちゃんをイジろうとするんだろうね」

希「って言うか本当なら今回はえりちがパーソナリティを務める番やったんやろ?えりちに読ませるつもりで書いてるんかなぁ?」

花陽「ど、どうなんだろうね?さあ、次のおハガキ…いく?」

凛「あっ、凛が読むよ。ラジオネーム、八…八…」

希「八宝菜」

凛「八宝菜さん。こんばんは。前に秋葉原の駅まで矢澤を見かけました」

花陽「にこちゃんを?」

希「にこっちもよく目撃されるなぁ」

凛「矢澤は頭にとぐろを巻いた謎の帽子を被り超ド派手なサングラスをして歩いて居ました。その頃、私はμ'sの事を知りませんでしたが物凄く怪しかったので覚えています。あれは確かに矢澤でした」

希「…とぐろを巻いた帽子ってターバンか何か?」

凛「さあ?」

花陽「多分…にこちゃんがμ'sに入る前の話だよね?」

凛「かよちん知ってるの?」

花陽「うん。凛ちゃん覚えてない?」

凛「覚えてないにゃ~」
20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 19:35:26.09 ID:3CJDoDuZ0
花陽「結構インパクトあったよ?」

希「どんな格好してたん?すごく気になるけど」

凛「全然覚えてないにゃ」

希「今度見せてもらおうかな。じゃあ、次はウチが読むな。ラジオネーム、リンリンランランさん。凛ちゃんに朗報です」

凛「凛に?」

花陽「なんだろうね」

希「18歳までに規則正しい生活をしていると女性ホルモンが分泌されバストが豊かに育つ事が判明しました。良かったな、凛ちゃん!18歳まであと10年あるからその頃にはきっとナイスバディだね!やって」

凛「余計なお世話だよ。って言うか凛8歳じゃないし!

花陽「そ、そうだね」

凛「じゃあさ、希ちゃんもかよちんも規則正しい生活してるの?」

希「規則正しいかは分からんけど。昔から寝る子は育つって言うやん?ウチ、寝るの大好きやから」

凛「そっかぁ」

希「花陽ちゃんはよく食べるから育つのかな?」

花陽「ち、違うよぉ」

希「でも、まあこの話は眉唾物やね」

凛「なんで?」

希「海未ちゃん見てみ?」

凛「そうだね」

希「やろ?」

花陽「わ、私は何も言ってないよ?」
21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 20:18:58.51 ID:3CJDoDuZ0
希「またまた~かよちゃんはそうやって」

花陽「本当に言ってないけど…」

希「次!ラジオネーム、リンリンリンガべさん。バカの擬人化こと高坂のアホが…随分と辛辣やなぁ」

花陽「バカの擬人化…」

凛「高坂のアホ…」

希「高坂のアホがだらしない顔してケーキ屋の前でよだれを垂らしているのを目撃しました」

花陽「穂乃果ちゃん…」

希「高坂はお金を持っていないらしく財布の中身を見てはため息を吐くを繰り返していました」

凛「穂乃果ちゃん直ぐにお小遣い無くなるって言ってたもんね」

希「ケーキ奢ってあげるから僕と付き合ってくれないかなぁ。以上」
22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 21:45:35.62 ID:3CJDoDuZ0
凛「ケーキ奢ってあげたらオッケーするかもね?穂乃果ちゃんなら」

花陽「流石にそれはないと思うなぁ」

希「それじゃあ、ラスト。…また、えりちやなぁ。どんだけ、えりちが好きやねん。ペンネーム、西へ東へさん。僕はエリーチカの大ファンで次に好きなのがハンバーグです。という事で独自のルートで調べました。エリーチカのイメージランキングを紹介します」

花陽「あはは…」

希「第3位、黒歴史が多そう。第2位、婚期が遅れそう。そして、第1位、家で変な替え歌を歌ってそうとなりました。ちなみに、賢い、ロシアはランク外となっております」

凛「あははは。確かに絵里ちゃんって家で変な替え歌とか歌ってそうだよね~」

希「そうやね!このランキングは的を得ているよね!あははは…って言うかリスナーえりち好き過ぎやろ。あはははは」








23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 22:36:20.96 ID:3CJDoDuZ0
花陽「そんなに笑わなくても…」

希「この黒歴史って言うのも…ふふっ…実際そんな事はないんやろうけど…なんやろう。確かに似合うわ。見た目が結構派手やから余計な」

凛「生徒会長なのに金髪だもんね」

花陽「それは遺伝だから…」

希「いやぁ、でも…えりちって割とイジると輝くタイプかもしれないね。μ'sではそんなにイジられたりしてないから。たま~にウチが軽くイジるくらいやもんね」

凛「これはいい発見をしたね」

花陽「絵里ちゃんにとっては絶対にいい発見じゃないと思うな」
24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 22:46:49.95 ID:3CJDoDuZ0
希「さて、お便りは絶賛募集中です。μ'sのスクールアイドル放送局までご応募下さい」

花陽「ホームページでも募集してます。おハガキを読まれたリスナーの方には番組特製ステッカーをプレゼントしてます」

凛「このステッカーね。にこちゃんがデザインしてるんだけど…にこちゃんって結構画伯だよね?」

希「しかもあれやん?笑えるかって言われたらそこまでの感じでは無いしね。絵で言うと花陽ちゃんは結構上手いよね」

花陽「そ、そうかな?」

凛「かよちん、昔から上手だよね~」

花陽「お絵描きは好きだからかなぁ」

希「好きこそものの上手なれって言うもんな」
25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 23:00:17.31 ID:3CJDoDuZ0
希「さて、ここら辺で曲紹介行っておこうか」

凛「あっ、そうだね。忘れちゃう所だった」

花陽「それではお聞き下さい。きっと青春が聞こえる、ぷわぷわーお。二曲連続でお聞き下さい」

凛「お聞き下さいって二回言ったね」
26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 23:24:57.85 ID:3CJDoDuZ0
希「μ'sのラジオ」

凛「スクールアイドル」

花陽「放送局!」

希「いや~またタイトルコールを忘れてたなぁ」

凛「凛毎回忘れるよ」

花陽「毎回忘れるんだ…」

希「あれ、ぷわぷわーおってどうやって作詞したんかな?」

花陽「私達も…」

凛「そもそもぷわぷわーおって何なのかな?作詞する時真姫ちゃん頭抱えてたけど…」

希「あの時の真姫ちゃん凄かったな?髪の毛いつもよりクルクルしてたもん」

凛「海未ちゃんも驚愕してたよ。こんなのどんなに頑張っても思いつかないって」

希「そりゃあ、そうやろ。穂乃果ちゃんはなんやろうな?天才なんかなぁ
27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 23:44:52.39 ID:3CJDoDuZ0
凛「かよちんは歌っててどうなの?」

花陽「どうって?」

凛「感じるものはあるでしょ?ぷわぷわーお」

花陽「感じるもの…えっと…どうしよう…」

希「どう言う気持ちで歌ってるの?」

花陽「あの…ぷわぷわって」

希「そのぷわぷわが分からないんやけど」

花陽「ごめんなさい。自分で言ってて私もよく分からないです」

希「そっか」

凛「ぷわぷわーお…」

希「やめよう。これ以上は夢に出て来そうや」

凛「夢にぷわぷわーおが出て来るの?」

希「うん」
28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/29(月) 23:48:19.62 ID:3CJDoDuZ0
凛「そしたら分かるじゃーん。ぷわぷわーおが何なのかな」

希「いや…分からんやろ夢って抽象的やからね。すぐ忘れてしまうし」

凛「忘れちゃうなら別に夢に出て来てもいいでしょ?」

希「なんか怖かったってのは覚えてるもんやろ?夢って」

凛「ぷわぷわーおって怖いものなの?」

希「ちゃうけど…多分…」

凛「何だろうね?ぷわぷわーおって…」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 21:28:40.02 ID:iAa+/p/U0
希「穂乃果のみぞ知るって事やな」

凛「もしかしたら穂乃果ちゃんもよく分かってないかもね」

希「もし、そうならちょっと怖いわ。でも、穂乃果ちゃんなら絶対にないとも言えない…」

凛「言えないね~。でもさ、Bi Biの曲も面白い曲あるよね」

希「 Bi Biの?どの曲?」

凛「なんだっけ…えっとね…ラブノベルズ!」

希「あ~、がんばらねーばねーば、な!」

凛「そう」

花陽「可愛いと思うけど」
31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 21:39:33.22 ID:iAa+/p/U0
希「いや、ウチも可愛いとは思うよ。でも、えりちと真姫ちゃんがあの歌を歌ってるのはちょっと面白い時あるよね?」

凛「うん。あの曲は…どうやって考えたんだろ?納豆混ぜながら作ったとか?」

希「納豆混ぜながらねーばねーばって?」

凛「うん。だって、作詞したのってにこちゃんだよ?ありえるよ」

花陽「でも…にこちゃん納豆食べるかな?」

希「ん?なんで?食べるやろ?」

凛「美味しいよね?納豆」

花陽「うん。美味しいだけど…なんとなく…」
33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 21:44:30.32 ID:iAa+/p/U0
希「いや~にこっちは多分好きやと思うよ?好きな食べ物甘いものだかお菓子だかってプロフィールって書いてたけど多分あれは…あれやん?」

花陽「ど、どれかな?」

希「むしろ、真姫ちゃんとか納豆食べなさそう」

凛「あ~分かるにゃ~」

希「イメージでな?納豆のイメージで食わず嫌いしてそう。で、無理矢理食べさせたら思いのほか美味しくてハマっちゃうって感じ?」

凛「分かるにゃ~。目に浮かぶにゃ~」
34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 21:54:50.36 ID:iAa+/p/U0
希「ほ~ら、真姫ちゃん。納豆やで~。ちょっとだけやから。ちょっとだけ食べてみて?騙されたと思って」

凛「い、いやぁぁぁぁ。パクっ、もぐもぐ。な、なによ…結構美味しいじゃない」

希「ってな感じで」

花陽「絶対にないとは言い切れないけど。納豆美味しいもんね。もし、真姫ちゃんが本当に納豆を食べないなら美味しさを知ってもらいたいなぁ」

凛「ね!」

希「まっ、あくまでもイメージやけどな。プロフィールには苦手な食べ物はみかんって書いてあったしね」

凛「凛、みかんが苦手な人って真姫ちゃんが初めて」

希「あんまり聞かないよね?」

花陽「そうだね。どんな所がダメなんだろ」
35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 22:00:15.63 ID:iAa+/p/U0
希「おこたで食べるみかんとか最高やんなぁ?」

凛「もしかして、真姫ちゃん家ってコタツがないんじゃないの?」

希「ありえる。これがコタツ…。とか普通に言いそうやもん」

凛「コタツを知らないのは絶対に損してるよ。かよちんもそう思うでしょ?」

花陽「コタツは…うん。最高だよね~」

凛「なんだか恋しくなって来たにゃ~」

希「あ~おこたでお昼寝したいわぁ」

凛「凛も~お母さんに怒られるけど」
36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 22:08:40.65 ID:iAa+/p/U0
希「いつか、コタツに入りながらラジオを放送とかええんやない?」

凛「あっ、いい!賛成にゃ」

花陽「でも、放送中に寝ちゃいそうだよね」

希「その時はその時やって」

花陽「そうだね」

希「っとコタツのトークに夢中になってしまったけど…なんの話をしてたんやったっけ?」

花陽「えっと…真姫ちゃんがみかんが苦手って話…」

希「あっ、そうそう。で、好きな食べ物はトマトやろ?」

凛「うん」

希「そっかぁ。でもさ、好きな食べ物はって聞かれたら普通は焼肉とかラーメンとか料理を答えるよね?トマトって…素材で答えるんやね」

凛「言われてみれば…」

花陽「私は人の事を言えない…かな」

希「花陽ちゃんは白米やもんね。まあ、でも穂乃果ちゃんもいちごやしね。そんなに変でもないか」

花陽「あはは…そうだね」
37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 22:16:05.09 ID:iAa+/p/U0
希「っとお喋りに夢中になるのもええけどもう一回曲紹介に行こうか」

凛「うん」

希「これは…花陽ちゃんの選曲やね。μ's以外の曲や」

花陽「はい。それではお聴きください。橋本潮さんのロマンティックあげるよ。関ゆみ子さんで夢いっぱい。二曲続けてお聴きください」
38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 22:21:25.67 ID:iAa+/p/U0
花陽「ふふんふ~ん」

希「めっちゃご機嫌やん。花陽ちゃんってアニメソング好きやったっけ?てっきりアイドルソングを選ぶとばっかり」

花陽「もちろんアイドルソングは大大大好きだよ」

希「う、うん」

花陽「でも、アニメソングも好きだな。なんかワクワクするよね」

凛「分かるにゃ~」

希「最近のアニメの曲ってアニメの曲って言うよりも人気アーティストの曲をアニメに使ってっるって言うか…」

花陽「はい」

希「それはそれでもちろんいいし名曲だって沢山あるけど。いわゆるそのアニメの為の曲って今結構少ないよね?」
39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 22:26:30.04 ID:iAa+/p/U0
凛「そうなの?」

希「全くないって訳やないよ?まあ、ウチが知らないだけかもしれないし。ただね、○○のテーマとかさ。そんなのは少ないよね」

凛「ルパンみたいな?」

希「そうそう。そう言うやつ。まあ、今流した二曲もアニメ専用のテーマソングかって言われたら違うかもやけど。なんか、最近のとも違うやん?」

花陽「うん。言いたい事は凄く分かるよ。さっきの二曲はアニメソングって感じだもんね」

凛「ふ~ん。そっかぁ」
40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/30(火) 22:54:00.93 ID:iAa+/p/U0
希「二人は好きなアニメソングは?」

花陽「今の二曲ももちろん好きですし。後はムーンライト伝説とか!」

希「へ~ウチ等世代やないけど」

花陽「再放送で見てたの」

希「なるほど。その口かぁ」

花陽「希ちゃんは?」

希「ウチ?ウチは…母をたずねて三千里とか小公女セーラとか!ウチも再放送かな」

花陽「世界名作劇場が好きなんだ」

希「うん。後はやっぱりジブリかな」

凛「さっきから全然分からないにゃ」

希「凛ちゃんアニメとか見なかったの?」

凛「ん~…凛はドラえも んとかかな」
43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/31(水) 15:20:11.04 ID:dsDuqXN4O
希「ほう。なるほど。凛ちゃんらしいわ」

凛「凛らしいの?」

希「うん。っと…あれ?そろそろ時間かな?」

凛「え~嘘?もう時間なの?なんだか早くない?」

花陽「楽しい時間はあっという間だよね」

凛「ね~、なんでだろう」

希「それはな、相対性理論って言う…いや、この話はやめようか。長くなりそうだし」

凛「うん。難しそうだしその方がいいよ」

希「さてさて、それではそろそろ締めの方に移らせて頂きます」
44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/31(水) 15:27:08.87 ID:dsDuqXN4O
凛「えっと…次回は誰だっけ?」

花陽「次回は穂乃果ちゃんと真姫ちゃんかな?」

希「あれ?また穂乃果ちゃん?3回目やない?」

凛「そうだよね?みんなまだ1回か2回なのに」

花陽「あの…実は私も今日で3回目…」

希「え?そうなん?だって…1回目に海未ちゃんと…あっ!穂乃果ちゃんともやってるもんね?」

花陽「うん」

凛「どうやって決めてるんだろ?穂乃果ちゃんとか暇に見えるからかな?」

希「それだと花陽ちゃんも暇人になっちゃうやん」

凛「かよちんは違うよ」

希「穂乃果ちゃんはええんや」

花陽「私も暇人で大丈夫だよ?実際、部活がないと結構暇だし…」


45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/31(水) 15:32:02.97 ID:dsDuqXN4O
希「まあ、それはウチもそうや」

凛「凛もかも…って事はμ'sは暇人の集まりにゃ~」

希「それはそれで…っとでは本当にお時間が来てしまいました。パーソナリティを務めさせていただきました。スーパーラッキーガール東條希と」

凛「お相手役はイエローと言えばで同じみ、星空凛」

花陽「小泉花陽が務めました!」

凛「ばいば~い!」
46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/31(水) 15:32:30.35 ID:dsDuqXN4O
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『花陽「μ'sがお送りするラジオ」凛「スクールアイドル」希「放送局」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)