千歌「ルビィちゃんってさ~」曜「ん~?」

シェアする

ルビィ-アイキャッチ18
1: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:39:34.25 ID:FIdNrxVo
部室

千歌「なんか・・おいしそうじゃない?」

曜「ん?どういう意味?」

千歌「ほら・・なんか・・うゆうゆして小動物みたいでさ・・絶対・・食べたらおいしいと思うんだ・・」

曜「あ~・・言われてみれば・・そうかもねぇ・・」

元スレ: 千歌「ルビィちゃんってさ~」曜「ん~?」

スポンサーリンク
2: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:40:08.83 ID:FIdNrxVo
果南「ルビィは黒澤家で育ちもいいから・・上質なごはんを食べて育っているし・・さばいたらきっと新鮮な赤身がいっぱい詰まっているだろうね・・」

千歌「はー・・果南ちゃんがそういうこと言うから・・ますます食べたくなってきたじゃん!!」

花丸「でも・・ルビィちゃんは世界に一匹しかいないずら・・」

千歌「そうなんだよね~ ・・・鞠莉ちゃん・・小原家の力でルビィちゃんを養殖して気軽に食べられるようにできないの~?」

鞠莉「クローンは禁止されているのよ?ムチャ言わないで頂戴・・」

曜「千歌ちゃんが食べたい食べたい言うから・・こっちまで食べたくなってきたじゃん・・」
3: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:40:29.45 ID:FIdNrxVo
善子「でも・・ルビィってあんまり食べる場所なさそうだけど・・」

ダイヤ「善子さんはなにもわかっていませんわね・・ルビィはそこがいいんじゃありませんの・・」

ダイヤ「あの高校生なのに未発達な体・・幼児みたいに純真爛漫な性格・・そして・・あの舌から繰り出される観客を魅了する歌声・・」

千歌「あ~牛タンみたいにルビィちゃんの舌を食べることができたらな~」
4: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:41:46.98 ID:FIdNrxVo
一同「・・・・・」ぐう~

果南「あ・・あはは・・この話してたら・・なんかお腹空いてきちゃった・・」

善子「もう!!千歌がこんな話始めるのが悪いのよ!?」

曜「ああ・・ルビィちゃんのあのぷにぷにしたお腹にかじりつきたいのであります!!」

果南「私が仕留めてきてさばいてあげようか?」

ダイヤ「およしなさい!!黒澤家が食べごろになるまで手塩にかけて育てているというのに・・無粋な真似をするんじゃありません!!」

千歌「そうだよ?果南ちゃん・・ルビィちゃんはまだ青い果実・・赤く熟してからが食べごろなんだから・・あ、今のはルビィちゃんの髪が赤いのと赤い果実をかけて・・」

善子「かけなくていいわよ」
5: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:42:15.72 ID:FIdNrxVo
曜「この地域には確か伝統があるんだよね?確か黒澤家が成人した家畜を殺してその肉を地元住人に振る舞うっていう風習が」

善子「え?そんなのがあるの?」

花丸「善子ちゃんは沼津育ちだから・・内浦の風習は知らないのもしょうがないずら」

善子「なによ!私だけ仲間はずれはなしよ!教えなさいよ!」

ダイヤ「この地域に古代から残る風習・・飢饉と猟の不作が重なった時代にできた悪しき風習ですわ・・」

ダイヤ「昔のご先祖さまたちは飢えで死んだ人間を調理して食べて飢えをしのいでいたそうです・・」

ダイヤ「今では人肉を食べることはできませんが・・内浦近郊の住人達は人肉の味を忘れることができずに・・数十年に一度だけよそからさらってきた子供を育てて食べるという伝統があるのです・・」

善子「へえ~それじゃあもしかしてルビィって・・」
6: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:42:48.90 ID:FIdNrxVo
ダイヤ「ええ・・黒澤家が誘拐してきて育てている子供ですわ・・」

ダイヤ「あの子が成人したその日に絞めてその身を地元住民にふるまうために育てているのです」

ダイヤ「だからこそ・・私はあの子を手塩にかけてかわいがっているのです」

花丸「マルもルビィちゃんのことは大好きずら・・愛情をいっぱいかけておいしくな~れって・・いう気持ちで毎日接しているずら!!」

花丸「だから善子ちゃんもルビィちゃんに愛情と感謝の心を持って接しなきゃだめずらよ?」

善子「へえー・・古い土地には色々な風習があるのねー」

善子「そうね・・わかった!!私・・今日からルビィに優しくなる!!」

ダイヤ「ありがとうございます善子さん」
7: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:43:34.06 ID:FIdNrxVo
千歌「その日が来たら梨子ちゃんにもルビィちゃんのお肉いっぱい振る舞ってあげるからね!!」

梨子「え・・ええ・・楽しみに・・してるわ・・」

梨子(どうしよう・・私・・とんでもない場所に引っ越してきちゃった・・!!)

善子「・・それにしてもルビィ・・遅いわね?」

花丸「今日はルビィちゃん掃除当番だから・・もうすぐ来ると思うずら」

千歌「はぁ~早くルビィちゃんこないかな~♪」

ダイヤ「千歌さんったら・・ルビィを食べる日はまだまだ先ですわよ?」

千歌「あ~そうだったね・・♪」

曜「千歌ちゃんの食いしん坊~」

梨子以外の一同「あははははははははははは!!!!」
8: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:44:03.50 ID:FIdNrxVo
部室の外

ルビィ「」がたがたぶるぶる

おしまい
10: 名無しで叶える物語(やわらか銀行) 2018/11/01(木) 21:45:35.59 ID:FIdNrxVo
ルビィちゃん推しの人はすいません

ルビィちゃんを食べたいという気持ちを抑えきれずに書きました
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

『千歌「ルビィちゃんってさ~」曜「ん~?」』へのコメント

当サイトはコメントシステムとしてDisqusを使用しています。
コメントの投稿にはDisqusへのアカウント登録が必要です。詳しくはDisqusの登録、利用方法をご覧下さい。
表示の不具合、カテゴリーに関する事等はSS!ラブライブ!Disqusチャンネルにてご報告下さい。

2018年5月26日
Disqusによるクッキー、IP、メールアドレスの利用に同意を求めるダイアログが表示された場合は、内容を確認しチェックボックスにチェックを入れて同意頂ければと思います。
(海外のデータ取り扱いに関する法律が変わる事に対応する為の再確認の様です)